Take your mark

  • author: ayuhigu
  • 2017年05月19日

相変わらず、声が出ません
NSS指導中、長水路プールの反対側からスタート出しができない。
近くにいても、スタート出しを繰り返したり、説明が長くなると・・・喉がガサガサ

生徒さん達同士で、スタート出しをしてもらいます・・・選手らしいわ〜
泳ぐ順番が後ろの人達は、スタート出しをするのも忘れちゃいますね。
「私遅いから先行って」 「できるかどうかわからないから先行って」
ネガティブスイマーのスタート出しは、「先行って」と言うのに必死で、
声が出なくて、言っているのかどうか聞こえないですね
練習不足➡体力、泳力ない➡すぐ疲れる➡ゴールと共に気が抜ける➡集中力が続かない➡スタート出しをし忘れる
こんな構図かな(笑)

私の声が出ないのが、いい機会になったかも。
これから、皆で声出し合って泳いでもらおう。集中力の練習だ。


飛び込んでのスタートダッシュも数本。
今春から、「Take your mark」が採用されているので、生徒さん達にも、英語で

ちょうど、隣でI木先生が指導を終えたところだったので、頼んで「Take your mark」を言ってもらいました。
本職のスターターのピストルまでのタイミング。
I木先生は、丁寧にタイミングと大会の時に招集所で前のスターターを聞いて合わせておくように・・・などの説明もしてくれました。
ありがとうございました

わざとオーストラリアなまりで行って「なんでタイなの〜」と、うちの生徒に突っ込み受け、笑いものとっていましたが

自分で友達のスタート出しをすることで、
いざ、自分のスタートの時、漠然と言われて飛び込むよりも、集中力アップです。


あーーーーーー、私も、早く泳ぎたい

昨日までは、指導だけで帰宅しても発熱する状態。
今日、ようやく、帰宅後も発熱せず、遠回りしてスポーツクラブのお風呂にも入って帰りました。
今までは、その少しの遠回りもできない低気力状態だったので。
明日、8日ぶりに水に入ってみようと思います。
これで、発熱しなければ良いのだけれど。。。。


読みましたらぽちっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲