2018年09月

2018年09月30日

ヨシ沼の木道の半分が工事に

塩原温泉、今朝は雨。
台風24号が沖縄を通過して、九州に接近しています。
今日から明日にかけて、日本列島を縦断します。
この辺りに最も近づくのは今夜夜中から明日未明にかけて
今日はそれほどの影響はないように思われます。

今日は午前中弱雨、午後には一時くもりとなり、
夜から本降りになるようです。

昨日もお伝えしましたように、
本日の「塩原温泉古式湯まつり」は縮小開催となります。

さて、私が大好きな塩原の大沼とヨシ沼。
季節が変わるごとに訪れては、
植物や生き物に出会うのを楽しみにしています。

そのヨシ沼ですが、
明日10/1より、木道の工事が始まります
去年も一部を工事し、今年はその残りとなります。

確かに去年の工事できれいになった木道と比べて、
残りの部分の傷み具合が気になっていました。

去年同様に、全く入れないわけではありません
ヨシ沼には、もう一つ出入口がありますので、
そちらから入ることができます。
ただ、そちらの出入口からの木の階段は、
かなり苔むしていて、滑りやすいのでお気をつけ下さい。

工事は1/25まで
その頃には、すっかり雪に覆われてしまうと思うので、
新しい木道を使えるのは来春となります
しばしの我慢。

昨日訪れましたら、工事の準備が。
ヨシ沼は
草紅葉して、すっかり秋の装い。
名残りのリンドウ、ホツツジ、ゴマナ、
ミゾソバ、アキノウナギツカミ、モウセンゴケ
などが見られました。

P9309818













P9309817













P9309821













P9309820













P9309736













P9309739















P9309751













P9309762













P9309779













P9309765













P9309791













P9309777













P9309775













P9309798













P9309806























ayatsumugi at 09:00|この記事のURLComments(0)

2018年09月29日

明日の「塩原温泉古式湯まつり」は縮小して開催

塩原温泉、今朝はくもり。

台風24号の動きが気になります。
明日は塩原温泉では「古式湯まつり」の日
塩原温泉の大切な神事が執り行われます。

天気予報では、今日の午後から雨。
明日は一日弱雨となり、
台風24号の影響がもっとも強くなるのは、
明日夜中から明後日の明け方のようです

その時間帯は1時間に20〜30ミリの降雨量予報。
他の時間は1〜2ミリとなっています。


「古式湯まつり」は縮小して開催することが決まりました。

13:40〜の分湯行列は中止になりますが、
それ以外の行事は予定どおりです。
すなわち・・・

11:00〜 御神湯 湯汲み式(元湯温泉)
12:00〜 御神湯 奉納(塩原八幡宮)
14:30〜 分湯式(湯っ歩の里)


となります。
また、雅楽の演奏は取りやめになりました。
今後の天気によっては、まだ若干修整はあるかもしれません。

温泉ふるまいは、予定どおりです。

今年は無料入浴チケットが必要になります。
まず、塩原もの語り館か、湯っ歩の里、那須塩原市観光局で、
チケットを入手してから、おまわり下さい。
チケットは8:30〜15:00の間配布します。

分湯行列が中止になり、
奉納と分湯式の間が2時間ほど空きますので、
その間に湯めぐりを楽しむのも良いかもしれません。

追記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後、分湯式は13:30〜に、
1時間繰り上げることが決定しましたので、ご注意ください。



48439263
























41007371_1798462926898612_726024020494909440_n








2018年09月28日

ご飯が新米になりました!

塩原温泉、今朝は晴れ。
明日からまたお天気下り坂に。
貴重な晴れの天気です。

台風24号の動きも気になります。
明日29日はくもり後小雨。
30日は弱雨、
1日はくもり時々雨の予報となっています。


さて、大根も美味しい季節になりましたが、
この季節、何よりも嬉しいのが新米

彩つむぎでもご飯が新米になりました。

彩つむぎでは、市内槻沢地区の高村さんのお米を使っています。
県の農業士でもあり、地域の農業を引っ張っている高村さん。
朝食に「なすひかり」夕食に「こしひかり」を。

その内、朝食の「なすひかり」が一足早く新米に。
夕食の「こしひかり」も近く新米に切り替わります。

特に朝食ではおかわりする方、多いです。
地元のおいしいお米を沢山召し上がって下さい!

そして、今日は朝食の味噌汁の紹介も一緒に。

彩つむぎの朝食の味噌汁は具材、味噌ともにこだわりが
まず、具材ですが、田舎に来たら田舎の味噌汁
どこでも食べられる豆腐やわかめやあさりの味噌汁ではなく、
栃木の干瓢と、ズイキ(芋がら)を使っています

干瓢は栃木だから、
ズイキはこの地域で味噌汁によく使われるから。

私自身こちらで初めてズイキの味噌汁を飲んだ時に、
その優しい味わいに感動したのです。
もう一つ何か地元の野菜と葱を組み合わせています。

そして、味噌ですが、
会津亀屋さんの味噌と、那須蔵楽さんの味噌を合わせています。
どちらも甲乙つけがたい美味しい味噌です。

派手さはない料理かもしれませんが、
彩つむぎ自慢の味です。


DSCN6456













DSCN6459













DSCN6460




2018年09月27日

<秋の旬感ベジたべる!塩原高原大根キャンペーン>始まりました!

塩原温泉、今朝は雨。
気温が低くなっています。
季節が進んでいる実感。


塩原で、秋の季節が進むにつれて、
美味しくなるもの、ご存知ですか?

塩原高原大根です。

標高が高い、冷涼な地域で作られる、塩原の3つの高冷地野菜
大根、かぶ、ほうれん草
中でも、大根が最も名前が知られた存在です。

この季節、毎日沢山の塩原高原大根が
JAを通じて、東京などの市場に送られ、
また地元の直売所に並びます。

直売所などで見ていると、
一抱えも、二抱えも、
大根を持った方を大勢見かけます。
何とも嬉しい光景です。

と言いますのも、
塩原温泉うんまいもんプロジェクトを中心に、
塩原温泉全体の、お宿や飲食店で大根を食べていただき、
帰りに直売所などで、買って帰っていただき、
さらには、リピーターになってもらうために、
宅配対応している所などを、
パンフレットに載せてPRしているのが、
この<秋の旬感ベジたべる!塩原高原大根キャンペーン>なのです。

彩つむぎでは、ヤシオマスと合わせた一品を
キャンペーンは11/23までとなっていますが、
11月いっぱいの献立となります。

また、
当館オリジナル名物料理「塩原大根めし」
「大根スティック」
は通年お出ししております。

みずみずしく甘みのある塩原高原大根。
これからが最もおいしい季節です。
ぜひ、この機会に、うんまい大根を食べに、
塩原温泉にお越しください!


2018大根キャンペーン折パンフ表 - コピー
























DSCN6424













7BA7FAAE-756B-4444-9FF3-8987A5A7B062













DSCN6469













2018年09月26日

9/30(日)は塩原温泉古式湯まつりと温泉ふるまい

塩原温泉、今朝はくもり。
昨日までの雨は上がり、お天気回復してきています。
空が明るくなってきているので、晴れてきそうな気配です。


さて、9月も後一週間となりました。
この週末、9月の最後の日曜日、
塩原温泉では、秘祭「古式湯まつり」が行われます。

1200年以上の歴史を誇る塩原温泉
その温泉の恵みに感謝し、
湯をつないで行く大切なお祭りです


塩原温泉発祥の地である、
元湯温泉の湯を汲み、
「御神湯」として、元湯と、塩原八幡宮で神事を執り行い、
湯っ歩の里まで御神湯を掲げて行列。
湯っ歩の里にて、各地区への「分湯式」。
雅楽の演奏や巫女舞などが。

時間は以下の通りです。
11時〜 湯汲み式 (元湯温泉)
12時〜 御神湯奉納 (塩原八幡宮)
13:40〜 分湯行列 (塩原支所〜湯っ歩の里)
14:30〜 分湯式 (湯っ歩の里)


当日は参画施設にて、立ち寄り入浴が無料となる
「温泉ふるまい」も行われます。

「温泉ふるまい」につきましては、
昨年までと違い「無料入浴チケット」が必要となります
「無料入浴チケット」は、8:30〜15:00まで、
那須塩原市観光局、塩原もの語り館、湯っ歩の里の三か所で、
一人1枚ずつ配布され、5回までの入浴が無料となります


過去にマナーを守らない方がいたり、
宿泊のお客様へご迷惑をかけない配慮のために、
苦肉の策として「無料入浴チケット」配布となりました。
どうぞご理解下さい。

各施設によって、利用可能な時間が異なります。
必ず、チラシや、塩原温泉公式HPなどで、
時間をチェックし、マナーを守って、
塩原の七色の湯をお楽しみ下さい。

また、前日の29日(土)13:30より
塩原温泉ビジターセンターにて、
温泉ソムリエによる「塩原温泉のおはなし」
が開催されます。
前日宿泊をして、こちらも併せてご参加下さい。

「古式湯まつり」
「温泉ふるまい」
「塩原温泉のおはなし」ともに、

お問い合わせなどは、塩原温泉観光協会、
☎0287-32-4000まで、
お願いします。


48439263
























41007371_1798462926898612_726024020494909440_n



2018年09月25日

那須マウントジーンズ紅葉ゴンドラ始まってます

塩原温泉、今朝は雨。
今日から3日間雨が降る天気となりそうです。
昨日一昨日と山日和な天気が続き、
山に行きたい!と思った方も多いと思うので、ちょっと残念。
でもこういう日も必要ですね。


さて、先日の那須三本槍岳登山では、
那須マウントジーンズの紅葉ゴンドラを利用しました。

毎年大好評の那須マウントジーンズの紅葉ゴンドラ、
9/15より始まり、10/28(日)まで運行します。

写真でご覧のとおり、
紅葉はまだ一歩手前という感じですが、
これから日ごとに色づいていくと思います。

全長1800mで、標高差は460mも!
何しろ眺めが素晴らしいです。

山頂周辺では、紅葉の他、ダケカンバやブナの林、
色々な山野草が見られる他、
展望台からは那須連山が一望できます。

また、30〜45分くらいで回れる山頂遊歩道も整備されていますので、
軽いトレッキングを楽しむのもいいでしょう。

運行時間は8:30〜15:30(下り最終16:00)
ペット同行も可です。

那須マウントジーンズ紅葉ゴンドラ
http://www.mtjeans.com/green/


ちなみに、塩原ハンターマウンテンの紅葉ゴンドラは
10/6(土)〜11/4(日)運行となります。
こちらもチェックですよ!


DSCN6113












DSCN6112













DSCN6109












DSCN6376













DSCN6120













DSCN6364













DSCN6118













DSCN6102













DSCN6383













DSCN6384













DSCN6121









2018年09月24日

那須連山中の大倉尾根から三本槍へ

塩原温泉、青空。
今日も山日和です。

昨日、紅葉が始まったことをお伝えした
那須連山
沢山の人が訪れたようです。

私の2ヶ月ぶりの登山は、
マウントジーンズ紅葉ゴンドラを利用して、
中の大倉尾根を経由しての、那須の最高峰三本槍岳
へ。

何度も登っている那須連山。
三本槍岳も昨年秋に初めて登頂ましたが、
このルートはまだ歩いたことがなく、
私のとっての未踏峰ルート(笑)。

写真は順番に載せているつもりですが、
若干前後しているかもしれません。

天気が良い日で何よりでした。
日光連山や福島の山々、猪苗代湖までよく見えました

行きはひたすら登り。
その分帰りはひたすら下り。
その下りがなかなかきつかったです。
ゴンドラの最終時間の関係で、往復4時間。
少々慌てて下ったために、後から膝に来ています
くれぐれも時間には余裕を持たないといけないルートです。



42273417_1871397429617231_6534551763133923328_n













DSCN6168













DSCN6164













DSCN6165













DSCN6161













DSCN6199













DSCN6188













DSCN6153













DSCN6180













DSCN6204













DSCN6202













DSCN6295













DSCN6217













DSCN6220













DSCN6187













DSCN6196













DSCN6233













DSCN6234













DSCN6219













DSCN6236













DSCN6235













DSCN6237













DSCN6243













DSCN6244













DSCN6247













DSCN6245













DSCN6280













DSCN6292













DSCN6311





















2018年09月23日

那須連山の紅葉が始まりました

塩原温泉、今朝は晴れ。
とてもきれいな青空が広がっています。
今日は山日和ですね。

本日エフエム栃木主催の「那須連山縦走フェスティバル」が行われています。
参加者の皆さんにとって最高の一日になりそうです。


私も、先週、とても天気が良かった日に、
2か月ぶりの登山に行ってきました。

やっぱり那須連山
この辺りでも最も早く紅葉が始まる場所
今年は紅葉が早そうだったので、
そろそろ始まっているかなと。

紅葉は標高が高い場所から始まります。
那須連山の登山ルートは色々あるのですが、
どうせならと、最高峰、三本槍岳1917mを目指しました。
それも、今まで歩いたことがない中の大倉尾根経由で。

この時期、マウントジーンズの紅葉ゴンドラが営業を始めています。
紅葉ゴンドラの区間を端折ることができますし。

登山ルートについてはまた明日。
今日はとにかく、紅葉の写真を。
この地域で最も早い紅葉です。


すでに、山頂付近の紅葉は始まっています
ナナカマド、ドウダンツツジ、ホツツジ、シラタマノキなどが、
赤く色づいていました。

同じ日に姥ヶ平方面に行った方によれば、
姥ヶ平はまだ早かったようです。
意外と例年並みとなりそうです。

とはいえ、この時期は日ごとに景色が変わります
どんどん紅葉してきますので、
姥ヶ平ももうすぐでしょう。
できれば毎週登ってみたいものです。

今日は登山ではない方も、
マウントジーンズの紅葉ゴンドラ、
もしくは那須ロープウエイをおすすめ致します!


DSCN6236












DSCN6235












DSCN6241












DSCN6194












DSCN6219












DSCN6205












DSCN6190












DSCN6230












DSCN6135












DSCN6143












DSCN6192












DSCN6254












DSCN6277












DSCN6284












DSCN6323







2018年09月22日

やっと水が流れるおしらじの滝に出会いました

塩原温泉、今朝はくもり。
昨日までの雨は夜には上がり、
空が明るくなってきています。
今日の予報は一日くもりですが、お天気回復のきざし。
明日は晴れマークが並んでます。

さて、スッカン沢雄飛の滝駐車場から、
少し矢板方面に進むと、
最近、とみに人気が高い、
おしらじの滝があります。

私のブログにも過去何度か登場していますが、
数年前までは、知る人ぞ知る
「幻の滝」で、
滝マニアとか、地元の方しか行かない(行けない)滝でした。
私もブログで取り上げても場所までは書きませんでした。

ところが、2年ほど前に、矢板市が道を整備してから、
アクセスが格段に良くなって、誰でも行ける滝になりました。

「幻の滝」という名前も返上しなくてはでは?と思うところ。
でも、別の意味での「幻の滝」であることは間違いないのです

水が流れ落ちていることが少ないのです。

昨年、秋の終わりに見に行った時には流れていました。
それが、今年の春先から、もう何度も足を運んでいるのに、
ずっと一度も、水が流れ落ちているのを見たことがありませんでした。

雨が降った後ならと思い、出かけてみても空振りに終わったり。
近くの沢に水があるかないかが決め手なのかと、
気を付けて見ていたりしましたが、
沢に水があっても、落ちていなかったり。

実は、この滝は伏流水が流れ出る滝なのだそうです。
地中の水源にどれだけ水があるのか、
それが、関係してくるようですが、
さすがに伏流水の水までは、確認することができません。

昔から、水が流れ落ちていないほうが多いと言われてますが、
それでも上からだけでない、水の出どころがあるらしく、
滝つぼの水が干上がることはないようです。
雨乞いの滝としての役割も担っていたようです。

さて、そんなおしらじの滝が、
8月下旬に、突然、水が流れ落ちました
現地に立ち寄っていたお客様との話で知り、
翌日の中休みに車を飛ばしたことは言うまでもありません(笑)。

今年初めて見る水が流れ落ちているおしらじの滝
やっと見られました。
滝つぼに葉やトンボの死骸が落ちていた、
8月上旬よりも、はるかに滝つぼがきれいです。

そして今回、雄飛の滝を見た後に、再び訪れてみると、
やはり、水が流れ落ちていました。

山の駅たかはらの方の話では
水が出ても2日くらいで落ちなくなることもあるとか。
8月下旬からずっと流れていたのか、
たまたま、今回も流れていたのかは不明ですけれど、
この美しい風景に再開できて良かったです。

そして、さらに嬉しいことに、
ダイモンジソウが咲いていました
自生しているとは聞いていたものの、
実際にここで咲いているのを見たのは初めて。

感動したのもつかの間。
この時、
美しく咲くダイモンジソウのすぐそばに、
煙草の吸殻が落ちているのを見つけました。

手が届かない場所なので、吸殻を取り除くことはできませんでした。
どうして、こんな美しく神秘的な場所に、
煙草の吸殻を捨てることができるのでしょう。
一体、どんな神経をした、どんな方が捨てたのか、
怒りを覚えずにはいられませんでした。

アクセスが良くなって、訪れる方が増えれば、
色々な方がやってきます。
どうか、マナーを守って下さい。
将来に渡って、この美しい風景を残すために


写真前半は8月下旬のもの。
後半は今回の9月の時のものです。
最後に記録という意味でも、
煙草の吸殻の写真も載せてあります。


水が落ちているおしらじの滝8月27日撮影のおしらじの滝。













水が落ちているおしらじの滝













水が落ちているおしらじの滝













水が落ちているおしらじの滝突然光が差し込んでびっくり。
すばらしくきれいでした。











P8260447防水カメラで撮影。













水が落ちているおしらじの滝























DSCN5949今回9月13日撮影のおしらじの滝。













DSCN5951













DSCN5959













DSCN5971ダイモンジソウが。














DSCN5966













DSCN5967













DSCN5963















2018年09月21日

雄飛の滝遊歩道秋の山野草たち

塩原温泉、今朝は雨。
今日の夜から明日にかけてはくもり。
その後は晴れる予報となっています。
明日から三連休。
行楽に行く方、お墓参りに行く方、多いと思います。
まずまずの天気で良かったですね。


さて、昨日、一昨日と紹介してきた
スッカン沢雄飛の滝遊歩道
咲いていた山野草たちの記録です。
夏から秋にかけての山野草となります。

茸もいっぱい出てるだろうなと思って歩きましたが、
意外と茸は少なかったです。

DSCN5934ハギ
駐車場周辺に沢山咲いてました。











DSCN5929キンミズヒキ
こちらも駐車場周辺で。











DSCN5927ゴマナ
この時期、塩原のあちこちで目につきます。











DSCN5936













DSCN5779カメバヒキオコシ
今回初めて見て名前がわからず、
調べてやっとわかりました。
葉の先が切れ込んでいるのが特徴。








DSCN5781キバナアキギリ













DSCN5788モミジハグマ













DSCN5789タマブキ













DSCN5839モミジガサ













DSCN5791アザミの一種。













DSCN5792ヤマアジサイ













DSCN5823アキノキリンソウ













DSCN5801サラシナショウマ
まだつぼみ。













DSCN5803ミヤマセンキュウ
セリ科の花は見分けが難しく、
葉の形からミヤマセンキュウかと。










DSCN5809同じくミヤマセンキュウ?












DSCN5902同じセリ科でも葉の形が違います。
これは不明。











DSCN5940これは別の場所ですが、
同じセリ科でやはり葉が違います。
ミヤマゼンコ?










DSCN5813マムシグサの実。
真っ赤になります。











DSCN5829ダイモンジソウ
つぼみ。







ayatsumugi at 08:49|この記事のURLComments(0)

2018年09月20日

スッカン沢のカツラの巨木

塩原温泉、今朝はくもり。
夕方から明日にかけては小雨の予報となっています。
今度の三連休もくもりがちの天気ですが、
お出かけにはちょうどいいかもしれません。


さて、スッカン沢、雄飛の滝の少し先、
スッカン橋のたもとに、大きな大きな木があります。
カツラの木

その大きさに圧倒されます。
そして、その葉の緑の美しさに感動します。


樹齢どのくらいになるのでしょう。
調べても樹齢不詳としか。
少なくとも数百年は経っているのではと思います。

壊れかかっている遊歩道の階段でぐるりと一周できますが、
その幹の太いこと!
細いひこばえの枝が何本も出ていて、
どう見ても、この木には精霊が宿っている感じです

カツラの木は葉っぱがハート型。
紅葉もきれいなので、
次回は紅葉の頃に来られたら、いいなあと。
後ろ髪を引かれる思いで、立ち去りました。


DSCN5893






















DSCN5913






















DSCN5908






















DSCN5906












DSCN5907












DSCN5912












DSCN5917






















DSCN5903






















DSCN5916






















DSCN5899












DSCN5900










2018年09月19日

スッカン沢雄飛の滝へ

塩原温泉、今朝は晴れ。
久しぶりに朝からきれいな青空が広がっています。
山日和ですね。


先日、雨が降った後に、
車で約20分の雄飛の滝駐車場
脇を流れるスッカン沢に下りて、
遊歩道を雄飛の滝まで歩いてみました。

最近、あちこちで紹介されているようで、
お客様からも「スッカン沢」や「雄飛の滝」について
聞かれることが多くなりました。

私自身も大好きな場所ですが、
今年はまだ一度も行けてなくて、少々久しぶり。

途中わかりにくい場所もありますので、
写真を追いながら、ご案内したいと思います。

駐車場から雄飛の滝までは徒歩30分
山歩きに慣れている方なら、大した距離ではありませんが、
物見遊山的に行かれると、ちょっと遠い距離です。
足元が悪い場所もありますから、
きちんとした履物と服装でお出かけ下さい。

今日あたりもいいでしょうね。


DSCN5767駐車場から道を渡り、
ここからスッカン沢に下りていきます。











DSCN5770沢を右手に見ながら。












DSCN5780少し歩くと、
以前は直進できた場所、
現在は右の迂回路へ。









DSCN5782石畳で歩きやすくなっています。












DSCN5794が、道がなくなり不安に。
大丈夫。
先に道があります。
ちょっとだけ河原を。









DSCN5795再び道に出ます。












DSCN5797右側に少し見えているのが、
道がなくなる場所。
この辺りでも水遊びができそう。









DSCN5799少し登ると遊歩道に戻ります












DSCN5800以前の遊歩道と合流。
迂回路はここで終わり。











DSCN5810少し沢から離れますが、












DSCN5814何箇所か、山側からも水が流れ込む場所が。












DSCN5818













DSCN5819












DSCN5825再び沢が近くに。












DSCN5826この辺りが「素連の滝」。
厳密にどれを指すのか、
今一つわかりません・・・









DSCN5827












DSCN5828時々「スッカンブルー」と言われる、
きれいな水色の場所も。











DSCN5831素連の滝の少し先、
水が流れ落ちています。











DSCN5832「仁三郎の滝」です。












DSCN5833先の橋からよく見えます。












DSCN5834水量充分。迫力。












DSCN5836












DSCN5838正面から。
岩がちょっと邪魔。











DSCN5837橋の先の難所を超えると、












DSCN5844「雄飛の滝」観瀑台に。












DSCN5841観瀑台から見る「雄飛の滝」。












DSCN5840ここまでで引き返す人がほとんどですが、












DSCN5846まだ先に進みます。












DSCN5847スッカン橋が見えてきました。












DSCN5889スッカン橋まで降りる途中を右へ。












DSCN5850ここからは少々難所。












DSCN5851足元悪く滑ります。
私も今回、ここで転び、
ひじをすりむきました。










DSCN5852でもその先にこんな景色。












DSCN5884












DSCN5870そして「雄飛の滝」滝つぼへ。












DSCN5861「雄飛の滝」。












DSCN5873周辺の岩肌から、幾筋もの水が。












DSCN5878
天然のミストシャワー!













DSCN5876柱状節理も見事。












DSCN5875そして、水はスッカンブルー。












DSCN5882スッカン橋から見ると・・・












DSCN5890雄飛の滝からの流れが見えます。












DSCN5922美しいです。












DSCN5864最後に縦位置の写真を何枚か。























DSCN5877






















DSCN5868






















DSCN5892






















DSCN5891

































2018年09月18日

栃木県立博物館常設展も

塩原温泉、今朝はくもり。
この後晴れてくるようです。
今日明日と晴れマークが並んでいます。


さて、昨日は栃木県立博物館で現在開催されている特別展、
「レッドデータブックとちぎ2018」について書きましたが、
今日はその県立博物館の常設展を

もう何度も見ていますが、何度見ても面白いです。
標本やはく製も多いですし、
植物のレプリカがよくできていて、感心します


今回は動植物中心に写真を撮りましたが、
考古学や歴史分野の展示も沢山ありますよ。
最初のアプローチのらせん通路では、熊のはく製にびっくり。
こんな感じなんだなあと体感できます。


「レッドデータブックとちぎ2018」展と併せてどうぞ。


DSCN3650












DSCN3647












DSCN3675












DSCN3676












DSCN3677












DSCN3687












DSCN3673












DSCN3688












DSCN3672












DSCN3679












DSCN3683












DSCN3684












DSCN3682












DSCN3681












DSCN3680












DSCN3670








2018年09月17日

県立博物館「レッドデータブックとちぎ」展

塩原温泉、今朝はくもり。
時折晴れ間も見えて、まずまずの天気です。


さて、少し前になりますが、
栃木県立博物館に行ってきました。
「レッドデータブックとちぎ2018」展を現在開催中です。

自然が豊かな栃木県
奥日光や那須、塩原など、
県北の山間部を中心に、貴重な動植物も沢山

でも、自然は不変不朽なものではありません
人間による自然破壊により、
生き物や植物は場所を追われて、
どんどん少なくなり、絶滅したもの、絶滅寸前のものが沢山あります。

たとえば、現在、県内各地で行われている
雑木林を伐採してのソーラーパネル設置なども、
絶対に動植物に影響を与えているはずです。
一度失ったものを取り戻すのは不可能でしょう。

ご存知のように、私は生き物の写真を撮るのが大好きですが、
その理由の一つが
「記録」です。
色々な意味で記録を残すことは、とても大切だと思っています。

もしかしたら、とても貴重な種かもしれません。
その後、出会うことがないかもしれません。
珍しいなと思ったら、必ずレッドデータで調べます

そんな栃木県内の貴重な動植物が展示されています。
もう日本国内では絶滅されたとされる、
ニホンカワウソの明治19年のはく製も

ただ標本を展示するだけでなく、
その種が絶滅や減っている理由、
貴重な種を保存するための、様々な努力なども紹介され、
とても考えさせられる内容です。

10月8日(月)まで


DSCN3652












DSCN3654












DSCN3655












DSCN3657












DSCN3659












DSCN3662












DSCN3664












DSCN3666












DSCN3667












DSCN3668












DSCN3669




2018年09月16日

Mizudori主催の箒川ダム湖SUPツアー

塩原温泉、今朝はくもり。
今日明日と一日くもりマーク。
お天気まずまずの三連休です。


さて、9月に入ってすぐですが、
Mizudori主催の箒川ダム湖SUPツアーに参加してきました。

Mizudoriは、昨年まで塩原ZACKにいた西口さんが設立。
ZACKはカヤックとキャニオニング主体でしたが、
MizudoriはSUPとトレッキングが主体
塩原のリバーアクティビティを、
両輪となって盛り上げてくれます。

ということで、今年は塩原渓谷のSUP元年です。
一度5月にモニター体験させてもらいました。
この時は主にもみじ谷大吊橋周辺で。
本降りの雨の中だったSUP初体験。
雨が全然気にならないほどの楽しさ。

水遊びも全開でできる夏のSUPは、
フィールドがちょっと変わり、
少し上流の箒川ダムと、その上流域になります。

地元の人でも箒川ダムってどこ?と思う人多いです。
大網温泉の上流にあるんですね。
道路から少し見えますけれど、実際に行くのはまれ。

しかも、今回は竜化の滝のすぐ下流、
稚児ヶ淵から、抛雪の滝の下までという、
普通なら絶対に足を踏み入れることができない場所。

SUP自体も面白いけれど、
初めてみる風景に驚きと感動が

塩原街道のすぐ下に、こんな素敵な風景があるなんて!

蒸し暑い日だったので、水の中にわざと落ちて泳いだり、
石の上から飛び込んだり。
子供の頃には持っていたはずの「野生の血」が騒ぎました(笑)。
子供の頃はかなりの‟おてんば”で・・・。


本当に楽しかったです。
次回はいつ体験できるかな。

こちらの箒川ダム湖LAKE SUPツアーは9/19(水)まで
午前10:00〜12:00 午後13:30〜15:30
いずれも塩原グリーンビレッジ集合で
大人5500円、小学生3500円。

その後、10/7(日)〜11/11(日)
もみじ谷大吊橋に場所を戻して
もみじ谷LAKE SUPクルージングツアー。
午前9:30〜12:00 午後13:30〜16:00
こちらはもみじ谷大吊橋集合。
大人6000円、小学生4000円
となります。

いずれも終了後の温泉付きです!


お申し込み、お問合せは
Mizudori ☎0287-47-4370、もしくは☎090-1900-0774まで

またこの他に那珂川を下るロングツアーや、
那須や尾瀬のトレッキングなども。

ぜひ、HPも覗いてみて下さい!
https://www.mizudori-guide.com/

P8300471箒川ダム湖にこんな場所があったとは!












P8300472箒川ダム湖。
反対側には渓谷遊歩道があります。











P8300476軽く練習。












P8300495慣れたところで上流へ。












P8300501巨岩の間をぬうように。












P8300536こんな景色や、












P8300507こんな景色。












P8300502柱状節理が見事。












P8300540緑もきれいです。












P8300508すぐ上は塩原街道。












P8300518稚児ヶ淵を曲がってさらに上流へ。












P8300519抛雪の滝の下あたり。












P8300528道路の橋が見えてます。












P8300548飛び込みにチャレンジ!
河童になりました〜。

















2018年09月15日

今年はタマゴダケの当たり年?

塩原温泉、今朝は雨。
先程から本降りになってきました。
予報では雨は昼頃まで。
後は明日の午前中にかけてくもり。
明日午後また少し雨となっています。
傘をお持ちになったほうが良い三連休になりそうです。


さて、昨日紹介した沢山の茸。
中でも、
特に今年目につくのが、タマゴダケです。

今まで、何度か見たことはありましたが、
1個か、せいぜいが2〜3個。
今年は、タイミングも良かったのでしょう。
かなりの数がまとまって出ている場面に何度か遭遇

真っ白な、本当に卵のような幼茸から、
傘が開ききって朽ちる間際のものまで、数十本も


朱色の傘が美しく、ある意味毒々しいので、
毒きのこのようでですが、実は食べられます
今まで食べたことはありませんが、
今年は沢山あるので、少し採取して食べてみました。

ホイル焼き、バター焼き、炊き込みご飯。
すばらしく美味しい茸です

炊き込みご飯にすると、ほんのり黄色く。

でも、大震災以降、天然の茸は、
ほぼ全て、放射性物質が含まれていると言って良いでしょう。
実際に測ってみたところ、100ベクレル前後でした。
100ベクレルまでは食品として出荷していい範囲です。

微妙な数値

あまりの美味しさに、ばくばく食べたいところでしたが、
ほんの味見程度にとどめておきました。

いつの日か、お腹いっぱいタマゴダケが食べられるようになるといいなあ。

【注意】
よく似た茸で、毒きのこもあります。
白い卵のような外皮に覆われていること、
傘に細かな筋が入っていることが見分けるポイントです。


DSCN5982












DSCN5743












DSCN5981












DSCN4756












DSCN5754












DSCN4765












DSCN4762












DSCN4768












DSCN4755












DSCN4757












DSCN4758












DSCN5984