2021年09月17日

塩那スカイラインのクサボタンが見頃

塩原温泉、今朝はくもり。
時折日が射しています。
台風14号の動きが気になります。
当初の予想より南の方を通過するようです。
それほど影響を受けないことを祈っています。


さて、初秋の塩那スカイライン。
クサギやハギと同じくらい、
目につく花があります。

クサボタンといいます。

葉っぱの形が牡丹に似ていることから
こういう名前がついているそうです。

ほんのり紫色の花がくるんとして、
とても可愛らしい花

ただ、白いろう物質を出すアブラムシの仲間が付きやすく、
茎が白く汚く覆われていたりします。

今年は花の数が虫たちの攻撃を上回っているのか、
茎がきれいなままの株が多いようです。

近づくとほんのりといい香りがします。

キンポウゲ科の植物で、
綿毛の種が飛んで増えるので、

道路の法面にコンクリートに、
ほんのちょっとの隙間があれば生えてきます。
最後の写真、整然と並んで咲いていて、
ちょっと笑ってしまいました。


P9122296











P9122299











DSCN1765












DSCN1763












DSCN1778












DSCN1781












DSCN1902












DSCN1832












DSCN1834






2021年09月16日

塩那スカイラインの萩の花色々

塩原温泉、今朝はくもり。
今日は日中くもりで、
夕方から夜にかけて雨予報になっています。
明日はくもり。
その後はくもりと雨。
台風14号の動きが気になります。

さて、初秋の塩那スカイライン
萩の花があちこちに咲いて、
ススキと一緒に、秋らしい風情を醸し出しています。
一見、全て「萩の花」でくくりたいところですが、
よく見ると、萩の花にも色々あるようです。

そんな萩の花を。
最近カメラの調子が悪く、
ボケボケ写真なのは、ご容赦下さい。

まずはミヤギノハギ
萩の花と言えば、最も有名かと思います。

DSCN1793












DSCN1929












DSCN1930












DSCN1720












P9122294











P9122311












ミヤギノハギとよく似ていますが、
葉の形が少し違うヤマハギ
花の色も少し濃いように思います。

DSCN1863












DSCN1859












P9122306












枝のつき方もちょっと違う
マルバハギ
葉っぱもその名のとおり、丸いです。

DSCN1769












DSCN1770














オマケ。
こちらは、同じマメ科でハギとよく似ていますが、
近くで見ると全然違うコマツナギ
駒(馬)をつないでおけるほど、
枝が強いことからコマツナギを言います。
7月頃から咲き、かなり花の時期が長いです。

DSCN1724












DSCN1729












P9122288




2021年09月15日

塩那スカイラインに咲くクサギの花

塩原温泉、今朝は晴れ。
とても良い天気ですが、
この晴れの天気は午前中だけのようです。
その後は雨予報。
貴重な青空ですね。

すっかり秋色の塩那スカイライン
道沿いに咲く秋の山野草たちを少し。

一番目立っているのはクサギの花
夏の盛りから咲き始め、
この花は白い花が終わってからも、
青い実がつくまで、かなり長く楽しめる花で、
アゲハチョウが好きな花
この日もカラスアゲハが蜜を吸っていました。
青い実が楽しめるのはもう少し先になりそうです。



DSCN1712クサギの花。













DSCN1715












DSCN1921












DSCN1819












DSCN1820












DSCN1907












DSCN1818












DSCN1817












DSCN1813




2021年09月14日

こちらも秋色の塩那スカイライン

塩原温泉、今朝はくもり。
今日は日中くもりで夕方から明日午前中まで雨予報です。
青空とはしばらくお別れのようです。

さて、大沼だけでなく、
標高が高い、塩那スカイラインも、
久しぶりに行ってみたら、
すっかり秋色になっていました。

ウルシ類や山桜の紅葉は少し遅めですが、
ヤマブドウの葉が真っ赤になっています。

ススキもハギもいっぱい
ハギはまた別の日に。

山全体も色がくすんで来たのが良くわかります。


DSCN1752












DSCN1797












DSCN1754












DSCN1855












DSCN1873












DSCN1835












DSCN1762












DSCN1798












DSCN1772












DSCN1749












DSCN1732












DSCN1746












DSCN1867




2021年09月13日

秋色の大沼の山野草

塩原温泉、晴れ。
昨日は予報では日中晴れでしたが、
結局、くもりがちの天気で終わってしまいました。
今日は晴れて気温も上がってくるようです。

すでに秋色の塩原大沼。
あまりに久しぶりで、
いくつかの山野草は見頃を逸してしまったようです。

アケボノソウが何株か、名残りの花。
ミズオトギリは、花が終わっていましたが、
紅葉が見事。
草紅葉の中心になっていました。

カンボクの赤い実があちこちに
こちらは、今がちょうど見頃でした。

他にも赤い実が・・・と思ったらマムシグサ
以前は、あまり大沼では見かけなかったような。

同じように気になることが一つ。
周辺にシロヨメナの花がまとまって咲いていました。
今までこんな場所にあったかなあと。

シロヨメナは奥日光などでは、
鹿が食べないために、
他の植物を駆逐して、一面に咲いている場所も。

きれいだから、それはそれでいいのですが、
一面を覆い尽くすようになると、
植生が変わってしまいそうです

今後の変化を注視していきたいと思います。


DSCN1595













DSCN1598













DSCN1599













DSCN1621













DSCN1628













DSCN1632













DSCN1629













DSCN1627













DSCN1659




2021年09月12日

すっかり秋色の塩原大沼

塩原温泉、今朝はくもり。
少し前まで晴れていたのですが、少し雲が出てきました。
この後、10時頃からまた晴れるようで、
今日明日とお天気、良さそうです
肌寒い日が続いていましたが、
暖かさ(暑さ?)が戻ってくるかな。

さて、先日、かなり久しぶりに、
青空が出てきた時に、
塩原大沼まで行ってきました。
もしかしたら2か月近く足が遠のいていたかも。
初夏のモリアオガエルが産卵する頃以来

初夏から一気に秋色になっていて、
季節の移ろいの早さに、びっくり
草紅葉が始まっています

雨続きだったので、水は多め。
沼を横切る木道は半分くらいが水没していました。
水量たっぷりの水面に映った青空の美しいこと!

今年は秋の季節の進み具合は早いかもしれません。



DSCN1603












DSCN1609












DSCN1618












DSCN1610












DSCN1606












DSCN1605












DSCN1616












DSCN1620












DSCN1622












DSCN1630












DSCN1639












DSCN1643












DSCN1646












DSCN1649








2021年09月11日

シシウドの花と昆虫たち

塩原温泉、今朝はくもり。
この後、日中は雨が降ってくる予報です。
そして、明日明後日に晴れマークがつきました。
昨日も久々の青空でしたが、
明日明後日も気持ち良い青空が見られるかな。

さて、先日、見かけた山野草たちの中で、
大きさで断然目立っていたのが、シシウド

大きなものでは1メートルをゆうに超えています
線香花火のように、ぱっと開いた花に、
色々な昆虫たちが集まってきます。

そんなシシウドと昆虫の写真を少々
スズメバチも巣の近くは危険ですが、
こうして花の所に来ているものは、
いじめない限り刺すことはありません。
よく見ると、かわいい顔をしています。

ザトウムシは、8本脚ですが、
クモとはちょっと違う属になります。
長い脚でいざるように、
障害物などをさぐる様子から、
ザトウ(座頭)ムシと呼ばれます。

ジブリ映画に出てきそうなユニークな形と動き
私はけっこう好き。
よく見ると、体の所の色や、形も色々。
実はかなり沢山の種類がいるそうです

以前に同じ場所のシシウドを見に来た時にも
ザトウムシがいましたので、
補食のために、好きな花なのかもしれません。

今回は見つけられませんでしたが、
キアゲハが大好きな花でもあります。
去年はキアゲハの幼虫を育てるために、
山からシシウドの花を取ってきて
成虫になるまで、お世話になりました。
今年もキアゲハの幼虫に出会えるといいなあ。



DSCN1446キイロスズメバチ。













DSCN1461ザトウムシ。













DSCN1466













DSCN1328

















2021年09月10日

初秋の山野草色々

塩原温泉、今朝は晴れ。
朝から青空が見えるなんて、何日ぶりでしょう?

昨日の時点では、
今日はお昼前後に晴れマークでしたが、
一夜明けたら、朝から昼過ぎにかけて晴れ、
その後、午後からは雨予報です。
貴重な青空です。
昨日紹介したそば畑もきれいだろうなあ

さて、先日、ちょっと時間があった時に、
花を求めて、山道ドライブ
色々な花に出会ってきました。

ほんの少しの時間で、
こんなにたくさん。
初秋の山野草、いいですね。

DSCN1460シシウド
昆虫がいっぱい。












DSCN1297コバノガマズミ
秋だなあ。











DSCN1324タマアジサイがまだ咲いてました。












DSCN1356
ボタンヅル












DSCN1388
ミズヒキ   












DSCN1363
キンミズヒキ












DSCN1361アキノキリンソウ












DSCN1371アキカラマツ












DSCN1392ツリフネソウ












P9022238キツリフネ











DSCN1477フシグロセンノウ












P9022244レイジンソウ











P9022208オトコエシ











P9022226花はまだ先ですが、
ツルニンジンかなと。
10年以上ぶりに
出会えました。























ayatsumugi at 09:04|この記事のURLComments(0)

2021年09月09日

塩原の山あいに広がるそばの花畑

塩原温泉、今朝は雨。
今日は日中雨予報。
夕方から明日にかけてはくもりで、
明日は一時だけですが、晴れる時間もありそうです。
なかなかすっきりとした天気になりません。
昨日は気温もかなり低めでした。
今日は昨日より5度くらい気温は上がります。

さて、そんな雨続きの毎日ですが、
一昨日、日中だけ青空になりました。
その時間に急いで、撮影してきたのがこちら

一面のそばの花畑
上塩原の山あいの2ヶ所に広がっています

耕作放棄地が獣害の一因になっていることから、
地元の若者たちが中心になり、
耕作放棄地を整地し、そばの種をまき、
収穫して粉にして、地元の飲食店などで活用してもらおう
と、
昨年から始まった取組です。

昨年初めて、一面のそばの花を見た時には、
心から感動しました。
皆で力を合わせれば、できるんだと。

そば粉も活用させてもらいました。
香りのある、美味しいそば粉でした。
今年もとても楽しみにしていて、
種まきのお手伝いもしました。

この時期、那須地域で車を走らせていると、
あちこちでそばの花を見かけますが、
これほど、一面に咲いている場所は、あまりないかも
見ごたえあります。

最後にざっくりとした地図を添付しました。
ご参考にしていただければと思います。


DSCN1539












DSCN1556












DSCN1543












DSCN1554












DSCN1549












DSCN1540












DSCN1535












DSCN1527












DSCN1516












DSCN1523













そば畑地図




2021年09月08日

カラスアゲハの集団吸水場面に遭遇

塩原温泉、今朝はくもり。
肌寒い朝です。
今日明日と雨予報。
気温は上がらないだろうなあ。

昨日は久しぶりに日中晴れて、
セミの声も聞こえてきました
が、
今日は当然、どこからも聞こえてきません。
昨日のセミ達、どうしているのかなあ。
他人(セミ)事ながら、心配になってしまいます。

さて、昆虫の話題を一つ
少し前に、小躍りしたくなるような場面に遭遇しました。

自他共に認める昆虫好き。
蝶の中で一番好きな、
カラスアゲハもしくはミヤマカラスアゲハが、
集団で吸水している場面
です。

姉妹館明賀屋本館の玄関前です。
斜面からしみ出している水が
雨上がりでちょろちょろと流れていましたが、
そこに集まっていました。

全部で6〜7羽。
カラスアゲハとミヤマカラスアゲハは、
見分けるのがなかなか難しいのです。
夢中で写真を撮っている時には、よくわからず、
後から見たら、
何と、両方の種類が混ざっていました


1頭(蝶は1頭、2頭と数えます)だけ、
最初の4枚の写真では羽を広げていて、
5枚目の写真、一番手前の個体が、
ミヤマカラスアゲハで、あとはカラスアゲハ


ミヤマカラスアゲハは、
広げた時の後翅の模様が強く、
後翅の裏側に白い筋が入っています。

そして、これも撮影している時には、
全然わからなかったのですが、
1頭だけ、クロアゲハも混ざってました

6枚目の写真の右下の個体がクロアゲハでした。
気が付いていなかったので、
写真も見切れてしまっていて残念。

この写真を撮っている最中は、
他の蝶たちに目が釘付けでした。
というのも、この時、
他の蝶たちは、吸水しながら、
オシッコのようなものをピュッピュッと
出していたのです。

そんなシーンを見たのも初めてでした。
オマケに、カラスアゲハ達と同じような色の
尻尾を持つ、ニホントカゲもいたりして。
初めてづくしで、大興奮。
いつまでも見ていたかったです。
また、こんな場面に遭遇したいものです。



DSCN0617













DSCN0618













DSCN0620













DSCN0610













DSCN0614













DSCN0603













DSCN0630













DSCN0623




2021年09月07日

シュウメイギクよ、どこへ行く?

塩原温泉、今朝はくもり。
今日は日中久しぶりに晴れ予報です。
今日だけ。
明日からはまたくもりと雨。
まだ晴れてきていませんが、
今日は貴重な晴れの一日になりそうです。

さて、庭の花のこと。
現在、シュウメイギクがとてもきれいに咲いています

今年はかなり早くから咲き始めました。
秋の花ですが、
確か8月上旬には咲き始めていたような


毎年、庭でよく咲いてくれますが、
一つだけ疑問があるのです。

毎年花の位置が動いて行きます
現在咲いている場所は、
入口入ってすぐの黒竹の手前。

こんな場所に植えたことはないのです。
15年前のオープンの時には、
現在咲いている場所から2メートルも離れた場所に植えました。

それが、毎年、あれっ、こんな場所に?と
1本出てきたと思ったら、
段々、咲く場所が移動してきました
まるで、自分の意志で異動しているかのようです。
最初に植えたはずの場所には、現在1本も咲いていません。
現在、庭の端まで進んできましたが、
その少し先は駐車場のアスファルト。
この後、どこまで行くのでしょうか・・・。


調べてみると、地下茎が伸びて殖えるそうです。
昨年初めて、ふわふわの綿毛に包まれた種も見ました。
種も飛ぶのでしょう。

実に面白い花です。
シュウメイギクと「キク」という名前が付いていますが、
菊の仲間ではなく、キンポウゲやアネモネの仲間
つぼみと、実は花びらではなく萼片が散った後に、
残る花の部分がまん丸でかわいく、
目で楽しめる期間が長い花です。

彩つむぎには白花しかありませんが、
薄い桃色のや、濃いピンク色の種類もきれいです。


今年はいつまで楽しめるかな。



DSCN0928













DSCN0927













DSCN0854













DSCN0853



2021年09月06日

なかがわ水遊園のミソハギと生き物たち

塩原温泉、今朝は雨。
今日も日中ずっと雨の予報になっています。
連日最高気温は20度以下。
一気に涼しくなってきました。
秋の長雨が続きますが、
明日だけ一日、日中晴れマークが。
貴重な晴れの日になりそうですよ。

さて、なかがわ水遊園の花めぐり、続きます。
驚いたことに、ミソハギの花が池のまわりにぐるり
ちょうど満開で、とてもきれいでした。

大田原市内にも、ミソハギを、
川の土手に植えてある場所があり、
よく地元の新聞にも掲載されるのですが、
そちらに負けず劣らずの花風景です。

もともと湿地帯に咲く花
環境が良いのでしょう。

そして、池なので、当然のようにトンボが沢山
メタリックグリーンのボディに、
真っ黒な羽がかっこいいハグロトンボが、
あっちでもこっちでも
飛んでいます。

ブルーのボディが涼しげなシオカラトンボや、
真っ赤なボディが鮮やかなショウジョウトンボ
そして、動きが速過ぎて写真に撮れなかったのですが、
多分ギンヤンマも沢山いました。

おまけはアブラゼミ
ちょうど木の幹に止まっているところを激写。
一度逃げられましたが、
オシッコは引っ掛けられませんでした(笑)


日頃、館内しか見たことがなかったので、
とても新鮮に感じた、なかがわ水遊園でした。
緊急事態宣言が出ている期間は、
展示施設のほうは休館していますが、
池の周りや公園は、人も少なく、静かに散策できます。
意外な穴場スポットとして、おすすめします。



DSCN1146













DSCN1148













DSCN1164













DSCN1194













DSCN1195













DSCN1237













DSCN1198













DSCN1210













DSCN1196













DSCN1180













DSCN1172













DSCN1174






2021年09月05日

なかがわ水遊園の池の熱帯性スイレン

塩原温泉、今朝はくもり。
昨日ほどではありませんが、
今日明日と日中雨が降る時間がありそうです。
明後日以降はくもりの予報になっています。


さて、なかがわ水遊園の広い池には、
蓮の他にも水生植物が色々あります。
日頃ゆっくりと見たことはなかったので、
今回、ぐるりと公園を歩いてみました。

熱帯性スイレンが、かなりの範囲で繁茂していました。
今年は、勢いがいいのだそうです。

普通の温帯性スイレンより、
ひとまわり大きく、厚く、ツヤのある葉

花もやはり大きく、はなびらも厚そうです。

手前側にピンク色
奥のほう、池の反対側の建物の裏手に、
白(クリーム色)の花の群落がありました。

この辺りだと、他に見られる場所はないのでは?
池の真ん中よりにアサザの群落もあったようですが、
それはちょっと気が付かず、残念。

なかがわ水遊園の花めぐり、
明日も続きがありますので、お楽しみに!


DSCN1191













DSCN1166













DSCN1161













DSCN1184













DSCN1160













DSCN1185













DSCN1186













DSCN1228













DSCN1224













DSCN1222













DSCN1223




2021年09月04日

なかがわ水遊園の池でも蓮の花

塩原温泉、今朝は雨。
今日は日中一日雨予報。
その後夜から朝にかけてはくもりですが、
明日も日中だけ雨。
ぐっと涼しい毎日になっています。
風邪ひかないようにしないとです。

矢板市の沢観音寺は、
矢板市と言っても、
矢板市、那須塩原市、大田原市、
3つの町の市境のような場所
にありました。
ハスの花を見に行った日、
そのまま大田原市の
なかがわ水遊園まで足を延ばしてみました。

なかがわ水遊園は、県の施設で、
現在、県の緊急事態宣言を受けて、
9/12まで休館中
になっていて、
建物の中には入れません。
ただ、建物を取り囲むようにある池や、
その周りの公園を散策することはできます


こちらの池も、実は蓮の花名所
ここまで色々な場所の蓮の花を見て来た今年、
やっぱり、こちらも勧められていました。

なかがわ水遊園は、那珂川水系の魚たちをはじめ、
アマゾン流域の魚など。

淡水魚の水族館という個性的な水族館。
何度も見学してはいるものの、
いつも、駆け足見学で、
ゆっくりと池の周りを散策したことがありませんでした。

今回、休館中だったので、
これ幸いと、ゆっくりと池の周りを散策
こんなに広くて、こんなに素敵な公園だったのかと、
いつも時間に余裕がなかったのを、残念に思いました。

目的の蓮は、広い池の中で悠々と咲いていました。
品種まではわかりません。
でも、葉の色も青味がかって、
いかにも蓮らしい美しい花でした。
明日あさってもなかがわ水遊園の花のことを。



DSCN1149













DSCN1150













DSCN1238













DSCN1150













DSCN1151













DSCN1152













DSCN1153




2021年09月03日

見どころ多い沢観音寺

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日雨、
明日は雨のちくもりの予報になっています。
まだしばらくぐずついた天気が続きそう。
気温もぐっと低くなっています。

さて、
蓮の花を見に行ってきた
矢板市の沢観音寺ですが、
蓮以外の花も色々咲いていて、
みどころが多く、
こんな所にこんなお寺が?
ちょっと驚いたのでした。

その
歴史は9世紀にさかのぼるらしく
那須与一を輩出した
那須家ゆかりのお寺で、
奥の細道紀行の
芭蕉も立ち寄っているというから、
昔から有名なお寺だったのではないでしょうか。
正式には
補陀落山観音寺という名称だそうです。

補陀落山?
あれ、どこかで聞いたことがありますね。
日光の男体山や、二荒山は、補陀落山から来ています。
補陀落山とは、観音菩薩が降り立つ浄土の山を意味し、
観音菩薩をまつるお寺に、
補陀落山観音寺という名称が使われるらしく、
全国各地、近くはお隣の塩谷町にも
同じ名前のお寺があるようです。

本堂に、ご本尊の阿弥陀仏
そして、本堂の右手にある
千手千眼堂に、
鎌倉時代に作られたという秘仏、
千手観世音菩薩が厨子の中に安置されています。

ご朱印帳を書いていただく間に、
この千手千眼堂の地下に行ってみて下さいと言われ、
言葉のままに地下に降りていったのですが、
何と
地下がクランク状に作られていて、
暗い中に、石仏がずらり並んでいます


まるでイタリアのカタコンベのようで、ゾクゾク。
昭和50年に造られ、
石仏は、白河の石屋さんが掘ったものだそうです。

後から調べてみたら、
他にも色々見逃してしまったものもあったようで、
これはまた再訪しなくてはですね。



DSCN1045













DSCN1036













DSCN1043













DSCN1098













DSCN1101













DSCN1113













DSCN1105













DSCN1108













DSCN1109













DSCN1112




2021年09月02日

矢板市沢観音寺の蓮の花

塩原温泉、今朝はくもり。
昨日の時点では雨予報でしたが、
今朝になってみたら、一日くもりに。
明日は雨になりそうです。


さて、少し前に、この夏、
色々な場所で蓮の花を見ていたことを書きました。

そんな私にある方からの蓮の花情報。
矢板市の沢観音寺にも行ってみてと

矢板市の寺山観音寺は知っていましたが、
沢観音寺?
どこだろう?ナビで調べて、向かってみたら、
矢板市と言っても、那須塩原市から行くと手前の方。
那須塩原市と大田原市と矢板市の市境かな
近かったです。

境内の蓮池は「曼荼羅蓮池」という名前がついていて、
かなり色々な(一説には108種とも)蓮が見られます。

全体的なピークは7月とのことで、
もうピークは過ぎてしまっていて、
かなり花が散って、
花托と呼ばれる実の部分になって、
もう茶色くなっていたり、
葉も枯れ色になっていたり、で、
蓮池の中に、人の一生を見るかのような、
まさに「曼荼羅蓮池」だったのでした。

とりわけ、
初めて見る八重咲きのピンクの蓮があり、
その美しさに見とれてしまいました。

まん丸のつぼみも、
何枚も重なった満開の花も、
その花の崩れ方も、全てが美しく

こんな蓮の花があったのかと、驚きました。

他にも白や薄ピンク色の花がまだ見られました。

そして、境内には、蓮だけでなく、
シュウカイドウ、ハギ、サルスベリ、
そしてカリガネソウなど、色々な花が

花の寺。

お寺自体も見どころが多いです。
鎌倉時代の千手観音があったり、
何と石仏がずらりと並ぶ地下があったり。

こんな近くに・・・。
まだまだ自分が知らない地域の魅力が沢山。
お寺のことは、またの機会にブログアップしたいと思います。

DSCN1080












DSCN1046













DSCN1048













DSCN1049













DSCN1081













DSCN1086













DSCN1050













DSCN1072













DSCN1075













DSCN1063













DSCN1074













DSCN1073













DSCN1085













DSCN1069













DSCN1094













DSCN1097













DSCN1125