水中は自分を甘やかしてしまう

  • author: ayuhigu
  • 2017年10月12日

指導を終えてから、1時間以上遅刻して気愛練習に参加。
1時間遅れてでも参加しないと、なかなか、道具を使っての練習はできません。

気愛がコース利用できる時間、残り50分のところで参戦。
50分間・・・実際には、45分間くらいで何ができるか。

私が行ったところで、いきなりメインセットです
アップ100mだけやって
6*100 on3min Odd:Smooth Even:Hard 1-2:Fr 3-4:IM 5-6:S1
身体が仕上がっていない状態だから、タイムが出るように泳ぐと言うより、
最初から突っ込んでどこまで泳げるか試し、今の自分の体力を把握することに徹することにした。

Fr 快調に飛ばしていたのも75mまで、残り20mくらいで、突然、動きがストップ
粘りたい気持ちと裏腹に、ふにゃふにゃ〜  1:16もかかってしまった
前半、何秒で泳げていたんだろう

IM これも、Fly Baまでは快調でしたが、Brは蹴っている感覚がなかった。Frは、ただ、がむしゃら。
1:28  もはや、Hardと言えるタイムじゃないけど、精一杯でした。

S1 Baで泳ぎました。私のS1はFrですが(現役時代は)、Fr練習が他にある時は、Baを選択します。
Frの方が多少は楽なのですが、きついBaを泳いでおかないとね。
1:28  あいかわらず、IMとBaのタイムが同じです。にしても、遅い。

この3本のダメージは、予想以上でした。
他の参加者が、スタート練習やスタートダッシュをやっている間、コースの一部を借りて自主トレ。
その自主トレが、クールダウンになりそうな気配でした。

スタートの邪魔をしないように、長水路のプールの真ん中でエアターンをして練習
途中から、長水路全部を使わせてもらえたので、長い距離にして練習。

参加者がいなくなったところで、ボスが私のBaのキャッチの位置が以前と変わっていると指摘してきました。
残り少ない時間で、その部分を修正。
うひゃ〜、体幹がきつくなった。当然、腕も。
水中では、知らず知らずのうちに、自分にとって楽な泳ぎを選択して泳いでいることがあります。
こういった事は、若い頃には感じなかったことです。
また、時々、チェックしてもらわないと、自分では気が付かないことがあります。

水は友達だけど、自分をどんどん甘やかすこともできる場所。
甘やかすことで、泳ぎがどんどん崩れていきます。

元のキャッチ場所がわかったので、そこから逃げずにじっくり泳いでベース作りましょう。
ベース作り始めたばかり、速くは泳げません
だけど、45分間で2500m泳いだ へとへと


読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲