フルートとファゴットの家族

Fl奏者、山田みづほと仙台フィル首席Fg奏者、水野一英のブログです。

ちいっとも知らずに出番にした演奏会。
火の鳥があった5月定期の時、ぶちょー👽 が言った一言
「現代音楽もソロありますからね」
???
全くわからず
「なんすか?それ」
「シークレット・フォレストです。よろしくお願いします。」

これか…

IMG_20180512_071402

蓋開けて(譜面見て)びっくり。
無知とは恐ろしい。

B4横、の譜面も見えにくいので、自分でA3横、に拡大コピー。

_20180518_223940

見えるようにはなったけど根本的に難しい。

なんせ、指が覚えられない_
マイクロフォニックス、って雑音?


DSC_1975

雑音は得意だけど…
狙った雑音は難しいので
 
DSC_1972

付箋貼ってみました。

DSC_1974

この書き方とどっちが良いやら…

結論は

6月7日、日立システムズホール仙台にて。

明日、マエストロと打ち合わせします。
ホントに望まれるマイクロフォニックスがでてるのか?


6/7、本番を「観に」いらっしゃいませんか?










アンサンブル・コア・ドゥ・ロゾー
オクテット コンサート

2018年5月4日(金)
16時開演(開場15時30分)

宮城野区文化センター「パトナホール」
(JR仙石線陸前原ノ町駅下車、すぐ)

FB_IMG_1523883174562

Ob
山岸亜貴、西沢澄博
Cl
ダビット・ヤジンスキー、鈴木雄大
Fg
石川晃、水野一英
Hr
山岸博、齋藤雄介

曲目
クロンマー:パルティータ へ長調 Op.73
ベートーヴェン:六重奏曲 変ホ長調 Op.71
シュターミッツ:四重奏曲 変ホ長調 Op.8-2
モーツァルト:セレナーデ 第11番 変ホ長調 KV.375


FullSizeRender
昨年の10月13日に上越教育大学名誉教授の伊達博先生が亡くなられた。
僕の最初の師である。
持ち方を教えて下さった先生、だ。

昭和10年生まれの82歳、昨夏他界した父と同い年だった。
師事していた3年間は元麻布にお住まいで、「仙台坂」というのがあった。
もちろん、その頃は僕の就職先が仙台になる、とは思いもしなかったが。

「ダメだよ」

何回聞いたことだろう。

「1年目から私立併願なんて甘いこと言ってたらダメだよ」

親ごと叱られた。
そのおかげで運良く芸大に入れたわけだが。

岡崎先生を紹介して下さったのも伊達先生だ。
「キミは岡崎先生につくようにならなきゃならないのだから、僕と岡崎先生が違うことを言ったら岡崎先生の言う通りにしなさい。」
そんな風に言って送り出して下さった。

僕が大学に入った年から先生は上越教育大学で教えれるようになった(水野君は新潟だから上越で伊達先生に習ったんだね、と言われたりしましたが、それはタイミングが違っています)。
後年、弟の面倒も見て下さった。

一昨年の東京公演をご案内したが、体調が、ということでお断りになり、また、昨年の「モルト・ファゴッティシモ」の際は演奏会、レセプションの出席者に先生のお名前があったが、当日いらっしゃらず、気にはなっていたが…

良い生徒、とは言えなかったな…

日曜日にお別れの会に行ってきます。


このページのトップヘ