2014年02月26日

山形との自分らしい関わり方と、地元に帰ることをなんとなくイメージするということ。

大変お久しぶりでございます。長らくこのブログは更新していなかったのですが、久方ぶりに書いてみようかと思うきっかけとなる出来事がありましたので、約1年3ヶ月ぶりに重い筆を取ってみた次第です。

現在私は、音楽系アーティストなどのWebサイトの企画・制作・運営をやっている会社で働いております。オフィシャルのPCサイトも手がけているのですが、モバイル・スマートフォンサイトが中心でして、ニュースやディスコグラフィーなど無料で見られる情報もありつつ月額会員制サービスも提供しております。会員になると、ライブの最速チケット先行に応募できたり、メンバーさんやマネージャーさんの書くブログが読めたり、壁紙をDLできたり、特典がもらえたりというメリットがあるわけです。いわゆるファンクラブ的なサービスを、モバイル・スマホの月額料金を支払っている会員の皆さまに提供する、という形ですね。

で、そこで私が何をやっているかというと、サイトでどういう企画を展開していくか、ライブ・ツアーでどのような特典施策を行っていくか、壁紙はどのようなデザインにするかなど、随時企画を検討し、アーティストの所属する事務所さんとやりとりして調整しながら形にしていくことや、リリース・ライブなどの新たな情報がある際にはその情報をニュース更新したりということもやっております。アーティストのオフィシャルFacebookを更新することもあります。
デザイナーさん・エンジニアさんも社内におりまして、基本的にはサイトの制作も社内で行っております。また、ツアーの時期になりますと、公演の行われる会場に実際に伺って、サイトのブースを設置させていただき、そこで会員特典施策を行ったりということもします。
2012年5月に現在の会社に転職いたしましたので、それから2年弱になるわけですが、日々の仕事が非常に濃く、怒涛のような日々でもありましたので、もっと長い年月をこの会社で働いているような気もします。

また、仕事とは関係なくプライベートで、山形県庄内地方発の地域おこしフェス「もっけだフェスティバル」というイベントも実行委員長として主催しておりました。2008年〜2010年は酒田MUSIC FACTORYで開催したり、2010年に渋谷DESEOで開催したりしていたわけですが、その後、仕事が忙しくなったこともあり、お休みしておりました。

mokkeda2013_B5flyer_1000が、去年は、その「もっけだフェス」を3年ぶりに復活させまして、2013年11月2日に「山形・庄内もっけだフェスティバル2013 in 渋谷〜大音楽芋煮会〜」と題しまして、渋谷O-nestで開催したわけです。たくさんの方々のご協力や、素晴らしいご出演者の皆さまのお力もあり、内容的には本当に素晴らしいイベントになったのではないかと思います。関わっていただいた皆さま、ご来場いただいた皆さま、改めてありがとうございました。大変もっけでした。

山形新聞の取材もいただきまして、このような記事にもしていただきました。

「もっけだフェス」山形の魅力、渋谷で発信 芋煮味わい、音楽楽しむ|山形新聞:
http://yamagata-np.jp/news/201311/03/kj_2013110300076.php


こんな素敵なものも生まれました。今回のもっけだフェスでの上映のために、新潟在住の鬼才・鈴木ナナ子を始めとする撮影スタッフの皆さまに酒田まで弾丸遠征していただき(その節は本当にありがとうございました。。。)、酒田市ロケで制作した、庄内弁ドラマ「んめちゃ!」です。酒田出身の歌姫、上々颱風のボーカル・白崎映美さんに友情出演いただいたり、うちの実家の家族を含め酒田在住の人たちにもご出演いただきまして、とても面白い映像が完成しました。

YouTubeでも公開しておりまして、再生回数がかなり増えてきております。とても嬉しいことです。

【庄内弁ドラマ】「んめちゃ!」(ロケ地:山形県酒田市など、制作:もっけだフェスティバル実行委員会)


また、この映像は、ショートショートフィルムフェスティバルの「第三回 観光映像大賞」に応募しておりまして、6月頃に結果が発表されるのですが、そちらも気になるところです。

で、この「もっけだフェス2013 in 渋谷」は、内容的にはとても良かったわけですが、イベントの収支としては、結構な金額の赤字を出してしまいました。100人ぐらいの集客でトントンのところ、約70人ぐらいの集客にとどまりました。
その原因としては何点かあります。実行委員長である私がイベントに割ける時間を十分に取れなかったこともあり、出演アーティスト決定まで非常に時間がかかってしまい、イベントの告知がかなり遅くなってしまったこと。主催側での集客はかなり頑張ったものの、出演アーティストの皆さんの集客に対するモチベーションを上げることができなかったこと。3連休の初日と日取りが良すぎたため、他のイベントとも重なってしまったこと。あとはチケットの値段が若干高かったことなどが主な原因かと思います。

そのように原因ははっきりしているわけですが、まずは私自身の仕事の状況を変えないと、ちょっと次回開催が難しいかなという気がしております。平日にライブに行けない状況が続いており、アーティストさんへの出演打診などに非常に支障があるとともに、イベントの準備に割ける時間が現状少ない。次に向けての再起を図り、実行できる体制を整えるために、少々お時間をいただきたいという状況です。でも、いつかは必ず再開したいと思いますので、もっけだフェスの次の展開まで、しばらくは気長にお待ちください。


さて、そんなこんなで日々を過ごしているわけですが、先日2月23日に、「東京で、自分らしい山形との関わり方を考える」【ヤマガタ・ユアターンサミット】というイベントに参加しまして、山形にUターン・Iターンして非常に面白い活動をされている方々、酒田を代表するバンドFRIDAYZのような「LOCAL HERO」と言える方々が様々なジャンルでたくさんいらっしゃるのだなということを目の当たりにしまして、とても勇気づけられました。それとともに、地元である山形に対する自分らしい関わり方も、なんとなくイメージできた気がしました。

私は、1980年6月に酒田市で長男として生まれ、今は東京に住みながら会社勤めをしておりますが、酒田に住む両親は既に定年を迎えておりますし、両親や祖母の酒田での暮らしを支えていきたいという気持ちもあります。そして、阿部家の実家は、僕にとって唯一無二の生まれ故郷であり、とてもいいHOMEなのです。

3e5e6789もっけだフェスのチラシにも使用している左記の写真は、実家の窓から見える庄内平野と鳥海山と猫の景色です。この景色も含め、大切にしたいと思いますし、この中で暮らしていきたいという気持ちもあります。なので、いつになるかはわかりませんが、ゆくゆくは酒田に帰るということを漠然とですが考えております。

ただ、どういう形で帰るのか、酒田でどういう仕事をするのか、というところまで具体的にイメージできている段階ではないことも事実です。今の仕事は大変ながらも楽しいですし、もう少し突き詰めたいなと思ってます。また、2020年の東京オリンピック開催の際は、できれば東京にいたいなあという気持ちもちょっとあります。
で、先日の【ヤマガタ・ユアターンサミット】のワークショップで、「じゃあ、今できることって?」ということを考えた時に、タカノさんという人がおっしゃっていたのですが、東京にいる間に「将来の決断のための選択肢を増やす」ということもありかなと思いました。もう少し東京で目の前のことをやりながらドリフトすることで、できることをより深く広くするという形です。

それを考えた時に、2020年というタイムリミットはひとつ設定できるかもしれないと、今思いました。


あと6年。


されど6年。


長いようで短い時間。


酒田に帰った時に、より山形の発展に貢献できるようにするために、この6年という時間を有意義に使って、自分のできることを増やして深めていきたいと。

そして、東京にいる間は、できる限り、山形や庄内の良さを広めていくような活動をしていきたい。
それが、今私ができる、山形との自分らしい関わり方なのではないかなと。


2020年には、私は40歳になります。


酒田での生活を新たに作り、地域に溶け込んでいく大変さはもちろんあると思います。

ですが、酒田で新しいことをやるには、早くもなく、遅くもない、いい感じの年齢ではないでしょうか。


そんなことを、今考えております。


まあ、予定は予定ですし、変わる可能性は全然あるわけですけれども。


考えるきっかけと、そしてこのブログを書くきっかけを与えてくださった、【ヤマガタ・ユアターンサミット】の主催の皆様、出演者・参加者の皆様に感謝です。もっけです。


そして、そのサミットでゲストとして登場した「地元びいき」というサイトを手がける遊佐町在住の池田俊光さんや、主催の田中麻衣子がおっしゃっていた、「庄内には面白い活動をしている人がたくさんいる」という言葉。
同じくゲストで登場した、米シスト庄内の佐藤優人さん(庄内町在住)の「庄内には、地元つまんねーと文句を言って終わる若者が多い」という話や、そういう地方の大衆(ヤンキー)が中心となるような文化を敢えて作って変えていきたいという話。佐藤さんの書いたブログ記事もとても興味深い内容でした。

逐次刊行amarume: 0223-0224 UrTURN SUMMIT にて 燃える
http://iam100show.blogspot.jp/2014/02/0223-0224-urturn-summit.html



面白いじゃありませんか。庄内。

酒田に帰った暁には、そのような方々と一緒に、庄内、そして山形をもっと面白くすることができるような気がします。


そういうわけで、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


  

Posted by ayate at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月12日

庄内もっけだフェス2010を振り返って。

P8110001_450先日、8月11日、12日に酒田MUSIC FACTORYにて行われた、「庄内もっけだフェスティバル」。

本当にたくさんの方々にご来場頂きまして、無事、大盛況で終了いたしました。皆様、大変もっけでした!ありがとうございました!!!

・・・と、本当はもっと早くきちんとしたお礼の文章をここに記すべきだったのでしょうが、今回のもっけだフェスを終えて、かなりの燃え尽き感があったことと、どう整理していいのか分からない気持ちを言葉に出来ず、こんなに時間がかかってしまいました。気づけば、もうあれから1ヶ月が経ってしまいました。もっけです。

今年で3回目を迎えたもっけだフェスですが、今回は初の2日間開催ということで、遠方からお招きするアーティスト数も格段に増え、庄内の素晴らしさを感じる食べ物や企画などもかなりグレードアップしての開催となりました。

おととし、去年の開催に比べて、予算の規模もやるべきことも格段に増えて、悩むことも多かったし、スタッフの負担もかなり増えたように思います。そして正直、自分自身の力の無さや至らなさもかなり感じました。協力してくれるスタッフの皆さんの力が無ければ、今回は本当に開催出来なかったと思います。

今回中心となって動いてくれたスタッフは、ほとんどが庄内以外に在住の人達で、しかも庄内にほぼ何のゆかりも無い、新潟出身のnacoや、東京のおかっちのような人達までもが、この「庄内」という地域に魅力を感じ、そして「庄内をもっともっと盛り上げる!」というテーマに熱いものを燃えたぎらせて、多忙なスケジュールを縫って身を粉にして頑張って下さいました。

また、ナタリーさんやCDJournal.comさん、CINRA.NETさん、その他様々な媒体にもニュース掲載して頂きました。

地元酒田の人達も、チケットを手売りしてくださったり、メールで告知にご協力頂いたり。本当にたくさんの力が結集して、イベント当日まで突き進んでいきました。


そして迎えた、庄内もっけだフェスティバル2010。

ここからは写真とともに振り返っていこうかと思います。


1階のラウンジスペースでは、酒田出身の飯富崇生くんからご提供頂いた「だだちゃ豆」の無料提供に始まり、

IMG_0777_600IMG_0742_600これが山形県三川町発の「庄内バーガー」!!んめけ〜!


IMG_0868_600「けーくーこ」さんのご協力による庄内の名産品の販売、そして飛島のごどいもの提供などなど、盛りだくさん。


P1010505_600IMG_0865_600

ご来場者の皆さんから、庄内に対する「もっけだ」のメッセージを書いて頂きました。


IMG_0827_600ライブの合間には、庄内弁おもしろ講座「庄内弁でしゃべらナイト」や、皆さんから応募頂いた「もっけだフォトレター」の上映も。


こちらが、その際に流した動画です!!

【庄内弁講座】庄内弁でしゃべらナイト 第一回
http://www.youtube.com/watch?v=097XEuKUGmI

【庄内弁講座】庄内弁でしゃべらナイト 第二回
http://www.youtube.com/watch?v=w6CscrIOyEM

【庄内弁講座】庄内弁でしゃべらナイト 第三回
http://www.youtube.com/watch?v=wX6SbcVRdxQ

「もっけだフォトレター」の映像もどうぞ。BGMは、もっけだフェステーマソングの「もっけだ協奏曲」です。

もっけだフォトレター


IMG_0713_6000P1010526_600また、酒田在住の斎藤佐知子さんによる、庄内の歴史ある風景を撮った写真も展示。「もっと庄内の街を歩こう!」というメッセージが込められていて、もう一度地元を見つめ直すきっかけになったのではないかと思います。右側の写真に写ってるのは、司会をして頂いたtakujiさんと、僕の高校陸上部時代の同期の妹さんです(笑)。



そして、ライブの方は…。

P1010493_6003入口前のスペースで、笹口騒音ハーモニカのライブで幕開け。

かなり即席のステージだったのですが、オワリカラに同行しているPAの原田さんのお力添えもあって、何とか形にすることが出来ました。原田さん、ほんとでもっけでした。。。

やっぱり、音楽が鳴り始めると、このもっけだフェスのあったかい空気感が広がってきました。


そして、1日目のステージは、地元の歌姫・高山愛さんに始まりました。「もっけだましい」のこもった美しい歌声を聴かせてくれました。

サマソニ出演の勢いもそのままに、いつもにも増してキレッキレのライブを披露してくれたTHIS IS PANICのライブでは、「おすもうさん」という曲でタカキ君が相撲の相手に僕を指名。しかし見事に私が2連勝を飾りました(笑)。MCもめちゃくちゃウケてましたねー。

酒田で高校生活を送ったQurageくんは、その音楽と歌で会場の空気を清らかに染めてくれました。やっぱり、彼の音楽は、庄内の空気に凄く合うような気がします。

そして、京都から長い道程を経てやって来てくださった空中ループ。いつもにも増して美しいライブ。会場内もめちゃくちゃ盛り上がってました。

IMG_0799_600そして、笹口さんの絶叫と高温度の演奏がかなり熱くたぎっていた太平洋不知火楽団。いやー楽しかった!!


トリは、東京のオルタナティブ・ロックシーンを先頭で引っ張るオワリカラの、とんでもない爆発力を伴ったライブ。最後はアンコールも出る盛り上がり。

いやー、どのアーティストのライブも素晴らしかった!!!まじで!!

IMG_0878_600IMG_0876_600

フィナーレでは、「もっけだソング」を合唱。出演アーティストの皆さんにも壇上に上がっていただき、大団円に終わりました。


そして迎えた2日目は、波乱の幕開け。お盆の渋滞に巻き込まれ、リハーサル時間に間に合わないバンドが続出。リハ時間もどんどんと押していき、かなり焦りまくりました。

P8110028_600

結局、15分押しでなんとか開演。

もっけだフェスには3年連続皆勤賞の出演となるエリーニョさん率いる、エリーニョ&The Sweetest Friendsから始まる。やっぱりエリーニョさんの作る音楽の優しさとか安心感って、庄内の空気の中で聴くと凄く染み渡ってきますね。

IMG_0938_600そして、僕の好きな「行く末」や、今回のもっけだソングとして「サンキューロック」を披露してくれたThe Musique。良かったなあー。

The Musique - 行く末(Live)@酒田MUSIC FACTORY 2010.8.12

「行く末」のライブ動画です。

ANIMAも素晴らしいライブでした。ボーカルの小島ケイタニーラブさんが、当日に土門拳記念館に行った時に酒田市を走る「るんるんバス」(どこまで乗っても100円の奇跡のバス)に乗ったエピソードを元に、「るんるんバスの歌」を作って歌ってくれました。これも会場が大盛り上がり。

IMG_1013_600そして酒田のトップバンドFRIDAYZは、いつも通りのハイテンションで楽しすぎるライブをカマしてくれました。この流れでFRIDAYZのライブを観れたのはすげー楽しかったです。YOMOYAのキーボードの長倉さんがめちゃくちゃフロアで騒いでいたのも印象的でした(笑)。

IMG_1020_600ここで、1階のスペースで急遽、酒田の弾き語りミュージシャン人路くんが飛び入りライブ参戦。仕事を早く切り上げてくれて、当日に出演が決定したにも関わらず、その美声はやっぱり間違いなかった。2曲だけでしたがかなり盛り上がったです!

そして、FRIDAYZの健太くんも楽しみにしてたYOMOYAが登場。他のバンドももちろんそうなのですが、このバンドを庄内で観れるこのレア度たるや、凄まじいと思います(笑)。音の手触りや温もりがしっかりと伝わってくる、じわじわと喜びが広がるようなライブでした。

2日間のトリは、SEBASTIAN X。やっぱりこのバンドの発する音の躍動感と生命力たるや。人を幸せにするパワーに溢れていますねほんとに。当然のごとくアンコールも。トリにふさわしい、素敵なライブでした。

2日目も、どのアーティストのライブも素晴らしかった!!!


ただそんな中で、主催側としては、様々な点で不備があり、非常に申し訳ない思いをしました。時間がかなり押してしまったことや、アーティストさんへの確認ミスなどもあったり。そんなことも積み重なったことで、2日目のフィナーレは、「もっけだソング」を歌うことが出来ませんでした。正直、今思うと心残りなことでした。

全てのアーティストさんが気持ちよくライブを行って頂けるようにすることが、僕ら主催者側としてやるべきことであり、そこの部分で様々な配慮や人手が足りていないという問題があったことは紛れもない事実でした。これについては僕としても本当に反省しております。


でも色々大変なこともあったけど、なんだかんだ言って、アーティストの皆さんそれぞれが庄内を楽しんで下さっていたのも感じてほっとしたし、やっぱり、庄内ってやっぱいい場所だなあ、って改めて感じたのも事実。

「もっけだ」という言葉の持つ大きな力についても、再度実感することが出来ました。

P8110027_600IMG_0767_600

そして、この2日間で、延べ約200名の方々にご来場頂いたという事実。中には、岩手などの隣県や、わざわざ東京からこのイベントのためだけに酒田に来て頂いた人もいらっしゃいました。

やっぱり、お客さんの笑顔がたくさんそこにあったことは、本当に素晴らしいことで。やって良かったなあ、って心から思いました。



今回、出演して頂いたアーティストの皆さま、

ご来場頂いたたくさんの皆さま、

ご協賛、ご寄付を頂いた皆さま、チケットを売って頂いた皆さま、

そして、最後まで一人ひとりが最高の仕事をして下さったスタッフの皆さま、


本当にもっけでした!!!


やっぱり、色んな人達のご協力に感謝の意を表すときって、この「もっけだ」という言葉がもっともふさわしい瞬間だと思います。

ありがとうございました。もっけでした。


そしてこのもっけだフェスですが、来年やるかどうか、まだ正直迷ってます。

スタッフの皆は、それぞれが仕事を持っている中で、本当に貴重な時間を割いてこのもっけだフェスのために尽力して頂いています。でも、かなり限界を超えた仕事量を抱えてしまった人もいました。「もっけだ」を通り越して、申し訳ない、と思ったのも事実。

東京にいながらにして、遠く離れた庄内のイベントを作っていく難しさというものも、3年やってきてひしひしと感じております。

僕の思う理想のフェスを作っていくためには、地元で中心になって動ける核となるメンバーがほとんどいない今の体制ではとても厳しい。僕自身が、酒田に帰るしかないのかも知れないとも思ってます。

でも、厳しいながらも、やっていくしかない、という気持ちもあったりして、その葛藤の中にいるという感じでもあります。


また、僕が初めて開催しようと思った2008年当時は、山形の内陸の方では「DO IT!」や蔵王龍岩祭のようなフェスがあって盛り上がっているのに、庄内でのフェスがほとんど無いという状況がありました。そこで、庄内発のフェスをしっかりと作っていきたい、という思いもありました。

そんな中、今年は鳥海サマーキャンプという野外フェスが産声をあげたり、9/20にMUSIC FACTORYで開催される「さいこもへ祭」のような地元発の面白いイベントも生まれてきている。

これは非常にいい傾向だと思いますし、上記のイベントは、もっけだフェスのやろうとしている方向性に近いことをやっているのではと思います。僕がやらなくても、庄内の良さを再発見したり地元を盛り上げたりという役割を、そういう他のフェスやイベントに任せちゃってもいいのではないか、という気もしてきております。


でもやっぱり、僕がもっけだフェスを通じて成し遂げたいことっていうのは、もっともっと大きなことで、庄内の素晴らしさを、全国へ、そして全世界に発信していきたい、ということだったりもします。

そのゴールに近づいていくために、今の規模のままやり続けていくのか、一旦1年ぐらい休んで、しっかり大きな計画を練りなおしてやるのか、という選択のどちらをとるのか。そこについても、ちょっときちんと考えたいと思ってます。

その上で、来年開催するのかどうか、開催するとしたらどのような形がいいのか。あるいは、再来年以降に向けて計画を練っていくのか。それについて決めていきたいと思います。

いずれにせよ、もっけだフェスを、僕はこれからもやります。
必ず戻って来ます。

それだけはここに誓いまして、もっけだフェス2010の総括としたいと思います。

長文を最後まで読んで頂き、大変もっけでした(笑)。


こちらが、出演アーティストの皆さんがもっけだフェスについて書いて下さっているブログですので是非読んでみてください。

空中ループを斬る | もっけだ日記

もっけだ!|The Musiqueオフィシャルブログ

1/880000の孤独 : [Qurage] 酒田総集編/ほとんど山口(8/11,12)

エリーニョとほほ通信:ガム頼り

FRIDAYZ MEETING:明日待ってます!


もっけだフェス関連のTwitterでのつぶやきをまとめてみました。
Togetter - 「庄内もっけだフェスティバル2010 −好ぎだ!もっけだ!庄内!− まとめ」


最後に、実行委員として本当に頑張ってくれた、新潟のnacoのブログ。本当にありがとう。
庄内もっけだフェスティバル その意義 : 七井橋


DSC02743_600僕の実家に泊まって頂いた、YOMOYA、太平洋不知火楽団の皆さんと。  
Posted by ayate at 13:07Comments(2)TrackBack(0)

2010年06月23日

庄内もっけだフェスのニュースが、ナタリーのアクセスランキングで1位に(笑)。

もっけだフェス_フライヤー・ロゴどうもご無沙汰しております。アヤテです。

このたび、8/11、8/12に僕の地元酒田で開催されます、「庄内もっけだフェスティバル2010−好ぎだ!もっけだ!庄内!−」の詳細を発表いたしました!

▼もっけだフェスティバルWebサイト
http://www.mokkefes.com/

私が実行委員長として2008年から開催しているもっけだフェスですが、今年で3回目となりまして、初の2Daysでの開催となります。

で、今回は面子の方も本当に素晴らしいバンド・アーティストばかりでして、各種音楽メディアにもニュースとして取り上げて頂くことが出来ました!!


ナタリー - 庄内もっけだフェスをSEBASTIAN X、YOMOYAらが支援


CINRA.NET - 庄内地域おこし「もっけだ」フェスにオワリカラ、YOMOYA、太平洋不知火楽団ら大集合

CDJournal.com - SEBASTIAN X、オワリカラ、YOMOYAら出演! 山形県<庄内もっけだフェスティバル2010>開催!

とくに、音楽情報サイト最大手のナタリーさんでは、掲載から翌日朝までのアクセスランキングで、なんと見事1位を獲得(笑)。

ナタリー1位←これが証拠画像です。

ナタリーの記事下のコメントなど見てみると、Twitterでの地元人などからの反応もかなり多くて、凄く嬉しいですね!

以下、その反応より。

『何これ、めっちゃ地元!笑 フェスブームに完全に乗っかってる。ちなみに「もっけだ」は「わざわざありがと〜」みたいな意味。』

『観てみたいバンドいっぱい…みんな夏は酒田行こうぜ★彡』

『ふーん、山形にこんなフェスあるのね…ってちょっと!なんかメンツ良くない!?』

『アヤト君のもっけだフェスがナタリーニュースに載っとる!着々と拡大してすごいな。』

『せっかくMUSIC FACTORYっていう良いハコあるんだし、もっと音楽で庄内盛り上げていきたいもんだね』

『今年は夏フェスへの参加は無いけど、「青春18きっぷ」使ってちょっと行ってみよう…かな?(まだ考え中だがw)』

『酒田のフェスいいなー。でも東京にいるだろうな。。。オワリカラとかYOMOYAとかが酒田に行くって・・・。ナタリーにまで掲載されちゃうしすごい!酒田なかなかやるね!』

『庄内もっけだフェスがナタリーに載ってるよ! すげー全国区だ。』

『「もっけだ」という言葉も全国区にします(笑)』


いやーそんなこんなですが、ほんと嬉しいですね。
RTしてくれた皆さん、ほんとでもっけです!!

ということで、以下がフェスの詳細になります。

庄内もっけだフェスティバル2010
−好ぎだ!もっけだ!庄内!−

日程 : 2010/08/11(水)、8/12(木)
場所 : 酒田MUSIC FACTORY
開場 : 17:00 開演 : 17:30

料金 :
前売−1日券1,600円、2日通し券2,200円 (+各日入場時にワンドリンク代400円)
当日−1日券2,000円、2日通し券2,600円 (+各日入場時にワンドリンク代400円)
※中学生、高校生はチケット代半額!!、小学生以下は無料!!

LIVE ACT :
▼8/11(水)
オワリカラ
太平洋不知火楽団
空中ループ
Qurage
THIS IS PANIC
笹口騒音ハーモニカ
and more…!!

▼8/12(木)
SEBASTIAN X
YOMOYA
ANIMA
エリーニョ&The Sweetest Friends
FRIDAYZ
The Musique
笹口騒音ハーモニカ
and more…!!

MEET : ∞

お問い合わせ、チケットのご予約
→mokkefes@gmail.com
※チケットのご予約は、お名前、1日券(日にち)or 2日券の種別、一般 or 高校生以下の種別、枚数を本文にご記入の上、メールを送信してください。当日、お名前を言っていただき、受付にて料金をお支払い頂いて入場して頂く形になります。

▼イープラスでもチケット発売!!
庄内もっけだフェスティバル2010<2日券>
庄内もっけだフェスティバル2010<1日券>


また、こちらはお願いになるのですが、今回、正直かなり財政的に厳しい状況でして、このフェスティバルに協賛していただける企業様、団体様、個人様を募集しております。庄内の活性化のために、庄内の未来のために、何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。企業・団体は一口10,000円から、個人様は一口1,000円からになります。

詳細は、渾身の大作、もっけだフェス企画書(PDF:52ページ、1MB)をダウンロードしてご覧下さい。

※ご協賛、取材等のお問い合わせは、
mokkefes@gmail.com
までメールにてお願いいたします。


皆さんに楽しんで頂けるような最高のフェスになるように、当日までまじで準備の方頑張っていこうと思います。

それでは、引き続き、もっけだフェスをよろしくお願いいたします!!

▼もっけだフェスティバルWebサイト
http://www.mokkefes.com/


P.S. 6月20日をもって、私アヤテは30歳になりました。お祝いのお言葉を頂いた皆様、本当にありがとうございます。孔子の論語の言葉によると、人は「三十にして立つ」とのことですので、ちゃんと地に足を着けてすっくと立ちつつ、世のため人のため、そして音楽のため、地元山形のために邁進していこうと思います。今後とも皆様よろしくお願いいたします!!
  
Posted by ayate at 01:43Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月22日

「東京モッケダ☆ナイト vol.1 in 渋谷」盛況で終了!ライブ動画もどうぞ。(動画追加しました)

o08001067105017048284/17(土)に開催されました、「東京モッケダ☆ナイト vol.1 in 渋谷」。無事に、盛況で終了いたしました!!!

来て頂いた皆さん、そして出演して頂いたアーティストの皆さん、

本当に、もっけでした〜!!!!!


いやー、やっぱり、音楽っていいですね。
そして、山形っていいですね。


写真と動画も交えつつ、振り返ってみます。

DSC02394こちらが、ご来場者プレゼントの、今秋発売の山形米「つや姫」の試供米。


DSC02397DSC02395
つや姫販売スペースの看板を準備中の、ダブルスズキコンビです。

会場では、つや姫を炊いたご飯も、酒田の塩納豆、飛島のいか塩辛、尾花沢のだしをかけて、1杯¥200で販売!

o0800106710501705833o0800106710501703798そしてこれが、山形県の特産品通販サイト「おらほの屋」さんからご提供頂いた、山形県舟形町の名産品、「舟形マッシュルーム」!!

これ、めちゃくちゃ美味かった〜!生で食べれるんです。

感動の味でした。


o0800106710501706404で、バンドのリハが終わった後、スタッフ、出演アーティスト含め、皆で顔合わせ。

全員で円陣を組みまして、僕が勝手に作った「モッケダ三唱」をやってみました(笑)。

「もっけーもっけーもっけーだー!もっけー、だー!!」
「もっけーもっけーもっけーだー!もっけー、だー!!」
「もっけーもっけーもっけーだー!もっけー、だー!!」

ということで、皆で団結を図りました。
こういう小さなことが、イベントの雰囲気を非常に高めたりするものです。


そしていよいよ、開演、ライブ開始。

100417_174257_1オープニング・アクトとして登場したのが、我らがプリズムリズム

オルタナティブ・アラサー・ロックバンドです。僕は、モンテディオ山形のユニフォームを着てギターを弾きました。

今回は、みんな結構緊張もあったのかなー。
いつもの練習で出してる力は、正直出てませんでした。すいません。まだまだ精進します。


ほい。2番手は、ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ!!
ここからは動画アリです。

ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ - ロックンロールを知らない子供達 @渋谷DESEO 2010.04.17


ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズ - スリーライン @渋谷DESEO 2010.04.17


やっぱ、ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズは本当に曲が素晴らしいんですよ。普遍的なグッド・メロディーの力が半端ない。大好きです。酒田出身の@wavesounds_さんもノってましたねえ〜(笑)。


そして続いては、erieが登場。

erie (Live) @渋谷DESEO 2010.04.17


いやーかっこよかった!この圧倒的な轟音と、深淵から響き渡るような叫び、激しい音なのに、美しいんです。圧巻のライブでした。


4番手は、THIS IS PANIC

THIS IS PANIC - WARNING こちらパニック応答せよ @渋谷DESEO 2010.04.17


iTunes Music Storeの無料シングルとして最多ダウンロードを記録し、「耳レイプ」と称されたこの楽曲(笑)。最初のサイレンから、出だしの「愛と平和ーーーーーー!!!!!」のシャウト。この時点でもう、心をぐっとつかまれます。そして、サビから後半にかけての盛り上がりで、体ごと持ってかれます。

ほんと、毎回見るたびに進化していて、いつ見ても楽しませてくれる、素敵なバンドです。素晴らしかった!!


そして、トリ前は、texas pandaa!!

texas pandaa - Days @渋谷DESEO 2010.04.17


静かに可憐。時に轟音。陶酔感のあるその世界観は、透明な美しさを湛えていました。こういう音楽、大好きなんですよね〜僕。メンバーさん一人ひとりのキャラも、とても好きです(笑)。

3rdアルバムの『Down In the Hole』が6/2にリリースされるとのことで、こちらもめちゃくちゃ楽しみです!!!!


そして、いよいよ最後に登場したのが、太平洋不知火楽団!!

太平洋不知火楽団 - たとえば僕が売れたら @渋谷DESEO 2010.04.17


太平洋不知火楽団 - ダンシングヘル @渋谷DESEO 2010.04.17


モッケダーーーー!!!!
いやー、もうやっぱ太平洋さんはすげーっすわ。4/16と4/18もライブで、なんと3日連続ライブの中日だったわけなんですが、疲れなど全く見せずに、まじでグレートかつとんでもないインパクトを残したライブでした。

「ダンシングヘル」の最後、映像では途切れてしまっているのですが、ベースの大内さんが、ベースを僕に手渡した上に僕を肩車するというハプニングが(笑)。いやー、太平洋のベースを弾けて、光栄でしたww。


というわけで、いかがでしたでしょうか。
雰囲気だけでも、伝わったなら幸いです。

ラウンジでの山形の食べ物の試食・販売もかなりの盛況でして、「つや姫」のご飯販売も、めでたく完売!だったのですが、写真をほとんどこちらで撮っていなかったのが残念です。

おらほの屋さんの方で、ラウンジの様子をUst配信もして頂いておりまして、その動画でしたら見れますのでこちらでどうぞです。

http://www.ustream.tv/recorded/6240890


モッケダ三唱は、39:30ぐらいから(笑)!!!

あと、おらほの屋さんの社長さんが写真を結構撮っていらしたので、
また追って、写真もアップしようかと思います。


ということで、
ご来場者様、ご協力頂いたスタッフの皆様、
そして、最高のライブを魅せてくれたバンドの皆様のおかげで、
本当に素晴らしいイベントになりました。

ほんとで、もっけでした!!!


あ、記事中の写真の一部は、ヒラオコジョー・ザ・グループサウンズのギターのタナカくんのブログから拝借しましたのと、プリズムリズムの写真は、大村隊長さんの撮影のものでした。こちらもありがとうございました!


次は、8月のモッケダ☆フェス in 酒田ですね。

こちらは、出演バンドがとんでもないことになっているので、
追って発表します。

お楽しみに。。。

ではでは!!!


【以下、追記です。】
今回出演して頂いたバンドは、今までお互いが一度も対バンしたことの無い初対面のバンドばかりでした。それでも、こうやって一体となってひとつのイベントが作ることが出来たこと、そして、打ち上げとかでお互いが仲良くなって、色んなつながりが生まれたことっていうのは、やっぱ、主催者冥利に尽きます。このモッケダつながりが、今後もどんどん広がっていけばいいなあと思います!

出演して頂いたバンドの皆さん、夜遅くまでの打ち上げ、本当にお疲れ様でした。そして、もっけでした!

あと、つや姫の販売ブースを取り仕切って頂きました、僕の大学時代の親友でもあり劇団つながりでもあるナナコのブログでも、モッケダ☆ナイトについて書かれております。
東京モッケダ☆ナイト盛況にて終了 : 七井橋

彼女は新潟出身なのに、コシヒカリのライバルに成り得るつや姫を大々的にプロモーションして頂いて、本当にもっけです(笑)。つや姫20合ちゃんと炊けて、しかも完売したのは、あなたと、よしのさんのナイスコンビの力のおかげです。もっけでした!

ナナコもついったー始めましたので皆さんフォローよろしくです(笑)
http://twitter.com/naco_7184

あと、ライブのUst配信をして頂いた、@wavesounds_さんも、本当にもっけでした!!!
同じ酒田つながりの兄貴分として、ほんと、あなたの存在は心強いです。
今後とも宜しくお願いします。

そして、美味しいマッシュルームをご提供頂いた、株式会社アリジック「おらほの屋」の皆さん。あのマッシュルームの味は、まさに感動を会場内に満たし、そして笑顔を生み出していました。Ust配信も含め、本当にもっけでした!

素敵なフライヤーを作って頂いた、おかっち、和島さん。
お時間の無い中、もっけでした!
8月に向けても、今後ともよろしくです!

そしてなにより、今回ご来場頂いた皆さん。
皆さんがいてこそのモッケダ☆ナイトです。
一緒に、同じ空間で「もっけだ」感に溢れる空気を吸えたこと、
本当に素晴らしい時間でした。もっけでした!


今回ご来場頂いた方々、そして関わって頂いた全ての人の、
稀有でありがたい気持ちとご協力とご好意に、
とびっきりの感謝と恐縮の意味を込めて。
この言葉をお贈りしたいと思います。



もっけだの〜!!!!!



皆さん、また一緒に楽しみましょう!

では出羽〜〜〜!

  
Posted by ayate at 01:59Comments(2)TrackBack(0)

2010年02月19日

今年もモッケフェスやります!まずは4/17に渋谷で東京モッケダ☆ナイト開催!

モッケダ☆フェスティバル

ということで、今年も開催が決定しました!

私の故郷、山形県酒田市で、2008年より主催している街おこしフェス、

モッケダ☆フェスティバル

今年はなんと、渋谷でプレイベントをやっちゃいます!


その名も、「東京モッケダ☆ナイト vol.1 in 渋谷」


以下が詳細です。

山形県酒田市出身アヤテ presents
「東京モッケダ☆ナイト vol.1 in 渋谷」

日程 : 2010/04/17(土)
場所 : 渋谷DESEO
開場 : 17:00 開演 : 17:30
料金 : 前売2,000円/当日2,500円 (1ドリンク代別)
出演 : texas pandaa、太平洋不知火楽団、THIS IS PANIC、erie、プリズムリズム、and more...
FOOD : 山形米「つや姫」のご飯、山形の特産品など
MEET : ∞

今回、コシヒカリよりも美味い米と噂の、まだ市販されていない話題の山形米「つや姫」を、特別に会場の皆さんにご提供できることが決定しました!しかも、美味しいつや姫を炊飯し、酒田や庄内、山形の名産品をかけた絶品のご飯を召し上がって頂けることになりそうです!!!


また、出演アーティストも、
インディーズの強者達が勢揃いする超豪華メンツ。

まずは、囁くような女性ツインボーカルの可憐なハーモニーと、静寂湛える世界観を覆す轟音が海の水のように揺れ動く、残響レコードから3rdアルバムを5月にリリース予定の4ピースバンド、texas pandaa!!!

そして、2008年のフジロックフェスティバルにて「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演し、自主制作2ndアルバム『ARATASI-YOAKE』がdisk union08年インディーズ年間チャート4位に狂い咲くなど、その凄まじいライブパフォーマンスを含め巷で超話題になっているオルタナティブ・3メンバンド、太平洋不知火楽団!!!

リアルな都会的青少年文化をみんながわか〜るユルいにほんご・ラップで提示する、青学の大学生4人組によるネオ渋谷系脱力派バンド、THIS IS PANIC!!!

ギター2人とベースが山形出身!!ポストロック、エモ、ハードコアなどから影響を受け、美しくも力強い音に感情を込める5ピースロックバンド、erie!!!

そして、僭越ながら私がギターを弾いているプリズムリズムも出させて頂きます。非常に恐れ多いので前座的な扱いでよろしくお願いいたします(笑)。

あと、もう1組打診中ですので、
こちらも決まり次第お知らせ致します。

ということで、食も音楽も、非常に楽しく美しいものが皆さんにお届け出来る、素晴らしいイベントになるとおもいます。東京で、ヒップな山形と素敵な音楽といっぺんに楽しめちゃうこのイベント、面白くねえわけがねえ!!!!!

ぜひぜひ、山形人、山形に興味のある東京人、
どなたでも楽しめるとおもいますので、こぞってお越し下さい!

チケットのご予約はこちらからです!
mokkefes@gmail.com
※お名前、枚数、どなたのご紹介(バンド・個人など)で予約したか、を本文にご記入の上、メールを送信してください。当日、お名前を言っていただき、受付にて料金をお支払い頂いて入場して頂く形になります。

モッケフェス オフィシャルWebサイトにて、出演アーティストのプロフィールやイベントへの意気込みコメントなども掲載中ですので、こちらも是非チェックしてみて下さい!

また、8月には酒田で、モッケダ☆フェスティバル2010も開催決定です。今年はなんと、8/11、8/12の2Days!!こちらの情報も追って発表していきますのでお楽しみに。


おまけ。バンクーバー五輪のスノーボード男子ハーフパイプで金メダルをとったアメリカのショーン・ホワイトが、太平洋不知火楽団のベーシスト大内さんに激似だという噂があるので、比較検証してみましょう。

こちらがショーン・ホワイト。
70gj


そして、こちらが、太平洋の大内さんです。
taiheiyou09


確かに似とるなwwwww
なんだこのシンクロ感はwww

是非、ライブに生ショーン・ホワイトを見に来て下さいw


ではでは、今年も盛り上げて行きますよ〜〜!!!

アヤテでした。
  
Posted by ayate at 05:44Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月02日

酒田モッケダ☆フェスティバル2009のライブ動画。PoPoyansかわゆす!

みなさん、お久しぶりです。

前回、ブログで酒田モッケダ☆フェスティバル2009のピースフルな模様をお届けしてから早2週間が空いてしまいました。

酒田モッケダ☆フェスティバル2009、終了!ほんと良かったです。
打ち上げでのコメント動画や、イベントの写真とかも。


この間なにをしてたかと申しますと、Twitterでひたすらつぶやいたりとか、tumblrにはまって色々していただけではありませんでして。

モッケフェス2009のライブ動画の確認などをアーティストの皆さんにお願いしていたのですが、一向にPoPoyansの皆さんから動画掲載に関して何もレスが無いです!w

そうこうしているうちに9月になっちゃったので、とりあえず掲載しちゃいます(笑)。もし問題がありましたらご連絡下さい!!PoPoyansの皆さん!www


ということで、ライブ動画をお届けいたします!!


まずはトップバッターのエリーニョさん!

エリーニョ - G (Live) 酒田モッケダ☆フェスティバル2009@酒田MUSIC FACTORY



続いて、Sendの皆さん!

Send - 胎動 (Live) 酒田モッケダ☆フェスティバル2009 @酒田MUSIC FACTORY 2009.8.13



そして、PoPoyansさん!

PoPoyans - おとしもの〜太陽のラ 酒田モッケダ☆フェスティバル2009

いやーかわいいーですねー。
太陽のラでは、nonさんの「お尻ダンス」が見れます(笑)。

そしてなんと、トリ前なのにアンコールが!!!

PoPoyans - はじまりの火 酒田モッケダ☆フェスティバル2009

ほんと素晴らしかったんですよー。「はじまりの火」。


そして!トリはトレモロイドの皆さんです。

トレモロイド - morning view(live) 酒田モッケダ☆フェスティバル2009


トレモロイド - フレッシュゴーレム(live) 酒田モッケダ☆フェス2009


トレモロイド - 優しい音楽(live) 酒田モッケダ☆フェスティバル2009


やー、ほんと素晴らしかった。トレモロイド。
優しい音楽が酒田を包んだんです。この瞬間。

ということでお届けいたしましたライブ動画、いかがでしたでしょうか。

あのときの感動が、また蘇ってきました。

心にクるライブばかりでしたし、MCなどでしゃべっている言葉の一つひとつが、胸に響いてきました。

アーティストの皆さん本当にありがとう!もっけでした。


そうこうしているうちに、出演者の皆さんのブログでも、モッケフェスのことを書いていただいていたりしてます。チェックなう!

エリーニョとほほ通信:去年に輪にかけて酷いインタビュー

popoyans nonchanの日記:休暇から

トレモダイアリー | 2009年08月の記事 モッケフェス後半
トレモダイアリー | 2009年08月の記事 モッケフェス前半


あと、僕のブログでも。
酒田モッケダ☆フェスティバル2009、終了!ほんと良かったです。
打ち上げでのコメント動画や、イベントの写真とかも。


ということで、今年のモッケフェスの余韻もほどほどにしつつ、
いろんな後片付けをしながら、もうそろそろ来年への始動準備へと
舵を切らなければなりません。

今年は、主催者としては、反省点も多々あったことは事実です。
でも、動画を見てもわかるとおり、色んな人たちの思い、力が合わさった結果、物凄くいいイベントになったと思います。

ほんと、感謝の言葉しかありません。。。

ありがとうございました。もっけでした!


色んな思いを詰め込んで、来年へとまた動き出します。


酒田モッケダ☆フェスティバル オフィシャルWEBサイト

mixiモッケフェスコミュ

PoPoyans
トレモロイド
エリーニョ
Send

  
Posted by ayate at 04:18Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月18日

酒田モッケダ☆フェスティバル2009、終了!ほんと良かったです。

もっけだの〜〜〜〜!!!!!!!!!!!


ということで、長らく準備してきました、
酒田モッケダ☆フェスティバル2009「おかえり♪よぐ来たの〜!」。

無事に8月13日(木)、酒田MUSIC FACTORYにて開催されまして、ピースフルかつチアフルな空気の中、無事に大団円を迎えました。


本当にありがとうございました。皆さん。


最高でした。


終了してから今日まで、色々バタバタしておりまして、結構死んでました(笑)。ブログのアップが遅くなって申し訳御座いません。

さて、写真や動画とともに今年も振り返っていこうかな。


8/13、当日の朝。

いきなりハプニングが発生(笑)。

東京から参戦のアーティストのエリーニョさんとPoPoyansのお二人が、当日朝着の深夜バスで酒田に向かっていたのですが、エリーニョさんのバスは朝9時に着いたのですが、PoPoyansの乗ったバスが帰省ラッシュの大渋滞に巻き込まれ、6時間ぐらいの遅れ(笑)。


リハに間に合うのか?????


超どきどきものでした。

モッケダ☆フェス 準備1スタッフ会場入りは14時ごろ。

今回は、酒田の東北公益文科大学の学生の皆さんで、SAKATA MUSIC FESTIVAL(サカフェス)の実行委員メンバーが、スタッフとして手伝ってくれた。みんな若い!!!当たり前だけど、19歳から22歳。

これは、「酒田のいいどご自慢」投稿写真をつなぎ合わせて、メッセージボードを作っているところです。


そして、14時過ぎに、PoPoyansのお二人のバスが着きました。ほっと一安心。長旅、本当にお疲れ様でした。

メッセージボード完成したメッセージボードがこれ。

すげえ綺麗!!

酒田の写真、やっぱ改めて見ると素敵です。



モッケダ☆フェス 準備2そして、LAから今回も手伝ってくれたユニバーサルアーティストの飯富崇生くん(モッケフェス副実行委員長)のアイディアによる、「おかえり」を表現した小学校の教室的空間デザイン。


小学校の教室的な。小学校の机と椅子で遊ぶトレモロイドトレモロイドの皆も、小学校のテストなどで遊ぶ。

なんか、開場前からピースフルな空間が広がっていた。



Kosyu絵画今回も、私の実父Kosyuさんによる、自然を描いた絵画を展示。


ごどいもカレーしそ巻きそして、地元の食材を使ったフードたちがこちら。

今回は、飛島ごどいも&平田牧場豚しゃぶを使ったカレーと、だだちゃ豆、そして実行委員の寒河江さんのご実家、さがえ農園からご提供のしそ巻き。

どれもこれも美味かった!



Tシャツ物販Tシャツそして、飯富くんデザインによるモッケフェスTシャツ。

普通に渋谷でも着られるTシャツを合言葉に。飯富くんがオノヨーコにヒントを得て「ART」と「PEACE」をテーマにデザインしていただきました。



前説前説そしていよいよ幕を開けたモッケフェス2009!!

今回は、酒田FMハーバーラジオのパーソナリティーの荒生由子さんをMCに迎えました。前説での実行委員長の私の挨拶。

そして「おかえり♪よぐ来たの〜!」の合言葉で乾杯。




エリーニョそして、トップバッターで登場したのが、エリーニョです。

去年は獏(バク)として2回も来て頂いて、今回はソロでの出演。

本当に、「酒田におかえり」なアーティストなんです。

なんか、最近のエリーニョのライブ、とても素敵なんですよ。

今回のライブも、いやー、ほんと良かった!!!

なんと衆議院議員の加藤紘一さんも会場にいらしてまして、エリーニョのライブに聴き入ってました。

ライブ終了後、加藤さんはエリーニョに「あなたがサマソニ出たの?」とか聞きながら、CDを買っていらっしゃいました。いや、それはPoPoyansですよ(笑)。




Send2番手で登場したのが、地元公益大の学生3人組のインストバンド、Send。

ほんと、酒田でこういうかっこいい音楽性を追求しているバンドがいるってことを、僕は誇りに思うし、今回のパフォーマンスも見事でした。

ぜひ、全国流通のアルバムを出して頂きたいです。まじで。



庄内映画村PRその後、ライブの合間に庄内映画村の皆さんによるPRタイム。

庄内映画村は、映画「おくりびと」のロケ支援や、最近では「山形スクリーム」などにも関わっている、地元の映画支援会社なんです。

今回は、映画「十三人の刺客」のエキストラ募集をアピールして頂きました。



PoPoyansそして次に登場したのが、PoPoyans!!!

映画「ノン子36歳」の主題歌も手がけ、そして先日のサマーソニック09にも出演された彼女達のライブを、酒田で見れるという贅沢さ!

ピースフルでかわいくて、楽しくて。
あー素敵すぎる。

そしてノン子36歳主題歌の「太陽のラ」では、nonさんのお尻ダンスも飛び出しまして、会場は大盛り上がり。

なんと、トリ前なのにアンコールが!!!
アンコールでは「はじまりの火」を歌って下さいました。




トレモロイド
そしてトリで登場したのが、トレモロイド。

頭っから、もう、メンバーの皆の気合いが音に乗り移ってました。

最高に音の心地良さがびんびんに伝わってくるライブ。

そして、トレモロイドにもアンコールが!!!

いやー、今まで観たトレモロイドのライブの中で、
最高に素晴らしかったです。ほんとに。

それを酒田でやって頂けちゃうあたり、僕は主催者冥利に尽きました。


ということで、大団円でモッケフェス2009は終了。

その後、居酒屋MARでの打ち上げへと移動。

さあ、お待ちかね!!

ここからは、スタッフの皆や、アーティストの皆さんのコメント動画です。

トレモロイド 高垣空斗くん 打ち上げコメント


PoPoyans 酒田モッケダ☆フェスティバル2009 打ち上げコメント

PoPoyansさん、長旅で若干お疲れ気味ですが(笑)。なんと翌日の朝6時半の電車で旅立つお二人でした。
今度はゆっくり酒田を楽しんでいただきたいです!

トレモロイドの村上寛くん打ち上げコメント


モッケダ☆フェス実行委員の田澤くん 打ち上げコメント


エリーニョさん打ち上げコメント

向かって右隣はトレモロイドの小林郁太くん。左隣はご協力してくださった田中さん。
エリーニョさんと田中さんは、明治大学の先輩後輩だという新事実発覚!(笑)。最後、田中さんに「これ」って言っちゃったのは、ほんと申し訳御座いませんww無礼講でお願いします(笑)。

トレモロイド 小林陽介くん 打ち上げコメント


モッケダ☆フェス実行委員メンバー 打ち上げコメント

今回、メッセージボードの制作とか色々当日手伝っていただいた、公益大の学生のお二人です。
なんか、スタッフの学生の皆が、「楽しかった」って言ってくれたのが、まっじっで嬉しかった。涙が出そうです。まじで。


ということで、お送りしてきました、モッケフェス2009。

いかがでしたでしょうか。

アーティストの皆さんのライブ動画も、許可が下り次第、ブログにアップしたいと思ってますのでお楽しみにの〜!


今回、第2回目のモッケフェスだったわけですけど、GW過ぎたあたりまで、開催するかどうか、本当に迷ってた時期もあったんです。

でも、今となっては、開催して本当に良かった!!!

自分にとっても、大切なものを得ることが出来たフェスでした。


音楽の素晴らしさ、酒田のあったかさや魅力。

僕一人では全然実現できなかったフェスが、色んな人のご協力によって形になって、そんで全てが美しくて、なんだか僕は幸せものだなーって思いました。


来年以降、もっともっと大きく成長していく余地を残していると思うし、庄内を代表するフェスに育てていかなければいけないと考えております。

そのためにも、来年は是非、野外でやりたいな。

ちょっと休んだら、来年に向けてまた徐々に歩き出します。


今回、ご来場いただいた皆さん、もっけでした!!!

スタッフとしてご協力いただいた皆さん、もっけでした!!!

ご協賛、ご協力、ご後援いただいた皆さん、もっけでした!!!

MUSIC FACTORYのユウジさん初めスタッフの皆さん、もっけでした!!!

出演していただいたアーティストの皆さん、もっけでした!!!


今回関わっていただいた全ての人に、感謝と敬意の言葉、


「もっけだの〜〜〜!!!!」


をお送りして、モッケフェスレポートを終了したいと思います。


また来年のモッケダ☆フェスティバルをお楽しみに!!!


酒田モッケダ☆フェスティバル オフィシャルWEBサイト

mixiモッケフェスコミュ

PoPoyans
トレモロイド
エリーニョ
Send


酒田モッケダ☆フェスティバル2009のライブ動画もアップしました!!  
Posted by ayate at 03:29Comments(2)TrackBack(1)

2009年08月12日

いよいよ明日酒田モッケダ☆フェス!ラジオ番組に今日夕方生出演!?

酒田モッケダ☆フェスティバル2009 フライヤーどもー。アヤテです。

いよいよ明日に迫ってまいりました!

酒田モッケダ☆フェスティバル2009

前売りでの予約をまだされてない方は、

mokkefes@gmail.com

まで、枚数、お名前、学生か一般かを記載の上メールください!

当日ふらっといらしていただいても、
入場できると思いますー!お気軽にどうぞです!


ということで、昨夜の深夜バスで酒田に戻ってまいりました。

ただいま酒田。おかえり、みんな。


ということで、今日の夕方17時15分ぐらいから、
酒田FMハーバーラジオの番組「サンセットハーバー」に、
明日出演のトレモロイドの皆さんが生出演します!

んで、僕も付き添いで行って来ます(笑)。
もしかしたら、何かしらしゃべるかも知れません。

なので夕方ごろ酒田の人でラジオ聴ける方は、
ぜひぜひ酒田FMハーバーラジオ聴いてみてくださいのー♪

ではでは!


  
Posted by ayate at 12:13Comments(2)TrackBack(0)

2009年07月21日

昨日は、エリーニョのランチライブに行って来ました。

昨日は、渋谷の7th FLOORというところで、酒田モッケダ☆フェスにも出演するエリーニョさんのランチライブがありました。

エリーニョ今回は、グランドピアノと歌の弾き語りだったのですが、1曲目の新曲からとても良い空気感。

なんかね、歌が凄く伝わってきて、良かったよ。ほんと。

エリーニョはいつも、奏でる音楽と体が共鳴してて、体全体で歌いながら音を鳴らしてる感じがするんですよね。昨日はいつも以上にその共鳴感があって、最後の曲まで素敵だったと思います。

ということで、ライブ動画です。

エリーニョ - とまと (Live) @渋谷7th FLOOR 2009.7.20


エリーニョ - G (Live) @渋谷7th FLOOR 2009.7.20


酒田でお待ちしております!!!!

エリーニョ - MySpace  
Posted by ayate at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月20日

酒田の若手バンドSendが、ヤバいぐらいにかっこ良かった件。

昨日から今日まで、酒田に帰ってました。ただいま。おかえり。

今回は、鳥海山 ROCK FESTIVAL 2009の視察のためってことで、慌しい帰省となっちゃいました。

んで、僕が酒田に到着した途端に、あいにくの土砂降りに。
俺の雨男っぷりがMAXまで高まった瞬間でした。

鳥海山ロックフェスの会場は、道の駅「鳥海 ふらっと」の近くにある野外音楽ステージ。

こんな土砂降りの中でも、屋根のあるステージだったので全く雨をものともせず開催されてました。観てる人は大変だったと思いますが、いい雰囲気でした。まじで。

地元のバンドばかりが出演していたようなのですが、本当にいいフェスだと思います。主催者の皆さん、お疲れ様でした!


さて、その後、酒田MUSIC FACTORYにライブを観に行った。

ドリプレという酒田のバンドが出ることは知ってたのですが、モッケダ☆フェスにも出演するSendが急遽その日に出演することになってたらしく、まじでテンション上がりました。

2番手で登場したドリプレは、いわゆるメロコア系に属すると言っていいのだろうか。Enjoy Punk Band。若さ溢れる、でも非常に好感の持てるステージングで、会場を盛り上げた。今後が楽しみな若手バンドです。メンバーの1人が中平田出身ってことで、僕の中学校の後輩でした(笑)。

そして、秋田からの遠征バンド「黒」のライブの後、トリで登場したのが、酒田の大学生3人組インストバンドのSend。

Send一発目の出音から、確立された世界観と存在感溢れる音がはんぱなく押し寄せてきた。


すげえ。


まじですげえ。


酒田に、こんなバンドがいるんだと思って、感動を覚えた。


残響レコードのバンドと比べても、遜色無し。

噂には聞いていたが、今回、モッケダ☆フェスに誘ってほんと良かったと思った。

彼らは、東北公益文科大に通う学生3人組。
今後の成長も楽しみで、末恐ろしささえ感じるバンドである。

ライブの動画を撮ったので、こちら観てみて下さい。

Send - 胎動 (Live) @酒田MUSIC FACTORY 2009.7.18


酒田の音楽シーンの未来は、ここにある。

そう言っても過言ではないと思う。

Sendは、mudy on the 昨晩や、つしまみれともMUSIC FACTORYで対バン経験があり、名実ともに酒田を牽引していくバンドに成長しつつある。


これは、モッケダ☆フェスが本当に楽しみになってきました!!!まじで!!

  
Posted by ayate at 00:03Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月13日

モッケダ☆フェス、酒田市の後援決定&山形県支援事業認定で〜す。

こんばんはー。
酒田モッケダ☆フェスティバル実行委員長のアヤテです。

このたび、酒田モッケダ☆フェスティバルに
酒田市の後援がつくことが決定!

アーンド、山形県支援事業 「平成21年度若者による地域振興イベント応援事業」認定公式イベントに決定!

ということで、山形県や酒田市の力強いバックアップも得ながら、
音楽&酒田の魅力が溢れるまちおこしイベントとして、
今年も成功させていきたいと思ってます。

あと、東京から参戦のトレモロイドから、モッケダ☆フェス出演に向けての意気込みコメントが届きました。

トレモロイド (東京) MySpaceで試聴

「『モッケダ☆フェスティバル』を『おしん』『おくりびと』に続く酒田市の代名詞にするべく、東京から参戦トレモロイド。

美味しい空気と食べ物、雄大な庄内平野が育んだ優しい酒田の人々にトレモロイドの優しくて踊れる音楽をお届けします!

音楽以外でも楽しみが盛り沢山の『モッケダ☆フェスティバル2009』を僕たちは心から楽しむので、一緒に楽しみましょう!酒田と主催者阿部君に『もっけだの!』」



いやー、なんか嬉しいっすねー。

ドラムの村上寛くんがコメントを考えてくれたんですが、村上くんは去年、獏の一員として2度も酒田に来ていただきました。

今年も、酒田を心行くまで楽しんで頂きたいです!

そして、

モッケダ☆フェスティバルを酒田の代名詞に!

という嬉しい意気込みに応えられるよう、素晴らしいイベントにするべく、僕らスタッフも当日まで頑張っていきたいと思います。

イベントの詳細&チケットの予約は、モッケダ☆フェスHPまで!
http://www.mokkefes.com/
  
Posted by ayate at 00:06Comments(2)TrackBack(0)

2009年07月06日

酒田モッケダ☆フェス、8/13開催決定!サマソニ09出演のPoPoyansも参戦。

おはようございます。アヤテです。ねむいです。

いやー、長らくお待たせいたしました。

今年もやります。
私の地元、山形県酒田市の、まちおこしフェス。

「酒田モッケダ☆フェスティバル2009」。

8/13(木)、会場は酒田MUSIC FACTORYです。

僭越ながら、私が実行委員長をやっております。ええ、阿部彩人です。

詳細はモッケフェスHPをご覧下さい。
http://www.mokkefes.com/

東京からは、サマソニ09にも出演が決定している左の写真のPoPoyans、そして去年のMINAMI WHEELにも出演したトレモロイド、去年は獏で参戦したエリーニョが来酒!!(「来酒」は、来日の酒田バージョンです。)

地元の酒田からは、mudy on the 昨晩と過去に対バンしたり、7/15にはつしまみれとも対バンが決定している若手の実力派インストバンド、Sendが出演決定。


酒田モッケダ☆フェスティバル2009
「おかえり♪よぐ来たの〜!」

日程 : 2009/8/13(木)
場所 : 酒田MUSIC FACTORY
開場 : 17:30 開演 : 18:00
料金 : 前売2,000円/当日2,500円 +ワンドリンク代400円

出演 : PoPoyans(東京)、トレモロイド(東京)、エリーニョ(東京)、Send(酒田)、and more...
MC : 荒生由子(酒田エフエム放送)
活動PR : 地元まちづくり会社・NPO・庄内映画村・地元イベント実行委員会等
空間デザイン : 飯富崇生(ユニバーサルアーティスト)
絵画 : Kosyu (酒田の自然を描いた油絵)
FOOD : 飛島ごどいもカレー、だだちゃ豆など
MEET : ∞

まだアーティストが増える可能性もありますので、お楽しみに!

この時間までフライヤーとホームページ作ってたのでかなり眠いです。。。

PoPoyans「おとしもの」


トレモロイド"フレッシュゴーレム"PV


トレモロイドは、サマソニ出場をかけたWEB投票にもエントリー中でして、今日の18時まで投票受付中です!ぜひ投票下さいまし!
↓トレモロイドへの投票はこちらから。
http://emeets.jp/pc/vote/2612.html

エリーニョ『G』


さー、残り1ヶ月ちょい、がんばろう。
絶対にいいイベントにします!!


去年のモッケフェスに出演いただいたcumulonimbusもサマソニWEB投票エントリー中です。こちらもぜひぜひ!
↓cumulonimbusへの投票はこちらから。
http://emeets.jp/pc/artist/2233.html
  
Posted by ayate at 04:23Comments(2)TrackBack(0)

2008年09月26日

酒田MUSIC FESTIVALで、あのアーティストが来酒!

ほい!

どうもどうも。

おひさしぶりですーーー!!!

いやー、てんぱってまして。大分ご無沙汰んです。


私の大学時代の同期で、
一緒にオカラ座という劇団をやっていた大塚玲奈さんという人が、
株式会社エコトワザ
という会社を立ち上げてエコに関する活動をしているのです。

そうそう、彩和祭の主催者でもありました。

んで、彼女が世界に向けて日本のエコについて発信しているブログで、
酒田と、モッケフェスのことについて取り上げていただきました。

↓こちら。
http://www.eco-friendly-japan.com/2008/09/sakata-yamagata-pref.html

英語だあああああああああああああああ!!!!

かしこいね!れいなって!!!


ということで、もっけでした。れいなさん。



んでですね。次の話題に行きまして。


10月18日、19日に、

酒田の商店街で、

SAKATA MUSIC FESTIVAL(サカフェス)という野外フェスが行われるんです。


で、

私もアーティストブッキングでちょっとだけご協力しておりまして。


んでですね。

東京のアーティストをお誘いしたんですけれども、

なんと、

酒田モッケダ☆フェスティバル2008にも出ていただいた、

鮭さんと獏さんが出演していただけることが決定しました!!!!


獏 (baku)

獏(baku) MySpace



鮭 (shake)

鮭(shake) MySpace


ええ、来酒です。鮭さん&獏さん。

そして、私は帰酒します。


※県外からどなたかが酒田に来ることを、「来酒」といいます。
 「来日」とかと一緒の使い方です。
 同じように、酒田出身の人が酒田に帰ることを「帰酒」と言います。


単純に、嬉しい。


もちろん、また酒田でお2組のライブが観れるのも嬉しいんですけど、

単純に、また、皆さんと酒田で飲めるのが、嬉ぴいです。

文字通り、「来酒」ですね(笑)。


鮭さん、獏さんのライブは、19日です。


ということで、

わたくし、10月18日〜19日に酒田に帰省しますですよ!!


他にもサカフェスには、

モッケフェス出演の酒田のアーティスト、

人路さんと、Carnivalさんも出演するんで。


また楽しくなりそうだ。


酒田の皆様。サカフェスにGOですよ。まじで。


モッケフェスのときの写真や動画はこちらから。
http://blog.livedoor.jp/ayate/archives/51455010.html
  
Posted by ayate at 02:44Comments(5)TrackBack(0)

2008年08月23日

山形の「だし」を、東京で探す試み。

171e9e39.jpgこの前、酒田の実家に帰ったときに、
ご飯にかけて食べてた「だし」。

山形の夏の郷土料理なのですが、
きゅうり、ねぎ、しそ、昆布などを細かく刻んで漬けた食べ物で、
非常にうまいんですよこれが。

なんとも言えない、
深い味わいがあるんです。


酒田モッケダ☆フェスティバルのときに、

東京からお招きして私の実家に泊まっていただいた

鮭(しゃけ)さん、cumulonimbus(カムロニンバス)さん、獏(バク)さんにも

だしを召し上がっていただいたのですが、
非常に大好評でした。


カムロニンバスのギタリスト矢野さんが、
東京の近所のスーパーで「だし」を見つけたらしく、
最近始められたカムロさんのブログでだしについて書いています。

山形のだし - cumulonimbus official blog


獏さんも、酒田からの帰りに
山形の内陸の方で探していただいたみたいなんですけど、
なかったらしいんですよね。

意外と、東京の大きめのスーパーの方が、
逆にあるんじゃないかなと思うんですよね。


ちょっと僕も渋谷の東急あたりで探してみようかなと。

そう思いまして、行って来ましたよ。

だし
東急本店の地下、

紀ノ国屋に、ありました。


だし。


今週土日は、米を炊いて、だしをかけて
夏の美食を味わいたいなあと。

そう思います。



ちなみに、だしの産地直送販売もあります。

こちらの清川屋のサイトで買えますよー。

その他、だだちゃ豆など、山形の名産品は清川屋でどうぞ(笑)。



なんとなく、渋谷は涼しげな風が吹いてきました。


夏も、そろそろ終わりです。


なんとなく、寂しいのは気のせいでしょうか。

  
Posted by ayate at 11:54Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月22日

本日、テレビユー山形の18時16分からの番組で、モッケフェスの模様を放送!

こんにちは。

本日8/22(金)、TBS系列「テレビユー山形」さんの、
18時16分からの「TUYイブニングニュース」番組内にて、

8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の模様が放送されます!!

山形にお住まいの方々、是非ご覧下さい!!

急なご報告となっちゃいまして
大変申し訳ございません。。。

イベント当日の模様はこちらからどうぞ
↑写真や動画もたっぷりあります!
  
Posted by ayate at 12:53Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月20日

酒田モッケフェスの記事が山形新聞に掲載!

モッケフェス山新記事音楽や食べ物、魅力“共演”酒田でフェスティバル(山形新聞)
 酒田モッケダフェスティバルがこのほど、酒田市のライブハウス「酒田MUSIC FACTORY」で開かれ、大勢の若者が地元ゆかりの音楽や写真、絵画、食べ物などを満喫した。

 酒田に活気を与えようと、市内で生まれ育った若者を中心に実行委員会(阿部彩人委員長)を組織し、初めて企画。ステージでは、地元と首都圏で活躍するバンドの演奏、フロアでは庄内平野などの風景を撮影した写真展、鳥海山を描いた絵画展を開いた。

 来場者には庄内産の豚肉を使った「冷しゃぶ」とだだちゃ豆を用意。若者たちは、地元の魅力が一堂に集まった“真夏の共演”を思い思いに楽しんでいた。

 酒田市出身で東京在住の阿部委員長は「酒田に戻ってくるたびに街の元気がないと感じている。来年以降もこうしたイベントを開きたい」と語っていた。

(8/20 山形新聞より)


8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の取材記事が、
本日8/20の山形新聞の朝刊に掲載されました!!!

だだちゃ豆&冷しゃぶを振舞う、
スタッフのオガタ君やサチさんの笑顔もばっちり写っております(笑)。

当日の楽しい雰囲気が出ていて、いい写真ですねー。

こうやって、私たちの作ったイベントが
形に残るというのは、とても嬉しいことです。

山形新聞さん、もっけでした!!

当日の模様はこちらからどうぞ
↑写真や動画もたっぷりあります!
  
Posted by ayate at 20:06Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月19日

酒田モッケフェスで上映した飯富氏の写真をフォトアルバムで!

8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008

8/17付けの荘内日報に、
当日取材の記事が掲載されてましたのー!
いい感じです。ほんともっけです。


さてさて、フォトアーティストの飯富崇生くんが酒田滞在中に撮って、
当日のライブ中にも映像で流した、

「100 Scenes of SAGADA」

の写真の数々を、フォトアルバムにアップしていただきました。


「100 Scenes of SAGADA」フォトアルバム


どの写真も、とても素敵です。


でもやっぱり俺は、大森山の写真がいちばん好きだーーー!!!



あと、当日私やスタッフの皆さんが撮った写真、

そして飯富くんが撮った写真なども、

こちらにアップしております。


酒田モッケダ☆フェスティバル2008 フォトアルバム


当日の興奮と感動が蘇ってきます。


当日の模様はこちらからどうぞ。動画もあります。
↑飯富くん&芦刈さんのトークショー動画もアップしました。


さてさて。

昨日から仕事に復帰しましたが、

多少酒田ボケしている私です。

メールが約350通たまっておりまして、
現状復帰するのがかなり大変でした(笑)。


んで、今日は、酒田出身の池田久美子さんが、

北京五輪の陸上女子走り幅跳び予選に出場します!!!


私と同郷&同学年で、しかも僕も陸上やってたので、
中学校までは同じ競技場で練習してたんすよねー。


池田さんのいつものダイナミックなジャンプが出来れば、

入賞も夢ではないと思います。


応援しております!!


あやぶろ参考記事。
2008年07月07日 酒田出身の池田久美子選手が、念願の五輪出場決定!!

  
Posted by ayate at 08:26Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月17日

酒田モッケダ☆フェス2008 写真とか動画を大公開!

東京に戻ってまいりました。

アヤテこと、アヤトです。

渋谷の街は、相変わらずです。

空が狭いです。

んでも、
渋谷の街には渋谷の良さが。

酒田の街には酒田の良さがあります。

ってなことで、
8/14に行われた酒田モッケダ☆フェスティバル2008の、
写真とか動画を大公開!

モッケフェス会場モッケフェス 1F準備中の様子
会場内では、1Fにて飯富崇生くんの写真と
Kosyu氏の絵画の展示の他、



モッケフェス だだちゃ豆&冷しゃぶ
バーカウンターでは、
庄内給食センターよりご提供いただいただだちゃ豆と、
平田牧場からのご提供の豚肉で作った冷しゃぶを食べ放題!!

まじで美味かった!

準備や調理などでご協力いただいた、
酒東の同期のみんなや、東北公益文科大の学生の皆さん、
モッケフェススタッフの皆さん、

そして素材をご提供いただいた
庄内給食センター様、平田牧場様、

ほんとでもっけでした!


そして、2Fのステージフロアにて行われたライブの方は!!

人路人路
まず、トップバッターは、酒田で活動中の人路。


JINRO!!!!


相変わらずの美声が素晴らしかった。

歌に、力があります。

高校の後輩なのですが、
ほんと応援したくなっちゃうイケメン好青年です。

トップバッターとしての役割を、
しっかりと果たしてくれました!!


そして次は、こちらも酒田で活動中のCarnival

Carinival モッケフェス1Carinival モッケフェス2
Carinivalの音楽は大好きでして、
でもライブを観るのは初めてでした。

酒田で、こんなにも観る者を惹きつける
いいパフォーマンスのライブをするバンドは、
本当に貴重だと思います。


Carinival モッケフェス3
すげえ、音楽に対する情熱と、
バンドメンバーのエナジーが溢れる演奏が、
心にキました。


モッケフェスのCarinivalライブ動画です。

E7Syndrome - Carnival 2008/8/14 酒田モッケダ☆フェスティバル2008


おしゃれなコード感と、
興奮がこみ上げてくる演奏。

すばらしいっす。


そしてこの後、写真展示をしていただいた、
フォトアーティスト飯富崇生くんと、
ライターの芦刈いづみさんを交えて、トークショー!!

飯富くん&芦刈さん
アメリカでの体験談を交えつつ、
聞いている人たちをキラキラさせてくれる、
素敵なお話がいっぱい聞けました。



僕も、人生って、アートだと思うんです。

ほんと、そういう部分では、飯富くんと同じ考えで。

携帯で打つメールとかも、アートだと思うんです。
それは、人間の表現活動だと思うし。

そう考えていくと、大きく言えば、
「生きる」ということがアートなんですよね。

飯富くんも言ってるんですけど、
魂を燃やし続けることが、アートだと。


そして、僕ら人間に、
不可能なことなんて無い。

イメージした姿にしか、僕らはなれないんですよ。

でも逆に言えば、自分が出来ることをイメージして、
きちんと自ら行動に起こせば、必ず、なりたい姿になれる。

それが大事だという、お二人からのメッセージは、
ご来場者の皆様にも
しっかりと伝わったのではないかと思います。


今回のイベントは、
飯富くんのご協力なしでは実現できなかったと思います。

企画の立ち上げ当初から、
色々アドバイス&アイディアをいただいたりして、

「絶対に成功する!うまく行く!」

と応援していただいて。


酒田でのこのようなイベントの主催は
初めての経験で自分自身、不安もある中、
お二人の存在は、とても僕にとっては後押しになりました。


本当に、飯富くん&芦刈さんには、

もっけだ×∞です。

ありがとうございました!


飯富崇生くんのHPはこちらです。

9月から活動拠点をLAに移すということなのですが、
今後のご活動も楽しみにしております!!


そしてそして・・・。


ここから、僕が大好きな東京のアーティスト3組が続々登場!!


まずは、鮭(しゃけ)さんです。

鮭 モッケフェス2鮭 モッケフェス1

鮭さんの歌って、
聴く人の心を、限りなくポジティブな方向へと導いてくれる。

もう、ラブリーなんですよ。

なんか。


鮭さんのモッケフェスライブ動画です。

タカラモノ - 鮭(shake) 2008/8/14 酒田モッケダ☆フェスティバル2008


愛が溢れていて、
しかも、かっこいい。

鮭さんの歌に、心がになった人多数。


そして次は・・・。

cumulonimbus(カムロニンバス)!!!

カムロ モッケフェス1カムロ モッケフェス2


このバンドの皆さんの佇まい、大好きなんです。

かっこいいのに、皆さん、とても面白い人たちでキュートなんです。


まじでかっこいいっすわ。ほんと。

!? - cumulonimbus 2008/8/14 ライブ動画。

すげえいいです。

フロアにて、
5メートルほどの領域で踊る男子も出現(笑)。

この音楽を、酒田で聴けるって、
とても素晴らしいことだと思います。


そして、ラストは、獏(バク)の登場!!

獏 モッケフェス1獏 モッケフェス2

ピアノ、ベース、ドラムの3ピースにて繰り出される、
カラフルドロップ感溢れる音の塊が、
客席にも充満する。

心に水を体に光を - 獏 2008/8/14 ライブ動画。

トリにふさわしい、
素晴らしいライブ!!!

最高でした。



モッケフェス 山形新聞取材モッケフェス TUY取材
ライブの合間には、
地元メディアの皆様から多数取材をいただきました。

ほんと、メディアの方々も、
とても今回のイベントに好意的で、
凄く、応援したい、という気持ちが
こちらにも伝わってくるようでした。

まじで感謝です。


メッセージボード会場内では、
「LOVE+1 for SAGADA」をテーマに、
ご来場者の皆様からメッセージを書いていただく
メッセージボードも設置!!

こんなにたくさんの方にメッセージを書き込んでいただきました。


なんか、ほんとに多くの人が関わって、

ほんとに多くのご来場者の皆様の力も加わって、

最高に素敵なイベントになった気がします。


いやー、素晴らしかった!!


心より、感謝いたします。


会場にいらしていただいた
全てのかたに、この言葉を贈ります。


もっけでした!!!



その後は、東京から来ていただいたアーティストさんと、

まだ残っていたスタッフ数名と一緒に、

阿部家に移動。


モッケフェス 阿部家打ち上げ1モッケフェス 阿部家打ち上げ2

ビールサーバーも用意して、
ライブへの差し入れの日本酒なんかも飲みまくり。

朝まで盛り上がりました。


そのときに、コメント動画を撮りましたので大放出です。

どうぞ。

cumulonimbus コメント動画 2008/8/14


アフロの矢野さんいいすねー(笑)。
私のアフロの師匠です。


獏 コメント動画 2008/8/14


とてもチアフルです。

酒田、最高!!(笑)。


鮭 コメント動画 2008/8/14


平田牧場の豚ちゃんの命に感謝。そうですね。ほんとに。

鮭さん、もっけだのー!!


スタッフの皆さんのコメント 2008/8/14


ほんと、ありがとう。
他のスタッフの皆さんも、まじでもっけでした!!


ayateコメント 2008/8/14


僭越ながら(笑)。


そんな感じで、朝4時半まで盛り上がり。

カムロさんのPAさんの「生尻」まで拝見できまして(笑)。

いい感じに酔っ払って終了しました。


でも、あんなに日本酒たらふく飲んだのに、
翌朝、全然二日酔いにならんかったんですわ!!

これはカムロさんや鮭さんも言ってて。

酒田の日本酒の魔力ですね。


翌日の、鮭さん、獏さんとの酒田観光の様子はこちらをご覧下さい。
あやぶろ:2008年08月16日 酒田モッケダ☆フェスティバル、大成功で終了!!


獏のボーカルのエリーニョさんのブログにも、モッケダフェスのことが。
エリーニョとほほ通信@獏:山形県は酒田、まじ最高でした


絵画を展示したKosyu氏のブログ、Blog Kosyuにも当日の模様など


来年まではここで色々語りましょう。mixiのモッケフェスコミュ。


当日ライブ中に上映した、
フォトアーティストの飯富崇生くんの写真をこちらのフォトアルバムにアップしております!

「100 Scenes of SAGADA」フォトアルバム


また、当日私やスタッフの皆さんが撮った写真、
そして飯富くんが撮った写真なども、
こちらにアップしております。

酒田モッケダ☆フェスティバル2008 フォトアルバム


いやー、今思い出しても、
楽しくなるわ!!

当日の興奮が蘇ります。



酒田はやっぱり、最高の街でした。


もっけだ。酒田。



あ、ちなみに、
だだちゃ豆はこちらでご購入できます。

平田牧場の豚肉は、こちらから!!
  
Posted by ayate at 06:28Comments(4)TrackBack(0)

2008年08月16日

酒田モッケダ☆フェスティバル、大成功で終了!!

やーーー!!

8/14(木)酒田モッケダ☆フェスティバル2008。

無事に大成功で終了しましたーーー!


ほんと、めちゃくちゃたくさんの人にご来場いただき、

多くの人にスタッフとしてご協力もいただきました。


ユウジさんを初めとする酒田Music Factoryのスタッフの皆様、

ご協賛いただいた企業様、
そして寄付をしていただいた個人の皆様、

本当に素晴らしいライブをして頂いた、

人路さん、Carnivalさん、鮭さん、cumulonimbusさん、獏さん、

素敵な写真を展示していただき、
そしてポジティブエネルギー溢れるトークショーをしていただいた
飯富崇生さん、芦刈いづみさん、

酒田の自然の絵画を展示いただいたKosyuさん、

そして、だだちゃ豆を茹でてくれた皆様、

冷しゃぶの準備をしていただいた皆様、

残念ながら今回は急遽出演キャンセルになっちゃったけど、
受付をしていただいたWINYのメンバーの皆様、

プロジェクターとかの準備、映像出しをしてくれた皆様、

チラシの折込や、会場準備をしていただいた皆様、

このフェスに関わったスタッフの皆様、

そしてそして、ご来場いただいた全ての人の力で、

最高のイベントを作りあげることが出来ました!


ほんとでもっけでした!!


いや、まじで、感謝してもしきれません。


モッケフェス会場メッセージボード

アーティストのライブ、写真、絵画、

そしてだだちゃ豆や冷しゃぶなど、

全ての要素が本当に素晴らしいものでした。


イベントの写真や動画は、
東京に帰ってからいっぱいアップしたいと思います。


Carnivalナガサワさんのブログにも
モッケフェスについてアップされてます。

ナガサワ@Carnivalの素晴らしき日々。:酒田モッケダ★フェスティバル!


打ち上げ打ち上げ獏さてさて、

イベント終了後の夜は、
東京からお招きしたアーティスト、

鮭さん、cumulonimbusさん、獏さんに

うちの実家に泊まっていただき、

夜通しで打ち上げを敢行(笑)。



カムロさん

朝4時ぐらいまで日本酒などを呑みまくり。




そして翌日の15日は、

cumulonimbusさんが夜から予定があるため

お昼ごろにうちの実家を出て車で帰京したのですが、

特にその後予定の無かった鮭さん、獏さんメンバーと一緒に、

酒田を観光しました。


大森山1大森山2

まず向かったのは東平田にある大森山。


大森山3展望台にたどり着いた瞬間には
すげえ豪雨が降ってたんですが、

いきなり雲が大移動を始め、晴れ間がのぞく。




なんか、ジャケ写になりそうな素敵な写真が撮れました。




玉簾1
次に向かったのは、

玉簾の滝。


玉簾2


獏さん、鮭さんともに、

滝のでかさに驚きつつ、

子供のようにはしゃぐはしゃぐ(笑)。



玉簾3

悦楽する皆さんです。





その後、中町の三日月軒にて
酒田のラーメンを食ってから、

最後に向かったのは、

山居倉庫。

山居倉庫


みなさん、夢の倶楽にて、

かなりたんまりお土産を買っていただきました。


そこで、なんと偶然にも、
モッケフェスに出演いただいた

人路さんと遭遇!!

酒田って、狭んめのー(笑)。



そんなこんなで、

東京のアーティストの皆さんにも、

かなり酒田を堪能していただけたのではないかと思います。


鮭さんは、この後秋田に向かい、
3日連続で、秋田、能代、仙台にてライブだそうです。

本当にお疲れ様です!!


cumulonimbusさん、獏さんは、
帰省ラッシュの中、ちゃんと帰れたかな。。。


遠路はるばるお越しいただいた、
鮭さん、cumulonimbusさん、獏さんに大きな拍手と感謝を!!



あと、

今回のイベントの際に、

テレビユー山形さん、山形新聞さん、

荘内日報さん、コミュニティしんぶんさんに

取材をいただきました。


おそらく、今後誌面やテレビなどで

イベントの模様が取り上げられるのではないかと思います。

こちらも、情報がわかり次第、ご報告いたします。


というわけで、モッケフェス。


もともと、

5月のGWんときに、
たまたまMusic Factoryに遊びに来まして、

そこで鮭さんやCarnivalナガサワさん、
そして人路さんと知り合ったんですよね。

↓そんときのブログがこれ。
酒田のライブハウスMusic Factoryで色々取材してきました。イイです。

この出会いが無かったら、
モッケフェスは実現できてなかったかもしれないです。


んで、そのあとに高校陸上部の同期たちと呑んでたときに

冗談交じりで、お盆にイベントやろう、
っていう話で盛り上がって、
このモッケフェスの企画が立ち上がったわけなんです。

「ワンドリンク&ワンミート」のアイディアも、
そのときに生まれました。


そのときに、SPOONに飯富くんの記事が載ってたのを知り、
久しぶりに連絡を取ってみて、一緒にイベントやろう、っていう話になり。


いろんな偶然の出会いが折り重なって、
このイベントが形作られていきました。


その後、3ヶ月という短い期間で、

何とかこのような形に出来たのは、

本当に多くの方々のご協力があったおかげだと思います。


なんか、イベントが近づくにつれて、

ご協力いただける人たちの数がどんどん増えていって。



まじで楽しかった。


大変だった、っていう感覚は、正直、ないんですよ。


イベントを作り上げる楽しさが満ち溢れていました。


本当に、不可能って存在しない。

そう思いました。



んで、このイベントを終えてみて、

酒田に住んでる皆様に、

僭越ながら、私めから伝えたいことがあります。


それは、



楽しいことって、待ってるだけじゃ、やってこない。



ってことです。


「最近、楽しいごど、無ちゃー。」


って思ったら、自分たちの力で作ってしまえばいいと思うんです。



今回、主催者としての反省点なども多少なりともありつつも、

本当にいいイベントになったと思いますので、


モッケフェス、来年もやります!!!


酒田に対する「モッケダ」っていう思いは、

1回のイベントで終わらせるにはもったいなさすぎる。


ここまで多くの人がご協力してくれた、
皆さんの思いを、もっともっと増幅したい。


だから、毎年、やりたいんす。



来年は野外でやりたい、っていう思いもあるんですが、


実は、俺、



めちゃくちゃ雨男なんですよー(涙)。



今回のイベントも、屋内だったからよかったものの、

昼あたりとか、
めっちゃ雨降りましたからねえ。


なので、二の足を踏んでおります(笑)。


でも、絶対に来年もやります。


多くの人をハッピーに出来る、

「イベント」っていうものの力と可能性を、改めて感じました。


こんな楽しいもの、なかなか無いっすわ。


作る側に立って初めて味わう、この達成感。


また味わいたいっす。


関わっていただいたスタッフのみんなや、
お客さんとして来ていただいた人の、数多くの笑顔が見れる。


こんな素晴らしいこと、無いっすわ。


生きるって、素晴らしい。


作り上げるって、素晴らしい。


最高です。まじで。



イベントの感想とか、
来年のイベントにご協力したい人とか、

色々、コメントお待ちしております。


あど、さっきも書いだけど、

イベントの写真&動画は、

今日これから東京に帰りますんで、

それから改めて、アップしますのー。


今回出演いただいたアーティストの情報は、

こちらからどうぞ。

http://www.mokkefes.com/artist.htm


ではでは。

そろそろ寝ます。


やっぱ、酒田は最高の街だなやの。

酒田に生まれで、ほんとで、いがった。


心からそう思います。


もっけだ。酒田。

  
Posted by ayate at 03:01Comments(4)TrackBack(0)

2008年08月13日

明日出演する鮭さんがうちの実家にきてます!

b52f73ec.jpg明日、酒田モッケダ☆フェスティバルに出演する、

鮭さんが阿部家の実家に来てます!


一緒に飲んでます(笑)。


いやー、楽しみだ明日!

いいイベントになりそうです。
  
Posted by ayate at 21:00Comments(3)TrackBack(0)