ギタ−工房 ZEPP倶楽部

ギタ−工房 ZEPP倶楽部です。 ギタ−のカスタマイズ・フレット交換・スキャロップ加工等 スキャロップ加工は、安価で綺麗と好評です。

本日リピータのお客様から仕事の依頼を頂きました!

以前スキャロップ加工をさせて頂きお気に召す仕上がりで大変褒めて頂きました。

今回の仕事はスキャロップ加工されてるネックを更に深く加工との事!

私が加工したネックを購入して頂き、加工が浅目だったのでギリギリまで深く加工

をする事に。

ネックの強度を考えるとハーフまでかな?

跡は、ナットをブラスに!

もう1つの作業は言えません(笑)

それと電話でもう1つ仕事の依頼を頂きましたが、ちょっと手強い感じ。

物が届いたら作業に入るので写メを撮りブログに載せますね。


ではまた。

面倒くさガリ屋の私なのでブログの更新をサボってました(笑)

久しぶりに覗いてビックリ!

お客様からの依頼のメッセージを頂いてたなんて...

仕事をする気が無いのか?

なんて怒られますね(笑)

言い訳では無いですがやる気満々ですよ!

もし、私にご依頼して頂けるのでしたら工賃メニューにメルアドが記載しています

ので、そちらからご連絡頂けると私からのご連絡が早いと思います。

どんだけブログを見ないねん!言われそう(笑)

いやいや1

これからはちょっとでも更新して行きますよ。

つまらない話が多かったりしますが興味アリの方は覗いて下さい。

では、また更新しますね。

では次はボディの方のリペアしました。

まずはブリッジの磨きから。
結構汚れてくすんでましたのでコンパウンドで磨きました。
錆はさほど無かったのが幸いですね。

磨く前!DSC_0043









磨いた後!
DSC_0045 (2)








パーツはPUとピックガードにボリュームポット類の交換!
配線は1V回路のみ。
PUはディマジオのシングルをリアとフロントのみの2発!
センターPUはノーマルの物を使用!
トーンはダミー!DSC_0062

DSC_0059































ボディはいい感じに色褪せと日焼けをしてますが、塗装の表面が
触るとポロポロ剥がれるので全体の様子を見ながら表面の悪い
部分を目の細かいペーパーで軽く削りました。
少し色が薄くなりましたが元の塗料を保護する為に半艶消しの
クリアを吹き付け!


DSC_0044

DSC_0056
























































お客様の好みでストラップピンは埋め込みタイプに交換!
このタイプはイングヴェイも使用とか?

DSC_0068






























このパーツをボディの埋め込みビスで固定するだけ!

DSC_0069 (1)





























説明書には最初に10ミリのトリマーで軽く穴を空けてから9.5ミリのドリルで
約2センチだったかな?(笑)
ボディに入る部分だけのサイズの深さを掘るとあったけど10ミリのトリマーじゃ
大き過ぎて空けた穴が見えてしまう始末!
仕方なくピンの周りを修復しました。
説明書は当てになりませんな(笑)


ピンを取り付け完了後!
ピンの周り変でしょ!(泣く)
DSC_0070
























取り付け後の補修完了後!
とりあえずパテで補修!
DSC_0071






















次はノイズ対策をしないとね。
PUがシングルだし1Vだからアンプに通すとノイズ出る可能性あるからね。
PUはとりあえずはシングルハムだけどここまではしておこう。
ザクリにアルミホイルや銅板もいいけど導電塗料の方が一般的だし簡単
だから。
DSC_0073 (1)




















導電塗料を塗るだけじゃノイズ対策にならない事は当たり前!
よく市販のギターのザクリに黒い塗装みたいな物が塗られてるのが
導電塗料なんだな。
でもその塗料からポットの部分に貼ってあるアルミ板にアースを取らないと
意味が無いんだな。
こんな感じでアース線をビスで固定してポット側のアルミに接触出来る様に
位置も考えて取り付けるといい!

ザクリから取ったアース!
ちょっと見にくいかな?
DSC_0074




















んでなんだかんだで完成!
今回ご依頼して下さったお客様は今ではギターを弾き倒してると
連絡があり大変嬉しく思いました。
とてもいいギターなんでこれからも大切にして下さい!

DSC_0077

DSC_0076

DSC_0075





ちょっと暇なんで久しぶりにブログ更新しますか。


今回はお客様からのご依頼でfenderのストラトをリペアしました。
お客様の話では30年前に購入との事。
ずっと倉庫に眠っていたそうです。
届いてビックリ!ボロボロになっていました。
DSC_0022
















DSC_0024 (1)















塗装の剥げてたり浮いたり腐食してたりと大変な状態でした。
電話で打ち合わせをしましてまた弾きたいので復活させたいと言う事で
ご依頼頂きました。

まずはネックの塗装剥ぎから始めました。
古く完全に浮いていたので剥がすのも簡単でした。
DSC_0035















DSC_0038 (1)














剥がした後は、せっかくのヴィンテージ感ある日焼けと色褪せを活かしたいので
あまり磨きを強く入れませんでした。
勿体ないですからね。

クリア塗装もヴィンテージ感を出したいのでピカピカにせず、ちょっと艶消しに仕上げました

DSC_0039 (1)

DSC_0040

こんな感じですね!

ヘッド表はリペアはしません!
と言うか、出来ません!
USA当時のデカールなんてありませんから無理(笑)
磨き上げたペグを乗せると見違えるぐらい変わりましたね。DSC_0054 (1)


DSC_0055 (1)

次はフレット交換!
今回はダンロップの♯6100を使用。
ネックが最初からスキャロップ加工されてたのでフレットが乗ってたとこだけ
指板のすり合わせをしてます。
指板もいい感じに色褪せ日焼けしてましたので、そこもそのまま残して塗装する事に!

DSC_0026

DSC_0030 (1)

DSC_0032

DSC_0033 (1)

フレット交換も完了しフレット調整とエッジ加工も完了!
これで弾いてる時の手にかかるストレスは無い!













DSC_0042















指板を塗装してネックは終わり!

次はボディとキット関係だけどまた後で記事を書くとするかな。

皆さんもオークションで買い物をした事があると思いますが?

入札する際に説明文を読んで納得いかない事を記載しているのを
見たことないですか?

特によくある事ですが、何処かのリサイクルショップが出品しています
が落札金額に消費税が付く?
なんでオークションに消費税?
意味分かりません!
オークションと言う物が何なのか分からないんでしょうね(笑)

消費税取られてもいいと思う方は仕方ありませんが私はそんな商品には
入札しません。
今後消費税が上がりますが業者は大変でしょうね!

それと配送代金を元払いでしか対応しない業者!
こんな出品者も要注意ですよ!
業者なら何処かの配送業者と契約をしていますので殆ど送料はかかりません。
もし通常のゆうパック配送で大分県から愛知県まで170センチサイズで2100円ですが
配送業者と契約をしていますと170センチサイズで1500円ちょっとで行けます。
中には配送業者と契約をしておきながら落札者には2500円だと伝え約700円
を騙し取る業者も居ます。
入札する前に必ず着払い出来るか聞いて入札を考えた方がいいですよ。

商品が届いても送料が伝票には記載されていませんので。
配送業者に聞いても教えてくれませんよ。

中には良心的な業者で送料を記載していますが中身は分かりませんから。
はこBOONを取り扱う業者は安全ですね。
後、着払いOKな業者!

オークションは不満無く楽しく参加したいものです。



このページのトップヘ