フルートとファゴットの家族

Fl奏者、山田みづほと仙台フィル首席Fg奏者、水野一英のブログです。



父・水野英二、永眠致しました。
眠るように旅立ちました。

今日、皆休みで、妻、息子、義娘、孫の皆に会ってから旅立ちました。

故人に対する生前の御厚情に感謝いたします。

9月に5年ぶり(かな?)に酒田公演。

酒田共同火力  

Ahtumn Concert 2017


9月7日/午後7時開演(午後6時15分開場)
酒田市民会館「希望ホール」



指揮:小泉 和裕
ピアノ:ロジェ・ムラロ


チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」


【全席指定】
S席:¥4,000
A席:¥3,000
A席(高校生以下):¥1,000

※未就学児入場不可


主催:酒田共同火力発電株式会

酒田共同火力 Autumn Concert実行委員会(酒田共同火力発電株式会社内)

TEL:0234-34-2321


--------------------------------------


8月の終わりにも新世界が。

宮城県、岩沼と栗原。



マイタウンコンサート


8月26日/【岩沼公演】午後2時30分開演(午後2時開場)

岩沼市民会館
8月27日/【栗原公演】午後2時30分開演(午後2時開場)

栗原文化会館

指揮:平川 範幸

フルート:戸田 敦(仙台フィル フルート首席)
ホルン:須田 一之 (仙台フィル ホルン首席)



スッペ:喜歌劇「詩人と農夫」序曲
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 作品26
モーツァルト:ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412
スミス:エンカント(地元中高生 合同バンドとの共演)
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」 


---------------------------------------


僕自身、酒田公演は5年ぶりどころじゃなく、もっとインターバルがあるのですが、別の仕事で酒田は度々お邪魔していました。


そうそう、2013年の12月に鶴岡に行った時も新世界で、終演後は酒田に移動したのでした。


今日は次女出場の吹奏楽コンクールを見にイズミティに行って、その後父の見舞いで病院へ。

[画像:e1485372-s.jpg]

父は「新潟県の中学音楽の先生」のはずでしたが、息子から見ると「吹奏楽の先生」でした。授業、やってたのかな…
のめり込んだ(本人曰く「真面目にコンクールに参加するようになった」)のは比較的遅く昭和40年後半、つまり40才手前くらいから平成4年、退職までの20年位です。
まあ、その期間はいつも吹奏楽。
夏は吹奏楽一色(笑)
その甲斐あって吉田中学校6年間で県代表4回、三条第三中学校8年間で県代表7回、三条第一中学校4年間で県代表3回。
そのうち、昭和53年の吉田中、昭和58年の三条三中は全国大会へ。
ただ、前者の時は中学2年だった僕、後者の時は同じく中2だった弟が地区落ちの憂き目にあってしまいましたが。

そんな父の意を継ぐように大学生になって部活に燃える次女、無事県代表頂きました。

父も現場で見たかっただろう、と思いますが明日報告に行きます。


で、
次女は打ち上げしてるみたいですが、家族は晩御飯を勝手にお祝いに。
本人抜きで
ひつまぶし。

写真撮り忘れ。

出し汁は

これ。

[画像:9646b5cb-s.jpg]



義兄(名古屋出身)推奨、です。

このページのトップヘ