2017年04月10日

4カ月、ずっと書けなかったコトへの言い訳。。。

前回の記事、「錦秋の京都・城崎の旅♪〜その1〜」をアップしてからずっと更新できないまま桜の話題へと季節は変わってしまった。
2004年から勝手気ままに続けてきた「あゆのささやき」史上、こんなに空いてしまったのは初めてのことだ。

「京都、城崎の旅」から帰って、、、いや、正確には旅行中からだったのだけど、
どうにも体の様子がおかしくて。。。
足、ひざ、手首、肩、頸・・・日替わりで痛みに襲われる日々。

京都・城崎の旅のブログは「その5」まで書く構想だったのに、、「その1」をアップしてからはカラダ的にも気持ち的にもPCに向かうのが辛くなってしまった。

検査の結果、知らされた病名は 「関節リウマチ」。

その時はなんか他人事のような気がして、、
これからどうなるんだろう。
もしかしたら 診断間違ってるんじゃないかな。。とか
ちょっとのんびり考えていた。

でも、現実はやっぱり変えられなくて
どんどん症状はひどくなって・・・
歩くのもやっと、って感じで
大晦日もお正月もあったもんじゃない(笑)

全身の痛みと・・・仕事も家事も何にもできない自分への情けなさ。。
まあ、痛みっていうのは本当に心を弱くするものだとしみじみ思った。
人一倍ボジティブな私でも、現状の辛さとこの先への不安で涙が出た。

この頃に記事を書いてたら、きっと 痛いとか辛いとか・・・勢い余って死んでしまいたいとか書いてしまっていたと思う。

私が綴ってきた「あゆのささやき」は
自分も楽しく書いて、見てくれる人にもニヤニヤしてもらえるようにと心がけながら続けてきた。
だから 少しでも前向きに思えるようになるまで 書きませんでした。


早い時期から治療出来たおかげで今はだいぶ楽になりました。

この調子で寛解を目指しましょう、と言う先生に  完治は望めませんか?と聞くと
治療をやめるとほとんどの人が悪化して戻ってくるのが現実です。と、返答された。

明るい気持ちになったり暗い気持ちになったり身体も気持ちも一喜一憂、一進一退だなぁ(^_^;)

でもね、職場でも家庭でも周りに甘えながら生きていこうって決めました(^_^)V

これからは遠距離の旅は出来ないし、一眼レフを持つことも出来ないけど
ボチボチと気ままにささやいていこうと思います。

あらためまして どうぞ宜しくお願いいたします(o゚▽゚)o


あ、そうそう 京都の旅の記事はいつか必ず書きたいと思っていますが
とりあえず一枚だけ

DSC00219


初めて訪れた平等院鳳凰堂。
一週間おそい計画だったら発病して出かけられなかったと思うと、何だか運命的なものを感じます。



ayu01294 at 16:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年12月04日

錦秋の京都・城崎の旅♪〜その1☆永観堂・南禅寺〜


今年最大の我が家のイベント、「京都・城崎温泉の旅」の思い出を数回に分けて記しておこうと思います。

京都は4年ぶり、城崎温泉へは9年ぶりです。
いろいろ盛り沢山の旅でしたので、少しづつアップしていきます(・∀・)

まずは、、第一弾♪ 

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


京都駅に着いたのは11時57分。
のぞみの車内で駅弁を食べたので、もう準備万端!観光スイッチ、ONです

まずは、紅葉が見ごろを迎えていると評判の南禅寺方面へ。

当初、路線バスで移動しようかと思っていたけど・・・
バスターミナルはすっごい行列だし、乗ってからも時間がかかる。。。

時は金なり!Time is money! ということで、、、

タクシーに乗ることに! 

でも、、これが大正解!

この日の京都は、一年で一番と思われるであろう観光客の多い日。
どこもかしこも 人でいっぱいなのだ^^;

路線通り、大通りを走る路線バスは大渋滞にはまりっぱなし。

その点、タクシーさんは ひょいひょいと狭い路地を通って進んでくれる。

南禅寺へ向かう道路はメチャ渋滞してるから 永観堂へ先に行ったほうがいいという運転士さんの言葉に「永観堂も行く予定なのでそのルートでお願いします!!」と、、
そして、、、調子に乗って、、かねてから行きたいと思っていた場所にも寄ってもらうことに。。。


祇園巽大明神


じゃ〜〜〜ん、ココです

京都を舞台にしたサスペンスもののドラマでよく出る場所!
祇園の「巽大明神」あたり。

さすが、京都のタクシーさんだねえ、、「はぁ??」なんてバカにせず、ちゃんと連れて行ってくれましたよ(´ー`*)

祇園白川沿い


祇園白川巽橋


着物を着こんだ外国の方がいろいろポーズをつけて写真を撮ってました。
もちろん私も、片平なぎさ気分で 写真を撮っちゃいましたよ(笑)

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


運転士さんのアドバイスどおり、渋滞もなくスイスイと永観堂に到着です。

DSC00948


「もみじの永観堂」と言われるだけあって 一歩足を踏み入れると
その美しさに思わず歓声を上げてしまいます!

永観堂入口門


永観堂入ってすぐの紅葉


ああ〜〜写真におさめると なんて平凡になっちゃうんでしょう。

本物は こんなんじゃない!
そう思いながらも、、どんどんシャッターを切ります。

DSC00040


DSC00045


永観堂本堂からの庭


DSC00056


目を引く「唐門」。天皇の使いが来た時だけ使われる勅使門。
DSC00059




DSC00068


永観堂・鐘


永観堂は 「禅林寺」というお寺。
もともと真言宗のお寺だったのが、鎌倉時代の住職が
「念仏を唱えるだけで救われるだって?何をバカなことを言ってるんだよ〜〜、間違いを正してやる!」
って意気込んで法然上人の著書を読んでみたら。。。
自分の考えのほうが違っていた、、、って思えるようになり
お念仏を唱える浄土宗に改宗したそうです。

ここのご本尊は、すごく珍しい阿弥陀様。
お顔を横に向けているんです。

修行する永観さんを導いたというその姿は、よちよち歩きの子供を見守るお母さんのようです。
人の波に押され、そんな「みかえり阿弥陀さま」の御尊顔をじっくり拝することもできず、、、残念でした(´Д⊂)

多宝塔を臨むこの景色は 「ザ!永観堂」って感じです!

DSC00105


どこに行っても、とにかく人だらけww

DSC00098


でも、外国の方が うれしそうに写真を撮ってるのをみると
日本人として かなり誇らしい!

日本って美しいでしょ〜って^^

DSC00093



DSC00089



DSC00102



DSC00104


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


永観堂から8分くらい歩いて。。。

「南禅寺」 到着です。

ここも、まさに紅葉、真っ盛り!
そして、、、人、人、人の波。。。

DSC00119


やばいです。。。。
こんなに美しい紅葉なのに、、、
さっきの永観堂の感動が大きすぎて 悲しいかな、微妙な感動しか感じられないワタシ。。。

こんな時は、、、南禅寺のテッパンポイントへ!

南禅寺水路橋


またまた、片平なぎさっぽくポーズを決めて撮影。
(いや、、披露しないけどねww)


南禅寺山門


そして、、
3回目の来訪にして 初めて三門に登りました!

高さ22メートルですって!

階段は超ド級の急階段!鎖とかついてて、まるで登山ですよ^^;

バルコニーいや、、楼上に上がると、、、境内はもちろん京都市内をぐる〜〜っと見渡せます。

DSC00135


お庭がとってもきれいな塔頭の天授庵も眼下に。。

南禅寺山門から


上から見る紅葉も まさに 絶景です!

って、、昔、天下の大泥棒・石川五右衛門がここの三門からの景色を見て「絶景かな、絶景かな〜〜〜」って言ったそうですよ^^
楼上の内陣にはたくさんの仏像やお位牌が安置されていてちょっとブルっときました。
(高いところだけに・・・ww)


登るときも大変でしたが、降りるときはもっと大変でした
命がけでしたよ(笑)

三門に登るには500円の拝観料が必要ですが、南禅寺の境内には無料で入ることができます。
無料だから、、、ってわけじゃないでしょうけど
いつ行っても観光客の多いところですね。



さて、、この後は 夜のライトアップを楽しみますよ〜

(*゚∀゚)っ 

 




ayu01294 at 02:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年11月19日

東京駅なう

image



そうだ!京都へ行こう!


image


ayu01294 at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月18日

奥塩原の硫黄泉♪

先週、奥塩原へ行ってきました。
急きょ、頼まれて同行した仕事です。

皆さんお年寄りなので、とにかく早く宿に入りたいってこと。
こちらとしてもありがたいww

途中、塩原バレーラインを通ると箒川渓谷沿いの木々の紅葉が日差しをあびてとてもきれいだった〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

午後3時には ホテルに到着です♪
本日のお宿は 「奥塩原高原ホテル」、塩原温泉郷の中でもおく〜のほうにある新湯温泉の宿です。

P_20161108_093900 (1)



P_20161108_093657


あまり温泉宿っぽくない玄関。「高原ホテル」ってのを意識してるのかなぁ。


この日の夕食は、30名のお客様の宴会に同席。
宴会ったって、仕事中だからお酒飲むわけにもいかない('A`|||)けど、
団体向けのお料理だからなのか、、「う〜ん(´ε`;)、、、」って感じなのでウーロン茶でも特に問題なし(笑)
これで、「あ〜〜これ、ビールに合う〜!!」ってお料理が出たらつらかったでしょうけどねえ^^;
一言いわせてもらえば、、、
冷めきった天ぷらを後から持ってくる意味がわからないですぅw


ここは、やっぱり食事うんぬんより お風呂でしょう!
(´ー`*)ウンウン、、、

お年寄りにはちょっと辛いかもっていう感じのちょい急な階段を下りて。。。

酔っぱらってたら転げ落ちるよ(笑)


のれんをくぐって、、、
ん?「スリッパはここで脱いでください」??
ここで脱ぐのも珍しい・・・

見本?スリッパを壁にくっつけてあるww


脱衣場、、宴会を途中で抜け出してきた(笑)ので 誰もいません。
( ̄ー ̄)ニヤリ

DSC03469


脱衣場からさらに石の階段を下りると、、
おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ)〜 硫黄のお湯です〜

DSC03471


深さもちょうどいい♪ 温度もちょうどいい♪

DSC03472


露天風呂も風情たっぷりです。

木々の間から、月や星も見えて。。。
ああ〜〜ゴクラク、ゴクラク、、、って呟いちゃいましたよ。
  
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

部屋へ戻る途中、、フロントの人と話したてたら
「貸切風呂もよかったらどうぞ」って
すすめられたので。。。
じゃあ、、お言葉に甘えて・・・


DSC03484


貸切風呂「りんどう」です。
ま、、大浴場も結局 貸切風呂状態だったんだけどww

DSC03483


楕円形の陶器風呂です。 若干深めですが溺れるほどではないです。
熱かったら・・・・って温度の調整方法を教えてもらったけど
全然熱すぎないです。むしろちょいぬるめ。

DSC03477



DSC03479


この夜、流星群がみられるって聞いてたので
星空をじぃ〜〜ってみながら長湯したけど。。。
一個も びくともしなかったですな。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

翌朝、バスのトランクあけると 前日お客様たちが買い込んだ高原大根が崩れ落ちそうになった(笑)
マジで、、すごいです!
ざっと250本ですって。 人気なんですよね、ここの大根。
私もおすそわけ頂きました♪


14925273_635841119929688_2270323615972381283_n



紅葉と温泉を満喫して、、高原大根も頂いちゃって・・・
これでお給料ももらっちゃうなんて申し訳ないくらいだ〜〜
って、、思ってたけど 会社に戻って 課長から
「紅葉と温泉楽しんだんだからお給料いらないね」
と 言われたので 軽くムシしときましたよ(笑)

ちゃんと仕事もしたんですからね〜〜ww

ayu01294 at 11:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年11月03日

奥日光、、気がつけば…滝巡り♪

もっと早く書こうと思っていながら10日くらい経ってしまいました(TДT)

ってことで10日くらい前のこと。。渋滞覚悟で奥日光へ出かけました♪


めちゃ早く家を出たので(笑) まったく渋滞なしでいろは坂もスイスイ〜
日光の市街地のあたりの紅葉はまだ見ごろではなかったけど、
いろは坂を登るにつれてだんだんと木々の色付きが進んでいました。

DSC00002


混雑する前に、、と 華厳の滝を見ることに。。

無料で見られる観曝台のほうからのアングルは ちょっと見下ろす感じ。
予算も時間もない時は ここがおすすめ (^∀^)

華厳の滝2


まだ全然行列がないので、エレベーターで降りてみることにしました。
100Mをおよそ1分! あっという間です。

エレベーターを降り、トンネルを進み 階段を下りると・・・
ドドォ〜〜〜っと大迫力!!

華厳の滝


光の加減で 虹が出るときもあって 見ごたえ充分です♪
自殺の名所、、とか言われて ここで撮った写真には霊が写りやすいっていうけど。。。
今回は写っていなかったです!(今回は、、って(;・∀・)。。。)


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

時間とともに だんだん人や車が増えてきて、中禅寺湖畔も賑わいだしました。
龍頭の滝はさすがに混雑してるので パス。

さらに奥、湯元へと進みます。

湯元温泉の入口にある湖が湯の湖。

湯の湖紅葉


紅葉がそろそろ終わりの時期を迎えていました。

湖尻というところから湯の湖の水が流れ落ちていきます。

湯の湖



湯の湖の水が滝となって流れおちるのが 「湯滝」

湯滝のスタートライン


湯滝を横から


湯滝の水は 「湯川」となり戦場ヶ原を潤し「龍頭の滝」に姿を変え、中禅寺湖に流れていきます。

この流れに沿ってハイキングを楽しめるのですが、、今回はヘタレなのでパスです^^;


湯元温泉で、一息。。
足湯で、ほっこりです♪

湯元温泉の足湯


肩までしっかりお湯につかる派の私はあまり足湯に関心はないのですが。。
ここの足湯は、前にも入ったことがあり ちょっと好きです(笑)
ちゃんと白濁した温泉が楽しめて なかなかいいです。
ちなみに ここは冬は雪に埋もれて 閉鎖されます。

DSC03461



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

以前は有料道路だった金精峠道路を走り、群馬県まで足をのばします。

運転してるので振り返りませんでしたが、この道路は金精峠へ登っていくときに眼下に湯の湖〜戦場ヶ原〜中禅寺湖まで見ることができて 絶景を楽しめる道路なのです。

群馬に入り、菅沼、丸沼をみながら沼田方面へすすみます。

そして、、久しぶりに来ました!「吹割の滝」

滝ってみんなそうだけど、、その時の水量によって 雰囲気がだいぶ変わるからねえ〜
 
今日はどうかな〜〜って 期待しながら階段を下りて、、
よそ見したらヤバイことになる散策路を進みます♪

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
お久しぶりの吹割の滝!

吹割の滝


ちょっと 水量が少ないかな。。
もう少し、迫力ください〜〜〜

DSC00021


今回、初めて 滝部分より先まで歩いた(笑)
山梨の昇仙峡みたいな感じだぁ。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

ふたたび、奥日光へ戻り。。。
少し遅い ランチ です。

戦場ヶ原から少し入ったところ、光徳牧場近くにある「日光アストリアホテル」
ここの 温泉&ランチを頂くことに。

残念ながら写真は 撮れませんでしたが
湯元温泉から引いているというお湯は緑がかったにごり湯で、
にごり湯好きの私にはぴったりのいいお湯でした♪
ただし、浴槽がちょっと深すぎ! 落ち着いて入るにはあと7センチ浅くてもいいな( ´,_ゝ`)プッ

ランチは、ステーキセットと和食膳の二種類から選べます。
     詳しくは、こちら ↓

 日光アストリアホテル日帰り温泉&ランチ

さて、、私は どちらを選んだのでしょうか?(^ー^* )フフ♪


今回は、しっかり目的を決めたわけじゃなく 「久しぶりにでかけよう〜〜」って感じのドライブだったので・・・とにかくブラブラ(笑)
でも、気がついたら なんだか滝ばかり! 
でも、それぞれ表情の違う滝なので 見ごたえがありました。

次回は、雪のころに 奥日光を訪れたいな♪

ayu01294 at 09:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)