2008年08月31日

鮭さん主催の、「tama Rock」っていうフェスが9/14〜15に開催!

昨日の夜は、

酒田モッケダ☆フェスティバル2008にもご出演いただいた、

鮭(しゃけ)ちゃんと一緒に呑みました。


いやーたのしかったなあ。


んで、9/14〜9/15に、

多摩川の河川敷で、

鮭さんたちが主催の「tama Rock」っていう野外フェスが開催されます!

tama Rock「tama Rock」オフィシャルHP
http://www.tama-rock.com/


今回は3回目の開催で、
キャンプ、レクリエーション、LIVEが1つになった
地球一体型イベントとのことです。


鮭さんはとてつもない晴れ女なので、

恐らく気持ちの良い晴天になるでしょう!!

僕も観に行きます。


tama Rock in Fuchu vol.3

◆日 時
2008年9月14、15日(日、月・祝)
◆場 所
府中市是政レクリエーション広場
(東京都府中市是政6丁目多摩川河川敷)
◆行き方
行き方の所は中央線「武蔵境駅」下車。
西武多摩川線「是政駅」下車。
多摩川サイクリングロード徒歩15分。
※車で来られる方は、Mailにて問い合わせてください。駐車場は無料です。

◆タイムテーブル
14日:Open/10:00・Live/11:00〜・Workshop/13:00〜 
15日:Open/10:00・Live/11:00〜・専門家による講演/12:50〜・Workshop/13:00〜


14日

11:00〜    鮭
12:00〜    Okapi (From 神奈川)
13:00〜    レクリエーション
13:50〜    Nu-Z (From 大阪)
14:50〜    カスデューロー 飯田
15:50〜    作人 (From 兵庫)

18:00〜    ゆいだいき (From 埼玉)
19:00〜    ブドリ


15日

11:00〜    鮭
12:00〜    田中佑樹 (From 群馬)
12:50〜    専門家によるECO講演♪
13:25〜    レクリエーション
14:10〜    Coppe (From Coppe & the Funky Simpsons)
15:10〜    Tahnya
16:10〜    芙咲由美恵

18:00〜    田野崎文 (From 北海道)
19:00〜    水母ボーダーズ


いやー面白いイベントになりそうだ。
今から楽しみです。


tama Rcokまで、
鮭さんのワンマンライブんときの映像を見て待ちますか。

鮭(shake)「タカラモノ」 Live @ 六本木 morph tokyo


鮭さんのライブは、
いつも、とてもいいです。


さて。

今日はこれから、これもモッケフェスに出演していただいた、

のエリーニョさんがechoさんと一緒に組むユニット

エコーニョ

のライブを下北沢に観に行きます♪

  

Posted by ayate at 19:18Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月23日

山形の「だし」を、東京で探す試み。

171e9e39.jpgこの前、酒田の実家に帰ったときに、
ご飯にかけて食べてた「だし」。

山形の夏の郷土料理なのですが、
きゅうり、ねぎ、しそ、昆布などを細かく刻んで漬けた食べ物で、
非常にうまいんですよこれが。

なんとも言えない、
深い味わいがあるんです。


酒田モッケダ☆フェスティバルのときに、

東京からお招きして私の実家に泊まっていただいた

鮭(しゃけ)さん、cumulonimbus(カムロニンバス)さん、獏(バク)さんにも

だしを召し上がっていただいたのですが、
非常に大好評でした。


カムロニンバスのギタリスト矢野さんが、
東京の近所のスーパーで「だし」を見つけたらしく、
最近始められたカムロさんのブログでだしについて書いています。

山形のだし - cumulonimbus official blog


獏さんも、酒田からの帰りに
山形の内陸の方で探していただいたみたいなんですけど、
なかったらしいんですよね。

意外と、東京の大きめのスーパーの方が、
逆にあるんじゃないかなと思うんですよね。


ちょっと僕も渋谷の東急あたりで探してみようかなと。

そう思いまして、行って来ましたよ。

だし
東急本店の地下、

紀ノ国屋に、ありました。


だし。


今週土日は、米を炊いて、だしをかけて
夏の美食を味わいたいなあと。

そう思います。



ちなみに、だしの産地直送販売もあります。

こちらの清川屋のサイトで買えますよー。

その他、だだちゃ豆など、山形の名産品は清川屋でどうぞ(笑)。



なんとなく、渋谷は涼しげな風が吹いてきました。


夏も、そろそろ終わりです。


なんとなく、寂しいのは気のせいでしょうか。

  
Posted by ayate at 11:54Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月22日

本日、テレビユー山形の18時16分からの番組で、モッケフェスの模様を放送!

こんにちは。

本日8/22(金)、TBS系列「テレビユー山形」さんの、
18時16分からの「TUYイブニングニュース」番組内にて、

8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の模様が放送されます!!

山形にお住まいの方々、是非ご覧下さい!!

急なご報告となっちゃいまして
大変申し訳ございません。。。

イベント当日の模様はこちらからどうぞ
↑写真や動画もたっぷりあります!
  
Posted by ayate at 12:53Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月20日

酒田モッケフェスの記事が山形新聞に掲載!

モッケフェス山新記事音楽や食べ物、魅力“共演”酒田でフェスティバル(山形新聞)
 酒田モッケダフェスティバルがこのほど、酒田市のライブハウス「酒田MUSIC FACTORY」で開かれ、大勢の若者が地元ゆかりの音楽や写真、絵画、食べ物などを満喫した。

 酒田に活気を与えようと、市内で生まれ育った若者を中心に実行委員会(阿部彩人委員長)を組織し、初めて企画。ステージでは、地元と首都圏で活躍するバンドの演奏、フロアでは庄内平野などの風景を撮影した写真展、鳥海山を描いた絵画展を開いた。

 来場者には庄内産の豚肉を使った「冷しゃぶ」とだだちゃ豆を用意。若者たちは、地元の魅力が一堂に集まった“真夏の共演”を思い思いに楽しんでいた。

 酒田市出身で東京在住の阿部委員長は「酒田に戻ってくるたびに街の元気がないと感じている。来年以降もこうしたイベントを開きたい」と語っていた。

(8/20 山形新聞より)


8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の取材記事が、
本日8/20の山形新聞の朝刊に掲載されました!!!

だだちゃ豆&冷しゃぶを振舞う、
スタッフのオガタ君やサチさんの笑顔もばっちり写っております(笑)。

当日の楽しい雰囲気が出ていて、いい写真ですねー。

こうやって、私たちの作ったイベントが
形に残るというのは、とても嬉しいことです。

山形新聞さん、もっけでした!!

当日の模様はこちらからどうぞ
↑写真や動画もたっぷりあります!
  
Posted by ayate at 20:06Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月19日

酒田モッケフェスで上映した飯富氏の写真をフォトアルバムで!

8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008

8/17付けの荘内日報に、
当日取材の記事が掲載されてましたのー!
いい感じです。ほんともっけです。


さてさて、フォトアーティストの飯富崇生くんが酒田滞在中に撮って、
当日のライブ中にも映像で流した、

「100 Scenes of SAGADA」

の写真の数々を、フォトアルバムにアップしていただきました。


「100 Scenes of SAGADA」フォトアルバム


どの写真も、とても素敵です。


でもやっぱり俺は、大森山の写真がいちばん好きだーーー!!!



あと、当日私やスタッフの皆さんが撮った写真、

そして飯富くんが撮った写真なども、

こちらにアップしております。


酒田モッケダ☆フェスティバル2008 フォトアルバム


当日の興奮と感動が蘇ってきます。


当日の模様はこちらからどうぞ。動画もあります。
↑飯富くん&芦刈さんのトークショー動画もアップしました。


さてさて。

昨日から仕事に復帰しましたが、

多少酒田ボケしている私です。

メールが約350通たまっておりまして、
現状復帰するのがかなり大変でした(笑)。


んで、今日は、酒田出身の池田久美子さんが、

北京五輪の陸上女子走り幅跳び予選に出場します!!!


私と同郷&同学年で、しかも僕も陸上やってたので、
中学校までは同じ競技場で練習してたんすよねー。


池田さんのいつものダイナミックなジャンプが出来れば、

入賞も夢ではないと思います。


応援しております!!


あやぶろ参考記事。
2008年07月07日 酒田出身の池田久美子選手が、念願の五輪出場決定!!

  
Posted by ayate at 08:26Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月17日

酒田モッケダ☆フェス2008 写真とか動画を大公開!

東京に戻ってまいりました。

アヤテこと、アヤトです。

渋谷の街は、相変わらずです。

空が狭いです。

んでも、
渋谷の街には渋谷の良さが。

酒田の街には酒田の良さがあります。

ってなことで、
8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の、
写真とか動画を大公開!

モッケフェス会場モッケフェス 1F準備中の様子
会場内では、1Fにて飯富崇生くんの写真と
Kosyu氏の絵画の展示の他、



モッケフェス だだちゃ豆&冷しゃぶ
バーカウンターでは、
庄内給食センターよりご提供いただいただだちゃ豆と、
平田牧場からのご提供の豚肉で作った冷しゃぶを食べ放題!!

まじで美味かった!

準備や調理などでご協力いただいた、
酒東の同期のみんなや、東北公益文科大の学生の皆さん、
モッケフェススタッフの皆さん、

そして素材をご提供いただいた
庄内給食センター様、平田牧場様、

ほんとでもっけでした!


そして、2Fのステージフロアにて行われたライブの方は!!

人路人路
まず、トップバッターは、酒田で活動中の人路。


JINRO!!!!


相変わらずの美声が素晴らしかった。

歌に、力があります。

高校の後輩なのですが、
ほんと応援したくなっちゃうイケメン好青年です。

トップバッターとしての役割を、
しっかりと果たしてくれました!!


そして次は、こちらも酒田で活動中のCarnival

Carinival モッケフェス1Carinival モッケフェス2
Carinivalの音楽は大好きでして、
でもライブを観るのは初めてでした。

酒田で、こんなにも観る者を惹きつける
いいパフォーマンスのライブをするバンドは、
本当に貴重だと思います。


Carinival モッケフェス3
すげえ、音楽に対する情熱と、
バンドメンバーのエナジーが溢れる演奏が、
心にキました。


モッケフェスのCarinivalライブ動画です。

E7Syndrome - Carnival 2008/8/14 酒田モッケダ☆フェスティバル2008


おしゃれなコード感と、
興奮がこみ上げてくる演奏。

すばらしいっす。


そしてこの後、写真展示をしていただいた、
フォトアーティスト飯富崇生くんと、
ライターの芦刈いづみさんを交えて、トークショー!!

飯富くん&芦刈さん
アメリカでの体験談を交えつつ、
聞いている人たちをキラキラさせてくれる、
素敵なお話がいっぱい聞けました。



僕も、人生って、アートだと思うんです。

ほんと、そういう部分では、飯富くんと同じ考えで。

携帯で打つメールとかも、アートだと思うんです。
それは、人間の表現活動だと思うし。

そう考えていくと、大きく言えば、
「生きる」ということがアートなんですよね。

飯富くんも言ってるんですけど、
魂を燃やし続けることが、アートだと。


そして、僕ら人間に、
不可能なことなんて無い。

イメージした姿にしか、僕らはなれないんですよ。

でも逆に言えば、自分が出来ることをイメージして、
きちんと自ら行動に起こせば、必ず、なりたい姿になれる。

それが大事だという、お二人からのメッセージは、
ご来場者の皆様にも
しっかりと伝わったのではないかと思います。


今回のイベントは、
飯富くんのご協力なしでは実現できなかったと思います。

企画の立ち上げ当初から、
色々アドバイス&アイディアをいただいたりして、

「絶対に成功する!うまく行く!」

と応援していただいて。


酒田でのこのようなイベントの主催は
初めての経験で自分自身、不安もある中、
お二人の存在は、とても僕にとっては後押しになりました。


本当に、飯富くん&芦刈さんには、

もっけだ×∞です。

ありがとうございました!


飯富崇生くんのHPはこちらです。

9月から活動拠点をLAに移すということなのですが、
今後のご活動も楽しみにしております!!


そしてそして・・・。


ここから、僕が大好きな東京のアーティスト3組が続々登場!!


まずは、鮭(しゃけ)さんです。

鮭 モッケフェス2鮭 モッケフェス1

鮭さんの歌って、
聴く人の心を、限りなくポジティブな方向へと導いてくれる。

もう、ラブリーなんですよ。

なんか。


鮭さんのモッケフェスライブ動画です。

タカラモノ - 鮭(shake) 2008/8/14 酒田モッケダ☆フェスティバル2008


愛が溢れていて、
しかも、かっこいい。

鮭さんの歌に、心がになった人多数。


そして次は・・・。

cumulonimbus(カムロニンバス)!!!

カムロ モッケフェス1カムロ モッケフェス2


このバンドの皆さんの佇まい、大好きなんです。

かっこいいのに、皆さん、とても面白い人たちでキュートなんです。


まじでかっこいいっすわ。ほんと。

!? - cumulonimbus 2008/8/14 ライブ動画。

すげえいいです。

フロアにて、
5メートルほどの領域で踊る男子も出現(笑)。

この音楽を、酒田で聴けるって、
とても素晴らしいことだと思います。


そして、ラストは、獏(バク)の登場!!

獏 モッケフェス1獏 モッケフェス2

ピアノ、ベース、ドラムの3ピースにて繰り出される、
カラフルドロップ感溢れる音の塊が、
客席にも充満する。

心に水を体に光を - 獏 2008/8/14 ライブ動画。

トリにふさわしい、
素晴らしいライブ!!!

最高でした。



モッケフェス 山形新聞取材モッケフェス TUY取材
ライブの合間には、
地元メディアの皆様から多数取材をいただきました。

ほんと、メディアの方々も、
とても今回のイベントに好意的で、
凄く、応援したい、という気持ちが
こちらにも伝わってくるようでした。

まじで感謝です。


メッセージボード会場内では、
「LOVE+1 for SAGADA」をテーマに、
ご来場者の皆様からメッセージを書いていただく
メッセージボードも設置!!

こんなにたくさんの方にメッセージを書き込んでいただきました。


なんか、ほんとに多くの人が関わって、

ほんとに多くのご来場者の皆様の力も加わって、

最高に素敵なイベントになった気がします。


いやー、素晴らしかった!!


心より、感謝いたします。


会場にいらしていただいた
全てのかたに、この言葉を贈ります。


もっけでした!!!



その後は、東京から来ていただいたアーティストさんと、

まだ残っていたスタッフ数名と一緒に、

阿部家に移動。


モッケフェス 阿部家打ち上げ1モッケフェス 阿部家打ち上げ2

ビールサーバーも用意して、
ライブへの差し入れの日本酒なんかも飲みまくり。

朝まで盛り上がりました。


そのときに、コメント動画を撮りましたので大放出です。

どうぞ。

cumulonimbus コメント動画 2008/8/14


アフロの矢野さんいいすねー(笑)。
私のアフロの師匠です。


獏 コメント動画 2008/8/14


とてもチアフルです。

酒田、最高!!(笑)。


鮭 コメント動画 2008/8/14


平田牧場の豚ちゃんの命に感謝。そうですね。ほんとに。

鮭さん、もっけだのー!!


スタッフの皆さんのコメント 2008/8/14


ほんと、ありがとう。
他のスタッフの皆さんも、まじでもっけでした!!


ayateコメント 2008/8/14


僭越ながら(笑)。


そんな感じで、朝4時半まで盛り上がり。

カムロさんのPAさんの「生尻」まで拝見できまして(笑)。

いい感じに酔っ払って終了しました。


でも、あんなに日本酒たらふく飲んだのに、
翌朝、全然二日酔いにならんかったんですわ!!

これはカムロさんや鮭さんも言ってて。

酒田の日本酒の魔力ですね。


翌日の、鮭さん、獏さんとの酒田観光の様子はこちらをご覧下さい。
あやぶろ:2008年08月16日 酒田モッケダ☆フェスティバル、大成功で終了!!


獏のボーカルのエリーニョさんのブログにも、モッケダフェスのことが。
エリーニョとほほ通信@獏:山形県は酒田、まじ最高でした


絵画を展示したKosyu氏のブログ、Blog Kosyuにも当日の模様など


来年まではここで色々語りましょう。mixiのモッケフェスコミュ。


当日ライブ中に上映した、
フォトアーティストの飯富崇生くんの写真をこちらのフォトアルバムにアップしております!

「100 Scenes of SAGADA」フォトアルバム


また、当日私やスタッフの皆さんが撮った写真、
そして飯富くんが撮った写真なども、
こちらにアップしております。

酒田モッケダ☆フェスティバル2008 フォトアルバム


いやー、今思い出しても、
楽しくなるわ!!

当日の興奮が蘇ります。



酒田はやっぱり、最高の街でした。


もっけだ。酒田。



あ、ちなみに、
だだちゃ豆はこちらでご購入できます。

平田牧場の豚肉は、こちらから!!
  
Posted by ayate at 06:28Comments(4)TrackBack(0)

2008年08月16日

酒田モッケダ☆フェスティバル、大成功で終了!!

やーーー!!

8/14(木)酒田モッケダ☆フェスティバル2008。

無事に大成功で終了しましたーーー!


ほんと、めちゃくちゃたくさんの人にご来場いただき、

多くの人にスタッフとしてご協力もいただきました。


ユウジさんを初めとする酒田Music Factoryのスタッフの皆様、

ご協賛いただいた企業様、
そして寄付をしていただいた個人の皆様、

本当に素晴らしいライブをして頂いた、

人路さん、Carnivalさん、鮭さん、cumulonimbusさん、獏さん、

素敵な写真を展示していただき、
そしてポジティブエネルギー溢れるトークショーをしていただいた
飯富崇生さん、芦刈いづみさん、

酒田の自然の絵画を展示いただいたKosyuさん、

そして、だだちゃ豆を茹でてくれた皆様、

冷しゃぶの準備をしていただいた皆様、

残念ながら今回は急遽出演キャンセルになっちゃったけど、
受付をしていただいたWINYのメンバーの皆様、

プロジェクターとかの準備、映像出しをしてくれた皆様、

チラシの折込や、会場準備をしていただいた皆様、

このフェスに関わったスタッフの皆様、

そしてそして、ご来場いただいた全ての人の力で、

最高のイベントを作りあげることが出来ました!


ほんとでもっけでした!!


いや、まじで、感謝してもしきれません。


モッケフェス会場メッセージボード

アーティストのライブ、写真、絵画、

そしてだだちゃ豆や冷しゃぶなど、

全ての要素が本当に素晴らしいものでした。


イベントの写真や動画は、
東京に帰ってからいっぱいアップしたいと思います。


Carnivalナガサワさんのブログにも
モッケフェスについてアップされてます。

ナガサワ@Carnivalの素晴らしき日々。:酒田モッケダ★フェスティバル!


打ち上げ打ち上げ獏さてさて、

イベント終了後の夜は、
東京からお招きしたアーティスト、

鮭さん、cumulonimbusさん、獏さんに

うちの実家に泊まっていただき、

夜通しで打ち上げを敢行(笑)。



カムロさん

朝4時ぐらいまで日本酒などを呑みまくり。




そして翌日の15日は、

cumulonimbusさんが夜から予定があるため

お昼ごろにうちの実家を出て車で帰京したのですが、

特にその後予定の無かった鮭さん、獏さんメンバーと一緒に、

酒田を観光しました。


大森山1大森山2

まず向かったのは東平田にある大森山。


大森山3展望台にたどり着いた瞬間には
すげえ豪雨が降ってたんですが、

いきなり雲が大移動を始め、晴れ間がのぞく。




なんか、ジャケ写になりそうな素敵な写真が撮れました。




玉簾1
次に向かったのは、

玉簾の滝。


玉簾2


獏さん、鮭さんともに、

滝のでかさに驚きつつ、

子供のようにはしゃぐはしゃぐ(笑)。



玉簾3

悦楽する皆さんです。





その後、中町の三日月軒にて
酒田のラーメンを食ってから、

最後に向かったのは、

山居倉庫。

山居倉庫


みなさん、夢の倶楽にて、

かなりたんまりお土産を買っていただきました。


そこで、なんと偶然にも、
モッケフェスに出演いただいた

人路さんと遭遇!!

酒田って、狭んめのー(笑)。



そんなこんなで、

東京のアーティストの皆さんにも、

かなり酒田を堪能していただけたのではないかと思います。


鮭さんは、この後秋田に向かい、
3日連続で、秋田、能代、仙台にてライブだそうです。

本当にお疲れ様です!!


cumulonimbusさん、獏さんは、
帰省ラッシュの中、ちゃんと帰れたかな。。。


遠路はるばるお越しいただいた、
鮭さん、cumulonimbusさん、獏さんに大きな拍手と感謝を!!



あと、

今回のイベントの際に、

テレビユー山形さん、山形新聞さん、

荘内日報さん、コミュニティしんぶんさんに

取材をいただきました。


おそらく、今後誌面やテレビなどで

イベントの模様が取り上げられるのではないかと思います。

こちらも、情報がわかり次第、ご報告いたします。


というわけで、モッケフェス。


もともと、

5月のGWんときに、
たまたまMusic Factoryに遊びに来まして、

そこで鮭さんやCarnivalナガサワさん、
そして人路さんと知り合ったんですよね。

↓そんときのブログがこれ。
酒田のライブハウスMusic Factoryで色々取材してきました。イイです。

この出会いが無かったら、
モッケフェスは実現できてなかったかもしれないです。


んで、そのあとに高校陸上部の同期たちと呑んでたときに

冗談交じりで、お盆にイベントやろう、
っていう話で盛り上がって、
このモッケフェスの企画が立ち上がったわけなんです。

「ワンドリンク&ワンミート」のアイディアも、
そのときに生まれました。


そのときに、SPOONに飯富くんの記事が載ってたのを知り、
久しぶりに連絡を取ってみて、一緒にイベントやろう、っていう話になり。


いろんな偶然の出会いが折り重なって、
このイベントが形作られていきました。


その後、3ヶ月という短い期間で、

何とかこのような形に出来たのは、

本当に多くの方々のご協力があったおかげだと思います。


なんか、イベントが近づくにつれて、

ご協力いただける人たちの数がどんどん増えていって。



まじで楽しかった。


大変だった、っていう感覚は、正直、ないんですよ。


イベントを作り上げる楽しさが満ち溢れていました。


本当に、不可能って存在しない。

そう思いました。



んで、このイベントを終えてみて、

酒田に住んでる皆様に、

僭越ながら、私めから伝えたいことがあります。


それは、



楽しいことって、待ってるだけじゃ、やってこない。



ってことです。


「最近、楽しいごど、無ちゃー。」


って思ったら、自分たちの力で作ってしまえばいいと思うんです。



今回、主催者としての反省点なども多少なりともありつつも、

本当にいいイベントになったと思いますので、


モッケフェス、来年もやります!!!


酒田に対する「モッケダ」っていう思いは、

1回のイベントで終わらせるにはもったいなさすぎる。


ここまで多くの人がご協力してくれた、
皆さんの思いを、もっともっと増幅したい。


だから、毎年、やりたいんす。



来年は野外でやりたい、っていう思いもあるんですが、


実は、俺、



めちゃくちゃ雨男なんですよー(涙)。



今回のイベントも、屋内だったからよかったものの、

昼あたりとか、
めっちゃ雨降りましたからねえ。


なので、二の足を踏んでおります(笑)。


でも、絶対に来年もやります。


多くの人をハッピーに出来る、

「イベント」っていうものの力と可能性を、改めて感じました。


こんな楽しいもの、なかなか無いっすわ。


作る側に立って初めて味わう、この達成感。


また味わいたいっす。


関わっていただいたスタッフのみんなや、
お客さんとして来ていただいた人の、数多くの笑顔が見れる。


こんな素晴らしいこと、無いっすわ。


生きるって、素晴らしい。


作り上げるって、素晴らしい。


最高です。まじで。



イベントの感想とか、
来年のイベントにご協力したい人とか、

色々、コメントお待ちしております。


あど、さっきも書いだけど、

イベントの写真&動画は、

今日これから東京に帰りますんで、

それから改めて、アップしますのー。


今回出演いただいたアーティストの情報は、

こちらからどうぞ。

http://www.mokkefes.com/artist.htm


ではでは。

そろそろ寝ます。


やっぱ、酒田は最高の街だなやの。

酒田に生まれで、ほんとで、いがった。


心からそう思います。


もっけだ。酒田。

  
Posted by ayate at 03:01Comments(4)TrackBack(0)

2008年08月13日

明日出演する鮭さんがうちの実家にきてます!

b52f73ec.jpg明日、酒田モッケダ☆フェスティバルに出演する、

鮭さんが阿部家の実家に来てます!


一緒に飲んでます(笑)。


いやー、楽しみだ明日!

いいイベントになりそうです。
  
Posted by ayate at 21:00Comments(3)TrackBack(0)

2008年08月11日

これから酒田帰ります!

904cd069.jpgうをーーーーー!


帰るぞーーーーー〜!



酒田モッケダ☆フェスティバルまで、
あと三日!


いやー迫ってまいりましたよー。

最後の宣伝活動がむばります。


いいイベントになりそうです!
  
Posted by ayate at 06:52Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月03日

ニコニコ動画の方が、テレビよりずっと面白い件。

いやー、最初に妹達に
「ニコニコ動画」というものを教えたのは俺なんすけど、

いまや彼女達のニコ動通っぷりは
完全に私を凌駕しております。

最近は、面白い動画は全て妹が発掘してきておりまして、
それを後追いで私が何とか検索して探しつつ楽しむという構図が
固まってきつつあります。

そこで、妹が見つけてきた
面白い動画たちを、ここで紹介したいと思います。




これは、相当笑いましたw
プレイヤーの「ルーツ」氏が、中2の頃にRPGツクールで作ったRPGを、
ひたすらプレイするという動画。

もうね、ルーツ氏はおもろすぎです。

どうでもいいことを広げる話術が、「巧!」です。




同じく、るーつ氏が今度はクロノトリガーをプレイしてる動画。
ひたすらどうでもいいことをしゃべりまくる彼に、脱帽です。

もはや、芸術の域です。




これは、あの名作動画「ゆとりのFF4」でも大活躍した
「しんすけ」氏の、ドラクエ4プレイ動画。
まだ1話しか観てないが、さすがに外れなしでしょう彼は。

その感性と、低音の美声に酔いましょう。




これは、しんすけの友達の「みやじ」が、
MOTHER3をプレイ。

この人、かわいすぎる!!!!

こちらは、貴族的な美声ですね(笑)。

4話目で、例の劇的な展開がありまして、
涙腺崩壊です。

ええ、僕もです。


いやー、ニコ動の実況動画、
おもろいです。

  
Posted by ayate at 11:08Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月02日

ソラニン。漫画で泣いたの、久しぶりだ。

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)


この漫画。

ソラニン。


浅野いにおという人が書いた漫画。


なんか、とてもよかった。


大学の音楽サークルやってた人たちが出てきて、

「仕事」と「音楽」の狭間で揺れながら、

悩みながら、

だんだんオトナへの折り合いをつけゆく。


そして、恋愛。

登場人物の表情、セリフ、

全てが、いとしおくなってくる。


なぜか、とても泣ける。


久しぶりに、漫画読んでて泣いた。


すごく、瑞々しい漫画である。



まさに、僕が、

大学時代からつい最近まで悩み続けていたことを、

ソラニンの登場人物たちも悩んでいた。


「モラトリアム」とか「ニート」とか、

そんな言葉でオトナは片付けようとするけど、

その時期は、人間にとって必要な「転換点」。


ぐだぐだ生きているように見えるかもしれないけど、

そこの渦中にいる人たちは、

(ちょっと前までの僕も含め。)

悩んで、もがきながら、必死に生きているんだと思うんです。


僕としては、28歳にもなって、

「転換点」を越えた、という実感がちょっとあるから

そう思えるわけだけど。


そこの途中にいると、

ほんと、わけわかんなくなるときがある。

俺、どうすりゃいいんだよ、って。


社会人になんか、なりたくねーよ、って毎日思ってた。



なんとなく、この「ソラニン」を読みながら、

共鳴していた。


「仕事」と「音楽」の、どっちをとるか、

ってとこで本当に僕は20歳ぐらいからつい最近まで、

ずーーーーーーーーーっと悩んでいた。


でも、最近、わかったんだ。


どっちも、必要なんだってことに。


今の僕にとって、

どっちが欠けても駄目なんだと思う。


どっちもあるからこそ、

両輪が走り出すのである。


両輪というか、両翼である。


仕事があって、音楽があるからこそ、

羽ばたいていけるんだと思う。


社会人生活なんて、
長い長い退屈な繰り返しの時間が続くだけだったと思ってたけど。

思いのほか、人生は28歳からが楽しそうだ。


僕は、とてもわくわくわくしています。

これから僕の人生、

どんなことが巻き起こるんだろう、って。



ソラニン。

映画化するらしいっす。


どうなるんだろうね。


僕は大好きです。


ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)



ソラニン、っていう曲、作ろっかな。


  
Posted by ayate at 09:20Comments(4)TrackBack(0)