あゆのささやき♪



ときどき働くお気楽主婦。。
日夜押し寄せる老化の波と戦いながらこんなことあんなこと・・ささやいてます。


6月に鎌先温泉に行きましたよ〜〜って記事をアップしましたが、実は続きがありまして。。宮城の鎌先温泉を出てからさらに北上しもう一泊したんです。

昨年の夏、すっごく気分よく泊まれてお湯も最高だった岩手の宿。
花巻の「山の神温泉・優香苑」さん。

昨年行ったときの記事です。


その前に…

さらに足をのばして、大急ぎで八幡平をドライブww
ゆっくり散策できるほど時間は取れないけど、行ってみたくなったんだからしょうがない(笑)

DSC04454


アスピーテラインの頂上駐車場で停め、展望所から周りを見渡す。

DSC04455


谷肌には スキーできそうなくらい雪が残っています。

DSC04456


そして、見つけたかわいい高山植物。

シラネアオイ2


風が強くてブレブレですが、、、
キレイな色のシラネアオイです♪

シラネアオイ


あぁ〜思い出すと、これ、、新しいカメラで撮りたかったぁ〜〜。・゚゚・(>_<)・゚゚・。


久しぶりの八幡平は、曇天ながらも清々しい風を感じさせてくれました。
秋の色付く季節にもまた来たいと、欲張りゴコロに火がつきましたよ(笑)

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

さぁ、、優香苑さんにチェックインです♪

優香苑庭から正面


イングリッシュガーデンが広がる奥にエントランスがあります。

優香苑・外観


木々の緑とホテルの佇まいがホントにベストマッチなのです。

優香苑の部屋


お部屋は前回とは反対側の建物の2階。
今回も格天井や欄間の美しいステキなお部屋です。


さっそく、お風呂にINですが。。。
他に入浴中のご婦人たちが大勢いらしたので、残念ながら今回もお風呂の写真は撮れませんでした。
前回も書いたと思うけど、とにかくすっごくトロトロヌルヌルのお湯で…
肌へのまとわり感がハンパない!
わりとぬるめだったので、ゆっくり入れました。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:



さて、お楽しみの夕食です♪

宿泊プランは前回と同じなので、夕食のグレードもたぶん同じくらいと予想。

小鉢


まず、小鉢が二種類。
鶏の煮込みをマッシュポテトに乗せたものと、、
叩いたオクラを蕨と和えて、お酒で煎った海老を乗せたもの。

小鉢2

どちらも 上品な味です。

蒸し物は、ブイヤベース風。
鱧、海老、蛤などの海鮮と玉ねぎ、椎茸、ズッキーニなどお野菜の欧風茶碗蒸しって感じです。

蒸し物



お造り


お造りは、鮪やサーモン、烏賊、とてもきれいに盛られています。



鍋物は、ちょっと変わっていて。。。
今までで食べたことのないお鍋。

あえて名前を付けると…
「コーンスープ仕立ての鯛のしゃぶしゃぶ風鍋」ってトコかな☆彡

鍋の材料

この材料を。。。

鍋物スープ

アツアツのこのスープでしゃぶしゃぶして食べる。

コーンスープのしゃぶしゃぶ鍋


鯛もお野菜もおいしい〜! この洋風のスープにベストマッチ♪
最後に、バゲットを浸して食べると…
食材から出てきたお出汁で濃厚になったスープがバゲットにしみ込んで、、
うぅ〜〜〜〜〜ん、、んもう、すっごくおいしい〜〜ww
あまりにおいしいので、蒸し物用の小さいスプーンでスープをすくって飲んでいたら、スタッフのお姉さんが「良かったら、レンゲをお持ちしますか?」って。
迷わず、お願いして持ってきてもらいしっかりスープを飲み干しちゃいました。
しかし、スタッフさん 良く見てたなぁ〜
で、それとなく声をかける… いい心遣いだなぁ〜と感心しました


メインは「前沢牛陶板焼き」。
焼物の材料


野菜を敷き詰めた上に前沢牛を乗せて蒸し焼きにします。
焼物前沢牛陶板焼き

ポン酢だれでいただきます。

焼き物のタレ

もう少し、パンチのあるタレのほうが良いかな、、と思いつつ。。
お箸は進みます(笑)

ご飯


お肉のあるうちに、と ご飯を頂きました。
白米も選べるけど、私は蛸の炊き込みご飯にしました。


進め肴

これは、南瓜饅頭。ほんのりと甘みがあっておいしいです。

煮物

そして、煮物は 穴子と牛蒡の入った玉子焼きと蛸の煮たやつ。
この蛸。。。ホタルイカだと思ってました。
やわらかいホタルイカだなぁ〜と。(笑)

デザートの写真を撮り忘れたけど

抹茶のアイスと白桃のプリン、そしてさくらんぼ。

今回もお腹いっぱ〜〜い




*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


朝食はバイキング。

これはおいしい!っていうものはないけど^^;
普通においしくて、何よりガチャガチャしていないので気分よく食べられました。


二度目の今回も、お風呂満足! 食事も満足! もちろん、教育の行き届いたスタッフさんたちにも大満足でした。





こちらから優香苑さんのパンフレットが見られます。




P_20180709_165637_HDR


先月、購入したカメラ、ソニーの「α6300」です♪

初めてのミラーレス。かなりワクワクですよ。

リウマチになって今まで使っていた一眼レフ「α550」は もう、重くて使えないな、、、って思っていて
このところ、ずっとコンデジのサイバーショットを使っていた。

でも、やっぱりキレイな景色や庭に咲いた花とか一眼で撮りたいな〜という思いが湧いてきて・・・
特にだんだん表情が豊かになってきた孫の写真をしっかり残しておきたくて。

軽いのが魅力のミラーレスだけどレンズ付けたらやっぱりコンデジよりかなり重い(^_^;)

それでも前のよりはだいぶ軽いしコンパクトなので、指の動きが悪い時でも大丈夫そう。

良き相棒になりますように🎵


松島基地でブルーに感動した後は
宮城蔵王の麓、鎌先温泉に向かいました。

名前は知っていました、、が
はじめて訪れる所です。

白石の国道4号線から、山へ向かって進む。。
どんどん、のどかになってきて…クマとか出てきそう〜って思ったころ
「鎌先温泉」の案内がでてきた。

お宿は、「にごり湯の宿・湯守”木村屋”」さん。
思っていたよりギュっと凝縮された温泉街で
湯治場の雰囲気たっぷりです。


01



宿の玄関まで車で行けると思って、狭い急こう配の上り坂を進んだけど
リサーチ不足でした

宿の目の前でどうにも進めなくなってしまった
宿の人に来てもらったら、車は手前の駐車場まで…ですって
それ、前もって教えてほしかったわぁ('A`|||)

何度か切り返して、やっと駐車場へ(笑)
ぶつけなくて良かった ε=ε=(;´Д`)


小さいけど、小綺麗にまとめられたロビー。

DSC04453


写真を撮り忘れたけど、お部屋は若干小さめの和室。
¥7,980という安いプランなのでそこはしょうがないww
リウマチに良いというお湯が目的。

二か所の浴場があるというので、まずは「かっぱ風呂」というお風呂へ。
昭和33年に造られたままという浴室で、レトロな雰囲気が自慢ですって。
レトロと古さの違いが良くわからないけどww
とにかく古いお風呂です。

DSC04437


換気がイマイチなのか、湯気で写真がモヤってしまった。
古いけど、良く手入れしてあると感じられるお風呂でした。


もう一か所、最上階の大浴場。
マダムたちでいっぱいだったので食後ゆっくり入ることにした。

DSC04441



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆


夕食は食事処で。。。
「牛肉のすき焼きプラン」です。

こじんまりした宿だし、お安いプランなので食事もあまり期待せず
お腹にたまればいいか、、くらいの気持ちでいたけど

彩りもいいし、なかなか頑張ってくれてるんじゃない〜?

DSC04442



DSC04443


「松茸、いや、、舞茸の土瓶蒸し」
これ、すごくおいしかった♪
DSC04445


メインのすき焼き。

これまた、思っていたより柔らかいお肉で ちょっとびっくり。
何度も言うけど、安いプランなので、ゴムみたいなお肉なのかと思っていましたからね^^;

DSC04446


筍ご飯も風味たっぷりで美味しかったです♪

DSC04447



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

そんな期待を見事に(良いほうに)裏切ってくれた夕食の後は
再び、最上階の浴場へ。

今度は写真を撮れるほど空いていた。良かった〜

浴槽はわりと大きめ。なんか、、全体が茶色^^

DSC04448


内風呂は沸かし湯で、露天は源泉掛け流しって書いてあったので
露天風呂にゆっくり入ることにした。

DSC04449

ちょっと茶色がかったにごり湯で、刺激はなくぬめりもない。
見た目よりさっぱりした感じのお湯だ。
ぬるめなので ゆっくり入るにはいいかな。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

昔ながらの湯宿。
清潔感とかおもてなしとかサービスの良さとかこの宿に求めちゃいけないな。
なんかそんな事を感じる宿でした。


ブルー、、実はブルーインパルスの事なんですけどね^^
ブルーのホームとして知られる「松島基地」へ行ってきました。

DSC04435


基地の広報の方が、基地の中を案内してくれるが、
いろいろ制約があり、許可された場所以外、勝手に写真を撮ってはいけない。
本当は、いろいろ撮りまくりたいけど…
しょうがないですね、ちゃんと守ります!

まず、案内されたのはかつて飛んでいた航空機が展示されている場所。


DSC04415



DSC04417


DSC04422



DSC04416



このそばには、東日本大震災のときに津波でひっくり返ったままのベンチがそのまま残されていた。
上の写真のF86の鼻先にも赤いラインで当時の津波ラインが記されている。

そう、、ここは宮城県の東松島市。
震災では、この基地も津波により大きな被害を受けたそうです。

ブルーはちょうど他の基地に行っていて難を免れたとのことですが、ここにあった多くの航空機が海水に浸かり使えなくなってしまったそうです。

当時の被災状況を淡々と話してくれた広報の方。
きっと私が想像する以上の大変なご苦労をしたことでしょう。


震災後、格納庫やライフラインの設備など基地内の至るところがかさ上げされたと説明された。

そして、、いよいよブルーインパルスとご対面!

DSC04421


かさ上げされたブルーの格納庫に案内された。

DSC04425


(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

格納庫の2階から見下ろすと、ブルーインパルスが勢ぞろい!

山口県での航空祭から戻ったばかりなので、この日は訓練飛行はナシ。
機体整備のため、格納庫でお休み中なのだ。

大空を飛ぶ、ブルーも見たかったけど こんなに間近に機体を見られるのも滅多にない事!
これはこれで激レア♪

DSC04428


DSC04426


DSC04434


興奮して何枚も似たような写真を撮りまくってしまった(笑)


見学の最後は 基地内の売店でのショッピング♪

溺愛する孫へのおみやげを買って締めくくりましたww

前回からの続きですが、
白布温泉で名湯を堪能した後、会津へと向かいまして
東山温泉の「庄助の宿・瀧の湯」にチェックインです♪
ウチ的には、ちょっと思い切った料金の宿です。


瀧の湯玄関


フロントで手続し、ロビーでお茶と和菓子を頂きながら館内の説明を聞いたり食事についてのお話しをする。

ロビーでのお茶


振る舞い酒?の地酒が4種類置かれていて、「ご自由にどうぞ」的な感じなのでちょこっと頂きました。

色浴衣コーナーもあり、無料で借りられるようです。
若い娘はこういうのが似合うのよねぇ。
私が浴衣を着ると「どこの部屋?」って感じになっちゃうからなぁ(笑)

色浴衣コーナー



できるだけプライバシーを大切に、、、という事から ご用がない限りはお部屋にお邪魔しないのがココ流だそうで…
キーを頂き、部屋に向かいます。


今回の部屋は、6年ほど前にリニューアルされた和洋室「庄助浪漫亭」というお部屋です。
6年経ったら「リニューアル」って言うのもどうかと思うけどね (´∀`)


お部屋


川に面した開放的な明るいお部屋で、品よくまとめられていると感じます。

お部屋・洗面台


使い勝手はともかく、おしゃれな洗面台。
おしゃれすぎてどこを押せばお湯が出るのか探してしまったポット。
インスタントのコーヒーも置いてあってうれしいサービスです。


お部屋のお菓子は温泉まんじゅう。
ミニミニ蒸し器がセッティングされていて温めて食べる…ようです。

お部屋のお菓子


せっかくなので、火をつけて温かくして頂く。
うん、おいしいw

さらに、、会津の民芸品「起き上がりこぼし」が置いてあった。

起き上がりこぼし


じゃらんで申し込んだお客様への特別プレゼント、、らしい!
あら、、よく読むと 「このプレゼントの事は、じゃらんのクチコミには書かないでね」的なことが書いてある。
なるほど、、、クチコミ投稿を意識してるのね。

クチコミには書かないけど、ブログに書きますww


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


まずは、お風呂です!
ここへ来る前に白布温泉で「ドバドバ流れ出てくる温泉」を堪能してきたので
気持ち的には、さほどハイレベルを望んでいません。

カルシウム / ナトリウム / 硫酸塩化物泉、ph8.64の弱アルカリ 低張性温泉。
透明で無臭のお湯です。

大きい宿にありがちな塩素臭も気になるほどではなく、ゆったり入れるお風呂です。

内湯



露天風呂は、古(いにしえ)の湯と名付けられていて
ここが東山温泉開湯の地なのだとか。

露天風呂


浴槽は石造りだけど、湯淵には青森のヒバを使っていてとっても当たりがいい。
淵に乗り出して外を眺めると…目の前に静寂を掻き消すように流れ落ちる滝!
まるで水しぶきまでかかってくるかのような大迫力!!

露天風呂からの眺め


露天風呂は2段になっていて 
上って行くと、使い込まれたような釜にお湯がそそがれている。

露天風呂・上


「花春酒造」から特別に譲り受けた日本酒の麹釜を利用した浴槽だそうです。
小原庄助さん気分で入ってみました(笑)

露天風呂・上2



湯上りにビールとソフトクリームが用意されていました。

サービスのソフトクリームとビール


一人1杯と書かれているけど、ビールのカップが小さいので物足りなさを感じるww
ソフトクリームは普通においしい^^

ちなみに、このサービスは朝は無し。

川を眺めながらくつろぐことができる湯上り処。
外には、足湯。

湯上り処



そして、ワンちゃん専用のお風呂。

わんちゃん用お風呂


ん…?ここってペットOKなんだっけ? (;・∀・)


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

お楽しみの夕食です♪

食事処・開花亭


「開花亭」という食事処でいただきます。

ちょっと、うす暗いので 写真を撮るには不向きかな^^;

DSC04312



先附は、「季節の野菜サラダ」と「筍、木の芽和え」
先付・季節のサラダ

これが一人分??って思うくらいの野菜の多さに ギョッとΣ(・ω・ノ)ノ!しましたが、、、
シャキシャキ新鮮で、おいしかったのでパクパク食べちゃいました。
特に、ピンク色のアスパラガス!!
会津で開発された新しい品種で、まだあまり出回っていない「桜アスパラ」というもの。
グリーンアスパラよりえぐみが少なく、生でも美味しい!
会津のアスパラ!要チェックです〜☆

筍木の芽あえ

「筍の木の芽和え」は、筍のやわらかい部分を木の芽みそで和えたもの。
木の芽っていうのは、山椒の若葉のことで手のひらでポンと叩くといい香りがします。
その「木の芽」をすりつぶしたみそで筍を和えた一品。
筍と木の芽はとても相性が良い!木の芽をひとひら乗せてくれたらもっと見た目でも楽しめたのになあ。

前菜3種盛り。
「鰊の山椒漬け」「会津こづゆ」「生麩の田楽」
前菜

普通、「こづゆ」は、お椀に入ってるものだけどちょっと趣向を変えて、
汁なしこづゆ?って感じです。
前菜・こづゆ



向附は、「季節のお造り」
鯛、鯉の昆布〆、湯葉刺しです。
お造り・鯛、鯉昆布〆、湯葉刺し


会津の地酒を頂きます。
地酒・庄助の酒



そして、、、焼物。
焼物・牛吟醸焼き


この宿の名物となっている「牛吟醸焼き」

自家製の醸造味噌と会津地酒の酒粕をバランスよくまぜたタレに漬け込んだ牛肉を鉄板で焼き上げる。焦げやすいので、注意しながら…そろそろいいかな?と口に運ぶと
う〜〜ん、、おいしいぃ〜〜〜!
やわらかいし、味噌の風味とほどよい甘み。
牛の他に豚や鶏もあるそうで、、、鶏バージョン食べてみたいなあ〜〜
売店に売ってるそうだけど、ここで食べるからおいしいんだよね、きっと。


さて、もうひとつの主役? 鍋物は、、「牛肉の出汁すき焼き」
この食材たちを入れていきますよ〜。

出汁すき焼き・材料


鍋物・出汁すき焼き・セッティング


石鍋なので、あまり過熱しすぎると具材が噴き出して危ないと、脅され(笑)
ビクつきながら、、グツグツ。
 
鍋物・出汁すき焼き・グツグツ


すき焼きというより、しゃぶしゃぶに近い味わい?
あっさりと食べられて、お肉もお野菜もおいしいです。

お凌ぎはお蕎麦。

凌ぎ・お蕎麦

このお蕎麦は、蕎麦屋さんなみにおいしかった!

御飯は、筍とあさりの炊き込みご飯。
border="0" alt="筍とアサリの炊き込みご飯・うるいの味噌汁" hspace="5" class="pict" />

うるいの味噌汁も、炊き込みご飯も 山の恵みを味わえておいしかったです。

水菓子(デザート)は、桜餅と季節のフルーツ。

デザート

久しぶりの桜餅、風味が良かったです。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

朝風呂に入っていたら、シャボン玉が舞っていたので
お子さんでも遊んでるのかな〜って思っていたけど。。。

チェックアウトして外に出るとき、、、
ん?なんの機械???
しゃぼん玉発生装置

正体は、これだった!
シャボン玉発生装置!(正しい名称は知りませんww)
この機械から、絶え間なくシャボン玉が噴き出していた。
見えないところに置いてほしいわ、この機械。

DSC04342


全般的にサービスに力を入れている印象のホテルでした。
が、、、朝食バイキングについては 全く残念!
部屋もお風呂も夕食も、なかなかいいなぁと気持ちよく過ごせていたので
天国から地獄へ突き落された気分。

良い印象も、ちょっとの手抜きで 嫌な思い出になってしまう。

あまり書くと営業妨害になるのでやめておきますが。。。
本当にサービス業は難しいものですね。

このページのトップヘ