2007年04月30日

マロです。

b055d01b.jpg酒田最終日なので、マロを散歩に連れていきます。
  

Posted by ayate at 09:25Comments(3)TrackBack(0)

2007年04月29日

帰酒しとります。

d31b1f3e.jpg昨日は十六羅漢というところの近くで、
夕日の入りを見てきました。

写真はまた後ほどアップします。
  
Posted by ayate at 13:45Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月26日

今週末、酒田入り。帰酒です。あと、丸の内でストリート陸上開催の話題。

9906dea7.jpgどもども。

僕が生まれ育ち、
18年間を過ごした地、酒田。

今週末、東京で出会った友とともに帰る予定です。

色んな地を回りたいと思っております。

酒田の調べ。〜故郷酒田滞在記〜

ここにまた新たな1ページが加わることになると思いますが、
かなり楽しみですねー。


で、東京に帰ることを「帰京」と言いますが、
酒田に帰ることを、酒田では「帰酒」と言います。

ネタじゃなくて、本当です。


しつこいですが、本当に言うんです。


帰酒。


まるで、酒を浴びに帰るかのような字面ですが、
ある意味、文字通りでもあります。


28、29日の夜は酒田のアヤテ実家で呑みますので、
酒田在住でもし一緒に呑みたい方がいらっしゃいましたらどうぞ(笑)。


さて、もう1個。
陸上の話題を。

400mハードルの日本記録保持者&
世界陸上2度の銅メダリストでもある為末大が、
以前にクイズミリオネアで獲得した1000万円を提供し、

東京丸の内の、

しかも


丸ビルの真ん前


陸上イベントを開催するそうです。


為末記事1000万円ポン!為末、クイズ賞金で陸上イベント実現(サンケイスポーツ)
 東京のど真ん中で走って、跳ぶぞ! 01、05年陸上世界選手権男子400メートル障害銅メダルの為末大(28)=APF=が5月27日、昨年9月に出演したフジテレビ系「クイズ$ミリオネア」で獲得した賞金1000万円を提供し、東京・千代田区の丸の内仲通りで開催される「東京ストリート陸上」に協賛することが24日、わかった。今夏の大阪世界選手権、来年の北京五輪へ向け、侍ハードラーがひと肌脱いだ。

為末大オフィシャルサイト「侍ハードラー」:ストリート陸上開催決定
 そもそもの発端は選手同士の話し合いからでした。最近、陸上競技の人気は低迷しています。僕達が子供の頃より連盟登録者数は半減していて、実際に競技場に行っても、陸上をしている子供もそれから見に来ている観客も昔よりずいぶん減りました。
 今年は大阪で世界陸上があります。これは陸上競技の浮沈にとって大きな鍵になります。そして今後十数年の内に日本で世界陸上が行なわれる可能性はほとんどありません。という事は、世界陸上が自国で開催されるという機会を今年、陸上競技が逃してしまえば、おそらくは陸上は今後浮かぶ可能性は無いという事になります。逆に言えばこれほどのチャンスはもう十数年訪れないのです。
 これはなんとかしなきゃいけないだろうと、選手同士で話し合っていた時に、どうせだったら陸上競技場を外に持ち込んだらどうだろうというアイデアが出ました。2005年の年末です。当時はどうやっていいのかも、どこに言えばいいのかもわからないまま、その話は流れていましたが、ひょんな事から私が1000万円を手にする事になり、話がだんだんと前に進んできました。かなり大変な作業が続きましたが、世界陸上大阪大会を目前にした5月、ようやく実現できる事になりました。

為末大オフィシャルサイト「侍ハードラー」:5/27 「東京ストリート陸上」開催
日本初!東京のど真ん中“丸の内”に陸上トラックが出現!!
『東京ストリート陸上』 開催決定!


実施 : 2007年5月27日(日) 11:30〜14:00(予定)
※雨天中止の場合、MARU CUBEにて、11:00〜 アスリートトークショーを開催予定
場所 : 丸の内仲通り、丸の内ビルディング1F MARU CUBE
参加選手(予定): 朝原 宣治(100m)、為末大(400mハードル)、有木健人(棒高跳)

詳細は公式ホームページへ

東京ストリート陸上 為末大動画メッセージ


どんなイベントになるのか。

中学・高校と陸上部員として
曲りなりにも陸上に関わってきた私にとって、
今年の大阪世界陸上、そしてこのストリート陸上は
非常に楽しみなイベントであります。

そして、為末選手の活動や思いには
非常に共感できる部分がありますし、
もっともっと多くの人が、
陸上を観る楽しさを感じていただけるようになったらいいなあと思います。

観に行こうかな。どっちも。


■為末選手がミリオネアで1000万円を獲得した時のあやぶろ記事。

2006年09月15日 為末大選手が、ミリオネア賞金の1000万円で陸上イベント開催。

  
Posted by ayate at 02:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月24日

あやぶろ2周年です。

こんにちは。

あやぶろが開始されたのは、

2005年4月24日。

つまり、本日、めでたく2周年なのです。

ちなみに、記念すべき初日のブログはこれ。

2005年04月24日 ayate日記始動。

いやーあっさりしてますねー。

今よりも、結構ゆるーい感じで書いてます。

この頃は、まだayateblog(あやぶろ)という名前でした。


で、ここから、
1日1日積み重ねられてきた記事の数は、


656。


数字にしてみると、
結構でかいですねえ。


本日のこのエントリーが、657本目になります。


いま思えば、この間に色々ありました。


新卒で入った会社を退職しました

沖縄に行きました

特急いなほの脱線事故もありました

池袋で上戸彩を拾いました

ブログに疲れて冬眠に入りました

会社の遅刻の理由を考えました

朝礼のスピーチでアフロ宣言をしました

力士を目指してた頃の僕の秘蔵映像が見つかりました

おじさんのはげ頭を、ぺしぺしたたいてしまいました

バンドが解散しました

庄内を祭りました

やっとアフロになりました


まあ、これはほんと氷山の一角なんですけど、
2年間の間に、色んなことがありました。

そして、途中精神的に鬱に入って
一瞬あやぶろ休止とかもしたんですけど、
結局ここまで続けてこられたのは
ひとえに、
このあやぶろをご覧の皆様のおかげだと思います。

やっぱり、
読んでいただいている皆様の存在があったからこそ、
書き続けてこれたんだと思います。


ということで、
2年間の感謝の気持ちも込めて、


皆様に


とびっきりのありがとうを。


そして、今後とも宜しくお願いします。


一体何周年まで続けられるかな・・・。

人生80年としたら、
56周年ぐらいまでは、いけるぞと。

そこまでいけたら、

「月別アヤテ。」の欄も相当壮観な感じになるだろうね。

どこまで縦長になるんじゃろっていう。


いまんとこ、ざっとこんなもんですが。

2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月

56周年の頃には、2060年です。  
Posted by ayate at 09:17Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月20日

祖母ログをご存知ですかい。

最近大人気のブログがありまして、

祖母ログ

だそうです。

皆さんご存知ですか?祖母ログ。


最近、2周年を迎えたようです。

祖母ログ − 祖母ログ2周年を迎えました


おばあちゃんの作る料理のレシピや

おばあちゃんの言葉などを、

延々とつづっているだけのブログなのですが、


なんか、いいです。


ほのぼのします。


ほっとしたい時に読むのがいいかも。


で、書籍化もしちゃってるようです(笑)。


祖母ログ うんまいゴハンがみんなをつなぐ


おばあちゃんのレシピの数々も好評のようで、
Amazonのレビューは全員が★★★★★ですねえ(笑)。

いいですねえ。


ということで、祖母ログ。

アヤテれこめんです。



さて、もう1個。

超速報です。


ケータイ小説から出版化され
上下巻合わせて100万部を軽々突破している


「恋空」


が、


映画化決定。


作者の美嘉さんのブログで発表されてます。

恋空 美嘉のブログ − ★感謝の気持ち★


主人公美嘉さんを演じるヒロイン役は、


新垣結衣さん


でございます。


詳細が発表され次第、またお知らせします。

  
Posted by ayate at 01:58Comments(4)TrackBack(0)

2007年04月18日

アフロコームを買いました。

30efab4c.jpg渋谷でアフロコームとやらを買いました。

この写真のアフロに引っ掛かってる熊手みたいなやつです。

これでザックざっくととかしてボリュームをつけるそうです。

たまにアフロにぶっさして
かんざしみたいにして歩いてる人もいますが、
どうやったらおしゃれに見えるのかが謎なので
誰か教えてください。


今日から、アフロの成長を見守る
アフロ日記を始めたいと思いますが、
何か問題でも。


さて、今日の1曲は、
惜しくも活動休止状態になっている
NATSUMENのLive映像です。

NATSUMEN「Newsummerboy」


この人達インストバンドなのに、
ギターのAxSxEさんが木村カエラに曲提供(「Scratch」の1曲目)してたり、
キーボードの蔦谷好位置さんがYUKIの「ハローグッバイ」以降の
全シングルの作曲してたり(「JOY」とかも)、
メロディーメイカー的にも凄い人そろってんのよね。

こういうスタンスで音楽活動できたらいいなあと。
  
Posted by ayate at 09:29Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月16日

トルコ音楽の映画と、田中泯の踊るロードムービー。

クロッシング・ザ・ブリッジという
イスタンブール音楽のドキュメンタリー映画を観に行った。

途中、Aynur(アイヌール)というクルド人の女性シンガーが出てきた。

その歌が、強く胸に刺さった。

Aynur「Ehmedo」


ほんの最近、1990年ぐらいまで、
クルド人はトルコで、自分達の言葉で歌うことを禁じられていた。

彼女の歌声には、
そんな迫害の歴史の深い哀しみと
それに屈しない凛とした強さが同居しているように感じる。

トルコほど、多様な民族と文化が
ごちゃ混ぜに入り乱れている国は、なかなか無い。

そこで様々な背景から生まれて当たり前のように存在している、
お金やビジネスの匂いがあまりしない素の音楽たちは、
美しくてやまない輝きを放っているのであった。

作為的に作られた音楽ってこの世の中にはごまんと溢れているけど、
音楽の素の美しさを超えるものって、
作為的に作り出すことは不可能なんじゃないかと思った。

うまくいえないけど。


で、この映画の前に流れてた予告編で、
田中泯の踊りのロードムービーの予告が流れていた。
「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」
という映画である。6月2日より公開らしい。

インドネシアを旅しながらひたすら踊った、
45日間の田中泯の記録。

これは観ないとなと。

田中泯の踊りにも、
「素」というものを感じる。

嘘偽りなどない、人間の体内から湧き上がった「素」の踊り。

いわゆる、魅せるためにある
一般的な「ダンス」とは対極にある。

田中泯は昨年11月の公演を最後に、
大劇場での独演をやめてしまったらしい。

その答えが、この映画にあるとのことである。

大劇場という空間の中で、
自分の踊りに何らかの不純物が混じってしまうことを
嫌ったのだろうか。

とりあえず、映画を観てみようと思う。


これは1993年に出たビデオに収録されている田中泯の踊り。
  
Posted by ayate at 20:39Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月15日

アフロになりました。それと、山形の皆さんに番組のお知らせ。

アフロはい。

アフロになりました。

割と小ぶりな感じですが、
今後どんどん膨張してくるものと思われます。

cumulonimbus(カムロニンバス)

というバンドのギタリストのヤンパンマンさんから
美容師さんをご紹介いただきまして、
原宿のお店でやってもらいました。

4時間半に渡る作業の末の完成品がこれです。

今後の成長が楽しみです。


あ、で、ついでにお知らせ。

3月を持って閉館になってしまった、
山形県庄内地方出身者の学生寮「荘内館」の
ドキュメンタリー番組の放送日が決定しました!!


山形でしか観れないんですけど(笑)、

TBS系のテレビユー山形(TUY)で、


5月5日(土)16:30〜17:00


の予定です。


3月に行った「庄内祭 vol.2」の映像も流れる予定です。


アヤテも登場するのか!? どうなのか???

あの時はかなり酔っ払ってたので
どんな映像になってるのか、どきどきもんです。

山形に在住の方は、是非ご覧下さい。


また、それに先立ちまして、

明日16日(月)
TUYイブニングニュース(18時16分〜18時55分)
でも特集的な感じで取り上げられるとのことですので、
こちらも観れる方は観てみてください。
(急遽変更の可能性ありだそうです。)

僕は東京にいるんで観れないんですよ。

なので、山形に住んでる皆さん!
ビデオ録っといて!!!まじで!!!
  
Posted by ayate at 12:33Comments(2)TrackBack(1)

2007年04月13日

アヤテ、アフロ化執行日決定のお知らせ。

お待たせしました。

2006年05月29日に会社の朝礼で「アフロ化宣言」をして、
誕生日のプレゼントでアフロの巨大ズラを贈呈され。
そして「アフロ・アヤテ」と改名してから早1年弱。


参考:

朝礼のスピーチでアフロ宣言。

アフロ1アフロ2

誕生日パーティーでアフロのズラをゲット。





いよいよ、その時がやってまいりました。


アヤテの地毛アフロ化の日が。



注目の執行日は、





4月14日(土)14時〜





ええ。あしたです。


どうなるんでしょうか。

見当つきませんが、
わくわくわくしてきました。

正真正銘の「アフロ・アヤテ」として
生まれ変わる瞬間が近づいてきました。


さあ、果たしてどんなアフロが
この世に誕生するのか。


お楽しみに・・・。  
Posted by ayate at 19:14Comments(7)TrackBack(0)

2007年04月11日

観たい映画がいっぱいある件。

最近、お金があまり無いのに観たい映画が
どんどん増えてってます。

映画、演劇ともに、ここ何ヶ月か遠ざかってて
少し欲求不満気味になってきました。

とりあえず、忘れないうちに
観たいのを羅列しておきます。


クロッシング・ザブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜 3月24日公開

イスタンブールの音楽にスポットライトを当てたロードムービー。
先日ライブを観たBaba Zulaの映像も。

西と東、伝統と現代、民族と都市。

全てが交差するこの街で生まれる音楽に触れることが出来る映画。
とのことです。


東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 4月14日公開

ドラマ化されて先日最終回を迎えた
リリー・フランキーの自伝小説が映画化。

映画版は松尾スズキが脚本を書いてて、
しかも荒川良々が出演するとのことなので、
観ないわけにはいかないのです。


大日本人 6月2日公開

ご存知、松本人志の初監督作品。
主演・監督・脚本を松本が担当。
(脚本は高須光聖との共作)

謎が多く全貌は全くわからんが、
日経エンタテインメントで辛口映画評を連載中の彼が
名監督なのか否なのかがはっきりする作品なので早く観たい。

松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、板尾創路と
なかなか期待感を煽るキャストでもある。UAが気になる。


天然コケッコー 夏休み公開

くらもちふさこの大人気コミックの映画化。
フライヤーが凄くキレイだったので気になってしまいました。

島根県浜田市の美しい田園風景がよさげ。
やっぱり、田園に囲まれて生まれ育った私にとって、
ああいう風景ってとても心に共鳴するんですよね。

脚本は、「ジョゼと虎と魚たち(2003年)」「メゾン・ド・ヒミコ(2005年)」
を手がけた、渡辺あや。

それプラス、音楽がレイ・ハラカミで、主題歌がくるりときてますんで、
観るしかないような気分になってしまうんですよね。


というわけでいかがでしたでしょうか。

いやーしかし、
邦画がかなり頑張ってますよねー最近。

ほんと、国内から質の高い映画がどんどん出てきてる気がする。
いい時代です。

映画音楽とかも、機会があれば是非やってみたいなあと思います。

  
Posted by ayate at 12:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月08日

都知事選で落選した「泡沫候補」。

ITmedia News:“泡沫候補”浮上させるYouTube 選管も困惑
YouTubeに投稿された“泡沫候補”の政権放送が、ネット上で話題になっている。公選法違反の疑いがあり、選管は動画の削除依頼に乗り出している。ネットの進化に制度が追いつかない。

 4月8日に投開票される統一地方選挙は、ネットユーザーが動画投稿サイトを手に入れてから初めての大型選挙だ。YouTubeには早速、候補者の政見放送などが投稿され、ブログなどで話題になり、一般紙など大手マスコミが報道しない“泡沫(ほうまつ)候補”がネットで関心を集める。ただ、政見放送がネットで流れる事態は選挙管理委員会の想定外。公職選挙法に違反している可能性もあり、対応に苦慮している。

東京都知事選に立候補したある候補者の政見放送が、3月末にYouTubeに投稿された。当選の可能性が薄い“泡沫候補”だったが、特徴的な外見や話し方、過激な内容がネット上で話題になり、再生回数は、削除されるまでの約1週間で50万回以上に上った。削除後も同じ動画がさまざまな動画投稿サイトにアップされ、それぞれ数万回〜10万回ほど再生されている。

 候補者の声にエコーをかけたり、機動戦士ガンダムの登場人物の音声を合わせたり、テクノ風にアレンジしたり、候補者の顔をアニメキャラにすげ替えててみたり――この政見放送を編集した“作品”も相次ぎ登場。動画にコメントを付けられる「ニコニコ動画」や「字幕.in」などでは、多くのユーザーが「神」「吹いたww」など感想を書き込んだ。

てなことで、今日は都知事選でした。

大方の予想通り石原慎太郎が三選。

その裏で、色んなところで話題になっていた「泡沫候補」がいました。

その名も、外山恒一。

さすがに落選してしまいましたが、
ネット界では、あるイミ伝説的な候補者だった模様です。

以前に中野のあたりでたまたまこの人のポスターを見て、

なんだこの過激な人はwww

と多少気にはなっていたんですが、
政見放送はもっと凄いものでございまして、
これがNHKの電波に乗っちゃったのが信じられないような出来になっております。

もうたぶん観た人が多いと思いますけどどうぞ。



「私が当選したら、奴らはビビる!!

 私もビビる・・・。」



素でやってるとは思えないんですけど(笑)。

ここまで来ると、芸人の域ですよね。


YouTubeにこれが乗っかっちゃうのは
明らかに日本の選挙法には違反してると思われるんですが、
もう防ぎようが無いほどネット上では広がっちゃってました。

それほどまでに、ネットの力がでかくなってるということだと思います。
ま、それが票と結びつくのかは別として・・・。

今後、日本の選挙も新たな時代に入っていくんじゃないでしょうか。

現行の選挙法ではもう限界でしょうねえ。
  
Posted by ayate at 23:15Comments(3)TrackBack(0)

2007年04月07日

お尻に火がついた。

いきものがかりというユニットのリーダーで
作詞、作曲をやってる水野良樹くんという人が
大学のしかも学部の後輩だということを今日知りまして。

いきものがかりについては、そんなに詳しくは知らなかったんですけど、
「SAKURA」とか聴いてみたら普通に聴いたことのある曲だった。

Sony Music Online Japan : いきものがかり

正直、あ、まずいなと思いました。
やられたなと。

最近、世の中に出てくる人たちは
もうほとんどが僕より年下になってきとるわけじゃないですか。

年下じゃないのは秋川雅文さんぐらいなもので(笑)。

先を越された、というわけじゃないんですけど、
ちょっとそろそろちゃんと本気で曲作らないといけんなと。
自分の年齢のことも考えないとなと。
のんきにお酒呑んでる場合じゃないなと。

すいません、安易で。

なので、この土日は作曲に専念します。


もちろん、明日の都知事選投票には行きますけどね(笑)。

  
Posted by ayate at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

2つのデビュー戦。

昨日は、2つのデビュー戦でした。

1つめは、松坂大輔のメジャーリーグデビュー戦。
7回を1失点10奪三振で初勝利。

期待されていた結果を
いとも簡単に成し遂げてしまいましたし、
このくらいはやってのけて当然の人だと思うけど、
これってやっぱり凄いことだと思うんですよね。

スライダーがそんなに良くなくて
まだまだ本調子では無い中でのこの結果ですし。

僕も松坂選手と同じ1980年生まれなんですが、
明らかに、同年代の日本人で最も稼ぎ頭の男ですし、
彼のような人がタメに存在するということを誇りに思います。

僕も小学校の頃、かなりの野球少年だったんですが、
あの頃に同じ学年の松坂少年も野球やってたんだなあー
と思うと、ちょっと感慨深いものもあります。

ま、まだまだいけちゃうでしょう。

足の張りがここ10日間取れない、との情報もあり、
それだけが心配ではありますが。

で、それに水を差した尾身大臣の一言は、本当に寒いなと。
「この種の問題を7時のニュースでNHKで毎朝取り上げるのは、全体のニュースのバランスからみて、問題があるのではないかと」(尾身幸次財務相)
尾身財務大臣は6日朝の記者会見で松坂投手の活躍を評価する一方、NHKに対して「もう少し世界全体、人類全体の問題の放送を多くしないと公共放送としての意味が薄れる」と批判しました。
何言ってるんですかねこの人。ありえないなと。

NHKが公共放送として
日本人にとって重要なニュースを取り上げるのは当たり前のことで、
それを批判してる彼の発言は的外れだと思いますし、甚だ理解に苦しみます。

少なくとも、財務相が言うべき発言じゃないでしょこれ(笑)。


さて、2つめは、
おとといのブログでも告知したとおり、
「ミュージックステーション」の3時間スペシャルにて、
Superflyのデビュー戦でもありました。

ご覧になった人いますでしょうか??
いかがでしたでしょうか。


一発目、曲前にいきなりフェイクで入りましたねえ。

確かに、この「ハロー・ハロー」はロックバラードなんで
曲だけでは越智さんの声の魅力が伝わりきらないんじゃないか
という考えもあってのことだったんですかね。

曲の方は、
ま、ちょっとラブサイケデリコっぽいんじゃないかとか、
「21世紀型70'Sロック」というキャッチコピーはどうなんだとか、
色んな意見はあるかと思いますが(笑)、

デビュー戦としては、堂々たるパフォーマンスだったように思います。

最初のシングルだし、
まだ「21世紀型70'Sロック」とまでは行ってなくて
J-POPの域を出てない気がするんですが、
当面はこの路線でいくのでしょう。

でも、以前に渋谷でのライブを観たことがあるのですが、
色んな曲を聴いた結果、
あ、非常に引き出しが多いなと。

そんな感想を持ちました。

「マニフェスト」という曲をライブでやってたのですが、
かなりロックなナンバーになっておりまして、
越智さんの高音の伸びと太さが良く出てて
彼女のヴォーカルの魅力が非常に際立つ1曲だと思います。

この曲だったら、「21世紀型70'Sロック」と言っても過言では無いかと。

これをどのタイミングでリリースするのか。

2ndシングル以降に注目です。


なんか、この人達は、
自分達の影響受けた60's 70'sの音楽性を
色濃く出していくのってもうちょっと先になるような気がするんですよ。

だから、たぶん3枚目ぐらいのアルバムのあたりで
一番良くなってるような気がします。

どちらにしても、凄くいい音楽に影響受けてる人達だけに、
いわゆるJ-POPの枠の中に納まって欲しくないユニットです。


ま、一番の感想としましては、
今のワーナーミュージックの力を持ってすれば、
デビュー2日後の新人をMステ出演というのもたやすいことなのかなと(笑)。

これ、ほんと凄いことなんですけどね。

ここまで華々しいデビュー戦をセッティング出来ちゃうのって凄いなと。
Superflyはほんと恵まれてる状況だと思います。

アーティストとレコード会社の
ほとばしる勢いとエナジーの高まりを感じます。

しかし今回のデビューシングル「ハロー・ハロー」は、
実はノン・タイアップなんですよねー。
ラジオのヘビーローテこそあれど。

全くの新人のタイアップ無しで、
曲の力(と電波の力)だけでどこまでいけるか。
こちらにも注目です。

来週のオリコン週間ランキングでは、
ベスト10はちょっと難しいとしても、
15位ぐらいには入るんではないでしょうか。

と勝手に予想。


で、Mステをちゃんと観るのなんて3年ぶりぐらいなんですが、
一番気になったのは、GLAYのテルの太り具合です。

多少、山崎邦正に見えたんですが(笑)。

新曲も、そんなに良くなかったしなあ。
HOWEVERのあたりから徐々に劣化してるような気が・・・。


あと、Superflyの直後に出演してたオレンジレンジの新曲も
結構色んなイミで衝撃的でした。

なんか、TOKIOが歌ってても違和感ないんじゃないかみたいな曲でした。

単なるアイドルバンドと化してきてるように思えるんですが
大丈夫なんでしょうか・・・。


てなことで(?)、今日の1曲は、
Superflyのギターの多保さんが音楽に目覚めるきっかけとなった曲で、
ユニット名の元ともなったCurtis Mayfieldの曲。

Curtis Mayfield 「Superfly」


ぼくよりも若いのに、
こんな名曲で音楽に目覚めるなんて・・・。
嫉妬です。
  
Posted by ayate at 09:34Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月05日

Superflyが遂にデビューで、いきなりMステ出演決定。

Superfly破格のデビュー!4/6Mステ出演決定!
(ミュージックファクトリー − ファクトリーニュース)
4/4にデビューを果たした、大型新人ユニットSuperfly。

テレビ朝日系列の人気音楽番組「ミュージックステーション」に、
デビュー2日後という異例の時期での出演が決定した。

今年の1月のLIVEを観た「ミュージックステーション」のプロデューサーがその圧巻のパフォーマンスに驚き、20年の番組歴史上、異例の大抜擢となった。

しかも、通常は大物ミュージシャンしか出演がゆるされていない「ミュージックステーションスペシャル」への生出演という史上初の快挙。

「ミュージックステーション」に刻まれる新たな歴史の誕生の瞬間は、4月6日よる7時からの放送で訪れる。

また、新しい生活をスタートさせるこの季節にぴったりなデビュー曲「ハロー・ハロー」は、全国39局ものラジオ局でパワープレイ(集中オンエア)を獲得。
これも新人としては異例の出来事である。

「ハロー・ハロー」。

Superflyの挨拶代わりのデビューシングルは、
2007年の音楽界に、台風の目として旋風を巻き起こすのか。

今後の展開に注目である。

いやー、ワーナーさん。
気合が違います。

2006年は絢香を大ヒットさせたワーナーさんが、
今年はSuperflyをかなり大PUSHしてる模様なのです。

デビューからわずか2日で、
テレビ朝日「MUSIC STATION(3時間生放送スペシャル)」
に生出演という、前代未聞の異例ぶり。

最近乗りに乗っているワーナーさんの勢いと、
Superflyの持つアーティストパワーの凄さを感じます。

渋谷タワレコHMV渋谷のタワレコとHMV行ってみたら、
こんなんなってました。

デビューの新人なのに、
液晶モニタ付きでCD山積みです。


非常にわかりやすい展開なのですが、
ここまでしてレコード会社が押しているのも、
Superflyの音を聴けば結構納得できちゃう部分がある。

以前のブログにも書きましたが、
最近のメジャー新人の中では、
かなり良いと思います。

魔法のiらんどでやってる
Superfly特集に彼らのインタビューが載ってるんで
ご興味のある方はどうぞ。


Superflyの4月4日発売のデビューシングル、「ハロー・ハロー」のPV。


明日4月6日(金)よる7時からの
「ミュージックステーションスペシャル」を、
お見逃しなく。


「ここから全てが始まるよ」

と歌う「ハロー・ハロー」で、
どこまでSuperな飛行が出来るのか。

今後のSuperflyに注目なのです。
  
Posted by ayate at 22:22Comments(3)TrackBack(1)

Double Famousと、トルコのバンドBaba Zulaのライブ。

以前に、

イスタンブール発のサイケな極上音楽。

についてのブログを書いたのですが、

この時に紹介した
トルコのサイケデリック・ジャム・オリエンタル・ダブ・バンド、

Baba Zula(ババズーラ)

のライブに行ってきました。
@渋谷クラブクアトロ。

今回は、
映画「クロッシング・ザ・ブリッジ」公開記念の来日ライブで、
しかもDouble Famousとの対バンっちゅう何とも美味しい企画。

お客さんの客層が、かなり面白かった。
ただならぬ雰囲気を醸し出す人々の群れでした。

ちょっと異国情緒漂うオシャレなおじさんや女性が多かったように感じた。

はい。


さて。


まずはDouble Famous。

そういえばこの前、
僕のMyspaceにDouble Famousからフレンド申請来てて
ちょっと嬉しかった(笑)。

で、ライブの方は、
めっちゃくちゃ人多かった。

渋谷のど真ん中とは思えぬ、
ゆるーい雰囲気の音が心地良い。

ただ、惜しむらくは、
これ野外で聴いたらもっと気持ちいいんだろうなあ!

というだけ。

なんか、このあったかい解放感溢れる音が、
この渋谷の室内の中だけにとどまってしまうのは
非常に惜しいような気がしてきてしまった。

こういう音は、絶対に野外が一番です。はい。

でも、普通にいいライブでした。



そしてババズーラのライブ。

意外にも生楽器が2人、打ち込みが1人という
意外に少ない編成なのであった。

ババズーラそれプラス、

パフォーマーがいらっしゃいまして。

日本人ベリーダンサーの
Nourahさんとタカダアキコさん、

そして、Macでライブペインティングをする、
セーラー服を着た謎の美人外国人女性。


ステージ全体としてのパフォーマンスが
かなり面白かった。

特に、タカダアキコさんのダンスが素晴らしく僕好みで素敵でした。


Baba2そして、アンコールがめちゃくちゃ長かったw

アンコール1曲だったのに、
20分ぐらい延々とメンバー紹介してたよ。


で、肝心の演奏自体なんですが、
とにかく、その音の塊のヤバさといったら。

文字の大きさで表すと、




ヤバ




って感じです。



なんか、パルプンテって感じでした。


パルプンテというか、

じわじわとメダパニ。といった趣か。


こちらの動画を見れば、その一端をわかっていただけるでしょう。

Baba Zula 「Pirasa」


いやーほんとこれは凄い。

司会者も、どういう顔していいのかわからなくなってますしw
(3:21ぐらいのあたりに注目です。)

ってなことで、
なんか収拾つかない
二流ライブレポート的文章になっちゃってて
申し訳ないのですが、

Baba Zulaの演奏・映像は、
現在公開中の、イスタンブール音楽を取り上げた映画
「クロッシング・ザ・ブリッジ」
で観る事ができるんです。

今度観に行こうっと。


今回のライブで、
今後の自分の音楽活動に向けてかなりいいヒントを得ました。

つまり、オリエンタル・サイケとジャム・ファンクを融合させたら
かなり面白いものが出来るんじゃないかと。

そんな気がしてきたんです。


昔から思ってたことがあるんですが、
絵の具って、色んな色を混ぜると色が濁ってしまうじゃないですか。

音楽の場合って、違うと思うんですよ。

色んな色を混ぜれば混ぜるほど、
色が鮮やかになる気がするんですよ。

ま、上手く混ぜ合わせるのが一番難しかったりするんですがね。

料理と同じで、
共鳴しあう素材を混ぜないと
味がぶつかり合っちゃったりするし。

でもまあ、
その素材を吟味する過程が面白いところだったりするんですよね。

  
Posted by ayate at 09:16Comments(2)TrackBack(0)

2007年04月03日

廉恥と破廉恥。「恥を知る」という文化について。

日本古来からあり、
武士道の徳目にもなってなる
「恥を知る」という精神。

「恥」は、日本人の道徳に深く根ざされた文化であると思います。

「恥」があるからこそ、「礼」や「義」や「名誉」
という徳が生まれたとも言え、
まさに、日本人の精神構造の根幹にある文化であるとも
いえるのではないでしょうか。


「恥を知る」という心は、
武士道における「廉恥」(れんち)という言葉に表されています。
「自分の未熟を悟り、恥を知ること」
という意味だそうです。

この「廉恥」を破ることが「破廉恥」(はれんち)であり、
「恥を恥とも思わず平気でいること。また、そのさま。恥知らず。」
という意味です。

現代にも伝わる「ハレンチ」という言葉は、
これと同義です。


そういえば、大学時代に「くぎバット」というバンドをやっていた時に、
「廉恥」という曲を作ったことがございました。

その歌詞は英詞だったんですが、こんな感じでした。

I just wanna drink the beer for me
To analyze and realise my life
Time doesn't care about me

I just wanna know shame for me
It's a good medicine of my life for me
Never lead to shamelessness


またもや文法怪しいですが、
おおまかに以下のような意でした(意訳あり)。


おれはビールが飲みたいだけなんですよね
自分の人生を分析し悟るために
時はおれを気にかけてはくれないし

おれは自分のために恥を知りたいだけなんだわ
それは人生における良薬だからね
破廉恥の道に通じないように


これを書いたのは、確か僕が20歳前後のときだったと思います。

前後の段落のつながりがいまいちわかりませんし、
1行目の歌詞はいかがなものか。という説もありますが(笑)、

今読んでも、僕らしいなあと。

なるほどなあと思える部分もある、まあまあ気に入ってる詞です。


さて、現代の世の中で、この「廉恥」の精神が
この日本でさえ、かなり廃れてきつつあるのは、
完全には否定できない事実であると思います。

特に、社会のリーダーたるべき政治家や、
学校の校長をはじめとする教師、
企業のトップ、またはトップに近い人間たちが、

経費の湯水のような不正流用、万引き、
多くの人を不快にさせるような失言、多額の粉飾決算、
重大な過失の隠蔽、などなど・・・、

「恥」というものを知らないかのような行動を
起こしていたりします。

社会の手本たるべき
中高年層でそれが多く見られているのが
忌々しき問題だと思うわけです。


渋沢栄一「論語」の読み方


で、資本主義国家日本の祖とも言える渋沢栄一著による、
この「論語」の解説本を最近買って読んでるのであるが、
興味深い一節があったのでご紹介します。


(以下、引用)
二千五百年前にも孔子は、

「世も末である。私は、いまだに過ちを知って自らを責め、悔い改める者を見たことがない。これから以後もついにこれを見ることができないのか」

と嘆いた。はたせるかな、孔子の予言どおり二千五百年後の今日でも同じく、自らその過ちを責める人は依然として少ない。まことに困ったことである。

世の中のことは何事にも進化があって、宇宙も進化し、生物も進化し、森羅万象みな進化のあとが見られるが、ただ「道徳」だけは、二千五百年前の孔子の時代でも、そのまた二千五百年前の尭・舜の時代でも、五千年後の現代でもまったく同じで、進化するどころか、かえって退化したようだ。ことに国際道徳にいたっては退歩もはなはだしい。悪くなる一方である。

世の中を進歩させるには、精神文明と物質文明が並行しなければならないのに、物質文明だけが長足の進歩を遂げ、精神文明がこれについていけない結果、こうなったのであろう。

個人の道徳を進化させると同時に、国際道徳も進歩させなければならない。

渋沢栄一「論語」の読み方 P.149〜150より
(引用、終わり)


その通りとしか言いようがない文章である。

この世界に、単細胞生物として生命が誕生してから現代に至るまでの間、
生物は進化をやめたことはない。

そして、ここ何十年、何百年かの、
人間の「技術」の進化は本当に目覚ましく、
現在は一つの物凄い文明が生まれている過程だとも言えよう。

しかし、「精神」という概念がこの世に現れてから
何万年という月日が流れようとも、
いまだに人間の精神が進化していないのは
どういうことなのであろうか。

深い謎である。


図らずも、21世紀は「モノ」の時代から「心」の時代への転換点であると、
誰かが言っていた気がします(すいません、論拠があいまいで)。

そろそろ、
人間が「精神」や「心」を進化させるべき時代が
来ているのではないでしょうか。

そして、学校の教育、親による子供の教育でも、
そういうことを積極的に教えるべきではないかと。

そう思わざるを得ない、今日この頃でございます。



とか言いつつ、ここで皆さんにお伺いしたいのですが、

私が以前に行った、

上半身裸で渋谷スクランブル交差点横断。

というのは、「破廉恥」なんでしょうか。


恥を知れ、恥を。


と叱責されるべき事柄なのでしょうか、どうなのでしょうか。

なんか、僕が「廉恥」とか言っておきながら、
こんなことをやっていたりするわけで、
矛盾が生じてるんじゃないかと不安に思ったので
聞いてみたくなりました。

ぶっちゃけ、これは自分にとっては
恥ずかしくも何ともなかったのですよ。

渋谷のスクランブル交差点という、
知ってる人が全くいない状況下だったから
出来たことなのかもしれません。

しかし、とは言え、
公序良俗に反するか反さないかのギリギリのラインだと思います。

皆さんのご判断、ご意見、ご感想をお待ちしております。

  
Posted by ayate at 22:07Comments(4)TrackBack(0)

2007年04月01日

今日の主なニュース。「鼻を100回かむと1UPする」

さて、今年も4月1日がやってまいりました。

今日の主なニュースです。


MNP春の陣、携帯各社が新端末を発表(ケータイうぉっち)


Firefoxに産地偽装の脆弱性が発覚(Broadbandうぉっち)


カヤック


面白法人カヤックが面白くない法人カヤックに。





元世界王者・亀田興毅さん引退のお知らせ(亀田興毅 ブログ)



@niftyのデイリーポータルZは、全体的にレベル高いニュースが揃ってます。


鼻を100回かむと1UPする
誰でも聞いたことがあるだろう「鼻を100回かむと1UPする」都市伝説を検証した。(@nifty デイリーポータルZ)

渋谷の呼び方が変わる?
「渋谷」と「日比谷」の聞き間違いによる被害を受け、東京都は渋谷の呼び名変更に乗り出した。「しぶや」から「しゃぶや」へ。(@nifty デイリーポータルZ)

割り箸を使ったメンマの作り方
メンマは割り箸からでも作れるらしいというウワサは本当だった。中国のレシピを再現。(@nifty デイリーポータルZ)

おならで宙に浮く
「どうせ無理だ」とあきらめていては何事も実現できない。意志を持ってやってみた。(@nifty デイリーポータルZ)

長崎新幹線の名称が「ざらめ」に決定!!
JR九州が建設計画中である九州新幹線の名称を「ざらめ」に決定。ボディはふわふわとの噂。(@nifty デイリーポータルZ)

コップを逆手に持つと後ろに引っぱられる理由
小学校のころ、両手を後ろに伸ばしてコップを持つと後ろに引っぱられるという遊びが流行った。(@nifty デイリーポータルZ)


次はYahoo!のニュースです。

桑田サザン桑田に容疑発覚!ビクタースタジオに立ち入り捜査へ!?(Yahoo!JAPAN)
強制捜査の映像まで作っていて、凝ったニュースです。

桑田佳祐の容疑が明らかに! リア・ディゾンも被害に!?(Yahoo!JAPAN)
続報です。

指名手配中の桑田佳祐、現在逃走中。サルに変身か!?(Yahoo!JAPAN)
さらに続報です。

指名手配中の桑田佳祐、逆境の中、感動の新曲発表! 究極のロックンロール宣言!(Yahoo!JAPAN)
結末です。

オチがいまいちです。


その他、wikipediaに
今年のエイプリルフールネタがまとめられております


うーむ、今年のエイプリルフールは、
会社が休みだったためか、全体的にネタが小粒な印象を受けます。

その中で、@niftyのデイリーポータルZは、
非常に健闘している感があり、好印象です。

では、また1年後を楽しみにしつつ。


ちなみに、
去年のあやぶろのエイプリルフールネタはこれでした。

2006年04月01日 ご報告。イロドリ★ゲンチャが、今年のフジロックに出演決定。
めちゃくちゃ反響ありましたねこれはw


さて、話は全然変わるのですが、
LOTTEの「JUICY&FRESH」というガムが
家の近くのセブンイレブンで売られてたんですが、
値段表示が「¥9」だったので5個買ったんですよ。

そうしたら、どうやら値段の1桁目が隠れていたらしく、
実際には1個¥95だったんです(笑)。

ガムなので、結局約500円分もガム買うという
失態をおかしてしまいました。

これは、エイプリルフール関係なく、
実話ですw

ちょっと悲しかったのですが、
ガムが食い放題なのでまずは良しとしましょう。

  
Posted by ayate at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

重大発表。ブログ管理人変更と、リニューアルのお知らせ。

彩★flow皆様に、お知らせがあります。


彩舞呂(あやぶろ)〜アフロで彩るアヤテのblog〜


は、本日より、


彩★flow(あや★ふろぅ)〜アフロで彩るウエトのblog〜


としてリニューアルいたします。


また、それに伴いまして、
管理人もアフロ・アヤテ(26歳)から、


ウエト



アフロ★アヤ(21歳=写真)


に変更になります。






この管理人変更とブログリニューアルに至った経緯としましては、

21世紀に入ってからいよいよ加速度を増している
社会の不確実性への対応と、

世界アフロ化計画推進の一環として、
新たなるアフロヒーローを生み出す必要性があると判断したこと、

ならびに、

ここ数年のブログ界におけるマンネリを打破するため、
との意義が強いという風に認識しております。


それでは今後とも、

彩★flow(あや★ふろぅ)〜アフロで彩るウエトのblog〜

ならびに

アフロ★アヤ

を宜しくお願いいたします。

























※今日は何の日?



  
Posted by ayate at 12:10Comments(6)TrackBack(0)