2012年08月12日

山形から生まれた2つのバンドが奏でる「HOPE」の符合。〜FRIDAYZの「HOPE」と、erieの「hope」。

山形から生まれたバンドで、酒田で活動するハイテンション・ハードコアバンド FRIDAYZと、東京で活動するエモーショナル轟音ロックバンド erie(エリエ)という2つのバンドがある。

厳密に言うと、erieに関しては、メンバー5人のうち3人が山形出身で、ドラムが埼玉、ヴォーカルが仙台なので、純粋な山形のバンドではないのですが、山形人が中心となって結成したバンドだということには相違ないと思うので、ここでは「山形から生まれた」と言わせて頂いております。

FRIDAYZは、僕が2010年に酒田で主催した「もっけだフェスティバル2010」に出演して頂いたり、東京でのライブに遊びに行ったりとか、仲良くさせて頂いております。

erieは、僕が魔法のiらんどで働いていた時に担当していたアマチュアバンドサイトのインタビュー特集で取り上げさせて頂いたり、2010年に渋谷DESEOで開催した「東京モッケダ☆ナイト in 渋谷」に出て頂いたりしているバンド。

どちらも大好きなバンドです。

僕は2つのバンドをよく知ってるけど、彼らバンド同士は、恐らく知り合いとかでは無い。

そのFRIDAYZとerieの作り出した作品に、「HOPE」という言葉の奇妙な符合があった。


FRIDAYZが2012年8月22日に3年ぶりにリリースする2ndアルバムのタイトルが、「HOPE」。
これは、東日本大震災の後、酒田の音楽シーンを長らく支えてきたライブハウス「flavor」が閉店することに伴い、FRIDAYZのヴォーカルの健太くんがそこを引き継ぐ形で始めたライブハウスの名前が「hope」であり、そこから生まれた言葉でもあります。

その2ndアルバム「HOPE」から「OVER THE TOP」のPV。めちゃくちゃかっこいいです。

FRIDAYZ/OVER THE TOP【PV】



一方、erieは、2012年5月に1stミニアルバム「erie」をリリースした。そして、その2曲目に収録されているのが「hope」という曲。この曲は、バンド結成当初は「erie 1」という仮タイトルで演奏されていた、彼らの代表曲でもある。その曲に名付けられた、「hope」という言葉。

erie「hope」


erieは、2010年の「ROCK IN JAPAN FES.2010」の出場をかけたオーディション「RO69JACK 2010」でも入賞したが、その際にはまだ「hope」というタイトルは付いていなかった。
その際のオーディションクリップがこれ。ライブも素晴らしいんです。

erie - ROCK IN JAPAN FES.2010 - live audition clip



全く別の場所で活動していたFRIDAYZとerieが、それぞれの作品に名付けた「HOPE」(=希望)。偶然だと思うけど、この「HOPE」という言葉が2つのバンドを結びつけているような気がして、不思議な感覚になった。


あの東日本大震災以降、日本人の意識は明らかに変わってしまった。
そんな中、生まれてきた、彼らの2つの「HOPE」。

それは、音楽を続けて行こう、という彼らの意志の元にある「希望」なのかも知れない。

FRIDAYZやerieのようなバンドは、山形にとって、そして東北にとっての「HOPE」でもあると、僕は思う。


どちらも、ライブもとても素晴らしいバンドなので、また観に行きたいです。

是非、皆さんも彼らのライブを観に行ってください。
そして、彼らのアルバムを買って聴いてみてください。

皆さんの中にも、きっと「HOPE」が生まれるはずです。


HOPEHOPE
アーティスト:FRIDAYZ
販売元:BounDEE by SSNW
(2012-08-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


erieerie
アーティスト:erie
販売元:Sleepwalk Records
(2012-05-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



★参考:
FRIDAYZ official web
http://fridayz.net/

SIDEMILITIA.COM - FRIDAYZ × SIDEMILITIA inc.
http://www.sidemilitia.com/fridayz.html
※新潟で音楽イベント/ラジオ番組/セレクトショップ/デザインなどマルチな活動をしているSIDEMILITIA.incのFRIDAYZ特集ページ。

酒田hope
http://sakatahope.com/

erie oficial site
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=eth_1

erie|Skream! インタビュー
http://skream.jp/interview/2012/05/erie.php?page=2


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ayate/52026291