あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、、新年最初のお話しは。。。
2018年の締めくくりに、善光寺をお参りしてきた時のお話しです。

仕事柄、何度も来ているけど
正直ちゃんとお参りしたことがないヾ(_ _*)ハンセイ・・・

というのも、、団体で来るとバスの駐車場の関係で
お寺の横側や後ろ側から向かうこととなり、
正面の参道を通らずお参りすることばかり。。。

なので今回は、ちゃんと参道を抜けて仁王門〜山門をくぐり本堂へ・・・という、理想的な善光寺参りをするぞ!と
気合を入れてww向かいました☆

まずは駐車場選び、、
大門交差点から参道へ入ってすぐ右側の「大本願一般有料駐車場」に入庫。
狙ってた第一候補の駐車場、空いてて良かった〜〜♪

駐車場から歩きだすとすぐ目に付いたのはクラシカルなすごい建物。

_DSC0516

もともと御本陣だったというこの建物は現在は人気のレストラン。
有形文化財の指定看板に頷ける重厚な美しい建物です。

気付けばこの街並み全体が何だかレトロなイイ感じです。
_DSC0441


交差点の信号もレトロです♪

_DSC0448



左側に大本願。
右側には宿坊が立ち並んでいます。

_タイミング的にこうなってしまったけど別にこの方が私にお辞儀をしているわけではないです(笑)


進んでいくと現れたのは、仁王門。
_DSC0452

大きなお寺の入り口にはこの阿形吽形の仁王像がにらみを利かせていることが多いです。
だいたい、向かって右側に阿形 左側に吽形が配置されているんですが、善光寺は逆ですね。
どうやら造られた時代によって左右逆だったりするようです。


_DSC0455


_DSC0456


良く目にする仁王様ですけど仏教の世界ではあまり高い階級じゃないようです。
会社で例えると、、ガードマン的な感じ。
不審者から会社を守るように邪悪なものからご本尊のおられるところを守っているんですね。


大きな山門へ続く仲見世通りを進みます。
お土産屋さん、お蕎麦屋さん、お饅頭屋さんにおやき屋さん、、、
いろいろなお店が並んでいて ついつい足を止めてしまいがちだけど。。
まずはお参り、お参り!

_DSC0457


右手には「六地蔵」が肩を並べています。

_DSC0459


その横には一層大きなお地蔵様。
延命地蔵さまだけど、あの有名な八百屋お七の霊を慰めたお地蔵様らしいです。
江戸から遠く離れたこの信州になぜ?って思うけどね^^;
_DSC0461

なんか泣いてるように見えるのはワタシだけ?


この新しい建物は、、、トイレです。
すごくキレイで安心して使えるトイレでした♪

_DSC0462



ジャ〜〜〜ン、、こちらが善光寺の山門です。

_DSC0460a

重要文化財の指定を受けてるだけあって、とても立派な山門です♪

_DSC0463


山門には「善光寺」と書かれた額が掲げられてるのですが、この三文字に鳩が5羽隠されているんですって。どこが鳩なのか、、わかりますか?^^;

_DSC0460 (2)

善の字に2羽、光の字に2羽、寺の字に1羽の鳩がいるんですよ、想像力を働かせてよ〜く見てみて下さい。見える人には見えるはず(笑)



そして、いよいよご本尊阿弥陀如来さまが祀られている本堂に到着しました。

_DSC0471

間口23.89メートル、高さ25.82メートル、奥行き53.67メートルで、通常のお寺に比べ、間口に対して極端に奥行きが長くなっているのが善光寺の本堂の特徴だそうです。

これまで何度も火災に遭い、現在の本堂は江戸時代・元禄の火災の後に7年の歳月をかけ完成したもの。江戸時代中期仏教建築を代表する建物で、国宝に指定されています。


本堂の中は撮影禁止なので、説明だけになってしまいますが。。
本堂の案内図をお借りしましょう。

map_main



御本尊は「一光三尊式阿弥陀如来」。
ひとつの舟形の光背の中心に阿弥陀如来、右に観音菩薩左に勢至菩薩が立っているという御仏。

瑠璃団の奥、厨子の中に安置されているご本尊ですが、秘仏であるため厨子の扉が開けられることは今後一切ありません。
え?7年に一度御開帳があるんじゃない??って思うでしょうが。。
御開帳と言うのは、御本尊の厨子が開かれるのではなく、御本尊の身代わりである前立本尊、つまりレプリカが公開されることを言います。

誰もご本尊を見たことがない事から、本当は存在していないんじゃないか?っていう説も浮上しているようですが、、、
あまり大きくないと言われているご本尊、すごく重い特殊な金でできているそうで
万が一、火事などでご本尊を避難させるときのために厨子を担ぐ訓練をしたときに重くてなかなか持ち上がらなかったことから、、「ご本尊はこの中にいらっしゃる!」って確認されたらしいです。
それって、、厨子が重かったんじゃないの??って思うけど(-ω-;)。。。

あまりバチ当たりなことを言わずに、、、ご本尊はいらっしゃる!と信じて話しを進めます。。
参拝券を購入して、内陣・内々陣へ進み。。手を合わせます。
そして、、善光寺へ来たならこれは外せない!という「お戒壇巡り」!
瑠璃檀下の真っ暗な回廊をめぐり、ご本尊のちょうど真下にある極楽の錠前に触れるというもの。
内々陣の右側に入口があり、「右手で、腰の高さに壁をなでて・・・」と案内がある。
何段かの階段を下りると「お戒壇巡り」の始まりです!
やばいです!マジで暗い!!真っ暗!何も見えない!!
とにかく右手で壁を触りながら少しづつ少しづつ進んでいく。。
そろそろ錠前があるはず。。。ええ〜〜、まだぁ〜?
触り損ねたの〜〜??と、、不安感Maxになったころに・・・
おっ!!何やら感触が!
あったあった〜〜〜v( ̄∇ ̄)v 錠前に触れた〜〜〜〜♪
これで、極楽浄土行きが約束されました♪ 


そして外陣におられるてたくさんの人にあちこち撫でられている「賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)」。
自分の身体の悪いところとびんずる様の同じ部分を撫でると良くなるという。
私も欲張って頭と肩と膝を撫でてきました。

その後、本堂の横にある経蔵に行き「輪蔵まわし」をしました。
一切経が納められた輪蔵を回すだけで、お経を読んだことになり、功徳をもたらしてくれるというありがたいもの。

ゆっくりゆっくりと、一周回します。ありがたや、ありがたや。


経蔵を出たころ、ちょうど正午の鐘が打たれはじめました。

_DSC0475


せっかくなので、間近で聞かせていただいた。


_DSC0481


覚えていなかったけど、長野オリンピックの時はこの鐘が開会を告げたらしいです。

_DSC0484


お参りもしっかり出来たし、じっくりと境内をめぐることができて大満足。


_DSC0488


お参りの最後に。。。
ナントカと煙は高いところへ登りたがるって言いますように、、
高いところ大好きなワタシなので^^ 山門の二階への登楼参拝をいたしました♪

山門の内部には知恵の神様・文殊菩薩像、四天王像、四国八十八ヶ所霊場の分身仏などありがたい仏様が安置されています。

さらに2017年からは、建立以来初めて回廊を巡ることができるようになり。。。

_DSC0497


こんな素晴らしい景色を見ることができました♪

_DSC0500


鳩の額もこんなに近くで見られるなんて感激です!

_DSC0503


高い場所からなので、本堂の屋根も良く見えます。

階段が急なのでドキドキもんだけど、参拝の締めくくりをさせていただいた気分です。




お参りを終えて最後に立ち寄ったのは、、、

コチラ、「八幡屋磯五郎(やわたやいそごろう)」さん。
七味唐辛子の老舗として全国に知られる名店で、八幡屋磯五郎の七味唐辛子は善光寺の名物としても有名です。


入口に傘がぶら下がっているのかと思ったら大きな唐辛子のオブジェww
店内には様々な七味唐辛子や関連グッズが並んでいて、見ているだけでも楽しくなる♪


_DSC0446

七味ガラム・マサラっていうのが気になったけど、、
テッパンの七味唐辛子と珍しいラーメン七味を購入しました。

お店の前には、、 
なんと おなじみの七味缶のイスが!!
私が座っても大丈夫でした(笑)

_DSC0444




いつも横からハンパなお参りばかりだった善光寺さんを、
正式ルートでお参り出来て本当に良かったです♪


今年も、神社仏閣・温泉・そして美味しい食べ物、、身の回りの出来事などマイペースに書き綴っていこうと思っています。

笑顔の多い一年になりますように。。