2005年06月30日

劇団ブサイコロジカルのブログイベントに参加!

いやはやー

劇団ブサイコロジカルの皆さん主催のブログイベント、

「もっと!ブログ会議 〜どうやら日記じゃないらしい〜」

に行ってきました!

いやーいろいろ凄かったなあ。


まず、はあちゅうのマシンガントークに感心してました。


パソナアイ社長のともき君のプレゼンも良かったなあー。

ともき君は、まだブログはやった事は無いらしいんですが、
リアルな「人とのつながり」についてのプレゼンでした。
うん。わかるわかる。

彼とは学生時代からの親友なんですが、
彼が持つ「つながり力」は、ほんっとに素晴らしいんです。

その「つながり力」によって、

いきなり初対面で私の山形の実家まで遊びに来たぐらいです。

で、うちの実家のエレクトーンで
めっちゃ凄いピアノテクを披露していただきました。

それ以来ともき君とは仲良くさせて頂いてるのですが、
私の東京でのライブにわざわざ神戸から駆けつけてくれたり、
去年「腹ダーツ依存症」で入院した時も真っ先にお見舞いに来てくれたり、
本当に尊敬に値する人物です。
私も彼の人間力を見習わねば…。


やっぱりね、私がこうやってブログやってるのも、
人とつながりたい、という欲求からなんですよねやっぱり。

自分を発信&表現したい、ってのももちろんあるけど、
それをすることによって、
これを見ている人と何らかの形でつながっていたい、というか。


話は変わりますが、
さきっちょも最後に言ってたし、
ゲストの方々でも多くの人が言ってたけど、

やっぱり

誰に向けてブログを書くか、

ターゲットをどこに定めるか、


っていうのが重要だとの事です。


私は、より多くの人に見てもらいたいし、

より多くの人の心を彩りたい

っていうのが根底にあるんですよね。

だから、特にターゲットは絞ってないし、
あえてテーマも特定してません。
何でもあり。

それゆえに、散漫になっちゃってるかな、
という嫌いも無くは無いんですが、
まあ面白ければいいのかなと。
本当に面白いのかどうかはちょっと自分ではわからないんですけどね。


あと、雑誌「みんなのブログ」編集部の
安藤さんという人もゲストでプレゼンしてくれたのですが、

こんなブログは嫌だ!という例で、

「字が小さい!おまけに『フォントサイズ固定』。」

というのがありました。

まさにこのブログじゃないですか(汗)。

反省。
どうしよっかなあこれ。

私、やっぱ日本語のフォントって好きなの無いし、
文字の形的にどうしてもこのサイズじゃないと許せないんですよね。

読みにくいですか?皆さん。

はい読みにくいっていう人、手ぇ挙げて!

多かったら考えますわほんとに。



あ、最後に、
JUGEMというブログポータルを運営している、
株式会社paperboy&co.の家入さんもイベントに参加していたのですが、
彼はすげえいいです。
あのシュールさは凄まじくセクスィーです。

世の中のブロガーは( 虚弱体質 )という問題を抱えているので、
( たんぱく質 )という情報によって、
( 8秒台 )を実現する。

これ、カッコ内を埋めるというお題だったんですが、
上記が家入さんの回答です。

はっきり言って、彼は天才です。
とんと意味がわかりません。

こんな飛んだ発想が出来る人間になりたいです。



で、ブサイコロジカルの皆さん、ほんとお疲れ様でした!

この規模のイベントを運営するのは本当に大変だったと思いますが、
とてもいい企画だったと思います。
ありがとうございました。

2次会で仲良くなった皆さんも、
まじでありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします!  

Posted by ayate at 01:42Comments(13)TrackBack(6)

2005年06月29日

退職の意思を届けて参りました。

にひひひひひひひーーーーーひーっひひ。

こんな事をブログに書いていいものやら多少ためらいも生じてるんですが、
ついに、会社に「退職届」を出してまいりました。

直属の上司とは長らく反目関係にあって反抗ばかりしていたもので、
彼は非常に私の退職に対しては協力的です。

最後の最後に味方になったか、
という感動すら覚えます。


厄介なのは、その上司の上司、つまり取締役なんですけど、
かなりなまめかしい引き留め攻勢をかけて来てます。

本日も別部署の部長から「うちに来ないか」
的なことを言われました。

多分取締役の指令で私の引き留めを仕向けられたのでしょう。

かなり悪質です。


私を法務という仕事に追いやって
ずっと放置して来た癖に、
「辞めたい」と言った途端に
強引な人事異動をけし掛けてきてるんですよ。

はっきり言って、こんな事がまかり通れば、
「辞めたい」と言えば好きなように異動が出来るという
あり得ない前例になりますので、
今後の会社のためにも良くないですよね、
っつって断ってますけど。


そんなこんなで、「退職届」を提出致しました。


これ、書面のタイトルが「退職届」と「退職願」では
かなり意味合いが違うってご存知ですか?

会社の退職願と退職届の違いというサイトによると、

1.退職願はその名の通り、合意により労働契約を解約することを申し込むことです。会社の承諾権限者が「承諾」する旨を労働者に伝えるまでは撤回が可能です。

2.退職届は最終的な意思の通告と解されます。退職届の場合は特段の事情がなければ撤回は許されない、というのが判例の主流です。

だそうです。

私は、明確な意思を示すため「退職届」にしました。

会社との合意が容易に出来そうだったら、
「退職願」の方が心象はいいかも知れませんけどね。


ってなことで、転職します。

宜しくです。  
Posted by ayate at 23:52Comments(5)TrackBack(0)

2005年06月28日

少年の身体で月経が始まる−インド

X51.ORG : 少年の身体で月経が始まる インド
これは、人類の神秘です。
これって、男性でも妊娠出来るっていうことを暗示してるんでしょうか。

つーか、このサイトほんと面白いっすねー。
http://x51.org/
むっちーさんがmixi日記で紹介していたんですが。

これほんと、仕事できなくなりますね。  
Posted by ayate at 08:40Comments(2)TrackBack(0)

男子トイレ(小)の話題。

朝っぱらからこんな話題でほんとすいませんねーーー。

あのですね、会社の男子トイレ(小)なんですけど、

■が便器で、○が人だとすると、

_____←壁
■ ■ ■
    ○

入った時に既に1人いらっしゃって、
こういう状態になっている時ってあるじゃないですか。

こういう時って、どこでしますか?


私は、間違いなく、

_____
■ ■ ■
○   ○


ここでするんですよ。

これって、割と普通だと思うのですが、


たまーにですね、


私が、
_____
■ ■ ■
    ○
    ↑

この位置にいるときに、

_____
■ ■ ■
  ○ ○
  ↑

ここに来る人がいらしゃるんですよね。


これってどう思いますか???

普通の人間って、すぐ隣に来て小をされるのは、
気分的にそんなに気持ちいいもんではないと思うんですが、
いかがですかねー…。


_____
■ ■ ■
○ ○ ○
  ↑

この位置の便器って、私の中では確実にラストチョイスなんですよ。


世の中の男子諸君の皆様は、
この問題についてどうお考えなのでしょう???

特に気にしない、という人も結構いるのかなあ?



そういえば、私が中学校の時の男子トイレ(小)って、
こんな感じになってたんですけど、

_____________
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
○ × ○ × ○ × ○


○のところでしか小をしてはいけない


みたいな変な掟があったんですよね。


何も知らない1年生が×のところでしようものなら、

一発レッドですよ。

文字通り、

退場なんですよ。


いやーそんな緊張感は会社の男子トイレにはありませんが、

世の中の殿方・ご婦人方がどうお考えなのか非常に気になったので、
朝っぱらからこんな話題を書いてみました。

特に、ご婦人方は男子トイレ(小)にこのような問題が発生していることについて
恐らくご存知無い方が多いと思う次第でございますが、
ご意見・ご感想、叱咤・激励などお待ちしております。  
Posted by ayate at 08:29Comments(7)TrackBack(0)

2005年06月27日

劇団ブサイコロジカル呑み!

さきっちょ1(真)行って来ました!
劇団ブサイコロジカルの呑み会。

昨日も一緒に呑んでた、はせがわともき君のお誘いでした。

で、カリスマブロガーの

さきっちょ さん と はあちゅう さん

もいらっしゃいましたよ!

私と同じくlivedoorブロガー。


写真は、さきっちょと私の2ショット。

相変わらずキレキレの変顔を披露していただいてます!


ありがとうございました!


さきっちょのブログ「さきっちょのガラクタレター」。

はあちゅうのブログ「はあちゅう主義」。


さきっちょとの写真もういっちょ。

さきっちょ2(真)こんなん載せていいのかなあ!?

…まあいいや!

実物はかわいいですよー。




いやー、皆すげえアツイ人達で、ほんと楽しかったです。
いい出会いでした。

こりゃあ面白い公演になりそう。
私もちょっと音楽かなんかで関わりたいなあと。

ブサイコストラップ
これが、劇団ブサイコロジカルストラップ。

早速つけてみました。

いいっすねーこれ。



で、呑み会の後はカラオケ。



またもやトンガリキッズを歌っちまいました。

いやー芸達者な人ばかりで、テンションも上げ上げで凄かった!
こんな人達と仲良くなれて私は幸せ者ですわ。

また呑みましょう!  
Posted by ayate at 00:03Comments(4)TrackBack(0)

2005年06月26日

またもや風憚飲み!with若手凄い人達

550c2e2e.jpgうちの近くの「囲炉裏焼 風憚」
また行っちゃいました。

いやほんと何でも美味しいんだわここ。

一緒に行ったメンバーはというと、



学生時代からの親友で私の酒田の実家に遊びに来た事もある、

株式会社パソナアイ代表取締役のともき君



昨日のブログでも登場の、

若手バイタリティー広告クリエイターまりこむ



そして、

Sony Musicで働きつつNASH Projectというキャリアイベント系集団を主宰する、

男前で爽やか系音楽人じゅん君


あと、私アヤテ。

の4人でした。



冒頭の写真は、
まりこむさんが撮ってくれたんですが、
右がともき君、真ん中が私、左がじゅん君です。


そしてもう1枚…。

若手。明らかに変顔のともき君と、
どこまでも爽やか男前を崩さないじゅん君。

いやーしかし楽しかったですね。

ほんと、日本のビジネスの最前線で頑張ってて、
すげえ面白いものを生み出してるこういう人達に囲まれてることは幸せの至りです。

私の次の企てに関する話もちらっとしたんですが、
面白くなりそうな予感…。


で、


案の定また潰れて寝ちゃいました。


…ほんと、誰か止めてください。


この呑みの後は、じゅん君は帰っちゃったんですが、

ともき君とまりこむと一緒にカラオケに進出。

トンガリキッズを朗々と歌い上げたアヤテでした。


そういえば、ともき君は同じ高円寺在住でめっちゃ家近いんだわねー!

皆さん、是非また飲みましょう。  
Posted by ayate at 08:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

【清涼飲料水】「七色亜茶」 ayate評価:水星

ad074592.jpgコカコーラ社の新商品で、
ペ・ヨンジュンが出ているCMでもおなじみの七色亜茶(なないろあちゃ)。

私の大学時代に、
同じクラス、同じゼミの大親友であったまりこむさんが、
開発からCM制作まで携わったという渾身の一茶です。

七色亜茶のWebサイトはこちら。

何と、温度によって味が変わるという斬新さ。


冷やして飲んだ場合…
すっきり爽やかでありつつも、
かすかな渋みとアジアンな香りが楽しめる。


常温で飲んだ場合…
ふんわり広がる甘味と独特な芳香感が香ばしく、
まったりとした後味が心地よい。


とても複雑で後を引く豊かな味わいです。
味に対するとてつもないこだわりが感じられます。

その実験性と企画の面白さもさることながら、
この不思議なテイストは一飲の価値あり。
お勧めの一品です。


ayate評価:水星

☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
太 水 金 地 火 木 土 天 海 冥
←評価高            評価低→  
Posted by ayate at 14:27Comments(8)TrackBack(4)

2005年06月23日

【サッカーコンフェデ杯】日本vsブラジル戦、惜しくも引き分け。

日本 2−2 ブラジル

いやー素晴らしい試合だった!

日本代表の試合でここまで面白かったのは久しぶりです。
俊輔はやっぱすげーなあ。1点目とか鳥肌ものでした。

勝てるチャンスも十分にあった試合だったと思う。

だんだん試合が進むに連れ会場の雰囲気も
日本を応援する感じになってきてたしなー。

試合後の中田英とロナウジーニョのユニ交換はちょっと感動しました。

これでコンフェデは敗退が決まってしまったわけですが、
前回コンフェデの1次リーグ敗退の時のような、虚無感は全く無いですね。
日本の、チームとしての成長がかなり垣間見れたので。
来年の本大会にも期待が持てる内容だったと思います。

ただ、ブラジルは、ロビーニョ、アドリアーノと
20歳そこそこぐらいの若い世代のスーパーな才能がどんどん出てきているのに対し、
日本はというと…。

2002ワールドカップの頃に比べるとかなり平均年齢上がっちゃいましたね。

まあ、でもナイスゲームでした!
日本代表、そしてブラジル代表、ありがとう!

あとは本大会までに、
新戦力の台頭と若い世代の積極的な起用を期待します。  
Posted by ayate at 05:39Comments(13)TrackBack(21)

2005年06月22日

【FIFAワールドユース】サッカーU-20日本代表、0―1で敗退。ベスト8ならず…。

日本は0―1で敗退 世界ユース選手権(Yahoo!スポーツ)
日本0―1敗退 世界ユース(スポニチ)

いやー、残念です。
ワールドユースU-20日本代表、モロッコ戦。
後半ロスタイムに痛恨の失点で惜敗。

結局1勝も出来ないまま終わってしまいました。

確かにいい試合はしていました。
惜しいシーンもかなりありました。
しかし、やはり最後のフィニッシュが…。
そこが世界との差かもしれません。

あと個人的に、大会を通じて、
名古屋グランパスの本田圭佑選手の出番がほとんど無かったのが残念です。

敗退よりも、そちらの方が残念です。

大熊監督お気に入りの梶山選手をボランチに使うのはしょうがないとしても、
本田選手、トップ下で使っても面白かったような気がするけど。
兵藤選手よりはいい活躍が出来たはず…。

うーむ。それだけが心残りです。
大熊監督…。

ほんと、ユース年代はもう少し監督の人選をしっかりして欲しいと思う。
中国みたいに、外国人でもありでしょ。

しかし、U-20代表の皆さん、本当にお疲れ様でした!
今後のJリーグ、そして北京五輪での活躍に期待します。  
Posted by ayate at 08:01Comments(8)TrackBack(13)

2005年06月21日

R25になりました。

ええ、1日遅ればせながら、
6月20日にめでたく25歳になりました。
たくさんのお祝いメッセージ、誠にありがとうございます!

四捨五入で三十路ゾーンに遂に突入。

これで、大っぴらにR25を読める年頃になりました。

ここまで生き長らえてこれたのも、
家族、友達、その他もろもろの周りの方々の支えのおかげだと思います。

25年。
四半世紀ですよ。

年月の重みを感じますね。

ええ、心機一転頑張りますとも。  
Posted by ayate at 09:01Comments(5)TrackBack(0)

【居酒屋】風憚(ふうたん)

200506202024000.jpg高円寺北口徒歩8分。

僕の家から徒歩30秒。
いやーこんな近くにこんないい店があるとは!

旅館のような佇まいと心地よさ。
そしてチャーミングなマスター。
1979年生まれらしいです。

いやー素敵な店です。坂本竜馬の掛け軸が壁に掛けられてる。
めしがめっちゃ美味いし。やっぱ日本最高。

お店はこちらです。  
Posted by ayate at 00:14Comments(2)TrackBack(0)

2005年06月20日

サッカーU13日本選抜が世界一に!

U13日本選抜が優勝 サッカーMBC国際ユース

U13(13歳以下)日本選抜など16チームが参加したMBC国際ユース大会は19日、ソウルで決勝を行い、U13日本選抜が南アフリカのチームを2―0(前半1―0)で下して優勝した。最優秀選手には内田(ガ大阪ジュニアユース)が選ばれた。(共同)
いやー、世界一ですよ、世界一。
この世代が、第2の黄金世代になるのでしょうか。
しかし表舞台に出てくるまでにあと7年はかかるな…。

野球の高木豊さんの息子さんが主力のFWで、
2得点したようです。

その得点シーンの映像がこちら
まじでこりゃ凄いっすよ。

攻撃陣、相当いいですよこれ。
A代表より個人技と決定力あったりして…。
相手は南アフリカのチームだったんですが、
むしろ日本が南米のようなサッカーしてます。
末恐ろしい世代ですね。

6番の宇佐美君ですかね。凄いわこの人。
2点目の時にドリブルで5人抜き(!)してますよ。

こんな記事もあります。
<サッカー>13歳の宇佐美貴史君、「第2の中田」の可能性(中央日報)

現在、ガンバ大阪のジュニアユースだそうです。

順調に育ってもらいたいものです。
注意深く見守りましょう。

  
Posted by ayate at 17:39Comments(9)TrackBack(4)

2005年06月19日

【CD】 トンガリキッズ「トンガリキッズ I 」 ayate評価:火星


トンガリキッズ I
発売日: 2005/03/16 発売
発売元: 徳間ジャパンコミュニケーションズ

えーとですね…、
これ、発売したのが3月ぐらいで、
発売直後にHMVでたまたま試聴して買ったと思うんですけど、

最近何でこんなに売れてるんですか???

昨日カウントダウンTV見ててびっくりしましたよ。
最新のシングルCDヒットランキングで、

7位。

しかも、先週は、

4位。

いやはや、理由がわからないだけに不気味です。

で、内容はというと、メインの1曲目「B-DASH」が、
スーパーマリオブラザーズの1−1面や1−2面の音楽をサンプリングして、
ピコピコサウンドに乗せて歌ってるだけという、
ほんとアホ全開でとても楽しい1曲です。

しかも、歌詞もかなりキている。

ちょっと早すぎるかもよ B-DASH!
穴におっこちるかもよ B-DASH!
亀に激突かもよ B-DASH!
土管地下室かもよ B-DASH!
海で息できるかもよ B-DASH!
山も飛び越えるかもよ B-DASH!
マリオ使いすぎかもよ B-DASH!
ルイジ、スネてるかもよ B-DASH!

キノコのこのこ徒歩で登場、想像以上に足早い
亀も空飛ぶ時代ですよ、昔じゃ考えらんないね
コイン集めはただの趣味です、50年代の貴重だわ
ブロック壊して許されてたよ、今じゃ裁判沙汰だもん

(C) トンガリキッズ

いやーアホです。
俺は好き。こうゆーの。

ayate評価:火星

☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
太 水 金 地 火 木 土 天 海 冥
←評価高            評価低→  
Posted by ayate at 11:51Comments(2)TrackBack(3)

2005年06月18日

普天王関交流パーティー

20050618_1928_0001.jpgいやー行って参りました。
大相撲前頭の普天王関の交流パーティー。

以前からかなりお世話になっている、
株式会社キープレイヤーズの代表取締役の高野さんが主催ということでのお誘いでした。

高野さんのブログはこちら。

で、普天王関は、現役力士としては史上初の、
ブログをやっている関取だそうです。
何と、最近amebloの公式ブログになったとのこと。
そして、来場所はamebloを運営するサイバーエージェントさんから懸賞金が出るそうです!
凄いですよねー。

で、普天王関のブログ「どすこい大相撲日記」はこちら。

場所中でも何と毎日ブログを更新しているとの事で、非常に面白いですよ。

つか、普天王関は1980年生まれとのことで、私とタメです!松坂世代!
ちょっと親近感が沸きますねえ。

先場所は前頭10枚目だったのですが、
そこで11勝4敗の好成績で何と敢闘賞を受賞。
来場所は相当上の番付まで上がることが予想されます。

いやー楽しみですね!

普天王関の色紙ももらっちゃいましたし、
快く一緒に写真撮ってくれまして、
本当に、

普天王関、
あざーすm(__)m


皆で普天王関を応援しましょう。

小学校の頃、舞の海さんのような力士を目指し、
日々稽古に励んでいた私にとっては、
かなりアツイイベントでした。
なかなか普段相撲に触れることの無い人たちも、
相撲の映像などをふんだんに取り入れた構成に、
みんな面白がっていました。

相撲は、やっぱり日本が誇る素晴らしいコンテンツだと思うんですよ。
ただ、その魅力がきちんと伝わってないんですよね。
一般の人たちに。特に、若い人たちに。

そこらへん、工夫次第でもっと魅力的なコンテンツに変身すると思うんだわねー。
何か協力できたら良いなあー。なんて。  
Posted by ayate at 21:40Comments(2)TrackBack(1)

2005年06月17日

やっと終わりました。

0aef9234.jpgやっと終わりましたよ株主総会。

カラフルなスタッフ証は、
若手の方々には好評でして、
おっさん達には割と不評でした。
まあ関係無いですけどね。

まあ、若手の皆さんには「水色」や「ピンク」や明るい「緑」を。
そしておっさん達には「黒」とか「茶」とかを割り当ててたというのも、若干おっさんから不評の理由としてあるのかも知れませんが(笑)。

私は音響・照明オペレーティングの係だったもので、AV室に引きこもりだったんですが、総会終わって会社に戻ってから、ある上のおっさんに、

「アヴェ君は、ずっとあの、音声室に、いたの。」

と、さも不満気に言われました。

何を言いたいんでしょうか。
もっと仕事手伝えと言いたいんでしょうか。
私は私の持ち場と仕事があるのでそこにいたわけです。

しかも、

「音室」って、何。

それに加え、人づてに聞いた話なのですが、
その人や、その人と結構同類系の茶色いおっさんは、
会場から会社に帰る際に、女性に重い荷物を全部持たせて、
自分はほとんど手ぶらで帰りやがりました。

デリカシーのかけらもありゃしません。

ああいう大人には死んでもなりたくないものだな、
と心の底から思いました。

ええ、かなり以前から思っておりますけれども。  
Posted by ayate at 23:48Comments(5)TrackBack(0)

2005年06月14日

4. 心の共有

音も無く、火は一体化した。

その瞬間、もの凄い速さで洪水まがいの水量の水流が、ぐおおおおおおおと音を立てながら頭に流れ込んできた。いきなり、世界が膨れ上がったような衝動。
トータスの心の中身が、現在から過去に向けて逆流しながらひどい勢いで流れ込んできたのだ。

それは相当、精神力を消耗する作業らしく、急激に疲れ果ててしまった僕はその負担に耐えかねて思わず煙草の火をトータスの頭から離してしまった。

「どうしたんでいー、タキモト。いきなり離しちゃったりなんかして。まだ1週間分しか共有してないのによー」
「ごめん、思わず離しちゃったわ。これ、あれだね。ドラクエなんかでMPを消費するってこんな感じなのかね」

意識上で僕は謝った。

なすすべも無いほどの消耗感。

しかし、なるほど過去1週間分のトータスの心の中身を大体理解することが出来た。トータスはここ1週間、ずっとこのBar Bristolに入り浸っている。そして身寄りもなく妻もいないこと、まあそれなりに最近楽しんでて安定した精神状態を保っていること、そしてこのバーが凄く居心地がいいこと、などがわかった。

そして僕を襲う、ずーんという疲労感。

「心を共有するのって、疲れるね」

僕は本音を伝えた。

「そりゃそうだよ、心は小宇宙だからねえー」
「はあ」
「心っていうのは、世界中の海の中身全てをちっちゃな金魚鉢に凝縮したようなものなんだよ。まあ、さっき共有したのは金魚の糞の大きさぐらいのもんだけどーねーひひひ」

トータスは、相変わらず、ぽぴん、ぽぴんと左右動を繰り返していた。

バス・ペール・エールはいつの間にか空になっていた。
久しぶりに僕は口から言葉を発した。

「マスター、おかわり」

「あいよ」

マスターから返ってきた返事は、何故か意識の中に入り込んできた。ふと見ると、マスターも煙草を吸っていた。

「トータス、初心者に対していきなり全部共有は無理だろう。体と心の負担がでかすぎるよ」
「やーすんませんマスター。ついつい試してみたくなっちゃってよーぅ…」

マスターが入ってきて意識上の会話は3人になった。3人でメッセンジャーでチャットしている感覚だろうか。それにちょい似てる。

「心は、写真のように瞬間を切り取って共有することも可能なんだ。今この一瞬の心の状態だけを共有するのなら、時間もかからないし、負担もでかくない」
「そんなことが出来るんすか」
「できるとも。まあちょっと慣れは必要だけどね。1回試しにやってみようか」
「あ、はあ」

マスターは煙草の火を僕の煙草に近づけ、そしてゆっくりと火を接触させた。  
Posted by ayate at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月12日

「雨あがる」 ayate評価:水星


雨あがる 特別版
製作=「雨あがる」製作委員会 配給=アスミック・エース エンタテインメント=東宝
2000.01.22 
91分 カラー ヴィスタサイズ

監督:小泉堯史
脚本:黒澤明
原作:山本周五郎

出演:
寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、檀ふみ、井川比佐志、
吉岡秀隆、加藤隆之、原田美枝子、松村達雄、仲代達矢

系統:透明で美しい清涼感溢れるそうめん系

黒澤明さんの遺稿を映画化した作品。

画に関しても、日本人の心に関しても、
日本という国が持つ「美しさ」を象った一本の感動がここにはあります。

緑と水の清涼感。
とっても綺麗な色の自然の中で、
出てくる人達も古きよき日本人の心の美しさを
これでもかとまで魅せてくれます。

おととしのフジロックでEvanescenceのボーカルの女性が、
"Japan is beautiful country."
と言っていたのを思い出します。
この映画は、彼女のその言葉の真意を実感できる作品です。

寺尾聰さんと宮崎美子さん演ずる夫婦が凄くいい。
ほんとお二人ともいい役者さんだなあ、と思います。

で、三船敏郎さんの息子の三船史郎さんが殿様役で出てて、
ちょい臭くて微妙感溢れる演技を魅せてくれるんですが、
それもだんだんいい「味」のように感じられてしまう。

この作品を味わうと、
日本人って、
謙虚で、優しくて、周りの人に対して思いやりがあって、潔くて、
という本当に美しい心を持った人種だということに気づかされます。

現代の日本人は忘れかけている日本人のそういう素晴らしい心を、
私も大事にしていきたいなあ、と思います。

とにかく、
見終わった後にすがすがしく清らかな気分になります。
いわゆる黒澤映画とはちょっと色合いが違いますが、お勧めです。

Amazonの評価はそれほど高くは無いですが、
私は凄く好きです。この映画。

まあハリウッドには死んでも創れない作品であることは間違いありません。
日本という国であるからこそ出来た映画です。

ってことで、今までの中で最高の評価。

ayate評価:水星

☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
太 水 金 地 火 木 土 天 海 冥
←評価高            評価低→  
Posted by ayate at 19:42Comments(4)TrackBack(0)

2005年06月10日

株主総会のスタッフ証

20050609_1854_0000.jpgなんか株主総会の時にスタッフが胸に着けるスタッフ証を作ってくれと言われたんで作ったんですがね。

どーーーしても色んな色のやつを作りたくなってしまうんだわねーこれが。

勿体ないんで、スタッフの役割ごとに違う色を着けるとか提案してみようかなと。

ちょと楽しげですよね。  
Posted by ayate at 09:04Comments(8)TrackBack(0)

2005年06月09日

地球栽培。

20050522_0020_0000.jpg代々木八幡にあった店。

どうやら地球を栽培しちゃってるらしい。

とてつもなくマクロな栽培ですね。

たぶんギネス載るよ。

世界栽培新記録です。  
Posted by ayate at 09:26Comments(0)TrackBack(0)

ドイツ行き決まったはいいが…。

W杯行きが決まったサッカー日本代表の話題。

主力3選手が居ない中、本当に頑張ってくれたと思います。

いやーでも冷静になって考えてみると、
中盤とサイドが攻撃面においてほとんど機能していなかったと思うんですよねー。

中盤に関しては、中田英の存在の大きさが浮き彫りになった格好ですわなーこれが。

サイドに関しては、中田浩二と加地がとんと意味わからん。
三浦淳でしょやはりどう考えても。
右でも左でも。

あと、もう一年あるんやから、新たな戦力を発掘すべき。
右は市川とか田中隼磨とか試してみて欲しいんだわねー。

FWはやはり大黒が良いということがわかったのでいいでしょう。
あとは大久保呼んで、そんで久保の復活が見たい。

まあ、でもW杯行きが決まって本当に良かった!
日本代表の皆さん、本当にお疲れ様です。

コンフェデも期待してますよー。  
Posted by ayate at 09:20Comments(3)TrackBack(1)