プライベートな話でごめんなさい

2018年08月10日

国立科学博物館常設展

塩原温泉、今日は晴れ。
台風13号が通り過ぎて、やっと台風一過の青空です。

台風が通過すると大気中のチリもなくなるとか。
空気が澄み渡っています。
昨夜はすばらしい夜空でした。
今までにないほどに沢山の星に天の川
うっとりと眺めていたら流れ星

ペルセウス座流星群の極大日が近づいています
極大日は13日だそうですが、その日の条件が良いとは限りません。
今日明日から観察したほうが良さそうです。

そんな科学全般の知識をつけるなら、こちら。
先日紹介した
特別展『昆虫』開催中の国立科学博物館
常設展もぜひ見学してきて下さい。

こちらの地球館日本館とも、
生物、地学、天文学など、
様々な分野の科学好きには、たまらない場所です。

地球の歴史、生命誕生から、
恐竜の時代など生物の歴史や多様性、
科学技術の発展などなど、
一日中いても時間が足りないほど
どうしても、かいつまんでの見学になってしまうのが残念です。

それでも、建物の雰囲気を味わうだけでもうれしく、
また、ミュージアムショップの書籍などが充実。
沢山の本を買い込んできました。

外国人の方も大勢見学していたのが印象的でした。


DSCN3454













DSCN3455













DSCN3457













DSCN3451













DSCN3435













DSCN3437













DSCN3440













DSCN3447













DSCN3434













DSCN3443













DSCN3448













DSCN3426













DSCN3431













DSCN3445













DSCN3462













DSCN3460













DSCN3436













DSCN3458













DSCN3463














ayatsumugi at 08:57|この記事のURLComments(0)

2018年08月08日

国立博物館『縄文展』

塩原温泉、今朝はくもり。
台風13号が接近しています。
関東地方に最も接近するのは9日のようです

中心が東にそれてきましたので、
直撃は避けられそうな気配ですが、油断は禁物。
もし塩原で何かアクシデントが起きるような時には、
こちらのブログで随時お伝えし、
宿泊予定の方には直接、ご連絡致します。


さて、少し前になりますが、上野を訪れ、
国立科学博物館特別展『昆虫』と
国立博物館で開催中の『縄文展』
を見てきました。

なぜか、弥生時代よりも縄文時代の土器に魅かれます。
よりプリミティブというか、よりアーティスティック。
他のどの地域、どの時代にもない、
力強く存在感のある形や模様が好き。

今回、縄文時代の国宝6点が全て揃うと聞き、
これは見に行かなくてはと。

ところが、残念なことに、
私が行った時には国宝は4点のみ。
2点は後からだったんですね(7/31〜)。

でもでも、大満足です。
どれも皆個性的で、意外性があり、美しく
縄文という大昔でありながら、
大昔にその作品を作ったその時代の人の手、
そしてその人自身の存在を感じることができ、

プチタイムスリップしたような、
そんな感覚を肌で感じてきました。

縄文と一括りにされ、
日本で最も原始的な時代とされていますが、
何を持って原始的って言うのでしょう。
とんでもありません。

まさに「美」であり「アート」。

縄文時代に持っていたイメージが、
ガラガラと崩れ落ちますよ!


栃木県で出土されたものや、
益子焼の濱田庄司との関わりなども。

必見です!

9月2日まで開催中です。
撮影可能だったのは最後の4点のみ。
ということで、ミュージアムショップの写真を。


E4FB9995-F1A0-4563-9A46-B9670D1113E6













5125FE19-8DF9-4BE2-B21D-CFEF42A5F0C3













2256DCF1-F28E-4546-B6A8-5AAADD828704













DSCN3318













DSCN3319













D07DCF9B-624A-4A39-A9D2-32C6BA0A8DEC













985020DD-E78A-4319-8EC0-C493417410C6













31C2C3FB-8A27-45D9-B241-A9BB4E5D45A1













7EC23CD5-6503-4304-8A57-6B65E0BB72F9













3F54613E-6C31-4A00-9992-9E6E83C177B4













86793B4B-1216-46A1-B7E7-5B3F62E07CFF













0EA11279-8599-4112-B33F-64931A815857




















ayatsumugi at 09:04|この記事のURLComments(0)

2018年08月07日

国立科学博物館特別展『昆虫』

塩原温泉、今朝は雨。
明け方まで降ったり止んだりでしたが、朝から本降りに。
気温も低くなっていて、長袖を着てきました。

さて、昆虫がらみで、こちらも。

少し前になりますが、
東京上野へ、
国立博物館『縄文展』と、
国立科学博物館特別展『昆虫』を見に行ってきました。

私の昆虫好きは知る人ぞ知る・・・。
若い頃は大嫌いだったんですよ。
でも、塩原に来たら、身近に色々な昆虫がいるので、
調べていくうちに、大好きになってました。
毎日「昆活」してます(笑)。

この方も昆虫大好きだったんですね。
並々ならぬ昆虫愛をテレビなどでアピールしている、
香川照之さんのポスターでおなじみの、この企画展
夏休みとあって、沢山のお子さん連れで賑わっていました。

他にはいかにも昆虫好きな大人たち。
若い女性も多く、
こんなにも、世の中に昆虫好きがいるのかと
ちょっと嬉しくなりました。

国立科学博物館が、昆虫関係の企画展をするのは
今回初めてというのが、とても意外だったのですが、
それだけに、かなり力が入っているなあというのが、第一印象

まず入ってすぐの巨大昆虫模型にも目が行きますが、
全体を通して、膨大な量の標本にびっくり。
しかも、かなり貴重な標本ばかり。
でも、ただ標本を並べるのではなく、
様々なテーマに沿って展示しているので、
どのコーナーも立ち去りがたく・・・

個人的には、メタリック系の甲虫
(プラチナコガネの輝きは必見!)

かなりへんてこな形のツノゼミたち
(こんなに小さな体なのにこのユニークさ!)

モンシロチョウのフェロモンの匂い
(柑橘類を思わせるいい香り!)

やはり、美しい蝶や蛾などが、興味深かったです。

巨大昆虫模型や、昆虫採集のアレコレなどは、
那須野が原博物館の『なす昆’18』とも共通していて、
両方見ると、面白さが何倍にもなります。
規模は比較になりませんが・・・

ともあれ、こちらも、夏休みの自由研究にはもってこい
ミュージアムショップも充実してましたよ!
10月8日まで開催されています。

今年の夏の合い言葉は
「昆活しようぜ!」ですね。


7D0009C9-A8BA-406E-A2E4-BE8ADC5F4F2F













86923511-55E4-458D-AAAF-B8CAF583406F













DSCN3361













DSCN3364














DSCN3369













DSCN3377













DSCN3382













DSCN3404













DSCN3413













DSCN3412













6C5D332E-8EDF-4AA3-B18B-A5B616B54388













C9D3C0CC-4C55-40B6-96CF-BFF3C8A01B52













DSCN3424























ayatsumugi at 09:12|この記事のURLComments(0)

2018年04月20日

駆け足で瀬戸大橋と岡山観光へ

塩原温泉、今朝は晴れ。
良いお天気ですが、風があり、それほど気温が上がっていません。
木々が一斉に芽吹き始めてきました。

さて、
初めての倉敷旅行レポート、今日で最後になります。
あと一日お付合い下さい。

どうしても一目見てみたくて、
瀬戸大橋までタクシーを飛ばしたのです

日頃海なし県の栃木県、
それも山あいの塩原に住んでいますので、
海というだけでテンション上がります。
しかも、この景色。
くもっていたので、美しい夕焼けとまではいきませんでしたが、
すばらしい景色に感動しました。

途中タクシーの運転手さんが、
水島コンビナートが見える丘にも連れていってくれました。
日本の工業を支える重要地区
倉敷ならではの産業が栄えたのもうなづけました。

そして、翌日は岡山。
岡山や小学校6年以来。
岡山城と岡山後楽園だけ見て帰路に

岡山城は美しい城ですね。
2年前の岡山DCの時には、
昨日の大原美術館や岡山城、路面電車まで、
マスキングテープ模様仕様だっというから驚きです。
(見てみたかった!)

後楽園には結婚式の前撮りのカップルと、
やはり外国人観光客があちこちに。
時代だなあと。

そして、駅に、何と栃木県の観光パンフレットがいっぱい!
栃木DC、こんな所にまで
と、感慨深かったです。

最後の写真はJR西日本のアンパンマン列車
噂には聞いてたけど、実際に会えると嬉しいですね。
エヴァンゲリオン新幹線にも会いたかったな。



瀬戸大橋













瀬戸大橋













瀬戸大橋













水島コンビナートの夜景













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













岡山観光













90B39CB9-60CC-4FA9-8079-62B312225861













岡山観光













88FFF96E-02D6-4525-9777-FF7D883ED81C













E3758C6C-D5DB-4AF8-8157-5CFE39504D61




ayatsumugi at 09:05|この記事のURLComments(0)

2018年04月19日

倉敷美観地区めぐり

塩原温泉、今朝は晴れ。
昨日までの雨が上がり、
今日から週末まで晴れマークが並びます。
週末は気温もかなり上がるようです。


申し訳有りませんが、
先日行って来た初めての倉敷レポートを続けます(明日まで)。
こちらのブログは私の忘備録
(特に写真検索の)なので。

倉敷美観地区
古い街並みが残されている観光スポット。

「景観保護地区」などと言われる場所は全国に沢山あります。
でも、行ってみると、ごくごく小さな範囲だったりしますが、
こちらは、かなり広い範囲が建物、街並みともに保存されていて、
街歩きが楽しい場所になっています。
美しい街並みが魅力で、平日にもかかわらず沢山の観光客が
そして、沢山の外国人の方

そんな街並みのここそこの店の点灯に、「mt」と書かれたフラッグ。
カモイ加工紙さんの「mtファクトリーツアー」
サポートショップのマークです。

期間中、ファクトリーツアー参加者限定で、
サポートショップで規定の買い物をすると、
その店のオリジナルのマスキングテープがもらえます。
たとえば決まったメニューだったり、金額だったり。
普通におみやげが買えたりするので、
どうしても、サポートショップ優先に買い物することになります。

こういう仕組みは、街歩きや、イベントに採り入れられるなあと思いました。
「あと200円でもう一つプレゼントできますよ」なんて言われると、
「じゃあ、このお菓子、追加で」ということになるような。
まあ、そのプレゼントが魅力的なものでなければ、始まらない話。
ノベルティの質を上げるということも課題ですね。

街中にある「大原美術館」のクオリティの高さにも驚き。
倉敷紡績やクラレの前身倉敷絹織、中国銀行などの社長を勤めた
大原孫三郎が昭和5年に創設した美術館
地元の洋画家、児島虎次郎に託して集めた美術作品などを展示
昭和初期にこれだけの作品を飾る美術館が
日本、それも倉敷にあったとは!

次から次へと出てくる、世界的名作の連続に、
軽いめまいを覚えながら、その先見の明が素晴らしいです。

そんな大原美術館のミュージアムショップでも
オリジナルのマスキングテープを。
街中でもマスキングテープ販売している店が多くて、
マスキングテープ好きには
「聖地」というよりは「パラダイス」
だったかも。

坂本龍馬が泊まったという宿や、阿智神社など、
歴史好きにうれしい場所もいっぱい

とても魅力的な町でした。

また行けるといいなあ。



倉敷美観地区













B62A50D1-655F-42D1-ACEB-CC9454C08B84













DSCN3703













倉敷美観地区













倉敷美観地区













倉敷美観地区めぐり













倉敷美観地区めぐり













倉敷美観地区めぐり













倉敷美観地区













F89CDD08-08C2-4DB8-98EA-403BCAC7E685













9D315992-9A25-48E2-86AB-4C1D1E02A1DD













748A0DF3-E092-41F0-9022-2EA1AC583F5E













52095834-CBDB-4E12-9242-CF6E91E197F4













DDFECD22-9619-4251-A476-C38869E77196













C6FDA0E0-47E9-4FA0-9B00-6DC2F9EB4385













A6F1EE91-3E43-40B9-8929-EBDC3A3C4382













0901A6E1-1CCA-4FA5-9781-9AB5E83FF235













A07A77A0-A673-4A7F-8B03-372DB8234E63



















ayatsumugi at 08:54|この記事のURLComments(0)

2018年04月18日

倉敷アイビースクエアにmtルーム

塩原温泉、今朝は雨。
久しぶりの雨かもしれません。
ここのところ雨がなかったので、
木々や花に良いお湿りになると思います。


さて、初めて行った倉敷。
宿泊は、江戸時代には代官所があった場所で、
倉敷紡績の工場跡に建つ
倉敷アイビースクエアというホテルに宿泊してきました。

予約した後に知ったのですが、
mtファクトリーツアー期間中、
こちらのホテルには「mtルーム」なる部屋があるそう。
「mt」さんとコラボした部屋で、
この部屋に宿泊した人限定のおみやげテープがいただけるという。

前日に確認したらキャンセルが出ていて、
部屋を振り替えていただき、
その噂のmtルームに泊まってみました。

かわいいですね〜。
実際にマスキングテープを活用しているわけではなく、
コラボしたカバーやスタンドを使い、
壁にポスターが貼ってありました。
限定のお土産共に、ファンにはうれしいし、
ちょっとしたアレンジでお部屋が明るくなるんだなあと実感。


クラシカルなホテルをはじめ、
敷地内には古い建物も多く、歴史を感じます。
倉敷がやはり発祥の地であるジーンズのお店もあり、
泊まってみて良かったです。



5D8F39BD-1CFC-4BE9-BCE8-5D1AB9DBF10F













0FF78C85-BF7C-4FAC-9D4C-24A6FF762A2D













3E638BD0-E999-47AF-BD02-600AC1FA3922













5DFFC428-9B6F-4687-AA53-3AB9CF9D2E6B













E785A653-A71E-45E0-BC2B-6300AD45DA79













DSCN3724













DSCN3727













DSCN3725













倉敷美観地区













倉敷美観地区
















ayatsumugi at 08:49|この記事のURLComments(0)

2018年04月17日

mtファクトリーツアーに参加してきました!

塩原温泉、今朝はくもり。

少し前になりますが、
生まれて初めて倉敷という町に行ってきました。

実はマスキングテープを活用する
ワークショップなどを個人的にやっています。
倉敷はマスキングテープ誕生の地
マスキングテープ好きにはとっては聖地です。

マスキングテープを世にだした
カモ井加工紙さんの工場見学ができる
「mtファクトリーツアー」に参加してきました。

始まってから7年目になります。
話に聞いて、一度は行ってみたいなあと思っていましたけれど、

このファクトリーツアーは、とても人気があって抽選
たまたま、Twitterで募集していることを知り、
応募してみたら、無事に当選。
せっかく当選したので、万障繰り合わせて、
思い切って行ってきました。

実に楽しかったです

マスキングテープ柄のバスは、
車内の内装も全てマスキングテープ。

バスから降りたら、
このツアー参加者だけがもらえる、
オリジナルトートバッグやテープなどの限定ノベルティ

建物や車、インテリア。
何から何までマスキングテープで、
利用のヒントがいっぱいです。

そして、ファクトリーツアー限定テープが色々
もちろん、定番のテープも買えて、
しかも市販されていない幅のテープや、
グッズが当たるくじ引きや、つかみ取り、
ワークショップなどなど。
購入金額に応じて非売品の限定テープももらえます。


今年はマスキングテープが誕生して10年だそうですが、
元々は
ハエ取り紙から始まったという歴史や、
加工の仕方、独特の粘着剤など、
大人の社会科見学としても見ごたえがあり

聞きしに勝る充実ぶりに、時間が経つのがあっという間でした。




ADA0222D-ECE7-44BF-AA43-9FE56614C97E













DSCN3625













6604A9E9-DAF3-43A4-AAD1-E7568B16A5D0













DE7D9FCC-0A67-4D78-BC4D-855FAD817C2A













DSCN3636













1EF71F8A-E891-4A90-A0B1-9C8C82DEA8CF













6242CBAA-94CB-45D8-9EE0-8005D34E6786













787EA45D-1DA9-44DA-A283-E8C988281146













3F97CA29-AED7-45A9-A9BD-34711E0ED806













CF325F6C-AD90-4A97-95C2-AB0253933A3F













DSCN3647













D0F93DE7-91AA-487A-95D1-06A181246FDB













DSCN3638













E989A1EC-F95A-420C-BFA9-CF9193F84B5B













DSCN3646













DA7DD8F9-5825-4AF2-98F2-3188D72B70BD













21E97D29-9E5C-4EB7-8B03-941D2C8616EE






















ayatsumugi at 09:21|この記事のURLComments(0)

2018年02月12日

豪華絢爛な雅叙園百段階段で見る貴重なお雛様

塩原温泉、今朝はくもり。
予報では午前中に雪マークが一時期出ていますが、
先程まで青空で、今も降る感じではありません。
ただ日本海側で寒波との報道ですから、
多少の影響を受ける可能性はあります。


さて、今回東京に出かけた折に、
最後に目黒の雅叙園に行ってきました。

以前母の喜寿のお祝いで初めて訪れて、
東京都の有形文化財に指定されているという
百段階段の豪華絢爛さに驚きました
が、
その百段階段にて、古いお雛様などを展示していると聞きました。

「百段雛まつり」という展示。
毎年、日本各地からの貴重なお雛様を飾っていて、
今回で9回目となるそうです。

今年のお雛様は近江・美濃・飛騨から集められたもの
ほんの一部を除いて写真撮影がNGのため、
概要をビジュアルでお伝えできないのが残念。

素晴らしいお雛様ばかりです。
大きな御殿造りの近江の商家のお雛様や、
井伊直弼の娘の嫁入りに持参されたというお雛様などなど、
普通はなかなか見る機会がないお雛様が次から次へ

個人的にうれしかったのは、
私自身も興味を持っている、土人形のお雛様が色々あったこと。
やっぱり土人形のお雛様、好きだなあ。
何と昨年私が買い求めた、飛騨高山の山田焼のお雛様一揃え
全く同じものが展示されていました。
もしかして、とても貴重なものかもしれません。

3月11日まで開催しています。
機会がありましたら、ぜひ、足をお運び下さい。
売店のお雛様グッズも充実してましたよ。


43B16445-ED76-4F79-A73F-59DA29FAA482













2B3D8FBB-3F88-40E4-A39C-38FE03A7EDE3













雅叙園の雛人形展













雅叙園の雛人形展













雅叙園の雛人形展













雅叙園の雛人形展













60DA712E-848E-4872-A3C1-9B52120C27CF













4D9BD994-A3C1-46F2-BAF8-27DB69DE63BB





















ayatsumugi at 08:33|この記事のURLComments(0)

2018年01月05日

森林ノ牧場で私考案のホットキスミルドリンクが

塩原温泉、今朝は晴れ。
久しぶりに太陽が見えてきました。
昨日はまだパラパラと雪が舞っていましたが、今日は大丈夫そう。
道路も何とか地面が見えています。
ただ凍結箇所がありますので、
引き続き冬用タイヤの装着をお願いします。

連日ブログは雪ばかり。
ようやく、雪以外の話題をかけそうです。


那須の福島県との県境近くに
「森林ノ牧場」という牧場があります。
まだ若い社長の意欲的な取組で、
雑誌やテレビなどにもよく取り上げられる牧場です。

乳牛、それもジャージー種の牛だけを
自然放牧で育てており、
濃い牛乳や、乳製品はどれも個性的で、
他では味わえないものばかり
です。

その中でも「キスミル」という乳酸飲料は、
カルピスのようでカルピスではない・・・
カルピスよりも自然な甘さと
牛乳の味わいを感じることができる
とても美味しいドリンクで、
彩つむぎでも夕食時や、
お子様のウエルカムドリンクとして使っています。

そのキスミルドリンク、
冬のホットレシピコンテストというのがあり、
私も応募してみたところ、
何と大賞をいただきまして、
現在、1か月の期間限定、1月8日まで、
森林ノ牧場カフェで提供されています


どんなドリンクかというと・・・
夏期間に彩つむぎでも使っていた、
岩下の新生姜のピンクジンジャーシロップを加えたもの
ほんのりピンク色になり、身体がとっても温まります
しかも、あの岩下の新生姜の味が〜。

先日、やっと飲みに行けました。
とっても素敵に提供して下さっています。
子牛や山羊さんを眺めながらのカフェは、
何とも癒しのスペース

個性いっぱいの商品が買えるのも嬉しいですね。

森林ノ牧場さんまでは、
国道4号線を福島白河方面にまっすぐ進み、
県境少し手前で左手に入ってすぐです。

ちなみに、このピンクジンジャーキスミル、
何と栃木市にある
岩下の新生姜ミュージアム
カフェメニューにも採択されることになったそうです。
今月半ばから登場とのこと。

栃木県の北と南がつながるお手伝いができて、嬉しいです。

森林ノ牧場
那須郡那須町大字豊原乙627-114
☎0287-77-1340

http://www.shinrinno.jp/




森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場













森林ノ牧場




ayatsumugi at 08:41|この記事のURLComments(0)

2017年12月07日

塩原温泉女将の会の研修で伊豆へ

塩原温泉、今朝は晴れ。
きれいな青空ですが、空気は冷たいです。


昨日、県の女将の会で行った観光キャラバンと研修で、
熱海などのことを書きましたが、実は予約投稿。

県の女将の会のキャラバンは少し前になり、
そして、一昨日、昨日は、塩原温泉女将の会の研修でした。

なぜか、偶然に、時期も同じ頃、
行先も同じような方面になりました。

今回は伊豆稲取温泉へ
同業のお宿の施設見学と、稲取のつるし飾りの見学
そして、温泉と滝と吊橋の町塩原としては
見ておきたい城ケ崎の吊橋
さらに、途中の愛犬の駅など。

海なし県におりますので、
海が見られる場所への研修は、何ともうれしいものです。
二日間ともお天気に恵まれて、
海から昇る朝日や、富士山の絶景の連続に、
栃木県もいいけれど、静岡県もいいなあと


実は私は小学6年生まで、
今では富士市になっている、
静岡県富士川町というところに住んでいましたから、
毎日富士山を眺めて育ちました。

でも、今回の帰りのルートだった、
伊豆スカイライン、箱根スカイラインからの富士山は格別でした。
富士山から駿河湾、そして相模湾までも見られる場所も。
ずるいくらいに美しかった・・・


今年から塩原でも雛めぐりに取り組んでいるので、
稲取のつるし飾りも、飾り方の工夫など、とても勉強になりました。

愛犬の駅は初めて見ましたが、
ドッグフレンドリーな地域として、
那須地域にも導入されるといいですね。


女将さん同士ならではの、抱腹絶倒な女子会トークも貴重な時間。
伊東マリンタウンでお昼を食べて出発したのが14時で、
途中事故渋滞などがあり、
夕食を宇都宮で食べたのが20時過ぎ。
さらに塩原に戻ったのは22時半過ぎ。
少々疲れましたが、
おかげさまで有意義で楽しい二日間でした。
運転手さんや幹事さんに感謝感謝です。


女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修













女将の会研修




ayatsumugi at 09:26|この記事のURLComments(0)

2017年03月28日

追悼〜昨日の雪崩事故について

塩原温泉、今朝は青空になっています。

全国的なニュースになりました。
ご存知のように、昨日那須のスキー場で雪崩事故。
地元の大田原高校の生徒さんと先生が犠牲になりました。

実はこの3年間、
大田原高校と関わりを持たせていただいていて、
顧問の先生も存じ上げており、
山岳部の生徒さん達とも話したことがあります。

朝10時に雪崩、登山訓練の高校生が・・・と知り、
大田原高校に電話してもつながらず、
不安は高まるばかり。

昼に大田原高校以外の学校は無事が確認されたというニュース。
確実に大田原高校の生徒さん達が巻き込まれたことがわかり、
その後は・・・。
最後まで望みを捨てずに、推移を見守りましたが、
最悪の事態になってしまいました。

大田原高校の山岳部は栃木県では伝統もあり、
(U字工事の益子さんも所属していました)
また県内の大会では常勝校。
インターハイでも活躍し、大田原高校の自慢の部と部員達でした。

その背景には、いつでも那須連山をフィールドとして
練習ができるという恵まれた環境にあったことも。
それがかえって仇になってしまったのかもしれません。

現場となった那須ファミリースキー場は
コースがなだらかで、お子様連れの方に人気があるスキー場。
そこから上の、茶臼岳や朝日岳や三本槍岳や、
そういう山ならともかく、
勝手知ったる那須の、比較的なだらかな場所で、
あれほどの雪崩による遭難事故が起きたことに、
地元でも衝撃が走っています。

塩原に縁がある方のお子さんも犠牲になりました。
家族の方の心痛を思うと言葉がありません。
また、常に生徒の安全に心を配っていた
学校の先生方の無念はいかばかりでしょう。
何にも増して、希望に満ちた将来が待っていたはずの
生徒さん達が気の毒でなりません。
引率で亡くなった教師の方もまだ20代でした。

そして、参加していた他の高校の生徒さん達、先生、
全員が怪我を負ったと聞いています。

これだけの沢山の人の命を一度に奪い、
怪我をさせてしまう雪崩の恐ろしさを感じました。

そういえば、我が家の子供が大学を卒業する時、
確か3月25日頃の卒業式の直前に、
その大学の山岳部の主将と一年生が、
やはり山での遭難事故で亡くなったことを思い出しました。
春山もまた、厳冬期とは違う恐ろしさがあることを、
忘れてはいけないでしょう。

地元の一人として、
大田原高校関係者の一人として、
そして、山を愛する者の一人として、
今回の事故は、あまりにも衝撃的でした。

写真は雪をかぶった那須連山と、
昨年9月の大田原高校文化祭での山岳部の展示の様子です。
自分も山に登るので、話が色々と弾んだのが昨日のことのようです。
山岳訓練の様子なども嬉しそうに話してくれました。
並ぶトロフィーが実績を物語っています。

心よりお亡くなりになった生徒さんと先生の
ご冥福をお祈りいたします。
また怪我をした方に、心よりお見舞い申し上げます。

5204996c













14202693_1094995403924108_1291281732476797024_n













14232460_1094995413924107_8467828831843581309_n













14232607_1094995323924116_7240055894949601616_n


















ayatsumugi at 09:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月19日

星の王子さまミュージアム

塩原温泉、今朝はくもり。
昨日とは変わり、どんよりとした空。
気温はそれほど低く感じませんので、
雪にはならないと思うのですが。


さて、いつもお天気外れたことがない、女将の会の宿泊研修。
今回は行き帰りの高速などは晴れ、箱根の現地だけ雨という天気。
富士山も見えず、あまり観光らしい観光をしてきませんでした。

そんな中、ラリック美術館星の王子さまミュージアムを訪れました。
箱根には、色々な美術館があるのですね。

ラリック美術館は一切撮影禁止なので、
星の王子さまミュージアムだけ紹介したいと思います。

星の王子さまは、ご存知のとおり、
フランスのサン・テグジュペリの児童小説。
1943年に発刊されてから現在まで、
世界200か国以上で翻訳されており、
世界中で愛され続けてきました。

私も何度も読みました。
大学でフランス語を選択していましたので、授業でも。
初めてフランス語の原書を読んだ本でもあり、
今回、行けたら良いなあと思っていました。

「星の王子さまミュージアム」とありますが、
実際は、「星の王子さま」に関することと、
作者のサン・テグジュペリに関することと、
半分半分の展示
になっています。
サン・テグジュペリについてのほうが若干多いかな。

思っていたよりも広くて、
敷地内全体が「星の王子さま」の世界
屋外はフランスの街角のようでした。

沢山の人が訪れていました。
特に若い人が多く、
すでに没後76年になりますが、
若い人にも読み継がれていくのは素敵なことですね。


そして、今回箱根を久しぶりに訪れて、
感じたのは
「箱根って広いなあ」でした。

「箱根」と一括りに言われますが、
湯元、塔ノ沢、宮ノ下、強羅、仙石原、大涌谷・・・色々な温泉地があります。

少し前に
噴火の恐れ等で大涌谷などが立ち入り規制されました。
その後昼間に関しては解除になってもいますし、
湯元あたりと大涌谷はかなり離れています。
慎重になること、用心することは大切ですが、
正確な情報収集と提供、冷静な判断が必要だと思いました。
活火山である那須茶臼岳を控えた、この地域も他人事ではありません。

星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム













星の王子さまミュージアム




ayatsumugi at 08:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月18日

箱根の老舗旅館「環翠楼」の風格と歴史に圧倒されて

塩原温泉、今朝は晴れ。
一昨日の雪もほとんど融けてしまいましたが、
寒さが厳しくなっています。
温かい服装でお越しください。


さて、今回の女将の会の箱根研修では、
箱根元湯の老舗旅館「環翠楼」さんにお世話になりました。
建物は無形文化財。

老舗中の老舗とはうかがってましたが、
聞くと見るとでは大違い。

400年の歴史があるそうです。
現在の建物は明治時代のものと、
関東大震災の後に建てた、大正時代のものと

歴史ある宿にしか醸し出せない、雰囲気と空気
そして、レトロなどと言ってはいけないような品格。 

どこを見ても驚くばかり
無理を言って、
この宿を引き継いで5代目という
まだ28歳の若旦那さんに、ご案内をお願いしました。

皇女和宮様ゆかりの品々
和宮さまは、この宿にてお亡くなりになったそうです。
それだけでもびっくりですが、
伊藤博文、孫文、犬養毅・・・
錚々たる方々の書や額
に、
何度ため息をついたことでしょう。
現在の名前も、伊藤博文によるものだそうです。

すばらしい大広間に、
歴史的、民俗学的に貴重な品々。
私が見入ってしまったのは、洗面所の鏡や照明器具
大正時代のものでしょう。
マニアから見たら垂涎ものでした。

これだけの文化財を守り、維持していくのは、
並大抵のことではないと思います。
当館の姉妹館「明賀屋本館」も古い建物を守っております。
まだお若いのに、和服姿も凛々しい若旦那さん。
色々なご苦労がおありだと思います。
お忙しいのに、ありがとうございました。

あと、料理がすばらしかった
色々な宿に泊まっていますが、
とても印象に残る料理でした。

箱根環翠楼
http://www.kansuiro.co.jp/

箱根環翠楼













IMG_0180













IMG_0181























箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼













箱根環翠楼




ayatsumugi at 08:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

箱根がこんなに近くになっていたとは!

塩原温泉、今朝も青空が広がっています。
今日は一日良い天気になりそうです。


さて、先日、塩原温泉女将の会の宿泊研修で箱根へ
おそらく独身時代以来ではないかと思います。

独身時代は神奈川県に住んでいましたので、
温泉に行くといえば箱根。
社員旅行で、友達同士で、何度か訪れています。

でも栃木に来てからは、
県内を始め、お隣群馬県、茨城県、福島県、
そして宮城県や山形県などなど、
車で2〜3時間圏内に、沢山の温泉地がありますので、
わざわざ、箱根まで足を運ぶことがありませんでした。

女将の会の研修で箱根を選んだのは、
圏央道ができて、
都内を抜けずとも神奈川県に行けるようになったから
。 

「神奈川県がぐっと近くなったのを実感してこよう!」というのが
第一の目的でした。

圏央道、正式名称は、首都圏中央連絡自動車道
神奈川、埼玉、茨城、千葉をぐるっと結びます。
東北自動車道からは、埼玉の久喜ジャンクションから入っていきます。

南へ向かっていた東北自動車道から、
西へと向かう圏央道にぐ〜っと入って、
しばらく行くと、あっと言う間に(途中寝てました・・・)、
「高尾山」なんて標識が出て来て、
そして、前方に山北、足柄の山々が見えてきて、
厚木から東名高速へ

途中2ヶ所ほど休憩をとっても、
塩原から4時間弱で、御殿場に着いてしまいました

確かに、近いです。
御殿場辺りだと「沼津」なんて標識も出てくるし、
神奈川県、静岡県が、ぐっと近くなりました。

神奈川、静岡のお客様が増えてくる予感
せっかくなら、他の県より栃木県、
そして塩原温泉にぜひお出かけ下さい!


圏央道を使って箱根へ首都圏外郭を結ぶ、
総延長300キロの幹線道路になる予定。












圏央道を使って箱根へ東北自動車道
久喜白岡ジャンクションから入ります。












圏央道を使って箱根へ













圏央道を使って箱根へぐ〜っと西へ。













圏央道を使って箱根へ箱根?の山が見えてきた。













圏央道を使って箱根へ圏央道から東名高速へ。
分岐点は緊張します。
間違ったら大変。











圏央道を使って箱根へ]相模原なんて標識が出てきて、













圏央道を使って箱根へ4時間かからずに御殿場。













箱根へこんなルートでした!











ayatsumugi at 09:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年08月05日

念願の新潟長岡花火大会

塩原温泉、今朝は晴れ。
ここ数日、午後から夕方にかけて、
ゲリラ的豪雨に見舞われる日が続いています。
チェックインやお出かけはお早目が良いと思います。
今日も青空で、暑くなりそうです。

さて、お伝えしたように、昨日まで二泊三日で新潟へ
長岡花火大会を見てきました

塩原に来る前の独身時代、
花火大会にはよく行っていました。
夜空を彩る、その時だけの美しさに魅せられていました。
まだネット動画投稿などない時代。
花火大会を見るには、行くしかありませんでした。

その後、旅館の仕事に携わって以来、
土曜日曜に開催することが多い花火大会は
自分には縁のないものだと、ずっと思ってきました


ところが、数年前に、新潟長岡花火大会は
日にちが固定されているので、
年によっては平日になることがあると知り、
それ以来、平日になる年を待っていました。

長岡花火大会は、
毎年8月1〜3日に開催される長岡まつりの中で、
2日と3日に打ち上げが行われます。

これは昭和20年8月1日に、長岡空襲があったことに由来します。
空襲で犠牲になった方達の鎮魂の花火なのです。

スケールと内容で、日本一とも言われる花火大会ですが、
毎年必ず、真っ白で丸く大きく広がる
「白菊」という花火3発で始まります。

この「白菊」については、
温泉ライターでもある山崎まゆみさんの著書
『白菊〜なぜ、花火で泣けるのか?』が詳しいので、
こちらの本を読むことを、お勧めいたします。

日頃から温泉を通じて交流のある山崎さんからも、
ぜひ、一度長岡の花火を見て下さいと言われ、
益々、行ってみたくなり、一年前から手配をしてきました。
かなり久しい、母との二人旅です。

毎年ネット動画で見てはきましたけれど、
やはり現地で、信濃川の広い河川敷の大きな空を彩る花火は、
感動100倍
本当に泣ける花火でした

「白菊」で始まり、じっくり2時間。
途中、平原綾香の『ジュピター』に乗せて打ち上がる、
中越大震災復興花火『フェニックス』や、
大河ドラマ『天地人』の花火など、
空から花火が覆いかぶさるような、
すばらしい花火の連続でした(鳥肌ものです)。

一日50万人が集まると言います。
二日で100万人。
長岡はどこもかしこも、人でごった返していました。
那須辺りから、日帰りで行く方もいるそうです。

色々な方からの情報やアドバイス、
ご縁がつないでくれて、見に行くことができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も平日開催となりますので、
また行くことができるといいなあ。

今度の土曜日6日には、市内那珂川河畔公園にて
<那須野ふるさと花火大会>があります。
私は行けませんが、こちらの花火大会は2年に一度で、
2万発という、近在ではかなり大規模な花火大会です。
(長岡花火大会でも、各日1万発の2万発)

19〜21時開催となります。
彩つむぎからは40分ほどの場所。
夕食なしのご対応が可能です。
若干空室ありますので、今からでも間に合いますよ!
やっぱり花火大会はいいですね。

DSCN8642「白菊」
真っ白で真ん丸の大輪の花。












新潟長岡花火大会夕暮れの空を背景にスタート。
コウモリが沢山飛んでいました。












新潟長岡花火大会横に長い河川敷を
いっぱいに使います。












新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













新潟長岡花火大会













山崎まゆみさんの著書「白菊〜なぜ、花火で泣けるのか?」
https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E8%8F%8A-shiragiku-%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%B8%AB%E3%83%BB%E5%98%89%E7%80%AC%E8%AA%A0%E6%AC%A1%E3%81%8C%E6%8D%A7%E3%81%92%E3%81%9F%E9%8E%AE%E9%AD%82%E3%81%AE%E8%8A%B1-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/4093883769

<那須野ふるさと花火大会>
http://那須野ふるさと花火大会.com/




ayatsumugi at 08:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年03月15日

震災の日にスカイランタンを上げに

塩原温泉、今朝は晴れ。
今日は一日良い天気に恵まれるようです。
花粉症の方は対策が必要でしょう。

さて、先日の3月11日、私達は新潟に向かっていました。
新潟県津南町という山間の町。
クラブツーリズムの貸切イベントで、
スカイランタンを上げるというバスツアーに参加して来ました。

スカイランタン
紙で作った小さな気球に願いを書いて、空に上げます。
元々はタイや台湾などで、行われています。
それぞれ、コムローイとか、天灯とか呼ばれています。

前からこのスカイランタンに興味があり、
一度見てみたいとずっと思っていましたが、
そういうイベントは大体週末。
今回やはり土日に大きなイベントを控え
その前日にツアー貸切で。

片道、約4時間
途中、群馬県沼田市でゆば引き上げ体験がついていましたが、
後は特に食事をとる時間もない、強行軍でした。

現地に着いてからは、
そのスカイランタンに願いごとを書いて
ひたすら日が暮れるのを待ちます。
クラブツーリズム貸切イベントには
各地から集まったバス22台、約800人
3人に一つのスカイランタンに火をつけて、
ふくらんでくるまで待って、手を離すと、
一斉にふわりと空へ上がって行きます。

3月11日、それぞれの思いや祈りを込めて。
他では味わえない、不思議な感動を感じながら。

いつか機会があったら、また体験してみたいです。


津南町のスカイランタン













津南町のスカイランタン













津南町のスカイランタン













津南町のスカイランタン













津南町のスカイランタン













津南町のスカイランタン

















ayatsumugi at 06:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)