日直商会さんに無理を言って発注していただいたGilles Berthoud用のRixen Kaulアタッチメントが入荷いたしました。
 DSC00491
Gilles Berthoudのサドルには↓のようにネジ穴が空いています。
DSC00493
 ↓取り付けてみました。
DSC00494
 自分用のスポルティフのサドルをGilles Berthoudに換えて使ってみます。
DSC00495

 Rixen Kaulのサドルバッグシリーズ他が取り付け出来ます。

ステンレスモデルは磨かないと銀ロウ付け部分が腐食して変色してしまいます。
酷いものになるとロウ付け部は真っ黒になってしまいます。
画像はAM-GTですが 画像の通り酷い状態です。 
DSC00475
 ↑磨く前
↓磨き後 
DSC00476
 新品状態へ蘇りました。
リアスイングアームだけで所要時間は2時間程度です。
ステンレスモデルをお乗りの方は、こまめに手入れしてくださいね! 

↑このページのトップヘ