スポマスの思い出

  • author: ayuhigu
  • 2017年09月12日




スポーツマスターズ尼崎の最終レース(大声援あり動画)
男子200メドレーリレーの熱い戦いです。

今回の開催県である兵庫は、300人の選手団。
スポマスは、1種目に何人もエントリーできますが、入賞は各県2名まで。
3名以降はオープン参加となってしまいます。
それがわかっているのに、各種目に大勢をエントリーするのは、この画像でわかるように、熱い応援にあると思います。
自分が参加した県のリレーを大声で応援し、勝った負けたで一喜一憂し、心を高ぶらせる。
たとえ点数がとれなくても、チームメイトの力になります。
兵庫県チームは、それのお手本のようでした。

出ても入賞しないからエントリーしない、意味ないなんて言う人いない。
応援したり、ビデオ撮影したりで、貢献し力となっている。
打算的なものはそこにはなく、羨ましいなあと思いました。
参加人数がいつも以上で、競技時間が長かったけど(笑)

で、スポーツマスターズ大会も、こんなに盛り上がる大会になったんですね。
(また、昔の話しは日を改めて)

千葉県も兵庫県を見習いたいものです。


話しは違いますが、スポマスの私の思い出
DSC_0338


サンダル壊れた(笑)
これ、水泳メーカーじゃないから、水に弱いのかな?
観覧席を歩いている時に、突然、サンダルが足についてこなくなり、後ろの床に置き去り。
回りにいた知らない人達の笑いを誘ってしまいました(^^ゞ
確認すると、他の箇所も剥がれてきている。
瞬間接着剤で補修してみました。
軽くて気持ち良いサンダル、もうしばらく使いたいんで。




読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲