2005年07月22日

東京帰ります。ありがとう沖縄。そして戦争の爪痕に心が痛く鳴った。

200507221502000.jpg帰り間際に、少し時間があったので空港近くの田原公園という所に行った。

そこには写真のような穴がいくつかあった。

もしや・・・。

と思い、近くで遊んでいた小学生ぐらいの男の子に、

あれは何の穴なの?

と聞いてみた。


案の定だった。


男の子は、

「防空壕。」

と不機嫌そうに答えた。

軽々しく聞いた事をちょっと後悔した。


この沖縄旅行を通じて感じたのは、
ほんとにハートフルでピースフルな空気の中で、
みんなが楽しく幸せそうに暮らしているという事。

60年前には戦争の最激戦地だったなんて、まるで想像できない。

でも、実際には、戦争が行なわれていたことを証す爪痕は、そこかしこに残っている。


僕は思う。

こんなにピースフルで幸せなこの島のような場所と人々を
一瞬にしてどん底に追いやってしまう戦争という代物は、
明らかに罪であり、悪でしかない。

理由はどうあれ、戦争なんて絶対にやっちゃいけないんだ。

そう、改めて思った。


そして空港に向かう車の中で、
島唄の持つ陽気ながらどこかはかない沖縄音階を聴きながら、
僕は涙してしまった。


楽園のようだけど、
ちょっぴりはかなさも漂う島。

いろんな足跡を僕の心に残して、沖縄は再び遠くなる。

ありがとう。

そして必ずまた来ます、

沖縄。  

Posted by ayate at 15:22Comments(2)TrackBack(0)

沖縄最終日です。名残惜しい。

200507221324000.jpgコバルト荘に別れを告げ、首里城、沖縄すば屋てんtoてん、

そしてまたもや、
T-SHIRT-YA.COMさんに来ました!

写真はスタッフのお二人さんです。

初日に一緒に写真を撮ったるみこさんは、今日は残念ながら夕方五時出勤とのこと。残念!

るみこさん、東京来ることあったら一緒に呑みましょう!
東京のいいとこをご紹介します。

なんだかんだ言ってこのお店には四日間で三日も来てしまいました。

ほんと、僕の大好きなテイストにばっちりはまってるお店。最高です。

今日も沖縄ヤンキースTシャツとサンダルを買っちゃいました。

また沖縄来るときは必ず寄ります!


んじゃーそろそろ那覇空港いきます。  
Posted by ayate at 13:34Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月21日

はい次はLIVE MUSIC BAR です。

200507212217000.jpgさっきの居酒屋に程近い、UNDER CURRENTというとこに来てます。

JAZZを中心とした音楽のライブとか普通に魅せてくれます。

とても心地がいい。

で、ここらへんに来て一番思ったことがひとつあります。

沖縄は、日本で最も音楽が生活の中に自然と根付いている国だと思うんです。

ここでは、日常の中に音楽があることが普通なんです。

誰でも三線とか持ってるし、誰でも唄うし、誰もが音楽を楽しんでいる。

演じる人も、聴く人も。

これは、衝撃であるとともに、感動でした。


東京とか山形だったら、絶対に、音楽は人を身構えさせる。
魅せようという意識も、聴こうという意識も強すぎる。
僕らの普段の生活空間では、かなり、音楽の演奏が非日常に属してる気がするのだ。

そのような音楽の強制感が、ここでは全く無い。

ある意味、すげえ。
まじで、涙がでるほど、うれしかった。

こんなところが、日本に存在するということが。

僕にとって、沖縄は急激に特別な土地になってきつつある。  
Posted by ayate at 22:37Comments(0)TrackBack(0)

いきなり居酒屋ライブ始まった。

200507212057000.jpg波照間島の幻の泡盛、泡波はショット2300円と激高なため断念!
菊の露にしました。

そんなこんなしてたら、
突如三線と唄の演奏が始まった!

音楽は、そこにあった。

作為的なものなど何も無く、音を楽しむ文化と音楽が、そこにある。

最後の曲では、
お客さんもみんな踊り出した。  
Posted by ayate at 21:03Comments(0)TrackBack(0)

至福の一時とはまさにこれだ。

200507212022000.jpgいやー、ほんと幸せだ。。。

オリオンビールとゴーヤに囲まれてます。

つまみはゴーヤチップスとゴーヤチャンプル。

店はですね、国際通り裏にある、
酔ーちゃー家 あかがーら。

素敵に沖縄の美味を凝縮したお店です。

スタッフが美男美女揃い!
あいよ!という威勢のいい返事が気に入りました。


いやーしかしほんと沖縄の人って顔立ちがいいですね。
極東と欧米のおいしいとこ取り融合って感じ。


よし、そろそろ波照間島の幻の泡盛を呑もうかな。  
Posted by ayate at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

三線購入!弾き方わからん!

200507211828000.jpg買っちゃいました。三線。

渡嘉敷島の平田さんの師匠、前田さんからのご紹介で、
知り合いの三線職人の方に口を利いて頂きました。

那覇市内で前田さんと合流し、その職人さんの店まで案内してもらうと、
そこには看板無しの三線工房みたいな所が!

手作りの三線で、通常五万ぐらいするのを三万で売って頂きました。

ほんとにありがとうございました!

いやーやっぱり人のつながりって重要ですね。


ってなことで、今夜は那覇市内。
国際通りから徒歩五分の、
民宿コバルト荘とゆーとこに泊まります。

遂に早いもので最後の夜。
今夜は街に繰り出そう。  
Posted by ayate at 18:40Comments(0)TrackBack(0)

民宿平田さん、お世話様でした!

200507211320000.jpg一泊だけでしたが、皆さんとてもあったかかった。

渡嘉敷が好きになりました。

で、ご主人の平田さんが三線を持ってたので、沖縄の三線情報を聞いてみました。

すると、

「国際通りでは買うなよ!」

という有り難いお言葉。

なんと平田さんの三線の師匠をご紹介頂きました。

フェリーで本島に帰ったら早速お会いします。  
Posted by ayate at 13:26Comments(0)TrackBack(0)

小麦色になりたくて。

200507211215000.jpg朝からずっとこんなでした。

さぞかしおいしそうに焼き上がることでしょう。

そして昼前からは近場でシュノーケリング。

いやー海の中ってこんなんなってたんですね!
感動。

お魚と一緒に泳いでる感覚は初体験です。

やっぱ行き着くところ、人類の祖先って魚なわけですから、
人が海に誘われるのもわかるような気がしますね。

いやーいい海だった!
来て良かった渡嘉敷島!  
Posted by ayate at 12:23Comments(0)TrackBack(0)

快晴です!やばいわ海!

200507210922000.jpgいやー極楽浄土の世界ですよこれは!

このエメラルドのような海をみてください。

純度百パーの透明さと美しさを誇る、阿波連ビーチです。  
Posted by ayate at 09:23Comments(4)TrackBack(2)

離島だけど紛れもなくここは日本

200507210849000.jpgだと改めて実感するような、極めて日本的で体に美味しい朝食。
低カロリーで栄養バランスも最高。

ここの民宿もほんと飯が美味しいです。  
Posted by ayate at 08:53Comments(0)TrackBack(0)

慶良間の渡嘉敷島に来てます。

200507210022000.jpg夕方からフェリーに乗って渡嘉敷島に来ました。民宿平田ってとこに泊まってます。

夜11時ぐらいから宿のアフターみたいのがあってですね、写真のような泡盛水割りをたらふく呑ませて頂きました。
石垣鯛の刺身を肴に。まじで美味かった!酒も肴も。

酒はかなり薄く割るので、全く悪酔いしません。

宿のご主人さんが言ってたんですが、座間味島はリゾート化してて変に都会的な感じがあり、人がすれ違っても挨拶しない。
阿嘉島や渡嘉敷島は、人間味溢れてみんなにこにこしてる。って言ってました。

確かに、渡嘉敷はほんとに何も無くて海しか無くて素朴な島なんですが、とてもあったかい感じがあります。

で、微酔い気分ですね今日は。
ちょっと散歩してからそろそろ寝ます。

明日はシュノーケリングでもしようかな。  
Posted by ayate at 00:39Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月20日

美ら海水族館。度胆抜かれた!

200507201423000.jpgなんなんですかこの巨大水槽は!
そしてこの巨大な魚は!

いやーびっくりしました。こりゃ来た甲斐あったわーまじで。

水と魚が織り成すセレナーデ。

青の美しさが際立ってました。


さて、次はフェリーにのります。  
Posted by ayate at 14:27Comments(2)TrackBack(0)

今帰仁城跡は風の歌が聞こえた。

200507201206000.jpg写真には写らない、何ともいえない空気に満ち溢れていた。

今帰仁城跡。

自然の石を積み上げて出来た城壁。

見晴らしの良い丘からは、森と海が一望できる。
御内原(ウーチバル)と呼ばれるその場所は、当時の女官達の生活場所だったらしい。

風の歌が聴こえた。
女官達がそこにいるかのように感じられた。

島唄が聴こえてきそうだった。


次の目的地は美ら海水族館。  
Posted by ayate at 12:17Comments(0)TrackBack(0)

お世話になりました!民宿岬。

200507201105000.jpg民宿のご主人さんとツーショット。

でいごの花について聞いたら、奥さんとか皆一緒になって写真まで探して説明してくれました。

ほんと親切ですね沖縄の人って。

でも、でいごは今シーズンではなくて、まだ咲いてないそうです。

夏も深くなった頃に咲く感じなのかな。

ナニハトモアレ、ほんとお世話になりました!

次は今帰仁城跡。  
Posted by ayate at 11:16Comments(0)TrackBack(0)

そこを抜けると、海。

200507200716000.jpgフク木並木を抜けると、このような海に出ます。

たぶん東シナ海です。

でいごの花を探そうとしたが、どれがでいごかわからないという衝撃の新事実に気付かされました。

後で民宿の人に聞いてみよう。

朝食は何だろなあ!  
Posted by ayate at 07:21Comments(0)TrackBack(0)

今朝のフク木並木。

200507200710000.jpgおはよーございまーす。
沖縄二日目の朝を迎えました。

こちら、今朝のフク木並木。
美しく澄んだ緑の魔力ですね。

いい写真がいっぱい撮れてるので帰ってからアップします。  
Posted by ayate at 07:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月19日

沖縄料理の美味!

200507191949000.jpgこれが今夜の民宿岬の夕食です。

素朴ながらも、素材の良さを生かした美味しい手料理でした!
綺麗な沖縄の味がした。

ゴーヤチャンプルも旨かったですよ!

よーしこれからオリオンビールと泡盛買ってくるぞー。  
Posted by ayate at 19:53Comments(0)TrackBack(0)

本部町備瀬のフク木並木。

200507191940000.jpg美ら海水族館と今帰仁城にほど近い、備瀬というとこに来ました。

民宿岬という宿に宿泊です。

宿のすぐ裏に、写真のようなフク木並木という並木道があります。

凄く澄んだ空気と綺麗な緑が織り成す一大美。

その並木道を抜けると、そこには、なんとだだっ広い海が広がっていました。

最高の立地条件ですわこの宿!
海まで30秒。

緑も青も楽しめます。  
Posted by ayate at 19:49Comments(0)TrackBack(0)

沖縄のTシャツ屋さん!

P1000006.jpgこのゴーヤTシャツを買った沖縄のTシャツ屋さん、T-SHIRT-YA.COMさんの本店に来ました!
写真は、店員のお姉さんと。ちなみに同い年でした。

凄いかわいいTシャツいっぱいです。

がじまるTシャツとビーサンを購入!

次は今帰仁近くの民宿に向かいます。  
Posted by ayate at 15:51Comments(1)TrackBack(0)

沖縄上陸!レンタカー青い!

200507191458000.jpgついに上陸です。

こちらが今回の旅のお供、HYUNDAIの車です。

今日履いてるズボンと全く同じ色です。

じゃとりあえず那覇市内行ってみますわ!  
Posted by ayate at 15:01Comments(0)TrackBack(0)