2009年08月

2009年08月27日

おつかれさま、相棒。。

IMG_1331


ずっと一緒にがんばってきた「相棒」が、昨日で役目を終えました。
ナンバープレートもはずされて・・タイヤも擦り減ったお古に交換され。。。
実に淋しい後姿です。。。。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。

13年間、一緒にがんばってきた。
国産じゃないから、メンテが大変なのにしょっちゅう故障する。
すぐにバッテリーが弱くなるから、出先でエンジンがかからなくなることもあった。
本当に手のかかるコで(;^_^A アセアセ・・・

でも、私はこのコが大好きだった。

いろいろな所へ一緒に行った。


白川郷へ向かう時。 トンネルの入口の高さ制限表示を見て思わずストップ!
制限3.5M やばっ、、このバス 3.7あるんだけど^^;
Uターンできるほどの道幅はないし、バックするにも後ろは大渋滞になってるし
。。。
いちかばちか勝負するしかない、、って感じで。
エアーを抜いて車高を低くして、、クラクション鳴らしながら トンネルの真ん中をすすむ。
いつ、がりっとなるかと。。心臓バクバクで、、息が詰まった。

無事、抜けた時はまさに脱力。。
〜〜〜〜〜〜〜(;_ _)O パタ...

そんな修羅場(笑)を一緒にくぐりぬけてきた相棒なのだ。

13年。。。観光バスにしてみれば まだまだ使える年式。
このコだって、、手をかければまだまだ現役でイケる。
ファンも多いのだ<( ̄^ ̄)>

でも・・会社はそうしてはくれなかったな。。残してほしいと、何度もお願いしたけど。。。ダメだった。

廃車にしたバスは、売りに出すのが通常で、お別れは辛いけど どこかで第二の人生(!?)をがんばっているかと思うと淋しさも和らいだ。
でも・・・このコは売りに出さず、解体されちゃうという。
私には説明してもらえない会社の事情があるらしい。

守ってあげられなくてごめん。。

相棒の背中に、、頭をさげた。

おつかれさま。。相棒。



2009年08月25日

我が家に デミオがやってきた♪

demio

ひさびさのマツダ車ですよ(^∀^)
パパが、13年間乗っていたマーク兇鬚弔い房衒してエコ替えしたのです。

ムスメも運転することもあるだろうから、と。。ムスメの意見を取り入れてボディカラーはブルー★
マツダのブルーはすっきりしていてキレイです。最初は派手じゃないか?と言っていたパパだけど、、なかなかお似合いです♪

今までのデミオより、車高も低くなってスポーティ。走りもキビキビして、街中を走るにはイイ感じ

びっくりしたのは。。。
納車の日の事。うちに持ってきてもらうのじゃなくディラーさんに取りにいったんだけど。
ひととおりのお話を聞いたり、いろいろな手続きを済ませたりして いよいよ車を頂いて帰るとき。。。

「では、あらためましてスタッフのご紹介をさせていただきます」と。。
営業の担当者とその上司、サービスフロントの人、事務のお姉さんが並んでいて。。
「本日からデミオをお乗りいただく○○様でございます」
店じゅうに響き渡る大きな声
次々と名刺を下さり、ご丁寧なご挨拶。
忙しいところを。。と、恐縮がっていると・・・



IMG_1330


「おめでとうございます」と、花束登場〜〜〜オオーw(*゚o゚*)w


こんな「納車セレモニー」をするお店、はじめてだわ。。


おまけに、車の前で記念撮影まで。。。(;^_^A アセアセ・・・

ファミレスで ハッピーバースデーツーユー♪ 歌われるのと同じくらい・・はずかしかったです。




2009年08月18日

お出かけ日記〜大人の修学旅行♪

って、ことで。。。
引き続き、お出かけ日記でございます☆彡

大人の社会科学習を終えて・・いよいよお泊りです♪

今回のお宿は、じゃらんの「女性の選んだ、泊って良かった宿」で4位に選ばれた旅館。
松本市浅間温泉「〜野辺に咲く花のごとく〜 別亭 一花」というお宿。

気をつけないと通り過ぎてしまいます(笑)


はじめ、お宿の名前を「いちはな」だと思ったのだけど・・「いっか」と読むんですって。。。(;^_^

客室が全部で10室ということで、あまり大きなお宿ではなく 入口も思わず通り過ぎてしまう感じの佇まいです。

中に入ると、靴を脱いだところからずっと畳がしかれていて。。


img_info1


ロビーのソファに座ったまま、お茶を頂きながら・・チェックイン。
この時に頂いたお茶うけはその季節ごとに料理長が作るのだそうで。。今回はやわらかく煮た甘梅。さっぱりしておいしい。

24時間入れるお風呂の他に、二種類の貸切風呂を無料で入れるということで空いてる時間に予約をした。チェックインした人から順番で時間を選べるそうだから早くチェックインした人が有利というワケ。。
でも、大浴場のほうはいつでも入れるんだから深く考えるほどでもないか。。

で、、お部屋に行く前に。。。
女性だけへのサービス!!

Y312538038


じゃ〜〜〜ん おしゃれな色浴衣で〜〜す♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

もちろんお部屋にも普通の浴衣は用意されてあるんだけど、女性はこのたくさんの中から好きな浴衣をお借りできるのだぁ(^ー^* )フフ♪

私も友達も、、、まず発した言葉は。。。

「これ・・サイズ全部いっしょですか?」

|▽//)ゝあはは。。。 だって、、二人とも育ち盛り(!?)だから。。できればゆったり着られるサイズがいいかと(o_ _)ノ彡☆

「いちおう、フリーサイズですべて同じ大きさでございます」

フ、、フリーサイズね。。。
この言葉に異常に怯えるようになったここ数年ww

「き・・きっとだいじょうぶだよ。。。」 って二人で意気込みながら(笑)
私は、赤系。友達は、緑系の浴衣をチョイスしてお部屋へ向かいました。

お部屋は10畳の和室に広縁がついていて洗面所とトイレもある。
ここの客室には花の名前がつけられていて、それぞれの部屋には名前と同じ切り絵が飾られている。
私たちの部屋は「ぼたん」で、部屋にもボタンと地元のお寺を題材にしたステキな切り絵の額が飾られてあった。


そうそう、、さっき選んだ浴衣。。。
フリーサイズは、いったいどのくらいフリーよ?? って、、さっそく着てみる。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ フリーだぁ

着れた着れた〜かわいいじゃん〜〜〜自分♪
ま、写真はあえて出さないがww

こんな風に普段は絶対選ばない色の浴衣を着てみるのも、旅行ならではかもね。

ひと風呂あびて。。いつもなら ってトコなんだけど。。今回はなんたってお料理が評判のお宿だから、そりゃもうお腹の中もクリアな状態でないと。

夕食は食事専用の個室で、一品ずつ出してくれる。





IMG_1313
IMG_1315


器もすてきだし、お料理の一つ一つがとてもやさしくておいしい。
地元の食材を生かして丁寧に作られている感じがする。

地ビールもおいしくて、はかどっちゃったりして、、写真を撮るのを忘れてしまったためww写真がありませんが。。。
食べたこともないような創作料理の数々がどんどん出てきます。
提供するタイミングもちょうど良く。。ありがちな温泉宿のさばけた仲居さんというのでなく20代前半くらいのお姉さんで、一生懸命間違えないようにがんばっている感じがあふれてる。
ありきたりの旅館の宴会料理とは全く違う料理が次々と運ばれてきて私たちは、別腹までもいっぱいになってしまった(爆)

本当なら修学旅行の夜のように!?いっぱいお話して夜更かしするつもりだったのに。。おいしい食事とのんびり入ったお風呂と・・飲み心地のいい地ビールのおかげで消灯時間の前に(笑) 寝入ってしまった。
後でお散歩してこようね〜って言ったことを夢の中で思い出したワタシ。

翌朝はすっきり目覚めた私たち。 貸切の朝風呂にのんびり入り 贅沢気分♪

朝食も夕食と同じ専用の個室で。


IMG_1317


朝から「お品書き」があるなんて初めてだわ〜。
朝食にこんなに手をかけるなんて。。おそるべし料理長!
館内のそこかしこに飾られているお花も料理長が生けているのだそうで。。。お料理にもそんなセンスがあふれているのも納得できる。


充分に贅沢な気分を満喫させてもらい、これならこの宿泊料も高くないね、、と主婦的な話しをしながら。。
お宿を後にしました。

「食後にコーヒーが欲しかったね」 と、チクっと刺すのも忘れない主婦たちでした。
(`ー´) クククッ。。



お出かけ日記〜大人の社会科学習♪

はい・・・前回の続きです( ̄∇ ̄*)ゞ。。。

白州を後に、松本へ。。。
って、書いてから ずいぶんと経ってしまった(笑)

予定では、小淵沢から20号行って・・ビーナスラインで山越えして松本へって考えていたんだけど。。
なんだか ワイパーフルモードの雨だし。。これじゃ、霧が峰高原も美ヶ原もあったもんじゃないな┐(-。ー;)┌って思い。。
そのまま、ふたたび高速に乗って松本へ直行

しかし。。。まだ、お宿に行くには早すぎるので
以前から行って見たいと思っていた場所へ行く事にした。

私は、明治や大正、昭和初期の建物が大好きで。。
松本にある「旧開智学校」にはかな〜〜り興味があった。

なので、、この機会に訪ねてみる事に。。
※こんなふうに、いきなり予定かえちゃうから一緒に行動する人はホント大変だと思うm(_ _"m)。。。



なんともレトロな味わい


これが、松本にある旧開智学校。明治初期に建てられた日本でも最も古い学校だそうです。
和風のような洋風のような、、ごちゃごちゃした和洋折衷の擬洋風建築ww



IMG_1304


玄関の上には、天使が学校のプレートを掲げているのがとても印象的で。。いつか実際に見てみたいとずっと思っていたからすっごい感激した

建物の中は、資料館になっていて昔の机・椅子、教科書なんかが展示されている。TVで見たことのある「黒く塗りつぶされた教科書」もあった。





IMG_1308


雨のせいもあるだろうし、、、私の重さのせいでもあるのだろうが(笑)歩く度にギシギシと音が鳴る廊下。。
「学校の怪談」って映画を思い出すような感じ。

当時、この学校を建てる為にかかったお金は松本の人たちの寄付が大部分を占めたそうだ。教育熱心な土地柄がうかがえる気がする。

外に出たら、、ますます大荒れの天気。

さ、いよいよ。。お宿へ行きますかね


2009年08月07日

お出かけ日記〜大人の工場見学♪

先週 お友達とお出掛けしてきました♪、( ̄▽ ̄)V
2週間くらい前に急にムズムズと(笑)「旅行にいきた〜〜い」って思い立ったのだけど。。。
そんな突然の誘いに 「うん!行こう!!」ってノってくれるお友達がいるというのはホントにありがたいコトです★
IMG_1302

一泊二日の旅行。。
まずは、かねてから 行きたい〜って思っていた「サントリー白州蒸留所」へ向かいました。

つまり、、大人の。。工場見学 です

国道20号線沿いなので、迷う事もなく到着♪

見学の受付をして、、見学ガイドツアーの出発地へ。。

ちなみに、私は、車を運転するので。


a9e36571.jpg


「場内では、首から下げておいて下さいね^^」
と、こんな札を渡されました(;^_^A ・・・


ここは、天然水の工場もあり。。工場内を流れている小川もすっごいきれいな水。自然のままの森が残されていて、カワセミとか野性の鳥たちも住んでいるという説明もうなづける。

まず、蒸溜工程の見学。なんとも言えないニオイの漂う建物に入っていくと、、、
大きな銅製(かな?)の蒸溜釜がいっぱい並んでいる。大きいのや小さめのとか、ビミョウに形もちがってたり。。。。何でも、、この大きさや形のちがいが、いろいろな味わいのウイスキー原酒をつくりだす秘密なのだそうです。

次に見せてもらったのは。。。
「リチャー」という工程。10年以上もの間ウイスキーの貯蔵に使われた樽を再生する作業。なんと樽の内側を燃やしてしまうのだ〜〜〜(⌒▽⌒;)
IMG_1292


職人さんが樽にたいまつを近づけるとなんとも言えないあお〜〜いキレイな炎が樽の内側で踊りだした。そう、まさにユラユラと踊っている感じ。
ときどきパチパチと音がする。

IMG_1294


だんだんと、炎の色が変わってきて。。。


IMG_1295



か、、、火事じゃないですか〜〜〜これってくらいに燃え上がってる。

こんなに燃やしたら・・樽もスカスカになって使い物にならなくなっちゃうのでは。。。と、素人は心配してしまう

ふっ、、オレの手にかかりゃ・・こんなもんさ



職人さんが、ここぞというタイミングで水をかけると一気に煙が立ちこめ。。なんともあま〜い香りがしてきた。
これで、再生完了だそうで。。。まさに「どや顔」の職人さんでした

そのあとは、ウイスキーの原酒の貯蔵庫。
ここは、いかにもウイスキー〜〜って感じの香りに包まれている。見渡す限り びっしりと樽が並んでいる。それぞれに年号が刷られていて微妙に出来も違うそうです。樽の中で熟成が進むことを「呼吸する」と言うそうで、、、長い年月の間に少しづつ量が減っていくのだそうだ。 これを職人さんたちは「天使のわけまえ」って言って樽を見守る天使たちが飲んでる分と伝えてるそうです。


見学の最後は。。。

お楽しみの(!?) 試飲タイム〜〜♪

ここで作られているシングルモルトウイスキー「白州」は、
「ハイボール」で頂くのがオススメですって☆彡




私は、運転者なので。。今回はお茶とお水をいただきましたが、、おみやげにハイボールセットを買ってきました。



見学のあと、敷地内にあるレストランで食べたカレーもメチャぐ〜でした。

充実した時間を過ごし、おなかもいっぱいになって(笑)

しあわせ気分で 宿泊地「松本」へと