前回の記事、「錦秋の京都・城崎の旅♪〜その1〜」をアップしてからずっと更新できないまま桜の話題へと季節は変わってしまった。
2004年から勝手気ままに続けてきた「あゆのささやき」史上、こんなに空いてしまったのは初めてのことだ。

「京都、城崎の旅」から帰って、、、いや、正確には旅行中からだったのだけど、
どうにも体の様子がおかしくて。。。
足、ひざ、手首、肩、頸・・・日替わりで痛みに襲われる日々。

京都・城崎の旅のブログは「その5」まで書く構想だったのに、、「その1」をアップしてからはカラダ的にも気持ち的にもPCに向かうのが辛くなってしまった。

検査の結果、知らされた病名は 「関節リウマチ」。

その時はなんか他人事のような気がして、、
これからどうなるんだろう。
もしかしたら 診断間違ってるんじゃないかな。。とか
ちょっとのんびり考えていた。

でも、現実はやっぱり変えられなくて
どんどん症状はひどくなって・・・
歩くのもやっと、って感じで
大晦日もお正月もあったもんじゃない(笑)

全身の痛みと・・・仕事も家事も何にもできない自分への情けなさ。。
まあ、痛みっていうのは本当に心を弱くするものだとしみじみ思った。
人一倍ボジティブな私でも、現状の辛さとこの先への不安で涙が出た。

この頃に記事を書いてたら、きっと 痛いとか辛いとか・・・勢い余って死んでしまいたいとか書いてしまっていたと思う。

私が綴ってきた「あゆのささやき」は
自分も楽しく書いて、見てくれる人にもニヤニヤしてもらえるようにと心がけながら続けてきた。
だから 少しでも前向きに思えるようになるまで 書きませんでした。


早い時期から治療出来たおかげで今はだいぶ楽になりました。

この調子で寛解を目指しましょう、と言う先生に  完治は望めませんか?と聞くと
治療をやめるとほとんどの人が悪化して戻ってくるのが現実です。と、返答された。

明るい気持ちになったり暗い気持ちになったり身体も気持ちも一喜一憂、一進一退だなぁ(^_^;)

でもね、職場でも家庭でも周りに甘えながら生きていこうって決めました(^_^)V

これからは遠距離の旅は出来ないし、一眼レフを持つことも出来ないけど
ボチボチと気ままにささやいていこうと思います。

あらためまして どうぞ宜しくお願いいたします(o゚▽゚)o


あ、そうそう 京都の旅の記事はいつか必ず書きたいと思っていますが
とりあえず一枚だけ

DSC00219


初めて訪れた平等院鳳凰堂。
一週間おそい計画だったら発病して出かけられなかったと思うと、何だか運命的なものを感じます。