2011年02月

2011年02月28日

季節が逆戻りの里雪

塩原温泉、今朝は雪になりました。
先週はずっと暖かな日が続き、
春めいてきたと思っていたのに、
昨日だって一日好天気だったのに、
まさかまさかの雪です。

しかも里雪です。

塩原でも降っていますが、
先ほど、那須塩原駅まで行ってきたら、
山の上の塩原よりも、
里の関谷地区から黒磯にかけてのほうが雪が多かったです。

宇都宮、小山あたりまで
広範囲で雪になっているようです。

道路にはほとんど雪はありませんが、
夜になって冷え込むと朝方には凍結箇所もあるかもしれません。
お気をつけてお越しください。

でも途中、雪景色がとってもきれいでした。
今冬はあと何回、この景色が見られるのでしょうか。

今日の雪景色

 

 

 

 

 

 


雪化粧した天狗岩





2011年02月27日

塩原温泉観光マイスター学院第6期生募集中!

塩原温泉、今朝は晴れ。
とてもいい天気なのですが、お天気下り坂の予報。
夜は雪のマークまで出ています。
本当かなと疑心暗鬼。
どちらにせよ、気温は低くなるようですので、
油断せずに、暖かい服装でお越し下さい。

さて、昨日は3月からの
まちめぐりウオーキングについて紹介しましましたが、
そのガイドを務めるのは
塩原温泉観光マイスター「伝える人講座」の卒業生です。

月に一度ずつ、年間12回、
それぞれのテーマに沿って塩原を学ぶ
塩原温泉観光マイスター学院
その第6期生の募集が始まりました。

私は第1期と第4期の2回受講。
それまで、断片的にしか持ち合わせていなかった知識が
へえ、なるほど!とつながり、
一年間で随分と塩原温泉の物知りになりました。
本当に受けて良かったと思っています。

最近は塩原温泉の関係者だけでなく、
県内を中心にかなり遠くからの受講生も多く、
ありがたいことです。

一年12回のテーマは・・・

 4月  塩原の観光(観光施設と名所)
 5月  塩原の野鳥(バードウオッチング体験)
 6月  大沼の生き物たち
 7月  塩原の植物
 8月  塩原温泉の歴史
 9月  塩原の遊び(箒川での川遊び)
 10月 塩原の地質と温泉
 11月 塩原の食と観光
 12月 塩原温泉ゆかりの文人たち(1)
 1月  塩原温泉ゆかりの文人たち(2)
 2月  塩原温泉ゆかりの文人たち(3)
 3月  温泉療法 & 一般公開講座 

このほかに年に4回ほどの特別講座も。
年間受講料は8000円となっています。

お問い合わせ、お申し込み(締め切り3月16日)は
塩原温泉観光マイスター学院事務局
(那須塩原市塩原支所産業観光建設課)
TEL 0287−32−2914
FAX 0287−32−3886まで

こちらから申し込み用紙のダウンロードもできます。
http://www4.ocn.ne.jp/~siobara/meister6.pdf

一ヶ月に一度、塩原温泉を楽しむついでに、
受講してみてはいかがでしょうか。





2011年02月26日

3月から塩原温泉まちめぐり案内スタート

塩原温泉、今朝もよく晴れています。
ただ、昨日の夕方から風が強くなっています。
昨日は4月並みというぽかぽか陽気でしたが、
今日はまた季節が逆戻りです。

それでも少しずつ、塩原温泉街も歩く人が増えてきたように思います。

塩原温泉街は、歩いてこそ、その魅力がわかる町です。
そんな魅力を少しでも多くの人に伝えようと、
この3月から新しいシステムがスタート。

「塩原温泉まちめぐり案内」です。

塩原温泉バスターミナル駅構内の
空き店舗を事務局として、
土曜、日曜はボランティアの“まちめぐり案内人”が常駐し、
9時半〜13時〜の2回、
温泉街を約2時間、案内して歩きます。

参加費は大人500円、子供300円
希望者が一人でもあれば催行します。

“まちめぐり案内人”は
塩原温泉観光マイスター学院の「伝える人講座」
半年間に渡り、受講した方たちが担当し、
それ以外にも、地元の人たちが
運営ボランティアとして参加しています。

今まで塩原温泉で何かやろうとすると
旅館関係者だけで物事を進める傾向がありましたが、
今回は旅館関係者以外の方が、多数参加しています。

塩原温泉の新しいムーブメントとして、
定着してくれるといいなあと思っています。

昨日のようなお弁当があると、さらに楽しいですね。
彩つむぎでも限定で宿泊翌日のお弁当にご対応できますので、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは各旅館または
塩原温泉観光協会☎0287-32-4000まで。

塩原温泉旅館組合のHPもご覧下さい。





2011年02月25日

地産地消・ヘルシーメニュー研修

塩原温泉、今朝もよく晴れています。
昨日もお天気はそれほど崩れませんでした。
今日は4月並みの暖かさということです。
鼻がむずむずします。

さて先日、旅館の経営者や調理師を対象の研修が行われました。
地産地消・ヘルシーメニュー講習会
講師は昨年に引き続いての、
じゃらん塩原地区担当の郷さんです。

じゃらんネットの膨大なデータを背景に
どんなことをお客様が求め、評価しているのかを説明。
説得力があり、耳が痛くなる話も多く、
常にやっていることを検証、反省し、
より良いサービスを提供していかなくてはだなあと思いました。

話の後はお楽しみのヘルシー弁当
こちらも昨年同様ですが、
今年は素敵な名前がついていました。
“山咲(さんさく)弁当”
3月から始まるまちかどウオーキング(散策)に
ぴったりの名前ですね。

研修風景

 

 

 

 

 

 


山咲弁当





2011年02月24日

小砂焼

塩原温泉、今朝も晴れています。
昨日の天気予報は外れました。
お天気崩れるのは今日からのようです。

さて、旧馬頭町には、もう一箇所、訪れたい場所があります。
小砂焼の窯元です。

栃木県の焼き物といえば益子焼が有名ですが、
益子からそう遠くない、旧馬頭町地区にも小砂(こいさご)焼があります。

小砂焼は江戸時代末、水戸斉昭公
この地の陶土を使って水戸藩で製陶させたのが始まりといい、
水戸藩で反射炉用の耐火煉瓦として使われ、
その後、地元でも生活用の器などを作るようになったそうです。

一度見ればああ小砂焼だとわかる特徴が
その土の色と釉薬
黄土色をもっと白っぽくした地色に
釉薬が色分けされてかけられています。
地元では湯飲み茶碗やコーヒーカップなどが人気でしょうか。
県内でコーヒーを飲むと、
時々小砂焼のカップで出すお店に出会います。

場所はいわむらかずお絵本の丘美術館の近く。
「小砂焼」の看板を目指していけばOKです。

窯元では見学や陶芸体験などもできます。

小砂焼

 

 

 

 

 

 


作陶場所





2011年02月23日

いわむらかずお絵本の丘美術館

塩原温泉、今朝もよく晴れています。
少し、今日からお天気下り坂とのことですが、
今のところ、快晴です。

昨日ニュージーランドのクライストチャーチで地震がありました。
一度訪れたことある大聖堂が崩れた映像に衝撃
町の中心地、クライストチャーチのシンボルともいえる
建物が崩れてしまったのですから、
市民の方は相当ショックを受けていると思います。

被害にあった日本の学生さんたちの安否が気遣われます。
ちょうど同じくらいの子供があり、
やはり語学研修で海外に行くこともあり、他人事と思えません。

さて、話は那珂川町に戻ります。
旧馬頭町で、もう一つ私が大好きな美術館があるのです。
いわむらかずお絵本の丘美術館です。

いわむらかずおさんは著名な絵本作家。
14匹シリーズタンタンシリーズ「トガリ山の冒険」など、
里山の自然に住む小さな生き物たちを主人公に、
優しいタッチの絵がとても素敵な作品ばかり。

14匹シリーズなど、
子供が小さな頃、見なくても読めるほど、何度も読みました。
世界的に有名な絵本作家エリック・カール氏との親交も深く、
以前、エリック・カールの絵本原画展を
こちらで開いた時いらいの訪問となりました。

とにかく、回りの自然が素晴らしい場所にあります。
いわむら氏の絵本そのままの里山です。
カフェからは那珂川をはさんだ広々とした風景。
男体山、女峰山もよく見えます。
夕景もまた素晴らしいそうです。

テラスには望遠鏡が。
何かと思ったら、望遠鏡の先の杉の木に、3つの巣箱。
ムササビの巣箱で、
その巣箱を観察するための望遠鏡。
こういうのもとてもうれしいですね。

馬頭の小高い丘の上にあります。
ちょっとわかりにくい場所なので、
地図かナビをご活用ください。

いわむらかずお絵本の丘美術館

アプローチ。

 

 

 

 




ながめのいい丘

カフェからのながめ。

 

 

 

 

 


うさぎの絵本展

現在「うさぎの絵本展」開催中。

 

 

 

 

 


いわむらかずお絵本の丘美術館
栃木県那須郡那珂川町小砂3097
☎0287-92-5514
月曜休館





2011年02月22日

馬頭広重美術館青木コレクション

塩原温泉、今朝も晴れ。
根雪になっていたような、
庭の植え込みの雪も全て溶け、
福寿草がようやく芽を出しました。

さて、先日紹介した那珂川町の話をもう少し。
温泉トラフグ八溝ししまる那珂川町
旧馬頭町旧小川町が合併してできた新しい町です。

清流那珂川に沿った里山の町で、
観光施設も充実しています。
塩原温泉から、大抵の方は
那須方面または日光方面に出かけますが、
那珂川町も塩原から1時間弱
穴場的にとてもおすすめの場所です。
さらに足を延ばせば、烏山、益子へとつながっています。

旧馬頭町で見逃せないのが「馬頭広重美術館」
この地域出身の実業家、青木藤作氏が大正から昭和にかけて
収集した安藤広重などの浮世絵のコレクションを
氏の没後50年に遺族が馬頭町に寄贈した作品を収蔵しています。

馬頭町でもその貴重なコレクションにふさわしい建物をと、
著名建築家の隈研吾氏に設計を依頼
木と那須の芦野石、そして、和紙を多様した、
すばらしい美術館を作りました。
(芦野石の床と壁面は圧巻です!)

現在、その青木氏のコレクションを
2回に分けて展示中。
(1/15〜2/27・・・明治の版画・日本画)
(3/4〜4/17・・・青木藤作と徳富蘇峰)

私も今回初めて中に入ってみましたが、
明治時代のきれいなすごろくや
今まであまり知らなかった浮世絵師の作品など、
目を見張る作品ばかりで、
来て良かった〜と思いました。

後半は明賀屋とも縁の深い徳富蘇峰がテーマ。
明賀屋本館の「太古館」の名は、徳富蘇峰がつけました。
青木氏は徳富蘇峰を敬愛していたそうです。
こちらも、また機会を作って見に行きたいです。

馬頭広重美術館

 

 

 

 

 


 

芦野石と和紙

 

 

 

 

 

 


那珂川町馬頭広重美術館
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
☎0287-92-1199
月曜休館





2011年02月21日

猪肉八溝ししまる料理の試食会

塩原温泉、今朝も晴れています。
私はまだそれほど感じませんが、
そろそろ花粉が飛ぶ季節です。
晴れて暖かくなったらなったで、また悩みの種ですね。

さて、昨日は先日那珂川町で購入してきたいのしし肉、
「八溝ししまる」を使って
姉妹館明賀屋本館と当館の調理場スタッフとで、試食会をしました。

「八溝ししまる」のいのしし肉は、
豚肉と同じように、様々な部位があります。
部位ごとにどんな調理が向くのか試してみました。

スライスした猪肉

 

 

 

 

 

 


こちらがスライスしたロース肉
豚肉よりも赤味が強く、肉の繊維がしっかりしています。
すき焼きにしてみました。

すき焼き用に

 

 

 

 

 

 


いのしし肉のすき焼き

 

 

 

 

 

 


すき焼きのたれにフルーツトマトを加え、甘みを出しています。
酸味と甘みと旨みのバランスの取れたたれが、
普通のすき焼きよりも、いのしし肉の美味しさを引き出しています。
脂身が透き通って、甘みがありました。

いのしし肉の陶板焼

 

 

 

 

 

 


もも肉は味噌のたれで陶板焼に。
固くなるかなあと思ったら、まったく固くなく、美味。

いのしし肉の燻製ハム

 

 

 

 

 

 


同じく、もも肉の脂身のある部分はスモークハムに。
これが絶品。
やはり脂身が豚肉よりもおいしく感じられます。

猪肉のジャーキー

 

 

 

 

 

 


の部分は干し肉(ジャーキー)に。
ブラックペッパー味と山椒風味と2種類。
山椒が予想以上にマッチしていました。

様々な料理で試食してみて、結論は・・・おいしい!
特にすき焼きとスモークハム。
脂身がとろり、まったりと、旨みが強く感じられます。
好き好きはあると思いますが、
豚肉と遜色なく、むしろ豚肉よりもおいしいかも。
これはさっそく料理に取り入れたいと思いました。





2011年02月20日

感動の池袋∩換馘租的工芸品センター

塩原温泉、今朝も晴れ。
快晴。
昨日は思ったほど気温が上がりませんでしたが、
今日こそ暖かくなるようです。

さて、感動の池袋・・・実は続きがあります。

足が痛くて泊まったホテルのすぐそばにある
東武百貨店に行く途中、
ホテルから実に徒歩30秒の場所に
こんな所を見つけたのです。

全国伝統的工芸品センター

 

 

 

 

 

 

 

 


全国伝統的工芸品センター
入り口の上のこのマーク、見覚えありませんか?

伝統工芸品が大好きな私。
迷わずに入ってみました。

日本中の伝統工芸品が着物も

 

 

 

 

 

 

 

 


日本全国の伝統工芸品、
全て網羅し、しかも、買えるじゃないですか!
着物に、塗り物に焼き物に、木工製品や和紙、銀器、錫器まで。

こんな所があったのですね。
都内に他にも何箇所かあるのかと聞いてみたら、
池袋にだけとのことで、私、何てラッキーだったのでしょう。
ちょっと前に足を怪我したのも、
(左足の小指をぱっくり切って血が止まらず大騒ぎでした!)
このスペースに出会うためだったのかしら、と。

何が感動したかって、
一画に工芸品に関する、
それはそれは貴重な資料や本が沢山あり、
全て、自由に閲覧できるのです。
本当に素手で触っていいの?というような資料もありました。

感動の閲覧コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 


当然、娘を待つ間、心おきなく閲覧させていただきました。
また、わざわざ訪れたいほどです。

今まであまりいい印象もなく、
(ごみごみしているというイメージ)
ほとんど足を踏み入れたことがなかった池袋。
今回感動の連続で、娘に感謝です。

全国伝統的工芸品センター

池袋メトロポリタンプラザ1階(東武百貨店と隣接)
☎03(5954)6066





2011年02月19日

感動の池袋‥沈邨柴麑瓦寮こ

塩原温泉、今朝は晴れ。
きれいな青空が広がっています。
気温も上がってきそうですが、
昨日からの風がまだ残っています。

昨日の関東地方は強風が吹き荒れて大変でした。
電車も軒並み遅れ、学校帰りの息子も
停止した電車に閉じ込められ、2時間遅れの帰宅でした。

一日早くなくて良かった。
その前日には私も東京におりました。
受験生の娘と一緒に池袋のホテルに1泊
娘の受験終了時間まで、池袋をうろうろしていたのです。

実は池袋という町、
あまり足を踏み入れたことがありません。
最初は池袋を離れて、
あちこち用足しをしようかと思っていたのですが、
数日前に足を怪我して、歩くだけで痛く、
どうしようかと途方にくれていたところ・・・
思い出しました。

そうだ、そういえば・・・
先日紹介した田川啓二さんのビーズ刺繍展、
東武百貨店で今日からだ!

東武百貨店は泊まったホテルのすぐそば。
このくらいなら歩けるかもと
思いがけず、
(先日ブログで紹介した時には池袋に泊まる予定ではなくて)
『田川啓二夢の世界〜オートクチュールビーズ刺繍展』
見に行ってきたのでした。

田川さんは毎回テーブルウエアフェスティバルに
ビーズ刺繍のドレスを1〜2点展示しています。
そのドレスのあまりの美しさにいつも見とれていましたが、
この展覧会には、そんなあまりに美しすぎるドレス
これでもかと数十点も。
圧倒されました。
(一体、これらのドレスを着る幸せな女性は誰?)

またピカソ、ゴッホ、モネといった画家の作品や
浮世絵の大首絵をそのまま刺繍にした作品など、
世界中で田川さんにしか作れない作品ばかり
感動しました。
(一体、一つの作品に使われているビーズはいくつ?)

展覧会のサブタイトルに“奇跡の刺繍”とありますが、
その言葉に大きく納得。
会場の中も外のショップも人で一杯でした。

田川さんご自身もいらして、
(とってもイケメンで素敵!)
入り口で写真を撮らせていただいたのですが、
「保存」にするのを忘れたようで、大失敗。

22日(火)まで開催されていますので、
興味のある方はぜひお出かけください。
くわしくはこちらを。

田川啓二 夢の世界





2011年02月18日

野生のイノシシ肉“八溝ししまる”

塩原温泉、今朝は雨。
昨夜遅くから降っています。
庭や道路の脇の雪もどんどん溶けていきます。
春の訪れ遠からじの雨です。

さて、那珂川町のもう一つの目的は
害獣駆除などで捕獲された野生イノシシの加工処理場でした。

日本各地でイノシシの被害が伝えられています。
栃木県も例外ではありません。
特に茨城県から福島県に続く八溝山系
以前よりイノシシが多いことで知られていて、
毎年那珂川町だけでも100頭以上のイノシシが捕獲されています。

そのイノシシを何とか商品として売れないだろうかと
温泉トラフグ同様に廃校の小学校の敷地を利用して、
3年前に加工処理場が作られました。

持ち込まれるイノシシは町内だけでなく、
八溝山系の各市町村から、今年度(4月〜)はすでに184頭も。
全く持ち込まれない日もあれば、6頭の日も。
小さいものは12キロ、大きいものでは102キロの大物まで、
平均すると大体35キロくらいなのだそうです。

内臓が損傷されたイノシシは受け付けず、
徹底的に衛生面に注意して処理解体されるので、
臭みは全くありません。
部位ごとに冷凍の状態で保存、
「八溝ししまる」の名前で出荷されます。

道の駅でししまるうどんを食べてみましたが、
とても美味しかったです。
赤味が強く、歯ごたえがあるも、肉質はやわらか
こちらの「八溝ししまる」肉も、
彩つむぎの献立に採り入れたいと思っています。
サンプルの塊肉をいただきましたので、
どんな料理にしようか、これから検討してみます。


いのしし肉

冷凍保存されている
イノシシ肉。
赤味が強く、脂ものっています。

 

 

 

 


旧馬頭町和見小学校

廃校
(旧馬頭町和見小学校)の
敷地を利用。
味わい深い木造校舎です。

 

 

 

 

裏の竹山

学校の裏手の竹やぶ。
このあたりまで
イノシシが現れるそうです。
タケノコも大好きだとか。





2011年02月17日

温泉トラフグを見学

塩原温泉、今朝はくもり。
またお天気ちょっと下り坂。
残念ながらぽかぽか陽気は一日で終りのようです。

さて、先日、那珂川町方面へ久しぶりに出かけました。
目的の一つは那珂川町で行われている
温泉トラフグの養殖の見学です。

温泉トラフグの存在を知ったのは一昨年のこと。
海なし県の栃木県でフグの養殖をしていると聞き、
一度見学に行きたいと思っていました。
その頃はまだ試験段階で、養殖したフグも地元供給で精一杯。
昨年から供給体制も整い始めたそうなので、
早速、見学させていただくことになりました。

養殖の場所は廃校になった小学校です。

旧馬頭町武茂小学校

 

 

 

 

 

 


教室がそのまま養殖場になっていて、
1年1組から1年5組まであります。
生徒の名前はみんな、トラちゃん(男の子)とフクちゃん(女の子)。

教室は1年5組まで

 

 

 

 

 

 


こんな感じで育てられています。

温泉トラフグの養殖水槽

 

 

 

 

 

 


フラッシュなしで撮影。
けっこう早いスピードでぐるぐる泳いでいるのがわかります。

温泉トラフグ

 

 

 

 

 

 


フラッシュありで撮影。
形と模様が見えてきました。
本当に、あの、トラフグです。

稚魚で買い入れ、水温20度の温泉で1年間育てられます。
写真のフグたちの出荷が、7月頃から。

通常、海水での養殖は出荷まで1年半。
実は塩分濃度3.5%の海水より、
塩分濃度0.8〜1.2%の塩化物泉のほうが、
体液濃度0.9%の魚たちにとっては負荷が少なく、
その分成長が早くなるのだそうです。

ただ、塩分濃度が低いために、
海水で育った魚と全く同じ食味にはなりません。
出荷前に温泉の塩分濃度を調整することによって、
その問題点も解決されます。
また、毒は全くないそうです。

最初、温泉トラフグの話を聞いた時には、
海なし県の栃木まで、海水を運んで温泉と混ぜて
無理に養殖するのかと思っていました。
実際には海水は全く使っていず、
温泉だからこその利点がたくさんあることがわかり、
ここまでにこぎつけた関係者の方の努力に頭が下がりました。

彩つむぎでも今後は、河豚料理で使うトラフグは全て、
この温泉トラフグに切り替えることにしました。
出荷は7月以降になりますが、今から試食するのが楽しみです。

こちらはオマケ。
水槽から出していただいたトラフグです。
一瞬でプ〜ッとふくれ、水に入れるとまた一瞬でしぼみ、ビックリ。
触らせていただいたら、とっても固くてまたビックリ。
何ともいえずかわいらしい顔ですね。

決定的瞬間





2011年02月16日

鹿肉のジャーキー(干し肉)づくり

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日晴れマークでぽかぽか陽気になるそうです。
先日降った雪も溶けてくれることと思います。
道路にはまったく雪はありません。

さて、昨日の鹿肉ですが、端肉がたくさん出ました。
鹿肉を届けてくれた方からいただいた
鹿肉ジャーキーがおいしかったので、
彩つむぎでも、ジャーキー(干し肉)づくりにチャレンジしてみました。

きれいに掃除した肉を細くカットし、
塩胡椒をまぶして、寝かしたものを、
調味液に漬けてから、丸一日半、
扇風機と自然の冷たい風にあてて、風干しします。

鹿肉ジャーキー製作中

 

 

 

 

 

 


出来上がった試作品がこちら。

鹿肉ジャーキー

 

 

 

 

 

 


食べる前に火であぶっていただきます。
今回はちょっと塩気が強かったかな。
まだ改良が必要ですが、簡単にできることがわかりました。
次回鹿肉が手に入った時に、再度トライしてみます!





2011年02月15日

塩原産の鹿肉GET!

塩原温泉、今朝はくもり。
薄日が射していますが、きれいな雪景色
昨夜、夜の間だけ、雪が激しく降り、
10センチ弱の積雪になりました。
晴れれば、一気に溶けてしまいそうな雪です。

昨夜は東京都心をはじめ、かなり広範囲で雪が降ったようですね。
私事になりますが、大学受験生の子供がいます。
今日も試験で3校め。
受験地は東京ですが、3校とも、前日か当日に雪が降っています。
そういえば、センター試験の時にも雪でした。
東京で雪が降ることはあまりないのに、
我が家の娘は“雨女”ならぬ“雪女”でしょうか。。。。。

さて、少し前に農家の方から害獣の話を聞きました。
クマ、サル、カモシカ、シカ・・・
その方は地元の猟友会にも入っているので、
そういう害獣たちを頼まれて駆除することもあるとかで。
今年は山から里に下りてくる獣たちが多いのだそうです。
特に今までそれほどでなかったシカや、
また今まで塩原にはあまりいなかったイノシシも。

今度シカを撃った時には教えてねと言っておいたところ、
さっそく、また1頭仕留めたと連絡が入り、
さばいたばかりの鹿肉を届けてくれました。

前足の肩から足にかけての部位ですが、
タタキにして試食したところ・・・何ておいしいのでしょう!
脂肪がほとんどない、よくしまった赤身肉で、
その方の処理の方法が上手と見えて、
臭みも全くなく、さっぱりとして噛み応えがあり、
牛肉の刺身よりもずっとおいしく思いました。

焼肉にしても、またしかり。
牛肉と豚肉が苦手な長女が、
「おいし~い、もっと食べた~い!」と言うほどです。

まとまった量をいただきましたので、
たたきにして、別注料理として、お出しできるかなと思います。

塩原産鹿肉のたたき

 





2011年02月14日

会津只見町の雪まつり

塩原温泉、今朝はくもり。
寒いです。
でも昨夜の寒さにくらべたら・・・

昨夜は夜のお出かけに行ってきました。
有志数名で、最初塩原から車で50分ほどの
湯西川のかまくらまつりを視察する予定だったのですが、
当日、急遽目的地が変更との連絡あり。
会津只見町の雪まつりを見てきました。

会津只見町は福島県でも最も山深く、
日本の豪雪地帯の一つとして有名
自分ではこの時期とても行けるような場所でないので

連れていってもらえるだけでラッキー。
訪れること自体はじめてです。

所要時間は塩原からちょうど2時間でした。
塩原を会津方面へ向かい、30分も走ると
道の両脇には1メートルほどの積雪があります。

1時間も走れば、テレビでしか見たことがない雪の回廊
只見の町に入るとさらに2~3メートルの積雪
家によっては1階部分が全く見えないほどです。
生まれて初めて見る、半端じゃない雪景色に、
感動しつつも、暮らしは大変だろうなあと思いました。

そんな雪深い町の雪まつりの会場は、
JR只見線の只見駅のすぐそば
周囲には屋台も沢山立ち並び、
町の中にも雪で作った灯ろうに火がともってとてもきれいです。

会場の中央にどーんとタージマハールの雪像
その大きさにびっくり、よくも作ったものです。
他にはアンパンマンや地元の小学生が作った雪像も。

広い会場のまわりをぐるりと食べ物屋台
中にはクマ汁シカ汁などの屋台もいくつかありました。

いくつかイベントがある中、最後が花火大会
雪が激しく降りしきる中の冬の花火は幻想的
タージマハールの雪像から出る花火が
とても雪まつりらしく、わざわざ見にきた甲斐がありました。



会津只見町の雪まつり会場の入り口には
干支のうさぎ。

 

 

 

 

 

タージマハールの雪像タージマハールの雪像。
大きさがよくわかります。

 

 

 


 


食べ物屋台食べ物屋台がいっぱい。

 

 

 

 

 


熊汁や鹿汁もクマ汁やシカ汁の屋台も。

 

 

 

 

 


クマ汁クマ汁。
柔らかくて甘みのある肉。
美味。
体が温まると言われます。
2箇所ハシゴしてしまいました。

 

 

 


シカ汁こちらはシカ汁。
クマよりもさっぱりしています。

 

 

 



 

かまくら大きなかまくらも3つ。

 

 

 

 

 


イルミネーションのきれいなかまくら中がきれ~い。

 

 

 

 

 


イルミネーション七変化かまくらのイルミネーション
七変化です。

 

 

 

 



イルミネーション七変化

 

 

 

 

 

 


イルミネーション七変化

 

 

 

 

 

 


花火大会お目当ての花火大会。
激しい雪の中でした。
初めて、カメラの花火モードで
撮影してみましたが、
あまりうまく撮れませんでした。

それでもせっかくだから、
連続で4枚。
  ↓

 


花火1花火2

 

 

 

 

 

 

 

 


花火3花火4

 

 

 

 

 

 




「只見ふるさとの雪まつり」は
毎年2月中旬の土曜、日曜2日間の開催です。
雪像はしばらくそのまま飾っているそうです。





2011年02月13日

塩原産わさび「君栃」

塩原温泉、今朝は晴れ、快晴です。
昨日まで間断的に降っていた雪も
この天気では今日、一気に溶けそうです。
真っ白な雪景色が太陽の光に輝いてきれいです。

さて、2月の献立に新しく取り入れた食材があります。
塩原産の花わさびです。

わさびはきれいな水が流れているような場所でないと育ちません。
お隣の日光市藤原町地区でわさびの栽培が盛んですが、
塩原にも1軒だけ、
君島さんという方がわさびの栽培しています。

高原山系の湧き水が流れる畑が塩原の山すそにあります。
わさびにも真妻系だるま系など色々品種がある中、
さらに、独自に開発し登録した「君栃」など、
3つの品種を育てています。

現在出荷が最盛期なのは、根茎ではなく、葉と花の部分
彩つむぎでは、それを醤油づけにしてお出ししています。
根っこだけでなく、葉や花の部分も辛味があります。
お酒のつまみにぴったり

君島さんは大根やかぶ、ほうれん草なども作っていて、
とても、研究熱心な方です。
新しい地場野菜の開発を一緒にトライしたことも。
(鹿に全部食べられてしまい、あえなく失敗しましたが・・・)
これからも、おいしい野菜をたくさん作っていただきたいです。

塩原産わさび君栃

 

 

 

 

 

 


花わさびの醤油づけ