2017年06月27日

岳温泉(あだたら温泉) 鏡ヶ池 碧山亭


梅雨の真っただ中ですが、関東では降る降ると言われている雨があまり降りません。
あまりジメジメしないのはありがたいことですが こうなると水不足とか農作物への影響とかが気になります。

さて、、お題のとおり 今回は福島県二本松の岳温泉でのひとときを書いておこうと思います♪

安達太良山の中腹、岳温泉の宿「鏡ヶ池・碧山亭」さんです。

写真にも写ってますが、まだ遅咲きの山桜が咲いている5月初めのにごり湯探訪でした。

DSC03615


目の前に鏡ヶ池という池があってなかなかきれいなところです。

DSC03612


ここはじゃらんネットで申し込んだのですが、
出発日が近づいたころに 電話がかかってきて

「実は、この度伊東園グループに加わることになりまして・・・ちょうどお客様がお泊りになる日からなんです。」
へっ、、、そうなの??って感じです。びっくりですよ。
先方の話しとしては、多少プランの内容が変わってしまうけどこのまま予約を続けておいてもイイですか?ってことで、、、
いやあ、、キャンセルしたところで 今更他を探してもGWだもん。。。見つからないべ。。
と、観念して 承諾しました。

DSC03594


今日から伊東園グループとしてオープンというわりには なんのセレモニーもないままチェックイン(笑)
館内図を参考にお部屋に進む。

碧山亭ツインルーム


岳温泉の中で、この宿に決めたポイントは 「ベットの部屋がある」ということだった。
ペットじゃなくてベットですよ。つまり、洋室。

リウマチになってからというもの 布団から起き上がるのが大変になりまして(*´σー`)
自宅の寝室もベットに変えたら、とても楽になりました。

そんなわけで、、しばらくは 狭くても眺望が悪くても「ベットの部屋」を選ぶことになったのです。

案の定、この部屋は眺望悪し!で、鏡ヶ池は見えない^^;
でも、条件クリアだし雰囲気も悪くないです。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

明るいうちから温泉を いただきます☆

今回も写真が撮れなかったのでお宿のHPから拝借です。

2


内湯、露天とも あまり大きくはないですがお湯は間違いなし!でした。

岳温泉は 安達太良山のひとつ鉄山の標高1,500Mくらいのところに湧き出る源泉を約8キロM引き湯しているそうで、、、山肌に沿って引かれた管の中で揉まれてやわらかなお湯になるらしいです。
たしかに・・・酸性なのに 刺激がない。

2


お風呂の底にまるで砂のような白い温泉成分が沈んでいる。蔵王温泉のそれは手に取ると泥のような感触だったけどここのは本当に砂みたい。。ちょっと新鮮!
せっかく池が目の前にあるのに露天風呂からは、何にも見えないww
(-ω-;)ウーン。。。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

今まで、あまりチェーンのホテルを選ばなかったのは夕食がバイキングでいかにもせわしいイメージがあったからだ。

今回も、バイキング。

でも、先付とかちょっとしたお料理はセッティングしてくれて そのほかに 好きなものを取ってくるハーフバイキングスタイルで、お席も決まっていてあまりガチャガチャしてなくてよかった。

夕食☆ハーフバイキング



豚しゃぶ


よくわからないけど、たぶん、、、バイキングの質はまあまあ良いほうだったんじゃないかな。
スタッフさんには、もうちょっとお客さんの状態をよく見てほしい気がしましたけどね。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

ここで一番良かったのは、カラオケが無料!ってことかな(笑)
病気してからずっとカラオケ行ってなかったけど 無料なら、、ってことで久々に歌いまくり♪
楽しかったですぅ〜
翌日、疲れてぐったりしてしまったけどね(;・∀・)

安達太良山遠景


今回もいいお湯を堪能でき、楽しいひとときを過ごすことができ、
満足、満足のプチ湯治旅でした (o_ _)o))


ayu01294 at 15:53|PermalinkComments(2)

2017年06月23日

ピンクの花びら、風に舞う庭♪

梅雨の合間の五月晴れ。。
気がつくと 庭の夏つばきがほろほろと咲きだしている。

あじさい、のうせんかずら、夾竹桃、、 暑さをイメージする花たちが主役となる季節になってきた。


振り返ると、今年の春は 穏やかな日が多かった気がして
お気に入りのバラたちも元気いっぱい咲いてくれた。
一番花、二番花と咲き続け、残り少ない花びらを散らしている。


24本育てているバラの中で、半分はピンク系のバラ。
その中でも この春 いっぱい咲いてくれたがんばりやさんのピンクちゃんを
アップしておこうと思います♪


まずは、ピンク系の女王さま、ピエールドゥロンサールです。

image


花の中心は濃いピンクで外に向かって白くなります。
散り際までコロンとした形が崩れません。
本来は 一季咲きですが 秋にもぽろっと咲いてくれることもあるので
とても強健で、がんばりやさんですww


そして、こちらもつるバラの アンジェラ。

image


濃いピンク系で小さめの花がまとまって咲く。
植え付けてから数年、、、今年がイチバンきれいに咲いた♪
白のアルテミスと絡ませてみたけど、、
うーん、、、ちょっと後悔^^;


次は、、、マダム フィガロ。

image


うすいピンク色、華やかな色ではなくてシックな美しい色。

横を向いてるか、うつむいてるか。。。
とにかく、まともにこっちを見てくれない子です(笑)

茎がしなやかなので 下向きになっちゃうんでしょうね。
でも、丈夫で病気にも強い子です!

下から見上げるように仕立てるのがいいのかと思うけど
毎年、このまま。。。(;´・ω・)


最後の一枚は、 マダムピエールオジェ。

image


このバラは庭に植え付けてから3年くらいは全然花をつけてくれなかった。
悩んだ末、堀りあげて鉢に仕立ててみたら ぐんぐん成長し 毎年花をつけてくれるようになった。

小さく、コロンとした実に愛らしい花。。。
透き通るような薄い花びらは 開花が進むとともに ピンク色が濃くなり
わずか3〜4日で潔く散ってしまう。

すごく短命だけど、このオジェの繊細な花びらの美しさとなんとも品のいい香りは 私を癒してくれる大好きなバラなのです。

たぶん、写真だと みんな同じに見えるかと思うけど(笑)
私にとっては、それぞれチャーミングで個性的♪

まさに 「みんなちがって みんないい」
 金子みすゞ かっ!!








ayu01294 at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月30日

那須のにごり湯


リウマチを患ってから 身体が思うように動かなくなって、出かけるのもおっくうになってしまったのですが。。。
気持ちが暗くなってしまうばかりなので、少しづつ無理のない近場の温泉に出かけるようになりました。

野地温泉、高湯温泉、蔵王温泉、関節に良さそうな超にごり湯ばかりです^^

そして、4月に行ったのが那須温泉。
今回は ポンパレのチケットを利用して 「松川屋那須高原ホテル」さんに宿泊です。


DSC03593


玄関はちょっとした美術館のような外観です。

DSC03592


チェックイン前に着いたので、ロビーはガラ〜ンとしています。

松川屋ロビー



ココの共用トイレの入り口に付いてる男性用、女性用のマークが木で作られていてなんだかかわいい♪

松川屋のトイレ入口



チェックインを済ませ、通されたお部屋は 那須連山に面した角部屋。

松川屋部屋


10畳の和室だけど、二人なら充分の広さ。
このプランはお部屋の冷蔵庫の中を飲み放題!という特典付き。
病気になる前だったらビール全部飲んじゃったかもしれないけど
今はアルコール控えているので、、残念〜〜〜('A`|||)
ウーロン茶とかジュース、お水なんかを頂きましたよ♪

部屋からは、茶臼岳が良く見えて。。
これからシーズンを迎え たくさんの人が山頂を目指すんだろうなあ、、なんて考えてました。
三斗小屋温泉とか、味わい深い秘湯があの奥にあるんですよね。

茶臼岳



まずは、予約しておいた貸切風呂へ。。
プランの特典で無料で利用できるのです♪

松川屋貸切風呂


ココの貸切風呂は「いつでも一番風呂」が自慢のようで、一回ごとに浴槽のお湯を入れなおすのだとか。
源泉掛け流しで、湯の花の混じった 私好みのいいお湯です(′∀`)

大浴場は、、、お宿のHPから写真を頂いて。。。

photo03_02[1]


すぐ下の鹿の湯源泉と奥の沢源泉という二種類のお湯が楽しめます。
写真の手前の浴槽が鹿の湯源泉、濁ってますね!


露天風呂は、本当に屋根がなく露天、すごく見晴らしがいいです。
ただ。。。。

宿のHPから


手すりや浴槽への降り口がないので ドボンと入ったあとに
腕に力が入らず足も上がりにくい私は 入ったのはいいけどどうやってここから上がればいいんだろう?としばし途方に暮れてしまった^^;
幸か不幸か他に誰もいなかったので、なんとか浴槽から這い上がりました(笑)
たぶん、テレビから這い出して来る貞子のようだったのでは・・・・

なので、すごくいい露天風呂ですが滞在中二度と入りませんでした(ρ゚∩゚)


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


さて、お楽しみの夕食です☆彡

四季折々の素材をいかした創作会席膳です。

DSC03583


鮎の塩焼き


DSC03586


メインはA5ランクの栃木和牛のすき焼き♪

霜降りバッチリです(^_^)v

A5ランクの栃木和牛


我が家風に、、、最初はネギで香りを出して。。。
お肉を じゅ〜〜っっと焼いてお肉のウマミを味わいます。
う〜〜ん おいしぃ〜〜〜

すき焼きのはじめは肉!


数枚、焼いた後、、野菜と一緒に煮込んでいただきました。

DSC03590


ちょっと前なら がっつり食べられたんでしょうが
ちょっと量が多かったです^^;
もう、年なんですねww 

デザートはパイナップル♪こんなしっかりしたパイナップルは珍しいです。
デザート


写真を撮るのを忘れてしまいましたが、
この他に天ぷらや茶碗蒸しも並びました。
ココの茶碗蒸しは久々に出会えたおいしい茶碗蒸しでした!

それに、給仕をしてくれた仲居さん。
若いのにとても感じが良くて、、これまた、茶碗蒸し同様に感激しました。


にごり湯とおいしいお料理、そしてステキな女性と出会えて
元気になれた温泉旅でした♪


ayu01294 at 17:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月10日

4カ月、ずっと書けなかったコトへの言い訳。。。

前回の記事、「錦秋の京都・城崎の旅♪〜その1〜」をアップしてからずっと更新できないまま桜の話題へと季節は変わってしまった。
2004年から勝手気ままに続けてきた「あゆのささやき」史上、こんなに空いてしまったのは初めてのことだ。

「京都、城崎の旅」から帰って、、、いや、正確には旅行中からだったのだけど、
どうにも体の様子がおかしくて。。。
足、ひざ、手首、肩、頸・・・日替わりで痛みに襲われる日々。

京都・城崎の旅のブログは「その5」まで書く構想だったのに、、「その1」をアップしてからはカラダ的にも気持ち的にもPCに向かうのが辛くなってしまった。

検査の結果、知らされた病名は 「関節リウマチ」。

その時はなんか他人事のような気がして、、
これからどうなるんだろう。
もしかしたら 診断間違ってるんじゃないかな。。とか
ちょっとのんびり考えていた。

でも、現実はやっぱり変えられなくて
どんどん症状はひどくなって・・・
歩くのもやっと、って感じで
大晦日もお正月もあったもんじゃない(笑)

全身の痛みと・・・仕事も家事も何にもできない自分への情けなさ。。
まあ、痛みっていうのは本当に心を弱くするものだとしみじみ思った。
人一倍ボジティブな私でも、現状の辛さとこの先への不安で涙が出た。

この頃に記事を書いてたら、きっと 痛いとか辛いとか・・・勢い余って死んでしまいたいとか書いてしまっていたと思う。

私が綴ってきた「あゆのささやき」は
自分も楽しく書いて、見てくれる人にもニヤニヤしてもらえるようにと心がけながら続けてきた。
だから 少しでも前向きに思えるようになるまで 書きませんでした。


早い時期から治療出来たおかげで今はだいぶ楽になりました。

この調子で寛解を目指しましょう、と言う先生に  完治は望めませんか?と聞くと
治療をやめるとほとんどの人が悪化して戻ってくるのが現実です。と、返答された。

明るい気持ちになったり暗い気持ちになったり身体も気持ちも一喜一憂、一進一退だなぁ(^_^;)

でもね、職場でも家庭でも周りに甘えながら生きていこうって決めました(^_^)V

これからは遠距離の旅は出来ないし、一眼レフを持つことも出来ないけど
ボチボチと気ままにささやいていこうと思います。

あらためまして どうぞ宜しくお願いいたします(o゚▽゚)o


あ、そうそう 京都の旅の記事はいつか必ず書きたいと思っていますが
とりあえず一枚だけ

DSC00219


初めて訪れた平等院鳳凰堂。
一週間おそい計画だったら発病して出かけられなかったと思うと、何だか運命的なものを感じます。



ayu01294 at 16:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年12月04日

錦秋の京都・城崎の旅♪〜その1☆永観堂・南禅寺〜


今年最大の我が家のイベント、「京都・城崎温泉の旅」の思い出を数回に分けて記しておこうと思います。

京都は4年ぶり、城崎温泉へは9年ぶりです。
いろいろ盛り沢山の旅でしたので、少しづつアップしていきます(・∀・)

まずは、、第一弾♪ 

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


京都駅に着いたのは11時57分。
のぞみの車内で駅弁を食べたので、もう準備万端!観光スイッチ、ONです

まずは、紅葉が見ごろを迎えていると評判の南禅寺方面へ。

当初、路線バスで移動しようかと思っていたけど・・・
バスターミナルはすっごい行列だし、乗ってからも時間がかかる。。。

時は金なり!Time is money! ということで、、、

タクシーに乗ることに! 

でも、、これが大正解!

この日の京都は、一年で一番と思われるであろう観光客の多い日。
どこもかしこも 人でいっぱいなのだ^^;

路線通り、大通りを走る路線バスは大渋滞にはまりっぱなし。

その点、タクシーさんは ひょいひょいと狭い路地を通って進んでくれる。

南禅寺へ向かう道路はメチャ渋滞してるから 永観堂へ先に行ったほうがいいという運転士さんの言葉に「永観堂も行く予定なのでそのルートでお願いします!!」と、、
そして、、、調子に乗って、、かねてから行きたいと思っていた場所にも寄ってもらうことに。。。


祇園巽大明神


じゃ〜〜〜ん、ココです

京都を舞台にしたサスペンスもののドラマでよく出る場所!
祇園の「巽大明神」あたり。

さすが、京都のタクシーさんだねえ、、「はぁ??」なんてバカにせず、ちゃんと連れて行ってくれましたよ(´ー`*)

祇園白川沿い


祇園白川巽橋


着物を着こんだ外国の方がいろいろポーズをつけて写真を撮ってました。
もちろん私も、片平なぎさ気分で 写真を撮っちゃいましたよ(笑)

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


運転士さんのアドバイスどおり、渋滞もなくスイスイと永観堂に到着です。

DSC00948


「もみじの永観堂」と言われるだけあって 一歩足を踏み入れると
その美しさに思わず歓声を上げてしまいます!

永観堂入口門


永観堂入ってすぐの紅葉


ああ〜〜写真におさめると なんて平凡になっちゃうんでしょう。

本物は こんなんじゃない!
そう思いながらも、、どんどんシャッターを切ります。

DSC00040


DSC00045


永観堂本堂からの庭


DSC00056


目を引く「唐門」。天皇の使いが来た時だけ使われる勅使門。
DSC00059




DSC00068


永観堂・鐘


永観堂は 「禅林寺」というお寺。
もともと真言宗のお寺だったのが、鎌倉時代の住職が
「念仏を唱えるだけで救われるだって?何をバカなことを言ってるんだよ〜〜、間違いを正してやる!」
って意気込んで法然上人の著書を読んでみたら。。。
自分の考えのほうが違っていた、、、って思えるようになり
お念仏を唱える浄土宗に改宗したそうです。

ここのご本尊は、すごく珍しい阿弥陀様。
お顔を横に向けているんです。

修行する永観さんを導いたというその姿は、よちよち歩きの子供を見守るお母さんのようです。
人の波に押され、そんな「みかえり阿弥陀さま」の御尊顔をじっくり拝することもできず、、、残念でした(´Д⊂)

多宝塔を臨むこの景色は 「ザ!永観堂」って感じです!

DSC00105


どこに行っても、とにかく人だらけww

DSC00098


でも、外国の方が うれしそうに写真を撮ってるのをみると
日本人として かなり誇らしい!

日本って美しいでしょ〜って^^

DSC00093



DSC00089



DSC00102



DSC00104


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


永観堂から8分くらい歩いて。。。

「南禅寺」 到着です。

ここも、まさに紅葉、真っ盛り!
そして、、、人、人、人の波。。。

DSC00119


やばいです。。。。
こんなに美しい紅葉なのに、、、
さっきの永観堂の感動が大きすぎて 悲しいかな、微妙な感動しか感じられないワタシ。。。

こんな時は、、、南禅寺のテッパンポイントへ!

南禅寺水路橋


またまた、片平なぎさっぽくポーズを決めて撮影。
(いや、、披露しないけどねww)


南禅寺山門


そして、、
3回目の来訪にして 初めて三門に登りました!

高さ22メートルですって!

階段は超ド級の急階段!鎖とかついてて、まるで登山ですよ^^;

バルコニーいや、、楼上に上がると、、、境内はもちろん京都市内をぐる〜〜っと見渡せます。

DSC00135


お庭がとってもきれいな塔頭の天授庵も眼下に。。

南禅寺山門から


上から見る紅葉も まさに 絶景です!

って、、昔、天下の大泥棒・石川五右衛門がここの三門からの景色を見て「絶景かな、絶景かな〜〜〜」って言ったそうですよ^^
楼上の内陣にはたくさんの仏像やお位牌が安置されていてちょっとブルっときました。
(高いところだけに・・・ww)


登るときも大変でしたが、降りるときはもっと大変でした
命がけでしたよ(笑)

三門に登るには500円の拝観料が必要ですが、南禅寺の境内には無料で入ることができます。
無料だから、、、ってわけじゃないでしょうけど
いつ行っても観光客の多いところですね。



さて、、この後は 夜のライトアップを楽しみますよ〜

(*゚∀゚)っ 

 




ayu01294 at 02:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)