あゆのささやき♪



ときどき働くお気楽主婦。。
日夜押し寄せる老化の波と戦いながらこんなことあんなこと・・ささやいてます。


さて、、お雑煮であったまった後は。。

この時期の奥日光の行き止まり、湯元温泉へ。

冬季通行止めの金精道路




今日の宿泊は 「奥日光小西ホテル」なのですが、、
早めにチェックインだけして 湯元温泉宿泊者限定の特典「湯巡り手形」を頂きました。


P_20180108_182541_HDR


手形って言っても紙ですけど^^;
湯元温泉組合で主催している期間限定の企画で
期間中にイベントに参加している宿に宿泊した人は 参加している宿のお風呂3か所に無料で入れるというおトクなものです♪


まずは、、前回宿泊した「湯元板屋」さんへ。

板屋外観


日帰り入浴始まったばかりの時間だったので 誰もいない一番湯

(´∀`*)ブチひさの湯元のお湯〜〜〜♪
ちょっとアツめのにごり湯、う〜ん、和みます〜〜   

板屋内湯


外気温がマイナスというだけあって さすがに露天風呂はぬるかった

板屋露天風呂


ちょいぬるでも、雪見風呂は気持ちがルンルン♪
青空も見えて、気持ちの良い天気です。


写真は撮れなかったのですが、この後にもう一軒「奥日光高原ホテル」さんに立ち寄って入浴しました。
板屋さんと違ってお子様連れやら外国の方とかお客さんが多かったです。
内湯は ちょっと緑がかったにごり湯で肌触りもやさしい感じです。
露天風呂は白濁系の岩風呂。 ぬるめだったけど、極局地的に熱かったww

3か所、無料で入浴できるとは言え、、
これ以上はムリ(笑)
これで、切りあげて。。。
お宿に向かいます。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


この日のお泊りは、、、「奥日光小西ホテル」さん。

小西ホテル外観


小西ホテルさんは、初めてです。
今回は最近よく利用しているクーポンサイト、「グルーポン」で購入した宿泊プランのチケットで予約しました。
某サイトのクチコミでは、「古い」というのが目に付いたが…確かに建物の老朽化は否めないですね。


重厚なソファーが並ぶロビー。

小西ホテルロビーからの裏庭


古いながらも、そこかしこに創業当時の”品の良さ”が感じられます。


雪景色を見ながらも暖かくいられるのはこのレトロな暖炉のおかげでしょう。

暖炉


セルフのコーヒーも、ありがたいサービスです。

ロビーのコーヒー



今回のプランのお部屋は、ジュニアスイートというタイプ。

小西ホテルお部屋


手前にベットが並んでいて、奥には畳のお部屋。

小西ホテルお部屋


お部屋には、松・菊・葉牡丹などお正月の花が飾られていました。
こういう演出はうれしいものです。

お部屋のお花



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

ひと息ついて、、、夕食の時間です。

いろは坂の上、この奥日光にはコンビニもないので
もしも、お腹いっぱいにならなかった時のために。。。と
下界のコンビニでパンを買いこんできていた。

果たして、、パンの出番はあるのでしょうか(笑)

案内されたのは、窓辺の席。外は目線まで積まれた雪^^
モダンな感じの食事処です。


先付けは、「河豚のナムル」

夕食・先付け


「河豚」って何だっけ?って思いながら食べ始め…
コリコリする口当たりの食材がお野菜の中に存在して、
スマホで調べたら 「河豚」=「ふぐ」と判明。
ああ〜〜これが「ふぐ」なのね〜〜 と、しみじみ噛みしめる。


お造りは、「八汐鱒と寄せ湯波」

夕食・お造り


お刺身好きの人には物足りないかもしれないけど
こんな山の中で行き止まりの場所なんだから
生の魚なんてこのくらいで充分ですよ。


そして、揚げたての天ぷら。

BlogPaint


「海老とりんごと海老芋」ですって。
りんごの天ぷら、、、初めて食べました!
ちょっとアップルパイを思わせるような、りんごの食感と甘み、斬新でおいしかったです。

焼物は、炉端で焼いていた「虹鱒の塩焼き」

夕食・焼物


臭みがなく、骨も気にならず ガブッとかぶりついて食べられました。


メインは。。。「とちぎ和牛のステーキ」

夕食・とちぎ和牛ステーキ


A5ランクのとちぎ和牛だそうです。
脂が甘くて柔らかくおいしいヤツでしたが、ソースがちょっとおとなしかった気がします。
できれば西洋わさびとか岩塩とかも添えてほしかったかな。

そして、、、満を持して登場してきたのが。。。

「小西ホテルオリジナル・A5和牛デミグラシチュー」

小西オリジナルデミシチュー


こ、、これは、、おいしい〜〜〜
コクがあって、、牛肉がとけちゃうくらいで、、、
突き刺さってるパイスティックもおいしくて、、、

今まで、温泉宿では 「古窯」さんのビーフシチューが1番だったけど
これはまた、、甲乙つけがたい絶品です!


ご飯と赤だし、お漬物。。
最後に デザート。

酸味の効いた「苺のシャーベット」

水菓子


量が少ないと、クチコミに書いていた方がいましたが
ミドルエイジの私たちには ちょうどいい量でした。
っていうか、、量より質ですね。


と、いうわけで。。。
買い込んでいったパンは結局持ち帰ることになりました(笑)



寝る前に、もう一風呂。

ここも写真は撮れませんでしたが、

女性のお風呂は、露天風呂が小さめで3人くらい入ってると遠慮しちゃうかなって感じです。
少し深めの岩風呂でした。

泉質はやはり上質で、白濁の硫黄泉!

いいお湯ですな〜〜☆彡


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


朝食はバイキング。

慌ただしいバイキングはちょっと苦手なのですが。。
今回は、あまりガヤガヤ感がなくて
マイペースで食べられたので、良かったです。

小西ホテル朝食


小西ホテル朝食デザート



ホテルのスタッフの方々は皆さん、親切だし。
建物の古さを上回る良い印象で、、チェックアウトしました。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

おまけに…帰りがけに撮った奥日光の冬の様子をご紹介♪

まずは、凍てついた湯の湖。

凍り付いた湯の湖


さらに、戦場ヶ原。

戦場ヶ原


少し下って、、、中禅寺湖の湖畔へ。

ここから見る、男体山は中禅寺湖と相性バツグンです!

男体山と中禅寺湖


ボート乗り場付近は あちこち凍り付いた枝が見られます。

凍り付いた枝


そして、、、西側からの風が中禅寺湖の水を打ち上げて
そのしぶきが湖畔の樹木に吹き付けられて出来上がったのが。。。

「しぶき氷」

氷の花をつけた桜


すごいですよね!!「しぶき氷」初めて見ました!
人生の半分以上過ぎても、まだまだ「初めて」っていう見るもの聞くもの食すものがあるんだなぁ。。としみじみ思いました。

今年も、好奇心を忘れずに 自然のもの、人工的なもの、いろ〜〜んなものを楽しみたいです


あけましておめでとうございます。
本年も「あゆのささやき」を宜しくお願いいたします。


関東地方はまずまずの好天に恵まれたお正月でしたね。

思えば、昨年は身体中のあちこちが痛くて痛くてお正月どころじゃなかった、、(´□`。)°゜。
こうして心穏やかに新年を迎えられることが何より幸せなことだと、あらためて感じました。

と、いう事で。。。。
今年は早々にお参りに行きました。

例年行っている日光の輪王寺さんです♪

P_20180105_101521


平成の大改修が行われているので、ご本尊が祀られている三仏堂は工事用の建物ですっぽり覆われています。
せめてイメージだけでも…って事で、入口には三仏堂の絵が描かれており お参りする人を導いています。

予定では来年の春には工事が完了するようで。。待ち遠しい限りです。



今年初めの「おみくじ」を引きました♪

  〜ひとかたに なびくと見せて青やぎの
      ゆくえさだめぬ 人心かな〜




おみくじ



思うにまかすようで心にまかせぬことがあり、
思わぬ幸いあるようでも、よく気を付けないとそんするとこ 後で損することあり…

色情(いろごと)に ことに気をつけなさい

いろごと〜〜〜〜???
えぇ〜〜っ、、 いったい 今年何が起こると言うのぉ〜?このオバサンに!!

何だか 楽しみな一年になりそうです(笑)



改修がすんで美しくなった東照宮もお参りしたかったのですが、
膝と足首が心配なので今回は鳥居だけ拝むことにしました。

東照宮の参道には十数件ほど出店が並んでいました。
一昔前ならこういうお店の人は
 「おねえさん、やきそば、おいしいよ〜〜〜、」とか
元気な声でお客さんを呼び止めたりして 活気があったもんだけど。。
何だか、、今の「テキヤさん」は静かだね(^_^;)


そんな出店の一つで、寡黙なお兄さんが売ってるサツマフライを買いました。

P_20180105_104824


スティック状にカットしたサツマイモを油で揚げてグラニュー糖をまぶしたもの。
素朴で懐かしいようなおいしさ♪


今年も良いお参りができて 本当に良かった〜〜(´∀`)



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さて、、、お参りの後は。。。。

本日のお泊り、奥日光・湯元温泉へ向かいます。

でも、その前に お昼ご飯♪

いろは坂を上って、、 


中禅寺湖


中禅寺湖を横目に見て。。

龍頭の滝


やってきました!氷瀑と化した「竜頭の滝」

冬の愉しみは ここの「龍頭乃茶屋」さんの名物「お雑煮」です♪

お雑煮


揚げたお餅が入っていてとってもあったまります!

おぐらだんご


一緒に「おぐら団子」もいただきました♪
よもぎの団子に甘さを控えた小倉餡がぴったりで、おいしいです。


「竜頭の滝」っていうけど。。。お店は 「龍頭乃茶屋」
果たして、、「竜」と「龍」どっちが正しいのだろうか??

なぁんて、、思いながら。。。

さ、、お宿へ向かいますよ〜〜〜

・‥…━━━☆・‥…━━━☆  次回へ続きます♪

どうでもいい個人情報だけど、
実家のお墓は福島との県境に位置する大子町にあります。

奥久慈と呼ばれる景色のきれいなところです。

12月6日が命日だった父のお墓参りを済ませた後、近くの袋田温泉におじゃましてきました。

P_20171210_130931


おじゃましたのは、袋田温泉「思い出浪漫館」さんです。

温泉宿なのに、なかなかおしゃれな名前でしょ?
外観もゴチャゴチャしてなくてステキです。


まずは川沿いの露天風呂へ!
洗い場のないお湯と景色を楽しむお風呂です。
湯温は場所によりマチマチで
最初 ぬるいかな〜って思ったけど
ちょっと移動したら適温だった!
無色透明で、ちょっぴりとろみを感じるお湯です。

残念ながら写真はないけど、居心地の良い露天風呂でしたよ〜

P_20171210_123821


続いて内湯に入ります!きれいな脱衣場で、それぞれのカゴの所に昔ながらの子供の遊びが書いてある。
なんだか楽しくて、思わず他のカゴも見てしまった。


清潔で気持ちのいいお風呂です。

P_20171210_123726


驚いたのは、洗い場のシャンプーです。
普通多くても2種類くらいでよくわからないメーカーのとかが多いけど
ここはなんと4種類!
しかも資生堂やポーラなど安心出来るモノばかり!
これはかなりポイント高いわあ。


内湯から続きの半露天風呂。

P_20171210_123708


半分がジャグジーになっていてなかなか気持ちいい〜〜


他に入ってる人がいなかったので、のんびりゆったりとお湯を楽しみました。

出るときにふと見るとこんな絵が・・・

P_20171210_125418


のぞき込むと自分が絶世の美女の仲間入り!
思わず笑っちゃいました(≧▽≦)

近すぎてお泊まりするほどではないけれど、またお墓参りのついでにおじゃましようと思います。


P_20171215_110332




カーナビが入院して一週間。

ついつい、やってしまうこと。
今、何時って見てしまう。
バックするときつい空っぽ部分を見てしまう。
音楽をかけようとしてしまう。
金曜日にナック5のファンフラを聞こうとしてしまう。
この渋滞どこまで?って空っぽ部分を見てしまう。
などなど。。。

カーナビくらい無くてもそんなに影響ないと思っていたけど、意外と不便です(笑)

カレンダーが最後の一枚になってしまい、いよいよ今年もあと少し。。。
何てことないのに、、何故か気ぜわしくなるのがこの時期。
「今年のうちに。。」とかいろいろ自分を追い込んじゃうんですよね。・゚(゚`Д)゙
気がつけば…私もこのところ、、ず〜〜っと「ささやき」をさぼってたじゃないの!!
反省して、、今年のうちにささやいておこうと思います。
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・


まずは、先月の湯治旅のお話しです。

以前から公言していますが、私は温泉が大好きです☆
特に硫黄系のにごり湯が超大好きです♪
数か月ご無沙汰すると、めっちゃ恋しくなります。

で、、恋しくなったにごり湯を求めて。。。
群馬県の万座温泉に行ってきました。

冬タイヤに履き替えて、足元バッチリ♪
いざ、標高1,800Mの万座温泉へゴー!o(≧∀≦)○ゴー!!

この時期は「志賀草津道路」が冬季通行止めのため、万座温泉に行くには「万座ハイウェイ」という有料道路を通るルートしかありません。
日本じゃ ハイウェイっていうと高速道路って思っちゃいますけど
「万座ハイウェイ」の「ハイ」、、きっと 高い場所を通るっていう意味での事でしょうね。
とにかく全線カーブ続きの山岳道路です。


料金所すぎた辺りから 徐々に白いものがチラつきだして。。。
進むにつれて雪景色になってきました。

P_20171120_093229


この日の宿は、万座温泉のなかでも奥のほうに位置するお宿、白鐵の湯(はくてつのゆ)を自慢とする「万座亭」さんです。

P_20171120_092411


6月に向かい側にある「日進館」さんに泊まった時、次回はあちらに泊まろう、、と思ったのが「万座亭」でした。
今回もかなりお安いプランですので、お部屋も料理も期待せず 
ただただ にごり湯を楽しみにチェックインしました♪

今回のお部屋は和室です。
8畳の広縁付き、眺望なし、充分でございます。

DSC04133


お部屋自体に文句はないんだけど、、、
とにかく 寒い〜〜〜{{{{(;>_<)}}}} 
こんなに狭い部屋なのに、、なんであったまらない??


こうなったら、、、温泉であったまるしかない!

さっそく、にごり湯をいただいちゃいます♪

ヒバの木で造られた内湯。温泉情緒がたっぷりあふれてます。

DSC04148


【〜〜〜(´▽`A)〜〜〜】う〜〜ん、、気持ちいい〜〜
万座のお湯は、かなり濃厚な「酸性硫黄泉」。
皮膚が弱い人や乾燥肌の人の中には合わない人もいるようですが、硫黄泉は血管を広げる効果があるので消化器系の病気や糖尿の人、喘息の人に相性が良いようです。関節炎、神経痛、もちろんリウマチにも。


そして、、お宿自慢の「ログ露天風呂」へ。
うっ、、、…( ̄  ̄;) ぬ、、ぬるいっ、、、
ぶるさむ!! 
冷めないように 半分シートかかってるし^^;


DSC04146


あまりにもぬるいので、お湯が出てるところに移動してみたら
さすがに熱すぎるかと、、思ったけどその場所がちょうど良い温度だった。
居心地の良い場所が見つかって の〜〜んびり 雪見風呂♪

露天風呂は、ゆっくりくつろげる収まりのいいポジションが見つかるかどうかが重要なのです✌



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

夕食は お食事処での和食膳です。

こちらはお造り。

DSC04134


主人のほうには小っちゃいホタテも乗っていたが、私の皿には…なかった。
なくても許せる範囲のホタテだったので黙ってました。立派なホタテだったら文句を言っただろうけど(笑) 

火をつけてくれたのは、「豆乳鍋」です。

DSC04135


グツグツしたらうどんと薄切りのお餅を入れます。
DSC04138


あっさりして、カラダが喜びそうな味です。


「季節の天ぷら」 お塩でいただきます。
DSC04139


コロっと切った安納芋の天ぷらは和菓子みたいでおいしかった。

そして、中華風のミニおこわ、煮凝り。
DSC04140


ぜんまいの煮物ですね。素朴な味です。
DSC04141


焼き物は、鱒?鮭?の味噌漬けかな。
DSC04142


これがメインのお料理だと思うけど、
「上州もち豚の陶板焼き」
DSC04143


こちらをおかずに、、ご飯をいただきます。

白米と十六黒米のどちらかを選べるというので。。
十六黒米をチョイスしました。
DSC04144


正直、「おいしい〜〜〜」って感動するお料理ではなかったけど
出すものも出してないので、、これで充分です。お腹いっぱいになりましたよ♪


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

夕食の後、予約しておいた貸切風呂へ。。
通常は有料なんだけど、このプランの特典で無料で45分間利用出来るのです。

DSC04145


熱すぎず、ぬるすぎず、、ちょうどいいお湯の温度。
硫黄の匂いすら心地よいです。
窓の外は 粉雪が舞っていて、照明に照らされてキラキラ輝いて見えます。


硫黄泉はあったまるのも早いけど、冷めるのも早い。
相変わらず、部屋の暖房はイマイチで…
しっかり着込んで眠りました(笑)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

朝食は、笹豆腐の湯豆腐と竹かごに小皿を並べたおしゃれな盛り付け。
バイキングより、落ち着いて食べられるのでうれしい。

DSC04149


きのこの味噌汁、コレ一番おいしかったかも。
ちょっと少なかったけど(∀`*ゞ)
DSC04150




コンビニもガソリンスタンドもATMもない、遊ぶような温泉街もない、今どき珍しいくらい不便な温泉だけど。。ここは、ずっとこうあってほしいと思う。
コンビニとか作っちゃいかんよ〜。

自然が残っているからこその魅力。
そういえば、、万座ハイウェイの途中で「ニホンカモシカ」を見た!
天然記念物のニホンカモシカですよ!
なんと後で調べたら、白根山周辺に数十頭いるらしい。。
思いがけず、希少な生き物を目にすることができて、とてもラッキー☆彡でした。


このページのトップヘ