2017年07月27日

上州、老神温泉「吟松亭 あわしま」

関東地方も梅雨明けとなり、本格的な夏の到来となりました。
大雨の被害が多い反面、私の住んでいる地域では雨の少ない梅雨だったという印象です。

今回の記事は、梅雨に入って間もないころのお話しで、一日目の午前中パラパラと雨が降りだしたところから始まります♪

体調崩してから、疲れやすいので以前のようにあまりあちこち立ち寄らず、
まっすぐ宿に向かうことが多いのですが 今回は少しだけ道を外れて
人気の道の駅を初訪問することにしました。

「道の駅 田園プラザかわば」

川塲村というところにある 遊べて食べれる道の駅。
週末に村民の3倍もの人が押し寄せるという大人気の道の駅。
知ってはいたし、知ったかぶりして話してたけど 行ったことがなかった(笑)
せっかく沼田インターで降りるのだから、、と 寄っていくことにしたのです。


田園プラザ


池を囲んでお蕎麦屋さん、ビール工房、ベーカリー、ミート工房、カフェ、ピザ工房、ミルク工房などの建物が並んでいる。

道の駅川塲


下調べによると。。。ここの人気の食べ物はミート工房の「ライブの山賊焼き」なるものらしい。
なので、、、これと地ビールを実食!

ハムとソーセージを鉄板で焼いてランダムに盛り合わせたもの。

山賊焼


あまり、山賊ってイメージないけど^^; 
自分的にはもうちょっと焼いたほうがいいなぁ〜と思いながら、、、
ビールと一緒にゴクゴク、パクパク。
う〜〜ん、、、
ごめんなさい、、、途中で飽きた('A`|||) 
中年夫婦にはちょっと多すぎたww

私は地ビールで満足しちゃったけど、ファーマーズマーケットの飲むヨーグルトが人気らしいです。
それから、、ピザを持って歩いている人が多かったから、おいしいのかも。

以上、道の駅かわばのプチリポートでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。


では、、国道120号線に戻り今回のお宿「老神温泉 吟松亭あわしま」さんへと向かいます♪
老神温泉は赤城山の麓にある、静かな温泉です。
温泉街を通ると 団体客が多かりし頃にはきっと賑わったんだろうなぁ、、と思わせる 営業していなさそうな建物が目に付く。
「静か」という言葉で察していただきたい。。。^^;

そんな老神温泉で ちょっといいお部屋がお得に泊まれるというチケットを見つけたので購入して予約しました。
温泉の効能に「リウマチ」って出てるし!

沼田と日光を結ぶこの国道120号線、以前は沼田から急こう配の峠を越えて老神に降りていく感じでしたが、数年前にトンネルができてなだらか〜に通過できるようになりました。
すごく便利になったと思う反面、、、私はこの椎坂峠から見下ろす沼田の「河岸段丘の景色」が大好きでしたのでちょっと残念でもありますね。

そんな整備された道路のおかげもありまして、、チェックイン時刻より若干早くお宿に到着しました。

源泉掛け流しの宿、「老神温泉 吟松亭あわしま」さんです。

老神 吟松亭あわしま


お部屋の準備ができるまで、ロビーで待たせていただきました。

あわしまロビー


フロントの方から 15時まで私たちの泊まるフロアで改装工事をしているため工事の音がうるさいです、、という説明があった。
なるほどね〜そんな「ワケあり」もあってお安く提供していたのかぁ〜
まぁ、ずっと工事してるわけじゃないし問題ないですよ。

通されたお部屋は、最上階のフロアに3室ある特別室のひとつ「皇海〜すかい〜」というお部屋です。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-、、広い!お部屋が3つ!テレビがふたつ〜!
なかなか泊まる機会がない贅沢なお部屋だわww
しばしの ガガガガァー!!!ドドドドー!! バンバンバンバンッ!!なんて全く問題なし。(笑)


間取りはこんな感じ。

map


入ってすぐには、控えの間のような小さめの和室とふすま続きのメインの和室。

川は見えないけど、外の木々からこぼれる光で気持ちのいいお部屋です。
床の間を彩る掛け軸と九谷焼の壺も上品で素敵でした。

あわしまお部屋和室


さらに洋室に続きまして・・・

こちらは寝室ですね。

あわしまお部屋寝室


リウマチになってから布団から起き上がるのが大変なので 「ベット」のお部屋のある宿を選ぶようになりました。
こんな風にベットと椅子があるのはありがたいですww


そしてお部屋のお風呂。

あわしまお部屋のお風呂


ちょっと小さめです。ちなみに部屋風呂は温泉じゃなさそうなので入りませんでした。

ひと息ついたら 1回目の入浴タイムです♪

この宿では 単純硫黄温泉と単純泉、ふたつの源泉を持っていて、
美肌効果、皮膚病、打ち身、くじき、神経痛、腰痛、そして関節リウマチなどなどに効能があるとされています。

明るいうちのひとっぷろ!
まだ、どなたも入っていなくてルンルンです♪

柔らかいお湯です。浴槽の深さもちょうどいいかな。

内風呂


そして、露天風呂へ。

露天風呂


うっ、、思っていたよりかなりコンパクト。。。
ちょっと立派な家の庭に造られた池のような印象、、
言い過ぎかな、、ごめんなさい...φ(u_u*)
ってか、、浅すぎ!
言い過ぎですね、ごめんなさい、、


温泉成分表



いいなって思ったのは、脱衣場のパウダールームにヘアスタイリング剤が置いてあったこと。

ヘアムース


ドライヤーやブラシが置いてあるのは普通だけど
スタイリング用のスプレーやムースが置かれているのは初めてだわ。
しかも、ヘアスタイル別に3種類。
d(*^o^)グットなサービスですね♪


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

お楽しみの夕食です〜☆

あわしま夕食


お宿の名物「山賊鍋」を中心とした会席料理です。


お料理


お造り

山奥の宿なんだからお造りはこれくらいが自然です。

煮物

やさしいお味の湯葉巻きの煮物。


鮎と山賊鍋


お宿の名物「山賊鍋」と炭火焼の鮎。
鮎はふっくらと焼きあがっていて、おいしい〜〜

山賊鍋のすりごま

秘伝の味噌で豚肉、地物野菜、蒟蒻、豆腐、すいとんなどを煮込んだ山賊鍋はすりごまでいただきます。
名前のわりにやさしい味で、おいしかったです〜。
しかし、、道の駅の山賊焼きと言いここの山賊鍋と言い、、
この辺の人は山賊って言葉が好きなのかなぁ。

正直、、、今回のプランはお部屋重視なので食事はあまり期待していませんでした。
が、、中年夫婦の胃袋を満たすには充分な量でございました。
贅沢なお料理ではないけど、なかなかおいしかったです。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そして、、寝る前に。。。
今回のプランの特典、貸切風呂無料で50分♪

天然石造りか檜造りかどちらかを選ぶのですが、
檜造りのほうにしました。

貸切風呂


最近は貸切風呂もありがたいのです!
念のため、、、中年夫婦がイチャイチャするためじゃありませんよ(笑)
右腕が思うように動かせないので、体や髪を洗うのが大変なんです。
なので、、人目を気にせず旦那さんにしっかり洗ってもらえる貸切風呂はうれしい特典なのです♪


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

しっかり睡眠をとった翌朝の食事。

朝食


うわっ、、朝からしゃぶしゃぶ??

もち豚しゃぶしゃぶ

ギョッとしましたが、、、これが意外とすっーと食べられちゃう。
もち豚は全然くせがなく、野菜もパクパクいけちゃう。
あっさりしゃぶしゃぶ、、、ちょっと新鮮でした。

揚げ出し豆腐。
揚げ出し豆腐

年取ってきてからは、こういう料理がやけにおいしい。。


山あいの静かな温泉宿でのひとときは、贅沢すぎるお部屋と柔らかいお湯、そして素朴な食事でとてもリフレッシュできました。

館内のそこかしこにある絵画や美術品、骨董類、、なんか錚々たるものだったのでレプリカかと思ったらご当主のコレクションで全部本物ですって。
山下清や横山大観、鈴木春信、上村松園とか、、すごい絵画がお風呂へ向かう廊下に飾ってあるんですよ。
本物なんてびっくりです。


.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

帰路は尾瀬の入口や吹き割の滝の横をとおり日光経由です。

青空も見え、金精峠からの眺めは絶景でした。

金精峠からの男体山


眼下に湯の湖、悠然と佇む男体山。
振り向けば、、白根山が見下ろしていました。

日光白根山


柔らかいお湯もなかなかいいなと思っていたけど、、
日光湯元温泉の横を通り 漂ってきた硫黄の香りに。。。
またしても 硫黄泉のにごり湯が恋しくなる私なのでした。

ayu01294 at 17:00│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃっぷ   2017年07月30日 12:25
なんだかんだ言って、月一ペースで温泉三昧ですか! しかも、何ですかこの異常に高額そうな部屋は!!
あゆさん、お金持ち?
しかし、宿で気になったのは、源泉掛け流しの宿、「老神温泉 吟松亭あわしま」ってことですが、温泉の成分表を見ると内湯はかけ流しみたいですが露天は循環なのですね。浸かった感じはどうなんですかね?

「道の駅 田園プラザかわば」は行ってみたいのですがまだ行けてやせん。異常に広そうですねえ。

で、6月の金精峠周辺にはまだ雪があるのですね! 絶景ですなあ。
日光湯元では立ち寄り湯しなかったのでしょうか?
あの匂いを嗅ぐと、やっぱり浸かりたくなりますよね。

2. Posted by あゆ♪   2017年08月03日 16:21
ちゃっぷどの!いつもありがとうございます。
まあ、以前よりあちこち立ち寄らなくなったですけど やっぱり身体の痛みがおさまってくると「出かけたい病」でうずうずしちゃいますね(笑)
お金持ちではなく、なるべくお金をかけずにお得に旅してるんですよ〜

お湯は、、、うーん、、期待してたほどなめらかではなかったですね。
露天風呂は本当に池みたいにギョッとする狭さでしたので、がっかりでした。
狭いうえに、浴槽のそばに樹木を植えこんであるので湯舟は葉っぱと木の実がいっぱいで網ですくうのが大変でしたw あまり肌になじまない感じのお湯でした。
悪いことばかり書いちゃいましたが、 泉質を期待して行くとがっかりするかも。
お肌の弱い人にはこういうお湯がいいんでしょうね、きっと。私はやっぱり硫黄系の温泉が好きです。
3. Posted by ちゃっぷ   2017年08月03日 20:38
あゆさん、宿のホームページの温泉を見ると、露天風呂はでっかそうに見えるんですが、撮り方のマジックってことなんですかねえ?
http://g-awashima.com/spa.html

老神温泉は行ったことがないんで、泊まるとすればどこが一番いいんですかねえ?
伍楼閣とか仙郷って宿は良く聞く様な気がしますがね?
4. Posted by あゆ♪   2017年08月13日 19:02
ちゃっぷどの〜
まさしく、マジックですよ(笑)
仙郷さんは、数年前に泊まりました。
温泉街から離れたところにあるので、一軒宿みたいな感じです。
女性には良さげな雰囲気ですよ。
なかなかいい宿でしたが、残念ながらもう一度行こうとは思わないです。
五楼閣さんは、泊まったことはないですがHPはちょいちょい覗きます。
こっちのほうがいいかも?(なんてね・・・)
老神は全般的にちょっと低迷してる感じなので何か起爆剤があるといいですね。

5. Posted by ちゃっぷ   2017年08月16日 22:14
仙郷はなかなかいい宿だったけど、もう一度行こうとは思わないのはなぜです? 気になりやすぜ??
五楼閣はちゃっぷも気になっていました。
老神は客が来なくてどうしたら客が来るかって街で検討しているのをテレビでやっていたのを見たことがあります。
かなり前でしたが。その後、客が来るようになったと聞きやしたが、また寂れてきたんですねえ・・・
6. Posted by あゆ♪   2017年09月07日 15:12
やっぱり気になっちゃいましたか(^_^;)
いいところだったんですよ、確かに。
でも、何というか。。。
ここ、じゃらんのクチコミに全然返信しないんですよ。
クチコミは単なるガス抜きのアンケートとは違って、私なんかは結構宿のためを思って今後はこうしたほうがいいかも、とか。。それなりに時間を費やして書くんですよ。
でも、見てるんだか、見てないんだか。。まったく返信しない。
なんか、、そういう部分があまりいい感じを受けない要因だと思います。
私の偏見かもしれないのですがね。
あ、もうひとつ!料金が高すぎる〜〜(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字