鮎十人十色ブログ

鮎十人十色の更新や釣り日記を公開しています 旧ブログからライブドアブログに移転しました

黒潮町エギング





一か月ぶりの黒潮町。もちろん出張帰りです。
10月に黒潮町のアオリイカの濃さを目の当たりにしてから、宇佐や野見湾にはいまいち行く気が起らず、2回行ったものの11時には帰路に着くというあきらめの早さです。
今日は13時からの勝負です。一か所目気になったところがありやってみるも、アオリイカ全く見えず移動!
前回1パイ釣った漁港です。小雨の中、当然のように無人です。本命ポイントを細かく攻めるもアオリイカ見えず。2時間ほどウロウロやるも外洋向きは反応が無いので、湾内を攻めてみた。


23755030_1958755744380070_317661625905195811_n







海底に所々藻が見えているので藻の辺りを攻めてみる。遠投して2シャクリ目、重みが乗るも空振りで、もしやと思いそのまま沈め、再びシャクルと1回目のシャクリの途中で抱いたようで、ドラグが滑り出した。生命反応はあるので間違いない。思ったより重みがあり、タモで掬うと黒系のオス。500gでした。

23843312_1958755791046732_8893999107252244433_n






















その後湾内の藻のあるところを色々重点的に攻めますがエギと同じくらいの小さいアオリが追ってきたくらいで薄暗くなってきたのでヤメ。
やっぱり黒潮町は裏切らない!

黒潮町エギング



10月に入りエギングをやっていますが2回野見へ行って午前中のみですがボーズ。そして今日は四万十町への出張の帰りの数時間のみの勝負です。

一か所目は100g~200gのアオリが堤防の際に群れていて群れイカを相手にするも全く食らいつく様子もなく時間の無駄でした。

そして地元の知り合いの紹介のポイントへ。道路から丸見えのポイントですがまさかこんな所でという場所です。
教わった場所は堤防一面墨だらけで、いやがうえにも気合が入りますが、夕方の漁師さんの帰港時間とかぶり、漁船が次々帰って来てエギが投げれず断念。外洋向きを攻めます。巨大なテトラが積み上げられており、居心地は悪くはないですが水面から高いのが難点!

P1000132







うねりがあり、道糸が上下に引かれ辺りが見づらいが、磯釣り方式の波との波長のずれで見るしかない。何投目かにエギの重みで貼り気味の道糸の重みが乗りました。軽く合わすと生命反応がありオスをゲットしました。

P1000131







250gというところですが、これくらいが刺身では柔らかく美味しくいただけます。その後薄暗くなってきてテトラでは危険なのでヤメにしました。

宇佐や野見と違って黒潮町は海の色が紺色でアオリイカの群れも多く見え、釣り人も皆無状態の天国の様です。高知から2時間がちょっと遠いのが難点です。




2017年鮎終了しました



四万十川はまだ15日ほどありますが今年はもう止めました。

ちょっと2017年の総括をしてみました。

ー北川川ー
この川はもうダメのような気がしました。毎年釣り期間が短くなります。今年も約1か月で行くのを止めました。極端に釣り場所の範囲が狭くなり、鮎の少なさを感じます。
理由は明白です。津野町と檮原町の確執です。特に北川川は上流が津野町で下流が檮原町です。津野町は鮎が檮原に下らないように大古味の上流までしか放流しません。特に新田の町から大古味の上流辺りにほとんど放流して増水しても群れ鮎状態になって散りません。一方檮原町は津野町に上がらないように下流域に少量しか放流していません。つまり北川川のメインの釣り場で魚が一番大きくなる折渡から鷹取付近まで鮎が居ないのです。昔の北川川を知る人ならわかりますが上流から下流まで何処でもそれなりに掛かりました。今では7月に入ると新田から大古味までしか釣り人はいません。改善するには和解して昔のようにまんべんなく放流するか、町の区別を乗り越えて河川別に鑑札を発行して河川単位で管理するしか方法は無いと思います。

-四万十川ー
近年にない遡上という事でしたが、四万十川にしては小型が多かったと思います。特に発電所より上流は型が小さくなり、それなりに掛かるものの醍醐味は薄かったです。理由は高知県内水面が九州産を放流したことによるものだと思います。吉川の人口産に比べ追いがよく解禁当初から良く掛かりました。6月の鮎の半数以上は放流ものだったと思います。それに比べ天然遡上は遅れた分、一番いい時期に小型という事になりました。それでも1番上りのアユは大きくなっていました。
7月末に大保木の左岸で30.4cmでした。その他掛かり鮎は全て200gオーバーという大きさでした。
8月13日には十川大橋下流右岸で30.0cm。
この時点で尺ラッシュかと思いましたが、おおむね成長が悪くそれ以降26cm~28cmがメインでまれに29cmが掛かるくらいでした。9月に入り西土佐付近でも小型が目立ちました。
それでも9月27日には西土佐の大瀬で30.0cmが掛かりました。ここは大物はあまり出ない瀬ですが、竿のはいっていないところにはやっぱり大型が付いていました。

私的には数、型とも2015年のほうが上だったと思います。
渇水時にあれだけ火振り漁をやりまくっても、鮎の多い四万十川でした。この状態が毎年続けば四万十川の復活も近いと思います。

2017年の四万十川は7月に尺を獲ってしまい、その後完全に尺狙いに徹したため数は伸びませんでしたが、途中から感覚が麻痺してどんなサイズでも引き抜きました。また巨鮎用の仕掛けの確立もできました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ