Still T.K.

ありがとう、SMAP。その想いを胸に抱えつつ、木村拓哉サンをフルパワーで応援してます。最強の木村拓哉ファンになりたい!!感謝の心を忘れずに、日々想いを届けて行きたいです。

ご挨拶(最新記事ではありません)

こんにちは。
我がBlogへのご訪問ありがとうございます。
ただただ木村拓哉サンが大好きで、そんな日々を綴っているだけのBlogです。

プロフィール代わりに、このBlogの変遷を。

2001年9月
大恋愛の末の大失恋のショックから、思い余って(?)、まったくPCオンチのくせにSMAPのファンサイトを立ち上げる。
とは言っても、レンタルサーバーで、今思うと本当に恥ずかしいHPでした。

2003年12月
↑のヘボサイトを脱却すべく、独学でタグを使ってHPをリニューアル。
ま、内容はそれまでと変わらずでしたが。

2006年5月
HP内の日記をやめ、Blogへ。当時のBlogの名前は「Special Diary」。
サンプルの拓哉サンのソロ曲より。

2008年秋ごろ
Blogの名前を現在の「Still T.K.」に変更。言うまでもなくスパモダ収録の「Still U」から。割と長い時間、拓哉サンのファンをやってる自分の気持ちとリンクする曲だったので、自分の拓哉ファン人生のテーマソング的に感じ、自分にとって一番身近なBlogの名前にしたのでした。

2010年11月
HPのサーバーのサービス終了に伴い、他のコンテンツを廃止し(と言うか、強制終了)、Blogに1本化。


他にレポ専用のページやBlogもあるので、リンクを貼っておきます。


過去のレポです。お手数ですがPW入力お願いします。
各種レポ


新たにレポ専用のBLOGを作りました。
ナナイロの景色



ただいまコメント欄再開しました。また、拍手からもコメントできます。
拍手コメントにも返信をさせていただいてますが、お名前はイニシャルで表示させていただきます。(追記欄に返信を書かせていただいてますので、”続きを読む”を開くと表示されます)



想いよ届け

拓哉サン関連の公式サイトや要望の届け先、まとめてみました。
随時追加します。




「木村拓哉のWhat's Up SMAP」番組HP



TOKYO FMリスナーサービスセンター
(TOKYO FMに対する意見・要望など)



「UOMO」HP



「NALU」HP




「タマホーム」SPEIAL SITE



ドラマ「BG〜身辺警護人〜」


映画「マスカレード・ホテル」公式サイト


「さんタク」

温かな気持ち

拓哉サンの情報サービスの開始で、昨日からとても温かくウキウキした気持ちに包まれてる。
純正な(笑)拓哉サンファンはもちろんだけど、本当に後輩君ファンで「登録したよ!」のツイートが多く、本当のそれが嬉しい。
無料だって言うのもあると思うけど、でも木村君を応援したいって言う想いが感じられて、とてもホッコリして温かい気持ちになる。

中でも、感動したのがね、後輩君ファンの、”登録したいけど自分みたいなのが前の方の番号をとっても何だし、真性のファンの方の登録が一通り済んでからにしよう”と言った趣旨のツイート。
こういうのはタイミングだし、番号の早い遅いは関係ないと思う。
でも、やぱりファン心理としては若い番号って嬉しいもの。
だからと言って、私個人的に後輩君ファンが早い番号を持っていたからって別になんとも思わない。
だから、早々に登録をされた後輩君ファンに対して、このツイを見習って!と思うわけではない。
ただ、この方の配慮の気持ちがね・・・すごく感動したんだ。
勿論拓哉サンは別に拓哉サンファンが占有しているもわけではないけど、でも拓哉サンを一筋に一番に応援している人たちをすごく尊重してくれているというか。
きっと、この後輩君ファンも自分が一番好きな後輩君のことを、一生懸命真心持って応援してるんだろうなぁって、こういう配慮が出来るところからも伝わってきた。

とは言え、あまり遠慮しないで、早く登録してほしいなぁ・・・って、こんなところで呟いてみる。
何かに夢中になったり、誰かを一生懸命応援するのって、その対象が違っていても共感出来たりする。
逆に言えば、対象は同じでも応援の仕方や考え方が違ったら共感できない。
好きなタレントは違っても、分かり合えることもある。
そう思わせてくれたのは、やっぱり拓哉サンって言う存在なんだよね。
垣根とかボーダーとかを壊すんじゃなくて、超えるんじゃなくて、最初からそういうのが存在してないんだもんね、拓哉サンのなかでは。きっとね。


目に見える形で、後輩を指導したり、プロデュースしたりしているわけではないし、一緒にお仕事する機会もけして多くはない。
でも、木村拓哉が木村拓哉を生きることそのものが、少なからず後を続く後輩やそのファンに影響を与えてるんじゃないかなって思った。


今日、さっそく情報サービスからメールが来た。
保護して、そして意味なく何度もメールを眺めて・・・
思い出せば大学の時大好きだった先輩から来たメールもそんな感じだったなぁ。
別にたいしたこと書いてないのに、メール見るだけで心がときめいた。
今日のメールだって、真新しい情報があるわけでもない。
でも、意味もなく何度も何度も見ては、ときめいて元気をもらってる。
なんなんだ、この初恋みたいな気持ち(笑)
アラフォーにして、初恋気分を味わわせてくれて、ありがとう、拓哉サン!!

続きを読む

記念日

ジャニWebで、拓哉サンの情報サービスの登録が開始になっていると拓友さんからお知らせ!
早速、逸る気持ちを抑えながら、登録してきました!
最初に、旧GのFCの番号でログインしようとして出来ず・・・そうだよ。新規登録だよね・・・
アブナイアブナイ(^^;

1つ1つ個人情報入力して、登録が完了した瞬間、会員番号が表示され・・・
正式なFCではないけれど、こういう番号をもらえたことで、より一層拓哉サンと繋がれた気がした。
応援してます!!って胸張って拓哉サンに宣言出来たような気がして嬉しかった。

大々的な宣伝があって、登録が開始されたわけでもなく、拓哉サンファンの中を瞬く間にこの情報が駆け巡り、沢山の拓哉サンを愛する人が登録を済ませている。
私のTwitterのTLは、本当に嬉しい歓びのツイで溢れている。
拓哉サンファンのみならず、奥様のファンや後輩君のファンまで。
嬉しいな、こういうの本当に!!


拓友さんたちとLINEをしながら気付いたけど、今日は私が拓哉サンに堕ちて25周年の記念日。
1992年11月19日から始まった「その時、ハートは盗まれた」を見て、主人公である一色紗英ちゃんが憧れる先輩の笑顔に、タイトル通りハートを盗まれた。
ドラマとかアイドルとか全然興味がなかったので、もちろん名前も知らず。
ラテ欄で木村拓哉と言う名前を確認し、翌日クラスの子に聞いたら、SMAPというグループのメンバーだと聞いて・・・自然とファンになっていった。
それから、ずっと一筋。
メンバー内の他の人や後輩君に心変わりしたこともない。
SMAPのメンバーでも、歌手でも、俳優でも、どんな肩書でも、とにかく「木村拓哉」が好きだんだ。ずっと。

私が拓哉サンに出会えたこの日に、新人木村拓哉を応援するサービスの会員になれたこと、この奇跡の様な巡り合わせを嬉しく思います。



これからも、地道に、でも全力で拓哉サンを応援して行きます!

時計と靴

夜、家でとっている毎日新聞の夕刊を見ていたら、万次さんが!
「無限の住人」のDVD&Blu-rayの割と大き目な広告。
広告を目にするの初めてだったし、しかも結構な大きさ(1/3面くらい)で、しかも新聞だからビックリした!
どうした、毎日新聞。T〇S系なのに。
なんか、そこらへんよくわからないよね(^^;

で、今日はワッツ!
今打ち込んでいる「マスカレードホテル」、そしてこれからの「BG」、そして今までの出演した作品と、たくさん「作品」にまつわる話がいっぱいでしたね。

直接、作品のネタじゃないけど、ヨーロッパのホテルの話は私もなるほど〜って思った。
時計と靴でチェックされる。靴は本質が出る・・・
ギクっとしたわ(笑)
時計はともかく、私の中では靴は消耗品。
けっこうすぐにダメにしちゃうから、安物履いてるし、ダメにならない靴(笑)はず〜〜っと履いてるから、かなり年季が入ってきてる。
気を使わないとねぇ。
いい靴履こうと心に決めました。

ホテルマンの話の中で、東野圭吾さんの徹底した取材ぶりにも言及してたけど、そこが嬉しかったなぁ。
私は、実はかなり東野圭吾さん読んでるけど、別にすごくファンってわけではないし、今回の原作だって正式に発表になってから読んだくらい。
でも、なんかね拓哉サンの原作への愛も感じられた気がして、嬉しかったの。
原作、そして登場するキャラクター、そして原作者に対するね。
原作が在るものを実写化するって、やっぱりすごくプレッシャーも大きいと思うけど、まずは原作への愛があるかないかなんだよなぁ・・・と。


他の話題の感想も書きたいけど、眠いので寝る・・・
おやすみなさいzzz

見えるものは変わる

昨日、映画を見て来ました。
二宮君主演の「ラストレシピ」。
そういや、二宮君の作品ってまともに見たことがなくて、「検察側の罪人」の前に何か1つは見ておこうって思ってたの。
過去の作品をレンタルしようかなって思ったんだけど、私のTL上での評判も良かったので、「ラストレシピ」を見ることに。

とは言え、全く詳しい情報もなく見に行ったから、色々新鮮で。
泣ける!って評判だったけど、クライマックスでドーン!と泣けると言うより、中盤から泣けるシーンが多くて、気付いたら後半殆ど泣いてた。
でもって、驚くような展開もあったりで。
単純に、良い映画だなって思った。上質な映画。
素直にそう思ったよ。


でも、まさか自分が二宮君の映画を見に行くとはなぁ・・・
もし、万が一彼のファンの方が此処を見ていたら申し訳ないんだけど、正直苦手だったんですよ。
失礼ついでに言っちゃえば、今だって別にすごく好きになった!って訳じゃない。
ただ、拓哉サンと一緒に現場に立った共演者として、すごく興味はわいた。
だからって、無理して好きになる必要はないと思うけど、拓哉サンの共演者でもあり今後番宣やプロモーションで関わる機会が増えることを考えると、苦手だとかそういう負の感情を持っていてもつまらないなぁ・・・って。
そう思っているうちに、わりとフラットな目線で彼を見るようになった。

二宮君だから見ない!!って、2年くらい前の私だったら思ってたかも。
でも、たまに拓哉サンの作品に対してそういう理由で「見ない!」って言う人を見ると、なんて勿体ない・・・って思うわけで。
ジャニーズだとか、アイドルだとか、一人の役者であるのに、そういう色眼鏡で見られて、自身も作品も正当に評価されない悔しさや理不尽さを感じることが多々ある。
でも、どこかで自分も後輩俳優をそういう目で見ていたんだな・・・って。

結局、解散騒動が明るみに出る前は、私もIさん得意の対立構造の中で、煽られてたんだなって思う。
きっと、どこかで色んな事がおかしいって2015年は特に思ってたんだよね、私。
でも、あまりマイナスなことは考えたくないから、1つ1つ自分を納得させながら駒を進めていた気がする。
でも、どこかでムクムクと不安の芽がくすぶっていて、どこかでメンバー内の溝のようなものを感じつつ、それを否定したくて、自分の中で事務所内の派閥が原因だってことにしていたのかも。
そう思うと、もう渦を巻くように、どんどん対立構造に飲みこまれて行って・・・
ぶっちゃけると2015年はほんと嫌いだったもん、あらしさん(笑)
でも、きっと食わず嫌いだったんだろうね。

拓哉サンが事務所の残るから、事務所のタレントを擁護しようって言う気持ちはサラサラない。
派閥は拓哉サンが作ったものでもなければ、拓哉サンが壊したものでもないから。
派閥とか関係なく、仲いい後輩とは仲いいし、名前も出してたし。
ただ、こうして対立構造の中から抜けてみると、今まで見えなかったものとか見えてきたりする。
今まで見えていたものが、もしかしたら違っていたかも?って思うことは自然なことで。
それに気付いて、受け入れるのも勇気なんだと思う。


「検察側の罪人」は、拓哉サンの最上はもちろんだけど、二宮君の沖野も楽しみなんだよね。
彼も自分の正義を持っていて、それが間違ってないと言う自信があって、突き進んでいくわけだけど、その疑うもしなかった自分の正義がもしかしたら間違ってたかも・・・?と悶々とし、苦悩する姿を、二宮君がどう見せてくれるか・・・非常に楽しみです。

自然に

「無限の住人」に関して、DVDのセールスやレンタルの好調ぶり、そして今回DVDが発売されて初めて見た方の感想など嬉しい情報がいっぱい入ってくる。
初めて見た方の感想、高評価がいっぱいで嬉しいな。
もちろんね、DVDの売り上げも大事だし、もっと言ってしまえば映画の動員数や興行収入も大事。
でも、レンタルが好調ってのも嬉しいんだよね。
だってさ、拓哉サンのファンは無条件にDVD買うわけじゃん。
裏を返せば、借りない。
だから、レンタルしてる人ってさ、取り立てて拓哉サンにどっぷり浸かったファンじゃないと思うんだよ。
ちょっとライトにキムタク好き〜〜くらいな人かもしれないし、映画が好きな人、三池監督が好きな人、原作が好きな人、たまたまレンタルショップで見かけて借りた人・・・色んな人がいると思うけど、いずれにせよ拓哉サンの大ファン!!って感じの人ではないと思う。
そんな人たちが、「無限の住人」のDVDを手にし、鑑賞してる。
そして、その感想も嬉しいものが多い。
常に、”求めてもらう”ことを大切にしている拓哉サン。
ファンが拓哉サンを求めるのはある意味当然で・・・
でも、ファン以外の人たちも沢山潜在的に拓哉サンのお芝居を求めてるんだなぁって、こういうところからも察せられる。

私たちは、DVDの発売もチェックして、ツイではカウントダウンをしたりして(いつも素敵なイラストでカウントダウンをしてくださったフォロワーさんもいました)発売日はもちろん把握してたし、それに向けて盛り上がて来た。
公式が派手にDVD発売を宣伝しまくったわけじゃないのに、私らみたいに能動的に拓哉サンに関わる情報を得に行かないような人たち・・・つまり木村拓哉のファンでない人たちが沢山、レンタル開始されてすぐに借りてることからも、役者木村拓哉が求められてるって見て取れる。
こういった自然発生的な反響が嬉しいなぁ・・・


本音を言っちゃえば、こういう好調な流れを、報道せんかい!!!って思うけど、でもきっと結果はあとからついてくるものだと思う。本物であればなおさらね。

新たな日々へ

もうすぐ拓哉サンのバースデーも終わります。
今日は普通に平日でお仕事。
色々と忙しく、バタバタしていて、ゆっくり拓哉サンのお誕生日を祝う感じではなかったんですが、ランチは拓哉サンのミートソースをいただき、ささやかながら心の中でお祝いをしました。


そして、朝起きたら、ツイッターでは沢山の拓哉サンを愛する方々のメッセージやら画像やら。
どれも素敵で、愛情に溢れてて、リツイが止まりませんでした。


改めて、私はこれからもずっとずっと木村拓哉について行くんだなって、ついて行きたいなって思いました。
拓哉サンが進む道にしっかりついて行こうと思うけど、拓哉サンがどんな道を進むかじゃないんだよね。
どうやって進むと決めた道を進むかなんだよね。
その進み方が、真摯で直向きで全力だからこそ、その道がとても尊いものになる。
その道が険しくてもね。
”茨の道を抜ける日は来るから”・・・ね。


そんな今日は、拓哉サンはどうやってすごしたかな?
映画の現場かな?ドラマの打ち合わせかな?雑誌の撮影かな?さんタク関係・・・?それともオフで大切なご家族とかな?
どこで誰と過ごしたかはわからないけど、素敵な1日を過ごしてたらいいな。
いや、きっと過ごしてる!!

拓哉サンが大切に想う人、そして拓哉サンのことを大切に想う人。
そんな人たちとこれからも笑顔がいっぱいの日々を過ごせますように。
そして、これからもたくさん素敵な出会いがありますように。

改めて、お誕生日おめでとうございます。
同じ時代に生まれたことに感謝です。

1113

拓哉サン、45歳のお誕生日おめでとうございます!

1歩1歩地道に、全力で、一途一心に前に進む貴方の背中をこれからも見つめて行きたいです。
そんな背中だから、心から信じてついて行こうって思います。

しっかり道を拓いて進んでくれてありがとう。
ブレずに旗を掲げてくれてありがとう。
いつも真っ直ぐでいてくれてありがとう。


同じ時代を生きれて幸せです。


拓哉サンと拓哉サンの大切な人とたちにとって、たくさんの笑顔が咲く1年になりますように。

早めの誕生日会

昨日は、毎年一緒にお祝いしている拓友さんと、一足早い拓哉サンのお誕生日会
ちょっと贅沢に、高級イタリアンで。
(拓哉サン出演ドラマのロケ場所です)


ディナーだったけど、元々コースはなくて、アラカルト。
今日のお勧めの食材を使ったメニューに載っていないお料理も紹介してくれる。
慣れない高級レストランだし、それそれのお料理の量もわからないので、ウェーターさんにアドバイスをいただきながら、注文しました。

2017-11-12-15-41-20









右上は、生ハムの盛り合わせ。
部位が違う2種類を食べ比べ。付け合わせは無花果。
この無花果がまた美味しい!!
本場イタリアでは、バターを付けて食べるとのことで、やってみたらこれがまた美味しい!
きっとバター自体良いものなんだろうけどね(笑)

左上は、パンの盛り合わせ。
で、下のはオススメ食材のクモエビとイカのフリッター。
クモエビは殻ごと食べられるエビ。
カリカリでこちらも絶品!

あ、ちなみにドリンクですが、ここではayaも大好きなBEERを控え、プロセッコでお祝いの雰囲気を醸し出してみました。
4人中3人飲むので、ボトルでオーダーしました。


で、パスタ。


2017-11-12-15-41-41










2種類くらいをシェアするのがちょうどよいと言われ、オーダー。
これもお任せ(笑)
パスタの種類だけでもたくさんあるから、迷う迷う・・・
とりあえず、拓哉サンの好きなボロネーゼ的なのを聞いたら、鴨肉で出来るとのことなのでそれをオーダー。(あんまり所謂ミートソースな色じゃないけど)
あとは、オススメ食材のボルチーニを使ったオイルソース。
やっぱり、秋はキノコですね!
ボルチーニは、香りがすごく強くて、それだけで優雅な気分になれました。

で、メイン。

2017-11-12-15-41-54











炭火焼きがメインのお店とのことで、炭火焼のお肉をオーダー。
まさか、こんな燃えさかって登場するとは!
出てきた瞬間、盛り上がります。
付け合わせにチョイスしたルッコラのサラダを添えて、いただきました。
お肉はジューシーで柔らかくて、香ばしくて・・・最高でした。
ちなみに、付け合わせの中に、”ミックスサラダ”があって、「たっくんが好きなやつ〜〜!」なんて言いながら盛り上がってましたw

ウェーターさんのアドバイス通りのボリュームで頼んだら、いい感じにお腹がいっぱいに。
1つ1つはちょっとずつだけど、味わいながら、そして拓哉サンの話に花を咲かせながらいただくと、お腹も心も満たされます。

が、まだ満たされるのは早い!!
ある意味、本日のメイン(笑)登場!!

2017-11-11-19-04-33









予約しておいた時にオーダーしておいたバースデーケーキ。
ガッツリ4人前のケーキは、かなり大きくてゴージャス

ケーキカットは、くまんじにぶった切ってもらいました(笑)

2017-11-11-22-25-04










お腹いっぱいだったけど、やっぱりケーキは別腹
今年もこうして楽しく素敵な拓友さんたちと拓哉サンのお祝いが出来たこと、そして拓哉サンのお仕事もこれからワクワクがたくさんあることの幸せを噛みしめながらいただきました。

Archives
記事検索
<自己紹介>
HN:aya
住処:神奈川県
齢:柴咲コウ世代(笑)
「その時、ハートは盗まれた」で、拓哉サンにハートを盗まれてからずっとSMAP大好き、木村拓哉さん大好き!
SMAPや拓哉サン大好きな人たちと過ごす時間も大好き!!
拓哉サンにちょっとでも関係すれば、とりあえず行ってみる。
足で楽しむタイプのオタです(笑)
たまに、ずさんなレポ書いてます。
こんなテキトーなblogですが、よろしこです♪
ayaへのメールはコチラからお願いします♪