2006年03月30日

それ、ぼくのフクです。

なんか、思い出せないほど久しぶりに気持ち良く熟睡出来たと思ったら、
楽しく変な夢を見て、起きたらこの時間である。


みなさん、

おっはー。


その夢では、以下のようなことが繰り広げられていた。


母校の小学校に久しぶりに行ったら、ちょうど掃除の時間だった。

職員室から一番近い教室に入ると、そこには、なぜか高校時代の陸上部の顧問の先生がいた。


「おおーアヤト。何してんのぉー。」


いつもと同じ調子で話し掛けてくる先生。
どうやら、この教室の担任らしい。


「ええ、仕事はまあまあ微妙ですけど(笑)、
 音楽とか、好きなことやれてるのでなかなか充実してますよ。」

と、わりとありきたりに返す私。


ふと気付くと、一番前の席の机のうえに、灰皿が置いてあった。

思わず、反射的に一本煙草を吸ってしまう私。

気付くと、顧問の先生はいなくなっていた。


さて、帰ろうかなあと思って教室を出ると、

さっきの先生の声が聞こえる。


「誰だー!タバコ吸ったのー!」


小学生に問い掛ける先生。
私はあわてて戻り、こう口走った。




「それ、僕のフクです!」




・・・。



フクっていったい・・???



副流煙のフクなのか、
一服のフクなのか。


自分で言っといて、
自分の中で謎は深まるばかりなのであった。



しかし、


「おう、そうかぁ」


となぜか先生は納得顔で一件落着(?)。


そのあと、私は小学校の図書館で
めちゃくちゃおもしろそうな茶色い表紙の本を借り、
放課後の誰もいない体育館に何故か置いてあったサンプラーで
すげえクールなサウンドを奏でまくり、
ひと仕切りテンションをあげまくったあとに、


静かに家路に着いた。


そんな、
オチも何も無いけどエンタメチックな夢。


あやぶろは夢の中。  

Posted by ayate at 05:27Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月28日

過去とか未来とか。

さてさて。

私達は、在るようで無い過去と、

無いようで在るかもしれない未来の狭間で、

今を生きている。


結局のところ、
今は進む。
今だと思っていた時間は、
ふと振り返ると、もう既に過去になっている。

そして、もう桜が咲いている。

2006年も、4分の1が終わろうとしている。

積み重ねているのだろうか。
果たして、つんでいるのだろうか。積み木を。


昨日、リトルショップ・オブ・エラーズの公演が終了した。

ま、結果については、
ここでは敢えて書くまい。

観に来ていただいたお客さんや、
一緒に舞台を創った皆が1人1人色んなことを感じていることでしょう。


今言えるのは、

これまでこの世に存在していなかった1個の劇団が、
同じく陰も形も無かった1つのものを生み出したということである。

その重さたるや。


多くの人が集い、1つのものを生み出した。

それは、凄いことなのである。


1人じゃ出来ないことを、
大勢の人が1つの場に集まって可能にするという営み。

それこそが、モノつくりの醍醐味である。

そしてそれに対して、お金を払って観に来てくれるお客さんがいる。

過去でも未来でもない、
「今」を役者さんたちが演じ、スタッフが支え、
そうやって創り上げられた「今」の瞬間を体感するためにお客さんが見に来る。

それが舞台の魅力なわけです。


バンドのライブもそう。
いかにその瞬間を燃やすか。
気持ちを込めて、
音楽を演奏するという現在を集中して生きるということだ。

別にライブとか舞台の公演に限らず、
毎日の生活にも言えることではないだろうか。と思う。


悩んでる暇なんて無い。
悩んでる暇があったら、
現在を精一杯、燃やすことだ。

と、自分に言い聞かせてみる。

ま、息抜きも勿論必要なんだけどね。


えんためしてますか。  
Posted by ayate at 00:58Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月24日

REPAIR!

そういえば、先日家に帰ってCDを聴こうと思って、
コンポにCDを入れると、


ぐい〜〜〜〜〜ん


といって異様に遅く閉まったかと思ったら、
うんともすんとも言わなくなった。

EJECTボタンも再生ボタンも何も効かない。

で、挙句の果てに、
このような表示が出た。

REPAIR!








・・・。


REPAIR!



だそうです。


ええ、ミゴトに命令されちゃってますよ。


家電に。


おそるべし、SONY


確かこのコンポを買ったのは1994年ぐらいなので、
PSE法のPSEマークの基準には端にも引っかからない
ビンテージでもなんでもない代物なんですが、
さすがに12年の月日はコンポに重く圧し掛かったのだろうか。

だって、MD出てほんと間もない頃だもんねこれ。
MDがついてるコンポがまだまだ高級品(?)だった頃です。

俺も年をとるわけだこりゃあ。


どうでもいいけど、
最近、会社という組織の中に限らず
色んな場所で全く個性を発揮できない自分に
いい加減嫌気がさしてきました。

春の訪れとともに、
そろそろはじけましょうかねと思う今日この頃。

あやぶろははじけてるのか否か。

  
Posted by ayate at 00:53Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月23日

いよいよ明日から本番です!リトルショップ。

私が関わってる劇団、
リトルショップ・オブ・エラーズの旗揚げ公演、

【STAR WAR2 帝国の哀愁】

が遂に明日幕開けでございます。

494f3fa0.jpg

東演パラータという下北沢の小劇場でやっちゃいます。

今日は、前日のリハを観て来ました。
私はチラシなどの宣伝物やらなにやら色々作ってきたわけですが、
役者さんたちが演じているところを初めて見ました。

きっと素晴らしい公演になることでしょう。


【日程】2006年3月24日(金)〜26日(日)
  
【開演時間】 24日(金)14:30 19:00
       25日(土)14:30 19:00
       26日(日)14:30 18:00 
      (各日開演30分前に開場)

詳しい公演情報はこちら

440君が作ったオリジナル(?)テーマ曲も試聴できちゃったりなんかして。

まだチケットには余裕も多少ございますので、
週末のご予定とか調整していただきつつ、
是非見に来ていただければと思いまつ!

僕が作ったチケットは一見の価値ありかもよ・・・?

ではでは。


フォースとともにあらんことを!!!


えんためシテルぶろぐたち。


  
Posted by ayate at 23:16Comments(0)

2006年03月22日

王JAPAN優勝おめでとう!→そしてイロドリ★ゲンチャライブ。

国別対抗野球:日本がキューバを降し10−6で初代王者に(MSN毎日インタラクティブ)
【サンディエゴ(米カリフォルニア州)田中義郎】野球の国・地域別対抗戦、第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、当地のペトコパークで決勝を行い、王貞治監督(ソフトバンク)率いる日本がキューバを10−6で降して初代王者に輝いた。決勝で先発し、大会通算3勝目を挙げた松坂大輔(西武)が最優秀選手に選ばれた。


いやー素晴らしい優勝でございました。

やっぱり、1つのものに向かって心がひとつになったチームって、
まじで強いっすね。

そして、その気持ちの入ったプレーっていうのは、
技術うんぬんは抜きにして、観る者の心を奮わせるものだと改めて感じた。

他の選手のミスがあっても、
チーム全体でそのミスをカバーしていたし、
その上、ミスをした選手自身がことごとくその後にいいプレーをして
そのミスを取り返した。

1試合1試合こなすごとに、
本当に素敵なチームになったと思う。

日本代表の皆様、おめでとう。
そしてありがとう。
本当にお疲れ様でした!


で、今日はその後我々のバンドイロドリ★ゲンチャのライブがあるので、
この試合は、バンドのベーシストであるネツ君の家で
メンバーの皆とテレビ観戦してました。

試合の結果を見届けてからリハーサルに直行。

今回のライブは、越谷EASYGOINGSにて。

出番は1発目だったんですが、
いやーぶっちゃけ良かったです。今回のライブは。
今までの中でベストアクト。

ライブへ向けていい感じで調整も出来たし、いい意味で余裕があった。

今回の演奏は特に皆気持ちがかなり入っていて、
やってる方としても手ごたえがあった。

お客さんの反応もなかなか良かったです。

やっぱり、バンドも野球と同じでチームプレーだし、
結局お客さんの心を動かすものって、技術ではなくて気持ちなんだと思った。
バンドというチームとして、
心が1つの方向に向かっているかどうかが鍵なのかなと。
(もちろん、聴かせるための最低限の技術は大切ではあるが。)

細かい部分でまだまだ直すべきところも見えてきたし、
どんどん良くなってきているんで、
次回のライブもいいものを魅せるべく頑張ります。

4月のライブは、

8日(土)越谷EASYGOINGS

18日(火)Y2K ROPPONGI

の2本立てです。


是非皆さん都合が合えばお越し下さい!


えんためらんきんぐ。

  
Posted by ayate at 01:29Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月20日

明日ライブ。イロドリ★ゲンチャ。

おつー。

突然ですが、明日ライブやっちゃいます。

越谷EASYGOINGS

黒子一家presents [黒子一家総決起集会]
黒子一家 / Grand Shaman / Black Cherryz
イロドリ★ゲンチャ

OPEN/17:00 START/17:30
ADV/\1000 DOOR/\1000

チケも1000円とお買い得なので、
お暇でしたら是非どうぞ。

うちら1番目なので、17時半からいきなしです。

んじゃ、これから深夜練。
で春日部のネツ君ちに皆で泊まるんだよね。

えんためらんきんぐ。  
Posted by ayate at 21:29Comments(0)TrackBack(0)

WBC準決勝、野球日本代表が韓国破って決勝進出!良かったねー

Yahoo!ニュース - スポーツナビ - 日本、韓国に快勝して決勝進出!!=WBC
 王JAPANが3度目の正直! ワールドベースボールクラシック(WBC)準決勝第2試合が19日(日本時間)、米国のペトコ・パークで行われ、日本が6−0と韓国を下した。1次リーグ、2次リーグで連敗を喫していた韓国と3度目の対戦で快勝した日本は、世界一をかけた決勝戦(21日、11時)でキューバと対戦する。

 得点できないうっ憤を晴らしたのは福留だった。得点圏に走者を進めながらも0行進が続いた7回の日本の攻撃。先頭の松中がライトへの二塁打で出塁する。多村が送りバント失敗し、続く打席に立ったのは不調のためスタメンを外れていた代打・福留。メジャーリーガーのキム・ビョンヒョンのストレートを振り切った打球は、ライトスタンドへ飛び込む先制2ラン! この一打をきっかけに、日本打線が爆発した。小笠原が死球でつなぐと、里崎や宮本、イチローのタイムリーが飛び出した。7回は6長短打で一挙、5点を挙げた。8回には多村の今大会3本目となるソロ本塁打で加点した。過去、2試合の韓国戦と同様に、試合序盤は投手戦となったが、日本が集中打を見せて、韓国投手陣を打ち崩した。


いやー。すっきり快勝。
福留の代打起用的中や、イチローの3番起用、上原の凄まじい快投。
こんなに全てが上手い方向に行った試合は今大会初めてかもね。

しかし今大会のイチロー選手は、ほんと何かにとりつかれたように熱い思いを持って臨んでいる。

試合後のイチローのインタビュー動画。

クールが代名詞のイチローが、感激と興奮で取り乱し気味。
こんなイチローはハジメテミタ。


ただ、一部の韓国の選手の日本に対する侮辱的な態度や行動については、
どうもすっきりしない印象を覚えた。

前回の試合終了後のマウンドに太極旗を立てた行動。

そして今回の試合では、
9回表にイチローをファールフライに討ち取った後、
韓国の三塁手がイチローの足元にボールを投げ捨てた行動。
一応、証拠動画。

他にも色々あったみたい。


うーむ。
ま、勝ったからいっか。

いよいよ、優勝をかけて決勝はキューバと対戦。

次は松坂が先発だろうね。
楽しみである。

ここまできたら、優勝してくれることでしょう。


あやぶろは何位?


  
Posted by ayate at 02:21Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月18日

PSE法反対デモ@高円寺。

45b58111.jpg今デモ中です。青梅街道を中野に向かって行進してます。

軽トラック上で大音量でファミコンをプレーしながら。

ソカベケーイチさんもこれから参戦の噂。

すげえロックで楽しげなデモだわ。
杉並警察署もかなり協力的です。笑  
Posted by ayate at 15:34Comments(1)TrackBack(0)

一蘭の店員の姿を初めて拝見。

今日は、仕事帰りに六本木のライブハウスに来月のライブの打ち合わせで行ってまいりまして、その帰りに一蘭というラーメン屋でラーメン食いました。

一蘭は、福岡発のとんこつラーメン屋なんですが、
食べるとこが個室の仕切りで区切られてて、
店員の顔さえも見えない。

顔が見えないのにお客さんに語りかける声は聞こえて来る。

結構でも割と美味しいので良く行ってるんですよね。


そんな一蘭でラーメンを食って店を後にしようとしたそのとき。



「お客様!忘れ物されていませんか?」


不意に声をかけられて振り返ると、眼鏡をかけた誠実そうな店員が。


そうです。

いつも持ち歩いてるダーツケースを客席に忘れてたんですねえ。



丁重にお礼を言って、
何事も無かったように
忘れ物を受け取り、帰路に着く。


そこではたと気づいた。


一蘭の店員の姿を見るのは、
そういえば生涯初だなあ。



と。

なんか、何故かほっとした。
ちゃんと人間がやってるんだなあと思って。

一蘭って、そういう人間味がなかなか感じられないじゃないですか。

機械的&マニュアル的な接客システムの中で、
お客さんが忘れ物をした時だけは、
このようなまあある意味人間同士の心温まる(?)やり取りが
繰り広げられているのかなあと思ったりして。


そんな記念すべき一日でした。

あやぶろは何位。





  
Posted by ayate at 01:50Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月17日

野球日本代表の奇跡。

Yahoo!スポーツ - ニュース - 米国がメキシコに敗れる 日本の準決勝進出が決定!!
 日本が準決勝進出決定!! ワールドベースボールクラシック(WBC)の2次リーグ・プール1、メキシコvs.米国の一戦が17日(日本時間)、米国のエンゼル・スタジアムで行われ、メキシコが2−1でアメリカを下した。これで2次リーグは、日本、アメリカ、メキシコが通算成績1勝2敗で並び、大会規定の失点率で日本の準決勝進出が決まった。
 これで、準決勝進出チームは日本と3連勝の韓国となった。19日(日本時間)に、日本は三度、韓国と対戦することになる。


あ、あ、

ありえない・・・。

9分9厘敗退が決定したと思われた、
野球日本代表。

なんとメキシコがアメリカに勝ち、
準決勝進出が転がり込んできました。

しかも相手はまたしても韓国。


2度あることは3度あるのか、

それとも3度目の正直なのか。


イチロー無念「最も屈辱的な日」(サンケイスポーツ)
 “F●●K!!”

 突然の咆哮−。言葉にならない声をあげた。予期せぬ光景を少し離れたところで目撃した里崎の視線は、まるで怯えたように宙を泳いだままだ。韓国の歓喜を見守ることなく、イチローは真っ先にグラウンドに背を向けて、ベンチ奥に消えた。


このように悔しさをあらわにしたイチロー選手にも、
是非借りを返していただきたいですね。

次は上原投手が登板らしい。
なんか、勝ちそうな気がする。

つーか、3回も負けてらんないでしょ。
『向こう30年は日本に手を出せない』という感じで勝ってほしいものです。

久しぶりに野球の熱い話題だなあと思う。

次勝ったら祭りですね。


日本、正念場。


あやぶろは何位?



  
Posted by ayate at 12:52Comments(5)TrackBack(0)

2006年03月15日

春眠、暁に気づき始める。→新動物占い。

さて。

春眠をむさぼっていましたあやぶろ。

前回の投稿から約1週間余りが過ぎてしまった。

そろそろ寝ぼけ眼で起き抜けの煙草を一服しようかと思う。


この1週間というもの、
アクセス数は落ちる一方・・・


かと思いきや!!!


結構来ていただいているんですよねー。

1日平均訪問者数が、60〜70人


本当にありがとうございます。m(__)m

まあぼちぼち目を覚まして行こうかなとも思っとります。


で、起き抜け1発目の投稿は、

よこぷりがやっていた「新動物占い」について。

かなりあたるとのことだったので期待してやってみました。

で、よこぷりと私は結構似ている部分が多いと言われるんですが。


よこぷりは気まぐれなチータ



私は、「ダンディなチータ」


おお。なるほど。
チータ同士だったのね。
道理で似ているわけだ。

とまあ軽いジャブ。


で、私の結果



・・・・。


や、ヤヴァイ。


こわいくらいにあたっている・・・。


冒頭からやってくれますねこの占い。

誠実で真面目な印象のあなたは、おもしろく
ないという印象をもたれる事があります。


笑。ばっさり斬られちゃったあるよ。


環境の変化には適応力が弱く、新しい仕事や
土地に移ると、気分が出て実力を発揮するま
でに時間がかかります。


ここらへんとか、言いえて妙だ。


持って生まれた物に頼りすぎ、甘えると、
自信過剰なところが顔を出したりして、他
人に敬遠されることもあります。


うーん、こんなことやあんなことが思い浮かぶ。


鋭い感性や、実行力より人望が、自然と集
まってきますので、他人に対して謙虚にな
ると、更に大きく成長出来るはずです。


うむ。他人に対して謙虚にならんとね。


なるほど・・・。

いやーここまで当てられた占いは人生初だ。

皆さんもやってみるとよろし。

新動物占い

占いって、まあ当たってるか当たってないかは別として、
自分のことを省みれるからいいよね。


あやぶろは何位。  
Posted by ayate at 01:18Comments(6)TrackBack(0)

2006年03月07日

春眠中懺悔致します。

ポーション飲んでみたらHP3下がった。
俺ってアンデッド系かも。


そんなこたあどうでもいいんですが、
冬眠(後に春眠に訂正)宣言以来、
各方面にご心配をお掛けし申し訳ございません。

本当に多くの方々から
お叱り、励まし等、ありがたい言葉を戴きました。

Blogという媒体の影響力の大きさと、
あやぶろを見てくれている人がこんなにいるんだなあ
ということに驚くとともに、
周りの皆様の温かさを改めて感じました。

うん。一時期に比べると、ちょっと元気が出てきました。
ほんとにみんなありがとうございます。多謝。


最近、現実に起こったことをBlogに逐一書かなければいけない
みたいな強迫観念が自分を締め付けていたのかなと思います。

Blogに書くために面白いことやろうみたいな、
本末転倒感も確かにありました。

日々に追われてる感もあり、
どうやら心が疲れていたようです。


今後は、もうちょい余裕を持ってBlogと向き合っていこうと思います。


別にBlogに書くのって、
現実のことだけじゃなくてもいいかなみたいな。

たまにはフィクションとかも織り交ぜちゃっても
いいんじゃねーのみたいな。


そんな実験的なスタンスで、
あやぶろは夢とうつつの狭間で
春眠という名のうたた寝に臥します。


そんな感じなので、
たまーに様子を見てやるぐらいの軽い気持ちで
のぞいてやっていただけるとありがたく。

ではまた。


あやぶろは何位でしょ。  
Posted by ayate at 23:41Comments(4)TrackBack(0)

2006年03月06日

いやあー。

Posted by ayate at 00:46Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月03日

春眠暁を覚えず

そんな感じで、春眠中第2発目の投稿の時間がやってきた。


アメーバのような手触りの穴をくぐって隣の部屋に侵入してみると、男女二人は、まぐわっていた。まぐまぐしながら、僕を見てまごまごしていた。



気、気まずい。


気が不味いというのが気まずいの語源なのかは神のみぞ知る的パラダイスなのであるが、確かに、そこの空気は不味かった。

こういうときって、どういう会話をすればいいんでしょうか。

皆目見当がつきませぬ。



あ、あのう。どうも。



とは言ってみたものの、

それは無効。


昔ファイナルファンタジーをやっていたら、「無」という代物が登場して世界をことごとく覆っていくみたいな終盤戦に辟易としたもんだったが、
そのぐらい強引なほどに、そこには「無」が圧倒的に支配していた。




「やあ。」



男が言った。

不意打ちだ。不意打ち食らっちゃったよ。

女はまだ、「無」の支配下にいる。




「いやあー、昼下がりだねえ。」



男が続けた。



「昼下がりですねえ。」


とりあえず、相槌を打ってみた。



しばらくすると、また「無」の支配率が高まった。

「有」対「無」のサッカーの試合だとしたら、支配率は95対5ぐらいの状況下なのである。



「んじゃ、ラーメンでも食いに行こうか。」



また男がしゃべった。と同時に女がうなづいた。


かくして、突然男女3人組は、ラーメンを食いに行くこととあいなった。

突然段ボール。

という名前のバンドがいたなあ。そういえば。と、思ったのだった、ふと。


外に出ると、3人は細い路地を縦に並んで歩きだした。


それは、まさにドラクエで言う、3人パーティーの様相を呈していた。

言うなれば、もょもと、すけさん、アイリンである。

僕は、何故かすけさんの位置にいた。


先頭を歩くもょもとは、ただ黙々と無言で歩を進めた。


アイリンは、虚無感にさいなまれ系の無表情を崩さなかった。

そんな男女に挟まれて、僕はスピードを上げることも下げることもできず、ただひたすら、下を向いて歩いた。


下を向いて歩こう

涙が残らず零れちゃうように

思い出す ことなんてない

3人ぼっちの昼


つづく


あやぶろは春眠中。

成り立つかな?/突然段ボール
  
Posted by ayate at 22:25Comments(6)TrackBack(0)

2006年03月02日

さて。

冬眠中1発目の日記です。

冬眠中ってぬくぬくしてる感じがいいですね。

しかし、もう3月だから春眠か。

ま、気張らず書いていこうとオモフ。



ある朝起きると、黴のにおいがした。

それは、つんと鼻をつくのだった。

夢の中ではサンタという名の極悪人が油売りの仕事でぼろもうけをしていた。

まずは夢を咀嚼。

噛んでは噛み殺す息。


屋根裏部屋で昼までまどろんでいると、

太陽の光が見え隠れしているので、

無性に壁に穴を開けたくなった。


隣の部屋では男女が暮らしているヨーダ。

2人とも息を潜めていた。

僕を入れると3人。


沈黙のトライアングル。


手を伸ばすと、壁には円形の穴がぽっかり開いた。

そこに手を入れると、何やらぬめぬめした感触なのだった。

アメーバってこんなんなのだろうか。

アメーバブログってなんでアメーバなんだろう。


それは、JUGEMがなんでJUGEMなのか、
という問いと同じくらい無意味で小粋な
チルドレン的発想に基づく空虚な発言であった。

家入さんに会ってみたいとふと思った。


つづく


あやぶろは冬眠中。  
Posted by ayate at 23:49Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月01日

ブログ休もうかなあ。

ここ2、3ヵ月ぐらい、心がまともに動かないので、
外界とのコミュニケーションもうまくとれません。

なので、しばらくブログを休もうかななんて思ってますわ。


いつのまにか、言いたい言葉も描きたい日常も特になく、
日々が色褪せて見えるようになってしまいました。

こんな状態で書いてても今いちなものしか書けない。


と、いうことで、

あやぶろは冬眠します。

おやすみなさい。


あやぶろは何位。  
Posted by ayate at 22:58Comments(11)TrackBack(0)