2018年06月19日

スモークツリーが大きくなりました

塩原温泉、今朝は晴れ。
久しぶりに朝から気持ちいい青空です。
今日は日中ずっと良い天気に恵まれそうです。
ただ、夕方からはくもり空。明日は一時雨予想も。


さて、もう一つ花で今年嬉しいことが。
スモークツリーがぐんと大きくなり、
沢山の花をつけてくれました


こちらは何年も鉢植えで育てていましたが、
いつまでも鉢植えだと大きくならないために、
思い切って3〜4年ほど前に、地植えにしたものです。

最初の1〜2年は、鉢植えとそれほど変わらず、

昨年少し大きくなったなあと感じていたら、
今年はぐんと背が高くなって、見上げるほど

花も増えて、まさに「スモーク」がもじゃもじゃと。
晴れの日だけでなく、雨の日、水滴がついているのも素敵。

どこまで大きくなるか、楽しみです。


スモークツリー













スモークツリー













スモークツリー













スモークツリー




2018年06月18日

気まぐれなホタルブクロたち

塩原温泉、今朝はくもり。
先程大阪を震源とする震度6弱の地震がありました。
千葉県で地震が頻発していて、昨日は群馬県。
関東地方ばかり気になっていましたが、
関西地方の方、大丈夫でしょうか。
大事ないことを祈るばかりです。

さて、梅雨真っ只中です。

梅雨時の楽しみの一つに、ホタルがあります。
塩原でも何箇所かで飛んでいます。
以前は旅館敷地内でも、ホタルが見られました。
ここ数年は敷地内で見ることは、難しくなっています。

その代わりというわけではありませんが、
ホタルが飛ぶころに咲くホタルブクロが、
ここ数年、敷地内で増えています

10年くらい前には、植えても植えても、
どうにも増えなかったホタルブクロ

いつの間にか、なくなってしまう・・・
きっと土が合わないのだろうと思っていました。

ところが、3〜4年前から、自然に咲くようになり、
そのうち、種が飛んだようで、あちこちに
紫色のだけでなく、白色のも
コンクリートの割れ目から生えていたり。

今年もまた増えているようです。
何とも嬉しい限りです。
昨日はスタッフが館内にも生けてくれました。



ホタルブクロ













ホタルブクロ




2018年06月17日

塩原大沼ではバイケイソウが咲き始めました

塩原温泉、今朝はくもり。
今日も肌寒い朝です。
春先くらいの気温ではないでしょうか。
洋服での体温調整が必要ですね。


さて、昨日お伝えしたように、

市内板室の沼原湿原には
コバイケイソウが群生
していますが、
塩原の大沼では、コバイケイソウではなく、
バイケイソウが群生しています。

葉で見分けることはかなり難しいと思います。
毒があるのも一緒です。

実は私もずっと、大沼のもコバイケイソウだと思ってました。

ところが、何年か前に花が咲く時期に来たら、
一面に、コバイケイソウと違う花が咲いていて、
初めて、それがバイケイソウだと知りました。

それ以来、またあの風景が見たくて、
時期を見て訪れてはいるものの、
なかなか、タイミングよく行けず、
また花の数が多い年に出会えないでおります


それが、今年は、かなり花穂が立っています。
まれに見る当たり年ではないでしょうか
少し前から、ちょこちょこと様子を見に行っています。

先日もそろそろかと思いましたが、
まだ少し早かったようです
それでも、何本かは花が開いています。
雨の中、とても幻想的でした。

そして、モリアオガエルの卵塊も
沼が全く見えない深い霧でしたが、
雨は雨で、楽しいものですね
今年はどうしても満開状態を見たいので、
また来週あたりに、行ってみます。

雨の塩原大沼













雨の塩原大沼













雨の塩原大沼













雨の塩原大沼













雨の塩原大沼













雨の塩原大沼













雨の塩原大沼














DSCN9858













DSCN9825




2018年06月16日

レンゲツツジとコバイケイソウ見頃の沼原湿原

塩原温泉、今朝はくもり。
肌寒い朝になっています。
やっぱり梅雨に入ると気温が下がりますね。
もうクリーニングに出す予定でいた
ジャケットを引っ張り出して着ています。
今日は時折雨になる模様。
明日明後日はくもりマークが並んでいます。


今年は花の開花が全て早い・・・
春から何度も言ってきたことですが、
日光の霧降で、既にニッコウキスゲが咲いていると聞き、
こちらは?と思って、那須からの帰り道に、
板室の沼原湿原に立ち寄ってみました。

結論から言うと、
こちらのニッコウキスゲはもうちょっと
いくつかつぼみは見られました。

現在、レンゲツツジとサラサドウダンツツジが満開です。
そして、ニッコウキスゲより一足早く、
コバイケイソウが咲き始めています

コバイケイソウには毒があり、
春先、ウルイ(ギボウシの若芽)と間違えられ、
事故になるケースが見受けられます。

でも、そんな毒があることなど、
忘れてしまいそうなくらいに花はきれいです。
今年は花穂の数が多いのではないでしょうか。
咲きそろうと見事だと思います

来週か再来週くらいに、
もう一度見に行ければよいのですが。

現在木道の一部を工事中
塩原から行くと、車で50〜60分くらいの場所になります。
カエルは国の天然記念物にもなっている
モリアオガエルです。


沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原













沼原湿原















2018年06月15日

那須野が原博物館では『野州塩原』展

塩原温泉、今朝はくもり。
今日明日と雨マークが。
気温がぐっと下がり、肌寒くなっています。
ジャケット一枚はおるなど、
温度調整が必要かと思います。


さて、もう一つ、興味深い企画展を。
現在、市内にある県立那須野が原博物館では
塩原温泉について、色々な角度から紹介する
『野州塩原』展を開催しています。

4月下旬から始まっていたのですが、
なかなか行く機会がなく、
先日、やっと見学してきました。

「塩原渓谷はどうやってできた?」
「塩原へ行く、道路と鉄道」
「ようこそ!野州塩原へ」
「塩原よいとこ、魅せられた人々」


という4つの切り口に沿って、
塩原の地質や温泉地としての歴史、
塩原の動植物、塩原を描いた絵画や、
塩原を書いた文学作品などなど、
塩原の魅力をたっぷりと


大変、貴重で見ごたえがある展示となっています。
こちらも、ぜひ、訪れて下さい!
車でしたら、国道400号線を進み、
国道4号線にぶつかる少し手前、
25分ほどの場所になります。
本日は栃木県民の日
県民の方は入館無料になりますよ!


野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展]













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展













野州塩原展















2018年06月14日

斉藤茂吉と昆虫のものがたり

塩原温泉、今朝は晴れ。
良い天気です。
明日はちょっと雨マークが出ています。
洗濯日和ですね。


さて、先日「塩原文学まつり」を行った塩原もの語り館
現在「斉藤茂吉と昆虫のものがたり」展を開催中。

歌人として有名な斉藤茂吉ですが、
昆虫が大変好きだったようで、
昆虫を詠んだ歌などもかなり残しているようです。

そんな茂吉と昆虫との関わりを、
面白い展示方法で紹介しています。

同じく昆虫好きな私としては、
実際に茂吉が採集した昆虫標本など、
とても興味深く、見学してきました。

現在、塩原もの語り館では
DC(デスティネーションキャンペーン)期間中、
入館料が無料
となっていますので、
お気軽に訪れてみてはいかがでしょう。

あっ、もちろん、茂吉も塩原に来てますよ!


斉藤茂吉の昆虫ものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり













斉藤茂吉と昆虫のものがたり


















2018年06月13日

おしらじの滝へ行くには

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日良い天気になりそうです。


昨日の続きです。
「おしらじの滝」へ行く、塩原側からのルートを説明します。

塩原から八方ヶ原、矢板に抜ける、通称「八方道路」は、
カーブの連続で、道幅が狭い場所も多いので、
くれぐれも運転注意です。

対向車が来て、バックしなくてはならない場面に、
何度も遭遇しています。

また、「峠プロジェクト」の道でもあり、
かなりスピードを出してくる車もあります。
先日は、前を走っていた車が、
カーブで対向車とぶつかりそうになっていました。

そして車を停めてから滝つぼまでの道
かなり整備されましたが、あくまでも山道です。
ぬかるんでいたり、滑りやすい場所もあります。
必ず、歩きやすい靴で

朝や夕方などは熊が出ることもあるようなので、
(私はまだ遭遇したことはありませんが)、
小人数の時には
熊よけ鈴も持っていったほうが良いでしょう。
私はいつも長靴で熊よけ鈴持参です。


ゴミや煙草の吸殻を捨てるなどは言語道断。
いつまでも「神秘的で崇高な」雰囲気の
おしらじの滝でいて欲しいと切に願います


おしらじの滝へカーブの連続です。
カーブミラー、クラクションで、
対向車に注意して下さい。










おしらじの滝へ奥塩原、新湯方面からの道に合流します。













おしらじの滝へ













おしらじの滝へしばらく行くと雄飛トンネル。
雄飛の滝駐車場の少し手前。











おしらじの滝へ雄飛の滝駐車場すぐ手前。
スッカン沢が流れています。











おしらじの滝へ













おしらじの滝へ雄飛の滝、仁三郎の滝、素簾の滝へは
左手の階段を下りて遊歩道へ。











おしらじの滝へ雄飛の滝駐車場のすぐ先に、
湧き水を汲める場所があります。
水を汲みに来る方が沢山。










おしらじの滝へ眺めの良い場所もあります。













おしらじの滝へ最大のヘアピンカーブかも。













おしらじの滝へ矢板市に入ります。













おしらじの滝へ矢板市に入ってまもなく、
右手にチェーン着脱場所が。











おしらじの滝へチェーン着脱場所のすぐ先の左手が
滝への道の入口。











おしらじの滝へ













おしらじの滝へ看板も設置されました。













おしらじの滝へここから歩き始めます。
以前は笹薮でしたが、
笹もきれいに刈られています。










おしらじの滝へ階段も作られて歩きやすくなりました。













おしらじの滝へとはいえ、ぬかるむ場所も。













おしらじの滝へ正面の岩の裏手が滝つぼです。
右側は以前は入れましたが、
一度転落事故があったそうで、
それ以降ロープが張られています。









おしらじの滝へ岩の周辺も足元が悪いので注意。













おしらじの滝へ岩を回り込むと、













おしらじの滝へ滝つぼが見えてきます。




2018年06月12日

人気急上昇のおしらじの滝に思うこと

塩原温泉、今朝はくもり。
台風の影響もなく雨が上がり、
一旦天気が回復しますが、また夜に雨マーク。
今日はめまぐるしく変わる天気になりそうです。

昨日に続いて滝の話題を。

フジテレビ『もしもツアーズ』で、
塩原から八方ヶ原にかけての滝が紹介されるというので、
多分、この滝が出るんだろうなと思っていたら、
意外にも紹介されなかった滝があります。

おしらじの滝

ここ1〜2年のおしらじの滝の人気に、
正直、素直に喜べない自分がいます。

この滝に初めて行ったのは4年前でした。
「幻の滝」とも言われていて、
詳しい方に連れて行ってもらいました。
車を停める場所は何とかわかったものの、
道なき道を行くと言った風で、
次に一人で行けるかしら・・・と思うような場所でした

人もなく、熊でも出てきそう。
(実際に熊はいますので、熊よけ鈴は必携です)

でも初めて見たおしらじの滝の、
あまりの神秘的で崇高な風景に、
心をわしづかみにされたようでした


その時のことはブログにまとめましたが、
「幻の滝」は「幻」のまま、
そっとしておいたほうがいいと
思い、
場所などを詳しく載せることはせず。

それから、足を運ぶこと数度。
とにかく、この場所の空気感と対峙したくて。

ところが、ここのところ、
この滝が観光資源として、大きく取り上げられることが多くなり、
この程のJRのデスティネーションキャンペーン(DC)では、
何とポスターに写真が出ています。

車を停める場所からの道が整備され、
当然、訪れる人も激増して、
正直「俗化」してしまっているように感じています

崇高さが失われ観光地化していることは否めません。


5月の連休の時など、
通りかかったら、車が20台くらい停まってました・・・

この滝は、滝の水が流れていないことが多く
それも「幻」の理由だったと思います。
滝つぼまで行って水が流れていない滝に、
がっかりする人もいるらしくて、
「水道水を引いて流したらいいのに」なんて
声が上がっているという話を聞いた時には、
何をかいわんやと悲しくなりました。

確かに、ここ何度か足を運んでも、
水が流れていないことがほとんど。
滝の精霊が怒っているのかもしれません・・・

場所を聞かれることも多くなりました。
一人で抵抗しても仕方ないので、
明日のブログで、きちんと行き方などを写真でご説明します。
今日はとりあえず、おしらじの滝を。

後半の水が流れている写真は昨秋のものです。
いつまでも、この美しさを守ってほしいと願います。


おしらじの滝へ













おしらじの滝へ













おしらじの滝へ













おしらじの滝へ













おしらじの滝へ













おしらじの滝へ













おしらじの滝へ












2018年06月11日

塩原の滝が「もしもツアーズ」で紹介されました

塩原温泉、今朝は雨。
太平洋上を台風5号が通過しているとあって、
今日は一日本降りの雨となります。
夜には上がって、明日はくもりの予報です。


さて、ツツジの名所、
八方ヶ原一帯には
変化に富んだ滝が色々あります。
咆哮霹靂の滝、雷霆の滝、雄飛の滝、素簾の滝、仁三郎の滝・・
桜沢、スッカン沢に沿って点在していて、
いずれも那須塩原市に位置しています。

少し前に、フジテレビ『もしもツアーズ』で、
これらの滝が取り上げられました。
何度か歩き、見て来た滝が、
こうやってテレビ画面に登場するのは嬉しいものですね。

どの滝もそれぞれに個性があり、
とても素敵だったのですが、
滝に勝るとも劣らなかったのが、
新緑の緑の美しさでした。

これからの季節、これらの滝めぐりは本当に気持ちいいです。
雨の後は迫力があると思います。

スッカン沢に位置する、
雄飛の滝、仁三郎の滝、素簾の滝は、
八方道路、雄飛の滝駐車場から大体3〜40分ほど


桜沢に位置する雷霆の滝、咆哮霹靂の滝は、
八方ヶ原、山の駅たかはらから歩き、
1時間〜1時間半ほどの場所
になります。

いずれも山歩き用の格好で。
決して着ぐるみなどで歩かないで下さいね(笑)。


もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝













もしもツアーズ塩原の5つの滝




2018年06月10日

八方ヶ原のサラサドウダンツツジ

塩原温泉、今朝は小雨。
ようやく梅雨らしい天気に。
植物や生き物たちがほっとしているのではないでしょうか。


さて、矢板市八方ヶ原の話の戻ります。
塩原から車で30分弱の場所。
有名なレンゲツツジは終盤ですが、
まだ少しサラサドウダンツツジが楽しめそうなので。

こちらは花つきは文句なし
かわいい朱赤の花を鈴なりに咲かせています。

サラサドウダンツツジやレンゲツツジの間を
くるくると沢山の蛾が飛んでいました。
写真を撮って調べてみたら、
サカハチクロナミシャクという蛾でした。
蝶のようにきれいな蛾。

また
エゾハルゼミのメスを発見
少し前に来た時にはエゾハルゼミの大合唱が聞けましたが、
さすがに、こちらもそろそろ終盤のようです。


そして帰り道には鹿に遭遇
八方ヶ原、特に夕方は鹿との遭遇率が高いです。
じっとこちらを見て、かわいい鹿でした。

どこでも鹿の食害が深刻ですが、
ツツジ類は鹿が食べないので、
こうやって残り、一大群生地を作っています。

八方ヶ原のサラサドウダンツツジ













八方ヶ原のサラサドウダンツツジ













八方ヶ原のサラサドウダンツツジ













八方ヶ原のサラサドウダンツツジ













八方ヶ原のサラサドウダンツツジ













DSCN3538













DSCN3526













八方ヶ原のシカ









2018年06月09日

本日塩原温泉文学まつり

塩原温泉、今朝はくもり。
やっと梅雨らしい天気になってきたような・・・
とはいえ、明日の夜までは雨マークもなく、まずまずの天気。
暑すぎなくて過ごしやすそうです。


さて、塩原温泉は明治時代から昭和にかけて、
沢山の文豪が訪れた温泉地でした。

そんな文豪たちと塩原温泉の関わりを紹介しているのが、
塩原温泉観光協会も入っている塩原もの語り館
そして、塩原もの語り館では、
6月を塩原文学月間として、
少しでも皆様と文学をつなげる試みである

イベント「塩原温泉文学まつり」を本日開催します。

塩原文学研究会の方や、スタッフ達が文豪になりきって、
なりきり文豪ショーや、文豪クイズなど。
企画展示の解説や、実際に文学碑などを巡る散歩
お琴の演奏やお抹茶席もあります。

ぜひ、お時間のある方は、
本日塩原もの語り館へ。
JRのDC(デスティネーションキャンペーン)期間、
4〜6月中は入館料が無料となります。


文学まつり



2018年06月08日

今週末は那須塩原クリテリウムと那須ロードレース

塩原温泉、今朝は晴れ。
梅雨入りしましたが、昨日今日は晴れています。
今日も暑くなりそうです。


今週末は、那須地区で大きな自転車のレースがあります。
明日6/9(土)は、
那須塩原駅前で「那須塩原クリテリウム」

そして明後日6/10(日)は、
那須町黒田原地区で「那須ロードレース」


いずれもJプロツアーの公式レースとなります。
ご存知のように、栃木県には二つの自転車プロチーム、
宇都宮ブリッツェンと、那須ブラーゼンがあります。
地元としては、大いに盛り上げていきたいものです。

「那須塩原クリテリウム」は
駅前の道路を周回してスピードを競います。
朝8時から始まり、グレードごとに進んで、
全てが終了するのは17時頃。
7:45〜17:30の間、
駅周辺に通行規制
がかかりますので、ご注意ください。

長丁場の応援を楽しんでもらうために、
色々な販売ブースや、ゆるキャラのショーなどもあるようです。
塩原のとて焼や、塩原高冷地かぶも。

車の駐車は周辺のコインパーキングにお願いします。
駅からすぐなので、電車で行くのも良いと思います。


那須塩原クリテリウム
























那須塩原クリテリウム





















那須塩原クリテリウム
















ロードツアーマップ







2018年06月07日

八方ヶ原のレンゲツツジは終盤に

塩原温泉、今朝は晴れ。
関東地方も昨日梅雨入り宣言が出されましたが、
今日明日は晴れマーク。
まずまずの天気になりそうです。


春先の塩原温泉街のアカヤシオから始まって、
トウゴクミツバツツジ、
シロヤシオ(ゴヨウツツジ)、
ヤマツツジ、
ムラサキヤシオ、
レンゲツツジ、
サラサドウダンツツジ・・・


栃木県北の山を彩る様々なツツジ達も、
そろそろ、終わりの時期が近づいています


有名な八方ヶ原のレンゲツツジも、もう終盤。
山の駅たかはらを目指し、さらに、大間々駐車場へ。

一面に咲く濃い朱色の花。
ピークを見ていませんが、
今年の花つきはどうだったのかな。
今一つ、花の数が少ないように感じます。
今週末ぐらいが見おさめではないでしょうか
塩原から車で30分弱です。



八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ













八方ヶ原のレンゲツツジ




2018年06月06日

思いがけない場所でクリンソウに会えました

塩原温泉、今朝はくもり。
今日の夜から明日の朝にかけて一時雨マーク。
そして明日はくもり時々晴れ。
その後は雨マークが多くなっています。
いよいよ梅雨入りかなという空模様です。


昨日は奥日光戦場ヶ原のズミとワタスゲを紹介しました。
ズミはそろそろ終わりかけ。
現在、奥日光で一番人気の花と言えば、

千手ヶ浜のクリンソウかもしれません。
水辺一面に咲くクリンソウ
こちらはズミと違って、
花の時期が長いのも人気の理由でしょう。

戦場ヶ原、小田代ヶ原まで行けば、
千手ヶ浜はもう目と鼻の先
でも、この時は時間がなく、
後ろ髪を引かれる思いで小田代ヶ原から戻り、
車に乗って、帰路につきました。

ところが、奥日光中禅寺湖畔の道路際に、
クリンソウがまとまって咲いている場所を発見

千手ヶ浜ほどの規模ではないものの、
花を楽しむには充分です。
大喜びしたのは、言うまでもありません。

竜頭の滝駐車場や、
菖蒲が浜キャンプ場のほど近くです。

尚、千手ヶ浜には戦場ヶ原の端にある
赤沼駐車場から低公害バスに乗れば、
ほとんど歩くこともなく、花を見ることができます。
また、中禅寺湖をモーターボートで行くことも可能です。

クリンソウ













クリンソウ














クリンソウ













クリンソウ













クリンソウ




2018年06月05日

奥日光戦場ヶ原のズミとワタスゲ

塩原温泉、今朝は晴れ。
少し前まで、昨日今日あたりから雨マークだったのが、
どんどんずれて今日も晴れ。
明日の夕方は一時雨マークで、その後また晴れるようです。

梅雨入りはいつに?
そういえば以前もそんな感じで、
後から梅雨入りでした、なんて年もありました。


さて、先日、昼間の空いた時間を使って、
超弾丸で奥日光へ行ってきました。

戦場ヶ原のズミを見るために

ズミ・・・コリンゴともいいます。
塩原の大沼や板室の沼原湿原、那須など、
この辺りでも見ることはできますが、
戦場ヶ原のズミはレベルとスケールが違うのです

もう10年くらい前に一度、
タイミングよく見たことがあります。
木道、行けども行けども、ズミ。
ほんのりとした香りに包まれて、とても印象に残っています。

それ以来、チャンスを逃してきて、
今年こそ、行く予定でいたものの、
なかなか日程が取れず、
ちょっとピークを過ぎてしまったようです。

それでも何とか、戦場ヶ原ならではの、
ズミの花咲く風景を見ることができました。

戦場ヶ原から小田代ヶ原を回って
正味3時間のトレッキング

すでにワタスゲも。
レンゲツツジはこれから

貴婦人の白樺にも会ってきましたよ。

アップダウンがなく、木道が整備されていますから、
その方の時間的余裕と、足などの状況に合わせて、
どなたでも歩くことができます。

今回、高速を使えば、日光なら1時間、
奥日光でも1時間半で
行けることもわかりました。

ズミは花の時期が短いので、
さすがに、もう終わりかけだと思いますが、
6月の戦場ヶ原は、ワタスゲにレンゲツツジ
そして、さらに、アザミやホザキシモツケなどの山野草が咲く7月へ。
歩きやすい靴を用意して、
訪れてみてはいかがでしょうか?


戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング













戦場ヶ原トレッキング








2018年06月04日

イワカガミなど他の山野草たち

塩原温泉、今朝は晴れ。
明日までは晴れマークも出るまずまずの天気のようです。

今日も山日和。

ムラサキヤシオ咲く那須連山
他にも色々な山野草に出合うことができます。

特に、イワカガミサラサドウダンツツジは、
登山道周辺のあちこちで沢山咲いています。

マイヅルソウが咲き始め。
一面マイヅルソウに地面が覆われている場所もあるので、
咲きそろったら見事なことでしょう。

他にウラジロヨウラクや、
初めて見るノビネチドリも。
最後の数輪かと思われる
ミネザクラにも会えました。
6月にはさらに色々な山野草が出現してきますよ。

那須の山歩きをしてから塩原温泉へ。
もしくは塩原温泉に泊まって翌日に那須へ。
登山口やロープウエイまでは約50分です。


イワカガミイワカガミ













イワカガミ













イワカガミ













イワカガミ













イワカガミ













イワカガミ













イワカガミ













マイヅルソウマイヅルソウ













マイヅルソウ













マイヅルソウ













ミネザクラミネザクラ














ウラジロヨウラク?ウラジロヨウラク













サラサドウダンツツジベニサラサドウダンツツジ













ノビネチドリノビネチドリ