2017年09月18日

信州・白骨温泉で骨まで温泉付け♪


安曇野でおいしい蕎麦を食べた後、白骨温泉へ向かいます。
お目当ての「泡の湯」さんの日帰り入浴が13時30分で受け付け終了となってしまうので
ちょっと慌ただしくカーブの多い道を進みます。

13時に、無事到着!
憧れの「泡の湯」、まずは ドキドキワクワクの混浴大露天風呂へ♪

昔、知らずに入ったら混浴だったって事はありましたが、
混浴と確信して入るのは初めてです^^;

泡の湯混浴露天入口


ここが女性専用の入口。
手前から、階段になっていて しゃがんだ状態でそのまま暖簾をくぐると大露天風呂に出ていきます。
お湯自体、うっすら青みがかった白色なので しゃがんでいると CHIKUBIなんて全然見えません(^_^)v

ちょっとぬるいけど 高い位置から源泉が流れ落ちて テンションが上がりましたww
夜は、きっとちがう雰囲気になるんだろうなぁ、、星空なんか見えちゃったり〜〜
でも、クマとか出没しそう〜
気付いたら、、クマと混浴してたり〜〜〜なんてね(笑)

混浴で気分が高まった後は、、女性風呂へ移動です。

泡の湯内湯


内湯には2つの浴槽があってひとつは白濁のお湯。もうひとつは透明のお湯が満たされています。

泡の湯内湯2


もともとは無色透明の源泉なのだけど、空気に触れると変色するそうです。
この透明の浴槽のほうは純粋に新鮮な源泉ということになります。
ちょっと炭酸が含まれていて不思議な肌触りです。

泡の湯露天風呂


内湯の白い浴槽とこの露天風呂のお湯は少し加温してあります。源泉をちょっと遠回りさせて加温装置を通して引き込んでいます。
源泉が37℃とのことでどうしても加温が必要。でも40℃以上にすると炭酸成分が抜けてしまうとか・・・
いいお湯を提供するには いろいろと大変なのですね。

泡の湯表示


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


「泡の湯」を楽しんだ後は、本日のお宿へ向かいます!

同じく白骨温泉にある「つるや旅館」さんです。

つるや入口


少し早かったけど、お部屋の準備は出来ているとのことで チェックインさせてもらいました!

つるやロビー


こじんまりとした宿ですが、入ってすぐの吹き抜け部分は開放感を感じます。


ここを選んだのはベッドのお部屋があるというのがポイントでした。
まだ お布団から起き上がるのが厳しいので。。

つるやお部屋


今年リニューアルしたばかりというお部屋は、思っていた以上にステキです!
失礼ながら宿の外観からは想像できないお部屋です(*^-^*)

バスタオルと浴衣が2枚ずつ用意されているのも 嬉しい心遣いです。

泡の湯でさんざんお湯に入って来たけど、空いてるうちにまずはお風呂ですね!


つるや内風呂


ここは 絹の湯という湯号を名乗っているだけあって、なめらかなお湯です。

つるや露天風呂


露天風呂は、背中にあたる石がゴツゴツで擦り傷になりそうでした(笑)


つるや引湯のしくみ


こちらの宿も泉質を保ちながらの加温にはいろいろご苦労しているようです。


湯上がり処には 普通の冷水と飲める温泉が流されていました。

体の内側にも効果をと、飲泉を頂きました。
ちょっと酸味があるけどイヤな味ではないです。

つるや飲泉


滞在中に3回飲みました♪



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

さて!お楽しみの夕食です(*^-^*)


夕食


健康会席と題されている夕食メニュー。

まずは、前菜盛り合わせ。

すごい、きれいな盛り付け!
食べるのがもったいないくらい〜
いや、食べるけどね(笑)

前菜


お造り


お造りは信州サーモンとホタテ、カンパチです。
信州サーモン、大好きだわぁ。

こちらは冬瓜のカニ餡掛け。さっぱりしていておいしいです。

冬瓜のカニあんかけ


この冬瓜にピッタリなのは日本酒でしょー

信州のお酒飲み比べセット


今回は 信州の地酒飲み比べセットっていうのを頼んでみました♪
失礼ながら私にはあまり馴染みのないお酒ばかりでしたが・・・大信州っていうお酒が一番だったかな。

山の中の宿らしく 岩魚の塩焼き♪

岩魚塩焼き


ふっくら焼けていて美味しかったです。

メインはこちら、「和牛のねぎ巻き」

和牛ねぎ巻き


口に入れると、ねぎの香りが口の中に広がる。
柔らかい牛肉で巻かれているけど一口でほおばるので しばらくお喋りは出来ない(笑)


椀物


茶そばと申し訳なさそうな松茸の椀もの。
上品なお味です。

そばの実アイス


デザートはそばの実アイス。
これがまた絶品!
香ばしさとなめらかさが相まってすっごくおいしい!
ムリだろうから言わなかったけど、おかわり〜って言いたいくらい(≧∀≦)


派手さはないけど、丁寧に作られた心のこもったお料理でした。


夜、ロビーではストーブがついていました。
これからは朝晩、ぐっと冷え込むそうです。

ストーブ


翌朝の朝食です。

朝食


おすすめの温泉粥を頂きました。
白米も選べるのですが、せっかくなのでお粥にしました。
いろいろトッピングが用意されていてお茶碗2杯分は食べちゃいましたよ〜


さぁ!しっかり食べたし、眩しいくらいの良い天気だし〜
これはもう行くっきゃないでしょ、上高地💕

ayu01294 at 14:10│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃっぷ   2017年09月18日 14:46
泡の湯には浸かったことがありやせん。近所の笹屋には泊まりやしたが。泡の湯の混浴は撮影禁止でしたっけ?

つるや旅館も前を通っただけです。その奥の斎藤旅館に宿泊しやしたが、そっちも色々な温泉があって良かったですよ。ただ、風呂があっちこっち離れていて館内移動が大変なのであゆさんにはキツそうですかね?

夕食時の「大信州」! ちゃっぷも去年、初めて鹿塩温泉で飲みやした。おりがらみ生原酒八重原純米大吟醸という4合瓶で、3500円もしやしたが。これが故原田芳雄さんが愛した酒ってことで、フルーティーで濃厚な旨味で激ウマでしたな。

そばの実アイスもうまそうですねえ? 食ってみたいですよ・・・
2. Posted by あゆ♪   2017年09月19日 09:23
@ちゃっぷさん
泡の湯はカメラ持ち込み禁止でしたよ〜(>o<)
あのお風呂は写真に収めたかったです!
女性風呂は誰もいなかったので撮っちゃいましたけどね。
大信州、美味しかったです!
でも、食べ終わる頃・・・後ろのおじさんたちが真澄を頼んでいたので え〜真澄もあったの?ってちょっと残念でした(笑)
白骨温泉は初めてでしたけど、お湯はかなり上質ですね!

3. Posted by ちゃっぷ   2017年09月19日 21:10
泡の湯はカメラの持ち込み自体禁止でしたか! 混浴のある宿はそういうことが多いですよね。誰もいなけりゃいいんじゃねえかと思いやすがねえ?
誰かいてもCHIKUBIは見えねえことですし?
酒メニューをよく確認しなかったは失敗でしたな・・・
4. Posted by あゆ♪   2017年09月26日 16:55
ちゃっぷどの、そうなんですよ。
お酒メニューをもっと良くみるべきでした。
そういえば、、真澄も長野のお酒でしたっけね。
今後は気をつけなくちゃww

コメントする

名前
URL
 
  絵文字