どうやって理解する??

  • author: ayuhigu
  • 2018年04月18日

ここのところ、NSS生徒さん達の理解度について考えることが多々あります。

一体、脳の中でどうかみ砕いているのだろう


・毎週、毎週、最初にやる陸トレ(インナーマッスルチューブ)は同じなのに、2年たっても覚えていない
・基礎練習で行うアップ・スカーリング・ドリルを定番にしても、毎回、やり方を教えないと覚えていない
・説明した練習と違う練習をする
・説明したことと違うことをするから、私が言った事を反復して言ってもらうと、言ってもいないことが返ってくる
・ストローク数を数えるように言うと、3ストロークまでしか数えられないと言う
・次に泳ぐ内容を説明してからスタートさせると「何だっけ?」と、自分がスタートする直前に言い出す
・練習メニューを他の人を見て真似しているので、他の人が間違うと一緒に間違えている


泳ぐとか練習するとか、それ以前の問題です。
私が説明している時は「ハイ」と返事しているし、「わかった」と言っているのに・・・です。



こんなことを試させてもらった。
スイムキャップを忘れた人に貸してあげた。
当日に私に返却せず持ち帰った。次回、参加した時に返してくれた。
私、意地悪に 「あら、洗濯したの??」と聞いた
生徒さん 「うん、したよ」と返事をした。確かに、「した」と返事をしました。
更に意地悪に 「キャップが色あせたみたいだから。キャップは洗剤で洗濯しないでいいのよ」と言う
生徒さん 「洗濯していないですよ。ゆすいだだけです」との返事。
完全に、最初の返事と違います。

これ、全てにおいて脳の中で同じ作業が行われているのではないか

とりあえず、返事をしている

頭の中でかみ砕いてから返事をしている訳ではない



先週の補習レッスンの後に、その時にいた生徒さんに聞いてみた

「なぜ、覚えられないのだろう

その時にわかったことは・・・・

・言葉の羅列を聞いて分かったつもりになっている。いざ、やろうとしたらわからないとパニックになる

これの繰り返しだから、何度、練習に来ても上達しない
「泳いだ」と言う時間つぶしをしているだけである


やり方、泳ぎ方を指導するのは簡単だ・・いや、簡単じゃないけど
問題は、指導を一方通行にしてはダメだと言うこと
一番大切なのは、指導がその人の実になっているかどうか。


補習レッスン後の生徒さんに
「言葉で聞いたことを頭の中で絵にしてみている」と聞いてみた
していなかった。
脳の中でかみ砕いていないのである。
お手本を見せても、身体に触って動かしてあげても、脳の中でかみ砕いていないから、
その場でわかった気になっているだけで、次回に来るときには忘れている。

2年間近く、毎回の陸トレを「これであってる??」と聞く生徒さんは覚えていないから気にも留めていないだろうけど
毎回教えても毎回同じことを聞かれる方は、物凄い我慢が必要である


覚える気がないのではない   覚え方を間違っているのだ
「わかった」と言う基準を間違っているのだ


・言葉での説明を聞く    (この時点で分かったと言うのは間違い)
・聞いたことを頭の中で絵にして、それを動かす
・絵で動かしたことを自分の身体にして、更に頭の中で自分の身体を動かしてみる
・それを実際にやる
・やる時に、意識してやってみるのではなく、できているかどうかを確認する

ここまでやって、初めて覚え始めることができる
あとは、身に付くまで反復練習。
「できた」は、まぐれ当たりの事もある
できたことを繰り返して、初めて身に付く
意識して繰り返すのではなく、確認して繰り返すのだ


さてさて、NSSは覚え方まで指導していますよ(笑)



読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング





火曜日のNSS

  • author: ayuhigu
  • 2018年04月11日

火曜日の午前NSSは、Frの基礎を確認しながらの練習

今週は大胸筋使い・・・大胸筋は腕だよと言うフォームになろう
だけど、軸は崩さないで

と言う練習

「前々から、習ってみたいと思っていたのです」と、声をかけてくれた方が体験に来ました。
蹴伸びがちゃんとできなかったり、陸上で腕がうまく回せない
泳ぎを習った事がない、メインプールで泳ぐなんて・・・・・と言うレベルさん

他の会員さんの2/3に練習量を減らし、体験

「できない事は恥ずかしい事じゃない。できないからやってみる、チャレンジしてみる」

この精神を実践していました
なんと、某事柄ができなかったのに2時間の間に不格好でもできるようにしちゃいました
それを見ていた先輩メンバー できないからとやっていなかったメンバーが焦っていました
できないからと1年以上やらないでいた自分とできないからとその日のうちに頑張ってやれるようにした人
そりゃ、焦りますよね


体験したその方「午後のレッスンも体験してみて良いですか
習うこと習うことが新鮮で、「これをやるとあのように泳げるようになる」と言う光を見つけたようです


午後は、Flyが泳げない人の為の身体の使い方レッスン
定員の倍の申し込みがあったので、急遽、メインプールを借りてのレッスン
深いプールでのこのレッスンは初めてなので、2mプールの利点を使って練習

伏し浮きからドルフィンキックを使わず腹筋をうまく使って水底まで潜ってみよう
2mの水深に潜って逆立ちにチャレンジ
2mの水深で連続垂直ジャンプにチャレンジ

お遊びですが、どれも体幹コーディネーショントレーニング
Flyの身体の使い方に必要な事です

できる人はできない人にコツを伝授したりしながら楽しみました
水中で自由に身体が動かせなければ、自由に泳ぎも修正できない
水泳は水の中の遊びですからね

この練習をドルフィンキックに生かしていきます
NSS復帰組が 「あ〜、ここ使うの忘れていたよ〜、でも、楽しい
体験さんも深いプールで四苦八苦しながら身体を使うことを体現していく


後半は、借りているプールで自由に復習してもらいました

えっできていない人が、一番うまい人に教えている
教えている場合じゃないよ・・・できていないんだから練習しないと(笑)



読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

陸上と水中をつなげる難しさ

  • author: ayuhigu
  • 2018年04月09日

本日、NSSのグループレッスン・・・少人数で陸上と水中のトレーニング

水中でのストロークの各局面で使う筋肉の場所、正しい骨の位置や向きを覚えながら陸上でトレーニングをします
ただ鍛えるのではなく、鍛えながら泳ぎも覚えていく

20180409_233733


チューブを引きながら、覚えた筋肉と骨を使う ストロークテンポを維持して1分間

そして、水中に入り、補助道具を使って泳ぎながら陸上でやったことの復習

最後に泳ぎでできるかどうか、コア命のドリルで確認


こんな流れで練習2時間です。

継続してやっているメンバーは、少しづつ泳ぎに変化がみられています
変化しきれていないのも事実ですが。

やっているメンバーとやっていないメンバーでは、あきらかに違いが出てきているので興味深いです。


興味のある方は、NSSメンバーでなくても連絡待っていますよ


読みましたらポチッとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

NSS頑張っている人用メニュー

  • author: ayuhigu
  • 2018年04月06日

春休み中につき、いつものメインプールで練習できずにサブプールのNSS
先週に続き、サブプールでしかできない練習メニューにチャレンジです

毎週金曜日は、頑張る人向け練習(2クラスに分かれて)

最初は、スポンジを引っ張り負荷を感じつつ、ストロークテンポを落として泳ぎに集中

DSC_0214


長水路での練習は、キックを知らず知らず休ませてしまったり
壁を蹴る回数が少ないので、ターン、壁蹴る能力が衰えていきます

50m泳ぐ中で途中キックだけの時間を作り、キックに意識が行くようにしての練習

面白かったのは、
蹴伸びスタートして5mラインでターンしてダッシュで戻ってすぐにターンして蹴伸び
5mラインで止まって垂直ジャンプを5回
この垂直ジャンプでコアが決まってなかったり、お尻とかが使えないとまっすぐに跳んだり着地できない・・・同じ場所で跳んでいない(笑)
5回ジャンプが終わったら25mラインまでダッシュしてクイックターンと言っても壁がない所で
そこからリカバリーで進んでラスト5mだけノーブレダッシュしてタッチの練習

休みを長くとりながら、1本1本しっかりと。
お遊びメニューが、なかなかの練習に

短い距離でレース同様の力やスピードを出す練習でした。

練習終わりには、個々人のフォーム矯正したり、Frの浮き上がり方レッスンしたりして終了。


あとは、忘れないでいてくれることを願う

けっこう、いつも同じことを注意されているからね・・・「あっ、忘れてた」って(笑)

新規入会者、絶賛募集中


読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

NSS風景

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月24日

二人で連結スイム
前の人は、プルブイ挟んでパドルプル
後ろの人は、フィン着用、シュノーケルでキックスイム

参加者が奇数だったので、急遽私も参戦

「ストロークのたびに足開くから、ストリームラインでキックしてられない
「ストロークするたびに、足まで横向きになるからキックしてられない
「キックが遅くて、足から離れそうだった。置いていきそうだったよ

終わってから、色々と感想が出てきました。

パワースイムのつもりでの練習でしたが、
意外や意外、スイムの欠点が明るみになる結果に。

面白い練習でしたね。
今度は、スイム矯正も目的にして、条件つけて行えば興味深い練習ができるかもしれませんね。


NSSの一風景・・・楽しみながら、しんどい練習できる方法も増やしていこうか


読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

4月の日程案内

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月19日

4月の

  プライベートレッスン
  NSS体験レッスン (練習会各種・少人数初級者向け練習会各種)

の日程をアップしました。
こちらのホームページからのお申込み、宜しくお願い致します。


春休みの関係でプライベートレッスンの回数が少なくなっています。



読みましたらぽちっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

「先生、忍耐強いね」

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月13日

NSS Fr指導➡️練習会参加➡️グループレッスン指導➡️お風呂➡️小学校クラス会

今日も昼食抜きで慌ただしい1日


グループレッスンでのこと

私「○○さん、ここはこうだからあ〜するんだよ」
A「そっかー。わかりました」
私「私に○○年も習っているんだから、初めて聞くような返事、おかしいでしょ〜」
B「(笑)何年ですか?」
私「NSS来る前の△△の時からだから、○○年かな」
A「そこまではいってないですよ。○○年だよ」
C「そんなに!先生、そんな長い年月、見捨てないで教えているなんて忍耐強いですね」
全員 (笑)


物忘れはおばさん達の特権かもしれないけど、習ったことは覚えておいて欲しいわあ(^^ゞ

今日できなかったことが、来週来た時にできるようになっているなんて、ほぼない。
今日のうちにできるようにしようと思って練習しないとね。
せめて、忘れないうちに復習を繰り返す。

できないことは恥ずかしいことじゃない。
できないから教えてもらいに来ているんだし、練習もする。
できないからやらないというのが、最も恥ずかしい事で進歩の道を自ら閉ざしている。



指導の間に練習な私。

まさかの100Fly…何それ⁉️
何年かぶりに泳いだ…100Fly
1'30"くらいで泳げたかな。どんぶらこっこどっこいしょでたどり着きました(((・・;)
他にもFly50×4
パドルプル150やら…
上半身をたっぷりと使うメニューでした。

合間合間に25ダッシュも

備忘録
Ba 48" 43" 39"
Br 54" 53" 50"
Fr25 練習前半 16"9~15"9
Fr25 練習後半 16"7~16"0

Fin Ba Kick 14"8~15"5

2800m 頑張った。身体の動きが良かった。
腕に水を押す力がないなあ
バサロキック、進むようになってきた気がするんだけど気のせい⁉️




読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

空間認知の仕方

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月12日

朝から
ゴルフレッスン➡️ならぷーで水陸両用レッスン指導➡️デパート➡️遅い夕食
移動時間、移動距離がそこそこ、渋滞に悩まされなかがらの1日でした

レッスンは、少人数制のグループレッスン
陸上で、水中での動きを頭に入れ、泳ぎに繋がるように陸上トレーニング

陸上で泳ぎ方を覚えようとしている時に、それは間違いだよと言いたくなる人がたくさんいます。

例え…
クロールのストロークを覚えようとしている時、
立っているのに動きは寝ているつもりで動いている
これ、絶対に間違い❗
これを間違いだと思わないと言うことは、ストロークの腕の動きと体幹の動きを一緒に考えておらず、
「水泳は体幹が大切」とわかっていながら、体幹を使わないで腕だけでストロークしている人です。

陸上で立ってクロールのストロークをやるのなら、水面は水平でなく、水面も縦と思ってやるべきです。

身体は直立なのに腕だけ水平移動って変。
体幹からストロークが動いていない証拠。

そうやって生徒さんに陸上でストロークを教えると、訳わからん😱となる人がいる。
空間を認知できなくなる。
体幹と腕がマッチしない。
どっちに水を押すのかもわからなくなる。

立とうが寝ようが横向こうが仰向けになろうが、動きは変わらずにできなくては身体が覚えていないと言うこと。
水は足の方向に押し流す。

空間で自分の身体、掌の向き、水の流れる方向、体幹と腕の連動、
ちゃんとわかっている人、案外少なかったりします。

立っても寝ても、同じ動きができるかどうか!


私は、それより、これと戯れていたいのですけど(笑)


⬆️動画2枚



読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

内股

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月07日

最近流行り?なフィンを使っている生徒さん…このフィン、蹴り込めない。親指がふらふらする

最近、NSSにどはまりの2年生組。泳力、体力共に物足りない…クロールの呼吸時に股を開く

「内股使わないで泳いでいるんじゃない?」

では、やってみよう!
経験者も多いと思う。
プルブイを挟んだままキックを打って泳ぐ練習

これを順序だてて、キックのリズムを崩さないように練習してもらう。
ブイをはずさないようにキックしていると、内股を使わずにはいられない。
できたところで、ブイをはずす。
できなかったら、罰ゲームでブイ挟み、振り出しに戻る。

練習終わったら、腿がワナワナ言っている人も❗


使い忘れている場所が、まだまだたくさんありそうです。

水泳が全身運動と言えるレベルにはなっていないね
水泳がリハビリなレベル
毎日が新しい事との出会いで楽しい楽しい。
そして、泳ぎのレベルで身体の動かし方の意識もレベルアップしてもらう。
今はこうやって動かすけど、それができてあそこが動かせるようになったら、その動きはもうやらないよ…みたいにレベルアップ
継続してやっていくとお楽しみが盛りだくさん
お〜🎵な感動が待っている


と、昨日のフリー練習会と午後のバタフライ補習練習会でした


今日は、仕事お休みで友達とゴルフ❣️


普段は行けないお高いコースに招待券で行きました。
シーズンオフの平日のみのお楽しみ。
セレブな中で庶民はゴルフ場にいじめられている感を感じながらのラウンドでした(笑)
写真数枚目…インスタ映えするタオルの置き方 こんな置き方しているゴルフ場は初めて
誰もいないのを良いことにパチリ(^^ゞ




読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

身体の使い方を再構築

  • author: ayuhigu
  • 2018年03月05日

なんと、FIAのバックスタートで足を滑らせた証拠映像を友達が下さいました


⬆️ 動画、右足に注目 なかなか笑えます😆

バックストロークレッジでも、油断禁物
半年ぶりに利用したので、感覚を忘れていますね。
練習環境も少ないから、イメトレでカバーしないといけませんね。


今日は、強風の中のゴルフレッスンからスタート。
ショットの確率が良くなってきたようで、プロから大きなクラブを跳ばそうとして振る練習を増やすように言われました。
…下半身筋トレだ〜🎵


ならぷーに移動してから、生徒さんとの陸トレ。
バランスボードを多様して、自分の身体のバランスを知る。
バランスとる為に、使っていない箇所を呼び覚ます。
動きの少ない地味トレーニングですが、汗たらたらです。
間違った筋肉で運動している事が多く修正、
左右を平等に使うように修正

身体の使い方を再構築です。


陸トレ終わってから、水中練習。
口々に「泳ぎやすい❗」
「こんなところ、こんなに使ったことなかった❗」と…

次回、練習の時も同様にできるかな⁉️


生徒さんに要求する以上に、自分には課しています。




読みましたらポチっとよろしくです
 ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ