フルートとファゴットの家族

Fl奏者、山田みづほと仙台フィル首席Fg奏者、水野一英のブログです。

コンクール激務(そうでもない?)を終え、仙台フィルは北陸へ。

image



















北陸新幹線は新潟県通ります、







image











日本海も見えます(これは糸魚川付近)。


今日は金沢市でリハーサル。
明日は福井で本番。

その前に
image

北陸を学習

image



さ、張り切っていきましょ。

仙台シンフォニエッタでのコンチェルトの本番、無事(有事?)終演。
皆様、ありがとうございました。

驚きはわざわざ遠征してくれた茨城大学管弦楽団の卒業生&現役
image

18日が演奏会でその翌日の遠征。
ありがとう。
「どれだけ脅したの?」
とは家族の弁。
いやいや、そんなつもりは…

御客様は普段より多かったようで、少しは貢献出来たのなら嬉しい、と。

で、反省もしました。
ばっちり。
image

郡山から来てくれて16時半位から0次会付き合わされた元弟子、菜穂ちゃん。


そして、18時から打ち上げ。

image
image
image
image
image
image
image






















































続きを読む

仙台シンフォニエッタ、という弦楽器の愛好家団体があります。
その演奏会が6月19日にありまして、私はモーツァルトのファゴット協奏曲を演奏させて頂くわけです。
チラシを頂いたので、正式に(4/19はこそっと末尾に書いたのですが)UPします。
今日(書いた日)は4/20なので、2か月前、です。


仙台シンフォニエッタ 第36回定期演奏会

日時:2016年6月19日(日) 14時開演(開場:13時30分)
開場:東北大学百周年記念会館 川内萩ホール(かわうちはぎほーる

曲目
ベートーヴェン:エグモント序曲
モーツァルト:ファゴット協奏曲 変ロ長調 KV.191
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92

ファゴット:水野 一英
指揮:日比野 裕幸
管弦楽:仙台シンフォニエッタ

入場無料

シンフォニエッタチラシ
























---------------------------------

協奏曲のソロと共にオケ中も吹きます。
シンフォニーもさることながら、序曲をやるのがハードなので今回は暗譜しません(宣言!)
ソロの楽譜はヘンレを使いますが、深い意味もなく。
「ベーレンライターも旧ブライトコッフもペータースもあるので、ヘンレを買ってみた」
だけに過ぎず、実際は適当です。
カデンツァは…ナイショ。お楽しみに(笑)

オケバックでのモーツァルトは1991年の塩釜遊ホール以来ですから25年ぶり、ですか。

突然
「ピアノ弾いて!!」
と言われるカミさんは受難の日々が始まります(笑)

このページのトップヘ