鮎地蔵のブログ

私のHP(足柄九寸会)はリンク集にも有りますので宜しくお願いします。 尚、ブログのコメントを頂ければ幸いです。

疲れが出たので休養

昨日のうちに鮎釣りの荷物は車に積み込んで置いたのですが、今朝起きると身体全体が怠かったので釣りは諦めました。持病の右腰も異常なほどに痛かったので、無理をして出掛けるほどの釣りでもないから休養としました。
そこで昨日釣った型揃いの鮎を持ってオジキの家に行くことにしましたが、家内も行くと言うので一緒に行くことになりました。松田の山奥なので気温が下界と比べ5℃ほど低いので幾分涼しいですね。突然伺ったので生憎留守でした。そこで行
ったついでに奥の登山口まで車を走らせました。

DSCF0001
DSCF0002DSCF0003
寄大橋の手前に車を停めて橋からの風景を写してみました。橋を渡って林道を進むと丹沢湖の玄倉集落に繋がっていますが、橋の先にゲートが在るので今は車では行けません。ゲートが出来る前に2回ほど通ったことがあります。

DSCF0004DSCF0005
こちらは橋を渡らずに真っ直ぐ行った所にあるゲートですが、橋の直ぐ近くに在ります。ゲートの先には無人の管理棟が在るので、山に登る時はここで登山計画書を提出します。雨山峠の登山口となりますね。昨年の12/12に雨山~檜岳~秦野峠を登る為にここから入山しました。折角なので少し先まで行ってみましたが、目的の滝を観ることはできませんでした。
ところで家の前の堰堤がやけに賑やかなので覗いてみたら、何と中型バスで多数の家族連れが来ていました。子供達は盛んに堰堤から飛び込んでいたので親は写真を撮っていましたが、何処から来られたのでしょうかね。確か昨年も同じバスで来ていたような気がします。

久々の友釣りで良型揃う

㉛  千歳川 (月)  曇りのち晴れ    AM8:10~PM3:30    17~21cm22匹 バラシ1匹    メタコンポ0.05号   付け糸0.4号   鼻管6mm   中ハリス0.6号 針:エアースピード6.5号3本イカリ   気温29℃   (累計855匹)

今朝は4:30に起きて準備を済ませてから昨日頂いた囮を入れに行くと1匹が腹を返していたので3匹を持って千歳川に出掛けました。近くのコンビニで食糧を購入してから千歳川の駐車場に向かいました。
今日は朝のうちはドブ釣りを少しやってから友釣りに切り替える予定です。

12
ドブ竿と友竿の2本を持って釣り場に入川しましたが、先ずはドブ釣りからやってみます。6:20から②番仕掛けで釣り始めたが、鮎の気配は全くなくて掛かるのはビリウグイばかりです。
暫くすると良型鮎の当たりが出てグイグイと底に突っ込むので慎重に浮かせてから岸に吊るし上げようとしたらポチャリと落ちました。
その後暫くして掛かりましたが、鮎の引きとは違うのでヤマメかな?なんて想いながら竿を伸ばしたり縮めたりしながら魚を確認すると虹鱒でした。下針の青ライオン元孔雀に掛かったようなので、じっくりやり取りをしてから獲り込みました。尾っぽの綺麗な32~33cmの虹鱒でしたが、元の流れに戻してやりました。
その後、やっと13cmが掛かったので安心すると再び当たりがあってグングンと突っ込みます。良型と分かったので落とさないように慎重に抜き上げると18cm級の放流鮎でした。7:40になったのでドブ釣りをお終いにしましたが、2匹だけでした。累計は681匹となりました。

34
56
軽く朝食を食べてからドブ釣りで釣れた18cmの囮に鼻管を通して流れに放しましたが、上手く泳いでくれません。上流へ少しずつ引き上げて行くとズットンと一気に下るので、流れの緩い所まで下がってから抜くと行き成り20cm級の良型だったので、鼻管周りを1ランク太くしました。
その後、上流に引き上げて行くと又してもドッカンと良型が掛かってきました。魚影は薄いですが、掛かれば放流鮎の良型です。10匹釣り上げた所で場所を移動しましたが、11時過ぎだったので昼食にしました。

7
89
昼食後は葦に覆われて狭くなった段々瀬を狙ってみました。瀬肩を泳がしていたら天然の13cm級が掛かったが、小さいのどうでも良いと思っていたらバレてしまいました。徐々に下りながら白泡の中を狙うとガッツンと掛かって一気に下ってしまったので着いて行ってから抜きました。
囮交換をして瀬尻を泳がしていたら目印がビュ~ンと飛んで19cmの良型が釣れました。やはり虐めてないので良型ばかりが掛かってきますね。

10
千歳川ではあちらこちらに咲いている花ですが、今年は少ないようです。

1314
1516
釣り下りながら拾って行きますが、ボサが酷くて非常に歩き辛いです。蚊に刺されながらも頑張って釣っていますが、今年は魚影が薄いので苦労します。でも、掛かれば良型なので面白いには面白いですよ。

17
1819
良型が掛かったので下りながら竿を溜めたので、竿の曲りを写してみました。可なり孤を描いているのですが、竿の曲りを写すのは難しいですね。釣れたのは19cmの良型でした。
囮交換をして上流に泳がせながら引き上げて行くとビュ~ンと掛かったので下流の流れの緩い所に誘導してから抜くと21cmの良型でした。その後も少し追加しましたが、15時半になったのでお終いにしました。まだやれば釣れると思いますが。片付けも大変なのでいい時間ではないですかね。

20
着替えを済ませてから事務所に顔を出すと理事の植田さんともうひと方が居られたので暫し状況を話してきました。千歳川は予想した通りに澄んでいたうえに放流鮎は育っていて、21cmが2匹混じりで22匹+2匹でした。
この川は狭いので掛かると一気に下られるので着いて行くのも一苦労ですが、引きが強いので楽しいです。また虐められてないので素直に掛かって来るので私にも釣れます。今日は久しぶりの友釣りだったので両足を攣ってしまいました。
さて囮も交換できたので、明日はどうしようかな。

囮をいただきました

家でのんびりTVを観ていたら、釣り友の松田のKuさんがわざわざ遠回りなのに囮を持って来てくれました。そう言えば先日も囮を持ってきてくれたっけな~
有難いことです。藪下で山さんと一緒にやってきたとのことでしたが、昨夜の大雨で今朝は濁りが強かったとのことです。最近、鮎から頭が離れていたので酒匂川の状況を知る由もなかったからね。折角囮を頂いたので明日は久しぶりに釣りに出ようと思いますが、たまには千歳川にでも行ってみようかな。
濁っている河川では余り遣りたくないので澄んでいると思われる千歳川にしようかと考えています。朝一はドブ釣りもやってみたいので、ドブ用の竿と仕掛けを持
って行くことにしようかな。
ところで今日も30~40分ほど家の前の堰堤でドブ釣りをやったんですが、カワムツの猛攻を受けました。そんな中、7~8cmのビリ鮎が2匹釣れたので累計は679匹となりました。もう少し遣りたかったのですが、子供達が泳ぎに来たので場所を空けてやりました。久々に子供達が泳ぐ光景を観ましたよ。

久々のウォーキング

先ほどまで釣り友のフミ~!!さんが滋賀から帰省して家に寄ってくれました。彼は今年Dマスの中日本ブロック大会(九頭竜川)に出場したので話を伺っていました。やはり大きい河川は全てに於いて難しいとのことでした。
今度は東京に移るとのことで新幹線通勤となるそうです。以前のように酒匂川で竿を出せると喜んでいたので、機会があったら一緒に釣りたいですね。来る度にお土産を持ってきていただいてスミマセンね。もっと気軽に遊びにきてください。
ところで午前中の雨が降らない時間を利用して、久々にウォーキングに出ることにしました。久しぶりなので平坦なコースを選んで歩いてきます。

1
9時に家を出発しましたが、先ずは部落の旧道を通って行きます。何も観るものはありませんが、こちらは日蔭が多いのでウォーキングには助かります。

2
34
パナックを過ぎると石垣の付け根にホトトギスが沢山咲いていました。確か昨年も写しましたが、偶然通って気づきました。暫く進むと民家の石垣に白いユリが咲いていたので写してみました。
そこへザックを背負った男性が来られたので暫し話をしながら歩きましたが、これから最乗寺まで行かれるそうです。話ながら歩いていると可愛らしい色のユリが咲いていたので写してみました。

5
67
私は飯沢の八幡さんに寄って行くので最乗寺まで行く人とここで別れました。八幡さんに寄ってお参りをしてから清左衛門地獄に向かいますが、既に気温も上がり汗が止まりません。

8
1011
久しぶりに清左衛門地獄の池に来ましたが、池の中を覗くと鯉の他に虹鱒も居ました。大きいウグイや小魚も居ましたが、虹鱒が小魚を追い掛けていましたよ。
ここを出ると遠回りの山道に入りますが、上り坂の途中には幾つもの防空壕跡がありました。上り切った所を左折して行き、再び左折してUターンする感じで下って行きます。

14
下って行くと猫が何かを捕まえようとしているので観ていましたが、トカゲを捕まえていました。その仕草が可愛いではありませんか。

16
1718
勤めていた会社の第二グランドの脇を通って表通りに出ました。会社の南門を通過して花下橋に向かいます。花下橋から上流を写してみましたが、春先の河川工事で綺麗になっていたのに既に葦で覆われていました。

19
2021
狩川の左岸(ウォーキングコース)を上がって行くと土手際に柿とザクロが生っていましたが、食べられそうには見えませんね。

22
2324
流れ出る汗を拭きながら幸せ道を上がってきました。地元には似合わない3階建ての駐車場の建設が始まっていますが、もう大分出来上がっていました。帰りの途中で実家に30分ほど寄ってきましたが、正味1時間50分のウォーキングでいい汗を欠きました。でも昼間のウォーキングは堪えますね。

筋肉痛で歩くのも辛かった

昨日はそれほど歩いてないのに筋肉痛になってしまった。やたらと塗り薬と貼り薬を貼ってから寝たのに起きたら身体中が重くて痛みも残った。やはり世附に出掛ける前の寝不足が祟ったようだ。
午前中は昨日の釣行ブログを書いていたが、午後一番に床屋へ行ってきました。既に1ヶ月ちょっと経っていたので気になっていたが、これでサッパリしました。今回も3mmのスポーツ刈りにしたが、てっぺんも短くして貰いました。
その後、昨日使った渓流竿を乾拭きしていたら急に思い出したことがあったので調べてみたら甥っ子も新盆だった。お盆は過ぎてしまったが、直ぐにお墓にお参りしてきました。忘れていたが、思い出して良かったよ。亡くなれた方を敬う心は忘れてはなりませんからね。
今は筋肉痛も和らいてきましたが、余り無理はできないので静かにしています。鮎もやらずに毎週のように世附に通っていますが、陽が短くなってきたので早めにお終いにしないと熊に遭遇してしまいますからね。餌のブドウ虫が2箱残っているので渓流釣りには行きますが、鮎釣りもそろそろ遣りたいですね。

27cmのヤマメが出た!

目覚ましを2時半にセットして於いたが、1時半に目が覚めてしまった。幾らなんでも早過ぎるので再び寝ようとしましたが、もう眠れそうにもないのでそのまま起きてしまいました。寝たのが22時なので3時間半の仮眠では本日の釣行は辛くなりそうです。軽く夜食 を食べてから浅瀬に向かいましたが、今日もファミマに寄って食糧を調達しました。浅瀬には3:15に着いてしまったので本日も1番乗りでしたが、その後4時まで誰も来ませんでした。

3
47
入渓場所に着いたので支度を済ませてから暫しの休憩を取りましたが、今日は久々に下流から遡って行こうと思います。6時から釣り始めると直ぐに掛かったが痛恨のバラシです。粘ってもしょうがないので先に進むと次の落ち込みでは幅広の綺麗な23cmのヤマメが釣れました。
まだ増水していて薄い笹濁り状態で状況は悪くなさそうです。次の落ち込みでは太った22cmのヤマメが掛かりましたが、引きが強かったです。

8
1315
活性が良いのかポツポツと理想的なヤマメが釣れていましたが、次の落ち込みでは早くも岩魚が釣れてしまいました。もう少しヤマメと遊びたいです。

18
8時になったので休憩にしましたが、100均で買った蚊取り線香が活躍しています。虫は殆んど気にならなかったので、それなりの効果はありそうです。1巻きで4時間近くは持ちましたよ。

20
2122
細長い落ち込みの開きに背中の青い大きめなヤマメが泳いで居るのが見えたので、上流からキジを流すと18cmのヤマメが釣れてしまった。お前じゃないんだよなと下流に放したが、まだ大きいヤマメは定位置で泳いでいます。
そこで今度はブドウ虫をやや上流に流すとスーッと近づいてパクリと喰いついたのが見えたので軽く合わすと乗りました。浅いのであっちこっちと逃げようとするが、何とかタモに納めることができました。計測すると26.5cm♂ヤマメでしたが渓流に相応しい綺麗なヤマメでした。

25
2730
3235
良さげの小場所も探って行きましたが、掛かるのは小さなヤマメばかりです。増水しているので瀬も狙ってみましたが、殆んど掛かりませんでした。
水深のある落ち込みを狙うと21cmのヤマメや25cmの岩魚も掛かってきましたが、肝心の大物が掛かってくれません。10時になったので2回目の休憩を取りましたが、ここで蚊取り線香を新しい物に替えました。可なり煙が出るので効果はそれなりにあるようです。

3738
39
この沢の核心部に着いたのでさっそく竿を入れると直ぐに良型のヤマメが釣れました。幅広で見映えの良いヤマメが掛かります。ポイントを変えてキジを流すと直ぐに目印が反応したので軽く合わせると再び良型のヤマメが釣れました。
もう居ないかなと想いながらもキジを流すと暫くしてコッツと当たったので合わせると乗りました。底へ突っ込むので大きいのが掛かったのかと想いましたが、如何やら岩魚のようです。上がってきたのは24cmの岩魚でした。

41
4344
4647
大場所の滑滝に来ましたが、依然と違って砂で埋まり浅くなっていました。手前から狙うと一発で良型のヤマメが掛かりましたが、それを追い掛けて数匹の渓魚が見えました。滝壺には可なりの魚が居るようなので楽しみです。
次々と掛かってきますが、全て綺麗な幅広ヤマメです。遠目のポイントに餌を沈めて暫く待っていると目印が少し走ったので軽く合わせるとズッシリとした引きが伝わってきました。その瞬間、暴走が始まったので両手で竿を捌いて対岸に渡ると今度は反対側に走ったので再び元の位置に戻ってから岸に引きずり上げましたが、計測すると綺麗な27cm♀ヤマメでした。
この場所はまだまだ釣れそうですが、先に進まないと為らないので止めて於きます。そこで記念撮影をしてみましたが、すっかり親父の釣りですかね。

52
5558
11:30に2つ目の堰堤を越えた所で昼食にしましたが、今日もコンビニの冷やし蕎麦とおむすびです。自然の中で食べる食事は美味いですね。昼食を済ませたので釣り上るとしましょうか。
遡って行くと落ち込みが在ったので狙ってみると幅広の綺麗な22cmのヤマメが釣れました。暫く遡行して行くと今度は岩魚です。当然小さいヤマメと岩魚は写真は撮らないで直ぐにリリースしました。しかし、この頃から疲れが出てきて、おまけに足裏が痛くなってきたので集中して釣りが出来なくなりました。

6366
6870
ガレ場をよじ登って脱渓しようかなとも思いましたが、この体調では危ないので止めて於きました。脱渓点まで頑張って釣り上ろうと決めて釣りを再開しましたが、どうも今一体調が良くありません。寝不足が祟ってのことだと思います。
上流に遡るに連れて岩魚が多くなってきましたが、これは何時ものことですから問題はありません。14:30にやっと脱渓点まで来たので竿を仕舞って終わりにしました。ここで着替えてから暫しの休息を取りました。

7879
7481
足裏が痛い割には帰りの林道も問題なく歩けました。途中で休憩を取りながらイワタバコがまだ咲いているのではないかと探してみたら遅く咲いた花が残っていました。熊避けに手を叩きながら浅瀬に戻ると番小屋前のボードには私のマグネットだけで、今回も一番先に歩いて一番遅くになってしまいました。
17:20に駐車場に着くと2名の方が帰宅するところでしたので状況を伺うことはできませんでした。片付けていたら単独男性の外人さんが道に迷ったと話し掛けてきたので話を聞くと地図を広げて不老山に登りたいとのことです。今からですと危ないと説明しましたが、大丈夫とのことなので吊り橋跡の場所を教えましたが、無事に下山してくれたでしょうかね。
今日も増水中で薄笹濁り状態だったので渓魚は活発でした。本流筋をじっくり攻めたので支流には行きませんでしたが、綺麗なヤマメに会えて良かったです。

世附川釣行は明日を予定

明日の天気予報は雨マークが消えて曇りに変わったので世附川に出向くことにしました。そこでさっそく上州屋に餌のキジとブドウ虫を買いに行ってきました。
荷物を車に積み込んだので準備は万端です。明日も前回と同じ沢に入ろうかなと考えていますが、入れた場合は今回は下流からじっくり攻める積りです。久しく下流から入ってないので、たまにはやってみたいですからね。場荒れは仕方がありませんが、できれば太ったヤマメを釣ってみたいですね。
ところで今日も家の前の堰堤でドブ釣りを少しやってみました。今日は⑤番仕掛けで15:10~16:20までやって6匹でしたが、その内の1匹は13~14cmで囮に使えそうでした。後は10cmに満たないビリ鮎ばかりで結局は全ての稚鮎を流れに戻しました。まだドブ釣りで釣れるようですから天気が回復するようでしたら囮を獲って友釣りを再開しようかと思います。ドブ釣りの累計は677匹となりましたが、もう余り釣れませんね。

世附は魅力があるんだね

ブロ友の世附のルアーマンさんやラオウのご主人様達は雨にも負けず、世附に出陣していました。二人共ルアーマンさんですが、いい結果を出されていましたよ。私も行きたいのですが、お盆なので釣行を控えております。
盆明けには出陣したいと思っているのですが天気がね。雨が上がる予報なら行
っても良いのですが、一日中雨降りではゆっくり昼飯も食べられませんからね。
盆明けは場荒れしていると思いますが、それでも行きたいな~
ところで午後、お兄ちゃんを新松田駅に送った際に足柄大橋と十文字橋を通ったんですが、この雨降りのなか数名の釣り人が竿を出されていました。可なり強めの笹濁りでしたが、鮎好きな人はこんな状況下でも竿を出されるんですね。
頭が下がりますよ。私は8月に入ってたったの3日間しかやっていません。それも短時間しか竿を出してないので、ずっと遣ってない感じがします。濁りが入った川では余り竿を出したくないのもありますがね。

暇つぶしにドブ釣り

兄貴の嫁の実家が新盆なので、親父を連れて午前中お線香を上げに行ってきました。帰宅して家内が親父の昼食の準備をしてから家に戻りました。午後から玄関周りの雑草を根っ子ごと取り除いていましたが、1時間も遣らないうちに飽きてしまったので止めました。
そこで暇つぶしに13:45から2時間ほど前の堰堤でドブ釣りをやることにしました。②番仕掛けをセットしましたが、終わってから気づいたのですが未使用の仕掛けを使ってしまいました。できれば使いたくなかったですね。

12
曇っているので鮎が食んでいる姿を見ることができませんが、沈み大岩にはハミ跡が沢山ありました。大岩に乗って釣り始めるとカワムツの猛攻を受けての入れ掛かり状態です。鮎は何処に行った!って感じで竿を出していると、やっとビリ鮎が釣れました。7~8cmの細い天然鮎でしたが、こんな鮎がまだ沢山居ます。
その後もカワムツやウグイの大きいのが掛かったりしましたが、肝心の鮎が釣れません。暫くすると下針にポツリポツリとビリ鮎が釣れ始めました。
当たりが遠のいたので下針を交換するとまた釣れましたが、10cmに満たないビリ鮎ばかりです。2時間やった所で飽きたのお終いにしましたが、11匹釣れました。もちろん写真を撮った後に流れに戻しましたよ。お盆ですからね。(笑)
ドブ釣りの累計は671匹です。

熊の目撃は大又水系が多い

昨年に続き今年も大又水系で熊が目撃されているが、確か4月に入ってからだったと思います。最初は本水沢で次はGW中にゲートより30分の水飲み場だったと思います。その後も数名の方からの熊の目撃情報がありました。
私も4日目前にゲートより20分の所で親熊を見ましたが、今年の世附は昨年を遥かに上回る目撃があるようです。熊の棲み処は大又沢と水の木沢の間の椿丸周辺とされていますが、何処で出くわすか分かりませんね。
何れにせよ先にこちらの存在を熊に知らせなくてはならないので、私はしょっちゅう手を叩いています。渓谷では鈴の音は消されてしまうので、休憩する時はホイ
ッスルを鳴らしてから休憩を取るようにしています。これから冬に向けて熊も活発に行動すると思うので、世附に入山する時は要注意ですね。でも禁漁まであと数回は行くと思うので今日は仕掛けを5セット作りましたが、今週はずっと天気が悪そうですね。さて何時入山しようかな。
そうそう、大きい渓魚を釣った時は私の様にできるだけスケールを当てた方の写真をブログに掲載して欲しいです。それでないと信用性に欠けてしまいますよ。
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ