2019年09月19日

鹿股川と貝石(貝化石)

塩原温泉、今朝は晴れ。
雲があるので、時折日が陰っています。
今日明日は晴れマークが並んでいます。
ただ、その後、三連休はお天気少し崩れるようで、
全てくもり時々雨。
傘が必要な三連休になりそうです。


さて、沢山の茸に出会えた仙人岩吊橋周辺。
なぜ、仙人岩吊橋まで歩いたかといえば・・・
ある石を探しに

その石は「貝石」と言います。
貝化石が入った石。
塩原箒川の支流である、鹿股川で見かけることがあります。

かなり以前に、一度貝石を探して以来。
友人が大きなのを見つけたと聞き、
私も、じっくりと鹿股川におりて、探してみました。

けっこうあるものですね。
特に、仙人岩吊橋のすぐ下にある大きな石には、
数え切れないほどの貝化石が埋まっていまし
た。

塩原の化石といえば「木の葉化石」が有名ですが、
「木の葉化石」は比較的新しい時代、
数十万年前、湖だった頃に堆積した地層の化石
塩原湖成層の地層の間に、木の葉や、昆虫などの化石が。

そのはるか以前、今から1000万年ほど前には海だったそうで、
その頃の貝の化石が岩に閉じ込められているのです。
1000万年の太古の昔にタイムスリップ・・・。
ロマンを感じますね〜。


鹿股川で見つけられる貝石は、
そのさらに支流になる貝石沢と呼ばれる沢から、
鹿股川に流れてきたもので、
貝石沢には、まだ沢山の貝石があると聞いたことがあります。
いつか、貝石沢にも行ってみたいものです。

貝石の大きなものは、
木の葉化石園
塩原温泉ビジターセンター
妙雲寺境内にもありますので、
ぜひ、見に行ってみて下さい。


DSCN9802












DSCN9819












DSCN9821












DSCN9823












DSCN9797












DSCN9798












DSCN9799












DSCN9800












DSCN9838












DSCN9839












DSCN9840












DSCN9841












DSCN9842












DSCN9843












DSCN9844












DSCN9845




ayatsumugi at 08:47│Comments(0)塩原のこと色々 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔