2017年11月

2017年11月30日

薄氷張る冬の始まりの大沼

塩原温泉、今朝はくもり。
季節外れの暖かい日となった昨日と比べると、
かなりの温度差になりそうです。
夕方少し雨マーク。
そして、明日から週末にかけてはまずまずの天気予報です。

今日で11月も終わり。

秋から冬へ
先日、久しぶりに大沼に寄ってみたら、
木道周辺にはうっすらと雪がつもり、
その先の沼は半分以上、
薄氷が張っていて、びっくりしました。

温泉街はまだまだ秋のつもりでも、
標高が高い大沼は、すでに冬の装いでした。

薄氷が張った沼の表面に、
空の青い色が反射して、一面青い大沼

水鏡には雲が美しく写り込み・・・
いつ来ても、一期一会のすばらしい風景が広がります。

また季節が進むと、ここは一面の雪に覆われます。
もちろん沼は完全凍結。
スノーシューが楽しめる季節ももうすぐです。



初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼













初冬の大沼




2017年11月29日

八方道路はこんな道

塩原温泉、今朝も晴れ。
明日からはちょっと下り坂なので、貴重な一日になりそうです。

さて、今日は、八方道路について
少し詳しく書いて行きたいと思います。
12月1日から冬期通行規制されてしまう道
私にとっての走り納め。

前にお伝えしたことがありますが、
「峠プロジェクト」の道は栃木県では4カ所
その内の3ヶ所が塩原の道です。
日塩もみじライン、
塩那スカイライン、
そして八方道路


いずれも峠越えで景色がよく、カーブの連続
特に、八方道路は変化に富んでいて、
車好きな方には人気の道路のようで、
よくスポーツカータイプの車に会います
道路についたタイヤ痕を見ると、
中には危険走行している輩もいるようですし、
途中、すれ違いが大変な狭い区間もありますので、
対向車にはくれぐれも注意です。

ちょっと走ってみれば、
カーブミラーがかなり多いことに気づきます
カーブミラーに移る先の道路も
さらにくねくねと曲がっていたり。
運転好きな方にはたまらないのだと思います。
(私も決して嫌いではありませんけど・・・)

昨日お伝えしたように、湧き水が二カ所
塩原渓谷遊歩道雄飛の滝線、スッカン沢、桜沢、
雄飛の滝、仁三郎の滝、素連の滝、咆哮霹靂の滝、
そして、最近とみに知名度が上がってしまった、おしらじの滝・・・

いずれもこの道から。
いかに変化と魅力に富んだ道か
お分かりになるのではないでしょうか。


さて、どんな道?
写真をつなぎながら。

冬期閉鎖される八方道路こちらが塩原側のゲート。
ここから先が通行止めに。
ゲートの手前には甘湯養蜂場。









冬期閉鎖される八方道路しばらく杉林の細い道。












冬期閉鎖される八方道路カーブが続きます。












冬期閉鎖される八方道路しかも連続カーブ。
運転の練習にはいいかも?











冬期閉鎖される八方道路カーブミラーがいっぱい。
一体いくつあることやら。











冬期閉鎖される八方道路10分ほど走ると、
大沼やヨシ沼、
日塩もみじラインへと行く分かれ道が。
この少し手前に最初の湧き水。








冬期閉鎖される八方道路分かれ道のゲート。












DSCN8130日塩もみじラインへの道。












冬期閉鎖される八方道路ゲートを過ぎると、
道幅が広くなりますが、
やっぱりカーブが。









冬期閉鎖される八方道路雄飛トンネル。
この少し先に、雄飛の滝駐車場。











冬期閉鎖される八方道路雄飛の滝駐車場すぐ手前。
上流がスッカン沢。











冬期閉鎖される八方道路渓谷遊歩道の入口もここから。












冬期閉鎖される八方道路その少し先に2つ目の湧き水。
長寿の滝。











冬期閉鎖される八方道路さらに進むと立体交差?
スポーツカータイプの車が
爆音を轟かせてやって来ました。










冬期閉鎖される八方道路立体交差?の上から。
ヘアピンカーブがトリプル。











冬期閉鎖される八方道路眺めも最高。












冬期閉鎖される八方道路少し行くと右手にタイヤ着脱看板。












冬期閉鎖される八方道路サークルのタイヤ痕。












冬期閉鎖される八方道路先の左手にも車を停める場所。
ここがおしらじの滝入口です。











冬期閉鎖される八方道路少し先にあるゲート。
山の駅たかはらすぐ手前。











冬期閉鎖される八方道路右折して大間々駐車場へ。
今年も登山で何度も足を運びました。
塩原から那須に向けての山並みが。










冬期閉鎖される八方道路帰り道の眺め。
自転車で登って来る人も多いです。




























2017年11月28日

八方道路で湧き水汲みはいかがですか

塩原温泉、今朝は晴れ。
明日までお天気はまずまずの予報です。

さて、矢板にりんごを買いに行く時、
わざわざ、八方道路を通って行きました。
塩原から山越えをして矢板に抜ける道です。
小太郎ヶ淵もまた、この道の途中にあります。

何故、わざわざ山越えをしていったかというと、
12月1日から4月1日までの約3か月間、
冬期通行止めに
なってしまうからです。

日頃から何度となく行く、好きな道。
見納め、走り納めです。

峠プロジェクトの道でもあり、
どんな道なのかは、また明日詳しくお伝えしようと思いますが、
今日は、取り急ぎ、この八方道路にある
二カ所の湧き水について紹介します。

一カ所は塩原寄りの名もない湧き水
そして、もう一カ所は、雄飛の滝駐車場のすぐ先にある長寿の滝水

どちらも大変おいしい水です。
長寿の滝水には、ちょうど水汲みをしている方達がいました。
ワゴン車いっぱいに2Lのペットボトルが。
千葉県から、わざわざ水を汲みに来ているとのことでした。
12月に道路が閉鎖されると、しばらく来られないので、
その前に、千葉県から、汲めるだけ汲みに来たそうです。

そうなのです。
この水を汲みに来られるのは、今日を含めてあと3日のみ
ということで、急ぎ、紹介いたしました。

もしお時間があれば、ぜひ水汲みを。

湧き水塩原に近い場所の湧き水。













湧き水楽に水汲みできるようになっています。
道路は狭い場所なので、
通行車両に気を付けて下さい。










長寿の水を汲みに雄飛の滝駐車場すぐ先の湧き水。













長寿の滝の水を汲みに長寿の滝と名付けられています。
この水を飲むと長生きできそう。












長寿の滝の水を汲みにすごい勢いで水が流れています。
水汲み用の水は地中から。








2017年11月27日

まだまだ買えます!矢板のりんご

塩原温泉、今朝は晴れ。
快晴です。
風もなく穏やかな小春日和の朝。
毎日こんな朝なら良いのにと思わずにいられません。


さて、昨日、お隣矢板市にりんごを買いに行ってきました。
矢板の長井地区はりんご園が沢山あります
矢板市のHPによると現在18ほど。

みんなで楽しめるりんご狩りは、
10月初めから11月末まで楽しめるようです。
そして、りんご狩りのシーズンが終わっても、
購入、販売は、まだしばらく対応しています。

矢板のりんごは<蜜>が多いことで知られています
樹上で完熟させた甘いりんごです。

塩原からは車で40分弱
鬼怒川、日光、宇都宮方面に行く途中でもあります。
お帰りにちょっと寄ってみませんか?
真っ赤なりんごを見るだけでも楽しいですよ。
一足早いクリスマス気分にもなりそうです。

最後の写真はりんご農家にあった、
棗(なつめ)の木
初めて見ました。
熟すとりんごのような味がします。
シワシワになってしまったのを少し譲って頂いたのですが、
来年はもっと早く行かなくちゃ。


矢板のりんご













矢板のりんご













矢板のりんご













矢板のりんご













矢板のりんご













矢板のりんご





2017年11月26日

小太郎ヶ淵の草団子と行き方について

塩原温泉、今朝は晴れ。
寒いけれど気持ちのいい朝です。


さて、まだ名残りのもみじが楽しめる小太郎ヶ淵ですが、
よく聞かれる行き方のご案内と、メニューについて

小太郎ヶ淵は、姉妹館明賀屋本館に行く途中、
矢板市に抜ける、塩原矢板線
通称「八方道路」につながる道から行きます。

明賀屋本館の少し手前、
おかね石と呼ばれる石碑の所で、右手へ
くねくねと1回、2回、3回目のカーブで登り切ると看板が

その看板がある場所から道を外れ、
右手の細い道を一気に下ります
この道が途中から舗装されておらず、
かなりの悪路なので、要注意

スピードをぐんと落として、
エンジンブレーキを使いながら進みます。

下がりきると少し平に。
まだ舗装されていない道が続きます。
ちょっと開けた場所が小太郎ヶ淵

道沿いに車を停めて川のほうへ。
足元が悪く、段差もあるので、
足の歩い方、車椅子の方は、その先はちょっと難しいと思います

川の、ちょっと滝のようにも見える淵を渡って、
お茶屋さんの建物で、オーダーです。

名物の草団子だけでなく、メニューは充実
おでんやうどん、お汁粉や甘酒、コーヒー、ビールまであります。
セットで頼むと少しお得になるようです。

お団子は柔らかくて、本当においしいですよ。
持ち帰り用のパックもあります。

冬期、1〜2月はお休みになります。

帰りは元来た未舗装の道に戻らず、
進行方向そのままに
進むと、
甘湯という小さな集落があり、
その先、再び八方道路に出て、
進行方向そのままに進めば塩原温泉街戻ります。

逆側に進むと雄飛の滝、おしらじの滝、八方ヶ原方面に行き着きますが、
12月〜3月の冬期期間は通行止めとなりますのでご注意ください。

小太郎ヶ淵塩の湯の手前を右に入り、
坂道を登り切った場所に看板。











小太郎ヶ淵看板の所から、一気に下り。
未舗装の道を進みます。
スピードを落とし、
エンジンブレーキで。









DSCN7971下りきると少し開けた場所に出ます。













小太郎ヶ淵道から沢へ入ると小太郎ヶ淵。













小太郎ヶ淵淵の上に茶屋の建物が。













小太郎ヶ淵昔ながらの建物です。













小太郎ヶ淵意外と充実のメニュー。













小太郎ヶ淵夏はところてん、
寒い時にはおでんもおすすめ。











小太郎ヶ淵こんな場所でいただく草団子は
柔らかくて、餡ときな粉の味も絶妙。











小太郎ヶ淵帰りは舗装の道をぐるりと回ると
元の道に戻ります。







2017年11月25日

小太郎ヶ淵に名残りのもみじ

塩原温泉、今朝はくもり。
少し青空も見えていますし、予報でも晴れ。
この週末はお天気まずまずのようです。

11月最後の週末。
秋の名残りを求めてみませんか?

もうほとんど見られなくなってしまった紅葉。
まだ名残りのもみじが見られる場所がありました。

小太郎ヶ淵
草団子で有名な観光スポットですね。

こちらは山あいの風が当たらない場所なので、
もみじが最後まで残っています。
他の木々の葉がすっかりと落ちた中、
もみじの葉だけが残るので、とても目を引きます。

晩秋の優しい、でもからっとした日ざしに、
もみじの葉も、水の流れもキラキラと輝いて
とてもきれいでした。


小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵













小太郎ヶ淵




2017年11月24日

亀屋本舗さんの温泉饅頭と塩原焼

塩原温泉、今朝は晴れ。
風もなく穏やかな朝です。
いつもこんな朝だといいなあ。


さて、昨日めいぷるくっきーをご紹介した亀屋本舗さん
温泉饅頭と塩原焼をお部屋でのお茶請けに使っています。

温泉饅頭はふんわりと柔らかい生地の中に、
ちょうど良い甘さのこしあん。
この柔らかさは、毎朝できたてを持ってきて下さるから。
脱酸素剤が入っているような、箱入り饅頭とは、
ひと味もふた味も違います
写真を撮るために半分にカットしたら、
生地があまりに柔らかくて、
上手に切れませんでした・・・

そして、
地元の人にも意外と知られていない塩原焼
まん丸の人形焼ですが、
やっぱり中のこしあんがとっても美味しいのです。

今まで気が付かないで食べてましたが、
よく見ると、型押しされているのはトテ馬車!
塩原らしい、塩原ならではのお菓子ではないでしょうか。

お部屋のお茶請けだけでなく、
お土産としてもご用意ができます。
お土産の場合も、できたてを届けて下さいますので、
夜のうちに、もしくはご朝食の時にでも、
お申し付けいただければと思います。


お茶請け













温泉饅頭













DSCN7956







2017年11月23日

亀屋さんのもみじクッキーがリニューアル

塩原温泉、今朝は雨。
昨日の夕方から降っています。
勤労感謝の日は晴れの得意日なのだそうですが、
残念ながらの雨です。
雪にならなかったので、まだ暖かいのですね。
午後には上がって晴れてくる予報になっています。


さて、もみじを目で見て、舌で味わう・・・
もう一つ、おいしいものをご紹介。

彩つむぎで温泉饅頭をお願いしている、
亀屋本舗さんのめいぷるくっきー

前からあった「もみじクッキー」がリニューアルしました。
前は胡麻などが入ったサクサクしたものでしたが、
メイプルシロップをふんだんに使って、サクカリっと

形もころんと丸くなり、パッケージもかわいくなりました。
お土産に、自信をもってオススメいたします!


めいぷるクッキー





2017年11月22日

紅葉を舌で味わう・・・もみじ茶ともゆるはサイダー

塩原温泉、今朝は晴れ。
夜からよく晴れていて、
宝石箱をひっくり返したように
沢山の星がきらめいていました。
今日はお天気が良いのは日中まで。
夜は雨マークが出ています。


さて、今年もあちこちの紅葉を紹介してきました。
まだ温泉街の何本かのもみじと
旧道のもみじが楽しめますが、
ブログでのリポートは、
そろそろ終わりです。

でもまだまだ紹介したい紅葉があるのです。
舌で味わうもみじ・・・

先頃、もみじで作ったお茶があることを知りました。
販売しているのは日本でただ一カ所。
岐阜県にある、その名も、もみじかえで研究所。

早速お取り寄せ。

2種類のもみじ茶が届きました。
もみじ茶(紅)ともみじ茶(ロースト)

もみじ茶(紅)は美しい赤い色。
ほんのりとした甘みと酸味で、

ローズヒップティーを思わせます。
レモンを加えると、さらに赤い色がさらに鮮やかに。

そしてもみじ茶(ロースト)はオレンジ色。
日本茶を作るのと全く同じ製法で作られているためか、
香ばしさと深みを感じる
日本茶に近い味わい。
こちらにもレモンを加えてみたら、
さっぱりとしたレモンティーに。

どちらもとっても美味なのです。
これが本当にもみじの葉から作られているとは、
にわかに信じられないようなおいしさ


一緒にもみじパウダーサイダーも頼んでみました。
もみじパウダーの色にまたびっくり。
一番美しく紅葉した真っ赤なもみじの色。
全くの自然由来の色だそうです。
もみじの葉から抽出したエキスを作り乾燥。
紅色のもみじ茶を凝縮したような味ですが、
最後に苦味があります。

サイダーはエキスから作られています。
一本に約60枚分の葉が使われているそうです。

やはり紅色のお茶を感じさせる味。

どれも衝撃的でした。

もみじ茶(ロースト)とサイダーは
売店で
取り扱うことにしました。
よく売れています。

もみじ茶(紅)は業務用パックしかありませんので、
こちらはデザートに
これまた、すばらしく美しいゼリーができました。
商品名をとって「もゆるはゼリー」と名付けました。

パウダーはドレッシングか何かに使う予定です。

いずれも、もみじアントシアニンを多く含有し、
もみじ茶には、さらに、ポリフェノール、ルティン、βカロチンなども
健康や美容にも、良いですね。
とにかく、一度手に取って、味わっていただきたいです。

もみじ茶もゆるはサイダーともみじ茶(ロースト)













もみじ茶もみじ茶(紅)
すばらしく美しい色のお茶に












もみじ茶左がロースト、右が紅













もみじ茶レモンを加えると
さらに鮮やかな色に












もゆるはゼリーもみじ茶(紅)で作ったゼリー














もみじ茶

















2017年11月21日

ハンターマウンテンもプレオープン!

塩原温泉、今朝は晴れ。
時折白いものがちらちらと舞っています。


昨日、奈良美智さんのギャラリー
<N’s YARD>のプレオープンについて書きましたが、
昨日、もう一つプレオープンのニュースが入ってきました。

何とハンターマウンテン塩原が、
予定より9日も早くプレオープンすることが決定しました!

今年は紅葉も早めだったので、冬の訪れも早いようです
一昨日、温泉街でも雪が舞い、
慌てて車のタイヤをはき替えてきました。
11月、しかも中旬から冬タイヤです。

でも、プレオープンの理由はそれだけではなさそうです。

今年、ハンターマウンテンでは、
最新の人工降雪機を導入したそうです。
しかも22台も!

この人工降雪機を早くからフル稼働。

実は10月に紅葉ゴンドラに乗った時、
この人工降雪機の試運転に遭遇しました。
遠くからも、すごい勢いで人工雪が舞っているのが見えました。
最初の2枚の写真が、その時の様子です。
(あとの3枚はお借りしました)


どちらかといえば雪が足りなくて、
オープンが遅れる年のほうが多かったように記憶していますが、
本当に良かったですね。
あさって、11月23日からスキー&スノボが楽しめます
今年も沢山の方のご利用、
そして塩原温泉への宿泊をお待ちしております!


ハンターマウンテン人工降雪機













ハンターマウンテン人工降雪機













ハンターマウンテン













ハンターマウンテン人工降雪機























ハンターマウンテン人工降雪機














ayatsumugi at 08:51|この記事のURLComments(0)

2017年11月20日

奈良美智さんのギャラリー<N’s YARD>プレオープン!

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日も寒いです。


今日は新しいギャラリーオープンのお知らせ。
先日、11月9日、

ずっと楽しみに待っていた日がやってきました

市内、道の駅明治の森・黒磯のすぐ裏手に、
現代アートを代表するアーティスト、
奈良美智さんのギャラリー<N’s YARD>がプレオープンしました。

目力のある何か言いたげな女の子の絵で有名な
奈良美智さんの絵は早くから知ってはいましたけれど、
村上隆さんの絵と同じように、
食わず嫌い的なところがありました。

ところが、15年ほど前に、生の大きな作品を目にする機会があり、
色の重なりの美しさと、本物の作品の持つ力に感動
それ以来、とても気になるアーティストの一人となりました。

その奈良さんが、実は那須塩原市に住んでいると知ったのは6年前
そして、市内に自分の美術館を作るようだと知り、
それ以来、ず〜っと、この日を心待ちにしてきました。
建築工事が始まってからは何度か現地に足を運び、
工事をしている方に話しかけたり。

来春オープンくらいかなと予想してきましたが、
正式オープンの前のプレオープン。
11月9日から12月18日まで、
火曜水曜を除いて、一般の方、どなたでも入れます


広くて気持ちいい空間の中で、
何かを問いかけてくるような
女の子達の目線を、全身に受けることができます。
やっぱり、色がきれいなんですよね。

そして、ご本人の作品だけでなく、
コレクションのレコードジャケットや、
お気に入りの若手アーティスト達の作品も。
カフェもおすすめです。

館内は一切撮影不可なので、
チケットと、購入してきたグッズの写真を。
チケット、色が何色かあるようで、
地元のファンの間で話題になっています。

彩つむぎからは車で約30分。
お隣の道の駅明治の森・黒磯には、
やはり明治の元勲青木周蔵別邸があったり、
ジェラートやパンなどが人気
あわせて、お立ち寄りください。


N's YARDオープン!













N's YARDオープン!













N's YARDオープン!













N's YARDオープン!





2017年11月19日

レトロなバスが紅葉に映えて

塩原温泉、今朝は白いものがちらちらと舞っています。
温泉街での初雪です。
報では今日の夜に雪になるかもということでしたが・・・。
まあ積もるほどではないと思いますけれど。
今年は紅葉も早めに始まりました。
その流れで、冬の訪れも早いようです。


さて、ブログでお知らせしているように、
塩原温泉街のの紅葉は、
あともみじを残すばかり


現在は塩原街道旧道区間(大正浪漫街道)がピークです。
一昨日、紅葉狩りを楽しんでいたら、
JRの路線バスがやってきました。

何と、旧国鉄時代に使われていた復刻バスです。
JRバスはトンネルではなく、こちらの旧道を通ります。
旧道区間にもバス停がありますので、
途中下車して、ゆっくり(一時間ほど)
紅葉の中でお弁当を食べるのもいいでしょう。

まだ、こんなにきれいです。

復刻バス、9〜11月だけの限定だそうです。
そして、この旧道を通れるのも今月いっぱい。
こんな景色、楽しめるのもあと少しです。
塩原温泉に上がってくる時には、トンネル手前を旧道にお入りください。


JRバス













JRバス













旧道2017.11.17













旧道2017.11.17













旧道2017.11.17













旧道2017.11.17













旧道2017.11.17




2017年11月18日

大仏次郎と501匹のねこ展

塩原温泉、今朝はくもり。
寒い朝になっています。
どちらかといえば冬のような朝。
この週末、晴れ間もあるようですが、気温は低め。
日本海側では雪予報のようです。
塩原温泉には冬の装いでお越しください。


先日、なるべく足を運ぶようにしている
那珂川町馬頭広重美術館の企画展を見てきました。

広重美術館では来週末、26日まで、
『大仏次郎と501匹のねこ』展をやっています。

大仏次郎といえば、『鞍馬天狗』『パリ燃ゆ』
『赤穂浪士』などの作品を残した作家ですが、
私の中では、実家のある鎌倉市に住んでいて、
横浜に大仏次郎記念館がある作家という印象。

大仏次郎記念館にもかなり若い頃に行ったものの、
建物や庭がきれいだったくらいの記憶しかなく、
まったくお恥ずかしい限りですが、
大の猫好きな方だったのですね。

常時、家には10匹以上の猫がいたようで、
そんな猫たちとの微笑ましい写真や、
収集した、猫に関するもの、
置物や人形や絵や浮世絵など

多彩に富んだ様々なものが展示してあり、
とても楽しい企画展です。

中には映画『鞍馬天狗』のポスターなどもありました。
ご年配の方には懐かしいのではないかと思います。

猫関係の企画は大変人気があるそうで、
今まで同美術館を訪れた中でも、
最も館内に人がいたような気がします。

作品などは撮影禁止。
ミュージアムショップの猫グッズの充実ぶりなどを写真で。
図録ではないのですけれど、
『大仏次郎と猫〜500匹と暮らした文豪』の本を購入してきました。
展示作品がほとんど、この本に載っています。

建物自体も、隈健吾さんの設計で、
那須芦野石、烏山和紙などを使って、美しい建物です。
建物も芸術作品として楽しんで下さい。


那珂川町馬頭広重美術館
那珂川町馬頭116-9
電話0287-92-1199

http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/

大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展













大仏次郎と501匹の猫展




2017年11月17日

明日<なすしおばらファンのつどい>が開催されます!

塩原温泉、今朝は晴れ。
よく晴れています。
風もなく穏やかな朝です。

さて、また週末が来ます。

明日11/18(土)14時より、
黒磯文化会館において、
初めての試み『なすしおばらファンのつどい』が開催されます。

このほど、那須塩原市まちづくり大使7名が任命されました。
当市出身のU字工事の福田薫さん
マラソンランナーの渋井陽子さん
テレビ朝日『イチから住』で期間限定移住した、俳優の川岡大次郎さん
FM栃木レディオベリーの『チャレンジing那須塩原』の岡田眞善さん
などなど、7名の著名人。

その委嘱式や、
すでに、市内各団体などのメンバーで準備を進めてきた
なすしおばらファンクラブの設立式
まちづくりフォーラム「我がまち自慢」などが、
当日の内容となっています。

入場無料です。
同時にファンクラブのメンバーも募集中です。
どうぞお気軽にご参加下さい。


なすしおばらファンの集い



2017年11月16日

土平園地遊歩道

塩原温泉、青空が見えています。
空気は凛として冷たく、冬が近いことを思わせます。

さて、今日は少し前の撮影(10月末)になってしまいますが、
もうすぐ通行止めがかかり、
行けなくなってしまう土平園地を。


紅葉名所、眺望名所の塩那スカイライン
大抵の方は展望台みたいになっている場所でUターンして戻ります。
そのまま進むと、ほどなく通行止めになっているポイントへ

車が何台か停めることができるスペースがあります。
右手に行くと弥太郎山への登山道
左手には土平園地遊歩道への入口が

久しぶりに土平園地遊歩道を歩いてみました。
総延長1978mだそうです。

二つの鉄塔が目印
最初の鉄塔まで少し登り。
その後はほとんどアップダウンがなく、
カラマツの落葉が積もって柔らかい地面が歩きやすいです。

二つ目の鉄塔まで行って戻るのですが、
途中「シロヤシオコース」と、「ナツツバキコース」という
二つの迂回路に入れるので、
帰りは迂回路をぐるりと回ってくるのが、私の定番のコースです。
1時間弱で戻ってこられます。

春のカタクリから始まり、
アカヤシオ、シロヤシオ、ナツツバキ・・・
意外な花名所でもあり、野鳥も多い場所
この季節は落葉樹の紅葉が美しいです。

今年は紅葉が今一つかなあという印象でした。
赤い色がほとんどありませんでした。
少し前の台風の影響か、
カラマツの枝があちこちに落ちていたり、
倒れて裂けたばかりの大木があったり。

とても素敵な遊歩道なのに、
いつも、ほとんど歩いている人に会いません。
会うのは知り合いの山好きな方くらい。
なので、熊よけ鈴は必携です!
この遊歩道を歩けるのも今月末まで。
今はすっかり葉が落ちてしまっているかと思いますので、
会津や板室の山もよく見えると思います。



土平園地遊歩道2017.10.26塩那スカイラインの最終地点。












土平園地遊歩道2017.10.26弥太郎山への登山口は
美しいカラマツ林。











土平園地遊歩道2017.10.26青い空に映えるカラマツの黄葉。












土平園地遊歩道2017.10.26土平園地遊歩道への入口。












土平園地遊歩道2017.10.26シロヤシオコース、
ナツツバキコース、
二つの迂回路があるのがわかります。
初めての時はこの看板を
写真に撮っておくといいと思います。







土平園地遊歩道2017.10.26最初だけ登り。












土平園地遊歩道2017.10.26一つ目の鉄塔。












土平園地遊歩道2017.10.26その後はなだらかな道が続きます。












土平園地遊歩道2017.10.26カラマツの枝があちこちに。












土平園地遊歩道2017.10.26春はカタクリの道。
秋は紅葉が美しいです。











土平園地遊歩道2017.10.26













土平園地遊歩道2017.10.26もう少し赤くなるのかな。













土平園地遊歩道2017.10.26二つ目の鉄塔。
この先、東電の作業路が続きますが、
一般の方向けの遊歩道はここまで。
間違ってそのまま進まないように。








土平園地遊歩道2017.10.26鉄塔の真下に入れるのも楽しいですね。












土平園地遊歩道2017.10.26帰りに歩く迂回路
シロヤシオコース。











土平園地遊歩道2017.10.26シロヤシオの木があちこちに。












土平園地遊歩道2017.10.26













土平園地遊歩道2017.10.26もう少し赤が欲しい今年の紅葉。
時期的なものかもしれませんが。











土平園地遊歩道2017.10.26こんな倒木もあちこちに。












土平園地遊歩道2017.10.26ナツツバキコース。












土平園地遊歩道2017.10.26













土平園地遊歩道2017.10.26ナツツバキは樹皮の模様で
すぐにわかります。











土平園地遊歩道2017.10.26












土平園地遊歩道2017.10.26先日の台風で折れたばかりのようです。













土平園地遊歩道2017.10.26














2017年11月15日

塩原街道旧道(大正浪漫街道)の紅葉ピークに

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は風もなく穏やかな朝です。


温泉街から紅葉のピークは下流へ、里へ
塩原渓谷沿いの国道400号線、通称塩原街道、
トンネル区間の旧道(大正浪漫街道)の紅葉もピークに

遅い年だと12月くらいまで紅葉が楽しめる場所ですが、
今年は少し早めに推移しているように感じます。

昨日は雨。
紅葉は雨の日のほうが断然色がきれい
心に染み入る美しさでした。

トンネルを通ってしまうと、この美しさを見ることができません
見ていると、ほとんどの車がトンネルを通っています。
もったいないなあといつも思います。

下から上がってくる場合、

もみじ谷大吊橋を過ぎ、回顧の吊橋駐車場のすぐ先、
トンネル手前を左に回って下さい。

塩原温泉街から行く場合は、
トンネルを一度通過して、
トンネルから出たら、すぐに右折を。


旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉













旧道の紅葉