2006年10月30日

Myspaceから大ヒットした女性シンガー。

Lily Allenっていう人知ってますか。

Myspaceっていう、
英語版mixiみたいなSNSがありまして(会員数1億人!です。)、
そこにアップしてたDEMO音源がめちゃくちゃ話題になって、
そっから火がついたロンドンの21歳女性シンガーなんですが。

www.myspace.com/lilymusic

で、最近CDデビューし、2ndシングル「smile」が
UKチャート2週連続1位とかになっちゃってます。

Alright, Still

これがデビューアルバムです。

割とかわいい。
小生意気なおしゃれ小娘チックな感じがいいです。

ぶっちゃけ、
ぼくが好きなのは「smile」だけなんですがw

この曲はかなりやばいっす。

smileのPV。

サビのメロディーとか、わけわかりません。

コード無視ですわ。

なんか、2006年。
新世代のメロディーを書く
21世紀の女性シンガーソングライターっていう
感じがしますね。

LILY ALLEN − bounce.com インタビュー

PROFILE

リリー・アレン
85年生まれ、ロンドン出身のシンガー・ソングライター。父親はコメディー俳優のキース・アレン、母親はスリッツの元メンバー。転校を繰り返した末に15歳で退学し、同時期に歌を始める。18歳の頃から本格的に作詞・作曲を開始。2005年12月にリーガルと契約。並行してmyspace.comにアップしたデモ音源が話題を集め、現在までに100万人以上の試聴記録を残している。2006年4月に7インチ・シングル“LDN”でデビュー。同曲は予約のみでソールド・アウト、続くセカンド・シングル“Smile”がUKチャートで2週連続1位をマークしている。7月に本国でファースト・アルバム『Alright,Still』(Regal/東芝EMI)を発表し、10月4日にその日本盤がリリースされる。

あやぶろは何位。
40位前後ですかねえ。
  

Posted by ayate at 01:07Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月29日

宇見 ayaPodcasting vol.13

宇見

新曲です。
さっき創りました。
出来立てほやほや系です。

これ、結構やばいっすよ。
わりといいんじゃないかなと思いますよ。

まだDEMO段階ながらも。

いま、
12月に行われるイベントのための曲を書いてましてね。

そのイベントのファッションショーで裏で流れる曲なんですけど。

そのファッションショーは、
海、森、空、太陽をテーマにした服を
発表するわけなんですが、
その中の「海」のテーマの曲になります。

タイトルは、「宇見」。

♪宇見♪ mp3

とりあえず、未完成ですが、
あげちゃいます。

ここから完成までの過程もお楽しみ下さい。

ご意見、ご感想などございましたら、
コメントください。

そのご意見によって、
もしかしたら完成作が変わるかも!?


余談だけど、もしぼくに子供が生まれたら、
「宇見」っていう名前付けるかもしれないw

男でも女でもいけそう。

過去のayaPodcastingを見る。

あやぶろは何位。
いま35位ぐらいでした。


  
Posted by ayate at 01:37Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月28日

渋谷の穴場カフェ。

看板
今日は、元オカラ座の、
れいな、おかっち、ゆいこと4人で、
MTGも兼ねて渋谷でランチ。

おかっちセレクトで、
attic room

っていうカフェ。

ビルの4Fまで階段をひーこら上って
やっとのことでたどり着いた渋谷のオアシス。

店内店内2いやーさすがおかっちです。

いい空間が出来上がっておりました。

屋根裏部屋がコンセプトだそうです。


昼からランチビールで乾杯。

昼からビールって
何でこんなに幸せなんだろう。


で、ランチはサーモンのなんとか丼にしました。
美味かった。


和お店の外にある、
エレベーターになるべき部分を使って作られた、
和風の個室もありまして。

デートにも使えるし、
いい感じのお店だお♪

地図はこちら。


ということで、
色々話して解散。

ぼくは家まで歩いて帰りました。

渋谷まで歩きで行き帰り出来るって
結構快感かも。

途中、松涛でいい感じの公園も見つけたし。

いやー快適ライフを楽しんでおります。


あやぶろは何位。
40位ぐらいでしょーかねえ。

  
Posted by ayate at 19:07Comments(6)TrackBack(0)

2006年10月27日

いおんせそこんふぃえんせそねもん。

そういえば、
かなり昔にかなり頻繁に流れてたテレビCMで、
何か化粧品みたいな商品の宣伝の後、CMの最後の最後に、
めっちゃ低音の男性の声で、

「いおんせそこんふぃえんせそねもん。」

みたいなフランス語っぽい発音でつぶやくというたぐいの
ものがあったことを、
何故かふと思い出しました。

最近あまり見かけなくなったんですけど、


あれって何のCMなんだっけ。


とめちゃくちゃ気になってしまいまして。


会社の同僚とかに色々聞いてみたら、
判明しました。

セシールのCMです。

セシール − Wikipedia
CMでは最後に必ず「♪セシ〜ル・・・」と女性数人の声で歌われた後に、フランス語で“Il offre sa confiance et son amour.”(イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール)と静かに低音で話す男性の声を流していた。これは日本語で「愛と信頼をお届けする」という意味。


ああ。確かに。
「愛と信頼をお届けする」。
そんな気がしてきた。
トリビアの泉で見た気がする。

でですね。色々探してたら、
セシールのWebマスターをやっている社員の方のブログがありまして、
あのCM音がこちらで聴けるんです!!!

♪セシールのCM音♪−セシールWebマスターブログ

これこれ!!
いやー感動ですね。

胸のつかえが取れてすっきりしました。

あやぶろは何位?
依然、40位前後をキープしております。


  
Posted by ayate at 23:08Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月25日

アルタ前でブラストのライブやってました。

Black Stone新宿に行ったら、
偶然アルタ前でBLACK STONESのゲリラライブ中。

ナナたちが演奏してましたよ。

めちゃくちゃ人が凄かった。

映画「NANA2」の撮影という噂ですね。
もうこれでそろそろクランクアップって感じなんすかね。


さて、そういえば、
この前引越しの際に写真とか色々整理してたら、
衝撃的な写真を発見。

pink大学1年の頃の私です。

相当イキガってたイタイ少年です。

どちらかというとパンクを目指してまして、
ビジュアル系大嫌いだったのに、
髪がピンクなので周りからはビジュアル系扱いされてて、
もうだめだめでした。

この後、突如として、
坊主になるのであります。

あれですね。
もうこれ、7年前なんですよね。

7年後にまさかアフロになるなんて、露知らず。


あやぶろは何位?
今見たら、37位。

  
Posted by ayate at 22:04Comments(0)TrackBack(0)

口ロロ(くちろろ)というバンドが気になる。

最近、mixiのくるりコミュなどで、

口ロロ(くちろろ)

というバンドが話題に上がってたので
色々調べてみたんですが、なかなかよさげですねこのバンド。

バンド名からしても、タダモンじゃないですよね。
発想がおかしいです。
でも、その感覚、ぼくは好きです。

ここのSPACESHOWERTVさんのサイトで、口ロロのPVが全部見れます。
http://www.spaceshowertv.com/DAX/kuchirorospoilsp.html

「朝の光」っていう曲がシングルです。
4つ打ちビートに素敵トラック。
確かに、くるりをちょっと思い起こさせる音です。

で、10月18日に、
『20世紀アブストラクト』という
初期の頃の音源集が発売になってる模様。

SPOILという、
口ロロプロデュースの素性不明新人の1st「天空のスポイル」も同時発売。

□□□ NEWS 20世紀と天スポ、ジャケとか曲名とか。10/18発売です


去年発売された、

19曲入りのマキシシングル

もあります。↓

朝の光/渚のシンデレラ



やることなすこと、
ぶっ飛んでます。

でも、音を聴いてみると、
なんとなく、ひねくれていつつも、
素敵安心感が漂う。

くるりとか、スーパーカーとか、小沢健二とか、
あそこらへんが好きな人にお勧めな感じみたいですよ。

うーむ。
気になるのでもうちょい深堀りしてみようと思います。

もしかしたら、
大化けする可能性も秘めているバンドだと思う。

口ロロについて、
色々知っている人いらっしゃいましたら、
是非教えてください。

□□□ website

あやぶろは何位?
ちょっと上昇したりしてます。30位台ぐらいです。


  
Posted by ayate at 01:13Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月23日

中学校時代に県最優秀賞を獲った絵。

1995年。

酒田市立平田中学校3年だった。
阿部彩人少年。

友達と上手くコミュニケーションがとれず、
精神状態が悪化して軽い鬱状態に陥り、
拒食症に近い症状も出ていた。

まさに、ぼくの暗黒時代。

人と話すのも億劫になり、誰にも相談できず、
おばあちゃんだけが心の拠り所であった。

反抗期真っ只中。
妹や、父、母とは口も聞きたくない。
ほとんど、家では会話しない。

もちろん、学校でも会話しない。

そんな、どうしようもなく
内にこもった少年であった。


そして訪れた夏休み。
3年の他の生徒達は、
夏休み明けに行われる運動会の準備に勤しんでいた。

ぼくは、その中に入っていくことも出来ず、
ただ毎日、音楽を聴いたりゲームをプレイしたりしながら
部屋に引きこもっていた。

時間だけはたっぷりあった。

なので、夏休みの課題でもある、
絵を描くことにした。

ぼくの父が油絵を描いていた影響か、
絵を描くのは嫌いじゃなかった。

父が、風景や人物画などを中心に描いていたのもあり、
父の絵とはちょっと違う絵を描きたいなと思っていた。

で描いたのが、
想像画。

心の内面を切り取った。

結構な力作となった。

夏休み明けに提出したその絵は、
美術の先生に勝手に「いこい」というタイトルがつけられ、
いつの間にか、
学年の代表として「こども県展」という
県の小中学校美術界の最高峰とも言える審査会に応募されていた。

そして1ヶ月後。

ぼくが描いた「いこい」は、
「こども県展」に応募された9,700点余り(!)の応募作の中から、
最優秀賞である「県展賞」を獲得していた。

そのときの新聞の切り抜きが、
母方の実家で見つかった。

いこい1←クリックすると、拡大で見れます。

ぼくの作品の審査員評は、以下の通りである。

「いこい」

中学生の絵として、新しい方向を示してくれた作品。
緻密さと大胆さが同居し、
色、形ともにミスマッチなところがあるが、
それが魅力的。
一つひとつが独立していながら、
全体として調和がとれている。
内容的な深さも感じさせる。



いやー、ベタほめなのか、何なのか。
審査員をも驚かせ、困惑させてしまった一作なのです。

今見ても、衝撃作ですねこれは(笑)。
他の受賞作と比べて、明らかに異質。

いこい2これが、僕の作品の拡大画像である。
←クリックすると、拡大で見れます。

なんかね、あれですね。
立体的に描こうとしているのに、
平面的に感じる。

すごく、日本の昔ながらの
浮世絵的な平面テイストを持った絵だと思うんですよ。

ぼくも日本人の心を持っていたということでしょうか。

あと、評にもあるように、
形とか大きさとか、
遠近感がおかしいところが一杯あるw。

右上の壁は、ベルリンの壁をイメージして描いたんですが、
それをよじ登ろうとしている少年を、
警察官が走ってきて注意している、
というのが見られると思うんです。

その警察官の大きさが、
明らかにでかすぎ(笑)。

左上の馬車っぽいのに比べると、
馬車の2倍ぐらいありますからねえ。


あと、中央上部あたりにある看板。

「JAP」とでっかく描いてあります。

自分らの民族を指す差別用語を、
堂々と力強く書いてあります(笑)

僕的に、この絵のタイトルは
「JAP」だったんですよね。

子供ながらに、
「JAP」っていう言葉の響きって、実はかっこいいんじゃないの。

なんて思っていたんです。

「いこい」ってのとはちょっと違うんですよね。

多分、「JAP」という差別用語でさえも
ちょっとだけかっこいい響きを持っている事実と、
『ああおれは「JAP」だよ。何か文句あるか』
ぐらいの誇りは、自分の国に対して持ってみてもいいんじゃないの?
という歪んだ考え方がそこにはあったかも。


あとですね、左下の建物に、

「19・49」

という赤い数字が書かれてると思うんですが、
これは、夏休み明けに学校にこの絵を持っていったときに、
後ろの席のユウイチ君から赤いボールペンで落書きされたんです。

それが、
「水彩絵の具以外の画材を使ってて斬新である」
という評価を得たと後で聞きました(笑)。

そんなユウイチ君は、
もう今は天国にいます。

2年前の冬に、
突然亡くなってしまいました。

なんか、この数字を見てると、
彼が生きた証がここに刻まれているようで、
ちょっと切ないです。


他にも、馬車が走ってるのにスポーツカーがあったりとか、
スポーツカーの上に子猫が寝ていたりとか、
色々突っ込みどころ満載の絵となっております。


やっぱり、ああいう自分にとっての暗黒時代だったからこそ、
こんな絵が描けたのかな、とも思います。

内に内にと閉じこもっていたからこそ、
その反動で、内面を表現したい、
という強い思いが働いたのだとも言えます。

芸術と精神って、
ほんとつながってるんですよね。
面白いことに。

そんな、強い衝動と表現欲が詰まった作品だと思います。

いずれにしても、
ぼくの人生のうちで一番つらかった時期に生まれたこの絵を、
こうやって後々まで残る形として
ここに紹介できたことを嬉しく思います。

また、その時期に、
家族に対して冷たい態度しかとれなかった自分を、
心配し見守ってくれた家族に、
今更ながらではありますが、謝るとともに、感謝したいと思います。

あの頃の自分は、自分でも好きな自分ではなかったけど、
確実に、今の自分にはつながっている。

別に、消したい過去でもなく、
今につながっている尊い過去として、
胸の中にはとどめておきたい。

ではでは。

ちなみに、父Kosyuのブログ。

あやぶろは何位?
40位前後にいると思われます。


  
Posted by ayate at 22:22Comments(6)TrackBack(0)

みやじ豚のBBQ♪

果樹園昨日は、慶応大SFCのあたりにある

「弁慶果樹園」というところで、BBQに参加してきました。

しかも、

単なるBBQではありません。


みやじ豚


という、
日本一美味いと言われる豚肉のBBQなんです。

このみやじ豚は、
元パソナのみやじさんという方が作っている、
天然豚なんです。

みやじ豚についての説明。

○ ストレスフリーの豚

美味しい豚を育てる最大のポイントは、いかにストレスなく育ってもらうか。

そのために、私たちが取り組んでいることは・・・、


> 豚を兄弟で飼育している。
 大きいファームだと、30頭くらいを一緒に飼うのですが、うちは10頭前後の兄弟だけを同じお部屋で飼育するようにしています。

> 引っ越しを少なくしている。
 豚はストレスに非常に弱い動物です。引っ越しをするだけでも、大きなストレスになります。大きい農場では、5回から6回引っ越しをすることもありますが、みやじ豚は引っ越しを2回にしてストレスを軽減しています。

> 豚に語りかける。
 生産者である宮治家が熱心に育成しています。豚は育ててくれる人の顔を覚えます。うちでは、さらに語りかけることにとって、人なつっこい豚に育ちます。

こういうことって、数値化するのは難しいのですが、
狭い小屋で沢山ぎゅうぎゅう詰めされている豚さんと、
兄弟だけでゆったりと、人間とも和気あいあいとそだっている
豚さんと、どちらの豚が美味しそうですか?
ということだと、思うんです。

ストレスなく健康に育った豚肉は、臭みがないのです。



肉そんなこんなで、

これがストレスフリーで育てられた、
みやじ豚。

早速食べてみました。


・・・。





美味・・・・。




本当に、臭みが無くて、
ジューシーなんです。

たれを使わず、味付けは塩のみ。

豚肉ってこんなに柔らかくて、
味わい深い肉だったんですね。


幸せは、そこにありました。


いやー凄い。

ブランコ1果樹園2果樹園は、
本当に果樹がいっぱいあって、
自然の真っ只中に存在してました。
こんな中で行われるBBQ。


最高でした。




みやじさんは、
農業を、

かっこ良くて・感動があり・稼げる

魅力的な3K産業として
もっともっと活性化させていきたい、
というでかい夢を持っていらっしゃいます。

すげえなと思った。

素直に、かっこいいっす。


みやじさんとくげさん真ん中にいらっしゃるのがみやじさん。

左にたたずんでる公家っぽい人は、
今回ぼくを誘ってくださいました、

くげさんですw。


今後もみやじ豚のBBQイベントは
定期的に開催するそうなので、

今回行けなかった人も含め、
次回は是非参加しましょう。

まじで、この豚の美しい味を、
皆さんに味わっていただきたいのです。

あやぶろは今40位ぐらいでしょうか。

  
Posted by ayate at 02:25Comments(6)TrackBack(0)

2006年10月22日

精力がつく。

「精力がつく」

という言葉、めちゃくちゃ一般的に使いますけど、

もし親が子供から


「精力ってどうゆー意味???」


って聞かれたら、どう応えるんだろう。


と、無駄な疑問を覚えてしまいました。


先日、会社の人たちと韓国料理屋に行ったんですけど、
韓国では、「ぜんまい」は精力を落とすから男性は食べない方がいい、
と言われてるらしいんです。

日本では、別にそんなことは言わない。

むしろ、ぜんまいを食べると
精力がつく。ぐらいの感覚ですよね。

真相やいかに。

面白いものですね。
国の文化って。


さて、もし僕に子供が出来て、

「精力って何??」

って子供に聞かれたら、
どう答えようかな。

と考えた時に、

ありきたりに
「精力がつくっていうのは、元気が出るってことだお♪」
っては言いたくないんですが、

例えば、




「子供をつくる妖精の力だお♪」




という返答を思いつきましたがいかがでしょか。


何か他に名案があったら教えてください。


精力 − goo辞書

によると、

精力の意味は、


(1)物事をやりぬく心身の元気、または根気。スタミナ。
   「−にあふれる」「−が尽きる」

(2)特に、性的な能力


だそうですw


「精力っていうのは、性的な能力のことだお♪」

なんて子供には言えないよゼッタイ。


でも、子供がこの世に生まれたのは、
精力のおかげなんです。

だから、ちゃんと説明してあげたいんです。子供には。

精力のことを、

うやむやになんかしないで下さい。


世の中の親の皆さん。


あやぶろは今40位ぐらいかな??


  
Posted by ayate at 10:19Comments(5)TrackBack(0)

2006年10月21日

モーニング娘。の「。」は何故ついてるのか。

最近、アーティスト名・グループ名などに記号を入れる
という事例がちらほら見られる。

そのハシリになったのが、
「モーニング娘。」ではないだろうか。

そういえば、
何で「。」がついたんだろう。

と、今では自然になってしまったこのグループ名に対して
疑問がふつふつと湧き上がり。

たぶん、プロデューサーのつんくが
何かしらの深いイミを考え、
計算しつくした上で「。」をつけたんだろなあ。

という淡い期待を抱きつつ、
Wikipediaで調べてみました。

えーとどれどれ・・・。

「モーニング娘。」の「。」について

当初のつんくの命名では「。」が付いていなかった。しかし「ASAYAN」のユニット名発表の際(1997年9月14日放送)にステージ上の画面で

「ユニット名はモーニング娘。」

と表示され、司会のナインティナイン岡村隆史が「僕質問なんですけど、モーニング娘のあと『。』付いてますやん。(中略)あれは『。』は付いてるんですか?」と問いかけたところ、相方の矢部浩之が「ちょっと待ってもらえます。(舞台袖を見ながら)あれ僕の意見でいいすか今、あっそうですか。(正面に向き直り)あの『。』は・・・要ります!」と言ったため「。」付が正式な表記になった。その後の感想で、漢字のグループ名を希望していた当時のメンバー福田明日香が「漢字も『まる』もついて、お得だな〜」と発言した。(福田以外は感想は無く微妙な笑い)

・TBS系の音楽番組「うたばん」で「。」について聞かれたとき、メンバーのほとんどは不要と答えた。しかし、フジテレビ系のバラエティ番組「ハッピーバースデー!」(1999年6月13日放送)で、安斎勝洋による姓名判断で「『。』が付いたことで画数が23画となり、理想的なグループ名となった。」と言われた後、肯定的な発言をしている。「。」のない22画ではグループが分裂するといわれているため、のちに別の番組でリーダー(当時)の中澤裕子が「『。』は大事。」と語っている。

がーん・・・。

当初の想定外だったとは。

「。」には全く意味が無かったのね。

しかも、ナイナイ岡村の偶然の一言がきっかけなんです。

いやー、びっくりですね。


でも、結果論だけど、
「。」は本当に必要だったよ。




モーニング娘




モーニング娘。





全然印象違うよね。
なんか、「。」が無いと、寂しい。

こういうのって、ほんと大事だと思うんですよ。
記号まで含めて、名前だと思うんですよ。

他にも、記号が使われているグループ名、アーティスト名って
色々あります。

例えば。


つのだ☆ひろ

prince


ハロー!プロジェクト

!!!

劇団ブサイコロジカル。

BOØWY

劇団豆☆六句

イロドリ★ゲンチャ


さて、上記のグループ名、アーティスト名から、
ためしに記号を外してみましょう。


・つのだひろ



・ハロープロジェクト



・劇団ブサイコロジカル

・BOOWY

・劇団豆六句

・イロドリゲンチャ


なんか、しまらないですよね。

!!!や

prince

のように、
記号無しではもう表記できない人もいますしねえ。

やっぱり、記号も重要な名前の一部なんですよね。

だから、アーティスト名なんかを表記するときは、
★とか!とか、ちゃんとその通り書いてあげるのが、
名付け親に対する敬意だと思います。

他にも記号を使ってるアーティスト名とかグループ名ってあるかなあ?

ふと思ったんだけど、
大相撲の力士の四股名とかに、
記号も使ってオッケーだったら面白いのになあと。



貴乃花♪



とか。



栃★東



とか。

なんだか楽しげに見えますよね。

大相撲の人気低迷脱却のための妙案だと思うんですけど
いかがでしょ(笑)。


あ、名前つながりの話題なんですが、
ブログのサブタイトル変更しました。

こちらで募集してましたんですが。


新サブタイトルは・・・。



アフロで彩るアヤテのblog



です。

ま、シンプルイズベストかなと。

こういう方が飽きないんじゃないかなと。
そういうことです。

一番上のロゴ画像も変更しました。
もし表示が変わっていない場合は、
「更新」ボタンを押すか、
「F5」キーを押してください。

「アフロで彩る〜」を応募して最優秀賞に輝いたrzさんには、
酒田名物「塩納豆」をプレゼントします。

ご飯にかけて食うとまじ美味いっす。
皆さんにもオススメ。

あやぶろは何位?
40位以内をキープ中です。
皆様どうもありがとう!
  
Posted by ayate at 13:02Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月20日

恋空。こいぞら。ケータイ小説の時代です。





「君は幸せでしたか?」





「とても幸せでした。」





皆さんは、ケータイ小説というものをご存知でしょうか???

僕の働いてる会社がやってるサービスなんですが、
ケータイで、小説が書けちゃうんです。

無数の一般ピーポーたちが、
ケータイで小説を書いています。

で、そのケータイ小説から生まれた1つの物語が、
今回書籍化されました。



タイトルは、「恋空」



恋空〈上〉―切ナイ恋物語


恋空〈下〉―切ナイ恋物語


発売3日で、上下巻合わせて30万部が完売。
現在、60万部の増刷が決定し、
100万部も夢ではないぐらいの人気ぶりです。

著者の美嘉さんが、
高校から大学までに体験した実話を元にしたストーリー。


で、今まで読んだことが無かったんだけど、
気になったので読んでみました。

ケータイで書かれたページ数は、
前編・後編合わせて約800ページ。

ここ3日間ぐらいで一気に読破しちゃいました。


確かに、素人っぽい文体で
誤字脱字とかもあったりするんですが、


泣けます


恥ずかしながら、
全部で5回ぐらい泣いちゃいました

なんか、下手だけど凄く素敵な音楽を作っているバンドがいるように、
文章がプロみたいに上手くなくても感動できる小説っていうのもあるんだなあ、
って思いました。

結末も途中から予想できたりしちゃうんだけど、
わかっていても、その生々しい文章を見ていると、泣けてきちゃいます。

Amazonの書評でも、
「文章が稚拙」「矛盾点が多い」
など、技術力の部分で批判しているものが結構見られますが、
この小説に関しては、そこで議論して価値がどうこう言うのは
ナンセンスだと思います。

是非、途中まで読んだ人は、
最後まで読んでいただきたいです。
この小説の本当の価値は、
最後まで読んで初めてわかると思います。

なんだか、率直で強い想いを伴った文章に、
心が揺さぶられてしまいました。


書籍を買わなくても、
PCやケータイから読めるので、
読みたいかたはどうぞ。


<PC>

「恋空」前編を読む!!!

「恋空」後編を読む!!!


<ケータイ>

恋空1


恋空〜前編〜






恋空2


恋空〜後編〜





んじゃー今日はそんな感じで!


あやぶろは何位?
40位前後をうろうろしてるよ。

  
Posted by ayate at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月18日

150万曲の音楽ダウンロードが、2週間タダなんです。

音楽は水であり、Napsterは水道の蛇口である。

そう、音楽がインフラになってしまう時代がとうとうやってきた。


先日、タワレコ主体でスタートした新サービス。

Napster Japan

従来の音楽配信のようなコンテンツ単位の課金ではなく、
月定額制で、150万曲以上もの曲の全てを、聴き放題、
そしてダウンロードし放題なのである。

で、今回、オープンキャンペーンということで
通常は1週間無料なのであるが、
タワレコで今CDを買うと、
これが2週間無料になるコードをくれるのである。

昨日Beckの新譜を買ったときにそのコードがついてきたので、
早速ナップスターでアプリのダウンロードをしてみました。

アプリもまあまあ使いやすいし、
今聴いているアーティストと関連の強いアーティストが表示されたり。
そしてまず、曲数が半端ない。

邦楽は2万曲とそれほど多くはないが、
洋楽の曲なら148万曲以上とかなり豊富に揃ってるので、
前々から聴きたかったBrian EnoやThe Grateful Deadなんかを探して
ダウンロードしまくってます。

邦楽は、ビクターや東芝EMIのアーティストなら大体揃ってて、
くるりとかハナレグミとかキセルとかは聴き放題。いい感じ。

何度も言うけど、

2週間の間、
たとえ150万曲ダウンロードしたとしても。


そうなんです。



タダなんです。



恐ろしい時代になったものである。

まあ、事実上、
2週間で150万曲ダウンロードすることは無理なのであるが。


いやーしかし、いいね。
気兼ねなく音楽を聴きまくり自分のものに出来る快感。

これに慣れちゃうと、
2週間の無料期間が終わっても、
月々の定額料金を払っちゃいそうですね。


2週間後に自動的に月額課金に移行されるわけではなく、
「ナップスターアラカルト」という
月々0円で、曲単位購入が1曲150円からのコースに移行。

で、自分で申し込みすれば、
月々1280円(税込)で無制限ダウンロード出来る
「ナップスターベーシック」に移行することも出来る。
ってな感じです。
いきなり自動的に引き落としが始まったりすることはなさそうなので
まあ安心ですかね。

音楽が水のように湧き出てくる。
こんな快感を、味わってみてはいかがでしょ。

Napster Japan ナップスタージャパン

とりあえず2週間で
ダウンロードしまくろーーーっと。

しかし、最近の音楽配信の進化は本当に激しいものがあります。
iPodの登場に度肝を抜かれていたら、
今度は聴き放題、ダウンロードし放題サービスの登場ですからねえ。
恐ろしい時代になったものです。

Apple陣営を脅かす音楽配信業者なんて
当面は出てこないと思ってたんだけど、
こりゃもしかしたら駆逐されちゃうかもねiTS。

恐らく、音楽のヘビーユーザーはNapsterなどの月額定額サービスに流れ、
ライトユーザーはiTunes Storeなどという風に(逆の可能性もあるが)、
ユーザーの棲み分けが進むのではないかなあと思います。

サービスって、
行き着くところは結局定額制になっちゃうんだろかね。
次は、映画とかの映像系コンテンツの定額化も始まるかもなあ。


やっぱり、21世紀は「心」の時代なんですね。

心を彩る「えんため」コンテンツが、
インフラになっちゃうんだから。


でも、作る側としてみれば、
音楽というものの価値が相対的にちょっと低くなったような
気もしないでもなく、複雑な気分でもありますね。

まあ、時代の流れとともに、
音楽のビジネスは変化していくけれども、
音楽の持つ絶対的な力はいつの時代も変わらないわけで。

アーティストは、
素晴らしい音楽を作ることに専念すれば
いいだけのことなのかも知れませんが。

このような新しいサービスの登場によって、
素晴らしい音楽をより多くの人が楽しめる環境が整いつつあることは、
良いことだと思います。


心を彩るえんためブログランキングを見る。


  
Posted by ayate at 12:55Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月17日

新曲「つむじ風(仮)」DEMO。ayaPodcasting vol.12

「つむじ風(仮)」DEMO

ayaPodcastingです。

今回は、12月に行われるエコイベントのために作っている
ゆいこのソロ唄のDEMOです。
昨夜富ヶ谷の家で録ったばっかの出来たてほやほやでございます。

秋風と哀愁がテエマです。

仮歌詞はこんな感じ。


愛してる 悲しみは 

心の中溶けないけど

泣いている 苦しみは 

言わないと つむじ風になる

粉雪の中で



ゆいこの歌ってる仮唄はちょっと歌詞違うんだけどね。

つむじ風なのに粉雪が登場するという、
よくわからん仮詞です。
ちなみに仮詞は私が適当に創りましたw

これから440君に依頼してオケを作ってもらうんですが、
どんな感じに仕上がるのか今から楽しみであります。

過去のayaPodcastingはこちら。

ちなみに私、Podcasting Juiceという
ポッドキャスティングのサイトに登録してまして。
こちらがそのアヤテページです。
音楽「彩舞呂(あやぶろ)高円寺で彩るアヤテのblog」Podcasting Juice

あやぶろは何位?
最近は、40位前後をぷりぷりしてます。

  
Posted by ayate at 06:08Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月15日

沖縄料理屋かりゆしで、アヤテ島唄を熱唱。

昨日は、大学の友達と一緒に、
新宿三丁目の

沖縄料理 かりゆし

に行ってまいりました。

それも、かなり偶然に入ったお店だったんですけど。

料理も酒も美味しくていいお店なんですが、
途中でいきなり、店員の女性さん達による
三線での演奏と唄が始まったんですよ。

で、何曲か素敵な演奏が続いた後に、

お店のママさんに、


「あなた、島唄歌わない???」


と訊かれましてですね。


私、


いきなり、
THE BOOMの島唄を歌うことになりました。

こちらがその映像の一部ですw。



めっちゃ熱唱してます。
皆さんにもなかなか好評でしたw。


その後、最後の曲では、
お客さんも入り交えての大乱舞が始まりまして。

その映像です。



ちょwwwおまwwwww

20秒〜35秒ぐらいんとこで見れる
隆則の踊りがまじでウケます。

いやー
東京でこんなに沖縄を感じられるお店は初めてですわ!!

また来たいなあと思います。

唄と踊りの力で、
店員さんとお客さん、
そしてお客さん同士の心の垣根が
徐々に取り払われていくさまは、
まさに圧巻でした。

うちらと店員さんで一緒に撮った写真も、
かりゆしのブログにアップされてるんで
こちらもご覧下さい。

本場沖縄料理かりゆしブログ パチリ

かりゆしでは、毎日このような島唄ライブを行っているそうです。
是非、新宿界隈の皆さんはお立ち寄りいただき、
沖縄の空気をお楽しみいただければと思います。

あーまた沖縄行きたくなってきたなあ!!!

アヤテの沖縄旅行記。

あやぶろは今何位??
40位前後をもさもさしてます。

  
Posted by ayate at 11:31Comments(6)TrackBack(0)

2006年10月14日

moLoというバンド。

de8a7a12.jpg10月12日は、
青山LOOPでライブをやってきました。

写真は、ライブ前に、
青山学院大学のキャンパスにあったベンチで
一人寂しく座ってたたずむアヤテの図です。

で、ライブの方はというと、
うちらイロドリ★ゲンチャの出来は、
なかなかのものでした。

今回のセットリスト

1.名人芸
2.FF
3.隙間ジャズ
4.豆のテエマ
5.茂庭祭



で、今回はJam Band系のバンドが揃った好イベントでして、
うちらは1番目で演奏した後はひたすら楽しんじゃってました。

特に、最後に演奏したmoLoさんというバンドが
めっちゃかっこよくてですね。

moLo official web site

いやーほんと、音楽性のセンスもさることながら、
演奏の方もまじで素晴らしく、円熟味を感じました。

BassのKatokoさんが渋すぎて惚れそうになりました。
笑顔が素敵です。

さて、そのmoLoさんの音源は、
iTunes Storeで試聴と購入ができちゃうんで、
是非聴いてみてください。


moLo - JEROIMO



あー、左脛の瘡蓋を剥がしたい。

あやぶろは何位。
たぶん、40位前後をうようよしてるよ。
  
Posted by ayate at 14:18Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月12日

mixiのトピ「おかんのメール」に爆笑。

さて、本日は、夕方からライブのため、
会社をお休みしております。

でですね。
このmixiのトピに、最近はまってます。
どんはまりです。

「おかんのメール」by 人志松本のすべらない話コミュ

(mixi会員じゃない方、ごめんなさい)

おかんの送ってきたおもろいメールを
皆さんがただひたすら発表しているというトピなんですが。

究極におもしろいです。

いやはやー、
おかんのメールって何でこんなにおもろいのかねえ。
世の中のおかんのメールを読んで、ずっと爆笑してました。

トピの書き込みの中で、
結構ツボだったおかんのメールを列挙してみます。

まず1つめ。



件名:あはよう。



朝から心地よい脱力感を与えてくれます。


2つめ。



「かえりにあほかとかつてきて」



ええ、濁点と小さい文字が皆無です。

イミすらわかりません。

「アホかと」じゃなくて、
「アボガド」だと解読出来なければ、
かえりに何を「かつて」くればいいのでしょうか。

他にも、こんな、濁点と小さい文字が入力できない
おかんが割と多いという傾向が見られております。


3つめ。



「雨降ってるから、溶けないように 」



酸性雨の心配でしょうか。
ご子息の身を案じる母の愛情が満ち溢れています。


4つめ。



「お母さんは今、お風呂に入ってきたよ、気持ちよかったよ」



ええ、返しようがありません。

そうなんだー。

ぐらいしか思いつきませんw。

こんな、返信に困っちゃうメールを送ってくるのも
おかんのメールの傾向のようです。



5つめ。



台風シーズンにおかんからメールがきました

『台風に気をつけよ。こちらすごかったよ。うろうろしないよ!』

うん。せんでええ( ̄∀ ̄)




これは、単純にちょっとウケマシタ。

何故、こんなにおもろいおかんが世の中には多いんでしょうか。


(※書き込んだ皆さん、引用失礼いたしましたm(__)m)


他にも、まじでおもろいおかんのメールが
たくさんです。
読み始めると止まらなくなります。

これだけで1冊の本が作れそうですね。


トピを一通り読んでみると、
世の中のおかんのメールには、
ある程度の傾向が見られることがわかります。

・濁点、小さい文字などの入れ方がわからない場合が多い

・本文に入れるべき内容を件名に入れて送る場合が多い

・「?」の打ち方がわからなく入力できないので、
 疑問文なのかどうかよくわからない場合が多い

・絵文字の使い方を間違っている場合が多い

などです。
それらが相まって、
こんなおもろいメールが全国で多数発生しているようです。

残念ながら、うちのおかんはかなりメールはマスターしてるようなので、
なかなか最近はおもろいメールはありませんねえ。

でも、携帯持って初期の頃は、
「パケ代が節約できるらしい」
との理由で、
件名に用件を全て入れてましたねw。


いやー、
しかし、ちょっと和んだ良トピでした。

mixiユーザーの皆さんも、是非どうぞ。

「おかんのメール」by 人志松本のすべらない話コミュ


さて、今夜は、
青山LOOPでイロドリ★ゲンチャのライブです。

地図はこちら。

うちらは18時15分からなので、
社会人の方々のご来場はかなり厳しげですが!

今回は、Jam Bandが多いとのことで楽しげです。

今からでも、来れそうな方いらっしゃったら、
ご連絡下さい。

いきなりいらしていただいても、
「イロドリ★ゲンチャを見に来た」
といっていただければ前売料金で入れますので。

よろしくです!

あやぶろは何位?
久しぶりに30位前後までUP中!
ありがとうございます!


  
Posted by ayate at 13:55Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月11日

酒田の野外フェス、第2回SAKATA MUSIC FESTIVAL。

山形港町、酒田。

モアイの横顔の形をした山形県の中で、
ちょうど目の辺りに位置する街。

それが、私の生まれ故郷、酒田市です。

(画像は酒田観光物産協会のサイトから拝借しましたm(__)m。)


その酒田で、
今年も野外音楽フェスが行われます。

その名も、

第2回SAKATA MUSIC FESTIVAL

(通称:サカフェス)。

今週日曜です。

日時:平成18年10月15日(日)11:00〜17:30 ※小雨決行
会場:山形県酒田市中町界隈

前日の10月14日(土)には、
前夜祭も行われるとのことです。

Sakafesとは?
実行委員長あいさつ

 地域商店街の元気がないと新聞やニュースで言われてる中で、このまま傍観するのではなく、若者が中心となって立ち上がり「自分達のまちは自分達でなんとかする!」という想いが集まり、音楽によるまちづくりのムーブメント『SAKATA MUSIC FESTIVAL』が生まれました。

 このイベントを通して、若者がまちのために動くキッカケの創出、伝統と新しいアイディアが融合するコミュニケーションの場になればと考えております。
('06 SAKATA MUSIC FESTIVAL 実行委員長 斎宮さん)

ほんと、お世辞じゃなく、
いいこと言ってますよね。

地元のために若者が立ち上がり、
音楽の力で街を盛り上げようというプロジェクト。

酒田において、
若者主体でこのようなイベントが企画されるということは、
非常に意義のあることだと思います。

私は残念ながら行くことはかないませんが、
是非、酒田や庄内周辺にお住まいの方は、
行ってみていただければと思います。

ええ、中町商店街の路上が会場なので、
全て無料でご覧いただけます。

で、是非ご感想などお寄せ下さいまし!

今年はうちのバンドも出たかったんですが、
なかなかメンバーの予定が合わず。。。

来年こそは、参加したいなあと思います。

酒田を音楽の街にしたい。

それが、私の究極の夢であり、
人生の目標です。

実際に、このようなフェスを企画している
心強い人達がいることに
勇気を与えられつつ、
僕も目標に一歩一歩、近づいていこうと思います。


あやぶろは何位。
40位前後までアップしてきました。
皆さんありがとうございます!


  
Posted by ayate at 01:03Comments(6)TrackBack(0)

2006年10月10日

アフロの上戸彩。そして、本ブログのサブタイトル大募集!!!

アフロ彩えーと、この娘、
私と一緒に富ヶ谷に引っ越して参りました。

でちょっと髪型をイメチェンしてみたんですが、


アフロの上戸彩です。


言うなれば、

アフロ・彩です。


引っ越し会昨夜は引越し祝いパーチーで
深夜まで泥酔。

いやー楽しかった!

来ていただいた皆さん、
本当にありがとう!

そして、近隣住民の皆さん、
騒いでしまってごめんなさい!


さてさて、本ブログのサブタイトル、

「高円寺で彩るアヤテのblog」

なんですが、

変更の必要性に苛まれています。

なので、案を募集します。

基本的に、

「○○で彩るアヤテのblog」

にしたいので、
○○に当てはまる言葉をどなたか思いついたら、
コメント欄に記入して書き込んでいただけないでしょうか。

別に、地名じゃなくても結構です。

採用された方には、
私から何かプレゼントします。

ではでは、たくさんのご応募をお待ちしております!
斬新なアイディアをどしどしお寄せ下さい!

あなたもブログの名づけ親になりませんか!?

追記:サブタイトルご応募の締め切りは、
   10月15日(日)まででお願いします!


久方ぶりに50位以内をキイプしております。
あやぶろは何位でしょう。


  
Posted by ayate at 12:54Comments(6)TrackBack(0)

2006年10月09日

部屋統一達成!

8d13c539.JPGいやーついに、領土を部屋全域まで広げることが出来ました。

ミゴト、部屋統一達成であります。

広い!

ブログの名前も変えねばなあと。

これから引越し祝いパーティーをやるんで、
ブログの名前についても協議しようかなと思っております。

参加したい人は今から富ヶ谷に来てください。

  
Posted by ayate at 19:18Comments(0)TrackBack(0)

部屋整理中。

36180313.jpg部屋整理中です。

だんだん領地が拡大してきました。

次は尾張あたりを攻めたいと思います。

アヤテの野望。部屋統一。
  
Posted by ayate at 14:30Comments(2)TrackBack(0)