2017年06月

2017年06月30日

雲岩寺の近くにあった黒羽ユリ園

塩原温泉、今朝はくもり。
昨夜から降った雨は現在上がっていますが、
今日明日は弱い雨が降る可能性がありますので、
折り畳み傘を持ってお出かけしたほうが良さそうです。


さて、大田原市黒羽プチ旅。
黒羽雲厳寺に行く途中、

幟(だったか、看板だったか・・・)が目につきました。
そう言えば紫陽花まつりの会場にも幟か何かあったような。


ちょっと細い道にそれて、少し進んでいきますと、

やはり、こちらも前から気になっていた、
黒羽ユリ園にたどり着きました。

名前は前から知っていましたが、
こんな場所にあったのですね。

色々な色のすかし百合が植えられていて、入場無料。

販売がメインのようですが、

ちょうど、黄色やオレンジ、
緋色などの百合が綺麗に咲いていました。

7月9日(日)まで開いているようです。

今日で6月も終わり。
7月半ばにはハンタ−マウンテン塩原でも、ゆりが開花し始めます。
今までは
「ハンターマウンテンゆりパーク」と言っていましたが、
今年からは
「ゆり博」と名前を改めたようです。
こちらも楽しみです。


黒羽ユリ園
栃木県大田原市須佐木1555
電話0287-54-1110
9:00〜16:00開園



黒羽ゆり園













黒羽ゆり園













黒羽ゆり園













黒羽ゆり園













黒羽ゆり園




2017年06月29日

臨済宗妙心寺派の古刹雲厳寺

塩原温泉、今朝は晴れ。
気持ちいい青空です。
山日和かな。
ただ、夕方からは弱い雨も降るようです。


黒羽の名所をたどるプチ旅。
臨済宗妙心寺派の古刹雲厳寺を訪ねてみました。

大治年間(1126〜1131)に開かれたとされる古刹。
北条家ゆかりの寺であったがために、
豊臣秀吉の北条氏征伐の折に、
一度焼き払われたそうです。

奥の細道紀行で芭蕉が訪れて、
「啄木鳥も庵は破らず夏木立」の有名な句を残した場所

芭蕉はこの寺を訪れるのを大変楽しみにしていたと言います。


禅寺にふさわしい、静かな佇まい。
大田原市とはいえ、茨城県との県境も近く、
八溝山系の深い緑の中、
美しい沢にかかった太鼓橋を越えて、
階段を登っていくと別世界

境内の大杉や、沢にかぶさる大ケヤキなどを見れば、
間違いなくパワースポットであることを感じます。。

珍しい苔(サルオガセ)が色々な木に絡む、
独特な風景も見られます。

実に24年ぶりに訪れましたが、
ここはきっと何十年も何百年も
変わらぬ風景なのではないかと思いました。

雲厳寺
大田原市雲岩寺27
電話0287-57-0105
http://www.ohtawara.info/spot_detail.html?id=27


黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺













黒羽雲厳寺




2017年06月28日

近く国の重要文化財に指定される曹洞宗大雄寺

塩原温泉、今朝はくもり。
しばらくぐずついた天気が続きそうです。


紫陽花まつりを見にいったら、
ぜひ、周辺観光を
ということで、
大田原市黒羽地区の観光スポットを紹介しております。

「芭蕉の館」からさらに歩くと「大雄寺」
こちらは「だいゆうじ」ではなく「だいおうじ」と読みます。

曹洞宗の古刹で、黒羽藩を治めた大関家の菩提寺となります。
山門へと続く階段から、空気が違います。

階段の途中に、聖母マリアを思わせる観音像や、
羅漢像が沢山ある場所があったりで、
境内に入る前から、あちこちで足を止めてしまいます。

が、山門から先、さらに見どころが。
まず山門、回廊、本堂などの茅葺屋根に目が行きます。
回廊まで茅葺屋根というのは、なかなか珍しいのではと思います。
本堂の屋根などは見事。

00年以上の歴史があり、
すでに県の文化財にしていされていますが、

この程、そういった建造物が、
国の重要文化財にも指定されることになりました
話には聞いていましたが、
実際に目にすると、それも当然かなと思います。

境内の一画に、地面から陶器の破片が見えています。
きっとこんな陶器の破片も、古いものなのでしょう。
境内に林立する杉の木も、樹齢を感じます。

そして、お墓の方に進むと、
大関家の代々の当主の墓所が。
その墓石の大きさにびっくり。
まるで、大きな石灯籠のようです。

代々名君を輩出したことで知られる大関家。
そんな殿様と一緒の墓地にまつられている
檀家の方はとても誇らしいですね。

大雄寺
大田原市黒羽田町450
電話0287-54-0332
http://www.daiouji.or.jp/daiouji.html


黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺













DSCN4206













黒羽山大雄寺













黒羽山大雄寺




2017年06月27日

奥の細道ゆかりの黒羽「芭蕉の館」

塩原温泉、今朝はくもり。
梅雨時期らしい朝。
涼しくて過ごしやすいです。


昨日は「くろばね紫陽花まつり」を紹介しました。
大田原市黒羽地区(旧黒羽町)は歴史に彩られた町。
くろばね紫陽花まつりを見たら、

ぜひ、周辺の観光スポットも訪れてみて下さい。

紫陽花まつりの会場を進んでいくと
おそらく、いつの間にか、
こちらの「芭蕉の館」に出てくると思います。

すぐお隣。
こちらでは、『奥の細道』紀行で黒羽を訪れた
松尾芭蕉の当地での足跡
や、
江戸時代に黒羽藩を治めた大関家についての展示が。

中は撮影禁止ですが、
芭蕉にしても、大関家にしても、
とても貴重な展示物がいっぱいです。
庭の一画には、一句投稿できるコーナーも。
庭の大きな芭蕉の木?も印象的ですね。

大田原市芭蕉の館
大田原市前田980番1
Tel:0287-54-4151

http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082780058/


芭蕉の館













芭蕉の館













芭蕉の館













芭蕉の館













芭蕉の館













芭蕉の館




2017年06月26日

大田原市「くろばね紫陽花まつり」が見頃です

塩原温泉、今朝は晴れ。
風もあって爽やかな朝です。
昨日は長野で震度5強の地震があり、まだ余震が続いています。
先日は九州でも震度5の地震。
しばらく地震に注意が必要かと思います。


さて、6月も下旬に。
紫陽花が咲く季節になってきました。

塩原でも福渡地区などで、紫陽花を楽しむことができますが、
近在では、芭蕉が訪れた大田原市黒羽地区
「くろばね紫陽花まつり」が有名です。

塩原から車で60分弱
黒羽城址公園が会場となっています。

すでに5分咲き。
場所によっては満開です。
紫陽花は花の時期が長いのが魅力。
しばらく楽しむことができます。

「紫陽花まつり」としての会期は7月9日まで
会期中、週末は様々なイベントが予定されています。
すぐ隣が「芭蕉の館」
少し歩けば、近く国の重要文化財に指定される「大雄寺」など、
周辺に見どころがいっぱいなので、
まとめて訪れると良いと思います。
明日からは周辺の見どころについても紹介していきます。

黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり













黒羽紫陽花まつり




2017年06月25日

那須塩原駅に東武特急スペーシアが

塩原温泉、今朝はくもり。
朝方まで降っていた雨は止んでいます。
今日は一日くもりの予想ですが、少し空が明るくなっています。

さて、昨日は、お伝えしたように、
JR宇都宮線の線路を、東武特急スペーシアが走りました
この4〜6月のプレDC(デスティネーションキャンペーン)
最後の大きな話題の一便でした。

今回のプレDCにおいて、JRと東武鉄道のコラボ
色々な場面において顕在化しましたが、
実際に、那須塩原駅のホームに、スペーシア、
それも金色のスペーシアが入って来た時には、感激しました。

知っていて、待ち構えていた人(子供連れも多かったです)、
その場で今日は何事?と言う人、
私達のように、お出迎えの観光関係者やJRスタッフ、
メディア関係者などなど、
ホームから人が落ちるんじゃないかと思うくらい、
熱気に包まれておりました

この「スペーシアなすの号」
聞くところによると、チケットは即完売だったそうです。
電車から降りてきたのは、
やっぱり鉄道好きな若い男性が多かったかな。
皆さん、下車すると同時に先頭に向かっておりました。

県とJRでも、この電車に合わせて、
プレDCのクロージングイベント
地元も精一杯お出迎えとおもてなしをいたしました。

駅前には、月一度駅前でマルシェを開いている
「恋するなすしおばらマルシェ」のテントの他、
県内5地区の観光紹介ブース
那須どうぶつ王国や、
モンキーパークの動物たちによる「動物おもてなし隊」の面々。

地元小学校の合唱団や、ミニ新幹線
最近地元で人気、本当のおまわりさんによる交通安全ステージ等々。
県内のゆるキャラも勢ぞろいして、
終日、大賑わいの那須塩原駅でした。

6月末を持って、プレDCはひとまず終了になり、
来年の本DCに向けて、
栃木県、各自治体、JR、東武鉄道、観光関係者・・・
一丸となって取り組んでまいります。
どうぞお楽しみに。

IMG_3256金のスペーシアが那須塩原駅に。












IMG_3257













IMG_3243ホームでのお出迎え。
JR旅連の男性陣。











IMG_3309塩原温泉、板室温泉、那須温泉の
女将さん達。











IMG_3258改札口には県関係者の皆さん。












IMG_3242地元観光施設のゆるキャラ達。












IMG_3267ミニ新幹線は大人気。
着任したばかりの駅長さんも大忙し。











19260710_1381433121947000_4970787792212882312_n動物おもてなし隊の面々。












19366112_1381443021946010_8082591288700806590_nとても面白かった
大道ポリスの交通安全ショー。
本物の芸人さんだと思った人
多かったようです・・・









IMG_3287地元小学生の
きれいな歌声も。










2017年06月24日

初めてスモークツリーが咲きました!

塩原温泉、くもり空。
今日は一日くもりマークです。
今日はお伝えしましたように、
那須塩原駅に東武特急スペーシアがやってきます。
そしてJRのプレDC(デスティネーションキャンペーン)の
クロージングイベントがあります。
どうぞお出かけ下さい。


庭の一画に、ちょっと変わった木を植えました。
スモークツリー

鉢植えで買ったのは、もう10年以上前だと思います。
なかなか大きくならず。
数年前に地植えにしてみました。
それでも、なかなか大きくならず。

それが2年ほど前から、
急に幹が太くなって、背も伸びてきました

そして、今年初めて花をつけ、現在咲いています。
でも、およそ、普通の花とは言えそうにありませんが、
印象に残る花です。

これから、毎年楽しませてもらえそうです。


スモークツリー






2017年06月23日

雪どけしたばかりの尾瀬に咲く花たち

塩原温泉、今朝は晴れ。
山日和です。
山に行きたくてソワソワしてしまいます。
あの花はまだ咲いているかな。
咲き始めたかな、と。


今年は、どこの地域でも季節の移ろいが遅く
花の開花時期だけを見ても、
一週間から10日ほどは遅いように感じます。

尾瀬も例外ではなく、
今年はまず雪どけが遅くなっています。
樹林帯の日陰などは、まだかなり雪が残っています

そんな雪どけしたばかりの尾瀬
咲いていた山野草たちを一気に
湿原は御池田代と、赤田代
登山道は燧裏林道になります。

サンカヨウサンカヨウ。
御池駐車場付近。











ツクバネソウツクバネソウ。
御池駐車場付近と
燧裏林道に。
普通ツクバネソウは4枚葉ですが、
なぜか5枚葉のものが。







ショウジョウバカマショウジョウバカマ。
御池田代や裏燧林道のあちこちに。
かなりまとまって咲いています。










タテヤマリンドウタテヤマリンドウ。
御池田代や赤田代で。











イワナシイワナシ。
裏燧林道の数か所で。











エンレイソウエンレイソウ。
御池駐車場付近と
裏燧林道で。










ムシカリ(オオカメノキ)ムシカリ(オオカメノキ)。
林道のあちこちに。
ムラサキヤシオと一緒に咲いている場所も。










タムシバタムシバ。
林道で数か所。











ズダヤクシュズダヤクシュ。
まだ蕾ですが、林道で。











トガクシショウマトガクシショウマ。
林道の沢周辺で何箇所も。
まとまって群生しています。










ツバメオモトツバメオモト。
まだ蕾。
林道の沢の近く。










ウスバサイシンウスバサイシン。
ツバメオモトのすぐそばに。











ネコノメソウネコノメソウ。
赤田代で。











ナツトウダイナツトウダイ。
初めて見ました。
赤田代で。
お隣はちょっと大きくなったミズバショウ。








チングルマチングルマ。
赤田代で。
これから沢山咲きそうな感じでした。










ミネザクラ?ミネザクラ。
だと思うのですが、
何となく那須のミネザクラと違う気も。
赤田代で。









ミツバオウレンミツバオウレン。
赤田代の小川のほとり。











ヒメイチゲヒメイチゲ。
赤田代。
沢山ありました。










キクザキイチゲキクザキイチゲ。
赤田代のクマザサの足元に。











リュウキンカリュウキンカ。
尾瀬のミズバショウとセットの花。
御池田代や赤田代のあちこちに。










コミヤマカタバミコミヤマカタバミ。
林道のあちこちに。
白い花と桃色の花が。










DSCN3998頭だけ出したギンリョウソウ。
林道で。
















2017年06月22日

尾瀬で念願のムラサキヤシオに会えた!

塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日は雨で風もあって寒かったけれど、
今日も風が残っています。爽やかな一日になりそうです。


尾瀬リポート2日目です。
今日は当初の目的だった「ムラサキヤシオ」を。

昨日お伝えしたように、
ヤシオツツジに、アカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオとある内、
ムラサキヤシオは塩原にはあまり自生していなくて、
中にはトウゴクミツバツツジを、ムラサキヤシオと間違う方も

以前、二度ほど那須連山で見たムラサキヤシオと比べると、
トウゴクミツバツツジとは全く似ていなくて、
見ればわかるのですが、何しろ、ちゃんとした写真がありません。

今回、尾瀬の裏燧ルートには、
群落とまでは言えないものの、
所々、まとまって咲いている場所が
あり、
前日くらいまではまだ蕾だったようで、
まだ濃い色の、咲き始めた、ムラサキヤシオが見られました。

そんなムラサキヤシオの写真ばかりを、どうぞご覧ください。
赤も白も紫も、どの色もヤシオツツジはいいですね。


尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ













尾瀬のムラサキヤシオ




2017年06月21日

久しぶりにミズバショウ咲く尾瀬へ

塩原温泉、今朝は雨。しとしと雨になっています。
雨は今日の夕方まで。
明日はまた晴れマークが並んでいます。


さて、先週、尾瀬に行ってきました。
本当に久しぶりです。
前のブログを検索してみたら、2012年の秋以来
実に7年ぶりでした。

目的がありました。
ムラサキヤシオを見に行くこと


ヤシオツツジにアカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオとあり、
毎年アカヤシオとシロヤシオ(ゴヨウツツジ)は、
あちこちに「追っかけ」のように見に行くのに、
ムラサキヤシオは、塩原ではあまり見かけません。

那須連山では見られるのですが、
尾瀬にもありますよと、
元尾瀬の山小屋で働いていた
塩原ネイチャープログラムZACKの、
ニッシーこと西口さんに教えられ、

ガイドをお願いして行ってきました。

直前情報では、
「ムラサキヤシオはまだ咲いていないかも」
「ミズバショウはもう遅いかも」
とのことでしたが、
実際に訪れてみると、
「ムラサキヤシオがちょうど咲き始めました」
「ミズバショウ、今年は雪どけが遅くまだまだ大丈夫」
でした。

尾瀬のミズバショウを見るのは10年ぶり
最近、県内の山や湿原ばかりでしたので、
尾瀬から、かなり遠ざかっていたなあと、ちょっと反省。

尾瀬桧枝岐村の御池口までは、塩原から車で1時間半かかりません。
よく考えてみたら、奥日光戦場ヶ原よりも近いんですよね。

御池口からシャトルバスで沼山峠に行き、
そこから大江湿原を通って、尾瀬沼辺りまでというのが、
塩原からだと普通の日帰りコースですが、
今回は、御池口から歩き始める「裏燧」ルート
ニッシーが働いていた「温泉小屋」、そして尾瀬が原を目指します。

一般的な尾瀬のイメージである「湿原」は大体2割
後の8割は樹林帯をひたすら歩く、
往復15キロ、8時間という、少々ハードなコースでした。
それほど高低差はありませんが、
途中、沢を何度か下って登って
まだ雪がかなり残っていて、雪の上を歩く箇所も多く
時折、獣のにおいを感じたりする、スリリングさも。
ちょっと裏那須の登山道にも似ているかな。

でも、結論から言うと、
「やっぱり尾瀬はいいなあ〜」
ここにしかない、空気感と花風景に、打ちのめされそうです。

今日から多分3日に渡ってブログで。
今日は「2割」の湿原に咲くミズバショウを
雪どけしたばかりの湿原には、
あちこちに自然発生的な小川や小さな池が。
そんな場所にまだ小さくて、可愛らしいミズバショウがいっぱいです。

尾瀬は広いから、こちらの裏燧や、標高が高い場所では、
まだまだ「嫌と言うほど」ミズバショウが楽しめるようですよ。

尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ













尾瀬のミズバショウ





2017年06月20日

プレDCクロージングイベント〜那須塩原駅に東武スペーシアがやって来る!

塩原温泉、今朝は快晴。
山日和ですね。
山に行きたい気持ちをぐっと押さえて・・・
というか、今日は宇都宮で会議です。
いい天気なんだけどなあ・・・


さて、ご存知のとおり?この4〜6月は、
JRのプレDC(デスティネーションキャンペーン)。
栃木県がクローズアップされることも多く、
県内各地で、様々なイベントやおもてなしが行われました。
色々なイベント列車も走りました。

そのプレDCも、
そろそろ終わろうとしています
その最後の大きなイベントとして、
何と、
JRの路線を、東武の特急スペーシアが走ります

かつては考えられないことですよね。
でも、現在、東武特急スペーシアは、
JR新宿駅や池袋駅から発車して、鬼怒川方面へと。

今回、
6月24日の土曜日、那須塩原駅までやってくることになりました。

それに伴いまして、
那須塩原駅において、
プレDCのクロージングイベント
「おもてなしフェスタ」が開催
されます。

10時から16時まで、色々な催しや、駅前マルシェなどなど。
県内ゆるキャラも集合するみたいですよ。

どうぞお出かけ下さい。


プレDCクロージングイベント
























プレDCクロージングイベント




2017年06月19日

塩原大沼の住人?カルガモの美しいシンクロ

塩原温泉、けさはくもり。
風もあり過ごしやすく爽やかです。

昨日の続きです。
塩原大沼で、
また今回も素晴らしい風景に出会えました
沼の水鏡に、緑と、カモ
多分、
カルガモだと思います。

このところ、大沼に行くと、いつもいるカモ。
いつも2羽。

沼の水から出た岩の上に仲良く並び、
羽づくろいをしているのですが、
その
シンクロぶりが完璧過ぎて、笑えるほど。

しかも、バックの水鏡に写り込んだ緑がすばらしく美しくて。
しばし、言葉もなく、見入ってしまいました。
二羽のシンクロナイズド羽づくろい
どうぞご覧ください!


毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい













カモの毛づくろい












2017年06月18日

塩原大沼ではモリアオガエルの産卵の季節

塩原温泉、今朝はくもり。
少し肌寒くなっています。
今週はくもりがちの天気の日が多そうです。


四季の移ろいを感じたくて、
定期的に足を運んでいる、塩原大沼

先日訪れてみたら、モリアオガエルの産卵が始まっていました。
沼の手前でも鳴き声がよく聞こえています。
モリアオガエルの産卵が始まると、
塩原も春から初夏にという感じがします。

トンボも飛び始めています
この日は、シオヤトンボコサナエ(だと思う)を確認できました。
生まれて初めてドジョウが泳いでいるのを見ましたし、
ガサガサという音は小動物。
ノウサギか、テンか何かでしょうか。
じっと目をこらしてみましたが、確認はできず。

花では、カマツカが満開、
カンボクが咲き始め
バイケイソウはもう少しというところでした。
バイケイソウが咲く頃、また見に行きたいと思います。

DSCN3339














モリアオガエルの卵塊モリアオガエルの卵塊













モリアオガエルの卵塊













シオヤトンボシオヤトンボ(♂)













コサナエコサナエ(だと思う)













ホオジロホオジロ













ホオジロ













ドジョウドジョウ(シマドジョウ?)













ミヤマツノカメムシミヤマツノカメムシ













シロシタホタルガシロシタホタルガの幼虫













カマツカカマツカ













カンボクカンボク














カンボク



2017年06月17日

明日ヨガとクリスタルボウルでリフレッシュしませんか?

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は素敵なイベントの紹介を。


明日の日曜日、6月18日、
友人達が、塩原グリーンビレッジにおいて、
アーシングヨガとクリスタルボウル、そして温泉を組み合わせた
ヒーリング&リフレッシュなイベントを開きます


10:00〜11:00 ヨガレッスン
11:30〜12:30 ダッチオーブン旬菜ランチ
12:30〜13:30 温泉ソムリエによる温泉の話
終了後、グリーンビレッジ福の湯の無料入浴券と
手形を使っての湯めぐりを各自で


このようなスケジュールとなっています。

ヨガは市内で「T's Yoga」の荻原とみえさん
クリスタルボウルの演奏は「癒庵ーnanahaー」の三品七葉さんです。

このイベントを開催するにあたり、
私も一度体験をさせてもらいましたが、
とにかく心地よい音色のクリスタルボウルの響きの中で
ゆったりと行うヨガが、とても気持ち良かったです。

それ以来、毎晩お風呂の中で、
腕を背中に回すヨガのポーズをしておりますと、
少しずつ、身体が柔らかくなってきているようです。

ヨガとクリスタルボウル、
そして、ヨガと温泉・・・最強の組み合わせかも


塩原グリーンビレッジは、彩つむぎから車で5分くらい。
バスでも行ける場所です。
チェックアウトの後の時間を
自分の身体と心のリフレッシュに使うのはいかがでしょうか?
参加費は4000円となります。
予約は本日17日の16時まで受け付けているそうです。

申込み、お問い合わせは
T's Yoga(☎090-3315-0141)まで





2017年06月16日

オキナグサの種差し上げます

塩原温泉、今朝は晴れ。
気持ちのいい青空が広がっています。


彩つむぎの庭には100種類以上の花が咲きますが、
春、庭のあちこちに咲いていたオキナグサは、
少し経つと
フワフワの種になります

元々は数株植えただけでしたが、
毎年種が庭じゅうに飛ぶらしく、
色々な場所で、芽を出し、花をつけました。

オキナグサは、元から自生している野生種は、
年々自生域が失われているらしく、
地域によってはレッドデータリストに入っています。

でも彩つむぎでは、土との相性がよっぽど良いようです。

今年も、
種、沢山採れましたので、欲しい方に差し上げます
郵送もしますので、ご希望の方はコメント欄にコメント下さい。

オキナグサは漢字で書くと「翁草」
フワフワの種を、翁の髯に例えての花名です。
フワフワが気持ちいいですよ。


オキナグサ













オキナグサ













オキナグサ













オキナグサ













IMG_2784






2017年06月15日

上三依水生植物園では現在約60種類ほどの花が

塩原温泉、今朝はくもり。
今日は栃木県民の日です。


昨日の続きです。

ヒマラヤの青いケシが見頃を迎えている上三依水生植物園
他にも沢山の花が咲いています。

クリンソウ、アヤメ、ショウブ、コウホネ、
フウロソウ、ルピナス、サクラソウ、
コマクサ、ハナケマンソウ、レブンソウ、レブンヒナゲシ、
チシマタンポポ、チシマウスユキソウ、イワベンケイ、
オダマキソウ、シラン、キスゲ、
シライトソウ、フウロソウ、ジャーマンアイリス、
イワベンケイ、イブキジャコウソウ・・・・・・


現在ざっと約60種類ほど
それもそのはず、春から晩秋まで、
こちらで育てているのは約300種類もあるのだそうです。
次から次へと咲いて行くので、
いつ行っても、見事です。

塩原から本当に近いです。
上三依がちょうど塩原から会津方面へ、
塩原から川治、湯西川、鬼怒川、日光方面へ、
それぞれの分岐点になります。

会津や日光に行く途中で立ち寄るのも良いですね。

上三依水生植物園クリンソウ













上三依水生植物園ミズバショウ、キバナショウブ、クリンソウ













上三依水生植物園ショウブ、カキツバタ(だと思います)













上三依水生植物園ショウブ













上三依水生植物園コウホネ













上三依水生植物園ルピナス













上三依水生植物園ハナケマンソウ













上三依水生植物園シライトソウ













上三依水生植物園ヒメサユリ













上三依水生植物園イワベンケイ













上三依水生植物園チシマタンポポ













上三依水生植物園コマクサ













上三依水生植物園シロバナコマクサ













上三依水生植物園レブンソウ













上三依水生植物園レブンヒナゲシ













上三依水生植物園ジャーマンアイリス













上三依水生植物園ヒオウギアヤメ













上三依水生植物園]フウロソウ