2015年05月

2015年05月27日

名残のGW!?蔵王温泉老舗の宿にて、にごり湯満喫♪その2

蔵王温泉へ車を走らせ…
今宵の宿、「深山荘 高見屋」さんに到着です♪

駐車場から ちょっと急な石段を登って 玄関へ向かいます。

開業299年、来年は300年になります。と、
ご案内してくれた番頭さん(!?)が話してくれました。

見上げると なんともステキな雰囲気の建物が。。。

高見屋 入口


DSC02340


チェックインと館内の案内、食事のことやお風呂のこと。。
ロビーでお茶を頂きながら お話を聞きます。

DSC02341


そこかしこに ホッと和ませてくれるような演出がされています。

DSC02362



今回は高見屋さんの 極々 標準的なお部屋。

ふかふかの座布団です^^;
古さを感じさせないほど、きれいに清掃が行き届いています。

高見屋 お部屋


館内の廊下や階段など ピカピカに磨かれていて、、、
お客を迎える心遣いが 感じられます。




さて、、、、お夕食の前に、共同浴場へ行くことに。。

蔵王温泉といえば 大露天風呂が有名ですが…
そこは、昨年の夏に行ったし、、暗くなってしまいそうなので
温泉街のなかにある 「川原湯」へ行きました。


もっと歩くかと思ったら、、意外に近くて 驚きました。

木造でいかにも湯小屋っていう雰囲気。思っていたより 新しい感じです。

川原湯


中に入って、、誰もいなくて、、、またまた びっくりですよ Σ(・ω・ノ)ノ!
なので、、浴場の写真もバッチリ撮れました♪

川原湯 浴槽


川原湯の特徴は、、、浴槽の底がスノコ状になっていて…底から温泉が湧いているということ。
ちょっと加水しているから 息を止めなくても入れる熱さ(笑)

そんなに濁っていないけど スノコの下には 湯の花がいっぱい着いていて。。。
どんどん源泉が湧いてるから 濁る暇がないのか、、と 理解しました♪

蔵王温泉には 他に「上湯」と「下湯」という共同浴場がありますが
その二つは また次の機会に。。。


上湯の外観だけ。。


上湯


高見屋さんに戻り、、、

宿のお風呂「せせらぎの湯」へ。

ここは しっかり濁っています♪

高見屋 内湯



DSC02366


DSC02367



内湯から木造の階段を数段登ると
足湯?のような浴槽があって、、さらに上に 露天風呂があります。

露天風呂のほうがちょっと熱め。


貸し切り状態で、、、 ゴクラク、、ゴクラク♪

高見屋 露天風呂


川のせせらぎを聞きながらの湯浴みです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


さぁ〜〜お夕飯ですよ〜〜(∩´∀`)∩

基本の夕食・華の会席膳です。



DSC02370


前菜は 味覚の饗宴・山と海の贈り物
見た眼も美しい一品です。

DSC02371

お造りは、とろっとおいしいサーモン♪ さしみこんにゃくと生麩です。


DSC02372

これは、金目鯛の焼いたもの。 おかわりしたいくらいおいしかったです(^_^)v


DSC02375

鶏肉の塩麴鍋。 さっぱりして美味です♪

DSC02376

メインは 牛の陶板焼き♪
赤身のお肉で、ヘルシーなおいしさです♪


そして、、デザート☆彡

DSC02380

シャーベット、プチケーキ、フルーツ、、と 盛り沢山。
別腹も大満足です(^ー^* )フフ♪

「立ち寄る人に安らぎを 帰り行く人に幸せを」 と、
お品書きに料理長の言葉が添えられていました。

お言葉どおり 安らぎと幸せをいただきましたよ^^


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

翌朝も 心づくしのお料理が並んでいました。

どれを食べてもおいしかったです♪

朝食




高見屋さんは お風呂もお食事も すごく良かったですが、、

それにも増して スタッフさんたちの接客ぶりが本当に素晴らしかったです♪

おそらく 女将さんの教育が徹底しているのでしょう。

不快に思うことはひとつもありませんでした。


お宿の人にとっては 日常のことでも 旅をする私たちにとっては とてもとても大切な時間。
そういうひとときを 一緒に大事に扱ってくれている人々がこのお宿には います。


300年目の来年も、、301年目も、、ずっとずっと変わらぬあたたかさで迎えてくれることを願います。

「老舗」という言葉にあぐらをかくことのない 本当にステキなお宿でした。

2015年05月23日

名残のGW!?蔵王温泉老舗の宿にて、にごり湯満喫♪その1

GWで散々山形を歩き回ったというのに、、、
またしても 山形です(笑)

いつか行きたいと思っていた 宿が タイミングよく リーズナブルに予約できたものだから。。。
そういう時を逃しては のちのち 後悔するというものです^^;

まずは、、、山形のおいしいそばを目当てに 大石田というところへ向かいます。

かつて最上川を多くの船が行き交っていたころ賑わっていたところ。
昔からおいしいそばの産地として有名で、たくさんのお蕎麦屋さんがのれんを出していて…「大石田そば街道」なんて呼ばれている。

そのなかのひとつ、 「おそば 美登利」さんで、少し早いお昼を食べることにしました。

大石田のそば・美登利


開店と同時に入店(笑)

注文したのは ここのおすすめ「かもせいろそば」

かも汁そば


2段のせいろそばと あったかいかも汁、つめたい返しの2種類のつけ汁がついてきた。
添えられていた 辛み大根のおろしが めっちゃ辛くて くせになるおいしさでした。
古民家風のお店の雰囲気もなかなか良いし、万人向けのお店じゃないかな。


お昼を食べたあとは、、、やっぱり甘いモノでしょ♪

今夜の宿は 蔵王温泉。

そのちょっと近く、上山温泉のホテル「古窯」さんに立ち寄りました。

古窯


今さら紹介するまでもなく 有名なホテルですが、、、
今日はその一角にある 菓子工房「KOYO」へ入ってみました。

KOYO


中はこじゃれた感じで、お持ち帰り用のお菓子が並んでいて、、
その奥にはいくつかのテーブルがあり、くつろいで食べることができます。

気になっていた 名物の窯プリンのセットを注文しました。

窯プリン


ステキな焼き物の容器に入っています。

カラメルをかけて・・・


KOYOの窯プリン


*.+゚オオォォォ(●'▽'●)ォォォオオ゚+.*
コクがあるのに 甘すぎず。。。なんとも 芳醇なおいしさです♪

イイ仕事っぷりです!


満足しきったお腹をかかえ!? 蔵王へと登り、、、

今宵のお宿 深山荘「高見屋」さんへと向かいます♪


続きは のちほど〜〜〜




2015年05月21日

GW庄内観光…からの〜、、、第四弾♪

GWの旅のご報告、第四弾〜〜♪最終回ですよ( ̄▽ ̄)


庄内地方から 最上川沿いに国道47号線をすすみ、、宮城県へ。

奥州三名湯のひとつに数えられる「鳴子温泉」で 温泉を満喫して、、、
からの、最終日です〜〜


鳴子からちょっと北上して 「登米市」 の「登米」というところにやってきました。

登米市の登米。。。 →とめし の とよま と読みます。
なんてまぎらわしい!!^^;

ここは、みやぎの明治村と言われていて。。(ま、ちょっと大げさっぽいけど…)
明治のころの建築物が多く残されているところなのです。

( ・_ ・)ん?、、なんか 今回 それ系が続いていないか??
ま、それも いいかな(笑)


まずは、一番の見どころ…「教育資料館」

桜と学校


明治21年に建てられた 旧登米高等尋常小学校の建物ですって。
木造2階建て、正面に向かってコの字型に造られていて、中心の部分のバルコニーが目を引きます。


学校2階から


明治以降の教科書や、授業風景がお人形さんによって再現されていました。

授業の様子


校長先生もいましたよ。

校長先生



なつかしい足踏みミシン♪ これ、難しかったなぁ。。。

ミシン



時刻を知らせる鐘。つまりチャイムだね〜。

DSC09197



ここでは、ハイカラさん風の衣装を着て 写真を撮ってもらうこともできるようです。
その気がなかったので、料金などは気に留めませんでしたが^^;
お若いお嬢さんなど いい思い出になるんじゃないでしょうかね(  ̄. ̄)


せっかくなので、、登米の町をちょっと歩いてみることにしました。



DSC09207



武家屋敷も数軒続いていました。

DSC09209



ここで、お茶を頂くこともできるようです♪

武家屋敷




少し離れたところにもうひとつ、明治の建物が残されています。

警察資料館


ここは、「警察資料館」
昭和43年まで現役の警察署として使われていたそうです。

中には、、なつかしい型のパトカーや白バイが。。。

パトカー


白バイ


奥のほうには、、牢屋がありました。
もちろん、中に入ってみましたよ(^ー^* )フフ♪

牢屋


歴代の制服も展示してあったり、、、
当時は警察署が消防署も兼ねていたということで…火消しのまといとかも展示してある。。

まとい



私の好きな疑洋風建築物。

ここに限らず、保存しながら一般公開するのは 大変なことでしょうけど
やっぱり 広く見てもらってこそ、、だと思うから。
今後も ずっと 変わらぬ姿を 残していてほしいものです。



それにしても、、今回のGWの旅は。。。

あきれるくらいに、、まったく 混雑・渋滞のない旅でした。
そんなにさびれた場所を選んだつもりもないんだけど。。。

ゆったり、のんびり、、、いいペースで旅をできて
充実したGWでした。


自分へのお土産・・・・


みやぎで立ち寄った 酒蔵にて購入♪


DSC02318


DSC02319


2015年05月15日

GW庄内観光♪鶴岡を歩く

GWの旅のご報告、第三弾であります♪

鶴岡に泊まった翌日、まず目指したのは 。。。

秋田との県境にそびえる鳥海山。

いやいや、、登山じゃないですけど(;´∀`)

鳥海ブルーラインっていう観光道路があるので、それを走ってみます。

日本海東北道を進めて酒田へ。

酒田からR7を北上し、鳥海山へと向かいます。

その前に・・・

十六羅漢岩というのがあると情報を得たので 寄り道♪

十六羅漢


何やら 岩にいっぱい顔が彫ってあります。

全部は確認できなかったけど、十六体の羅漢さんと菩薩様や観音様など22体も彫られているとか、、
日本海の荒海で命を落とした漁師さんたちを供養するために彫られたそうです。

夕日が沈む頃のここの景色は見事だそうですよ。

羅漢



そして、、鳥海ブルーラインっていう道路を秋田方面へ向かう。

この道路は R7からぐるっと鳥海山を経由して山形県遊佐町と秋田県にかほ市を結ぶ観光バイパス。迂回路的な役割もあるようです。
冬場はもちろん閉鎖。

それほどイヤな急なカーブもなく 割と走りやすい道路だ。


ほぼ中間といわれるところの駐車場に入ります。

鳥海山の四合目ですって。

鳥海山


まだまだ、雪が残っています。
もう少し先、秋田側まで行けば もうちょっと展望が開けたかもしれませんが、

このあと 鶴岡市内の観光を予定しているので、、この駐車場でUターン。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

鶴岡市内に戻ってきました。


致道博物館を見学します。


致道博物館


この建物は 昔のお役所。

明治時代の疑洋風建築です。 中は撮影禁止なので 外観だけ。

ちなみに 内部には石器時代のころの遺跡から幕末の戊辰戦争のころまでの様々な資料が展示されていました。

DSC09144


敷地内には、他にもいくつか建物があります。

田麦俣の多層民家です。


田麦俣


田麦俣っていうのは月山のふもとにある集落の名前で、「かぶと造り」という独特な外観の民家はこの地域独特のもの。
部屋の天井を高くし、高窓を設けるなど雪国らしい手法で造られています。
飛騨の白川郷の合掌造りを思いだします。



庭園



藩主、酒井氏の御隠居所もあります。

この座敷は 映画「蝉しぐれ」のロケに使われたそうです。

悪者の御家老に 側室の生んだお子を亡き者に・・・と言われるシーンですね。

致道博物館 大名屋敷


致道博物館には、もう1つ 旧鶴岡警察署庁舎という洋風建築物があるんだけど残念ながら現在修復工中でがっちり覆われたままでした。



゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚

鶴岡公園周辺を歩いてみます。

城址公園とあって 緑も多く、美しいところです。


ソメイヨシノはすっかり葉桜ですが、かわいらしい八重の桜が花を残してくれていました。
風に揺れてとても きれいです♪

鶴岡公園の桜


すすむと 赤い屋根の洋館が見えてきました。

大宝館という建物で、もともと物産品の陳列場で戦後は図書館として使われていたそうです。

なかなかステキな疑洋風建築です♪

大寶館


鶴岡にはなぜこんな洋風建築物が多く造られたのか。。。
県令としてこの地にやってきた三島通庸が、文明開化をなかなか受け入れないこの地方の人々に洋風建築という手法を通して、新しい時代が来たことを見せつけたんですって。

さらに歩くと 鶴岡カトリック教会天主堂が見えてきました。


教会


ロマネスク様式建築の傑作と言われ、国指定重要文化財となっているそうです。

教会内部


思わず恐縮してしまうほど きれいな教会でした。

公園内を通って 戻ります。

途中にあったのは、藤沢周平記念館。


藤沢周平記念館


「蝉しぐれ」や「たそがれ清兵衛」とか、、地味な暮らしをしながらもひとつ芯の通った侍を描く作品が好きだなぁ


たっぷりと、鶴岡の街を 散策し。。。洋風建築のステキさを 堪能したひとときでした♪


2015年05月14日

GW庄内観光♪羽黒山

GW、庄内地方の旅の報告第二弾は、信仰の山「羽黒山」です♪

羽黒山・月山・湯殿山、、この3つの山を「出羽三山」といって、
それぞれの峰に お社が祀られていて、昔から庄内地方の人々の信仰の対象なのです。

特に羽黒山には 「三神合祭殿(さんじんごうさいでん)」があって 三山の神様が一緒の本殿に祀られているのです。

せっかく 庄内に来たので お参りしなくちゃ、、ね。

お参りするには、2446段の石段を登ってお参りするのと、、
有料道路を通って頂上の駐車場まで行く、、という選択肢があります。


迷わず、後者です!

なんか、、通行料払っているとは思えないような 舗装っぷりの道路ですが・・・
協力金、、テキな 感じで受け止めて。。。
駐車場に到着です♪


お土産屋さんに囲まれた 頂上駐車場から 少し 歩くと 鳥居が見えてきました。

出羽三山神社 鳥居


鳥居をくぐると、厳かな雰囲気になります^^


鏡が池という池に対峙して本殿があります。

以前にも来たことがあるはずなのに、、まったく 覚えていません(´ε`;)ウーン…

茅葺屋根の本殿、 足場が組んであって 工事中のようです^^;

出羽三山神社


こうして三山の神様がひとつ屋根の下に祀られています。


20150430142427(1)


ちなみに、湯殿山神社は 数年前に行ったのですが、
足湯のようにお湯に足を浸してお参りします。
専用バスに乗り換えて行くのですが、一切撮影禁止です。

月山は、、、私のような 体力も信仰心もないモノには到底 近づけない遠いところですワ。。。

で、、こんな風に 三山の神様を1か所でお参りできるなんて
なんともありがたいところなのです♪


御朱印は 、、「両面使います」と、言われた通り
ど〜んと大きいものをいただきましたm(_ _"m)

DSC02439



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


順序が逆になりましたが、、、、

やはり、国宝の「羽黒山五重塔」も 拝ませていただかないと、、ね。

ふもとに降りて 参拝者用駐車場に 車を停めます。

宿坊がたくさん並ぶ道をすすみ、参道へ。



髄心門



この「随神門」から先は いよいよ 御神域。

杉木立に囲まれた 石段が続きます。

石段を下ると 朱塗りの橋が現れます。


DSC09085


神橋という橋で 祓川という川が流れています。

昔の人々は この川の水で身を清め、お参りに向かったそうです。



参道の滝


昼間でも薄暗く感じる杉木立のなか。。。

いよいよ 国宝の五重塔が 見えてきました。

五重の塔


素木造り、こけら葺、三間五層の重厚な造りです。

ここからさらに石段を登って 行くと さっきお参りしてきた本殿に 行くことができるのです。

ここまででも、かなり足にきてしまってるのに・・・さらに、、、なんて
ムリです。。

帰りの石段でも 己の体力のなさを痛感した次第です。。。
il||li _| ̄|○ il||li


羽黒山参道



た〜〜くさん、歩いたこの日、
宿泊は リーズナブルなビジネスホテル系。

鶴岡ICのすぐそば、「ホテルイン鶴岡」さん。
「ルートイン」じゃないですよ、「ホテルイン」ですよ〜

お安いのに なかなか行き届いた ホテルで、、大きくないけど大浴場もあって 快適でした♪

夕食は ホテルのレストランで カツ丼・天丼・ステーキ丼・海鮮丼のいずれかを選ぶプラン。
私は がっつりいきたかったので(笑) ステーキ丼〜〜〜☆彡

ステーキ丼


予想以上に おいしかったです(^_^)v

翌朝の朝食バイキングも ビジネスホテルの域を超えて ちょっとしたホテルの夕食ぐらいの品数でした。

あまり行く機会がない場所だけど、また機会があったら ぜひ 泊まりたいホテルです♪


では、、第三弾へ続きますm(_ _"m)


2015年05月08日

スタジオセディック庄内オープンセット♪

今年のGWのご報告!第一弾〜〜〜♪

当初予定していた 「角館、桜紀行」は 俊足の桜前線に間に合わなかったため取りやめ。

で、、どこへ行ったか、、というと。。。

みちのく山形の庄内地方。

「スタジオセディック庄内オープンセット」

こんなところに 映画を撮るオープンセットがあるんですよ〜〜〜

太秦や江戸村とはちょっと違う 大自然の中のロケセット。


DSC09080


こんなのどかな風景。

DSC09012


雪解けを迎え、ふきのとうも顔を出しています。

DSC09011


庄内出身の藤沢周平さんの小説にぴったりの雰囲気です。

DSC09013


DSC09025


宿場町エリア、農村エリア、漁村エリアなど

広大な敷地なので 500円で乗り放題の園内周遊バスを利用します。
かなり揺れるので うかつにしゃべっていると 舌を噛みそうです(笑)

DSC09072


DSC09028


ここは、映画「おしん」のロケに使われた「おしんの生家」
撮影は雪の積もっている時期に行われたそうです。

DSC09052



漁村エリアの一角、商家屋敷は 「るろうに剣心」のロケに使われたところ。

DSC09058


DSC09060


血のり、、、ドバァ〜〜〜っですよ!!
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

DSC09067


勝手に衣装を着ることもできます^^

DSC09066


勝手に矢場体験もできちゃいます。

私はへたっぴで、、まったく当たりませんでした^^;


DSC09064



少し離れた 草原エリアには、 ぽつんと 一軒の洋風の家が建っています。

他の建物とは まったく関連性ゼロですが、、
なんともさわやかで、、、ここで何かおいしいパンとコーヒーでも頂けたらホッとするだろうなぁ。。と妄想しました。

DSC09077



雪の残る 月山をバックに。。。なんとものどかで いい景色です。

DSC09075



エントランス広場には食堂(の、ような、、)もありまして・・・

名物(!?)の 日本海ドックを いただきました。

イカの入ったアメリカンドック、、ですね。


DSC09081


映像ないですが、、、ここのメンチが なかなかおいしかったです♪

次回、、第二弾へと続きますm(_ _"m)



2015年05月04日

水色のじゅうたん♪

4月の終わりに 近くの「ひたち海浜公園」に行って来ました♪

ネモフフィラが見ごろで 本当にキレイでした〜!

DSC02268



DSC02271


花も終わりに近づいているチューリップも種類によっては まだまだ美しかったです♪

DSC02276



DSC02284



DSC02287



近くなのに はじめて見たネモフィラの丘は 空へと続く 水色のじゅうたんのようで しばし見とれるさわやかな風景でした。