Still T.K.

ありがとう、SMAP。その想いを胸に抱えつつ、木村拓哉サンをフルパワーで応援してます。最強の木村拓哉ファンになりたい!!感謝の心を忘れずに、日々想いを届けて行きたいです。

2010年03月

しょーもないつながり

今日の月はどんな形だったんだろう?
蓮介さんのおかげで、今まで気にもしてなかった今夜の月の形まで気になってしまう。

蓮介さん・・・”レン”って響きで、”恋”にかけてるのかな。
もう、こうなったら、とことんレンレンしちゃって(レンレンってなんだ?)
本当にたくさん恋愛して、どっぷり月の世界に浸ってほしい〜〜〜

蓮って、ハスって読む。
レンコンの蓮だし。
この字面を眺めていたら、「私、ハスが好きなの」と言いながら、蓮根のキンピラをポリポリ食べる母の顔が(笑)

月と同じくらい、蓮根も気になってしまうじゃないか・・・
てか、なんなの、ayaのこのチープな連想・・・。

蓮介さんにかけて!
この繁忙期を蓮根で乗り切るってどうでしょう(笑)


ちなみにうちの母は、モネの睡蓮という画も好きらしい。

しょうもない母と蓮介さんのつながりでした。
(つながってない??)

ウィダー以上!

昨日、拓哉チャージしたいだなんて言ってたら・・・今日の女性自身
先に買った拓友さんから、ヤバいとは聞いていたけど、ランチのお供に買ったら、ヤバすぎる
あまりに素敵すぎて、直視できない
10秒チャージ2時間キープのウィダーインゼリー以上
3秒見たら、今日一日やっていく元気が出た

そして、このインタの中で役名わかりましたね。新聞でもフジのサイトでもなく、雑誌と言えど拓哉サン経由ってなんだか嬉しいが、これでよいのだろうか(笑)

拓哉チャージしたい!

社長さんはいつから海外出張かな??

これから楽しいドラマ祭りが待ってるって分かってるんだけど・・・

はぁ〜〜今日スマスマないんだぁ。
スマスマ、最近リピしてないし、たまーに(けっこう?)、ビミョ〜〜って思うこともあるけど、
拓哉サンのお姿が見れたり、笑顔が見れるのは、ルーティーンだとスマスマだけだもんね。

最近はCMもたくさんあって、素敵なものばかりだけど、なんだか拓哉サンに逢ってないな〜〜。
もちろん、画面の中の拓哉サンだけど。

贅沢だけど、今の拓哉サンに逢いたいな。

年末年始の素敵な拓哉サンのラッシュが懐かしい。
マイケルに、さんタクに、トマト・・・
過去の拓哉サンに癒されよう


ドラマの新しい情報、今に近い拓哉サン

愛しい人に再会した気分

昨日は、何度か日記に書いてますが、柴咲コウちゃんのライブ@静岡に行ってまいりました。

静岡にいらっしゃる拓友さんに、コウちゃんのライブに行くと決まった時点でメールしたら、ライブの時間までお付き合いいただけるとのこと。

拓友さんとランチする為に、お昼くらいに静岡に着くように品川駅から新幹線へ
私、なめてたわ・・・自由席なんて。
みんな京都へ桜見に行くのかなぁ。
超満員!!!

おかげで、静岡までずっと立ちっぱなし
まぁ、1時間足らずなんですが。
けっこう混んでてビックリ

お昼ごろ静岡に着き、拓友さんと合流。
お車で迎えに来てくださいました。
で、どうするか決めた結果、ドライブがてら鉄平さんに逢いに行くことに( ´∀`)

万俵家の庭、日本平ホテル
前にドラマ終わった後、1度朝急に思いついて、日本平に行ったことがあったんですが(笑)、
その時はなんせ1人だったし、天気も悪かったし、もう一度拓友さんと行ってみたかったので。

そこに行きがてら、途中のレストランでランチ。
オムライスを食べました〜〜!
雑穀米でヘルシー!しかもトマトソース
お料理出るのが遅かったけど、たくさん拓哉サンのこと話してたから気にならなかった(笑)
いいなぁ〜〜〜、楽しい話で時間を忘れられるって。

そして、ランチの後は日本平へ。
前に来た時は、ドラマのすぐ後だったので、華麗のポスターとか飾ってあったけど、さすがにもうないかな〜〜〜と思っていたら・・・
本館に入ったら、大きな鉄平さんのお出迎え
あぁ、いつみても鉄平さんの瞳、切ない。
あの表情見るだけで泣けてくる・・・
キャストのサイン(without拓哉サン)や、撮影風景の写真のパネル、台本などが置いてありました。
万俵鉄平は、大晦日に日に亡くなってしまったけど、こうしてゆかりの地や鉄平を想う人の心の中で生き続けている。
やっぱり辛いから、敢えて進んではリピしないから、なんだか久々に鉄平さんに再会した気がする。

そして、お庭!!
やっぱり、広い
100327_142055


この庭に立っただけで、鉄平さんと大介の辛いシーンがたくさん甦ってきた。

そして、この池も健在。
100327_141813


ちょっとショットが近すぎて、形がわからないですね(^^;
男の子が手を叩いていたのがウケました。
将軍はいないけど、鯉は本当にいましたよ〜〜!
いっそのこと、将軍飼えばいいのに〜〜

偶然、このお庭で結婚式が執り行われていて、天気もいいし、景色もいいし、すごく気持ち良さそう!
見ず知らずの方々ですが、幸せを分けてもらいました。

その後は、ロープウェーに乗って、久能山東照宮へ。
東照宮って、日光だけかと思いましたが、静岡にもあるんですね。
駿府ですもんね!
ロープウェーは、葵の御紋柄で、まさに気分は将軍様(笑)

東照宮の桜もきれいに咲いていました。
100327_150631


東照宮に拓哉サンのドラマの成功と、ちゃっかり自分の幸せを祈願してきましたか(^人^)
ロープウェー乗り場の近くの広場からは、海が見下ろせて、海って普段見慣れてるのに、場所が変わればやっぱり違う海で、広大で青くて、でもどこか安心する景色でした。
100327_151302



再びロープウェーで日本平まで上り、また車で駅に向かいました。
静岡駅まで送ってくだっさり、拓友さんとお別れ。
本当に半日お世話になりっぱなしで、良くして頂いて、小旅行した気分になれました。
拓哉サンが出逢わせてくれたご縁。拓友さんにも拓哉サンにも感謝感謝です。

桜が満開になるように、拓哉サンのドラマも花びらを咲かせていきますように。

春近し

月恋祭りで書いてなかったですが、この前トマトランチに行きました。
今回は赤坂店。
こちら、たまたま1周年だったらしく、スペシャルランチをやってました♪
もうメニュー見たときから、このランチにすることを決めていた私たち。
普通のランチコースもあるけど、やっぱり

「せっかくだから・・・」

と、豪華なスペシャルランチをチョイス

前菜の盛り合わせ(キッシュ・ラタトゥイユ、カプレーゼ)、スープ(ミネストローネ)、メイン(真鯛のソテー)、トマトジュース(トマト美人)、パスタ(ポモドーロ)、デザート(ティラミス、ジュレ、パンナコッタ)、コーヒ

書いてみると、改めてすごい・・・(笑)


その後、Myojoの撮影場所に行ってみました。
川沿いの桜はちらほら蕾が開き始めていました。
満開になったらすごいでしょうね。
東横線から見下ろす、桜の絨毯のような、まっピンクの景色が大好き。
また満開の頃、行ってみたいな

DSCN3258



そういえば、トマトレストランのお兄さんが言ってたけど、トマトは逆さにして保存するといいらしいです。
旨み?甘味?がトマト全体に行き渡って、早く食べ頃になるみたいです。

私も逆立ちすれば、もっと人間として熟してくるかしら〜〜〜(笑)

もうすぐライブ♪

明後日、ライブに行きます!
しかも、ビミョーに遠征(笑)
隣の県なのに、静岡だと遠征って気がしちゃうのは何故だろう。

ayaは、SMAPや拓哉サン以外に、さして男性アーティストや俳優さんやアイドルには興味がないんですが。
SMAPや拓哉サン以外に、Blog読むほど気になるのは、芸能人ではなく、某衆議院議員さんくらい。(K泉ジュニアね)

そんなayaが遠征してまで行きたいライブ♪
それは柴咲コウちゃん。
18歳の頃、「ファンデーションは使ってません」のCMで気になりだして、同い年ってことにビックリしてさらに気になって、
20歳の頃、「空星」見て、涼さまとの濃厚なラブシーンにウットリして、
その後、CDデビューしたコウちゃんの歌の上手さに感動して、
出てるとも知らずに見に行った「黄泉がえり」のRUIの存在感に鳥肌を立たせ、なのに、「RUIって柴咲コウに似てるね!」って言って、相方を驚かせ、でも「黄泉がえり」で完全に歌手・柴咲コウのファンになりました。

ライブDVDや歌番組を見て、いいな〜〜と思っていたので、今回思い切ってチケを取っちゃいました。
東京は平日だったので、土日公演で一番近い静岡に。

明日、仕事したら、土曜日は静岡ライブ♪
新幹線に乗るのが楽しみなのか、ライブ前に拓友さんに会えるのが楽しみなのか、ライブ自体が楽しみなのか、よくわかりませんが、全部楽しみです


今日は、そんな歌手・柴咲コウを堪能しようと、「黄泉がえり」見ようと思ったら、ビデオが見つからない・・・
発売されたの、買ったんじゃなくて、TVでオンエアしたのを録画したやつなんだけどね(^^;
私、拓哉サン出てない番組だと、管理がたまーに杜撰で。
他のメンバーのドラマや映画で、稀に保存しているものも、メンバーの名前書いてあるだけ。
「つよし」って書いてあるビデオをデッキに入れたら

「太閤記〜サルと呼ばれた男〜」

だった(笑)

しかし、これ1回もリピしてないな(^^;


月の恋人、続報

共演者、発表になりましたね
篠原涼子さん、とても楽しみです
だれがヒロインっていうのはないらしいけど、やっぱり拓哉サンと同じ年くらいの女優さんがいいな!って思ってたの
拓哉サンとの共演はもちろんだけど、篠原さんも最近「働く強い女性」のイメージの役が多くて、恋愛<仕事ってドラマが多かったから、どっぷり恋愛に浸かる演技が見たいな〜〜〜

リンチーリンさんも社長を翻弄させてくれそう!!
どうしよう、手を繋ぐだけでドキドキする社長さんになったら

まだ、社長さんの役名も、脚本家さんも、主題歌も、そもそもスタート日も決まってませんが・・・
とりあえず嬉しい共演者さんでなにより


私、拓哉サンに似て、頭の中の情報を整理できないのか(笑)、新聞読んでもなんだかポワ〜〜〜ンとしちゃって、頭にはいらない
文字で入ってくる情報よりも、勝手にayaの脳内で妄想が突き進んでおります。
九十九くん、助けて!!

幻想的なところが好き

月ってなんで幻想的な感じがするんだろう。
太陽と違って夜輝くものだから、そんな感じがするのかもしれないけど、星よりも幻想的な感じがする。
太陽は元気の象徴で、星はメルヘンな感じで、月はどこか神秘的。

「月の恋人」、昨日お出掛けしていて日付変わるくらいに帰ってきたから、予告見てなくて。
電車の中でネットで知って、このストライクなタイトルに、一気に目が覚めた

そこからは妄想、妄想、妄想・・・
月の恋人って誰のこと?拓哉サンが月の恋人?拓哉サンのお相手役が月の恋人?
「月の恋人」の「の」は、月にいるってこと?とれとも所有系??
マネージャーさんの「宇宙行かない?」はまさか、ドラマのロケで月へとか?(笑)
いずれにせよ、月明かりに照らされる拓哉サンを想像してウットリしたり、はたまた月を見上げ、切ない瞳をする拓哉サンの画を想像して胸がズキンとしたり

そんな妄想しながら帰ったら、まだスマスマやってて、なんだか見る気しなかった〜〜。
スマスマがどーのじゃなくって、まだまだ妄想してたかったんだもん。
だから、すぐさまお風呂に向かおうと思ったその時!
恋バナの予告で短い髪の拓哉サン!!!
ハルみたい
でもハルの頃よりも年を重ねているせいか、ハルのなんだかくすぐったいかわいい感じより、芯の通った男らしさが増して・・・あの髪型で社長さん

明日の報道が楽しみだ〜〜〜!!

”感じる”舞台

一つ前の日記でもアップしましたが、21日稲垣吾郎さん主演舞台「象」を観劇してきました。
(ネタバレあります。)

とても重くてシリアスで難しい話と構えてましたが、解釈は確かに難解な部分もあるものの、俳優さんたちの素晴らしい演技力に圧倒されました。
男(吾郎さん)と、男の伯父にあたる病人(大杉漣さん)という対照的な被爆者を通して、自分の痛みに受け入れ方とは?ということを問う作品。
被爆者というキーワードから、戦後の広島の話だと言うことは分かるけど、細かい時代背景や設定の説明もなく、ステージ上に敷き詰められた無数の洋服が何を意味するか、抽象的なセリフは何を表してるのか・・・親切に解説があってわかる作品ではなく、なにかを”感じる”舞台。

特に素晴らしかったのが大杉漣さんのお芝居。
自分のケロイドを公衆でさらすことによって、痛みを受け入れてきた病人。最後の方、狂気に満ちていく病人の鬼気迫る演技を見て、「これ、漣さん主役なんじゃ・・・?」って思った。
でも、ラストの男1(吾郎さん)の演技が素晴らしく、そこで、やっぱりこの舞台の主演は男1なんだと思わされた。
しかし、最後の男1は、それまでの伯父である病人の狂気を受けてこそのシーン。
そこに脇役に食われない主演、主演を際立たせる脇役の素晴らしさを感じました。

衝撃のラストシーンから、すぐさまカーテンコール。
今までの重厚な雰囲気とは一転、けっこう陽気な音楽とともに吾郎さん&漣さん以外のキャストの方が出てきて、あとから2人が出てくる。
さっきまでの二人の関係性、演技での絡み合いから、この2ショットが本当に圧巻。
吾郎サンもすごくやりきった感を全身で表していて。でも2回目のカーテンコールからけっこう”稲垣吾郎”に戻る。
オンとオフの切り替えが早すぎっちゃ早すぎなんだけど、目の前にいる男の人が稲垣吾郎だって思うほど、如何にさっきまで男1になりきっていたかを感じて、なんだかすごく感動した。
3回目のカーテンコールは、完全に吾郎サンでした(笑)

男1の年齢設定は分からないけど、すごく若く感じた。ちょっと斜に構えながらも若さを感じる男1から、本当にカーテンコールの吾郎サンはすごく落ち着いた36歳の吾郎サンで。
そのギャップにただただ感動でした。


私は今日しか見てないけど、何度か通っている吾郎サンファンは日に日に良くなっているって言っていました。
それが舞台の醍醐味だよな〜〜。

毎日毎日、仕事や趣味にワサワサ行動してるけど、フットワーク軽く動くことと同じように、”感じる”ことから、離れてはいけないなって感じました。
何かを”感じさせてくれる”ものではなく、自分で”感じる”ように、多くを自分なりに”感じる”ことを忘れないようにしようって思わせてくれる作品でした。


観劇前は、お誘いいただいた吾郎サンファンのお姉さまと、そのお友達の吾郎サンファンんお方たちとランチ。
他のメンバーのファンの中に入るのって、それもまたいつもは感じない新鮮さもあって楽しい。

観劇後は、お茶して、何人か帰られましたが、最後は3人で食事することに。
新宿に出て、テキトーに声かけてくれた居酒屋さんに入りましたが、なんとそこにトマト鍋が!!
100321_1911361


トマト撫子ayaとしてもちろんオーダー♪
トマト料理はたくさん食べに言ってるけど、トマト鍋は初めて。
そろそろ食べ頃
100321_1921231

トマトがゴロゴロ入ってます
もつ鍋のお店なので、もつも入ってますが、トマトの酸味ともつが意外と合って、おいしかったです。

締めはリゾット
100321_2117441

トマトのエキス吸っていて、お腹いっぱいだったのにサラっと食べれちゃいました!

お店の名前、さすが九州料理のお店。
拓哉サンが連呼してたので、なんだか嬉しく思う単純な私(^^;
100322_0102471

おめかしして

3effb9dc.jpg
50541c60.jpg
今日はおめかしして、吾郎サンの舞台に来ました
今は吾郎サンファンの方とランチ中
Archives
記事検索
<自己紹介>
HN:aya
住処:神奈川県
同学年の有名人:柴咲コウさん、MIYAVIさん、斎藤工さん・・・と最強なラインアップ 「その時、ハートは盗まれた」で、拓哉サンにハートを盗まれてからずっと拓哉サン一筋! SMAPも大好きでしたが、今は100%拓哉サン個人のファンです。 趣味はロケ地巡り! 拓哉サン関連の場所へ気まぐれにお出掛けしてます♪