2008年09月27日

人は、イメージした姿にしかなれない。逆に、想像すれば、かなうってこと。

ブログを見返してみたら、
今月はなんとまだ4回しか書いてなかったのね!

いやはや。すいませんでした。


なんだか、ここ何週間か、

モチベーションクライシスに苛まれてました。


仕事に対しても、音楽に対しても。


ええ、休日は何もする気が起きなくて、

1日中、Wikipediaとニコニコ動画見て過ごしてました(笑)。


んで、おとといぐらいに、

ひょんなことから、

Superflyの志帆さんの言葉を思い出しまして。


以前に仕事でインタビューさせていただいたんですよね。

デビュー前と、アルバム大ヒット後の2回。


で、アルバム大ヒット後にインタビューした時に

彼女が言っていた言葉が、凄く心に残ってて。


「夢」について質問した時に、
こんなことをおっしゃってたんです。


「想像することは叶う」


「想像できないことは逆に叶わない」



って。

そうだよなーって思って。


以下、インタビューの原文です。


――"夢"を実現させるために大切なことって何ですか?

志帆:イメージすることなんじゃないかな。

私はなんとなくなんですけど、想像することは叶うと思っているんですね。
すべては想像から始まると思ってて、想像できないことは逆に叶わないと思うんです。

一生懸命想像してそれを口に出して、わたしはこういう風にしたいって言って表現することじゃないかな。

そうすれば、おのずと"夢"に向かっていると思うし。
そのために何をしないといけないのかも考えるじゃないですか。

そうしていくことで"夢"が実現して行く気がしています。


インタビュー全文は、こちら
「スペシャルインタビュー」から読むことが出来ます。


そうそう。

この言葉を思い出して、

僕はちょっとまた勇気が沸いてきた。


想像できてる、ってことは、

夢への第一歩は踏み出せてる、ってこと。


あとは、その想像する姿にどうやったら近づけるのか考えて、

それに向かって自ら動けばいい、ってことなんですよね。


そう、想像するだけじゃ駄目なんですよ。

自ら考えて、動かないと、

絶対にその実現には近づけない。


想像することが全てかなう、と言ってるわけじゃなくて、

まず、想像することが、第一歩だと。


そして、

すべては想像から始まる。

逆に、想像できないことは叶わない。


って言ってるんですよね。

志帆さんは。


まったくその通りだと思うんですよ。


自分にはできない、無理だ、って思っちゃった瞬間に、

何%かあるはずの可能性は、ゼロになっちゃうんですよね。


モッケフェスをやろうと思ったときにも、

僕だけじゃなくて、一緒に想像する人がいたから始まったわけで。

んで、その時に皆で想像したことは、

今思うと、結構実現しちゃってるんですよね。


平田牧場を協賛につけるとか、
ワンドリンク+ワンミートとか(笑)、

あと、飯富くんの写真展をやるとか。


想像して、できると信じ込んだら、

あとは、余計なことを考えずに、それに向かって突っ走るしかない。


そんな気がします。


想像し、創造すると。


想像することをやめちゃったら、

人間はもう、成長できなくなっちゃうのかも知れない。


一生、想像し続けていきたいなあ、って思いますね。


ジョン・レノンの「イマジン」の世界ですね。


でも、重要なのは、想像するだけじゃ駄目だってこと。

想像したら、行動に移さないと。


でなきゃ、想像が全く意味をなさなくなっちゃうと思うんです。

単なる妄想族とか、理想主義者になっちゃうような気がする。


んですが、

まずは、想像から始まる、と。

第一歩を踏み出しましょうよと。


というわけで、

次のモッケフェスの想像も、膨らまし中です(笑)。

  

Posted by ayate at 14:45Comments(4)TrackBack(0)

2008年09月26日

酒田MUSIC FESTIVALで、あのアーティストが来酒!

ほい!

どうもどうも。

おひさしぶりですーーー!!!

いやー、てんぱってまして。大分ご無沙汰んです。


私の大学時代の同期で、
一緒にオカラ座という劇団をやっていた大塚玲奈さんという人が、
株式会社エコトワザ
という会社を立ち上げてエコに関する活動をしているのです。

そうそう、彩和祭の主催者でもありました。

んで、彼女が世界に向けて日本のエコについて発信しているブログで、
酒田と、モッケフェスのことについて取り上げていただきました。

↓こちら。
http://www.eco-friendly-japan.com/2008/09/sakata-yamagata-pref.html

英語だあああああああああああああああ!!!!

かしこいね!れいなって!!!


ということで、もっけでした。れいなさん。



んでですね。次の話題に行きまして。


10月18日、19日に、

酒田の商店街で、

SAKATA MUSIC FESTIVAL(サカフェス)という野外フェスが行われるんです。


で、

私もアーティストブッキングでちょっとだけご協力しておりまして。


んでですね。

東京のアーティストをお誘いしたんですけれども、

なんと、

酒田モッケダ☆フェスティバル2008にも出ていただいた、

鮭さんと獏さんが出演していただけることが決定しました!!!!


獏 (baku)

獏(baku) MySpace



鮭 (shake)

鮭(shake) MySpace


ええ、来酒です。鮭さん&獏さん。

そして、私は帰酒します。


※県外からどなたかが酒田に来ることを、「来酒」といいます。
 「来日」とかと一緒の使い方です。
 同じように、酒田出身の人が酒田に帰ることを「帰酒」と言います。


単純に、嬉しい。


もちろん、また酒田でお2組のライブが観れるのも嬉しいんですけど、

単純に、また、皆さんと酒田で飲めるのが、嬉ぴいです。

文字通り、「来酒」ですね(笑)。


鮭さん、獏さんのライブは、19日です。


ということで、

わたくし、10月18日〜19日に酒田に帰省しますですよ!!


他にもサカフェスには、

モッケフェス出演の酒田のアーティスト、

人路さんと、Carnivalさんも出演するんで。


また楽しくなりそうだ。


酒田の皆様。サカフェスにGOですよ。まじで。


モッケフェスのときの写真や動画はこちらから。
http://blog.livedoor.jp/ayate/archives/51455010.html
  
Posted by ayate at 02:44Comments(5)TrackBack(0)

2008年09月13日

「エンディングまで、泣くんじゃない。」ニコ動のMOTHER3実況プレイ動画。

いやー、ニコニコ動画って、

やっぱスゴイと思うわけです。


日本の新たなクリエイター文化を

どんどん生み出してってる気がするんですよね。


初音ミク動画とかも雨後の竹の子のようにありますけど、

やっぱ最近面白いのは、実況プレイ動画です。


ほんと普通の(でもちょっと普通の人より個性的で面白い)人が、

ゲームをプレイしながら喋ってるだけの動画なんです。


これ、喋ってる人が面白いと、

ものすごいミラクルがたくさん起こるんですね。


最近のヒットは、涙腺の弱い「みやじ」君が、

「MOTHER3」を初プレイする動画。



リスト:


みやじはとてもいい人で、
ちょっとオカマっぽい口調のしゃべりが
巷では「かわいい」と大人気です。


やっぱね、MOTHER3っていうゲーム自体が、

非常に名作だと思うわけですよ。


キャラクター、シナリオ、モンスター。

それぞれに丁寧に命が吹き込まれていて、

糸井重里の「愛」が詰まった作品です。


ゲームと思って侮るなかれ。

そんじょそこらの映画より、ずっと泣けます。

そして、私達の心に、

とても大切なものを思い起こさせてくれます。


純粋な心を持つ「みやじ」君が、

そんなMOTHER3をプレイしながら、


時に笑い、時に涙し、

時に怒り、時に驚き。


喜怒哀楽の感情を交えながらプレイしていく様が、

心地良い感動を巻き起こしていくわけです。


そして、ザコ戦を逃げまくるがゆえに、レベルが足りず、

テラエキサイティングなミラクルが起こりまくるボス戦(笑)。

まじで必見です。


今朝、最終回まで観終わりまして。

いやー、良かった。


「エンディングまで、泣くんじゃない。」

と言われつつも、

5回ぐらい泣きました(笑)。


糸井重里もスゴイけど、みやじ君も最高です。



さて、今ここまで実況プレイが隆盛になったのも、

この動画がきっかけ。先駆けとなったんです。



リスト:【ニコニコ動画】ゆとりFF4

これは実況プレイ動画史上、不朽の名作。

ここから、しんすけたちの伝説が始まった・・・。


しんすけの新作がこちら。これも相当いいです。



リスト:【ニコニコ動画】ドラクエ4


さて、他にも面白い実況プレイ動画を、列記します。



リスト:【ニコニコ動画】黒歴史RPG【完結】

これは、マシンガントークが絶妙な「ルーツ」氏が、
昔RPGツクールで作ったRPGをプレイしながら喋る動画。

作ったRPGの完成度(笑)と、
モンスターの名前の秀逸さも去ることながら、
ルーツ氏の喋りが相当やば面白いです。




リスト:【ニコニコ動画】黒野とリガー

これは、ルーツ氏の新作で、クロノトリガーの実況。
これもトークと小芝居が炸裂しとります。おもろいです。




リスト:【ニコニコ動画】シムシティ実況 〜目指せ均整都市〜

これは、ひできちさん(とんかつおじさん)の、
シムシティ実況。

的確な開発計画が素敵です。まったり観れます。




リスト:【ニコニコ動画】酩酊FF5

これは、「たろちん」の酩酊FF5動画。
まだ観てないですが、大人気です。


【ニコニコ動画】MOTHER2を孤児(みなしご)が初めてやると凄い

「すぎる」さんのMOTHER2。
序盤の歌が音量注意ですがwww
この人もおもろいね。


これ、面白いのが、実況プレイ動画で人気の人たちが、

お互いに連絡とかとりあって、

仲良くなってたりするんですよね(笑)。

人気実況動画クリエイターたちの
コミュニティが生まれてるわけです。


みやじは、しんすけのFF4の動画に影響を受けて

MOTHER3の実況動画を始めたのですが、

そんなみやじ君の動画に興味を示したしんすけと、

会って仲良くなってたりするんすよね。


んで、みやじとイボーン、たろちん、しんすけ一派が一堂に会した際の
トーク動画がこちら。





↑これは、しんすけ、ケイ(イボーン)、たろちん、タカ、加藤の
適当ラジオ動画(笑)。


なんか、そうやって、

人気実況プレイ動画を作っている人たちが、

リアルでもつながってるわけで。


ニコニコの力、恐るべし。ですね。

  
Posted by ayate at 13:49Comments(5)TrackBack(0)

山形の超ヤバいフェス。

今日と明日、山形七日町シネマ旭跡地にて、

YAMAGATA MUSIC FES『DO IT 2008』」というイベントが行われているのであるが、

これのメンツが超ヤバい。

アーティスト一覧見てください。


MO'SOME TONEBENDERに、少年ナイフに、the telephonesに、54-71に、鳥肌実に、MASS OF THE FERMENTING DREGSに、bloodthirsty butchersに、猫ひろし(笑)に、Qomolangma Tomatoに、toeに、uhnellysに、MAHIRUNOに、曽我部恵一BANDに。


どうやってこんなに呼んだんでしょう。


ぶっちゃけ、非常に悔しいです。

やりおる。山形。

フードで芋煮も出るようです。


これがCM動画なんですが。



「テレビの中の音楽より

隣で鳴ってる音楽の方が

メチャクチャカッコいい。」


というキャッチコピーもいいですね。

まさにその通りだと思います。


んで、行きたかったのですが、今回はパスです。残念。


the telephones - sick rocks


MASS OF THE FERMENTING DREGS -ハイライト


盛り上がってんだろうなあ・・・。

行った人、感想求む!!!
  
Posted by ayate at 07:20Comments(5)TrackBack(0)

2008年09月10日

今年初の断髪式。

アフロから脱却したのは、

昨年12月。


そしてあれから、早9ヶ月。

髪は一度もはさみを入れられることなく、
順調に育っていったのです。

旧ayate旧ayate
このように、極限まで伸びていた私の髪。



旧ayate見て下さい。

この後ろ髪。


ええ、紛れもなく、

この28年間の人生で最も髪が長い時期でした。


この後ろ髪に後ろ髪を引かれる思いだったものの、

さすがに、


もう、無理。


と思いまして。


ロン毛時代に、

遂に別れを告げる日がやってきました。


新ayate

ほい。


新アヤテです。


多少、若返ったかなとwww


ってなことで、
髪を切ったことにちなみまして、

今日の1曲は、

Beckの「Devil's Haircut」。

これ、名曲。

Beck - Devil's Haircut Live 9-6-1997 New York


「Devil's Haircut」のPVはこちら。

かっこいいなあ。Beckは。
  
Posted by ayate at 08:35Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月06日

nacoのブログで酒田モッケフェスのことが。※追記:オカラ座HPを発見(笑)。

私の大学時代からの親友、nacoが、

酒田モッケダ☆フェスティバルについて
ブログで書いてくれました。

彼のロックフェスティバル-七井橋


naco、もっけです♪


僕は今思うと、nacoとの大学時代の出会いが無かったら、

このモッケフェスも作れなかったような気がするんです。

nacoが身をもって教えてくれたことが、
モッケフェスというイベントを作る原動力だったんです。


nacoとの出会いはですねー、

私が大学1年のときに髪をピンクにしてまして、
それに対してnacoが多少興味を持っていただきまして、
軽く知り合いになりました。


最初は、nacoは大人しい人なのかなーとか思ってたんですけど、

急にパンクっぽい格好で学校来てたりして、


何だこの人は!!

面白そう!!

と思った記憶があります。


それからそれほど仲良くなることもなく、
月日は過ぎたのですが、

あれは大学3年のとき。


私と同じゼミの蘭子と、nacoが一緒に、

学生だけで構成される「オカラ座」という劇団を作り、

あの伝説のミュージカル「RENT」を公演するという。


RENTについては、当時全く知らなかったのですが、

蘭子とnacoが作る公演。

見に行かないわけにはいかないなと。


んで、その公演を見に行って、

えらい感動してしまいまして。


学生だけの劇団なので、
テクニック的にはもちろん稚拙な部分もあるんだけど、

それより何より、
一人ひとりの団員の「魂」がこもっていた。

本当に、心を揺さぶるアートになっていたんです。


不覚にも、泣いてしまった。


それを目の当たりにして、

この人たち、ただもんじゃねえなと。


それだけじゃなく、
当時から作曲などしていた私は、

この人たちと一緒に、

何かひとつのものを作りたい、と思ったんです。


RENTは、もともとあるミュージカルをやった形なのですが、

僕ら学生の力で、

オリジナルのミュージカルを作っちゃえないだろうかと。

そんなことをふと思いまして、

蘭子に言ってみました。


すると。


「やろう。やろう。」


という話になり。


蘭子とnacoはそれから、

学生だけの劇団で
脚本・曲ともにオリジナルのミュージカルを作る。

という、はっきりいって普通の感覚からいくと無謀とも思える挑戦に、

突き進んでいったのです。


紆余曲折、大変なことも色々あった中、

nacoが脚本を書き、

私は10数曲という曲を書き上げ、

それプラス、僕は役者としても出演したりしながら。


そして出来上がったのが、


劇団オカラ座の公演、

「The Yellow Cab」。


高円寺の明石スタジオで行われた公演は大成功。



大勢のスタッフとともに、
ひとつのものを作り上げ、その達成感と感動を共有できる体験。

ここまでの大きな体験は、初めてだった。



このオカラ座で一緒に色々やっていて、


蘭子とnacoから学んだのは、


「不可能なことなんて、存在しない」んだ、ってこと。


信念を持って、
成功だけを信じながら、
自ら動いていくことの大切さ。

そして、成功を信じて、
実現するために必要なことをひとつひとつやっていけば、

できないことなんてないんだな、

って思った。


それを、蘭子とnacoは、

このオカラ座での活動を通じて、

教えてくれた。


言葉で教えられた、ってわけじゃ別になくて、

その蘭子とnacoの行動を見てると、

自然とそう思えてくるエネルギーに満ち溢れていたんです。


僕の人生にとって、ターニングポイントとなるような、

そんな出会い、そんな経験だった。



そしてその後、みんなサラリーマンになって。

みんなも、僕も、

色んな体でもがき苦しんでいた。


僕自身、あの「オカラ座」で得たような感動、

みんなで何かを作り上げる達成感、

そういったものは忘れかけていた。


社会人になると、
色んなしがらみや、足りない時間とか、
言い訳ができる環境がとりそろっている。

でも、社会人生活の日々って、
明らかに言えるのは、
人間的に成長できる時間でもあるし、

絶対的に学生時代よりも、

社会人になったからこそできることって
増えてるはずなんですよ。


だから、思い切って、
やってみようと思った。


もう一度、みんなでひとつのものを作り上げるあの感覚を、
味わいたかった。


で、できたのが、

酒田モッケダ☆フェスティバル。



このイベントを、
色んな人にご協力いただきながら作り上げたこの経験は、

本当にでかかったです。


オカラ座以来の、感動を味わえました。


それも、「酒田」という、
私が生まれ育った街でできたのが、凄く良かったと思う。


やっぱり、

歳をとるごとに、

人間にできることって、普通だったら徐々に増えていってるはずで、

それを形にできるっていうことは幸せなことで。


だから、僕は今年で28歳になったんですけど、

歳をとる、っていうことに対するネガティブなイメージって

最近あんまり無いんですね。


こう、だんだんと見える景色が高くなって、

自分のできることの範疇も

徐々に広がっていってて。


これからの人生、

できることの種類や規模が

もっともっと、広がっていくんじゃないかな、

っていう素敵な予感とともに日々生活してると、


あ、歳をとることって、悪いことじゃないな、

って思います。


やれることが増えていってるんだから、

自ら動いて、やった方が確実に楽しいと思う。


「最近、楽しいことねえなーー」

って思ってる人は、


まずは、
どんな小さいことでもいいので、
自分で動いて企画してみたりすることから始めると
いいんじゃないでしょうか。


結局、楽しいことって、
受身で待ってるんじゃなくて、

自分で作るのが一番楽しいんだなと。


モッケフェスを主催してみて、

そう思いました。


蘭子とnacoには、改めて感謝です。


オカラ座※追記:んで、これが劇団オカラ座のHP。

劇団オカラ座のホームページ

まだあった(笑)。
RENT公演と、The Yellow Cab 公演の情報が。

「The Yellow Cab」の主演は、蘭子と、
現在、株式会社エコトワザ社長の大塚玲奈です(笑)。

今思うと、スゴイメンバーだったなあと。特に女性陣(笑)。

キャストの写真がここから見れるのだが、2003年当時の私の写真が。若いwww


酒田モッケダ☆フェス2008当日の模様はこちらから。
  
Posted by ayate at 11:40Comments(7)TrackBack(0)