Still T.K.

ありがとう、SMAP。その想いを胸に抱えつつ、木村拓哉サンをフルパワーで応援してます。最強の木村拓哉ファンになりたい!!感謝の心を忘れずに、日々想いを届けて行きたいです。

ご挨拶(最新記事ではありません)

こんにちは。
我がBlogへのご訪問ありがとうございます。
ただただ木村拓哉サンが大好きで、そんな日々を綴っているだけのBlogです。

プロフィール代わりに、このBlogの変遷を。

2001年9月
大恋愛の末の大失恋のショックから、思い余って(?)、まったくPCオンチのくせにSMAPのファンサイトを立ち上げる。
とは言っても、レンタルサーバーで、今思うと本当に恥ずかしいHPでした。

2003年12月
↑のヘボサイトを脱却すべく、独学でタグを使ってHPをリニューアル。
ま、内容はそれまでと変わらずでしたが。

2006年5月
HP内の日記をやめ、Blogへ。当時のBlogの名前は「Special Diary」。
サンプルの拓哉サンのソロ曲より。

2008年秋ごろ
Blogの名前を現在の「Still T.K.」に変更。言うまでもなくスパモダ収録の「Still U」から。割と長い時間、拓哉サンのファンをやってる自分の気持ちとリンクする曲だったので、自分の拓哉ファン人生のテーマソング的に感じ、自分にとって一番身近なBlogの名前にしたのでした。

2010年11月
HPのサーバーのサービス終了に伴い、他のコンテンツを廃止し(と言うか、強制終了)、Blogに1本化。


他にレポ専用のページやBlogもあるので、リンクを貼っておきます。


過去のレポです。お手数ですがPW入力お願いします。
各種レポ


新たにレポ専用のBLOGを作りました。
ナナイロの景色



ただいまコメント欄は閉じさせていただいております。ご了承ください。
コメントは、拍手からお願いします。
拍手コメントにも返信をさせていただいてますが、お名前はイニシャルで表示させていただきます。(追記欄に返信を書かせていただいてますので、”続きを読む”を開くと表示されます)

ayaへのメールは、コチラからお願いします。

SNS(よろしければこちらもよろしくお願いします)
Twitter:ayapan1113
インスタ:ayapan.999

想いよ届け

拓哉サン関連の公式サイトや要望の届け先、まとめてみました。
随時追加します。




「木村拓哉のWhat's Up SMAP」番組HP



TOKYO FMリスナーサービスセンター
(TOKYO FMに対する意見・要望など)



「UOMO」HP



「NALU」HP




「タマホーム」SPEIAL SITE




「トヨタ カローラフィールダー」HP



「ダンディハウス」HP

ちゃんと見てきた人

長きに渡り謂れなき中傷をされ続けてますが、そんな中傷をするのは本人と会ったこともないような三流以下のマスゴミ。
記事の元となっている証言も、TV関係者Aとか、芸能関係者Bとか。
自称ドラマ評論家だったりコラムニストだったりも然り。

だけど、本人と親交があったり、一緒に仕事をしたことがある方から出るエピソードは、本当に拓哉サンの謙虚さだたり、真面目さだったり、サービス精神だったり、外見だけでないかっこよさだったりを伝えてくれる。

今までだって、拓哉サンと親交のある芸能人の方やスタッフさんなど、拓哉サンがワッツで話したりして、知ってはいたけど、まぁ当たり前なんだけど私らが知るところなんて、きっと氷山の一角で。
今まで見えてなかった、でもすごく深く強い関係の人たちって、業界内外問わずたくさんいるんだなって実感してる。
本当にね、当たり前っちゃ当たり前なんだけど。
でも、チラリと見えてくるその関係性がすごく嬉しかったりするんだよね。

最近では、アンルイスさんのご子息の美勇士さんが、若かりし拓哉サンの素敵なエピソードを、ツイでもラジオでも話してくださって、心から感謝です。
私がファンになって、ちょっとしたころのMYOJOで、拓哉サンと対談してたんだよね。
アンルイスさんって知らなくて、私。
しかも、小学生だったしね、「たっくんと仲いい女の人なんて、キィィィィ!!!!」な年頃ですよ(どんな年頃だw)
女の人(しかもキレイ)な人と対談、しかも読めばおうちにも行ってる?!と、心中穏やかでなかったんだけど、最後にアンさんが「うちの12歳の息子」って言ってて、な〜〜んだ、お子さんいるんだ!!と変に安堵した記憶。


・・・って、小学生のayaのジェラシー話はどうでもよく。
だから、その対談は93年かな。
あすなろ前くらい?
いずれにせよ、拓哉サンが20歳くらいの話だよね。
きっとさ、アンさんのパーティーだし、周りは先輩だらけだったと思う。
そんな場にお呼ばれする若干20歳の拓哉サンもすごいし、そんな中でもちゃんと先輩に気を使わせずに、でも若輩者の身としてちゃんと片づけをするのが拓哉サンなんだよね。
先輩だらけの空間で、イキがっちゃってもいい年頃なのにね。


そんなお皿を洗う拓哉サンの背中を見つつ、声をかけちゃいけないって思った当時小学生だったであろう美勇士さんもすごいよね。
同い年の私は、当時君のお母さんに嫉妬してたよw


美勇士さんが「木村君」って言うのがなんかいいなぁって思って。
ジャニーズって、年下でも”くん”付けだから、拓哉サンのこと、木村君って呼ぶ年下の人いっぱいいるけど、美勇士さんが、本当にずっとずっと自然に「木村君」って呼んできたんだなって感じられて。
小さい頃から拓哉サンを見てきて、ずっとずっと見てきて、それで一生好きですって言ってくれる美勇士さん。
しっかり木村拓哉を見てきた人の言葉、気持ち。
すごくありがたく、心に響きます。

お酒

「A LIFE」のない日曜日。
先週まで、直虎→A LIFEが定番だったので、やっぱり寂しい・・・
直虎とA LIFEの間の15分で、タグ付けて呟きまくって・・・(ドラマ始まったら呟けないからね)

でも、寂しい寂しいとばかりも言ってられない。
日々「無限の住人」の情報を追うのに邁進してます。
早いもので、京都のイベントも、大阪の試写会も1週間を切りました。
当選メールや招待状が届いているようで・・・
来週の今頃には、もう作品を目にする方たちが存在してるんですよね。
発表から今までが長かったので、信じられない思いです。
私も、自分にとって出来る限りのことを全力でやらねば!!
気持ちばかり焦ってしまうけど、そういう勢いも大事だし、しっかり地に足つけて冷静に行動することも大事だと思う。
心と足と頭をフルに使った応援活動をコツコツと。


金曜日はTLが「LOADED」に対する悲鳴で埋め尽くされてました(笑)
私はツイでそういう声を見てたし、本屋さんで買う前に、拓友さんが画像をLINEで魅せてくれたので、心構えが出来てましたが、あれを不意打ちで本屋さんで見たら、きっと奇声を発してたと思う。
色気のカリスマ・・・まさに。
これを色気と言わずして、何を色気と言うんだろってレベル。
ちょっと・・・ヤバイですね。
44歳。重ねてきた年月がしっかり顔に、手に、瞳に表れてる。
年相応の魅力だなぁ。


と、LOADEDもたまらないけど、こちらも最高!「UOMO」。
だって、テーマが「酒」だよ。
aya的に待ってました!!だよ。
って、対談にはビールのビの字もないけどw
でも、拓哉サンも毎日飲んでるって言うのが嬉しい。
家飲みね・・・いいよね!!
そして、赤ワイン好き。
BlogやTwitterでは、ビールビール言ってますが、もちろんビールは最高に大好きなのですが、ワインも大好き。
一応、ワイン検定シルバークラスなるもの持ってます。
薀蓄じゃないけど、ワインって知れば知る程面白いし、BEERはなんも考えずにグビグビ飲みたいのに対して、ワインって1本1本、1杯1杯大切に飲みたい。
とは言え、いつもいつもいいワインを飲めるわけじゃないし、勉強中と言ってもそんなに深い知識があるわけでもないので、ワインショップで選ぶのもけっこう難しかったりもするんだけど・・・
だから、拓哉サンがそんなこだわりなく飲んでるって言うのを読んで、すごく親近感を感じた。
編集長のBlogでの裏話で、ワインをジャケ買いしたりするって書いてあって、なんかいいな〜〜〜って思った。
その結果、どんなワインでもそれも1つの思い出だよね。


お酒での失敗、ちょろっと拓哉サンもエピソード書いてたけど、かわいいもんですよねw
自慢じゃないが、私の引き出しハンパないよ(笑)←だから、えばるな。
このBlogのカテゴリーに”酒での失敗”って加えたいほど。(需要がないのわかってるので加えないけどw)
iPhoneが電車の中で1泊したことは何度もあるし(Find iPhoneって機能様様)、電車の乗り過ごし・・・ならかわいい方で、終点まで行って折り返したり。
深夜0時の時点で練馬に居たり。(ayaの生息地は神奈川県)
電柱に抱きついたり、酔った勢いで友達に電話してそのまま寝落ちしたり。

やばい・・・書いてて自分で笑えなくなってきた(笑)


UOMOの対談で、バーの話をしてたけど、本当にスマートにナチュラルにバーに入れて、そこで時を過ごせる人って本当にかっこいいと思う。
実は先月旅行に行った時、一人で泊まったホテルで、思い切ってバーに行ってみたけど、場の空気に自分の気持ちが飲まれちゃって・・・
柿ピーボリボリするしか間が持たなくて(笑)
はぁ、まだまだだなって思いました。


ボンドマティーニ、メレンゲで満島君が話してたカクテルだよね♪
オシャレなバーで、オシャレなカクテル・・・様になるだろうな、拓哉サン。
そんなシーン満載の役をいつか、いや近いうちにやってほしい!!

アライフ話

「A LIFE」話で30分。
色んな話が聞けて、楽しかった〜〜〜!!
現場の話をする拓哉サンの声、穏やかだけど、楽しそうで、充実していて・・・聞いている私も幸せ。

しかし、毎度のことながら、”アドリブ”ってねぇ。
台本に書かれていないこと=アドリブって言うのじゃないと思うの、個人的に。
アドリブって、もちろん台本には書いてないけど、打合せでもリハでもそんなセリフないのに、本番でいきなり言っちゃったり、やっちゃったりすることだと解釈してるんだ。
それ自体を否定するわけじゃないよ。
例えば、「アイムホーム」の西田さんなんて、きっとアドリブ三昧だっただろうし、それがあの部長さんのキャラと相まって面白いものになってたし。

でも、拓哉サンの言うところの、現場で生まれるセリフって言うのは、台本には書かれてないけど、その役を生きる役者だからこそ、その現場にいるからこそ、生まれるセリフであって。
けして、アドリブじゃないんだよね。

アドリブにしても現場で生まれた言葉にしても、それをいちいち「そうですか?」って確認しなくてもいいと思うんだよね。



こうして、ドラマのエピソードを語る拓哉サンを聞いてると、本当に”役を生きる”と言う言葉がピッタリだなと。
その役の人に対して、ビジュアル面や技術面はもちろん、メンタルな部分も寄せていく。
しっかりと亡きお母さんのキャラ設定もしっかりしている。
大好物はリンゴ。
そういうさり気ないことでも、2話からもその前提でリンゴをテーブルの上に置いていたり。
沖田一光として、お母さんを想ってるよね。

そして、最後のしつもんで言ってた「もっと患者さんを診たかった」って自然に出てくるってね、もう視点はお医者さんだよね。
密着の番組で、平泉成さん演じる森本さんにオペの説明をする時に、「患者さんに向かって”異常”って言葉使わなくていいですか?」って言ってたけど、それは医師の視点であり、患者さんの視点でもあるよね。

沖田先生のオペの話ではないけど、どれだけの準備をして臨んだんだろう。
拓哉サンはそれを準備とは言わないだろうけど、相当な練習もしただろうし、色んな本を読み漁ったって言ってたよね。
本当に沖田先生なら、もっともっと描けることあるよ!!
うえぴ、大変だろうけど、アライフその後の話をぜひ・・・!!続きを読む

今年のお花見は

もう東京は桜の開花宣言出たんだっけ??
週末にも見ごろ・・・なんて言われているけど、週末は寒いみたいですね。
うちはボスがなんとな〜〜く月末にお花見をしたがってるけど、果たしてそれまで見ごろなのかわからないし、そもそも天気に恵まれるのかな???なんて思ったり。

お花見って、どうしても花の見ごろの時期や天気は読めないし、なかなか難しいよね。
お花見って言うお花見なんて、しばらくしてないなぁ。
桜の見えるレストランでランチとかはしてるけど。
(と言うか、窓から桜が見えると期待して行ったけど、結局見ごろのタイミングで行けなかったりねw)
あとは、桜が咲いている道をお散歩したり♪

そんなわけで今年はお花見に行けるか行けないかわからないけど・・・
でも、花より団子!ならぬ、花より拓哉!!

「無限の住人」の主要キャストが出てるポスターってピンクでしょ?
なんかさ、桜みたいじゃん!!
だから、今年はたくさんの「無限の住人」の看板を見て、お花見気分を味わえそう。
そんなお花見もいいよね!!

週明けから、色んな鉄道の車内にあると言う万次さんの中吊り。
私も万次さんでお花見in電車をしたかったけど、残念ながら、私が使っている路線にはなかった・・・_| ̄|○
う〜〜〜ん、都内の地下鉄とか週末まであるかなぁ・・・

でも、まだまだプロモーションはこれから!!

お花見の春、万次の春が近付いているね🌸🌸🌸


沖田先生の余韻に浸りながら、ただ目の前の万次さんを追いかける。
なんと幸せ♡

放送日

今日発売のTVガイド、表紙に拓哉サンの名前。
なんだろ〜〜って思ったら、「A LIFE」クランクアップの時のショットが。
スクラブ姿の沖田先生の周りに、まさお、井川先生、柴田さん。
やっぱりいいなぁ・・・あったかいなぁ・・・。
本当にいい仲間と濃密な時間を過ごしたんだね、拓哉サン。

そして、同じページに「さんタク」の告知。
昨日、芸人さんのツイで漏れてたけど(笑)、ちゃんとTV誌に正式に放送日時が載ってました。
4月10日21時〜!!
ゴールデンの「さんタク」ってなんだか新鮮!!
いっつも、夕方にゆる〜〜〜くだったもんね。
今まで見てなかった人も、見たりするかもね。初めて見る木村拓哉ファンでない人は、木村拓哉のかわいさにビックリしちゃうかも!



今夜は、さっきまで雑誌の解体!!
ほんと、ありがたいことにすぐに雑誌の山が出来る。
まだ、丘にうちに解体解体✂
タイミングよく、明日は資源ごみの日だ!!

なんだかんだしてたら、こんな時間。
短いけど、この辺で・・・

おやすみなさい♪

ロスのような・・・・

「A LIFE」が終わり、なんだか心にポッカリ・・・
と言うよりも、まだ終わった実感がない。
きっとロスってのがジワジワ来るんだろうなぁ。

とは言えふと日常生活の中で、頭の中に「Still Alive」の稲葉さんのボーカルが響くと、こみ上げてくるものがある。
あの歌がかかると、あ〜〜もう今週もおしまい?!早い!!なんて思ったり、ジーンとしたり、ハラハラしたり、切なくなったりしたなぁと、その時々の想いがこみ上げてきたり。
でもって、なんといってもB’zさんの援護射撃が嬉しくて・・・


なんだか寂しくて最終回はリピする気になれなくて。
これは、A LIFEに限らずなんだけどね。最終回を他の回ほどリピしないんだよねぇ。
なので、また1話から見返したいなぁなんて思っているけど、ありがたいことに万次さんの情報も日々フツフツと湧いてきて。
ちょっと気合いを入れなおして、万次さんの応援を加速させていきたいです。

なんだか昨日は、な〜〜んも考えず楽しいTVが見たくて、「付タク」をリピ!!
何度見ても楽しい。
拓哉サン、良い顔してるし、岳くんや健太くんの嬉しそう。

贅沢は百も承知だけど、「付タク」レギュラー化してほしいなぁ。
今年は4月だけど、通常は1月のさんタク。
なので、冬はさんタク、夏は付タクで!

私が想定する出演希望者

松山ケンイチさん、市原隼人さん、満島真之介さん
事務所内なら、長瀬智也さん、亀梨和也さんあたりかしら(笑)


でもまずは4月の「さんタク」だね!!
この前のヤンタン、最高でしたね。
付き人で、言葉を発するのは少なかったけど、でもきちんとさんまさんは会話の中に拓哉サンを盛り込んでくれてたし、拓哉サンは拓哉サンで、プレゼントのセンスとか渡し方とかかっこよかったし。
ラジオだけでも、楽しさが伝わってきたので、「さんタク」本編の放送が楽しみで仕方がない!!

それぞれの道に

「A LIFE」、終わってしまいました・・・
終わってしまった・・・

深冬のオペと言う山場があったけど、最後までいい意味で淡々とした展開だった。
だからこそ、まだこれからもあのキャラクターたちに会える気がする。
ドラマは終わっても、檀上病院で、シアトルで、下町のお寿司屋さんで・・・それぞれがそれぞれの日常を送ってるんだな〜って思わせてくれるラストだった。

始まる前の番宣で、竹内さんが「沖田先生が帰ってきたことで、みんなが嘘をつけなくなる」って言ってたけど、それぞれが抱える膿を出して、それにみんな向き合って行ったよね。
それは沖田先生自身も。
院長が娘との仲を引き裂くために画策したとか、壮大が追いやったとか、きっとそれぞれの思惑だって沖田先生は疑念は抱いてたし、わかってると思う。
でも、最終的に人のせいにしないんだよね。
結局最後は、自分が深冬から逃げていたからと。
「いつ振られたの?」って深冬に聞かれるくらい曖昧な別れ方だったんだろうし。
だからこそ、沖田先生も深冬への想いに一区切りをつけることが出来たのかなって。

今、こうしている間にも、シアトルでたくさんの命と向き合ってるんだろうね。
一途一心にね。

今は、こんな素敵な作品を届けてくれたキャスト・スタッフのみなさんに感謝しかありません。

聖地巡礼

一昨日のワッツで聖地巡礼なんて話題が出てたけど、昨日は元々聖地巡礼・・・と言うか、ロケ地巡りの予定でした。

「A LIFE」はほんと沖田先生のロケ地が少なくて・・・
ロケ地巡りと言う名のお散歩が大好きな私は、どこかに行きたくて行きたくてウズウズしてました。
けっこう、食べ物屋さんのシーンはあったけど、2話の院長の快気祝いのレストランも、
4話の井川先生との焼肉も、夜の営業のみで・・・
土曜日の夜に予定が立て込んでいたので、なかなか行かれず。
ドラマ終わって、時間できたらゆっくり行こうかなと。

って時に出てきた9話の焼肉屋さん!!
井川先生が柴田さんに”おすわり”って言われてかわいかった焼肉屋さん!!
調べたら、ランチ営業もしてる!!
これは、行くしかない!!ってことで、拓友さんと焼肉ランチ。


ちょっと細い路地を入ったところにある焼肉屋さん。
薄暗いので、やってるのかな?と恐る恐る入ると、既にお客様もいらっしゃり、そしてかわいいおじさんが出迎えてくれました。
1Fのテーブル席に通されました。

入るとすぐに目に飛び込んできた


0318-4











「あ、ポスター!!」って拓友さんとはしゃいでいると、お店のおじさんが、「A LIFE」のポスターを指さして、

「これで、来たの??」」

と聞いてきた。


はい!!!と答えると、「上で撮ったんだよ。」とのこと。

「あとで、お二階見せてもらってもいいですか?」とお願いすると、「今行ってきなよ」と、注文も聞く前に、二階を見せてくれました。

2階はお座敷で、ランチの時は使ってないのか、電気も消えていて暗かったのですが、写真を撮るのに、点けさせていただいて(笑)

あ、ここだここだ!!!


と、沖田先生たち3人が座っていた場所を確認して興奮してると、壁を見てさらに興奮!!


0318-1










おそらく壮大に向けた、木村監督のお遊びであろう、”壁にパンチ禁止”や”酔った勢いで壁を殴らないでください”の貼り紙が!!
おじさんに、「貼り紙がは、撮影の時のままなんですか?」と聞くと、そこを見たくて来る人が多いから、そのままにしていると。
なんてありがたい!!素敵な配慮です、おじさん(*'▽')
ロケ地巡りの客を暖かく迎えてくれるおじさん。すごく嬉しかったです。


ランチは焼肉の定食が主なメニューで、私らはハラミ定食に。
お肉、ライス、スープ、ナムル、キムチ付きで、950円とお手頃♪


まずは、七輪登場!!




0318-2










沖田先生たちも、七輪で焼いてましたね!

そして、0318-5









そして、肉登場!

柔らかくて、おいしいハラミ!
まぁ、自然とこいつも付けちゃうよね



0318-3









だってさぁ、沖田先生も柴田さんも井川先生もBEER飲んでたし。(←いいわけ)



んなわけで、あっちゅー間にハラミ定食を平らげました。おいしかった〜〜〜!!


けっこう、建設現場で働く方たちがランチをしに来るみたいで、私たちがいた時間もたくさんそういう感じのお客さんが来てました。


今度は夜に、人数集めてお座敷でワイワイやりたいな〜〜〜!←友達少ない問題がw


心優しいおじさんに感謝の聖地巡礼でした。
Archives
記事検索
<自己紹介>
HN:aya
住処:神奈川県
齢:柴咲コウ世代(笑)
「その時、ハートは盗まれた」で、拓哉サンにハートを盗まれてからずっとSMAP大好き、木村拓哉さん大好き!
SMAPや拓哉サン大好きな人たちと過ごす時間も大好き!!
拓哉サンにちょっとでも関係すれば、とりあえず行ってみる。
足で楽しむタイプのオタです(笑)
たまに、ずさんなレポ書いてます。
こんなテキトーなblogですが、よろしこです♪
ayaへのメールはコチラからお願いします♪