Still T.K.

ありがとう、SMAP。その想いを胸に抱えつつ、木村拓哉サンをフルパワーで応援してます。最強の木村拓哉ファンになりたい!!感謝の心を忘れずに、日々想いを届けて行きたいです。

ご挨拶(最新記事ではありません)

こんにちは。
我がBlogへのご訪問ありがとうございます。
ただただ木村拓哉サンが大好きで、そんな日々を綴っているだけのBlogです。

プロフィール代わりに、このBlogの変遷を。

2001年9月
大恋愛の末の大失恋のショックから、思い余って(?)、まったくPCオンチのくせにSMAPのファンサイトを立ち上げる。
とは言っても、レンタルサーバーで、今思うと本当に恥ずかしいHPでした。

2003年12月
↑のヘボサイトを脱却すべく、独学でタグを使ってHPをリニューアル。
ま、内容はそれまでと変わらずでしたが。

2006年5月
HP内の日記をやめ、Blogへ。当時のBlogの名前は「Special Diary」。
サンプルの拓哉サンのソロ曲より。

2008年秋ごろ
Blogの名前を現在の「Still T.K.」に変更。言うまでもなくスパモダ収録の「Still U」から。割と長い時間、拓哉サンのファンをやってる自分の気持ちとリンクする曲だったので、自分の拓哉ファン人生のテーマソング的に感じ、自分にとって一番身近なBlogの名前にしたのでした。

2010年11月
HPのサーバーのサービス終了に伴い、他のコンテンツを廃止し(と言うか、強制終了)、Blogに1本化。


他にレポ専用のページやBlogもあるので、リンクを貼っておきます。


過去のレポです。お手数ですがPW入力お願いします。
各種レポ


新たにレポ専用のBLOGを作りました。
ナナイロの景色




Instagram
アカウント:ayapan.×××
 
 ×××には3桁の数字が入ります。ヒントは拓哉サンの好きなアニメ(銀河鉄道系)のタイトルの3桁の数字です。
(すみません、直接的に書くの気が引けたので、まどろっこしい書き方になりました。)

想いよ届け

拓哉サン関連の公式サイトや要望の届け先、まとめてみました。
随時追加します。


Flow


TOKYO FMリスナーサービスセンター
(TOKYO FMに対する意見・要望など)



「UOMO」HP



「NALU」HP


西武・そごう


映画「マスカレード・ホテル」公式サイト


「さんタク」


「検察側の罪人」


MARK&LONA


GYAO


リョーマゴルフ


JUDGE EYES 死者の遺言



【終了済の番組】

「木村拓哉のWhat's Up SMAP」番組HP


ドラマ「BG〜身辺警護人〜」

ドーン!

朝起きて、パラパラと新聞わ見ていたら、ある広告に一気に目を吸い込まれた!

拓哉さん??

いやいや、Kōki,ちゃん??

名前なかったけど、眉毛と黒子で確信を得た(笑)

毎日新聞↓

IMG_0637


日経新聞↓

IMG_0638




にほんをつなげ74と言う、新聞週間のキャンペーンかな?



いつにもまして、拓哉さんみ半端ない‼️

そして、ここまでのアップで際立つ美しさ✨

朝からドキドキワクワクです。


音感

日曜の昼間ってことで、なかなかリアタイ出来ないけど、毎週聞いては、見ては癒されてます。
Flowと木村〜〜ん!

今日の「木村さ〜〜ん!」は二胡。
二胡・・・と言えば、「検察側の罪人」のテーマよね!
なんとなく中国の楽器とは知っていたけど、あそこまでガッツリ音色を聞いたのも初めてだったし、弾いているところをマジマジと見るのも初めてだった。

2つの弦で音を出すって知って、たった2本の弦で、どうやってあんな幅広い音色を??なんて思ったけど、いや〜〜〜すっごい難しそう。
先生の説明を聞いても、もはやちんぷんかんぷん。
勿論、配信の時間よりもたっぷりと練習する時間はあったんだろうけど、でもいずれにせよ短時間で習得できちゃう拓哉サン&浅野さん、すごいなぁ。

まず、キレイな音を出すだけでも難しそう。
「気」って言われてもねぇ・・・(あまり気功とか信じないタイプなのでw)って思ったけど、つまりはいい姿勢じゃないと、キレイな音は出ないってことね。
どんな楽器もそうなのかもしれないけど、音ってそれを奏でる人の気持ちやコンディションが多かれ少なかれ表れるものなのかもしれないね。
二胡はそれがより直接的なもかもしれない。


「かえるのうた」をマスターしたことwよりも、個人的に感心したのが、外弦の音が違うって瞬時に察知したこと。
拓哉サンって、すっごい音感いいよね。
音感とは違うかもしれないけど、GLの前あたりに出演した「東京フレンドパーク」で、光るパッドを叩いて、音楽を演奏して、何の曲か当てるゲームで、そのベース音だけで当ててたことあったよね。
耳がいいのか、音感があるのか、リズム感がいいのか・・・わからないけど、でも私が思っている以上に、音とか音楽についてのセンスがあるんだな〜〜って思った。
静香さんだって、そうだろうし、Kōki,ちゃんもしっかりそういうセンスを受け継いでるんだなぁと。
でもってKōki,ちゃんは本人の努力で、更にその才能を開花させてると思う。


でもって、やっぱり私は2つの弦ではなく、6つの弦を奏でる拓哉サンが見たい!!
奇しくも?今日は、6年前味スタでギターを奏でる拓哉サンを間近で見た日。
マイクを通さずとも聞こえて来た、拓哉サンが弾く弦の音がずっと耳から離れない。
繊細だけど力強い。
そんな拓哉サンのギターの音をまた聞きたいな。

さんまさんが、11月1日に日本一早いお正月番組の収録をするっておっしゃってたそうなので、その番組ではまた拓哉サンの弾き語り聞けるよね!
さんまさんのチョイスはいつも素晴らしいので、来年も新年早々期待しちゃいます!

Nothing can ever compare to you

あれだけ怒涛の番宣ラッシュ、雑誌ラッシュがあると、各々への感想を書きたくても、追いつかな〜〜い!!なんて言ってたけど、すっかりそんなラッシュも落ち着き、ぼちぼちと上映回数や館数も減る中、まだまだ「検察側の罪人」を楽しみつつ、その余韻に浸ってます。

毎日絶対に更新!!って義務感のようにやっているわけではないけど、なるべく更新はしたいと思う。
でも、ちょっと今年に入ってから、怒涛の露出や新しいお仕事、話題に事欠かない時期が続いたので、ちょっとそんな話題が落ち着くと何を書いていいのやら・・・
ツイを覗くと、グループ時代の末期がいかに酷かったか・・・みたいな証拠提示合戦みたいで、正直あまり心が晴れません・・・。

今でも5人は繋がってる!!再結成する!!、不仲じゃないのに解散させられた!!なんて言う、グループファンの事実無根の妄想に対して、過去の実際の映像やら各メンバーの発言等で対抗してるんだろうけど、私は正直あまり過去を振り返りたくない。

2015年あたりは、私もグループファンでもあった中で、色々違和感を感じてて、それを必死に拭っていたり、自分の中で取り繕ってきた。
だから、正直思い出したくもなくて。

今の拓哉サンが1番大好きで、これからの拓哉サンが楽しみで仕方がなくて・・・つまりは今すごく満足してるから、色々理不尽で辛かった日々だったけど、結果これでよかったって思える。


今日のタイトルは、SMAPの「Still you」の歌詞の一節。
このBlogの名前の由来にもなった「Still you」。
この歌の歌詞を見た時に、私のSMAPファン、木村拓哉ファン人生のテーマのような歌だと思った。
なんかビビっと来て、それまでのBlogから改名した。

訳すと、”あなたは誰とも比べられない”・・・そんな感じかな?
それが、SMAPであり、木村拓哉だった。


人間だし、好き嫌いはあるし、どうしたって比べてしまうこともある。
でも、自分の好きな人を褒める為に、他の誰かと比べて、他の人を貶して、好きな人を褒めるようなことはしたくない。
誰と比べずとも、私の中では癸韻如⇒0賁菊鵑梁減漾
ただ、それがみんなにとっての癸韻任呂覆ぁ
そんな風に思いながら、穏やかに、でも全力で応援して行きたい。

気付けば、あと1ヶ月で拓哉サンの誕生日!!
どんなお祝いしようかな〜〜〜。

フォンデュ

ちょっと前の日記になります。

木村さ〜〜ん!!で、ファミレスに行った日に、たまたまお出掛けしていたので、そのまま一人でガストに行きましたが、その日のBlog
やっぱり拓友さんと行った方が楽しい〜〜!ってことで、先日拓友さんと行ってきました。

2度目の来店

IMG_0524









行った時間はちょうどお昼時で混んでました。
少し、待ってから席に通していただきました。

勿論、拓哉サン席wは、喫煙席だしもう既にお客様がいらっしゃいました。

前回は、誘惑に負けて・・・黄金色のあいつを飲んでしまったのですが、今日こそはシロップと炭酸のバランスが最高なコーラを飲まなくては!!

と言うわけで、

IMG_0525








拓哉サンも触ったであろう、ドリンクマシーン。(こんな名前で合ってる??)


あの時、拓哉サン、コップにコーラを注いでから、氷入れてたでしょ??
それって、結構普通??
私はいつも、氷を投入してから、注ぐんだけど。
一般的にはどうなんだろ〜〜〜って、どうでもいいことが気になっちゃいました。

この日は、拓哉サンに倣ってw、氷を後入れさせていただきました。

その甲斐あってか(あるか?)

IMG_0527









美味。

これは、ガストだからなのか、氷を後から入れたからなのか、普通にコーラが美味しいのかわかりません

食べ物のオーダーは、まずはローストビーフサラダを二人でシェア

IMG_0526










これは、2〜3人でシェアする用の大きさ。
拓哉サンなら、きっと一人で食べきれるんだろうけど、ちゃんと倉持Dに分けてあげてたね。
その場面は流れてなかったけど、倉持Dの取り分けのお皿に入ってたもんね、ちゃんと。
お肉もお野菜も好きな拓哉サンは、こりゃ絶対好きだな〜〜〜・・・そんな感じのサラダでした。
シーザー風味のドレッシングだし。

そして、メイン。
前回は、拓哉サンチョイスの若鶏の竜田揚げをいただきましたが、今回はこれを食べなきゃ「ガストに来た意味がない!!」ってモガさまに机バーンされちゃいそうな、これ!

FullSizeRender








チーズインハンバーグ

勿論、あの食べ方で♪


FullSizeRender









我ながら、上手く蓋くり抜けてない??
え、誰でも出来る??(よね。)

不器用な私からしたら、上出来すぎるんです。
特技の欄に「チーズインハンバーグの蓋くり抜き」って書きたいくらいw

付け合わせのハッシュポテトをフォンデュして、いただきました。

うん、確かに濃厚なチーズとうま味いっぱいの肉汁が相まって、確かにここでしか味わえない美味!
良きっ

結構、お腹いっぱいになったけど、ここまで来たら、いただきましょうってことで、抹茶ババロアと白玉の盛り合わせ。

・・・って思ったら写真がない(^^;

ってことで、前回の使いまわし。(誰もわかりゃしない)IMG_0441









拓哉サンってソフトクリーム好きだよねぇ。
付タクでもがっくんと食べてたし、「検察側の罪人」の撮影で軽井沢行った時も、ニノに買いに行ってもらったって言ってたよね。
おはスマかなんかでも、マザー牧場のソフトクリームが好きだなんて話してて、私東京タワーで売ってるそのソフトクリーム食べに行ったっけ・・・。

今回もお約束で、スプーン裏返しながら、いただきました。

すっかりお腹いっぱい!!
ごちそう様でした。


大切な1日のための準備

気付けば10月も中旬に差し掛かろうとしてる。
ハロウィンで盛り上がり、ハロウィンが終われば、世間はクリスマス一色!!

しかーーーーし!!

我らにはハロウィンとクリスマスの間に、1年で最大のイベントがある!!


そう、11月13日。
拓哉サンの誕生日


1年で1番、ayaが気合い入る日w
とは言っても、別に大勢でお祝いするとかじゃなくて、いつもの同じ拓友さんたちとちょっと優雅な気分で、お祝いするだけなんですけど。
でも、気心知れた拓友さんと、ちょっと背伸びしたレストランで、オシャレに素敵に拓哉サンの誕生日を祝うことが何よりの幸せであります。


今年はどこでお祝いしようかな〜〜なんて考える時間も楽しい!
なかなか、これってお店がなくて困ることもあるけど(^^;
でも、とにかく拓哉サンの誕生日に向けて、あれこれ考える時間がとにかく楽しい!!

毎年、何かしたい!!って思いながら、たいしたこと出来ないんだけど。
こういう時ばかりは絵が上手だったり、手先が器用だったり、センスがある方が羨ましいぃぃぃって思います。


でも、大切なのは拓哉サンのお誕生日を祝う気持ち。
拓哉サンが生まれてきてくれたこと、壮絶なこともたくさんあっただろうに、この世界で生き続けてきてくれたこと、同じ時代に生まれたこと・・・そう言うこと全てに感謝できるメモリアルな1日を過ごしたいなって思います。


特に今年は、新人2年目にして、色々なことが動き出した1年。
この1年に拓哉サンが届けてくれたものへの感謝、そして今後のさらなる活躍の祈願。
・・・なんか年末に挨拶みたいになっているけど、そんな気持ちを届けたいな。

RADIO

10月のFlowのトークゲストは浅野忠信さん。
1人目はさんまさんって言うのは、まぁ予想通りで、2人目は映画の公開の時期だったし、二宮くんってのもなんとなーく想像ついた。
3人目は誰だろう?って思ってて、浅野さんってわかった時の衝撃と嬉しさ!!
共演からだいぶ経ったし、それこそあまりこういう番組には出られないのかな?って思ってたし。
番宣とか関係なく、本当に拓哉サンを親交のある人が出てくださるってのは嬉しい。
2人の関係性、わかっていたつもりでもなんだか新鮮で。
なんとなーく、雰囲気的に浅野さんのが年上な感じがするんだよね。
でも、終始浅野さんは拓哉サンに敬語。
渋い外見とは裏腹な、ソフトな語り口に、独特の”はいぃぃぃ”と言った相槌が心地いい。
そして、拓哉サンは浅野さんの今までの実績とか役者さんとしての存在全てに対して、リスペクトしてる感が伝わって来て。
良い関係だな〜って改めて思った。

ご家族ぐるみで、古くからのお付き合いであることは前々からわかっていたけど、解散してから、そういう交友関係をフランクに話すようになったなって思う。
前は、ビストロのゲストに来て、トークの内容から拓哉サンをプライベートでお付き合いあるってわかっても、そこからあまり話が広がらなかったし。浅野さんに限らずね。

ラジオや声だけの表現についてのトークがすっごく面白かった。
映画をフィールドとしてやって来た浅野さんの目線でのラジオのミ魅力ってのがすごく興味深くて。
確かに、映像がない分、色々想像を掻きたてられる。
それだけの声に魅力がないと、声だけで色々な感情が表現出来る人じゃないとダメだよね。

拓哉サンの”声のみ”の表現と言えば、ラジオドラマじゃないけど、「花より男子」のCDブック。
まぁ、あれは原作の漫画があったから、頭の中で漫画のあのシーンだよね?ってリンクさせながら聞いてたけど、でも拓哉サンが演じる花沢類の声にはやっぱりドキドキした。

あと、「君を忘れない」って、サウンドトラックの中に、2つのシーンの音源が入ってるんだよね。
確か、映画公開前にサントラが発売で、そのシーンを声だけで聞いてから、実際映画を見に行った。
今見たに、何度も何度も映画を見には行けなかったので、サントラでそのシーンの部分を聞きまくって、映画を思い出していた気がする。

ラジオドラマって、昔拓哉サン、裕木奈江さんとやっていたような気がするな・・・って思って、雑誌の切り抜き掘り返したら、94年6月頃に斉藤一美さんのラジオ内でのラジオドラマ「夢・あしたの思ひで あるいは・・・」って作品。
この頃、既にファンだったのに、聞き逃したんだよねぇ・・・
そもそもラジオがあまり入らない環境だったので(^^;
つくづく、今ってタイムシフトとかあって、便利な世の中だよねぇ・・・
と、拓哉サンのラジオドラマの話から、随分脱線してるけどw


勿論、映像で拓哉サンのビジュアルも楽しみたいけど、今の渋く深みのある声に特化して、何か作品を表現してくれるのも楽しそう!!
確かにね、ワッツの時から、拓哉サンに言って欲しい言葉〜なんてリクエストメールも来てて、拓哉サンもそれに応えてたけど、浅野さんがおっしゃるように、木村拓哉でなく設定がちゃんとあって、その上でこんなセリフを言って欲しいとかってやったら楽しそう。

願えば叶うと今の環境に対して思ってるので、そんな作品に出会えることを願ってます。


ラジオについて、
「自分の言葉、自分の温度、自分の声ってもので直に伝えられるものってラジオしかない」
って拓哉サンの言葉、すごく嬉しかったよ。

ずっとずっと当たり前にワッツや、グループ時代のラジオが在ったけど、本当に救われたもん。特にワッツね。
2016年、ワッツがなかったら・・・って考えるとぞっとしちゃう。
だから、拓哉サンが携わるラジオを大切にしたいし、拓哉サンがラジオで伝えてくれる言葉をしっかりと受け止めていきたいって思う。

夢を与える存在

先日、フジテレビ系列で放送されていたドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME〜時が奏でるリアルストーリー」。
私らにとっては、コックピットと元ちゃんが浮かんでくる”青い〜〜”って言うおなじみの達郎さんの曲で始まるこの番組w
初回から4週に渡って、キンプリの特集と言うことで、まず初回を見ました。


その中で印象的だったのが、平野くんが去年実はジャニーズを辞めようと思っていたということ。
(以前、別の媒体でも話していたことだけど)
人を助ける仕事がしたくて、ジャニーズを辞めて自衛隊に入ろうかと思っていたと。
去年、CMの契約もあったし、それが終わったらって考えていたと。
(普通のことなのかもしれないけど、当時20歳の子が、CM契約は最後まで全うしようって考えを持っていることに感心しちゃう私は、色々感覚が麻痺してるかな?←最悪な幕引き方を見てしまってるからw)


その時、事務所のスタッフに言われた言葉で、思いとどまったと。

「身体的な面では助けてあげることは出来ないけど、TV見たり、雑誌をを見たり、コンサートで俺らを見たりして、また明日から頑張ろうって精神面で助けてあげることが出来るんだよ」


と。


このスタッフさんの言葉を聞いて、Smile Up Projectを思い出した。
炊き出ししたり、身体的な面での活動もしてたけど、それ以上に拓哉サンたちに会えたことで、笑顔になって、その一瞬でも避難生活の辛さとかを忘れられる。
拓哉サンもFlowで、「わしらはもう心が病んどる」って言っていたおばあちゃんが、拓哉サンたちと触れ合ったことで、笑顔になったって話をしていた。

被災者の方たちの辛さや、不自由さ、哀しみなどは、そんな簡単に癒えるものではないと思うけど、でもそのひと時でも笑顔になれて、少しでも元気を与えららるって、誰でも出来ることじゃない。
自分たちにしか出来ないやり方で、被災している方に笑顔を・・・それがSmile Up Projectだと思ってる。

先日の番組の平野くんを引き留めたスタッフさんの言葉を聞いて、こういう精神って、スタッフさんを含め、ジャニーズ事務所に根付いているものなんだなと実感して、なんだか嬉しくなった。
Smile Up Projectにしても、グループとか関係なく、チームジャニーズでやっている感じがして、すごく嬉しかったんだよね。
別に、ずっとSMAPのファンで、他のグループに興味はさほどなかったけど、でも同じ事務所にいながら、横や斜めの繋がりが見られないのは変だったもん。
当時は、まんまと元マネさんの作り上げた対立構造に飲みこまれてたから・・・
何度も言ってるけど、色々気付けて良かったし、後輩のいいところも素直に認められるようになって良かった。

以前はすんごい嫌いだったけど(すみません)・・・と言うか、よく見もせずに食わず嫌いだったけど、今ではナリってやっぱりすごいなって認めるし。
お芝居もそうだし、番組でのMCも上手だなーって感心する。


平野くんに話を戻すとさ・・・これは仮定だけど、仮にそんなスタッフさんの説得を聞いても、それでも自分は自衛隊に行きたいって言ってたら、無理に引き留めたりはしないんだろうなって思う。
すばるくんにしても、ヘイジャンの岡本君にしても、本人のやりたいことや意志をすごく尊重する事務所なんだって、ここ最近のあれこれでよくわかった。
けして、彼らの人生を縛り付けないと言うかね。
だから、飼い殺しとか人質なんて言葉を使う人たちにはすごく腹が立つ。

きっとデビュー決定前だったし、将来が見えなかったり、不安だったりもする頃だったと思う。
彼は母子家庭で、お母さんもご病気だったりで、ちゃんとしっかり働きたいって思いもあったんだと思う。
そんな葛藤する若者に、彼自身の存在価値や存在意義を伝えてあげる。
そう言うスタッフさんがいる事務所なんだって思うと、そこに拓哉サンが居続けてくれることが余計に嬉しいなって思いました。


月並みな言葉だけど、”夢を与える存在”なんだよね。

初のCM

昨日のノンストップでも触れてたけど、Kōki,ちゃんの初CMは、大塚製薬さん。
大塚製薬と言えば、やっぱり拓哉サンのオロナミンC!!

すっごい当時ビックリしたんだもん。
SMAPにハマるまで、芸能界に全然興味がなかった私が言うのもなんだけど、でも漠然としたイメージで、アイドルグループって、そのグループ単位で売ってて、そのうちの1人でCMに出るって思ってなかったから。
初めて見た時、「え??これ、たっくんだよね??似てる人じゃないよね??」ってすごく戸惑ったの。
一人で出てるならまだしも、ジャニーズの人ではない俳優さんと女の子と。
俳優さんは、今ではすっかり有名な石丸乾二さん。
半沢〜で石丸さんが注目された時、まず初めに「たっくんとオロナミンCに出てた人!!」って思った私。
まさか、20年ほどの時を経て、オネェの国税局員としてお姿を拝見するとは思わなかったけどw
女の子は、当時SMAPがやってた舞台「Anoter」にも出ていた子・・・だった気がする。←Anoter見に行ってないし

大塚製薬って聞くと、当時のすごく嬉しかった感情とかが蘇って来て、初々しい拓哉サンを想い出して、なんだかすごく甘酸っぱい気分になります。
だから、Kōki,ちゃんの初CMが大塚製薬さんで嬉しい!!
BVLGARIやCHANELと違って、思い切り貢献できるしね♪


オロナミンCってさ、抽選で拓哉サンのイベントやってたんだよね。
生の拓哉サンに会うには、ファンクラブに入れば全てが解決すると思ってたので、全然そういうところまでチェックしてなくてさ・・・
あとで、ドル誌でそのイベントを知った時に、大人の世界は奥が深いって、自分の未熟さを反省しました。(反省の仕方が違う気がする)

今思えば、貴重なイベントだよね。
以来、ソロコンサートなんてやってないしさ。
今はソロだし、そういうことも十分に期待出来るけれども。
俳優・木村拓哉はもちろん大好きだけど、でも歌い手・木村拓哉にもまたいつか会いたい。
歌声も、歌詞を表現する表情も、奏でるギターも、拓哉サンのダンスも・・・すごく好き。
もちろん、拓哉サンのやりたいことをやって、そんな拓哉サンについて行くのが1番だけど、でもファンとはわがままな生き物なので、どうしても求めちゃう。

周りに一流のアーティストさんたくさんいるし(なんなら、一番身近な配偶者さんが素晴らしい歌手だし)、そういう人から刺激を受けて、拓哉サン自身もめちゃくちゃ暴れてほしいなぁ。


待ってるよ、拓哉サンの歌声!!


あれ、大塚製薬の話から、全然脱線した(^^;
Archives
記事検索
<自己紹介>
HN:aya
住処:神奈川県
同学年の有名人:柴咲コウさん、MIYAVIさん、斎藤工さん・・・と最強なラインアップ 「その時、ハートは盗まれた」で、拓哉サンにハートを盗まれてからずっと拓哉サン一筋! SMAPも大好きでしたが、今は100%拓哉サン個人のファンです。 趣味はロケ地巡り! 拓哉サン関連の場所へ気まぐれにお出掛けしてます♪