2008年01月27日

冬の醍醐味!カンジキウオッチング

塩原温泉、今日は穏やかな冬の晴天となっています。
いつもこんな天気ならいいのに、とつくづく思います。
気温の低いのは、どうということはないのですが、
風の強いのだけはごめんです。

さて、その風の強い中、一昨日、
大沼で、カンジキウオッチングを初体験してきました。

カンジキウオッチングとは・・・
塩原温泉ビジターセンターで主催している、冬のイベントで、
スノーシューなる、現代版のカンジキを装着し、
ストックを持って、雪原や山の中をトレッキングして、
冬の木々や、動物の足跡などを観察します。

前から、一度やってみたいと思っていて、
このたび、念願かない、
塩原のパークコンダクターであり、かつ、塩原の生き物の生き字引、
君島章男先生にお願いして、連れていっていただきました。

初体験しての感想は・・・・・「カンジキでカンゲキ!」
予想以上の楽しさに、思わずオヤジギャグが出てしまいました。

長靴やスノーブーツでは、ズボッとはまってしまうような、
雪の中を、すいすいと歩いていけます。
新雪に自分の足跡をつけて、真っ白な雪原を進んで行く快感に
寒さをすっかり忘れてしまいます。

大沼は、深さ30センチほどの水がすっかり凍り付いていて、
その上で、思いっきり遊べるのです。
久しぶりに童心に返ってしまいました。

2月4日、2月17日と
塩原温泉ビジターセンターの冬のイベントとして、
企画されていますが、定員25名、すでに予約で一杯とか。
要望があれば、パークコンダクター出張費1名6000円、
スノーシューのレンタル代1000円(1人につき)で
ビジターセンターにて受け付けてくれるそうです。
是非、体験してみてください!

スノーシュー(かんじき)

 

 

 

 

 

 

 

 


現代版のカンジキ、スノーシュー。

スノーシューの足跡

 

 

 

 

 

 

 

 


新雪に自分の足跡。

一面凍りついた大沼




 

 

 

 

 

 

 

凍りついた大沼の上をスノーシューで歩く

 

 

 

 

 

 

 

 


一面凍りついた大沼を歩いています。





ayatsumugi at 11:44│Comments(6)TrackBack(1)塩原春夏秋冬 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スノーブーツ キッズ  [ 今日はこんな日! ]   2008年01月31日 00:10
メタボリック・シンドロームの腹囲の診断基準が見直しか?メ ...痴呆症カラー バルサ製フローティングミノー 【スノーブーツ】DEELUXEディー??.

この記事へのコメント

1. Posted by 那須の床暖房屋のガンちゃん   2008年01月27日 16:32
寒さが伝わってきます。オー寒!
2. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2008年01月27日 20:41
ガンちゃん様
コメントありがとうございます。
これが、寒くないのです。
というか、本当に寒さを忘れてしまうほど、面白いのです。一緒にお付き合いいただいた、君島章男先生は、いつも、汗びっしょりになるそうです。
是非、一度体験してみてください。
3. Posted by カンレ   2008年01月27日 21:07
楽しそうですね。しかし私はもうだめだわ。
女将さんは忙しい人なのに、こう言うことにまで興味をもたれて実行される。すばらしい人です。
「カンジキでカンゲキ!」座布団3枚!(^_^)v
4. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2008年01月27日 21:27
カンレ様
コメントありがとうございます。
元来、好奇心が旺盛なもので・・・
今回は、明日からのイベントツアーの下見でした。
カンレ様でも大丈夫です。
君島章男先生の話によると、先日も70代のグループを案内したとか。みんな大喜びだったそうですよ!
もしご興味があれば、私が設定します。
5. Posted by サザエさん生活   2008年01月27日 21:38
大沼は、こんなに凍っているのですね。
スケート、スキーとは又違った楽しみ方が
あるのですね。
一度は、カンゲキしてみたいです。
6. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2008年01月27日 22:00
サザエさん生活様
コメントありがとうございます。
昔は竹のスケートで大沼でスケートを楽しんだそうです。
普通のスケート靴で滑るには、ちょっとぼこぼこしているかもしれません。
カンジキは、スケートでもない、スキーでもない楽しみ方ができます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔