2013年09月

2013年09月30日

『美ST』11月号で美魔女が当館を紹介

塩原温泉、今朝はよく晴れています。

先日、雑誌の撮影がありました。
紹介するのを、すっかり忘れておりました。
光文社の『美ST(美スト)』という雑誌の、日帰り温泉特集。
11月号で、現在発売中です。

当館の場合、お夕食+日帰り入浴という設定になりますが、
撮影モデルとして同誌専属のTEAM美魔女のお一人、
阪本かおるさんがご案内して下さっています。

「美魔女」という言葉、すっかり定着しましたよね。
実年齢よりもずっと若く美しい女性たち
言葉では知っておりましたが、
今回の取材で、なるほど、こういう方を「美魔女」と言うのか〜と納得です。

最近の日本女性、本当に美しくなったと思います
若い人も可愛い人が多いし、
30代、40代、50代、60代・・・・
年相応に、それぞれの美しさを感じさせる人、多いなあと。

でもどなたが見ても、何をやっても、美しい人って、やっぱりいるのですね。

本当にきれいな方でした。
女性の私が見てもうっとりするほど。
女優さんやタレントさんとは、また別の美しさですね。
思わず、カメラマン気分でシャッター切ってしまいました。

当館では日帰り入浴のみにはご対応せず、
夕食+入浴で、6300円でお受けしております。
お部屋をお使いになる場合は、
渓の音和室はお一人様4200円プラス
彩の音和室(露天風呂付き)は8400円プラスになります。

土曜日など、宿泊のお客様優先になることもございます。
直接フロント(☎0287-31-1150)までお問い合わせください。

そうそう、表紙は浅野ゆう子さんと浅野温子さんのW浅野さん。
こちらのお二人も、堂々の美魔女ぶりです。


女性クルーでした撮影風景。
編集者の方、カメラマンの方も
女性でした。












ちょっとカメラマン気分う〜ん、美しい方です。













美しすぎます!













橋をバックにテラスでのシーン。













雑誌の撮影湯上りに塩原温泉サイダー。























料理の撮影も撮影の料理はこんな感じです。















2013年09月29日

ヨシ沼のツツジたちが色づいて

塩原温泉、今朝もよく晴れています。
ここのところ、日中よく晴れて、朝晩ぐっと冷え込む日が続いています
こういう気候が続くと、紅葉の色がきれいに出ると言われています。

紅葉の見ごろは10月下旬から11月中旬
植物の種類によってはすでに色づいているものも。

まず最初にツタ、ウルシ、山桜などが色づきます。
それに続くのがツツジ類でしょうか。

先日ヨシ沼を訪れましたら、
色々な種類のツツジが、すでに色づいていました。
あとナツハゼがきれいですね。
ナツハゼもツツジ科の植物です。

少しずつ紅葉本番に近づいています。

コメツツジの紅葉コメツツジの紅葉。













コメツツジの紅葉













レンゲツツジの紅葉レンゲツツジの紅葉。













ナツハゼの紅葉ナツハゼの紅葉。



2013年09月28日

山のものなんでもござるまつりと那須九尾まつり

塩原温泉、今朝は晴れています。
気持ちのいい秋晴れです。
この週末は、お天気に恵まれそうです。

この週末のイベント
今日は塩原箱の森で、体を動かすイベント、
「123元気!in 塩原」
そろそろ始まりますね。

明日は、塩原から車で20分くらい。
塩原から尾頭トンネルを抜けて鬼怒川川治方面に抜ける
会津西街道の途中にある、中三依地区で、
山の田舎ならではのイベント、
「山のものなんでもござるまつり」

そして那須町では
文化センターにて「第11回那須九尾まつり」

「山のものなんでもござるまつり」
10時より、中三依ふるさと広場にて。
“そば街道”と呼ばれる地域だけあって、
手打ちそばや、山の幸色々
チェーンソーアートの実演や、丸太切り競争、炭俵作り体験など
山でしか体験できないことがいっぱい。
三依と塩原の関白流獅子舞もご披露されます。

そして、日光観光大使もつとめる書道家の
涼風花さんのパフォーマンスもあるそうですので、
ぜひとも、オススメのイベントです。
http://www.city.nikko.lg.jp/fujihara_sangyou/kankou/kinugawa/event/yamanomono.html

「那須九尾まつり」は場所がちょっと離れていますが、
毎年、“日本一長いお稲荷さん”に挑戦する、あのイベントです。
今年は、長さ126、9メートルに400人で挑戦。
九尾太鼓や、那須町の新しいゆるキャラ「きゅーびー」のお披露目も。

会場から少し離れたところにある蓑沢地区
ヒガンバナの群生もちょうど見頃かと思います。
http://www.town.nasu.lg.jp/hp/page000001600/hpg000001508.htm

どちらに行こうか、悩みますね。

山のものなんでもござ〜る

























20130824151230979-001



2013年09月27日

実りの秋

塩原温泉、今朝は晴れています。
少し風があります。

お彼岸を過ぎると、本当にぐっと季節が進みます。
昨日からぐっと気温が低くなっています。
もう蔦や漆や山桜は葉の色が変わり
山は実りの秋です。

ちょっと山に入り、山を歩くと、
色々な実を見ることができます。
小さな時から道草が大好きだった私。
学校からの帰り道、どこでどんな花を摘んだか、
今でもよく覚えています。

そんな私ですから、
実りの秋の「実」たちを見つけたら、もう・・・・
手ぶらでは帰れません(笑)

塩原の山は宝の山なんですよ!

栗に栗に













とちの実栃の実に、













どんぐりどんぐり。













こんなにたわわにサルナシに、













ヤマブドウヤマブドウ!



2013年09月26日

日本で買えるのは当館だけ!越前織のマグネット

塩原温泉、今朝はくもり。
肌寒く感じます。
台風は日本列島の東を通過していきますので、
それほどの影響はないかと思われます。

さて、昨日ちょっと触れた越前織のマグネット
ちょっとくわしく紹介したいと思います。

元々は洋服のネームタグをつくっている所
しっかりした作りのネームタグ。
前回のギフトショーの時にも気になっていて、
何かに応用できないかと思っていました。
今回並んでいる試作品の中に、マグネットが展示されていました。

きれいな色のテープを編んで、
その中に、磁石が入れてあります。
これが磁石の力もかなりあって、
館内掲示物のポスターなどを止めるのにぴったり

今まで、色々なマグネットを使っていて
統一感がなかったのが、
これに統一したら、とてもすっきり。
しかも「彩り」がテーマの彩つむぎにぴったり

後からお聞きしたら、結局、今回の発注は彩つむぎの他にはなく、
正真正銘、日本で彩つむぎだけで買える商品
日本で初めての商品になりました。

メーカーさんに教えていただいたのですが、
裏側に他のマグネットを使えば、
ブローチのように、洋服につけることもできます。
黒いセーターなどにつけると素敵です。

「彩りマグネット」という名前をつけて売店にも並べました。
お手にとっていただければ幸いです。


ネーム織タグのマグネットメーカーさんのブースで
見かけて発注。












マグネット館内掲示ポスターなどに
使って統一感が出ました。






















織テープのマグネット













こんな使い方もこんな使い方もできます。













彩りマグネット



2013年09月25日

国際ギフトショー

塩原温泉、今朝は雨になっています。
しとしと雨。
ぐっと寒くなったような・・・
そろそろ薄手のジャケットが欲しくなります。

さて、ちょっと遅くなってしまいましたが、
毎年恒例で、ほとんど私にとっては年中行事になっている
春と秋の国際ギフトショーのレポートを。

今年は、売店で人気のくろちくさんのガーゼのハンカチ
ちょっと変わったマグネットなどを発注してきました。

マグネットは、洋服のネームタグの織テープで作ったもの。
ブースに見本として展示されていて、
色とりどりなのが、「彩」のイメージで、
館内の掲示物のマグネットをこれで統一しようかと発注。
何と、私が最初の発注者なのだそうです。
マグネットは明日あらためて紹介したいと思います。

おまけに、毎回楽しみなゆるキャラ達の写真も。
場内、基本的には撮影禁止ですが、
全て許可を得たうえで撮影、アップしています。

西棟1階の入口













マカデミアナッツ粉砕機これはいいと思って
サンプル買ってきたのです。
ヘーゼルナッツ割り。
旅館で銀杏やくるみを使う時。
でも板長いわく、
「やっとこ」のほうが速いそう。









山中塗の地球儀山中塗りの地球儀
織田信長が持っていそうな。












トルコの刺繍これ、きれいでした。
トルコの刺繍なのだそうです。
何かに使えたらなあ。
これで縄のれん作ったら、
かわいいと思うのです。
(かなり高くなるけど・・・)








くるねこくるねこ。













ブラジルワールドカップマスコットのフレカくんブラジルワールドカップの
キャラだそうです。
アルマジロですよね。
頭がサッカーボール模様!










まるるーくんよくわからないけど、
かわいかった、
まるるーくん。
人生何事も丸くが
モットーのようです。
絵本を頂いてきました。
館内に置いてありますので、
どうぞご覧ください。






いもグラくん各地の温泉地でおなじみ、
観光菓子みやげの
永登屋さんが
川越のさつまいものキャラを
作りました。
イもグラくんだそうです。







ayatsumugi at 08:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年09月24日

1.2.3.元気!in 塩原

塩原温泉、今朝はくもり。
涼しいです。
さすがに「暑さ寒さも彼岸まで」。
先週の空気とは違います。

さて、今週の土曜日9月29日に、
箱の森プレイパークで行われるイベントのお知らせです。

栃木県や塩原温泉観光協会などの主催で行われます。
広い敷地の豊かな自然の中で、
元気に、体を動かします。

「1.2.3.元気!in 塩原」

まず、みんなでラジオ体操をしてから、
ヨガ、ノルディックウーキング、なわとび、散歩などの
プログラムに分かれて、思い思いに。

その後、なわとびパフォーマー、
「なわとび小助」による、超絶なわとびのパフォーマンスが。

これは見逃せません。
知っている方なのですが、本当にすごいのです。

そうそう、栃木の人気者、とちまるくんもやってきて、
一緒にとちまる体操もやりますよ。
とちまるくんは、現在、ゆるキャラグランプリにノミネート中。
とちまるくんのキレのいい動きもまた見逃せません。

各プログラムに参加ご希望の方は、事前申し込みが必要です。
お申込みは、塩原温泉観光協会(☎0287-32-4000)までお願いします。



9/28イベント




2013年09月23日

爽やかな秋晴れに那須岳もくっきり

塩原温泉、今朝はくもりです。
夜にふっていたしとしと雨は、上がりました。
今日は一日、こんな天気のようです。

さて、台風の数日後に、
お客様と一緒に那須まで行く機会がありました。
那須に近づくにつれて、
空気が澄んでいるせいか、
今までに見たことがないような美しい那須岳が見えてきて
ちょっとだけ足を延ばして、
眺めがいい、恋人の聖地や、那須ロープウエイ山麓駅の辺りまで
車を走らせました。

美しいこと、素晴らしいこと!
ちょっと心のご褒美をもらったようでした


この風景が全山紅葉します
塩原渓谷の紅葉とは、また一味違う、
モザイク模様の紅葉カーペットになります。
那須の方の話だと、まだ紅葉は始まっていない様子。
9月下旬からということです。

今年こそ、紅葉の那須岳に登りたいなあ。
この日、ロープウエイ山麓駅の駐車場はすでに満車。
三連休もそうですが、
紅葉シーズンの混雑はすごいそうです。
お時間には余裕をもってお出かけください。

茶臼岳と朝日岳













山頂













ロープウエイ山麓駅













紅葉はいつ頃から?






2013年09月22日

塩原渓谷に水量が戻った?

塩原温泉、今朝も良い天気です。
今日は夜に少し雨マークがついていますが、
今日も含めて、しばらくの間、
おおむね好天に恵まれています。
どこに出かけるにしても気持ちがいい日が続いています。

さて、先日、回顧(みかえり)の吊橋付近、
塩原渓谷の水量がぐんと少なくなり、
かつて見たことがない風景が広がっていると書きました。
こんなに少なくて良いのかしら・・・と心配していました。

そして台風が来て・・・
どうなったかなあと思い、再度、見てきました。
あれだけ雨が降っても、満々とはいえず、
まだまだ充分ではないのものの、
先日に比べれば、かなり、水量が回復してきました。

回顧(みかえり)の吊橋は、
以前は塩原の吊橋といえば、この吊橋。
今はすぐ近くに、全長320メートル、
本州一長いもみじ谷大吊橋ができたり、
他の場所にもたくさん吊橋ができましたが、
私個人としては、仙人岩吊橋七つ岩吊橋と共に、
好きな3つの吊橋の一つです。

何と言っても、昔ながらの吊橋らしい情緒が感じられますし、
渡ると、落差が大きく水量も多い、
回顧の滝が見られるのが、何とも素晴らしいのです。
台風の後の滝は迫力があります。
春は新緑にツツジ、秋は紅葉も見事。
もみじ谷大吊橋とセットでお出かけください。

参考までに、10日前の私のブログです。
箒川、回顧の滝の水量を比べてみてくださいね。
http://blog.livedoor.jp/ayatsumugi/archives/52017680.html


回顧の吊橋回顧(みかえり)の吊橋。













台風18号後の回顧のつり橋付近水量が少し回復。
下流。
奥にもみじ谷大吊橋。











回顧の滝上流。
落差と水量がある
回顧の滝が。











回顧の滝回顧の滝。
後ろの山を入れると、
滝の大きさがよくわかります。





2013年09月21日

連日秋晴れで山がくっきり

塩原温泉、今朝も良い天気です。
今日から三連休。
明日、ちょっと天気の崩れもあるようですが、
まずまずの行楽日和です。

台風の通過というのは、大気の塵や埃もまた運び去るのだそうです。
ですから、台風が過ぎた後は、天気が良くなるだけでなく、
空気も澄んできれいになるのだそうです。

だから、山がくっきり
塩原で一番眺めがいい塩那スカイラインからの日光方面。
日光白根山あたりの山がしっかりと見えています。
途中、ウルシとツタがすでに紅葉が始まっていました。
標高が高いだけあり、
夏から秋への季節の移ろいが、どこよりも早いかもしれません。

箱の森プレイパークの上の山になります。
あまり地元の方も行かない、穴場的な場所です。
道路は最後は通り抜けができなくなっていて、
その周辺は遊歩道になっています。



塩那スカイラインから下が塩原温泉街。
途中の平な所が、
高冷地野菜の生産地です。











塩那スカイラインから手前の山は
会津西街道に沿って
並んでいる山。
奥が日光白根山と、
それに連なる山、
だと思います。
違っていたら、すみません。










2013年09月20日

台風が去った後の箒川が素晴らしくて

塩原温泉、今朝も晴れています。

昨夜、夜中に福島県いわき市で震度5強の地震がありました。
日頃、塩原温泉は地震の揺れが少ない所です。
震度3くらいでは、ほとんど揺れを感じないのですが、
昨夜は少し横揺れを感じました。
塩原が地震の揺れに強い理由は、地盤にあります。

目の前の箒川、緑色凝灰岩の一枚岩です。
岩盤だから、揺れに強いのです。
それが台風が去った今、よくわかります。

台風通過の当日、茶色の濁流となった箒川。
現在、水が引いて、その、元々の緑色凝灰岩の川底が見えています。

大雨が出ると、石が転がって、
川底の藻をそぎ落としてくれるのです。
太陽の光がさすと、またあっという間に、藻が張りますので、
この美しい景色が楽しめるのは、10日ほどになります。
今だけの景色、お見逃しなく!


滅多に見られない美しい箒川一枚岩の岩盤だから
地震に強い塩原です。













箒川













鹿股川との合流地点













七つ岩吊橋下流













緑色凝灰岩の川底吊橋真下の緑色凝灰岩の川底。













カワガラスがカワガラスが。






2013年09月19日

興奮の国立科学博物館

塩原温泉、今朝も快晴です。
爽やかすぎるほどの秋晴れです。
今夜の満月、楽しみです。

さて、9月に入って、もう一か所、
東京上野の国立科学博物館にも行ってきました。
こちらも、以前から、一度ゆっくりと訪れたいと思っていた場所。
ちょうど、話題になっている、ダイオウイカを中心に、
深海の生き物を取り上げた深海展をやっているので、良い機会かと。

噂のダイオウイカの標本や模型
調査潜水艇や、深海の生き物いろいろ、興味深く見てきました。
9月の平日とはいえ、人も多く、
意外?に若いカップルも。

珍しい生き物が沢山いることと、
こんな特殊な分野を丁寧に研究している人がいること、
そして、食卓に普通に深海魚が上がっていることなどに驚きました。

昨日の新聞に、
どうして、ダイオウイカがこんなに人気なのか・・・という記事。
確かに、ちょっと不思議。
でも宇宙と深海は、やっぱり永遠の興味の対象ではないでしょうか。

今回、私のとっての大収穫は国立科学博物館の常設展でした。
こちらが前から見たいと思っていたもの。
深海展のチケットで一緒に見ることができ、得した気分です。

さすがにナショナルミュージアムです。
期待していた以上に充実、迫力、見ごたえあります
植物、生物大好きな私にとっては、聖地のよう
もっと早く来れば良かったと。

こういうの、中学生や高校生に見たら、感動するでしょうね
必修授業に入れてほしいくらいです。

嬉しいことにこちらは常設ですから、
見ようと思えば、いつでも見ることができます。
今回、やはり時間が足りなくて、
もう一度、丸一日かけて見学したいと思いました。

国立科学博物館のHPです。
http://www.kahaku.go.jp/

深海展は10月6日(日)まで
http://deep-sea.jp/


国立科学博物館国立科学博物館。













深海展深海展入口。
並ばないで入れましたが、
中はかなり混雑していました。











深海展一番人気のダイオウイカの標本と模型。













動物の標本常設展。
哺乳動物達。
このスペース、迫力です!











恐竜や恐竜!













マンモスやマンモス!













化石や化石!













隕石や隕石!













昆虫昆虫!













科学技術の発展科学技術のコーナーも。
ここは最もじっくり見たいコーナーでした。






























2013年09月18日

『若冲が来てくれました』展

塩原温泉、今朝もよく晴れています。

一昨日、私の古い友人が泊まりに来てくれました。
福島県立美術館で23日まで開催している
『若冲が来てくれました』展を東京から見に来て、
その帰りに立ち寄ってくれたのです。

実は『若冲が来てくれました』展は、私も先日見てきました
以前より、伊藤若冲の植物や昆虫の絵が大好きで、
一度本物を見たい見たいと願いながら、
直近の若冲展に行くことかなわず。

今回の『若冲が来てくれました』展は、
若冲などのコレクターとして有名な
ジョー・プライス氏のコレクションを中心に、
江戸時代の日本画を集めた企画展でありますが、
特に東日本大震災を受けて、
その復興協力として、宮城、岩手、福島の三県を巡回しているもの。
福島県立美術館で最後となります。

これを逃しては・・・と9月に入ってから、
急ぎ、新幹線で福島へ直行直帰で行ってきました。

先日、福島県立美術館としては、
過去最高の入場者数を記録するというニュースにもなっていましたが、
福島駅で降りる方のほとんどが、
県立美術館に向かっているような印象
を受けました。
(タクシーの運転手の方の話では、実際にそうらしいです)
周りの方の会話を聞いていても、首都圏から来ている方も沢山

この企画展のタイトルから見ると、
若冲の作品ばかりのような印象ですが、
実は丸山応挙、酒井抱一、鈴木其一、など
名だたる画家の作品も沢山。
とても見ごたえある美術展です。

それぞれ、間近で作品を見ることができ、
その筆の勢いや、細やかさ、など、
画家の気迫や息遣いまで感じられるようでした。

あと6日
興味のある方は是非お見逃しなく
私の友人のように、塩原温泉に立ち寄るのも、よろしいかと・・・

若冲が来てくれました






ayatsumugi at 08:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年09月16日

台風一過・・・すごい雨と風でした

塩原温泉、今朝は台風一過の青空です。

台風18号が日本列島を直撃
各地に大きな被害をもたらしました。
皆様の地域では大丈夫だったでしょうか。

塩原でも一年に一度来るか来ないかの雨と風。
昨日のチェックアウト頃から、
どんどん強くなる雨脚に、驚きました。

目の前の箒川もあれよあれよという間に、
真茶色の濁流に
川底を石が転がり、ぶつかり合う音が聞こえてきました。
こういう時には、石によって川底が洗われて、
本来の緑色凝灰岩の一枚岩の川底が見られるので、
それはそれで楽しみではありますが、
風の強さも半端なく、また光ってすぐに雷鳴がとどろくような雷も
もう次から次へと、なんでも来ちゃう!みたいな一日でした。

そして、フィナーレは滅多に見られない美しい夕焼け空
塩原は山に囲まれて、空が狭いので、
普段はあまりきれいな夕焼けが見られないのです。
それにもかかわらず、息をのむようでした。

そして、今日、
思ったよりも早く水が引き、
思ったよりもきれいな川底が
見え始めています。
川の激変ぶりに、
台風の中、お越し下さったお客様も驚いていらっしゃいます。

前回の大雨の時に、一夜にしてできた中洲が、
かなり小さくなったような・・・
1週間から10日ほどは、真っ青な川底の箒川です。
今、オススメですよ。

本日の箒川朝8時くらいで、
すでに川の水が濁っています。












昨日の様子あっという間に、いつもの風景が一変。













昨日の様子遊歩道まであと1メートルに。













昨日の様子七つ岩吊橋の上から。













見事な夕焼け空台風去って、美しい夕焼け空。













今朝の様子今朝の箒川。
激変!












台風18号現在宇都宮付近を通過中

台風18号は14時半現在、宇都宮付近を通過中です。
そろそろこの辺りに来ているかもしれません。
雨は小康状態ですが、風がうなっています。

このような状況でもお越し下さるお客様がいらっしゃることに感謝。
お部屋のグレードアップ、またはドリンクサービスさせていただきます。
どうぞお気をつけてお越しください。

国道400号線塩原街道の通行止めの目安となる、
塩原ダムの連続降雨量は、14時で130ミリ。
200ミリに達すると、通行止めになってしまいますが、
もうすぐ台風が通過することを考えると、
通行止めは避けられるのではないかと思われます。



ayatsumugi at 14:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

少し雨脚が激しくなっています

午前9時現在、塩原ダムの総雨量は40ミリですが、
9時以降、かなり雨脚が激しくなっています。
東北自動車道、通行止めはないようですが、
矢板付近で事故車がある模様です。



ayatsumugi at 09:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)