2008年01月

2008年01月31日

塩原温泉病院での水中プログラム

塩原温泉、雪が舞いましたが、まずまずの天気でした。
気温は低く、周囲でも風邪ひきさんが沢山いるようです。
うちの子供も例外ではなく、
今日は、栃木県医師会の塩原温泉病院へ
薬をもらいに行きました。

塩原温泉病院で、先日の塩原流ヘルスツーリズムでお世話になった、
磯事務局長にばったり、お会いしました。

塩原流ヘルスツーリズム、2日めの午後は、
こちらの、塩原温泉病院のリハビリテーション専用プールをお借りして、
専門のインストラクターの方の指導のもとに、
水中運動プログラムを行いました。

水温は38度と人肌ほど。
普通はぬるくて、入れないような温度ですが、
参加した皆さんは、
例外なく、大粒の汗をかきながら、体を動かしていました。
歩いたり、あしの指を上向きにして、ふんばりながら、手を動かしたり、
二人一組で、お互いの片足を持ったり、
フロートと呼ばれる、浮力のある長い棒を使ってみたり、
様々な運動をしていました。

皆さん、一様に、午前中のカンジキより、こちらの方が疲れたとのこと
水中ならではの、体の柔軟性や負荷を上手に利用した
興味深い運動ばかりでした。
NHKのカメラが一部始終を撮影していました。

塩原温泉病院で行われた水中プログラム





2008年01月30日

塩原流ヘルスツーリズム報告その2

塩原温泉、今日もまずまずの好天気でした。
塩原流ヘルスツーリズムも、無事3日間の行程を終えて、
さきほど、モニターの皆様をお見送りしてまいりました。

今日のブログでの報告は、2日めの午前中からお昼にかけて

朝9時30分にお宿である光雲荘をチェックアウトした後、
一行は二手に分かれました。
一つは、先日、私たちも下見体験した、
大沼でのカンジキウオッチング
そして、もう一つは、美肌コースということで、
ホテルニュー塩原さんの入浴施設としてリニューアルした、
「湯仙峡」で、エステと岩盤浴

私は美肌コースの引率を担当。
特別に20分だけ、岩盤浴を体験してきました。
これだけ、岩盤浴が脚光を浴びながら、
私は恥ずかしいことに、まだ、一度も体験したことがありません。

通常は40分から1時間以上のコースなので、
20分では、ほんのさわり程度です。
それでも、背中側、特にお尻が温かく、
胃から腸が刺激されて、ぎゅるぎゅると動き出したのがよく分かりました。
体のポカポカ感は、その後もかなり持続しました。

お昼は、上塩原の宮島釣ぼり園で、
マスの塩焼きケンチン汁
ご飯をつぶして、じゅうねん(エゴマ)味噌を付けて焼いた甚五焼き
そして、栃木を代表する郷土食「しもつかれ」という
塩原の田舎料理を食べました。

囲炉裏でじっくり焼いたマスは、
外はパリッ、中はふっくらでとてもおいしかったです。

ニジマスの塩焼き、甚五焼き、しもつかれ、ケンチン汁

 

 

 

 

 

 

 

 


塩原の郷土食をいろりから









2008年01月29日

塩原流ヘルスツーリズム報告その1

塩原温泉、雪がちらちらと舞っています。
気温は低くないようで、それほどの寒さは感じません。
積もるような雪ではないように思いますが、どうでしょうか。

さて、昨日簡単に触れた塩原流ヘルスツーリズム
昨日の初日の様子が、地元、下野新聞
とちぎテレビのニュース(カレンダーの1/28をクリックしてください)
で紹介されました。
とちぎテレビのニュースでは、最後に彩つむぎの露天風呂が出ています

モニターの一行は、まず、塩原もの語り館で、
オリエンテーションや塩原の歴史についての話を聞いた後、
2階のレストラン「洋燈らんぷ」で、
栄養士さんが、事前にカロリー計算をした、
「ヘルシーあったか鍋」の昼食

塩原もの語り館でヘルシーあったか鍋を試食

 

 














この時塩原温泉女将の会が出迎えと、サービスを担当しました。
塩原もの語り館の雰囲気に合わせて、
女将さんたちは、着物に白いエプロンという、レトロないでたち
かわいい!と皆さんに好評でした。
本人たちもまんざらでもなく、
「着物が汚れなくていいね!」などと、話しておりました。
皆さんの感想はいかがですか?

女将さんたちもレトロな雰囲気でお出迎え

 

 

 

 

 

 

 

 


今回は塩原温泉の若手の二人が
“旅先案内人”として、一行をご案内していますが、
この二人も、明治・大正時代の
書生さんとハイカラさんがテーマの衣装です。
これが、二人とも、よく似合っていました。

一行は、塩原温泉病院で、
血圧や血液検査などのヘルスチェックを受けた後、
軽く1時間ほどの、ウオーキング(気候歩行)をして、
彩つむぎで、ご入浴

最後の写真は、その時の旅先案内人の二人と
彩つむぎのスタッフの写真
です。
彩つむぎのスタッフのユニフォームも
日頃から私の自慢のユニフォームですが、
案内人のご両人、よく似合っていますね。
周りから、尾崎紅葉『金色夜叉』の貫一・お宮のようだと言われていました。

塩原の貫一・お宮と彩つむぎスタッフ





2008年01月28日

塩原流ヘルスツーリズム

塩原温泉、青空です。
山の稜線がくっきりと青空に映えています
このお天気にほっとした人たちが塩原温泉にいます。

今日から3日間、塩原温泉では、
「塩原流ヘルスツーリズム・モニターツアー」が行われます。
ヘルスツーリズムとは、健康増進などを目的にすえた旅行のこと。

たとえば、塩原温泉では、
豊富で質がよく、多様性に富んだ温泉を利用し、
また、栃木県の中核リハビリテーションセンターとして
昨年9月にリニューアルオープンした、
栃木県医師会塩原温泉病院の協力を得ながら、
この、豊かな自然の中で、
いわば、「現代版湯治」を商品として売り出せないかと、ただ今模索中。

そのための、モニターツアーが今日から始まります。
初めての試みということで、
専門家の方の協力を得て、何度も打ち合わせを重ね、
今日は、NHKをはじめ、報道関係の取材も多数入っています。

私も準備スタッフの一員として、
連日の打ち合わせに参加し、今日の本番を迎えました。
気候歩行や、カンジキウオッチング(そのための下見でした!)もあり、
真冬のことで、お天気が心配でしたが、
今日はその心配もなさそうです。

今日から3日間は、私もお手伝いで、
出たり入ったりが続きます。
極力、早めに実況報告をしたいと思います。
今夜などのニュースにも出るかもしれません。
皆さん、チェックして下さいね!





2008年01月27日

冬の醍醐味!カンジキウオッチング

塩原温泉、今日は穏やかな冬の晴天となっています。
いつもこんな天気ならいいのに、とつくづく思います。
気温の低いのは、どうということはないのですが、
風の強いのだけはごめんです。

さて、その風の強い中、一昨日、
大沼で、カンジキウオッチングを初体験してきました。

カンジキウオッチングとは・・・
塩原温泉ビジターセンターで主催している、冬のイベントで、
スノーシューなる、現代版のカンジキを装着し、
ストックを持って、雪原や山の中をトレッキングして、
冬の木々や、動物の足跡などを観察します。

前から、一度やってみたいと思っていて、
このたび、念願かない、
塩原のパークコンダクターであり、かつ、塩原の生き物の生き字引、
君島章男先生にお願いして、連れていっていただきました。

初体験しての感想は・・・・・「カンジキでカンゲキ!」
予想以上の楽しさに、思わずオヤジギャグが出てしまいました。

長靴やスノーブーツでは、ズボッとはまってしまうような、
雪の中を、すいすいと歩いていけます。
新雪に自分の足跡をつけて、真っ白な雪原を進んで行く快感に
寒さをすっかり忘れてしまいます。

大沼は、深さ30センチほどの水がすっかり凍り付いていて、
その上で、思いっきり遊べるのです。
久しぶりに童心に返ってしまいました。

2月4日、2月17日と
塩原温泉ビジターセンターの冬のイベントとして、
企画されていますが、定員25名、すでに予約で一杯とか。
要望があれば、パークコンダクター出張費1名6000円、
スノーシューのレンタル代1000円(1人につき)で
ビジターセンターにて受け付けてくれるそうです。
是非、体験してみてください!

スノーシュー(かんじき)

 

 

 

 

 

 

 

 


現代版のカンジキ、スノーシュー。

スノーシューの足跡

 

 

 

 

 

 

 

 


新雪に自分の足跡。

一面凍りついた大沼




 

 

 

 

 

 

 

凍りついた大沼の上をスノーシューで歩く

 

 

 

 

 

 

 

 


一面凍りついた大沼を歩いています。





2008年01月26日

BC工房「ありがとうセール」

塩原温泉、ようやく、強風が止みました。
弱いながらも陽の光が射し、ほっとしています。
温泉街の道路に雪はまったくありませんが、
日陰や橋の上などは、凍結しているかもしれません。
運転にはくれぐれも注意です。

さて、今日1/26(土)と明日1/27(日)の2日間、
彩つむぎのダイニングの椅子をつくっていただいた、
東京・青山の「BC工房」さんで、
年に一度の「ありがとうセール」が開催されます。

時間は朝10時から夕方の5時まで
青山のキラー通りから、ちょっと入ったところにあります。
オリジナリティあふれる、様々なデザインの椅子が全品30〜60%引き。
無垢の木ばかりを使ったテーブルは展示の限定品30%引き。
現金払いの場合はさらに5%引き。
と大変お安くなっています。

工房狭しと並べられた、自然素材の家具は
見ているだけでも、癒されるようです。

彩つむぎでもすでに2年近くの使用になりますが、
まったく、がたつくことなく、しっかりした作りの椅子は
お客さまに大変好評です

お時間のある方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

BC工房の椅子


 





2008年01月25日

寒波到来?川も凍りました

昨日は日本全国、強風にあおられて、大変でした。
塩原温泉でも例外ではなく、
日中から夜中まで、ずっとすごい風でした。
今日もまだ、少しはおさまってきたとはいえ、まだ風は続いています。

風が強いので、川の水が、川面を走り、吹き上げていました。
川面に目をやると、吹き上げた川の水がついたのか、
石のまわりや、水の動きがゆるやかなところでは、
川の水が凍っていました
なかなかないことです。
寒波到来、といった風です。
塩原渓谷沿いの小さな滝も、凍っている場所もあるようです。

川が凍っています

 

 

 

 

 

 

 




川の一部が凍っているのがわかりますでしょうか。

こんな寒い日には、昨日のもの語り館の「洋燈らんぷ」で食べた
冬のメニューがおすすめです。
あったかい素麺の鍋です。
鍋焼きうどんならぬ、鍋焼き素麺でしょうか。
鶏肉のだしがよく出ていて、
和風のような、洋風のような、韓国風のような・・・・私好みのお味。
みかんや、ゆかりのご飯などがついて
ボリューム満点で945円でした。

もの語り館の冬のメニューより









2008年01月24日

春はまだかいな〜♪

塩原温泉、昨日の雪はそれほど、積もることなく、
あらかた、夜半のうちに溶けてしまいました。
今日も、雪は大した事はありません。

しかし・・・・強風が吹いています。
細かな雪が真横に吹きつけていて、ちょっとした吹雪状態です。
夜半のうちに溶けてしまった雪が、強風で凍りつき、テカテカツルツルに。。。。。
坂道などは、滑って歩くことができません。
道路も雪はないものの、一部、凍結があるかもしれません。

この吹雪の中、塩原もの語り館まで行ってきました。
「塩原もの語り館」は、塩原温泉観光協会が入っている建物で、
1階は、明治・大正・昭和初期に来塩した、
文豪や皇族の方々などと、
塩原温泉の関わりを展示するスペース
2階は洋食メニューを中心とした、レストラン「洋燈らんぷ」となっています。

今日は、その2階で、フラワーアレンジの教室があり、
誘われて参加してみました。
今日のテーマは、ちょっと早いですけど、「ひな祭り」。

シルクフラワーを、竹で編んだ篭目の球の容器に飾ります。
ちょっとした工夫で、ほんの少しの材料でも、
華やかなアレンジメントができあがる、良い見本
といえましょう。

手前のお雛様は、先生のお知り合いの
京都在住のおばあちゃまが、ご趣味で作っているというもの。
着物がみんな違っていて、とても可愛らしいです。

ひな祭りにはまだ間がありますから、
花だけ、姉妹館のホテル明賀屋に飾りました。
これだけ寒いと、「春はまだかいな〜♪」
今からひな祭りの頃が待ち遠しいです。

ひなまつりのアレンジメント





2008年01月23日

細雪が降り始めました

昨日から今日にかけて、世界同時株安とかで、
世界中が浮き足立っているようです。
ネット取引により、わずか数秒で大収益を上げたり、大損したり。
「鳩山法相兄弟が二人で80億の大損」などという
ニュースにため息をついたのは、私だけでしょうか・・・・

1998年にノーベル経済学賞を受賞した、
インドの
アマルティア・セン氏がテレビのインタビューで、
「経済学というのは、広く、貧しい人のために有益なものでなくてはならない」と、
株式市場で、秒単位で収益をあげるための研究に
躍起になっている人々への批判をしている姿に、感銘を受け、
それ以来、株の売買は私には関係ないものと、心に決めました。
持たざるもの、損もせず・・・・・です。
益もありませんけど・・・・・。

今日は東京あたりでも、雪になっているようです。
塩原温泉では、先ほどから細雪がちらちらと雪が舞っています。
まだほんのちらちら。。。という状況。

冷え込んでくるのは、少々辛いものですが、
寒い時には寒い時ならではの楽しみもあるものです。
積もるほどに降れば、週末には雪景色が楽しめるでしょうか。
雪見の露天風呂はいいものです。
今日の雪は、本当に、細かな細かな雪です。
写真でその雰囲気が伝わりますでしょうか。

細雪その1

 

 

 

 

 

 

 

 


細雪その2





2008年01月22日

お部屋で出張エステはいかが

久しぶりに家事をしたり、子供の用事をしたりで忙しく、
更新が夜になってしまいました。
今夜は満月なのですね。とてもきれいな月夜です。
星も輝いています。
天気予報では、これから、低気圧の影響で、
関東地方でも雪になるということですが、
こんなにきれいな月夜では
雪の予報もにわかには信じられないようです。

さて、女性のお客様に朗報です。
このほど、かねてよりの念願だったエステ
ご提供することができるようになりました。
それも、優雅にお部屋でエステです。

那須にある「癒処・沙羅癒」さんのご協力で、
評判の高い、沙羅癒さんのサロンで施術を受けるのと同じ料金に
出張旅費プラス1000円だけ!というお特な価格で、
専門の方に来ていただけることになりました。

以前より、ご要望も多く、かといって、
館内にエステ専用のスペースを作る場所もなく、
思案していたところでした。
お客様にまた新しい彩つむぎでの楽しみ方をご提供でき、
とてもうれしく思っています。
自分でも、一度体験してみたいなあとひそかに計画しています。
詳細は近々、HPにもアップさせる予定です。




2008年01月21日

これは神の手?

塩原温泉、青空です
雪は降らずにすんだようで、ホッとしています。
東京も雪にはならなかったようですね。
お天気関係のブログで、雨になるか、雪になるか・・・・
予報が外れた事で、議論が交わされていました。
意見が様々で、興味深くコメントを全部読んでみました。

予報はあくまでも予報という方。
プロなんだから、間違った予報をするなという方。
ものの捉え方は、本当に十人十色です
サービス業に携わっていると、常にこの言葉を意識せざるをえません。

なんでもいい方に解釈したほうがいいだろうなんて
思ってしまう私は甘いのかな?
個人的には、いつでもプラス思考でいきたいです。

さて、今日はちょっと不思議な写真をお届けします。
友人から送られてきた写真です。
幸運を招く写真とのことです

「すごーい、不思議な写真だね〜。見られてラッキー!」と思う人。
「こんなの、ニセモノじゃない〜?」と思う人。
こちらも十人十色かもしれませんね。

沖縄の空で見られたという「神の手」。
雲の形がちょうど、天からのばした手のように見えます。

皆さんはどう思いますか?

神の手?



 

 

 

 

1月23日追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんのコメントに、私のところにも送られてきました!
というのがあったので、気になって調べてみました。
やはり一種のチェーンメールのようです。
この写真を7人に送ると願いがかなうとか、幸せになるとか
と言われているそうで、
現在、ネット上やテレビなどでも、その真贋が議論されているようです。





2008年01月20日

トランヴェールの記事に思う

センター試験も2日目。
今日も寒いですね。
東京などでは、今晩は雪という予報が出ています。
東京あたりで雪でも、塩原では降らないこともよくあります。
このあたりでいう「里雪」で終われば助かります。

さて、今日は先日乗った、東北新幹線の中にある
JR東日本の小冊子「トランヴェール」の記事について。

玉村豊男さんが、旅館のもてなしについて、
印象的なことを書いていらっしゃいました。

高級な旅館だと、宿の部屋に案内されて、
お部屋係りの方がお茶を入れにくるまでの間の
間の悪さというか、
いつ入ってくるかと、足を崩せないし、
心付けをどのタイミングで渡そうかと気をもんでしまい、
結局渡しそびれてしまったりして。。。。
そういう気まずさを感じるくらいなら、
家族だけで経営しているような気さくな宿がいいというような内容でした。

私もまったくその通りだと思います。
「我が意を得たり」の内容に玉村さんに親近感を持ってしまいました。

旅館の女将をやっていますが、
この事について、いつも自問してきました。
お食事の場合にも、同じことがいえます。
お酒を飲んでリラックスしているつもりでも、
「失礼します」と係りの方が入ってくると、
どうしても姿勢を正してしまいます。
ましてや、女将の挨拶まわりなんて、本当に必要なのかしら、と。

自問自答した結果が、今の彩つむぎのスタイルです。
お茶はチェックインの手続きとご説明の際に、
ラウンジでお出ししてしまい、
お部屋では、お部屋の中のご説明だけ。
お食事はダイニングにお越しいただき、その間にお布団を敷きます。
お布団上げはお客さまのご要望に添って。
最初にご案内したら、後は、ご用命がなければ、
お客さまがお部屋でくつろいでいる間に、
スタッフがお部屋に入る事は、一切いたしません。

このやり方が完璧だとは思っていませんし、
お客さまも十人十色なので、
全てのお客さまに喜んでいただいているかは、判断がつきかねます。
しかし、こんな宿があってもいいのではないかなあというのが、
自分なりの結論です。
玉村さん、いかがでしょうか?





2008年01月19日

山の日の出の美しさ

センター試験が始まりました。
毎年毎年、センター試験の日は寒いと決まっているようですね。
今日も例外にもれず、塩原温泉、かなり冷え込んでいます
雪は今のところ、全くありません。

毎朝、車で20分ほどのスキー場、
ハンターマウンテンから、毎日の気温やコンディション等が
ファックスにて入ってきます。
昨日の朝はマイナス9度、今朝もマイナス8度でした。
明日は東京でも雪の可能性があるとか。
受験生の皆さんが、
日頃の実力を出し切れますように、祈っています。

寒くても、今日も青空。
塩原温泉は山の中にありますので、
彩つむぎで、お日様の顔を拝めるのは8時ごろになります。

先日も、那須塩原駅発8:04分の新幹線に乗るために、
塩原渓谷を車で下っていったら、
ちょうど、太陽が山すそにちらちらと昇ってくるところでした。

車を進めていくにつれ、
時に谷間から、
時に林の木々の間から、
時に牧場の向こうに・・・・・
すがすがしい朝の山の空気の中を
キラキラと輝いて昇ってくる太陽がとても美しくて、
しばし、車を止めて、カメラに収めました。

美しい日の出の風景といえば、海。水平線から昇る太陽
というイメージを強く抱いていた私は、
今まで、山の日の出には何の期待もなかったのですが、
これほどまでに、変化に富む美しさに、
今までの認識を改めなくては・・・と思ったほどでした。

特に牧場の朝の風景がとても印象的でした。


牧場の朝

 

 

 

 

 

 

 

 


松林の朝





2008年01月18日

温泉入浴指導員講習 救急救命編

塩原温泉、今日も青空が広がり、穏やかな日になっています。
ダイニングにはよく日が当たり、ぽかぽかしています。
こんな陽だまりでウトウトできたら、気持ち良さそうです。

さて、今日は温泉入浴指導員講習、最後の実技講習、
救急救命法についてです。

温泉に限らず、入浴が原因で亡くなる方は、
年間1万5千人にも上っているそうです。
その大半がお年寄りの方で、急激な血圧の変化によるもの。
ちょっとした、入浴の知識で防ぐ事ができます。
この、温泉入浴指導員講習を開催している
「日本健康開発財団」では、
温泉を利用した健康増進をすすめると共に、
温泉入浴事故を未然に防ぐことにも、重点を置いています。

でも、入浴に限らず、もし何か起こってしまった時に、
この救急救命の知識があるのとないのとでは、大違い。
そのまま放っておいて置いたら死んでしまう人を、
もしかしたら、その命が救えるかもしれないのです。

実際に全く救急車を呼んだことがないという旅館は
日本全国探しても、見つからないのでは?と思います。
それだけ、講師の方も、受けるほうも真剣でした。

意識のある場合と、ない場合、
呼吸をしている場合と、していない場合、
それぞれの場面によって、対応は異なってきます。

呼吸も意識もない状態というのは、実は「死んでいる状態」に等しく、
とにかく、“胸部圧迫”を続けることが大切ということでした。
“胸部圧迫”と言う言葉も、耳慣れない言葉です。
“心臓マッサージ”に変る言葉として、今はこちらの言葉を使っているそう。

「人工呼吸は無理にしなくてもいいから、とにかく、胸部圧迫。
30回続けて少し間を置いて、(この間にできれば人工呼吸)
救急車、もしくは医者、もしくはAEDの機械が到着するまで、続けること。」

「なにかあったらどうしようと、ためらわないこと。
もう死んでいるんです。
あなたが心肺蘇生を施すことで、その人が生き返るかもしれないんです。」

この言葉が、とても説得力がありました。
過去、何回か、救急車を呼ぶ場面に立ち会いましたが、
間違ったらどうしよう・・・とただ、横を向けて寝かせて
救急車の到着を待つばかりでした。
幸い、呼吸も意識もあるケースでしたが、
そういう、呼吸も意識もあるケースでも、
ちゃんとした寝かせ方があります。

実際にAEDの使用方法も教わりましたし、
この次はきっと大丈夫。
また、忘れないように、何回も繰り返し、講習を受けることも大切だし、
スタッフ全員が、とっさの時に対応できることも、大切です。
消防署の方に、近々、来ていただくことを検討しています。


ただいま、胸部圧迫中

 

 

 

 

 

 

 

 


講師の篠崎先生が、胸部圧迫の手本を。
1分間に100回くらいの早さで、胸の真ん中を。
両手の指を組んで、体と真横にするのがポイント。


こちらは人工呼吸

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらは、人工呼吸。
あごをあげて、気道を確保することと、鼻をしっかりふさぐこと。


話題のAEDも使ってみました
















最後に最近、各地に普及してきたAEDを使って。





2008年01月17日

温泉入浴指導員講習 運動編

塩原温泉、小雪がちらついています。
積もるほどではないと思われますが、寒くなっています。

さて、今日は温泉入浴指導員の話に戻ります。
2日目の午前中は、水中運動プラグラムについての実技でした。
まず、座学でインストラクターの方の話を聞き、
実際に体のあちこちを動かしてみます。
最初はぎこちない動きも、先生のユーモアあふれる言葉かけや、
動かす部位に意識を持っていくことで、動きが違ってくるのがわかります。

左右のお尻を浮かせて、骨盤のゆがみを調整する運動の時には、
「お尻の下に、浮いただけ、札束入れますよ〜」
という一言で、ぐっとみんなのお尻が上がりました(-_-;)

「運動とは、スポーツをすることだけではなく、
日頃使わない筋肉を意識的に動かすこと。
時間がなくて運動ができない、というのは言い訳。
5分でも時間があれば、どこでもできることです。」

という言葉に、はっとさせられました。

今パソコンに向かいながらも、
足首の運動や骨盤を上げ下げする運動はできるのです。
自分にその気がなかったことを、深く反省しました。

教室のあとは、水着に着替えてプールへ。
さきほど、陸上でやった動きが、水中ではもっとやりやすくなります。
水の浮力が人間の動きを楽にし、
一方で、水の抵抗が負荷をかけてきて、
運動をより効果的にしてくれます。

温泉で入浴する時には、
ただ、じっと座っているだけでなく、
手首、足首や肩、お尻などを少しでも動かすだけで、
体のコリなどがとれたり、体のゆがみが治ったり、
しいては、内臓の調子が整ったりと・・・・・いい事尽くしだそうですよ。


スポーツインストラクターと一緒に体を動かす

 

 

 

 

 

 

 

 


プールを使って水中運動も





2008年01月16日

なかがわ水遊園

塩原温泉、今日も穏やかな冬の一日でした。
雪もなく、風もなく、本当に助かります。
先日、風がものすごく強くて、この冬一番の寒さだった日には、
給湯設備の一部が凍結してしまい、
特に大きな影響はなかったものの、やはり困りました。
寒さが緩んだら、元通りになり、ほっとしました。

さて、先日、パンフレットがなくなってしまったので、
なかがわ水遊園にいただきに行ってきました。
今は大田原市に合併していますが、
車で1時間ほどの、旧湯津上村、
鮎で有名な那珂川のほとりにある、淡水魚の水族館です。

那珂川に住む魚たちを展示しているほか、
アマゾン流域の魚、中国の魚等々、
世界中の淡水魚が集まっています。
アマゾンに住むピラルクーなど、その大きさは圧倒的。
何回見に行っても、見飽きません。

現在、「世にも不思議な魚展」を開催しています。
世界最大のダンゴムシといわれる“ダイオウグソクムシ”
おなじみの、“ウーパールーパー”“クリオネ”など、
変な水中生物が大集合していて、
“へんないきもの”大好きな私にとっては、
水槽の前を離れがたいような展示でした。

1月20日(日)まで開催中です。
なかがわ水遊園からは、ちょっと足をのばせば
馬頭や烏山など、見所がたくさんあります。
是非、この週末にお出かけ下さい。

大きい!世界最大の淡水魚ピラルクー

世界最大の
淡水魚
ピラルクー

 

 

 

 

 

 


やはり世界最大のダンゴムシ「ダイオウグソクムシ」

ダイオウグソクムシ

 

 

 

 

 

 

 


かわいい!ウーパールーパー

ウーパールーパー

 

 

 

 

 

 

 


人間の肌の角質を食べてくれるドクターフィッシュ

人間の肌の
角質を
食べてくれる
ドクターフィッシュ

 

 

 

 

 

 


なかがわ水遊園からの夕景
なかがわ水遊園
の池の夕景