お盆は都合上、出かられなかったので…お盆過ぎに三日間出かけることにした。
前回利用したETCの「東北ドラ割」がお得だったので、今回も東北の旅を計画し
もう一度利用すること。。。

福島・宮城・山形が対象の「南東北三日間プラン」。
なんと、三日間乗り放題で¥7,500 無駄に動き回る私には非常にありがたいプランです(笑)

ざっくり言うと、常磐道・東北道を通って宮城の鳴子温泉に一泊し二日目は日本海側へ向かい…山形の温海温泉。山形道を通って帰ってくるという計画。
例によって、お天気の状況と思いつきであちこち寄り道するドライブ旅。


最初の思いつきは、、、、
伊達家62万石の城下町、杜の都・仙台にある「大崎八幡宮」の参拝。

坂上田村麻呂の時代っていうからかなり古い〜っ!  ま、そんな時代に奥州に祀られ後々に伊達政宗によってこの地に祀られた…とのこと。

本当は国道側の一の鳥居から参道を通ってお参りするのがいいんだけど
駐車場があるのが裏側なので、裏参道からのお参りとなります。


大崎八幡宮北側鳥居


平成17年に建てられたという北参道の鳥居。
こんな風に、裏参道にも鳥居があるのはありがたいと思う。

10_1



大崎八幡宮の額

伊達家の家紋に縁どられた扁額。 八の字が親子の鳩みたいで微笑ましい♪


大崎八幡宮・手水鉢


手水場でお清めして、、参道を進みます。


入り口には、長床というお寺の三門のような建物。
簡素な素木造りで、、これはこれで趣がある。
おお、、国の指定文化財だって、、ふむふむ。


_DSC0203



そして、いよいよ目の前に、、鮮やかな社殿が。。。
Σ(´д`;) えっ、、、

み、みえない。。。

秋の例大祭に向けて、社殿の前に仮設の能舞台?が設置されている。。。


大崎八幡宮・本殿正面


伊達政宗が当世随一の巨匠を招き造営したと伝えられる社殿。
黒漆が塗られた落ち着いた風格に極彩色の組物や花鳥風月の彫刻がなんとも美しく、、艶やかながらも品のある美しい建物で、国宝に指定されている。


大崎八幡宮・本殿


正面からは仮設の舞台に阻まれてお屋根のほうが見えないので
横に回ってみたら、、、
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
こけら葺きの千鳥破風。金色の装飾が美しい♪

大崎八幡宮・本殿屋根



近づいて見れなかったのがすごく残念だけど、
本当に美しい彫刻の数々。。


大崎八幡宮・本殿彫刻


まだまだ、私の知らない感動する場所があるんだなぁ、、と
しみじみと感じましたよ。


P_20180904_134533


御朱印にも、、「国宝」の文字が。。。^^

さて、、再び東北道に乗って
鳴子温泉へと向かいます