2005年10月30日

青山にてNASH異業種交流会→映画「カスタムメイド10.30」をまさに10.30に観戦。

青山祭り
今日は、イケメンの友達2人がやってるNASH-Project主催の異業種交流会@DEN AQUAROOM AOYAMAに行って参りやした!

というか、前日に大学のゼミの後輩ののぶ君を誘ったのだが、当日になって結局行けないということになり、どうしようか・・・と僕は悩んでいたのです。

そんな時に頼りになるのが、同じゼミ後輩で劇団豆☆六句座長のよこぷり。とにかく小回りが利く。ってなことで早速電話をかけてみました。交流会は14時からだったのだが、電話がつながったのが13時40分。

「今日異業種交流会があるんだけどさー。今どこにいるの?」

「今ちょうど髪を切り終わって、青山にいる。」

「え!異業種交流会、青山であるんだけど笑」   続きを読む

Posted by ayate at 21:37Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月29日

SAKATA MUSIC FESTIVAL!!???

sakataMFぶっちゃけ、悔しかった。

先を越された。と思った。


僕の故郷、酒田で10月16日に行われていた、「SAKATA MUSIC FESTIVAL」。略して「サカフェス」。

酒田の人達って、音楽好きが非常に多い。しかも、すげえ音楽の趣味がいいと思うんだわ。東京に来てみても、高校時代の友達の聴いてる音楽のレベルの高さには、ある意味尊敬の念を抱かずにはいられない。高校時代に音楽好きを自負していた私ではあるが、大学に入ってからというもの、いい音楽に対する感度と知識に関しては、酒田出身の周りのみんなに完全に追い越されてしまった感はぬぐえない。

しかし、しかしだ。肝心の、故郷・酒田という街には、音楽という文化がまだ根付ききっていない。ライブハウスは2,3個しかないし、スタジオは「畠山楽器」というかなりちっこいところ1軒しかない。

私は、私の生涯を賭けてでも、この状況を何とかしたいと考えているんです。音楽を「創る」、そして音楽を「楽しむ」文化を酒田にもっと根付かせる。学生や働いてる人達が、もっと気楽に音楽を自分達でやったりそれを皆で聴いたりして楽しむ文化。


僕は、酒田を音楽の街にしたいんです。


日常に音楽が溢れ、人々が生き生きと心豊かに暮らす街。
酒田をそんな街にすることが私の願いであり、夢でもある。


そんな中、突如出現した「サカフェス」。
同じような志を持った人が酒田にもいるんだなあ。と、ちょっと感動を覚えるとともに、先を越された!という悔しさを感じたのであった。

来年は第2回が開かれるだろう。
次回は今やってるバンドで是非出演してええなああーー!!!!
今後のサカフェスに期待です。

まずは、私達のバンドイロドリ★ゲンチャをもっと素敵にしないとな、と。手ごたえは徐々に出てきてます。まだまだですが、いいバンドになっていく予感をびしばし感じてます。今夜も深夜練。がんばろう。


で、このサカフェスを知るきっかけとなったブログをご紹介。酒田で暮らすかっこいい人達が酒田や庄内のカルチャーシーンを取り上げてます。
「BASE CAMP」
http://blog.livedoor.jp/base_camp/


で、酒田がどんなところか知りたい人は、
私が以前に書いた酒田に関する日記をまとめた、
酒田の調べ。〜故郷酒田滞在記〜をどうぞ。



↑あやぶろはねー、あなたの心の潤滑油になればいいかなと。思ってます。

  
Posted by ayate at 11:32Comments(7)TrackBack(1)

2005年10月28日

適職診断占い。

適職ランキング

元劇団仲間のnacoさんからのご紹介だったんですが、適職診断占いだそうです。

で早速やってみたところ・・・。


アヤテさんの適職

順位 職業  適性
1  小説家 68%
2  獣医  56%
3  検事  35%



おおおーー「小説家」
いいねえいいねえ。


総評・・・
とっても威厳のあるアヤテさんは、小説家が一番向いています。小説家になれば、「いつも偉そうな小説家アヤテ」として、周りに一目置かれます。


とっても威厳あるんだ・・・ははは・・・ははは・・・。
うん。確かに、偉そうだとはよく言われるけどね(笑)。

小説家になればもっと偉そうになれるのか。
ま、小説家、ちょっと目指してるしねぶっちゃけ。あわよくば。

獣医、検事というのも、なかなか的を射ている。
特に獣医って、ちょっとあり得そうでいいよね。検事にはなりたくも何とも無いけど。
ま、でもなかなかやりおるな。この占い。
割とかなりテキトーそうでいて、意外とつぼを突いていたりするな。

皆さんもどうぞ。

適職診断占い



↑あやぶろが10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るらしいぞ。
  
Posted by ayate at 08:06Comments(6)TrackBack(1)

2005年10月27日

今から帰りますですよ。

751d1947.jpg市ケ谷の中央線ホームでの画像をお送りしますよ。

今日は久しぶりに14.5時間労働。これから帰宅なのだ。

こんなに働いてると、だんだん気が遠くなって来るとともに変なテンションになってきますよね。

明日は早く帰ろっと。


あ、最近バンドの曲とか結構創ってんだけど、かなりいいよ。

「名人芸」とゆータイトルの隙間リフ系ロックの曲と、
ブルーズ&ヒップホップすなわちブルーヒップな曲、「青尻」。

かなりかっこよさげになりそうなウブな新曲達。とてつもない遺伝子を持ったひよこが餌を欲しがるかの如くだよ。

やーライブが楽しみなのだ。

やったるぞーん
  
Posted by ayate at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月26日

目の話。

b6be3cc5.jpgいきなりですが、目の話です。

最近、色んな人から、「アヤテって目が大きいよね」と言われる。

一番の衝撃は、ボーカル教室にてファルセットを響かせる練習をしていた時に、先生から「目を極限まで開けてー」と言われて開けたら、「めちゃくちゃでか!!!!」と言われたことである。まあ極限まで開けたらでかいのは当たり前か。

こんなにも目が大きいと多くの人に言われるのは生まれて初めての経験なので戸惑いを隠せないのである。
  続きを読む
Posted by ayate at 08:54Comments(5)TrackBack(0)

2005年10月24日

【映画】チャーリーとチョコレート工場。

fb3a9824.jpg見てきたよんよん。
チャーリーとチョコレート工場

いやー楽しい!楽しい!
やっぱ楽しい映画って、最高だよね。
楽しさをことごとく追求して、誰もが持ってる子供心をくすぐりつつも、世の中に対する毒とほろりと泣かせるテーマ性を持った、良作です。

家族って、いいよね。

そういうことに改めて気づかされるよ。無性に家族に会いたくなたーだよ。
いやー、魔性の映画だねこれは。もう、確信犯的ティム・バートンの素晴らしい仕事っぷりがそこかしこで感じられるわけです。

unparunpaしかしこのウンパ・ルンパは必見。さすがに「真夜中の弥次さん喜多さん」の荒川良々には劣るけど、映画を取り巻く非常にアメリカンなファニーさを増長してます。誰かに似てるんだよなーこのウンパ・ルンパ。せんだみつおかなあ?それとも武蔵丸?うーむ。しっくりこない。

そんなこんなで、大満足。こんな映画創ってみてえなあ。僕だったらもっとシュールにするけど。



↑あやぶろが10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るらしいぞ。にひひひひ。  
Posted by ayate at 22:22Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月23日

小学校の先生になりました。

アヤテ先生


アヤテは、今日から小学校の先生になりました。




・・・という夢を見た。
小学1年の担任だった。

あんまり覚えてないのだが、パソコンを使う授業をやっていて、

「文字を消すのってどうやってやるのーーーー!!」

って質問を小学1年生にされて、

「カーソルの左の文字を消すには『Back Space』、右の文字を消すには『Delete』だよ。」

「えー、どっち使えばいいのー・・・?」

普通の場合は『Back Space』でいいんじゃないかなあ。」

などとやさしく教えていました。


で、職員室で昼休み終わって、
「5時間目、何だっけなあ。」
と思って時間割を見ると、5時間目のところに



「火燃」



と書いてあった。
で、どんな授業だっけ???と慌てて教科書をめくると、燃えるゴミに該当する種類のゴミの名前と写真が延々と書いてあり、必死にそれを読んで覚えようとしていた。

上記アニメーションGIFのような先生ではありませんでした。
上記アニメーションGIFは、今朝方思いつきで30分ぐらいで作ってみたんです。


で、次に見た夢では、EDWINの社員になってた。
僕の仕事はデザイナーに仕事を振ること。
デザイナーが何故か安田大サーカスのHIROちゃんで、必死にHIROちゃんに仕事を説明していました。仕事を振りすぎてHIROちゃんにあからさまに嫌な顔をされたりと、大変でした。


そんなこんなで、今朝は変な夢での幕開け。
今日は1日家でまったりしよう。



↑あやぶろが10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るんです。冬場の上半身裸は、ぶっちゃけきついですが、なにか。

  
Posted by ayate at 11:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月22日

イロドリ★ゲンチャ深夜練@池袋Gateway Studio。

イロドリ1昨夜は、The Gateway Studio池袋店で私達の隙間ロックバンド「イロドリ★ゲンチャ」の深夜練。25時〜27時という強行スケジュール。

僕は11連勤の最後の日の仕事終わりということもあり、疲労度と睡眠欲はMAXだったんですが、やってまいりました。

本日は、元バンド仲間のゆひこと、大学時代からの片割れである隆則がゲストでいらっしゃいました。

隆則
←まるでプロデューサーのようないでたちと雰囲気を醸し出す隆則。

イロドリ2

練習は始まった。

毎回練習の最初にジャムセッションをやるのだが、
今回は何と、

AC/DCの「Back in Black」(笑)のリフを使ってのセッション。

  続きを読む
Posted by ayate at 14:10Comments(3)TrackBack(0)

2005年10月21日

シベリア少女鉄道「スラムダンク」。

409e4dcf.jpg今巷で話題のサプライズコメディー劇団シベリア少女鉄道の公演「スラムダンク」。千秋楽を見に行って参りました。


まさに、茫然自失。


そう、観おわった後の感覚は、茫然自失としか言いようがない。
  続きを読む
Posted by ayate at 08:52Comments(0)TrackBack(1)

2005年10月19日

電車爆睡男。

爆睡男1昨夜は新規サイト立ち上げメンバーと軽くプチ打ち上げ。
社長とCOOの方からたんまり軍資金を頂きまして、悦楽三昧でした。

その帰りの電車の中でですね、このようなデリカシーの欠片も無い、電車爆睡男がいたわけです。

いつも酔っ払うと電車を乗り過ごしてしまうアヤテですが、さすがに自分の領域をここまで拡大したりすることはありません。

やっぱ、酔っ払うのは人の勝手ではあるのだが、他人様の迷惑にナッチャウコトは絶対にしちゃいけないな、と決意を固くしました。

爆睡男2しかしこの電車爆睡男、凄いよね!このあやぶろをもし見ることがあったら、必ずや悔い改めよ。

高円寺駅直前で、肩を叩いて起こそうとしたのですが、熟睡甚だしく不可能極まりない状態でした。私はそのまま高円寺で降りて帰賂に着いた。

電車爆睡男の結露はいかに・・・。
それは本人のみぞ知る。


↑あやぶろがもしこれ10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るとの説がありますよね。  
Posted by ayate at 08:45Comments(4)TrackBack(0)

2005年10月18日

新規サイト、つ、遂にローーーーンチ!!!

eb5e6b8e.JPGひゃはーーーー。お疲れさん俺。

8月に転職してからずぅーーーっと携わってきました、PC用の新規サイトのclosedβ版が遂にオープンしましたー。
このためにこの前の週末は土日返上で仕事してたのだ・・・。

やー今日も戦争であった。

17日(月)にオープンということで動いていて、社内的にも「今日中にオープンします」ということを大っぴらに言ってたわけなんですが、何かとトラブル続きで、気づいたら定時の18時を回り、20時を回り、22時を回り・・・。

オープン出来たのが、

何と・・・。



23時52分。



凄い・・・。映画のような幕切れであった・・・。
確かに今日中は今日中だけど・・・。


「GO−−−−!!!!」


という技術のシニアマネージャーさんの雄たけびがカウントダウンに変わり、

「4」

「3」

「2!」

「1!!」

という掛け声ともに、サイトはオープンした。

一緒に働いてた6人の勇者達から自然と拍手が巻き起こる。

何はともあれ、予定通りの日付でオープン出来て良かった良かった。
眠気と疲れのナチュラルハイで多少おかしくなってましたけど、
ちょっと感慨深いものはありました。


このサイトはというと、俗に言うアバターコミュニティサイトです。
まだ対外的にはリリースして無いんで詳しくは言えないんですが、
現段階のβ版サービスをお使い頂いて色々アドバイスを頂くための「開発サポーター」なるユーザーを募集中です。

もしご興味ありましたら私までご連絡ください。
今なら、お使い頂いた後にアンケートをご提出していただくことによって、ささやかながら記念品を差し上げます。

まだまだ未完成だと思うし、これからのサイトです。

これは終わりではなく、完全なるスタートだ。

しかしまあ、このプロジェクトにずっと関わってきて一緒に土日返上で働き、本日も23時52分まで頑張った6人の勇者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
これからも宜しくお願いします。
もっともっといいサイトにしていきましょう!



↑あやぶろがもしこれ10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るとの説がありますよね。  
Posted by ayate at 01:52Comments(8)TrackBack(0)

2005年10月16日

カフェ花鳥風月@庚申通り

花鳥風月1高円寺庚申通りのね、まんなからへん。右側の2階にそれはあります。

最近ずーぅーっと気になってた、カフェ花鳥風月に行ってきました。
ええ、会社帰りですとも。今日も20時ぐらいまで働いてたのだよこれが。

全席禁煙。

ポリシーが感じられるいいカフェだ。
素朴なんだけど、どこか、暖ったか綺麗な空気が流れてる。
  続きを読む
Posted by ayate at 22:02Comments(2)TrackBack(0)

休日出勤パート2!&イロドリ★ライブ告知。

8b093623.jpg今日もこれから休日出勤なのでございます。

いやー働いてるなあ最近、、、。
しかも今朝はバンドの練習を三時までやってその後五時まで笑笑でアフター。
早朝の電車に乗ったはいいものの、山手線と中央線で計2回、10駅分乗り過ごし、家に着いたの結局七時!
で今から出勤なわけです。
いやーロックですよねーこの生活。
さっさと仕事終わらしてかえろっと。

あっ、で、我らが隙間ロックバンド、イロドリ★ゲンチャの初ライブが決定しました。

12月3日(土)です。
ベースのネツ君がスタッフやってる埼玉は越谷のEASYGOINGSってゆー箱でやります!
わりと遠いんだよねー。
たぶん年明けには都内でやるはずなんで、無理して遠出したくない人は2回目以降のライブをお薦めします。

ってなことで、ライブまで1カ月半を切ってんだよね。やべえ!けどやるしかねえ!


↑あやぶろがもし10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るとの噂。

  
Posted by ayate at 12:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月15日

休日出勤

70f1799d.JPG今日は休日出勤してきました。
写真はその出勤途中に撮った写真。わかりにくいんですが、かなり走ってます。自宅から高円寺駅までは徒歩9分なのですが、最近出勤のときは何故か時間ギリギリに出るので必ずと言っていいほど走ってるわ。なので、駅まで徒走4分。超健康的。

で、ちょっと色々訳あって結局明日も出勤ケテーイなのだ・・・。

ぐびー。
これからイロドリ★ゲンチャの深夜練@池袋ゲートウェイだしなーやっちゃうぞー



↑あやぶろがもし10位に入ったら、
アヤテが渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るんですって。
  
Posted by ayate at 23:05Comments(2)TrackBack(0)

はいはいはい高速スパムライブ@Heaven's Door

スパム1ピンぼーるぼーいのぴんぼーるだーんすをみてぴんぼーるがーるはゆめのなかぁー

あい。

お久しぶりです。高速スパムの皆さん。
三軒茶屋のHeaven's Doorでのライブ。
って言ってもこの前恵比寿みるくの呑都でお会いしたばかりなんですけどね。

いやー本日もいいライブでした。
一緒に行ったのは元劇団&バンド仲間の歌姫ゆひこだったんですけど、終始笑顔で大爆笑してましたねー悦楽してましたねー

どうやらゆひこはトラムペットのジンジンさんに釘付けになってしまっていたようです。

  続きを読む
Posted by ayate at 08:15Comments(10)TrackBack(0)

2005年10月14日

Skype童貞喪失。

skype2本日、童貞喪失しました。

そう、livedoorスカイプ。でございます。生まれて初めてPCで会話した。普通はヘッドセットでやるんだろうけど、ヘッドセットがうちには無いもんで、PCのスピーカーから相手の声聴いて、僕がマイクを片手にしゃべるというシュールな絵になっとります。

割と楽しいやこれ。0円な上に、音が結構良い。
おまけに、他の事やりながらでも楽しめる。会話が途切れても別に気まずくない。これって電話の常識を覆してるよね。電話で一番辛いのって沈黙だったりするから、そんな僕にはこのSkypeとやらはとてもありがたい。


skype1やー、いいねこれ。
悦楽悦楽。

ってなことで、今度の土曜日夕方からのボーカル教室で「Earth Wind & Fireの"Fantasy"を裏声で歌う」が課題になっとるので練習しなきゃだったんですが、さすがにSkypeを通じては相手に失礼なので、通話を終了して1人で練習しました。

いやはや、英語って歌うのむずいね。
俺かつぜつ悪いので非常にかみまくるんですよ。
この前のレッスンで「ポパコポパコポパコポパコポパコー♪」で音階を歌うという練習をしたのですが、全く言えなかった。
ぽぱこが。1回もまともに言えなかった。
しょっくだった。

かつぜつと裏声。
それが私の最大にして最強の課題である。

さ!やったるでー


あやぶろが10位に入った暁には、渋谷のスクランブル交差点を上半身裸で渡るとの説。→→→
  
Posted by ayate at 06:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月13日

t.A.T.u来日イベント。「ゴメーーナサーイー♪」

club asiatAtuポス田いやはや行ってきたのだ。t.A.T.uの来日イベント@渋谷club asia。面白半分、ネタ半分で応募したら当たーちゃたーのですよ。抽選で200名との事だったのだが。

てなわけで、渋谷へ男一人でt.A.T.uを見にゆくとゆー完全なる自虐的状況を楽しみつつ会場内へ。


・・・。



人、多!!

  続きを読む
Posted by ayate at 05:33Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月12日

もうクリスマスかぁ。

と、メッセンジャーの名前を設定している人がいたので、

早!!

と突っ込んだのですが、次の瞬間には「もうハロウィンかぁ。」と変わってました。私も対抗意識を燃やしまして、


「もう春かぁ。」


さらに、


「もうエイプリルフールかぁ。」


と変えてみたところ、「もう」の境界線もへったくれもあったもんじゃないという楽しい状況が生まれました。冬がかわいそうにすらなります。

話は変わりますが、私は冬が苦手です。
冬はテンションが下がりがちになります。厳しい寒さに弱いのです。
そう、厳しい寒さに耐えかねて山形から南下してきたという説もあるほどです。
東京の冬はわりかし過ごしやすい。風が吹かないから。

風の強い冬のチャリでの登下校ほど辛いものは無い。一度、家まで3kmぐらいある、周りに田んぼしかない1本道の中、あまりの突風が前から吹いてきて、チャリをこいでもこいでも進めないという絶望的状況に見舞われたことがある。降りてチャリをひきながら歩こうとしてもまったく進まないという自然の猛威に呑まれながら泣き出しそうな状況下で、一緒に帰ってる友達と思わずチャゲアスのYAH YAH YAHを大声で歌い出ながら帰ったという思い出もある。


・・・何はともあれ、終わらない冬は無い。
やってこない春は無い。

だから、冬の間も「もう春かぁ。」と常に思うことによって乗り切ろうか。と。

でもそれはそれでやっぱり冬がかわいそうだ!

誰か、冬のとてつもない楽しさを教えてください。

結局、「もう」の境界線ってどこまでなのかな。
感覚的には1ヶ月って感じすかね。
「もう今年も終わりだねー」っていうのって、大体12月になったぐらいかなと思う。

次は「まだ」の境界線について考えてみようと思います。

「まだ平成ですね。」
とか、ちょっとしゅーるで危ない感じで。

「まだ21世紀ですね。」
とかもいいかもしれない。

ってなことで、エンタメブログで楽しむ。  
Posted by ayate at 08:56Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月11日

皇帝ペンギンを探しに…。ひょんなことから素敵なシンガポール料理屋に出会う。

ガーデンプレイスやはー。今日は、映画「皇帝ペンギン」を観に、恵比寿ガーデンシネマまで行ってみました。

特別鑑賞券があったのでタダで入れるという代物だったのでラッキー的な感覚でしたんですが、会場に行ってみると・・・。


「満席のため入れません。」


とのこと。立ち見も無理。
まじかー。今東京ではこの恵比寿でしかやってないらしく、他で観るとしたら千葉や埼玉まで行かなきゃいけん。

むうー。


しょうがないので、とりあえず連れの友達と一緒に恵比寿でランチを食うことにしました。ガーデンプレイスの地下とかも探ったのですが、お気に召すとこがなく、適当にそこらへんを歩いてみて探すことに。
  続きを読む
Posted by ayate at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月10日

NASH-Project営業職向けセミナー。

セミナーおはよーございまーーーす。お元気ですかー。

昨日は、NASH-Projectのセミナー『キャリアビジョン vol.1』【営業職という戦略的キャリア】に行って参りました。

NASH-Projectの白井君と本田君は、ある意味僕の人生の恩人でもあります。社会人として悶々と生活していた暗黒の日々を救ってくれた出会いかもしれません。このNASH-Projectの以前のセミナーを通じて知り合った人とのつながりによって、僕の人生を大きく舵切っていい方向に旋回することが出来た感じなのだよねこれが。

で、今回のセミナーには、NASH-Projectとの出会いのきっかけをつくってくれた僕の友人の「おすぎ」こと杉山純一君がパネリストとして参加してました。これは見逃せないと思って行って見ました。
  続きを読む
Posted by ayate at 09:20Comments(0)TrackBack(0)