2011年05月15日

5/14(土) THIS IS PANIC×東京カランコロンの2マン。

ネオ渋谷系4人組バンドTHIS IS PANICの主催ライブイベント、『THIS IS PANIC的日本シリーズ!』の第2回、

THIS IS PANIC的日本シリーズ!2回表:THIS IS PANIC×東京カランコロン』が、昨日5/14(土)に行われました。

前回、1回表のTHEラブ人間との2マンはちょうど僕の結婚式の当日だったため行けなかったものの、今回は東京のインディーズシーンでも着実に存在感を高めつつある東京カランコロンとの2マンということで、楽しみにしつつ行ってまいりました。場所は下北沢BASEMENT BAR。

THIS IS PANICのケンジくんの実のお母さんによる始球式とプレイボール宣言で幕を明けまして、先攻は東京カランコロン

東京カランコロンは前からかなり気になっていたバンドだったのですが、ライブをしっかり観たことが無かったんです。今回初めてライブ全編を観たわけですが、いやはや、素晴らしかった!!個性的なキャラクターの5人が、五人五色の色鮮やかな音を鳴らし、おもちゃ箱のように音が溢れてくるんだけど、それが絶妙なバランスで混ざり合っていて、決してとっ散らかっていない。

そのバランス感を形作っているのが、Vo&Gtのイチローさんの存在感なんだと思うんです。なんか、どっしりしてて、しっかりした核って感じなんですよ。言うなれば、サッカー日本代表でいうところの遠藤みたいな。彼が真ん中にいるからこそ、紅一点の不思議少女的存在のVo&Keyである「せんせい」さんの放つ光も際立ってくる。

5/18にはミニ・アルバム『あなた色のプリンセス』(通称:あなプリ)をリリースするのですが、そのリード・トラックである「ラブ・ミー・テンダー」がまた凄くいい曲で、終盤戦で鳴らされたその曲で、とめどなく優しい感動が広がるのでありました。

東京カランコロン「ラブ・ミー・テンダー」(Official.ver) (※期間限定公開だそうです。)


この曲も素敵でした。
【PV】東京カランコロン - マリメッコとにらめっこ


こちらが5/18発売のミニ・アルバムです。
あなた色のプリンセス
あなた色のプリンセス
クチコミを見る


今後の展開がとても気になるバンドです。


そして、セットチェンジの間に登場したのは、やまのいゆずる氏。彼の作った映像を流した後に、場をつないだMCのリリック的な言葉遣いは、窪塚洋介にも通じる(?)ものがあって凄く面白かったです。


攻守交替で登場したのはTHIS IS PANIC。

東京カランコロンのファンを意識したと本人達が公言する(笑)セットリストで、序盤にキラー・チューン「おすもうさん」を持ってくるなど、普段のライブとはガラっと構成を変えての曲順が新鮮でした。

後半に持ってきた「seasons」や「WARNING こちらパニック応答せよ」の切れ味とサビの爆発力はやっぱり凄まじかったです。

そして、これまでMCで必ず披露していた、「WARNING こちらパニック応答せよ」をiTunes Music Storeで配信した時にユーザーレビューで「耳レイプ」と酷評されたという件の部分が無くなってたという注目すべき変化もありまして、彼らのライブも新たなるステージに入ってきているなあと感じさせられるライブでした。

今まで30分ぐらいのライブで爆発的ステージを繰り広げてきた彼らが、これからは1時間ぐらいの長尺ライブをやっていかなければいけない段階に入ってきていて、この長さのライブにまだバンドとして慣れていない部分もあるのかなあとも思いました。長尺での見せ方とか、曲順の流れやアクセントのつけ方とかは、今後このシリーズを続けていく中で、もっともっと良くなってくるのではないかとも思いました。

去年のサマソニ出場後に着実にファンの数も増えてきていると思いますし、今回のライブもめちゃくちゃ人が入ってました。それは、彼らが毎回期待に応えるだけの素晴らしいライブをやっているからこそなんだと思います。

これは昨日のものではないのですが、過去のライブの映像です。
THIS IS PANIC 「WARNING こちらパニック応答せよ 〜 ボーイズ・ドーン リクルート編」


対バンのバンドも徐々に物凄いバンドばかりになってきてるし、まだまだ彼らがどこまででかくなるのか、正直想像もつかないほどに末恐ろしいバンドであることを再確認したわけのですが、この『THIS IS PANIC的日本シリーズ!』は、なんと今年は毎月開催していくそうで、次回の3回表は、太平洋不知火楽団との2マンだそうです。ええ、僕が去年主催した、東京モッケダ★ナイトと、庄内もっけだフェスティバル2010に出演して頂き、僕の酒田の実家にも泊まって頂いた(笑)2組であります。

これからどんなバンドとの対決が繰り広げられていくのか、まだまだTHIS IS PANICからも目が離せません。

とにかくライブがすこぶる楽しいバンドなのですが、そろそろ音源の方のリリースとかも期待したいなあと思う今日この頃であります。

ああ、やっぱりライブって楽しいなあ。
久しぶりに行ったけど、やっぱいいですね。

ではでは。

THIS IS PANIC
東京カランコロン


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ayate/51936580