2015年07月03日

2015年07月03日

くろばね紫陽花まつり

塩原温泉、今朝はくもり。
少々どんよりとした空。
いかにも梅雨空らしい朝となりました。

梅雨の季節の花といえば、紫陽花
昨日は塩原温泉女将の会の研修にて
くろばね紫陽花まつりを見てきました。

大田原市黒羽(旧黒羽町)
松尾芭蕉の『奥の細道』ゆかりの場所
半年にわたる奥の細道の旅において、
最も長く滞在した場所が、この黒羽なのだそうです。
約2週間。

この地は黒羽藩大関氏の居城があった場所。
大関氏の家臣に、芭蕉の門下生が2人いた縁で、
そのような異例の長期滞在に。

お殿様がいた城下町というのは、
独特の風格というものがありますね。
紫陽花は、城跡を利用して植えられています。

一体何株植えられているのでしょう。
あまりに多過ぎて、地元の方でも把握してないとか。
ブルー系の色で、ガクアジサイが多く、何とも涼しげです。

中心となる会場の、黒羽城址公園のまわりには、
芭蕉の足跡や、黒羽藩の歴史がわかる
展示館「芭蕉の館」や、
黒羽藩代々城主の墓がある大雄寺など、
黒羽の見どころが沢山集まっています。

紫陽花の花だけでなく、
そちらもぜひ、ご覧下さい。

そうそう、芭蕉の館にある、
冷水&冷茶サーバーでお茶を飲むのをお忘れなく。
この地は茶葉の栽培の北限地で、
「黒羽茶」を生産しています。
その黒羽茶が無料で気軽にいただけますよ!

大田原市黒羽地区は、塩原から車で約55分
途中ののどかな里山風景、
那珂川の風景など、楽しみながらお出かけ下さい。
「くろばね紫陽花まつり」は7月12日(日)まで。

くろばね紫陽花まつり城跡を利用して。













くろばね紫陽花まつり













くろばね紫陽花まつり













くろばね紫陽花まつり













くろばね紫陽花まつり青いガクアジサイがきれいです。













くろばね紫陽花まつり













くろばね紫陽花まつり週末に色々なイベントが。
「石の蔵ビュースタジオバンド」は
私の知り合いの方も出演します。











芭蕉の館お隣の「芭蕉の館」も
ぜひお立ち寄りください。












芭蕉の館ぜひ一句。