2006年12月

2006年12月31日

いよいよ大晦日、塩原温泉でもカウントダウン

いよいよ12月31日、大晦日です。
一昨日に積もった雪もだいぶ溶けて、今日はいい天気でした。
なるべくなら、年末年始は雪が降らないほうが助かります。
そればかりはどうにもなりませんが・・・・・

2006年、彩つむぎにとっては、その歴史をつむぐべき、
スタートの記念すべき年となりました。
年が明けてからオープンまで、準備に大わらわでしたが、
オープンしてからも、尚一層忙しい日々を送りました。
書ききれないくらいの苦労があり、
旅館一軒稼動させるのがこんなに大変だとは思いませんでした。
本一冊かけるくらい、色々なことがありました。

なにはともあれ、2006年も今日で終わりです。
2007年、さらなる飛躍ができるように、精進いたします。

さて、本日塩原温泉では、カウントダウンの様々なイベントが行われます。
メイン会場は、日本最大級の足湯公園「湯っ歩の里」
年越し邦楽コンサートやら、
甘酒、大鍋、おしるこ、樽酒などの振る舞い等々・・・・・

近隣の方は今からでも間に合います。

どうぞ皆様、よいお年をお迎えください。





2006年12月30日

塩原温泉、一面の雪景色です

000cf11f.JPG

昨日は一日中雪が降り続きました。
年末年始は雪という定説どおりの天気でした。
お夕食の時にダイニングから見る雪は
ライトアップされて、とてもきれいでした。
雪は夜半には止みました。
あたり一面雪景色です。

今日はよく晴れていて、真っ青な空が見えていますが、
道路などは若干凍結しているかもしれません。

寒気が入って、寒くなったせいか、
風邪をひいてしまいました。
のどがはれて、昨日の夕方には37.9度、
夜には39.1度まで熱が上がりました。
今も熱があり、頭も痛いし、最悪状態。
それでも仕事を休むわけにはいかず、
(今まで、ずっと元気ピンピンだったのに、
どうして、年末年始の一番忙しい時に風邪なんでしょう)
ちょっとふらふらしていますが、頑張ります。






2006年12月29日

とうとう雪がうっすらと積もりました。

180412fd.JPG

昨日は帰宅した10時ごろから夜中の2時ごろまで
自宅の台所の大掃除でした。
夢中になってやっていたので、気がついたら夜中の1時で、
ずいぶん冷え込んできたなあと、その時に感じていましたが、
朝起きてみたら、やはり雪でした。

11月初旬に思いがけない吹雪のような初雪がありましたが、
積雪は今冬初めて
彩つむぎのまわりもうっすらと雪化粧
今も風花が舞っています。
朝積もった雪はほとんど溶けてしまいました。

暖冬の12月だったとはいえ、雪が積もるくらいですから、
さすがに今日は寒いです。ぶるるる〜〜〜〜

テラスからの初雪景色の写真をお届けします。
2、3日前の大雨のおかげで、
目の前の箒川は、藻がこそげ落ちて、
緑色凝灰岩のもつエメラルドグリーンの川底が
少し見えていて、きれいです。

そういえば、昨日は花を買いにでかけましたが、
途中の千本松付近では、その2,3日前の大雨と強風で、
道路わきの松の枝がそこここに落ちていました。

知っている人に見られたら恥ずかしいなと思いながらも、
車を停めて松の枝を広い集めてきました
お正月にいける花に使うのに、ちょうど良かったものですから。
買うことないじゃない〜と。(すでに買った後でした、グスン)

しっかり知っている人に声をかけられてしまいました。
いいもん、恥ずかしくてもめげないもん。
お客様に喜んでもらうためだもん。
と自分を慰めて帰ってきました。






2006年12月28日

新しい年を迎える準備に大忙しです

8346e49b.JPG

昨日一日猛威を奮っていた風は夜半になってやっと止みました。
夜からは雨も降り、その雨が今日は一日降っています。
でも、くどいようですが、やっぱり雪じゃないんですよね。
うそのようです。

さて、年賀状も済んで、館内の飾りつけも
クリスマスから、一転、迎春にCHANGE!です。
まず、玄関から入ってすぐのところには
あえて、オーソドックスな菊や欄や千両などは飾らずに、
青竹を3本重ねて、
大きなアマリリスの紅白と金銀の水引を飾ってみました。

水引は以前から、私の大好きなアイテムです。
1本の水引でさえ、
どうして、こんなに細く、丈夫に、美しいの・・・・・?
と、ずっとながめていても飽きません。
ましてや、結納などに使うような水引細工などは
ため息をつくほどに見事。

そんな水引細工のようにはつくれませんが、
今年は様々な色の水引を大量に仕入れました。
ちょこちょことではなく、なるべく大胆に使いたいと思います。
とりあえず、吊り下げてみましたが、
それだけでもぐっとお正月らしくなりました。

館内のあちこち、迎春の飾りでいっぱい。
みなさまのお越しをお待ちしております。



 





2006年12月27日

年賀状は出しましたか?

昨日一日降っていた雨は朝には上がっていましたが、
昨夜からものすごい風が吹いています。
テラスのテーブルは飛んでこわれるし、
きのう立てた門松は倒れるしで、
朝から、強風の被害対策でバタバタしています。

昨日の雨で増水した川の水
風の力でしぶきとなって吹き上がって3階の窓に水滴がびっしり
3階ですよ〜!
以前、日本海に落ちる滝が海風で吹き上がり、
冬の風物詩として、観光客に喜ばれているなんて、
映像をTVで見たことがありますが、
そんなものではありません。
吹き上げの滝ならぬ、吹き上げの箒川。
どうせなら、今年1年の災いもみーんな吹き飛ばしてもらいたいものです

2006年、災いも幸いもありましたが、
いよいよ年も押し迫ってきました。
年賀状はもう出しましたか?
私は昨日全部出してきました。

個人の分、彩つむぎの分、姉妹館ホテル明賀屋の
合計3種類の年賀状を作りました。
加えて、例年子供たちの分も
それぞれパソコンで作ってやっていましたが、
今年は子供は子供で作ってもらうことにしました。

それでもかなりの数の年賀状ですから、
やはり一仕事です。
師走の声を聞いてから、ずっと気になっていたので、
一仕事やり終えて、気分爽快です






2006年12月26日

ドラマ“のだめカンタービレ”最終回

今日は一日雨。
12月の下旬で、塩原でではなくですよ〜。
よほど暖冬なんですね、今年は。
スキー場の雪が心配です。

今日は思いっきりプライベートな話。

3ヶ月前に一度触れた“のだめカンタービレ”。
とうとう昨日はドラマの最終回(のだめ風にいえば最終楽章)でした。

月曜の9時のドラマなので、私はあまり見ることができませんでした。
3回くらいしか見ておりませんが、(誰かビデオ見せて〜)
せりふはほとんど、漫画のまま。
俳優さんも、のだめの上野樹里さん、千秋の玉木宏さんともに、
雰囲気合ってましたし、漫画のギャボ〜ンな感じがよく出ていて、
見るたびにゲラゲラ笑って見てました。

世の中も「のだめブーム」とかで、すごい人気だそうですね。
12/23〜12/31まで、
東京国際フォーラムでは
「のだめフェスティバル」開催中。
見に行きたいデス。

昨日の最終回では玉木宏さん演じる千秋が
自ら編成した学生オーケストラで、
最後の指揮を振る場面が圧巻でしたね。
曲はベートーベン交響曲第7番。

指揮者姿もだんだんそれらしく、
演奏が終わったときに、玉木宏さんが流していた涙に感動しましたが、
絶対あれは演技ではないと、私は思います。

私も体験演奏でオーケストラの演奏に参加したことがありますが、
(実はバイオリンを習っています、現在お休み中)
様々な楽器の奏でる音と音との交わり、
重厚なハーモニーの中にいると身震いするようでした。

玉木宏さんも、涙が止まらないような感動を覚えていたにちがいありません。
しかもサントリーホールでしたし、
俳優さんとはいえ、なかなかできない体験だと思います。
上野樹里さん、玉木宏さん、お疲れさまでした!





2006年12月25日

MERRY CHRISTMAS TO YOU !

おだやかで暖かなクリスマスの一日でした。
例年ですと、塩原ではだいたいホワイトクリスマスですが、
今年はまだ一度もこのあたりでは雪が積もっておりません。

下の子の学校は今日まで。明日から冬休みです
那須塩原では2学期制になっていて、
冬休み前に通知票は持ってきません。

上の子は上の子で、全寮制の中学校に入っていまして、
中学生くらいになると、親に通知票を見せない子供もいるとの理由から
通知票は学校より直接郵送です。
昨日学校より家に帰ってきましたが、通知票はまだ届いていません。
なんとなく、拍子抜けしてしまいます。

今日は久しぶりに家に帰ってきた、子供の用事に付き合わされて、
昼間にいろいろな買い物に行ってきました。
昨日がちょうど、クリスマスイブで日曜日でしたので、
クリスマス当日とはいえ、昨日ほどお店は混雑していませんでした。

どこのお店でも今日を最後に(?)とクリスマスのBGMが流れていて、
クリスマスグッズが半額くらいに値下がりしていました。
来年用に、買ってしまおうかなぁ・・・・・・
でも場所も取るしなぁ・・・・・・とあきらめて、
お正月グッズをいくつか買ってきました。

明日にはクリスマスのデコレーションを片付けて、
一気にお正月を迎える準備です。

ホーント、日本の12月は忙しいですね。






2006年12月24日

クリスマスイブです

うす曇りの天気です。
時折、お日様が顔を見せていますが、
昨日までの暖かさと違い、急に冷えています。
低気圧がきたら、雪がちらつきそうな気配。
雪が降ったら、ホワイトクリスマスですね。

今日はクリスマスイブ。
皆様どんなクリスマスイブを迎えようとしているのでしょうか。
欧米などでは、宗教的な配慮から、
クリスマスデコレーションやクリスマスカードから

MERRY CHRISTMAS の文字を控え

HAPPY HOLIDAY と言おうという動きがあるようですね。

そして、その動きに対して、キリスト教徒が反発して、
HAPPY HOLIDAYはけしからん、
あくまでもMERRY CHRISTMASでなくちゃといかんと・・・・

そういう点では日本って、寛容でいいですね。
旅館にクリスマスツリーを飾っても誰も文句を言いませんから。

でも日本では25日が過ぎると、すぐにお正月の準備。
彩つむぎで毎月行っている月替わりのキャンペーン
もちろん12月はクリスマスキャンペーンで、
お客様に、クリスマスミニキャンドルを差し上げていますが、
いつまで、差し上げようか、思案中です。
12月いっぱい?それとも12月25日まで?






2006年12月23日

ノロウイルスの脅威に旅館もピリピリ

青空が見えています。
今日も暖かです。コットンキルティングジャケットです。
まだ手袋も出していないし、暖かくて助かっています。
ただ、うちの小学生の息子はしもやけ体質で、
すでに足の指がしもやけ。
先日、工事現場ではく、インナーソックスを見つけてはかせたところ、
これがなかなかGOOD(*^^)v  オススメです。

さて、日本列島各地でノロウイルスが猛威をふるっています。
カキの生産地ではおおきな痛手を蒙っているとか。
カキが原因の発病はたった1症例だそうですのに。
先日の夜、少人数で忘年会をやった飲み屋さん。
献立のカキのところを見ながら、
「カキおいしいけど、今年はちょっと食べるのためらうよねえ」
なんて話していたら、お通しがなんとカキでした。
しかも山盛り。
「これはロシアンルーレット?」なんて言いながら、
最初はこわごわと・・・・
結局、おししくて、全部みんなで食べてしまいました。
大丈夫でしたよ。軽く火も通ってましたし。

と、脱線してしまいましたが、本当にノロウイルスは怖いです
去年の年末、やはり忘年会でみんなやられて、大変な思いをしました。
去年はまだその実態がよくわかっていませんでしたが、
今年、その実態がいろいろと騒がれているのを見ると、
なめてかかると大変です。
ホテル旅館や飲食業界ではピリピリと神経をとがらせています。
旅館組合による講習会も開かれる予定ですし、
リネン業者さんからも対処方法についての通達が届きました。
何事もなく、流行が終わることを願うばかりです。







2006年12月22日

今日は冬至、ゆず湯のおもてなし

c442f549.JPG

今日も曇り空。
でもそんなに冷えてないです。
ちょっと寒いけれど、コットンのキルティングジャケットだけで過ごしています。

今日は24節気の一つ、冬至ですね。
一年のうちで、もっとも昼間の時間が短い日といわれていますが、
地球の自転率を考慮すると、日本においては
昼間の一番短いのは冬至よりもっと早い時期だと聞いたことがあります。
11月下旬だったでしょうか?
うろ覚えでごめんなさい。

冬至といえば、ゆずとかぼちゃ。
かぼちゃはさきほど、
スタッフの一人が作ってきてくれたのをいただきました。
青森出身のスタッフ
「うちの田舎では冬至にはこうやって、かぼちゃを食べるんですよ」
と持って来たのは、小豆といっしょに煮た、“いとこ煮”

それを見て、新潟が実家のスタッフ
「新潟でも同じようにして、食べますよ〜」と。
しばし、おらが里の冬至のかぼちゃ談義に花が咲きました。

そして、ゆずですが・・・
塩原でもゆずを作っている農家がたくさんあるんですよ
袋に一抱え入って、200円くらい。
朝、農産物直売所に行って、たくさん買って来て、
内風呂、露天風呂、客室風呂といれて、ゆず湯にしてみました。
お風呂にぽーんと投げ入れた瞬間、
とてもいい香りがたちこめました

今日だけの彩つむぎのおもてなしです。

 

 





2006年12月21日

クリスマスイブまであと3日

23fbcdb9.JPG

今日はうすぐもり
朝は昨日ほど冷え込まなかったとみえて、
車のガラスの霜も昨日ほどはついていませんでした。

昨日のブログで紹介した、
塩湧会による七つ岩つり橋のクリスマスイルミネーション
写真にトライしてみましたが、
やはりなかなか上手に撮れないですね〜(>_<)
カメラの小さなディスプレイで大丈夫かなと思っても、
パソコンの画面で確認すると、ピンボケだったり・・・・・・
三脚を買わなくてはダメですね。

さて、あと3日でクリスマスイブです。
彩つむぎでも、数日前から、館内で流すBGMも
クリスマスソング主体になってきました。
クリスチャンの方から見れば、
日本のクリスマスは色々と問題がありそうですが、
すでに年中行事として定着し、
家それぞれ、お店それぞれ、町それぞれに
人と人をつなげる、大切な日になっています。

今年はまた、天皇誕生日の23日とイブの24日がちょうど、土、日。
ホテルや旅館、町へと繰り出す人が多そうですね。

彩つむぎでも23,24,25日の3日間は
デザートがクリスマスデザートになる予定。
厨房スタッフが色々考えているようですので、
どんな一品になるのか、私も楽しみです。





2006年12月20日

七つ岩つり橋に塩湧会でイルミネーションを飾りました

,3日天気がよくて、夜から朝にかけての冷え込みが強く、
今朝は車の窓に凍りついた霜がぎっしり
ちょっとこすったくらいでは、取り除くことができないほどでした。
屋根にも霜がぎっしりとついたらしく、
太陽が出てきたら、一斉に溶けた霜が屋根から、落ちてきて、
まるで、雨がふってきたかのようでした。

でも12月の下旬になっているのに、
まだ一度も地面には雪が積もっていません。
雪かきの道具も買って、準備万端状態にしているのですが、
なんだか拍子抜けしてしまいます。
去年の今頃は、毎日のように、雪かきに忙しかったような・・・・・・
喜ばしいことなのですけどね。

さて、彩つむぎのお隣、七つ岩つり橋では、
毎年12月になると、地元の町おこし団体<塩湧会>によって、
イルミネーションが飾られます。
塩湧会は塩原温泉卿の中でも、
ここ彩つむぎがある、“塩釜”地区の町おこし団体で、
年間を通して、観光客をもてなす様々な活動をしております。
その様子は
<塩湧会>のHPに紹介されているので、
覗いてみてくださいね。

イルミネーションの詳細について、写真を載せようとしたら、
あれれ、あんまりきれいに撮れていません。
今夜、再度挑戦してみます。





2006年12月19日

旅サラダの撮影がありました

e14fbc0d.JPG

予想に反して、また晴れて暖かくなりました。
昨日のように寒くなり、雪が降ってくれればなあと期待していました。
雪景色の彩つむぎもまた風情があると思いますので。

というのは、光栄にも、またTVの撮影があったのです。
本当にありがたいことです。
今回の撮影は、TV朝日系列、土曜の朝放映の「旅サラダ」。
「みやこの宿かり日記」
のコーナーに出ることになりました。

タレントの竹内都子さんが10年以上にわたり、
毎週、一軒のお宿を訪ねて、
そのお宿の魅力をレポートする人気のコーナー。
にもなっています。

なにしろ10年以上続いているというのがすごいですよね。
以前には彩つむぎの姉妹館の『明賀屋本館』にもいらしたこともあります。

TVではお笑いタレントのイメージが強い竹内都子さん。
実際お会いしてみると、とても知的でチャーミングな方
そして、声と、その発声がやはりきれいで力強いです。
聞けば、ビーズ手芸が得意とか。
ご自身のHPで作品を見ることもできます。
またお肌のきれいなこと
毎週温泉に入っていらっしゃるからでしょうか。

10年以上続いているコーナーとあって、スタッフとの息もぴったり。
終始、笑いの絶えない撮影でした。






2006年12月18日

雪が降っています

昨夜からずいぶん冷え込みました。
今朝の朝食時間にはかなり、雪が激しく降って、
いっとき山はうっすらと雪化粧しました。

今もちらちらと雪は降っていますが、積もるほどではありません。
しばらくは寒い日が続きそうです。

今日は昼間に花を買いに出かけました。
塩原街道はすっかり冬景色
帰りのことです。
塩原温泉街に入る少し手前、
ちょうど竜化の滝あたりを通りすぎようとした時、
視界に動くものが目に入りました。

何かと思えば・・・・・・サルです!
道路を堂々と横切っていくではありませんか。

周囲をよく見てみると・・・・・・・
一匹、二匹・・・ではありません。
30匹以上いるようです。
ボス猿のように大きいのやら、小さな子供の猿まで、
山から群れがそのまま移動してきたようです

2,3匹見かけることはよくありますが、
こんなにたくさんの群れが、
道路を渡っておりてきたのを見たのは初めてです。
今年はあちこちで、漬物用に干しておいた大根や
干し柿をサルに食べられたという話を塩原でもよく聞きます。
よほど、山にエサがないのでしょうか?
大人に向かってくることはまずないようですが、
子供などには悪さをすることもあるようです。

物珍しいからとエサをやったりすると大変です。
どうぞお気をつけてください。





2006年12月17日

塩原温泉観光マイスター講座 12月は温泉について

今日は青空も見えましたが、なんだか昨日とは打って変わって、
急に冷え込んできました
今晩は雪になるかなあとみんなで話しておりました。

今日は塩原温泉観光マイスター講座の第6回め

今月のテーマは、ズバリ「塩原の温泉」
塩原の動植物と共に、私が一番聞きたかったテーマです。

講師は塩原温泉の各地域での温泉掘削を一手に引き受けている、
「君島ボーリング」の君島行雄社長。
当館でも日頃よりお世話になっています。

こうやって温泉の恩恵にあやかりながら、商売をしているわけですが、
塩原の温泉のことを全てわかっているかといえば・・・・・・・
とてもとても、首を縦には振れません。情けないけど。

まず塩原では<塩原11湯>といい、
11の地区ごとに温泉の質が少しずつ違っていて、
しかも箒川をはさんで、左岸と右岸で、また泉質も違うとか。

透明な単純温泉もあれば、
白濁した硫黄泉、
鉄分の多い赤茶色の塩化物泉、
同じ鉄分の多い温泉でも、通ってくる場所によって、黒くなる温泉など、
こんなに小さな地域の温泉場なのに、
その温泉の質は本当にバラエティに富んでいます
不思議ですよね〜。

ここ彩つむぎでも露天風呂や客室露天風呂の源泉と
内風呂の大石風呂の源泉は別なので、
いずれも色は無色ですが、入った時の肌あたりが微妙に違います。

そういった温泉の豊富さが、塩原温泉の何よりの魅力なのだと思います。





2006年12月16日

那須野が原ハーモニーホールのイルミネーション

95ce9918.JPG

今日も暖かです
昨日に引き続いて、ジャケットがいらないくらいです。
ほんとうに助かります(*^_^*)

昨日の夜、子供の付き添いでここから車で40分くらい。
那須塩原市とお隣の大田原市の間に位置する、
那須野が原ハーモニーホールまで、出かけてきました。

那須野が原ハーモニーホールは、設備や音響のいい音楽ホールで、
こんな田舎にしては、上質のコンサートなどが行われます。
昨夜はローマ弦楽合奏団のクリスマスコンサート。
ヴァイオリンを習っている子供に聴かせたくて、
急遽、出かけることにしました。

息の合ったアンサンブルの演奏と、それぞれの楽器の響きに
あらためて、弦楽合奏の醍醐味を味わうことができました。
それにもまして、感心したのが、
那須野が原ハーモニーホールのクリスマスイルミネーションです。

噂には聞いておりましたが、ホールの外だけでなく、
天井の高いホールの中や、またアプローチの池の中まで、
ありとあらゆる所に、その高さのある空間を上手に使って、
立体的に演出されているイルミネーションの数々に、
びっくりいたしました。

彩つむぎからわざわざ出かけていくには
車で40分と、ちょっと遠いかもしれませんが、
栃木県南部や茨城県から、大田原市を抜けて塩原にお越しになる場合は
ちょっとルートを変更してでも、見に行く価値はあるかもしれませhん。
東北自動車道の西那須野塩原インターからですと、
大体20分くらいでしょうか。
国道400号を大田原方面にまっすぐ南下して、
少し右に入ったところにあります。