2009年08月18日

酒田モッケダ☆フェスティバル2009、終了!ほんと良かったです。

もっけだの〜〜〜〜!!!!!!!!!!!


ということで、長らく準備してきました、
酒田モッケダ☆フェスティバル2009「おかえり♪よぐ来たの〜!」。

無事に8月13日(木)、酒田MUSIC FACTORYにて開催されまして、ピースフルかつチアフルな空気の中、無事に大団円を迎えました。


本当にありがとうございました。皆さん。


最高でした。


終了してから今日まで、色々バタバタしておりまして、結構死んでました(笑)。ブログのアップが遅くなって申し訳御座いません。

さて、写真や動画とともに今年も振り返っていこうかな。


8/13、当日の朝。

いきなりハプニングが発生(笑)。

東京から参戦のアーティストのエリーニョさんとPoPoyansのお二人が、当日朝着の深夜バスで酒田に向かっていたのですが、エリーニョさんのバスは朝9時に着いたのですが、PoPoyansの乗ったバスが帰省ラッシュの大渋滞に巻き込まれ、6時間ぐらいの遅れ(笑)。


リハに間に合うのか?????


超どきどきものでした。

モッケダ☆フェス 準備1スタッフ会場入りは14時ごろ。

今回は、酒田の東北公益文科大学の学生の皆さんで、SAKATA MUSIC FESTIVAL(サカフェス)の実行委員メンバーが、スタッフとして手伝ってくれた。みんな若い!!!当たり前だけど、19歳から22歳。

これは、「酒田のいいどご自慢」投稿写真をつなぎ合わせて、メッセージボードを作っているところです。


そして、14時過ぎに、PoPoyansのお二人のバスが着きました。ほっと一安心。長旅、本当にお疲れ様でした。

メッセージボード完成したメッセージボードがこれ。

すげえ綺麗!!

酒田の写真、やっぱ改めて見ると素敵です。



モッケダ☆フェス 準備2そして、LAから今回も手伝ってくれたユニバーサルアーティストの飯富崇生くん(モッケフェス副実行委員長)のアイディアによる、「おかえり」を表現した小学校の教室的空間デザイン。


小学校の教室的な。小学校の机と椅子で遊ぶトレモロイドトレモロイドの皆も、小学校のテストなどで遊ぶ。

なんか、開場前からピースフルな空間が広がっていた。



Kosyu絵画今回も、私の実父Kosyuさんによる、自然を描いた絵画を展示。


ごどいもカレーしそ巻きそして、地元の食材を使ったフードたちがこちら。

今回は、飛島ごどいも&平田牧場豚しゃぶを使ったカレーと、だだちゃ豆、そして実行委員の寒河江さんのご実家、さがえ農園からご提供のしそ巻き。

どれもこれも美味かった!



Tシャツ物販Tシャツそして、飯富くんデザインによるモッケフェスTシャツ。

普通に渋谷でも着られるTシャツを合言葉に。飯富くんがオノヨーコにヒントを得て「ART」と「PEACE」をテーマにデザインしていただきました。



前説前説そしていよいよ幕を開けたモッケフェス2009!!

今回は、酒田FMハーバーラジオのパーソナリティーの荒生由子さんをMCに迎えました。前説での実行委員長の私の挨拶。

そして「おかえり♪よぐ来たの〜!」の合言葉で乾杯。




エリーニョそして、トップバッターで登場したのが、エリーニョです。

去年は獏(バク)として2回も来て頂いて、今回はソロでの出演。

本当に、「酒田におかえり」なアーティストなんです。

なんか、最近のエリーニョのライブ、とても素敵なんですよ。

今回のライブも、いやー、ほんと良かった!!!

なんと衆議院議員の加藤紘一さんも会場にいらしてまして、エリーニョのライブに聴き入ってました。

ライブ終了後、加藤さんはエリーニョに「あなたがサマソニ出たの?」とか聞きながら、CDを買っていらっしゃいました。いや、それはPoPoyansですよ(笑)。




Send2番手で登場したのが、地元公益大の学生3人組のインストバンド、Send。

ほんと、酒田でこういうかっこいい音楽性を追求しているバンドがいるってことを、僕は誇りに思うし、今回のパフォーマンスも見事でした。

ぜひ、全国流通のアルバムを出して頂きたいです。まじで。



庄内映画村PRその後、ライブの合間に庄内映画村の皆さんによるPRタイム。

庄内映画村は、映画「おくりびと」のロケ支援や、最近では「山形スクリーム」などにも関わっている、地元の映画支援会社なんです。

今回は、映画「十三人の刺客」のエキストラ募集をアピールして頂きました。



PoPoyansそして次に登場したのが、PoPoyans!!!

映画「ノン子36歳」の主題歌も手がけ、そして先日のサマーソニック09にも出演された彼女達のライブを、酒田で見れるという贅沢さ!

ピースフルでかわいくて、楽しくて。
あー素敵すぎる。

そしてノン子36歳主題歌の「太陽のラ」では、nonさんのお尻ダンスも飛び出しまして、会場は大盛り上がり。

なんと、トリ前なのにアンコールが!!!
アンコールでは「はじまりの火」を歌って下さいました。




トレモロイド
そしてトリで登場したのが、トレモロイド。

頭っから、もう、メンバーの皆の気合いが音に乗り移ってました。

最高に音の心地良さがびんびんに伝わってくるライブ。

そして、トレモロイドにもアンコールが!!!

いやー、今まで観たトレモロイドのライブの中で、
最高に素晴らしかったです。ほんとに。

それを酒田でやって頂けちゃうあたり、僕は主催者冥利に尽きました。


ということで、大団円でモッケフェス2009は終了。

その後、居酒屋MARでの打ち上げへと移動。

さあ、お待ちかね!!

ここからは、スタッフの皆や、アーティストの皆さんのコメント動画です。

トレモロイド 高垣空斗くん 打ち上げコメント


PoPoyans 酒田モッケダ☆フェスティバル2009 打ち上げコメント

PoPoyansさん、長旅で若干お疲れ気味ですが(笑)。なんと翌日の朝6時半の電車で旅立つお二人でした。
今度はゆっくり酒田を楽しんでいただきたいです!

トレモロイドの村上寛くん打ち上げコメント


モッケダ☆フェス実行委員の田澤くん 打ち上げコメント


エリーニョさん打ち上げコメント

向かって右隣はトレモロイドの小林郁太くん。左隣はご協力してくださった田中さん。
エリーニョさんと田中さんは、明治大学の先輩後輩だという新事実発覚!(笑)。最後、田中さんに「これ」って言っちゃったのは、ほんと申し訳御座いませんww無礼講でお願いします(笑)。

トレモロイド 小林陽介くん 打ち上げコメント


モッケダ☆フェス実行委員メンバー 打ち上げコメント

今回、メッセージボードの制作とか色々当日手伝っていただいた、公益大の学生のお二人です。
なんか、スタッフの学生の皆が、「楽しかった」って言ってくれたのが、まっじっで嬉しかった。涙が出そうです。まじで。


ということで、お送りしてきました、モッケフェス2009。

いかがでしたでしょうか。

アーティストの皆さんのライブ動画も、許可が下り次第、ブログにアップしたいと思ってますのでお楽しみにの〜!


今回、第2回目のモッケフェスだったわけですけど、GW過ぎたあたりまで、開催するかどうか、本当に迷ってた時期もあったんです。

でも、今となっては、開催して本当に良かった!!!

自分にとっても、大切なものを得ることが出来たフェスでした。


音楽の素晴らしさ、酒田のあったかさや魅力。

僕一人では全然実現できなかったフェスが、色んな人のご協力によって形になって、そんで全てが美しくて、なんだか僕は幸せものだなーって思いました。


来年以降、もっともっと大きく成長していく余地を残していると思うし、庄内を代表するフェスに育てていかなければいけないと考えております。

そのためにも、来年は是非、野外でやりたいな。

ちょっと休んだら、来年に向けてまた徐々に歩き出します。


今回、ご来場いただいた皆さん、もっけでした!!!

スタッフとしてご協力いただいた皆さん、もっけでした!!!

ご協賛、ご協力、ご後援いただいた皆さん、もっけでした!!!

MUSIC FACTORYのユウジさん初めスタッフの皆さん、もっけでした!!!

出演していただいたアーティストの皆さん、もっけでした!!!


今回関わっていただいた全ての人に、感謝と敬意の言葉、


「もっけだの〜〜〜!!!!」


をお送りして、モッケフェスレポートを終了したいと思います。


また来年のモッケダ☆フェスティバルをお楽しみに!!!


酒田モッケダ☆フェスティバル オフィシャルWEBサイト

mixiモッケフェスコミュ

PoPoyans
トレモロイド
エリーニョ
Send


酒田モッケダ☆フェスティバル2009のライブ動画もアップしました!!  

Posted by ayate at 03:29Comments(2)TrackBack(1)

2009年08月12日

いよいよ明日酒田モッケダ☆フェス!ラジオ番組に今日夕方生出演!?

酒田モッケダ☆フェスティバル2009 フライヤーどもー。アヤテです。

いよいよ明日に迫ってまいりました!

酒田モッケダ☆フェスティバル2009

前売りでの予約をまだされてない方は、

mokkefes@gmail.com

まで、枚数、お名前、学生か一般かを記載の上メールください!

当日ふらっといらしていただいても、
入場できると思いますー!お気軽にどうぞです!


ということで、昨夜の深夜バスで酒田に戻ってまいりました。

ただいま酒田。おかえり、みんな。


ということで、今日の夕方17時15分ぐらいから、
酒田FMハーバーラジオの番組「サンセットハーバー」に、
明日出演のトレモロイドの皆さんが生出演します!

んで、僕も付き添いで行って来ます(笑)。
もしかしたら、何かしらしゃべるかも知れません。

なので夕方ごろ酒田の人でラジオ聴ける方は、
ぜひぜひ酒田FMハーバーラジオ聴いてみてくださいのー♪

ではでは!


  
Posted by ayate at 12:13Comments(2)TrackBack(0)

2009年08月09日

酒田を代表するバンドFRIDAYZが、吉祥寺WARPにて衝撃のライブ。

FRIDAYZ昨日は、酒田を代表するハイテンション・ハードコアバンドFRIDAYZが、7/31に発売した1st Album「LOCALISM」のリリースツアーで吉祥寺WARPにてライブを行うとのことで、観に行ってきました。

同郷ながらも、FRIDAYZのライブは初参戦。

とにかく、ライブがすげえっていう噂だけは聞いていたのですが、昨夜初めて身をもって体験してみまして。
予想以上のぶっちぎったパフォーマンスでした。

FRIDAYZ Live 20090808FRIDAYZ Live 20090808のっけからとにかくハイテンションで矢継ぎ早に1分〜2分の曲を畳み掛ける。

山形や秋田あたり出身で東京に出てきているFRIDAYZファンも集結し、フロアは物凄い祭り状態に。

聴く者を選ぶ音楽性かも知れないですが、このライブは、体験してみないとわからない。とにかく、楽しいんです。観る者をぐいぐいと巻き込んでいく凄まじいエネルギー、そして美しい圧倒感が、空間を支配していました。

FRIDAYZ Live 20090808FRIDAYZ Live 20090808ここまでハードコアでハイテンションなバンドって、逆に東京あたりではなかなかいないと思うんです。このようなバンドが酒田という非常にローカルなシーンで熟成され、そして全国へと飛び立っていくということが、同じ酒田人として非常に嬉しいっす。

昨日のライブ動画をYouTubeにアップしておりますんでどうぞ。
FRIDAYZ - COMMUNICATION LACK (Live) @ 吉祥寺WARP 2009.08.08
いや、動画で見てもすげえわこれはwww


彼らのアルバム「LOCALISM」の1曲目が「LOCAL HERO」という曲なのですが、このような歌詞を歌っています。
You champ carry your way !
ここから景色を眺めている ここから世界を見たことがあるか?
この寂れた街についてどう考える? 可能性を断ち切ったのっておまえ自身じゃない?
だから俺はここからやってやる 俺はここから変えてやる
何かが起こる それは場所ではない 数ではない 理屈ではない 他人ではない
憧れでおまえは高く飛べない
You champ gangatte carry your way ! You gonna way !
此処から変えろ おまえの街は此処だ 此処で生きてる
逃げるな 此処から景色(シーン)を変えろ LOCAL HERO

これって、僕が酒田モッケダ☆フェスでやろうとしていることと、すげえ共鳴するなあって思ってて。

酒田に住みながら、安易に上京したりせずに酒田からシーンを変えようとしているFRIDAYZは、まじでかっけえなあって思います。

まさに彼らは、LOCAL HEROです。

LOCALISM(ローカリズム)LOCALISM(ローカリズム)
アーティスト:FRIDAYZ(フライデイズ)
販売元:THRASH ON LIFE RECORDS
発売日:2009-07-31
クチコミを見る


FRIDAYZ "TAKADA"


今年は、モッケダ☆フェスの翌日と翌々日に、同じ会場MUSIC FACTORYにてリリース記念イベントをぶっ放すFRIDAYZ。

★8/14(金)酒田MUSIC FACTORY
"FRIDAYZ MEETING#9"
w/send/stinky rat/hue/pontiac'75/winy/TRASH
OP 17:00 ST 17:30 TICKET \1,500yen(2日間通し券)(+1drink 400yen)

★8/15(土)酒田MUSIC FACTORY
"FRIDAYZ MEETING#10
w/DOACOCK/FOUR GET ME A NOTS/the schott vegetables/S.P.N.POWER/ドリプレ
OP 17:00 ST 17:30 TICKET \1,500yen(2日間通し券))(+1drink 400yen)


来年以降のモッケダ☆フェスは、是非、FRIDAYZの皆さんのお力もお借りしながら、もっともっと素晴らしいフェスにしていきたいと考えてます。

まずは、今年のモッケダ☆フェスを成功させるべく、あとわずかな時間、スタッフ皆で頑張っていきたいと思います。

酒田モッケダ☆フェスティバル2009 フライヤーということで、8/13(木)に迫ってきました、酒田モッケダ☆フェスティバル2009。

酒田モッケダ☆フェスティバル2009
「おかえり♪よぐ来たの〜!」


日程 : 2009/8/13(木)
場所 : 酒田MUSIC FACTORY 地図
開場 : 17:30 開演 : 18:00

料金 : 一般 - 前売2,000円/当日2,500円 +ワンドリンク代400円
学割!!大学・高校・中学生 - 前売1,000円/当日1,500円+ワンドリンク代400円
※家族連れの場合、小学生以下無料!

出演 : PoPoyans(東京)、トレモロイド(東京)、エリーニョ(東京)、Send(酒田)

MC : 荒生由子(酒田エフエム放送)
活動PR : 地元まちづくり会社・NPO・庄内映画村・地元イベント実行委員会等
空間デザイン : 飯富崇生(ユニバーサルアーティスト)
絵画 : Kosyu (酒田の自然を描いた油絵)

FOOD : 飛島ごどいもカレー、だだちゃ豆など
MEET :

東京からは、坂井真紀さん主演映画「ノン子36歳(家事手伝い)」の主題歌を担当しサマーソニック09にも出演しているPoPoyans、大阪・ミナミの一大ライブフェス「MINAMI WHEEL」に2年連続で出演しているトレモロイド、昨年のモッケダ☆フェスやSAKATA MUSIC FESTIVAL '08にバンド獏として出演したエリーニョが今回はソロで参戦、酒田で確固たる実力を発揮している若手インストバンドSendも出演決定!!

酒田、庄内地方の名産品である、飛島の「ごどいも」を使ったカレーや、「だだちゃ豆」を会場内で提供する他、酒田の自然を描いたKosyuの絵画や、酒田出身で現在はLAで活躍中のユニバーサルアーティスト飯富崇生のデザインによるまちおこし空間の演出も! 酒田・庄内の良さを再確認しあいながら、今年も「MEET」は無限大。

詳しくは、酒田モッケダ☆フェスティバルWeb Siteまで。

チケットのご予約・お取り置きは、

mokkefes@gmail.com

まで、お名前と枚数をお送り下さい!!

必ずや、素敵なイベントになると思いますので、
是非ぜひお越しいただければと思います!

ではでは。  
Posted by ayate at 12:21Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月05日

酒田には日本海がある。

トレモロイドおとといは、下北沢Club Queにトレモロイドのライブを観に行った。

なにげに、トレモのライブを観るのは去年のミナミホイール以来だったりするのですが、今回すげえ良かったです。

体がひとりでにやさしく踊る感じ。
まさに、優しい音楽だと思う。

酒田にぴったりだと思うゆえんである。

来週13日の酒田モッケダ☆フェスティバルで彼らのライブを観れるのが、とても楽しみになってきました!


トレモの5月の新宿motionでのライブ映像がYouTubeにあったのでどうぞ。

トレモロイド "優しい音楽" 090504


トレモロイド" morning view"090504



さて。

私の地元酒田には、日本海病院という病院がある。
日本海広しと言えども、日本海病院は酒田にしかない。

要は、言ったもん勝ちなのである。

なので、私が地元で主催している
酒田モッケダ☆フェスティバルという街おこしフェスも、
来年以降、「日本海モッケダ☆フェスティバル in 酒田」的な感じに改称してしまうのもひとつの手かもしれないと思った。

苗場だけどフジロックみたいな。

千葉なのに東京ディズニーランドみたいな。

まあ、フジロックとディズニーランドに関して言うと、
苗場と富士、千葉と東京は明らかに別の場所であるので厳密に言うと誤りなのだが、
酒田は日本海に面してるのであながち間違いではないのである。

日本人はどちらかというと繊細な民族なのに、
楽しい娯楽になると細かいことは気にしない的なノリが
割と大らかでいいなーと思う次第である。

あと、
「日本海モッケダ☆フェスティバル」にすれば、
新潟の皆とかとも一緒に出来るかもなーとかね。

そんなことも考えてみたりしたのでした。


とにかく、まずは今回のモッケフェスを成功させること。

全てはそこから始まる。


チケットの予約は酒田モッケダ☆フェスWebからどうぞ。

mixiにモッケフェスコミュもありますんでどうぞです。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3485140  
Posted by ayate at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月01日

フジロック '09 最終日まとめ。今年のベストアクトはDE DE MOUSE先生です。

FUJI ROCK '09 あども。ここ2日間、色々な波乱万丈がありまして、更新が遅れました。申し訳御座いません。フジロック3日目のまとめレポートです。

こちらの写真は、宿泊先の西武ヴィラの近くにあった「あ」という名前のお店です。潔いことこの上なし。

FUJI ROCK '09 中村まり
まず、ヘブンで中村まりを見ました。芳醇に香るブルージーな声がヘブンの空気にマッチしててとても心地よかったです。おれ大好きこういうの。ロバート・ジョンソン好きな人は好きだろうなあ。日本人離れした声です。

その後、アバロンで→Pia-no-jaC←を見てから、ホワイトに移動。


FUJI ROCK '09 HOLY FUCK
そして、HOLY FUCK!!

いや、これは良かった。まじで。

彼らはステージ上で楽しそうにFUCKしてました。
気持ちの良いファックでした。

水戸ホーリーホックも、水戸ホーリーファックに改名すればよいと思いました。



FUJI ROCK '09 Dachamboその後は、もっかいヘブンに戻って、Dachambo

これがまたかなり人が集まったね。

ほんとあの高揚感たるや、素晴らしかった。まじやべえ。

この時点では、Dachamboが今回のベストアクトかと思ってました。


そしてそして。


今回、僕が一番楽しみにしてた、DE DE MOUSE先生の登場です。

リハーサルの段階でもう、すごく良かった。

リハ終わりで拍手と歓声出てましたからね。

FUJI ROCK '09 DE DE MOUSEDE DE先生降臨です。

途中、めっちゃ通り雨がザーザー降りでしたが、そんなのものともせず。フジロッカーの皆さん、踊り狂ってました。

ええ、僕は最前列のステージ向かって右側のスピーカーの真ん前で踊りました。

LUSHのカムロニンバス企画で見たときも素晴らしかったのですが、今回はそれに輪をかけて、ピースフルかつ楽しすぎるライブでした。

サポートメンバーが素晴らしくてですね。ツインドラム。

54-71とか、くるりのツアーとかでドラムやってるboboさんのドラムが素敵すぎました。

ツインドラム、流行ってるなーしかし。


いやー。DE DEのライブを観てる最中に、何故か、涙が出ました。

感動しました。

DE DE MOUSE - MySpace

フジロックのライブ映像がYouTubeに上がってましたのでどうぞ。

DE DE MOUSE - Dancing Horse On My Notes (LIVE at Fuji Rock Festival 09)


DE DE MOUSE - baby's star jam(LIVE at Fuji Rock Festival 09)


さっきの写真は、baby's star jamの途中のDE DE先生の仁王立ち。

ということで、
今回のフジロックでの個人的にベストアクトは、
DE DE MOUSE先生です。


DE DE先生のついったーが相当面白いので見てみて下さい。
http://twitter.com/DEDEMOUSE

DE DE先生のついったーから発言抜粋です。
「今日は早く寝ます。 明日目が覚めたらウサギになってますように☆」
「朝起きたらウサギになってなくてガッカリ。」

「マリオがおっきくなるキノコってなんのキノコなの?」
「この世が幸せに見えちゃうキノコ?」
「キノコ食べなくても幻覚が見えるの?」
「マリオは26歳なの?」
「マリオはイタリア人だからマフィアとも繋がってそう。」
「手から火を出して熱くないの?」
「マリオとクッパはのび太とジャイアンみたいなもの?」
「マリオはひげの手入れをしてるの?」
「1-1から8-4まで何キロくらいあるの?」
「なんで今のゲームは主人公がずっと走ってるの? 疲れないの?」
「ピーチ姫って姫なの? それとも姫って自分で言ってるだけ?」
「ピーチ姫は身分の違う恋をしているの? それともマリオの片思い?」

「マジビビったってよく聞くけどビビり過ぎじゃないの?」
「マジヤバいってよく聞くけど危機感あり過ぎなんじゃいの?」
「なんで最近の若者はっていうオジサンほどマナーが悪いの?」
「なんでマックの募金箱にはレシートがいっぱい入っているの?」
「なんでビックリマンチョコを捨ててたの?」
「キリストって青森で死んだの?」
「転ぶと痛い。」

「愛ってなんだろう…」
「世間てなんだろう…」
「平和ってなんだろう…」

この中二病的な感じ、大好きです(笑)。


で、その後、ヘブンでサニーデイサービスを見ました。

でも、ソカベさんの声が若干おかしかった気がする。


ということで、電車の時間とかもあったので、僕のフジロック'09はこれで終了です。

アニコレとかBasement Jaxxとかズクナシとか、見たいのたくさんあったんですけど、断念です。残念です。

特に、ズクナシは良かったみたいです。

日曜の夜の時間帯、メンツ良すぎですよ。社会人には厳しいっすよ。

ほんとタイムテーブル何とかして欲しかった。


いかがでしたでしょうか。

フジロック '09レポート。

他にも、そう、書き忘れたんだけど、SIMIAN MOBILE DISCOも相当良かった。

他の友だちの話とか聞いてると、M83とか80kidzも良かったみたい。


今年は、1日目を除いて天気にも恵まれまして、最高に楽しい3日間でした。

来年も行こう。まじで。

パーロ本最近、音楽ライターの岡村詩野さんのジャーナリズム講座に通ってるんですけど、そこで作った「パーロ本」という音楽フリーペーパーです。

「草食系男子 vs 肉食系女子ソング」とか、面白い特集やってます。
僕も色々書いてます。

まだ手元に部数ありますので、欲しい方は私までご連絡ください。

僕のメールは、ayateck(あっとマーク)gmail.comです。

ではでは。


フジロック '09 2日目まとめ。ヒロト「ロックンロールは死にませんよ!」
フジロック '09 総集編。まとめてみますよ1日目。  
Posted by ayate at 03:17Comments(8)TrackBack(1)