オアシスO2

  • author: ayuhigu
  • 2007年01月20日

何気なく『チーム平井練習日記』を読んでいたら、あらまあ、北島選手もオアシスO2に入っている
フラッグまで持って行っているんですね〜

私は、ここに行くたびに入れてもらっているけど、北島選手は一回に何分ぐらい入っているのかなぁ。

水泳blogランキング

笑えない構造医学

  • author: ayuhigu
  • 2007年01月18日

最近、また『構造医学』の本を読み返してみている。
私の頭にはちょっと難しいので、最初に読んだ時は読み流してしまう箇所もずいぶんあった。2度目となると、以前よりは頭に入ってきやすく、理解も少し深まる。

本の中にこんな図がある(勝手に転写しちゃいました)


女性の個体発生から成長、老化という経時変化を形態的に示した図
アウストラロピテクス・ペキン原人・ネアンデルタール人・クロマニヨン人の図を比較したものです。

アウストラロピテクスは、採取生活で森を離れず行動範囲が狭い。下肢が貧弱膝の曲がりなどクロマニヨン人とかなり違う
ネアンデルタール人は、原始的農耕が始まり、昼間は農耕に適した土地で暮らし作業が終わると帰る(農耕期)他に森に採取に行ったり、狩猟も行っていたとか。
下肢の形態が長い距離を歩いていた事が想像できるようになった
クロマニヨン人は、完全な直立二足歩行。移動距離が格段に広がり何日もかけての狩猟、遠距離との交易など行動範囲が格段に広がった。

女性の形態変化の図と類似している

人類が歩くことで人類になったと考えると、歩かなくなったら・・・退化
老化も早めてしまうって事か

歩かない人って、確かにいろんな弊害が出てきているようです。
おかしな歩き方をしている人も、おかしな筋肉の使い方や間接の不具合など弊害が出てくるようです。

指導中、膝関節や肘関節の動きを見ることがあるのですが、しっかり使う人は間接が伸びますが、そうでない人や老化を迎えている人は、肘や膝の関節が伸びなくなってきています

年齢の割りに、すでに肘や膝を伸ばせなくなってしまってる人もいて、リハビリを勧めている人もいます。(体形的に最初から関節の形状が違うとか言う人には無理強いはしていません)

NSSの生徒さんを見ていると、近い将来の自分を見ているような気がして、せっせと歩かなくてはと思うのでした。

『構造医学』に興味のある人、一番簡単な本をブログの右下で紹介してみました。

水泳blogランキング

身体が変わってた!

  • author: ayuhigu
  • 2007年01月15日

久しぶりに、健康促進センター小岩に行ってきました。
年末も行けずじまいだったから1ヶ月ぶりくらいかも。

重心測定やら、後ろから横からの写真撮影をしてくれた。

重心測定は、一年以上ぶり。

出てきた図を見て、ちょっと嬉しくなりました
通い始めた頃は右足荷重で、左足の小指が写らなかったのですが、今回はしっかり写って両足荷重

年末年始のスキー、
以前は左足荷重のターンが頑張らないとできなかったのが、何の苦もなく両方のターンができました

身体の変化、水泳よりスキーの方がよくわかります。


ただ、足の指の付け根近く(写真の指の下、赤い部分)、陸上動物は本来そんなに写らなく、両サイド(左右)で踏ん張りアーチ型に足がなるそうなのですが、私は水中動物?全然アーチがありませんそれどころか、その部分が真っ赤(写真)
フィンみたいにペッタラコイと思えば、水泳向きなのか

そんな話を受付嬢さんとしていたら、彼女が「鈴木○地さんは、手の指の間に水掻きがあるんだって」とおっしゃる。
「これのこと?」と、私の水掻きを見せてあげた。
わずかな水掻きだけど、私にもあったりする。

やはり水中動物

スナックともだち方面には、両生類とか言われてるけど(笑)

水泳blogランキング


身体の使い方

  • author: ayuhigu
  • 2006年12月16日

アジア大会で韓国のパク選手や中国の女子選手で素敵な身体の使い方をして泳いでいる選手がいました。
とても柔らかいその動きにうっとり見とれてしまったものです。

さて、何でそんな動きができるのかと言うことで・・・
こんな図を描いてもらいました(健康促進センター小岩・院長先生作)
身体の構造を動きの相関関係で図解したものです。

マスターズスイマーに多いのは、骨盤周りやインナーが動かなくなっているとか、背中が一枚岩になってしまっているとか言った現象。
動いても左右のバランスが悪くなってしまっている。
よって、正しい泳ぎが頭でわかっていても、身体で表現が出来ない。

マスターズスイマーは、スイム中に正しくキックを動かすことができない人がたくさんいます。ビート板キックですら動かせない・・・キックが弱い・嫌いとなってしまう。脚力以前にしなやかな動きができないために苦手意識が増幅する。
普段歩く時に正しい歩き方をしないがために使わない関節や筋肉がある⇒使わないと衰えていく⇒動かなくなってしまう⇒固まってしまう
それが足だけでなく、骨盤から背中、上半身へと増幅してしまっていくようです。

最近、私が歩き方でその人の泳ぎの癖がわかってくるようになったのは、こんなことのためみたいです。

図解は、緑の部分・ピンクの部分がちゃんと違う動きができるようになればといったもの。
その動きの相関関係が、ひし形のライン部分でつながります。
背骨の塗られていない部分が体幹で中心軸になります。
両サイドの緑・ピンク部分が動力部分で2軸を作り出す部分です。
(足までこれが繋がっているのですが、図がまだ未完成・・・)

私も、これを目指してトレーニング中ですが、なかなかうまくいかないと言うか、身体が動きません


水泳blogランキング

ぎっくり腰寸止め(笑)

  • author: ayuhigu
  • 2006年11月29日

昨日のぎっくり腰は、寸止めで重傷にはならずにすみました。
しかしながら、左腰は痛く、歩くのがしんどいので、今朝、営業時間前からお願いして健康促進センター小岩で治療してもらいました。
おかげで歩けるようになりました。
左足を上げるのと前屈するのがちょっとしんどいだけ。

と言うわけで、心おきなくこれからU2のコンサートです(^o^)/

さいたまスーパーアリーナに向かう車の中。
U2の予習しながら、ルンルンです。DVD見ながら、既にコンサート状態(笑)

ウッ!腰に響く(^^;)

水泳blogランキング

動く身体のために

  • author: ayuhigu
  • 2006年11月27日

久しぶりに健康促進センター
週末の練習の疲れを癒してもらうにはちょうどいいタイミング

まずは足の運動
この運動も通い始めた初期の頃に比べるとずいぶん進化しました。身体の下に色々な物入れてます。足首の運動にあわせて上半身・背中の要の動きまで連動させて、その動きがわかりやすいようにするためです。
踵を突き出すのに合わせて手の踵も突き出したり、足の親指や小指の動きに合わせて腿の捻転や坐骨や骨盤、背中の左右の動きまで連動させていくようにします。
自分でこの動きをやるのと違って、第三者に補助してもらってやるとひらめ筋は火を噴きそうになるし、前傾骨筋は縮こまっちゃって固まりそうになるし、足底筋はつりそうになるし・・・
普段、使い切っていないことを認識してしまいます

座った状態の施術台に移動して、治療のようなトレーニングのようなことは続きます。
左の手を突き出して〜、その時は左の坐骨が・・・膝は・・・
細かい注文が次から次へと飛んで来ます。


いわゆる側屈。右に倒れる時は、右の背中・脇が縮んで左が伸びて、左の耳が右の耳にかぶさるまで行くように。その時、体重はどっちの坐骨に乗って・・・・フ〜

背泳ぎの動きみたいですね〜
上からぶら下がってるチューブを引きながら、後ろに引いた身体の側の肘を引き下げて同時に肩甲骨の下が縮んでいくように肩甲骨を引き下げ、その時、鎖骨は突き出して・・・入れ替わりは小指と小指が・・・その時、後頭部の左右は・・・難しい
でも、構造医学的に理に適っている動きが背泳ぎに結びつくんだから面白い
最近、NSSで『背中の要』のことをよく言うけど、これは『首の要』とでも言いましょうか。
私の場合、『背中の要』が動き出したのですが、『首の要』の動きが今ひとつ詰まっているようで
それに加え、この二つの動きを連動させていかないといい泳ぎが出来てこない訳だから大変。Baで、最近悩んでいるところはこんなところにあるんですけどね

チューブを持ち替えて、動きの悪い肩甲骨と首のつまりを治療。
この辺になってくると、もうチューブを引っ張っているのもしんどくなってきます

寝た状態で治療、座って治療・・・と来たら、立っても治療です。
下半身の動きと上半身の動きを連動させていきます。
足の踵・小指・親指に体重移動させながら、膝・腿・坐骨・骨盤・背中・鎖骨・肩・・・全てを連動させていきます。
これ、行く度に思うんですが、ちゃんと理解して覚えてない
頭が覚えてくれなければ、もう身体に覚えこませちゃおう
と言う訳で、出された宿題の運動を毎日するのでした・・・家に帰ってきたら、忘れている事もあるけど
今日は覚えているぞ〜。これは良いトレーニングだと思ったので、明日、早速NSSの陸トレに取り入れてみようかと思うのでした


水泳blogランキング


足の痛みの原因

  • author: ayuhigu
  • 2006年11月09日

先週に引き続き、チョイ悪おやじ・・・じゃなかったちょいエロきもおやじさんに練習ご一緒させていただきました。

久しぶりにフィンなしで、アンダーウォーターキック25mを何本かやりましたが、やばいです
フィンを装着してやっていた時には気がつかなかったのですが、生足だとキック力以外に体幹固定力で下半身を押さえなくてはいけないのがよくわかる。
気を抜くと、頭側が下がって足が浮いている状態で水中キックになってしまう。水平が保てないのです。
フィンも練習目的を選んで使用しないといけないですね。

もう一つ、Baで体軸をキープする私なりの方法があるのですが、今日、それが通用しなかった。なんと、いつもとは全く逆な方法でキープしていなければいけなかった。

最近、足の痛みに悩まされ、今日になって背中まで痛みが広がり、かなりやばいことになっていたのですが、もしや身体が変な風に捻くれてしまっているのかしらと不安になりながら泳いでいました

歩くのも痛くて大変な状況なので、仕事&練習の帰りに健康センター小岩Help me

どこ触られても痛いみたいな状況に、かなりの時間を要して治療してもらいました。

結論・・・今まで動かなくなっていた第五腰椎が動くようになっていたのだそうです。その為、それに連動して痛みがドドーッと身体を駆け巡ったのだとか

今週月曜日の治療&トレーニングで腿の捻転と骨盤腰周りの動きの連動性をやったのですが、その成果の表れじゃないかと思っています。

治療に伴う激しい痛みはこれで二度目 その度に、身体が動くようになってきていると思えば、この痛みも我慢できる(痛くないにこした事はないが

練習中、Baでいつもと違う感覚を感じたのは、動かなかった場所が動いていたせいなんですねそれにあわせてまた泳ぎの感覚を修正しなくてはいけないのですが、・・・
まだ、身体に少々の痛みと違和感が残っているので、日曜日までに取れることを祈ります。

明日から北海道だぁ
週末の試合・登別は、なるようになれって感じで自称スプリンターぶりを発揮してきます

水泳blogランキング

身長伸びた?

  • author: ayuhigu
  • 2006年10月16日

今日、健康促進センター小岩で施術中、身長計が目に飛び込んできた。

「もう何年も身長を測っていないなあ」

で、「身長測りたい」とわがまま言ってみました。

隅にしまってあった身長計を出してくれて、測ることができました。

「おっ、0.5センチ伸びてますよ〜

理由は定かじゃないけど、伸びた
偶然、その場に居合わせたNSSの生徒さんも測ったら0.6センチ伸びたとの事
健康促進センター小岩に通うと身長も伸びるのか
ちなみに受付嬢さんは、伸びてなかった
真相はいかに

水泳blogランキング

最近の練習で・・・

  • author: ayuhigu
  • 2006年10月12日

東京体育館プールで、Baをチェックしてもらってから、その泳ぎを意識しています。
チェックする為のドリルをやったり、Swimもポイントを意識して。

私のBaの最大の問題は、腰がくねってしまう(ストロークにあわせて引けてしまう)点でした。
右手入水後、キャッチに入る時(身体が右にローテーションする時)腰が左に引けてしまうのです。
その結果、下半身(キック)が左右にぶれてしまう。
頑張っているわりには、前に進まないと言った現象がおきます。

ゆっくり動いていても(泳いでいても)腰を止めておくのは至難の業
いつから、こんなになっちゃったんでしょうね〜最初から
この現象を止めるには、腹筋・腹斜筋と太腿横、大臀筋あたりをかなり固定力として使います。これはNaluさんもコメントで書いてくれました(Naluさん、ありがとう)

意識して泳いでいるので、以前よりぶれないようになってきてはいますが、身についたと言う段階にはまだまだです。


昨日の健康促進センターで、この練習方法と私の泳ぎの現象を説明すると、身体が動かない箇所によっておきる現象と指摘されました(前から言われているんですけどね

私が陸上で直立して立っている時、右足加重になってしまいます。よって、右側での動きが窮屈になってしまい、左に腰を逃がして動こうとしてしまうのだそうです。

試しに左足加重(特に小指)で、運動をしようとすると左に乗っていられません
左足加重での運動を多くやって、使えるようにしないと泳ぎの変化も得られないという事です。

左の背中と右の背中の筋肉の柔軟性も違うので、アンバランスが起きたり、不必要な動きをしたり動けなかったりといった現象が起きてしまいます。
これは背中の「要」を使えるかどうかにもかかってきます。


泳ぎの基礎を学んでもコーチの言っている通りに泳げない人ってたくさんいますよね。「入水する手が中に入りすぎだよ」と言われても、治らない人・・・とか。
それって、普段の歩く姿勢とか身体の使い方とか見直したら、いつか治るかもしれませんよ。

水泳blogランキング

京葉線トラブル

  • author: ayuhigu
  • 2006年09月29日

水曜日の練習からプルだけでしたらBaも泳げるようになり、徐々にスピード出しても大丈夫なようになって来ました。痛さに慣れたか

私のブログを読んでいる健康促進センター小岩の先生から治療においでと連絡があり、昨日の朝、営業時間前に治療を受けることが出来ました、感謝です。
傷めたらすぐに治療しないとと言われても、傷めた日は痛くて運転もできなかったし、動けるようになったら仕事がお待ちかねで時間が取れない
で、営業時間外でも良いと言われて喜んでお願いしました。

治療後は、格段に背中が軽くなりました。オアシスO2の中では爆睡
おかげで、昨日の夜の練習はキックも打てたし、スピードアップもできました。
まだまだ完全ではないので、今日も続けて治療してもらいます


それはそうと、健康促進センターに向かう車の中で京葉線の事故を知った私。昼までには回復するだろうと思っていたのですが、とんでもない
全国ニュースになってしまうほどのトラブルでした。

健康促進センターまでは、で30分で行けるのに、昨日は行きも帰りも50分かかってしまった。
が不通なので早めに出勤しようと思っていたのがいつもと同じ時間になってしまった。
これは電車だと遅刻だと思い、車で最初から高速に乗って吹っ飛ばそうと思いきや・・・高速乗った途端に事故渋滞
結局30分の遅刻・・・下道走ったのと同じ時間になってしまった。
ついてない時はこんなものです

車で行ったので、一旦に帰る時間がとれず、車に積み込んだ仕事を千葉国プール近くで遅い昼食とりながらやっつけ。
幕張に行く用事も済ませ、夜の練習。
練習後に15分くらい、まいまいにシンクロを教えてあげ、帰宅途中に郵便局寄って不在配達だった物とって、Blue Dolphinsメンバーの家によって用事すませ・・・夕食にありつけたのは夜の11時だった
それでも「ちくら」にお願いして作ってもらった鯖と肉じゃが、美味しかったです〜

水泳blogランキング