2012年02月19日

宇都宮ぶら散歩・ふくべ細工

塩原温泉、今朝はくもりです。
自分ではそれほど感じませんでしたが、
昨夜の冷え込みはまた厳しかったようで、
今朝、自宅のお湯の管の凍結。
例年は1回あるかないかなのに、今年はもう3回目。
つくづく今年は寒いのだなあと実感。

さて、先日、栃木県庁にて会議がありました。
午後からの会議でしたので、電車でガタゴト鉄子の旅〜!
宇都宮駅から、県庁まであちこち散歩をしてみました。
題して「宇都宮ぶら散歩」です。

宇都宮市はご存知のとおり、栃木県の県庁所在地ですが、
商業地の中心は駅から少し離れています。

駅からまっすぐのびた道が「大通り」
かつては商店やデパートが並んでいましたが、
駅に近い地域はほとんどシャッター通りになってしまいました。

そんな通りを歩いていくと、栃木の工芸品である
ふくべ細工のお店があります。
ふくべ細工とは、干瓢の身を乾燥させて、絵などを描いたもの
瓢箪細工と同じような工程で作ります。

瓢箪の加工細工は日本全国各地にありますが、
干瓢の工芸品というのは栃木県だけなのでは?
オープン以来、鉄線の絵が描かれて、
とても手の込んだ作品をお風呂の前に飾っていましたが、
痛みが激しく、今回新しいものを購入しようと立ち寄りました。

以前より、作品の数が少ないような気がしましたが、
ぼたんの花の絵が描かれたものを見つけ、購入。
店内には宇都宮の民芸品、「きぶな」も置いてありました。

ふくべ洞

 

 

 

 

 

 


ふくべ細工





ayatsumugi at 09:03│Comments(2)TrackBack(0)塩原のこと色々 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はやとの風   2012年02月20日 03:43
5 おはようございます。

ふくべ細工は初めて聞きました。干瓢で作るなんて確かに下野国(栃木県)ぐらいでしょうね。

つるし雛と共に女将さん好みのデザインの作品があれば、『彩つむぎ』に飾られても良いかもしれませんね。

女将さんも鉄子の旅ぶら散歩されてるなんて、心なしか嬉しいですね。電車や列車の旅もお好きなのですか?

那須塩原から宇都宮へは新幹線でひと駅ですから、特定特急券を買われて自由席に乗られるのが快適ですね。

早朝深夜ですが、3月17日のダイヤ改正から、「なすの」にもE5系(はやぶさ型車両)が入りますから、話しのタネにでもグランクラスを体験されると面白いかもしれませんよ。

宇都宮もやはりシャッター通りがあるという事は、経済状況は厳しいのですね。


シャッター通りを逆に活かして商店街アウトレット・ディスカウントタウンでも造られると、将来出来るLRTと相俟って活気が甦るかもしれませんね。

宇都宮市が助成して、新規参入しやすい環境整備をする事も大事かと思います。
2. Posted by 塩原温泉彩つむぎ女将   2012年02月21日 23:40
はやとの風様
コメントありがとうございます。
ひょうたん細工はあちこちにありますが、おそらくふくべは栃木だけかと。
なくしてはならない、貴重な文化だと思っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔