2008年07月31日

社長・林太郎氏と渋谷で遭遇し、フジロック談義など。

おとといは、24時まで働いて、
多少朦朧としながら渋谷に帰りました。

んで、TSUTAYAに寄ってみたところ。


友人の林太郎くんがいたんですよ。偶然!!


林太郎くんは、
以前にJOYJOKERSという劇団の公演で知り合いまして。

現在、彼はサイバーエージェントの子会社
株式会社CyberX」(サイバーエックス)を4月に立ち上げ、

代表取締役社長としてご活躍中なのです。



んで、TSUTAYAで、
先週フジロック行ったという話になり。

おれも行った!みたいな。

行ってんの知らなかったなー!みたいな。


その後、飯でも食いましょうとなりまして、
居酒屋に移動。

二人でフジロック談義などで盛り上がりました。


渋谷で。
ええ、イケメンです。

彼は、憎らしいほどのイケメンです(笑)。


僕の顔がおかしなことになってますが、
気にしないで下さい(笑)。


ちなみに、林太郎くん的なフジロックベストアクトは、

PRIMAL SCREAMだそうです。


PRIMAL SCREAMは確かに良かったですねー。

ボビー・ギレスピーは、
いつになってもかっこよいです。

見た目が若い、ロックオヤジです。

顔が白くて、不健康的なところもいいですね。


そのほかにも、
熱い話がいっぱい出来て、
刺激を受けました。


林太郎くんとはかなりのご近所さんなので、
また呑みたいなーと思います。




さてさて。


かるーくアヤテ的フジロック総括しましょうかね。


1日目、良かった人たち。

羊毛とおはな
くるり(なぜか私、酔っ払った末に3曲目から爆睡w)
sleepy.ab
SPECIAL OTHERS
MY BLOODY VALENTINE
The New Mastersounds

特に良かったのは、

sleepy.ab

と、

MY BLOODY VALENTINE

ですねー。


sleepy.abは、

札幌で活動しているギターロックバンド。
「ab」とは「アブストラクト」の意で、発音しない。
透明感と浮遊感のある美しいメロディが特徴的。

です。

ずーーっと、「スリーピーエービー」って呼んでましたけど、

エービーは発音しないんですねwww

知りませんでした。


フィッシュマンズっぽいところもあり、
すげえ気持ちよかった。

気持ちよすぎて、
うちのバンドのボーカルのまりこむは、
最後の1曲で寝てました。


あとは、やっぱりマイブラですよ。

すげえっておもった。

そして、なんじゃこりゃ!!!!っておもった。

あの轟音と唄の聴こえなさっぷりは、
その世界観を表現する手段なんじゃないかなと。

唄なんて聴こえなくていいんだ!!!
という割り切りっぷりが素晴らしかった。

やっぱ、日本の轟音系バンドって、
かなりマイブラの影響受けてますよね。

ナンバーガールとか、スーパーカーとか。

くるりもマイブラ大好きだと思う。
だって、この曲、くるりの「Lv30」の元ネタですもん。

My Bloody Valentine - Only Shallow




んじゃ、2日目。いきますか。

よかったひとたち。

凛として時雨
ASIAN DUB FOUNDATION
ザ・クロマニヨンズ
PRIMAL SCREAM
Underworld;


かなりの割合でGREENにいたので、
ベタな感じになっとりますが。

でも、何と言っても、

凛として時雨

ですよ。

朝11時からのWHITE STAGEだったのですが。


MCなんて必要ねええーーー!!!

っていう佇まいが素晴らしいです。


ちょっとしゃべったかと思ったら、



「早起きしてくれてありがとう」



ですもん。

やられました。


僕、28年間生きてきて、

最も衝撃を受けたライブでした。

お世辞でも何でもなく。


この曲大好きです。掛け値なしに、すげえです。

凛として時雨 DISCO FLIGHT


ナンバーガールを、3倍上手くして、
10倍イカレた感じですね。

でも、フィッシュマンズっぽい曲もあったりして。

ちょっと久しぶりに日本のバンドで
ツボった感じです。

日本人にしか作れない、
最高級のロックです。


Underworld;
あとは、やっぱりUnderworld;ですね。

彼らのすごいとこは、

音がいいだけじゃなくて、
完璧なエンターテイナーであること。

映像とかもそうなんですけど、
写真にあるような風船とか。

お客さんがいかに楽しんでくれるかを、
本当に高レベルで追求してると思った。

エンターテインメントのプロですよ。
素晴らしかったです。


そして3日目。


Double Famous
キセル
J.A.M(piano trio from SOIL&"PIMP"SESSIONS)
ELLEGARDEN

です。

すいません。

豪雨にやられまして、
帰りの時間が予定より早まりました。

結果、ゆらゆら帝国とNARUYOSHI KIKUCHIが見れませんでした。

それは残念なことです。


SOIL&"PIMP"SESSIONS
キーボーディスト、ベース、ドラムの3人で構成される
J.A.M。

これんときめっちゃ雨降ってきたんですけど、

めっちゃくちゃかっこよかった。

キーボーディストの丈青さんは、
渋谷ののんべえ横丁のカームスっていうバーで
一緒に呑んだことあるんですけど(笑)、

演奏まっじですごかったです。

はんぱねえ、っておもいました。


キセルも良かったし、

Double Famousも楽しかった。


さてさて。


そんなこんなだったのですが、


3日間を通じてのベストアクトは。。。



凛として時雨です!!!!

凛として時雨 - Sadistic Summer


おれ、こんなかっこいい音楽が作れたら、

死んでもいいと思います。

それは言い過ぎました。

はい。


以上、フジロック総括でした。

  

Posted by ayate at 07:48Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月26日

凜として時雨でノックアウト。

ae5eae6c.jpg
やべえええぇえぇえええーーーーーーーーーー、ーー!!


はんぱねえーっすわーこの人達!!

フジロックでいまんとこ、
だんとつでベストアクトです。


三回ぐらい、泣いた。


凜として時雨。


日本人にしか出せない、ワビサビのある爆発ロック。


すばらしすぎます。
  
Posted by ayate at 12:31Comments(3)TrackBack(0)

2008年07月25日

苗場に着きました。

a5bd377a.jpgえー、フジロックに本日より参戦しております。

新バンドのメンバーとともに。

一日目は、

原田郁子
羊毛とおはな
くるり
SPOON
TRABIS
BLOC PARTY
mice parade
KASABIAN
sleepy.ab
SPECIAL OTHERS
MY BLOODY VALENTINE
The New Mastersounds

あたりをみるよていです!
  
Posted by ayate at 11:47Comments(2)TrackBack(1)

2008年07月23日

音楽学校で作った曲が結構良作な件。

えーと、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

最近私、土日や夜間を利用して、
音楽学校に通ってます。

主に作曲について学んでおります。


んで学校で先生とマンツーマンで
DTMの使い方やらコードの理論やら
色々教わってまして。

とりあえず、1曲作ってみました。

タイトルは「羊の昼下がり」です。

↓ここで聴けるようにしてみました。
http://www.audioleaf.com/ayate/

歌詞はこちらです。

どうすかこれ(笑)。

羊についてとうとうと綴っているうちに、

財布を無くしたとか実世界のエピソードも入りつつ、
最後は地球全体や格差社会の問題にも言及しております(笑)。


結構適当に作った割には、
割といい曲になったんじゃないでしょうか。

先生にも、若干褒められました。


今までの僕ってば、

7thのコードほとんど使わなかったんですよ。


今回は、7thかなり使ってみました。

今までの僕の曲にないコード進行っぷりです。


とりあえず、今後も曲のDEMOとか出来たら、
audioleafに上げていこうかと思います。

http://www.audioleaf.com/ayate/


ご感想もお待ちしております(笑)。

  
Posted by ayate at 01:29Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月22日

気になってた曲、やっと判明。Finley Quaye。

この前、アキラさんのたまり場に行ったときに、

DJの方が回してた曲で
めちゃくちゃ素敵な曲が流れてたんですよ。

しかも明らかに聴いたことがある曲だったんだけど、
なんのアルバムに入ってるのか全く思い出せず、
んで、曲名も聞きそびれてしまったのです。


それ以降、iPodで別の曲聴いてても、
その曲が頭から離れない始末。


私の膨大なCDの中から、
その曲を探すのも億劫でして。


そんな今日、
ひょんなことからJack Johnsonの映画サントラ
「thicker than water」を聴いてましたら、

なんとその曲が流れ出したではありませんか!!


まさにこの曲です。

Finley Quaye - Even After All


ちょっと感動でした。

いやー、これはとてつもなく美しい曲ですよ。

Finley Quaye(フィンリイ・クェイ)は、UKのアーティスト。

とにかく、声がいい。

曲もいい。

はんぱなく素敵さんです。

オフィシャルなのかわからんけど、
Finley QuayeのMySpace。
http://www.myspace.com/finleyquayeuk


胸のつかえが取れてすっきりしたので、
こういう曲を今度書いてみようと思います。


Thicker Than Water: Original Soundtrack

改めて聴いてみると、
めちゃくちゃいいアルバムですねこれ。

G. Love & Special Sauceとか、
The Metersとかも入ってますからねえ。


夏の空気がとてもお似合いのアルバムです。

アヤテれこめんでございます。

  
Posted by ayate at 01:41Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月20日

酒田モッケフェスで、庄内産だだちゃ豆の提供が決定!!

いやー、1ヶ月切っちゃいましたよ。


酒田の街おこしフェスイベント、

酒田モッケダ☆フェスティバル2008
〜素敵なアートと、ミートしよう。〜


8/14(木)に酒田Music Factoryで行われます。


合言葉は、

+1 For SAGADA」!!




今回、「株式会社庄内給食センター」様のご協力により、

なんと、


庄内産だだちゃ豆20kgの提供が決定しました!!


20kgってどんぐらいなのかね!?


これ、あのうんめーだだちゃ豆を、

酒のつまみでたらふく食えますよ。


素敵ですのー(^^)


こんな感じで、物品のみの提供や、
もしくはカンパという形でもOKなので、

ぜひぜひ、ご協力したいという方がいらっしゃいましたら、

mokkefes@gmail.com

こちらまでメール下さい!!


いやー、徐々に酒田が動き出してる気がします。


この調子でがんばります。


ところで皆さん。

イベントの出演アーティスト見ましたか!?


アーティスト詳細

これね、東京から3組ご招待してるんですが、
どのアーティストもかなり素敵なんですよまじで!!

東京でもこのメンツが一堂に会すことは、
なかなかありません。

上記のページから、各アーティストのMySpaceとかにも飛べるので、
ぜひ、試聴してみてくださいね。

酒田のアーティストも、
すげえイキのいいライブを見せてくれると思いますし、

私の酒田東高校同級生の、
フォトアーティスト・飯富崇生氏の写真も楽しみだし!
(撮りおろしの酒田の自然の写真も展示予定!)

Kosyu氏の絵画も、
Music Factoryに飾られるとどんな風に見えるのか、
いろんな意味で楽しみっすね(笑)。


んでは。

モッケフェス関連、

また動きがありましたらご報告しますです!

  
Posted by ayate at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

バンド練。今度は時の扉をカバー(笑)。そして早朝、青学大にて。

3cac9b6d.JPGはーい。

昨日は新バンドprism supernovaの第4回目の練習でした。

写真の、私の髪が多少ハゲテルように見えますが、
髪を結んでいるためです。

ご安心ください。


今回は、WANDSの時の扉をカバーしました(笑)。

これ、いまさらなんですが、

名曲だと思うんですよ。私。


ギターのリフがいいんです。

やっぱ、柴崎浩は天才だと思うわけですよ。


ほんと、高校生以来ですわ。
こんなにギター練習したの(笑)。

ムズイんすよまじで!!!


それプラス、作曲の大島康祐とアレンジの明石昌夫もすげえなあと。


今回は、まりこむがシンセを弾きながら歌ったわけですけど、

あのサビ前の「ジャジャジャッ♪ジャッ♪ジャジャッ♪ジャジャッ♪」

っていうのがどうしても、
感じが出ないんですよね。


楽譜でも、「No Code」とか書いてあって、

そこの部分だけコードが無いわけです(笑)。


んじゃ、本家本元を聴いてみましょう。

ナツカシの、山田邦子と渡辺さんが司会の
「COUNT DOWN 100」の映像です(笑)。

いつ消えるか分からないのでお早めにご覧下さい。

WANDS - 時の扉


いやー、上杉昇さん、上手いっすわまじで。

歌の伸びも、音程も、完璧ですね。

つーか、キーボードの木村真也さんが
なぜ1度もアップで映らないんでしょうか(笑)。

不憫すぎます。。。ww


ど頭のサビのコードは、G#mなんですが、
途中で出てくるサビの頭のコードは、Bなんですよね。

最初はクールな感じで始まり、
曲途中のサビは華やかな感じになるという。

ニクイです。


時の扉って、WANDSの1993年発表のシングルなので、
リリースからもう15年が経ったわけなんですよねー。。。

でも、あんまり古さを感じないのは何故なんでしょうか。

もっと評価されても良い曲だと思いますね。


ということで、prism supernova。

ただ今、新曲も続々と出来上がりつつあります。

ご期待ください。


グルーヴ感はまだまだこれからですが、

だんだん「グループ感」は出てきましたw


ライブやるかどうかは、

まだわかりません(笑)。



えーと、今朝は早く起きちゃったので、
iPodで昨日の練習音源を聴きながら、
ジャージ姿で近所をうろちょろしてました。


すると、青山学院大学に行き着きまして。


青学オープンキャンパス青学


どうやら、今日はオープンキャンパスのようです。


ということで、
何故かジャージ姿でキャンパスに侵入してみました(笑)。




青学青学

さすがにね、早朝と言えども、

青学のキャンパスを近所のコンビニに行くような格好で闊歩してる奴は
私以外いませんでした(笑)。


せっかくの並木道台無しwww




私のせいで、景観を乱してしまいました。



青山学院大学様。


大変申し訳ございませんでした。



  
Posted by ayate at 09:08Comments(3)TrackBack(0)

2008年07月19日

財布なくした。。。

昨日、会社から帰ろうと思って
駅まで行ったらですね。


財布が無い!!!


と。


まー会社戻ったらあるだろーと思って
戻ったんですが、全く無いんですね。


よーく思い出してみたところ、

昼過ぎに往訪で外出てまして、
タクシーで会社戻ったんですよ。

んで、俺、確実にそこで財布出して、
料金を払ったんですね。


それからの財布の記憶が無いと。


もしかしたら、料金払った後に、
タクシーに財布だけ残して、
出ちゃったんじゃないかなと(笑)。


それぐらいしか可能性がないわけなんですよ。


タクシーの領収書も、財布に入れてたんで
タクシー会社も分からず。

そういうときに電話かける東京タクシーセンターってとこも、
午後5時までの電話受付でして、もうつながらない。



ということで、いちおー警察行って、

遺失物届け出して、

おとなしく家に戻りました。


んで、ニコニコ動画とか見て、寝ました。




朝。




ブーーーーーー。

ブーーーーーー。


携帯が鳴りました。


出てみると。




「○リーン○ャブというタクシー会社の者なのですが。。。」






キターーーーー!!!!






ええ。見つかりました。


案の定、料金払った後、
タクシーに置き忘れたようです。


ということで、これから財布取りに行ってきます。


お金貸してくれた、

しなくん、たけおくん、

本当にありがとうございました(涙)。

  
Posted by ayate at 09:20Comments(2)TrackBack(0)

2008年07月12日

キノコアザヤカとズクナシという最高にかっこいいバンド。

本日は、
コカ・コーラ社がインディーズミュージシャンを応援する企画、
「Coke Street Live」の東京取材ライブに行ってきました。


Coke Street Live PCサイト

Coke Street Live モバイル特設サイト


前から知り合いのキノコアザヤカさんという
めちゃくちゃかっこいい、
アコースティック・ダブ・ジャム・バンドが出演するってことで、
非常に楽しみにしてました。

キノコアザヤカ MySpace
http://www.myspace.com/kinokoazayaka


会場は、お台場パレットプラザ。


今回は、ZUKANという
メジャーデビューしたバンドも含め、
全6組が出演。



ZUKANは14時〜と17時〜の2回ライブってことでして、
15時ぐらいからがキノコアザヤカさんのライブの予定でした。


キノコアザヤカさんのお友達でもある、

ズクナシというバンドにも要注目との噂がありまして、

ズクナシはキノコさんの次で15時半すぎぐらいからの予定。

ズクナシさんは、
2006年のフジロックで、
ROOKIE A GO-GOに出演していたらしいです。


ってなことで、キノコさん、ズクナシさんともに
楽しみなライブでした。


そしたらそしたら。


15時前ぐらいからですね、
雲行きがかなり怪しくなりまして、
ちょうどキノコアザヤカさんの出番の直前で、
雷が鳴り出し、嵐の状態に(笑)。

結局一旦中断の状態となり、
機材等も完全撤収。

どうやら、キノコアザヤカのドラムの人が
めちゃくちゃ雨男らしく、
しかも暑過ぎたので雨乞いをしちゃったらしいんですよ(笑)。


ということで、嵐のような通り雨。


でも、20分ぐらい経つと、
すっかり雨は上がりました。


よかったよかった。


結局、それからまた機材の設置等があったので、
17時からのZUKANのライブを先にやり、
その後にキノコさん、ズクナシさんのライブという流れに。


キノコアザヤカ

18時になり、ちょうど日も傾きかけて、
若干涼しくなってきたころにキノコアザヤカさんの登場。


いやー、気持ちよかった!!!まじで!!


時間帯も、キノコさんの音楽に、
ドンピシャって感じでした。

野外がほんと似合うバンドです。最高です。


今日のライブじゃないんですけど、
ライブ映像がYouTubeに上がってますのでぜひご覧下さい。

20070321キノコアザヤカ - ONE LOVE


2008/1/28 キノコアザヤカ - Hey Girl@青山LOOP



んで、その後にズクナシさんが登場。

ズクナシ
ちょっとね、リハーサルから度肝抜かれました。


女性4人組のバンドなのですが、
ここまでまじすげえ、って思ったバンドは、
久しぶりです。


ジャムっぽい雰囲気もありつつ、
ボーカルの衣美(emi)さんのパワーたるや、
半端ないんすよまじで。

ソウルフルであり、ロックであり。


そして、バンドメンバー全員から、
ソウル&リズム&ブルースがあふれ出してるんです。


魂が揺さぶられる音楽とは、
まさにこのバンドだと思った。


まじで、びびった。


そして、涙でちゃった。

感動しすぎで。


ライブの映像は無いのですが、
MySpaceで過去のライブの音源が聴けますのでどうぞ。

ズクナシ MySpace
http://www.myspace.com/zukunasi


素敵すぎたので、
ライブ終わってから、
メンバーの皆さんとお話して仲良くなっちゃいました。


来年のモッケフェスにぜひ呼びたいっすね(笑)。


ということで。

今日は、

イイモノ観た!

という充実感がある1日でした。


ズクナシさんは、

2008年8月8日(ヤーヤーヤーの日) に
1stフルアルバム「底なし」をリリースします。


これ、サンプルCDもらったんですけど、

めちゃくちゃいいですよ。

特に、「つむぎの種」という曲が、最強。最高。


今後も楽しみなバンドです。


あー、
こんなにいい音楽に出会えることほどの
幸せってないよ!!!


ほんと幸せだ!!まじで!!


感極まっちゃってるアヤテでした。


  
Posted by ayate at 23:11Comments(2)TrackBack(0)

2008年07月08日

Sigur Ros(シガー・ロス)が、新譜で覚醒?

アイスランドのバンド、

「Sigur Ros」のニューアルバムが、

いつの間にか出ていました。

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust


こちらで、ニューアルバムの曲が何曲か試聴出来ます。
http://www.myspace.com/sigurros

ちょっとアコースティックになって、
ポップになった感触です。

今までのアルバムが「夢見心地」の凄く気持ちいい音楽だったとすれば、
今回のアルバムは、夢から覚めて「覚醒」した心地良さ、
って感じですね。なんとなく。

とてもいいです。


こちらが、「覚醒前」の名曲中の名曲です。

Svefn-g-englar - Sigur Ros



んで、今回のアルバムのリードトラック。覚醒しました。

Gobbledigook - Stills Version - Full version @ sigurros.com


ま、どっちもすんばらしいことには変わりないです。

美しい音楽を作れる人って、
やっぱり尊敬に値します。

ちなみに、
歌詞はアイスランド語とシガー・ロスによる造語(ホープランド語)で書かれている。

最近は、アイスランド語が多いみたいです。
  
Posted by ayate at 08:57Comments(2)TrackBack(0)

2008年07月07日

酒田出身の池田久美子選手が、念願の五輪出場決定!!

陸上:池田、ついに五輪切符獲得…「わけがわからぬ」と涙 - 毎日jp(毎日新聞)
 ◇陸上競技・南部忠平記念大会(6日)
 池田の体がスムーズに大きく浮いた。昨年5月以来、久しぶりの6メートル70。結果を残さなければ五輪がなくなる土壇場、しかも1回目に「合格」のジャンプが出た。「うれしいと言うか、わけがわからなかった」。感激に、思わず涙があふれた。

 今年は助走や踏み切りに悩み、日本選手権では6メートル42で痛恨の3位。それでも長距離や競歩以外の女子で唯一の五輪参加標準記録A突破者という実績も考慮され、今大会で「追試」が許されて代表入りのチャンスが残った。

 それから1週間。「不安でも自信でもない不思議な気持ち」に揺れた。だが「自分を信じてやれば跳べる」と言い聞かせた。注意点を細かく書いたノートを毎日何十回も読んで頭に刻み、日本選手権まで18歩だった助走を「原点に返ろう」と、昨年までの20歩に戻した。競技の直前、日本選手権で故障から復活した男子四百メートル障害の為末大に励まされ、緊張も解けてピットへ。「1歩ごとに頭から指令が出て、スローな感覚」という集中したジャンプを見せた。

 祖父・彌(わたる)さん(故人)は1940年に開催中止となった東京五輪の代表候補。父・実さん(故人)も中学時代に全国3位で池田のコーチも務めた時期もある、走り幅跳び一家。「五輪は池田家の夢。実現してうれしい」。窮地を乗り越えた経験を糧に、北京へ挑む。【石井朗生】


ついに、イケクミがオリンピックに出場です!!

おめでとうございます!!


僕は小学校の頃から陸上をやってまして、
酒田の光が丘陸上競技場で大会に出たりしていました。

同じ酒田で生まれ、
私と同学年で陸上をやっていた池田久美子さんは、
その頃から、「天才少女」と呼ばれてました。

初めて光が丘で池田久美子さんの幅跳びを見て、
小6で5mを超える大ジャンプという快挙に度肝を抜かれてから、

早16年。


ついに、彼女が、念願の初五輪切符を手にしました。

いやー、めでたいですね。


ほんと、彼女のここまでの苦労の道のりは、
はんぱじゃなかったと思うんですよ。

高校でのスランプ、転校。

そして、お父さんの死。

盟友・同僚だった、砲丸投げの森さんの死。


それを乗り越えての、初の五輪出場。

ちょっとその過程を知っているゆえに、
今回の五輪出場は、自分のことのようにすごく嬉しいです。


まずは、北京で、
自分の跳躍をして欲しいです!!

そうすれば、結果はついてくると思います。


<過去の池田久美子選手関連記事など>

池田久美子選手、6m86の日本新記録で優勝!

2005年日本選手権での花岡選手と池田選手の激闘。

成長した"天才少女"池田久美子(スズキ公式サイトより)。


  
Posted by ayate at 00:19Comments(2)TrackBack(0)

2008年07月06日

新バンドの練習でSAY YESをカバー(笑)。

どもども。

昨日は、新バンド「prism supernova」の3回目の練習でした。

オリジナル曲も4曲ほど練習してるんですけど、
毎回、何かしらの名曲をコピーするということもやっております。

昨日の課題曲は、CHAGE&ASKAの「SAY YES」(笑)。

maricomがキーボードでピアノを弾いてやってみたんですけど、

あのサウンドをバンドでやるには無理がありすぎましたね(笑)。


でも、あのコード進行は神です。

コピーしてみて、
あのコード進行の魔法の仕組みを若干解明できてきました。


Aメロ→Bメロに移るときのコード進行なんですが、

B♭m7→E♭→A♭M7

Fm7(-5)→B♭7(#9)→E♭→D7→Gm7

ってことで、ほぼ、コードがどんどん4度上に上がっていく進行なんです。


4度上に上がるコード進行を、

「ドミナント・モーション」っていうんですけど、

それが多用されているわけなんですよね。

E♭→D7のところは、
ドミナント・モーションの代理ってやつで、
半音下に下がる進行です。

詳細は割愛しますが、
ドミナント・モーションは、
近代のポップスの常套手段となっているコード進行です。


次回は、WANDSの「時の扉」をやろうと思ってます(笑)。


ってなことで、昨日、タワレコで、

ゆらゆら帝国のリミックスアルバムを試聴しました。

REMIX 2005-2008


自分らでリミックスしてるんですけど、
ちょっとこの人たちも神の領域に入ってきましたね。

もう、素晴らしすぎますよこのアルバム。まじで。

お金なくてまだCD買えてないんですが、
給料日が来たら即行で買おうと思います。

この、ゆらゆら帝国の最新のアー写をご覧下さい。

yurayura
あれですね。

メンバーの顔を隠しているアー写なんて、初めて見ましたわ(笑)。

もう、なんか常人の領域じゃないっすねほんとにwww


素敵すぎます。


  
Posted by ayate at 11:46Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月04日

酒田モッケダ☆フェスティバル2008。

着々と、ホームページも出来上がってきました。

8月14日(木)に酒田で開催する街おこしフェス、

酒田モッケダ☆フェスティバル2008。

↓モッケフェスWeb Site
http://www.mokkefes.com/

モバイル対応にしてみました。


ちなみに、背景の緑っぽいやつは、

庄内平野の田んぼをイメージしてみましたがいかがでしょう(笑)。


今回のフェスの裏テーマとして、

(LOVE)+1 for SAGADA」

というのがあります。



やっぱ、酒田人って、
恥ずかしがりやな人が多いので、

大っぴらに「酒田大好き!」とか言うことって無いと思うんですよ。


でも、やっぱりココロの奥底では、

みんな酒田を好きだと思うんですよ。


なので、そんな酒田「LOVE」の気持ちから、

一歩踏み出して、

LOVE+1。


大好きな酒田のために、できることをひとつ。


今回のイベントも、

僕にとっての、酒田のためにできることひとつ。


そんな感じで、酒田在住、酒田出身のみんなが、

酒田のために、何かできることをひとつ行動に移したら、

酒田にとってすごくプラスになる大きな力が生まれると思ったんです。


そんなことへのきっかけになったらいいなあ、
っていうことでイベントを作ろうと思ったわけです。


ってなことで、

あなたにとっての

(LOVE)+1 for SAGADA」

を書き込める掲示板を用意してみました。

+1 for SAGADA BBS

是非、酒田人の皆さん、気軽に書き込んでみてくださ〜い!!!


あと、mixiのモッケフェスコミュも立ち上げましたんで、
どうぞどしどしご参加下さいまし♪♪♪

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3485140


ということで、あと1ヶ月ちょいに迫ってきました。

まだまだイベントに向けて走り続けます。


本日は、会社お休みいただいてまして、
荘内銀行東京支店まで行ってみました。

荘内銀行東京支店
今後いろんな動きとかあると思うので、

で、来年以降も継続するイベントにしていきたいので、

モッケフェス名義の口座とかあった方がいいかなーと思ったためです。


行ってみると・・・。


荘内銀行東京支店では、

基本的には新規口座作成の受付は
やってないとのこと(笑)。


でも、酒田のイベントだし、是非荘内銀行で作りたいんですよ。

ということをお伝えしたところ、

それならば、ということで、作っていただきました。

ほんとで、もっけです!!!


※通常は作れないようですので、
 むやみに東京支店に押しかけようにして下さい(笑)。

通帳

ってなことで、これが通帳でございます。


がんばらねどなー。

  
Posted by ayate at 19:21Comments(2)TrackBack(0)

2008年07月03日

8/14(木)、酒田で街おこしフェスイベント主催します!!

いやー!

眠い。。。

ずーっと、このイベントのHP作ってました。

ようやく、だいぶ出来上がってきましたので公開しちゃいます!




というわけで、8/14(木)、

酒田Music Factoryで街興しフェスイベントを開催しちゃいます!!

イベント詳細は以下の通りです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
イベント名:

酒田モッケダ☆フェスティバル2008
〜素敵なアートと、ミートしよう。〜


Web Site:http://www.mokkefes.com/

日程:2008/8/14(木)
場所:酒田Music Factory(山形県酒田市)
開場:18:00 開演:18:30
料金:1,200円(+受付時にワンドリンク&ワンミート代1,000円)

ART:
LIVE−Carnival、人路、etc...
SPECIAL GUEST LIVE(from 東京)−獏(baku)、cumulonimbus(カムロニンバス)、鮭(shake)
写真−飯富崇生(ネイチャーアートフォト)
絵画−Kosyu (酒田の自然を描いた油絵)

MEAT:平田牧場の豚肉による冷しゃぶ

MEET: ∞


山形県酒田市で、街興しフェスを開催!!

酒田で活動中のアーティストや、東京のインディーズシーンにて確固たる存在感を放つアーティストがライブを行い、酒田出身のフォトアーティスト・飯富崇生の写真展、酒田在住のKosyuによる酒田の自然を描いた絵画展など、酒田と東京のアートが酒田Music Factoryに大集結!!

そして、平田牧場の豚肉による冷しゃぶをつつきながら、懐かしい仲間と語り合える空間。
素敵な「アート」と「ミート」しながら、お盆の夜を彩りの一夜に変えよう。

ここから、酒田で何かが動き出す。
酒田モッケダ☆フェスティバル、遂に始動。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


僕が生まれ育った街、酒田。


今は東京に暮らしているけれども、

大好きな地元、酒田のために、何かできないかと。


酒田を、もっともっといい街にしたい。

そのための、まずはきっかけになればいいなあと。

そう思って、立ち上げた企画です。


酒田の若者の力、
そして、東京在住のアーティストの力。

地域を超えた多くの力が、

酒田に集結し、一つの大きな力となって輝きます。


東京から遠路はるばる参戦のアーティストが、
まじ素敵な面子なんです。

私のお友達やお知り合いで、
素晴らしい音楽を作っていて、
東京のインディーズシーンでも確固たる存在となっている
皆様をお誘いいたしまして。


獏さん、cumulonimbusさん、鮭さん。

ほんとで、もっけです(ありがとうございます)!!


皆さんの音はこちらで聴けます。


獏 (baku)さん MySpace

Cumulonimbusさん MySpace

鮭 (shake)さん MySpace


東京からお越しのアーティストの皆さんは、

酒田の私の実家に泊まっていただく予定です(笑)。


美味しい飯とお酒でおもてなし致します。


そして、地元酒田のミュージックシーンを牽引する、

Carnivalさん、そして人路さんも出演!!

今年のGWに帰省したときにお友達になった2組です。

この方々の音楽も、素晴らしいんですよ。


同時に、私の酒東の同級生、

フォトアーティスト・飯富崇生氏の写真展も開催!!


また、私の実父Kosyuの油絵も展示しちゃいます。


そんな感じで、盛りだくさんでお届けするこのイベント。

果たしてどうなることやら。。。


あと1ヶ月半、このイベントが成功に終わるよう、

全力を尽くしたいと思います。


まじで、来ていただいて損はさせません。

是非、お盆はこの「モッケフェス」に足をお運び下さい!!


チケットの予約などは、私までお気軽にご連絡下さいね。


イベント情報は随時アップしていきます。


せば。

  
Posted by ayate at 05:22Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月01日

ゆずはやっぱりビッグでした。

お久しぶりです。

すいません。


色々やるべきことがいっぱいありまして、

ブログがほったらかしになっておりました。


先週土曜日は、

ゆずの横浜アリーナでのライブに行ってまいりました。


えーと、感想。



やっぱりね、


ゆずは、ビッグアーティストですよ。


ほんとに。



1万3,000人余りが、揺れましたよ。


地面が揺れるんですよ。


夏色とかで。




そして、終始、
NHKの体操のお兄さんのような煽りを爽やかに繰り返す、
北川悠仁さん。


和やかに面白い表情を繰り出す、
岩沢さん。


いやー、

素晴らしいとしか言いようの無い、
ライブエンターテインメントでした。


なんか、やっぱりね、

美しいものを観ると、涙が出ちゃうんですよね。


ゆずも美しかったし、

客席の光景も美しかった。


それはそれは、

美しかったんです。

全てが。


いやー、

いいもの観ました。


余談ですけど、

なんか、北川悠仁さんって、

歌っている時の顔が、

だんだんミスチルの桜井さんに似てきているように感じるのですが、

気のせいなんでしょうかww




さて、そろそろ、


8月14日に私が中心に主催する、

酒田の街興しフェスイベント


「酒田モッケダ☆フェスティバル 2008」


について、

詳細が発表できそうになってまいりました。


しばし、お待ち下さい。


近日中に、どかーんと発表します。


すごいですよ。ほんとに。


最高のイベントになりそうです。


お楽しみに。

  
Posted by ayate at 00:04Comments(2)TrackBack(0)