鮎十人十色ブログ

鮎十人十色の更新や釣り日記を公開しています 旧ブログからライブドアブログに移転しました

四万十川本流13回目(今期19回目)




大渇水ですが、台風直撃と取り巻きの雨雲が土曜日から影響しそうなので行っておかないとしばらくいけなくなりそうなので四万十へGO!
平日という事で場所はあるだろうと思い、前回のポイントへ着くとなにやら大がかりな事をやっている!
小澤名人と坂本名人がいた!そして撮影のクルーも。当然パス!西土佐へ向かう。ここにも一か所渇水に良いポイントがあるが着くと着替えている・・・あ~あここもパス。
この時点でかなりあきらめムード!
道路から丸見えのポイントが空いている。4WDなら河原まで降りれるので連日抜かれているとわかりながらやってみる。

P1000076







川幅のぐっと狭まった岩盤のポイントだが・・・・しばらくして1匹。25cmと小型!
2匹目22cm、3匹目23cm、4発目ハズレでその後シーン!完全に抜かれている。

移動

P1000077








終盤の尺鮎ポイントだがなんと岩盤がほとんど砂利で埋まっている。全くダメ!分流の左岸を見ると埋まっていない。もしかして・・・・・
北川川のような釣りになってしまうが6発当たり4匹の取り。


P1000078








幅広の28.5cmもきた!28cm、28cm、22cmと大物ポイントだけあるが、分流の左岸はとても短いのでまたまた移動!

西土佐周辺、場所がない。釣り人が多い。広瀬まで上がってみるがここも場所がない。下流へ下ってみる。西土佐の江川崎寄りの川まで遠い遠いポイントが空いている。時間は12時。
掛かっても掛からなくてもここで最後のつもりで降りる。


P1000079







見た目とは裏腹に私的にいうとチャラ瀬。これを見た瞬間大物は諦めた。弁当を食べオトリも小さ目を選び送り込むと9連発で7匹取りだが、20cm~25cmと小型。その後シーン。釣り返し効かず。瀬の始まりの激流のタルミで24cmを1匹追加してヤメ。

20cm~28.5cmを15匹(1.7k)

台風後の高水に休みが合えば尺狙えるのだが・・・・

四万十川本流12回目(今期18回目)




四万十には8月の一番暑い日に、一番暑い江川崎の少しカミに行って、養殖まで死んでしまう温泉状態に嫌気がさしボーズで昼に早退、その翌週は水温の低い昭和の上流に行って3匹までは良かったものの、その後のバラシが響いて3匹が昼前に死亡!この日も昼で早退。 さて先日の雨で二つのダムが6トン放水したので気温同様水温も下がっているだろうと出発。狙いは尺のみ。数はいらない。狙いのポイントへ降りる。



P1000070








普段は激流だが大渇水のため荒瀬になっている。尺が出るのは下流の淵。対岸へやっとこさ渡り、シモへ歩く。いきなり根掛かり。深いので外すのは無理!残り1匹。順番に下流へ下りながらやっているとやっと1匹掛かり抜こうとした時針ハズレ。最近はこればかり。オトリが弱ったのでオモリを2号から2.5号に代える。これが失敗!流れが渇水で余り無いので再び根掛かり。外れない。プチン。対岸へ戻りオトリのお代わり。オトリ店は近いので、釣り場を取られずに済んだ。ここまでまだ1時間。再び対岸へ渡り、やり残しの淵を攻めるも全くシーン。途中のザラ瀬でアユが見えていたのでもしやザラ瀬か?と思い2号オモリで入れると一発でゴリゴリと掛かり抜くと26cm。その後3連発当たり2匹追加。その後シーン。全く掛からない。

写真の荒瀬に行く。ここは前日抜かれていたら全く掛からないちょっと怖い瀬。流芯へ入れるとゴーンと掛かり27cm。次が28cm、次が針ハズレ、その次が対岸へ突っ走るのを強引に引き抜くと29cm。オトリが変わればこんなにも掛かる。この鮎を持って淵へ行けば掛かると思ってやるも全くのシーン。

こうなれば荒瀬を右岸からやるしかない。右岸に戻ったもののもうバテバテ。昼飯を食べ川に手を付けるとヤバイぬるい。オトリカンの3匹は瀕死。船の2匹はどうにか元気だ。5発当たり3匹とり。
最後に4発目に来たのが29cm。それをオトリにして激流への落ち込みの寸前で止めていてかかったのが画像のチビ鮎。


P1000071







時間は14時だが早々にヤメ。
自分は渇水状態は大嫌いで、やっていてもすぐ嫌になる。今日もそんな感じ!

18cm~29cmを9匹(1.2k)
とにかく水が出てほしい。

四万十川本流9回目(今期15回目)

盆期間は高水だった四万十川も今日は渇水状態。19日(土曜日)が結構掛かっていたらしく、私が現地に着いた7:30には狙いのポイント2か所とも先客あり。しかたない何処でも掛かるだろう? と降りた一番有名ポイントのちょっとシモの急流。新しいハミ跡なし、当然無反応。

移動!2か所目は盆でそこそこ掛かったところよりやや下流の川まで遠いポイント。河原には足跡無し。入れ掛かりが2発来て両方ともすっぽ抜け!養殖1匹死亡。ラスト一匹を深場の急流へ入れる。無反応で最後に根掛かり! 久しぶりのオトリのお代わり。西土佐のオトリ店に行ったのでついでに降りてみるも、新しいハミ跡なし。

移動!渇水時の必殺ポイント。時間は12:30.この時点でボーズ。完全にヤバイ。泳いで対岸へ!激流の荒瀬を後回しにして深い急流へ。ここでなんと7発当たり、全て針ハズレ。再び養殖1匹死亡。時間13:30.激流の荒瀬にぶち込んで帰ろうと思い、鉛をかましちょっとだけ緩いところへ入れる。ガガーンとまともに掛かり抜くと25cmと小さ目。その後荒瀬の流芯で8連発の入れ掛かり。ハズレは1匹のみ。型は26cm~29cmとマチマチだが全部ぶち抜き!
このオトリを持って再度深い急流で勝負。なんと3連発で当たり全て針ハズレ。今日は12回も針ハズレ!水温も温泉に近づいてきています。

ヤメ25cm~29cmを8匹(1.3k)としょぼい釣果。
本日画像は間違って削除したため無しです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ