鮎地蔵のブログ

私のHP(足柄九寸会)はリンク集にも有りますので宜しくお願いします。 尚、ブログのコメントを頂ければ幸いです。

山梨のお婆さんの所へ

今日は家内の叔母さんの所と兄貴の所にミカン🍊を持って行くことにしました。そして帰りに施設に入っているお婆さんの顔を見て来ることにしました。
先ずは叔母さんの所へミカンを持って寄りましたが、久しぶりに叔母さんの家に行きました。気さくな叔母さんなので何時も会う時は気軽に話ができます。お茶請けに和菓子と漬物を出してくれたので遠慮なく頂きましたが、漬物が美味かったです。家内は作り方をメモっていましたよ。
またこの周辺は富士山からの清水なのでお茶が美味いんだよね。お茶に限らず水が美味いと全ての物が美味いから不思議だ。話もそこそこに次は直ぐ近くの義兄の家に行ったら嫁さんが居たのでミカンを置いてきた。
次は少し離れているお婆さんの施設に行きましたが、ちょうど昼食中だったので家内が食べさせてやりました。今日も全て完食したので褒めてやりましたが、誰なのかは分からないようです。でも家内と一生懸命嬉しそうに話をしていましたが話疲れたのかウトウトし始めたので私達は帰ってきました。あと数日で90歳になるお婆さんですが、ボケてはいるが元気なので心配はして居りません。
帰りに近くの忠霊塔に寄ってみましたが、最上の駐車場には入れなかったので中腹の駐車場に入れたが、忠霊塔までは可なりの階段を上がらなければならないので止めました。今日も多くの外人さんが来ていましたよ。
駿河小山の道の駅に寄って昼食と買い物をして帰ってきましたが、今日は暖かかったので良かったです。写真は忠霊塔中腹の駐車場からの富士山です。
DSCF0001

鼻環周りは準備完了

午前中は軽くウォーキングに出てきましたが、午後から遣る事もないので鮎の鼻環周りを仕上げることにしました。残りの5.5mm鼻環にツケ糸0.3号を付けて完了したが、6mm鼻環と中ハリス0.6号の組み合わせが少し残っていたので序に仕上げることにしました。この鼻環周りには0.3号と0.4号をそれぞれ付けてお終いにしましたが、これで来年用の鼻環周りは準備完了です。今後は3本イカリを巻いてゆきたいと思っているが、恐らく途中で飽きてしまうと思います。
ところで前の堰堤は垢が腐って川底はドロドロ状態です。やはり鮎が居ると居ないでは川の中の状態が全然違いますね。提灯DR毛鉤を未だに振っていますが水面に飛び出す魚は全く居なくなってしまった。雑魚さえ姿が見えなくなってしまったよ。依って来春まで毛鉤釣りも終わりにしますね。
1

山北町つぶらの公園

午前中、孫を連れて山北町つぶらの公園に行ってみることにしました。ネットで調べて有ったのですんなりと着きましたが、既に駐車場には数台の車が停まっていました。

1
山北つぶらの公園の入り口ですが、まだオープンしたばかりなので園内は工事中の所もありました。この公園は東名高速の都夫良野トンネルの真上に在ります。

45
67
駐車場からも富士山を観ることが出来ますが、展望台に上れば依り富士山の眺望が良いです。しかし今日は残念ながら富士山に雲が掛かっていました。
その後、あちこちと散策して行くと南側にも小高い丘が在ったので登ってみたら相模湾を見渡せる展望台でした。もちろんテーブルや長椅子が設置して有ったのでゆっくり楽しむことが出来ますよ。

10
1113
南側の展望台を下った所にローラー滑り台が有ったので二人で滑ってきましたが、他にもアスレチックを作るようです。孫はアスファルトの道や芝生の斜面で転がって遊んでいました。
駐車場に戻ると入口の階段手摺を滑り始めたので私もやってみました。下まで降りたので次は休まず一気に走りながら上りましたが、上り切った時には息が切れました。初老のお爺さん、頑張っていますよ。

2分の1の成人式

今日は金曜日なので孫を迎えに行きますが、体育館で2分の1の成人式と言う行事があるので家内と一緒に参加します。依って娘の家に車を置いて学校まで歩いて行きました。

1
2分の1成人式なので10歳になる4年生が対象のようです。先ずは1~4年生までの思い出の写真がスライドで流れたので生徒達からはその都度歓声が上がりました。

25
次は親に感謝の歌を全員で合唱しましたが、一工夫してあって一人ずつ順番に言葉を発声する場面を埋め込んでありました。

9
クラスごとに別れて将来の希望の作文を一人一人発表します。次に発表する孫は緊張した様子もなく待っていましたが、発表も大きな声でしっかりと出来ました。発表時は動画を撮っていたので写真は家内が撮っていましたが、発表の中で何回か「爺爺が教えてくれます!」と発してくれた時は嬉しかったです。
今はお気に入りのテントに入って動画を観ているようですが、テントの中は全然寒くないようです。もちろん布団を入れて有りますがね。

塔ノ岳~丹沢山を歩く

昨夜のうちに明日は矢倉岳に登ると家内には話して於いたので今朝6時半に起きるとお弁当を用意してくれていた。朝食を食べてから準備をしたが、この時間なら表丹沢の塔ノ岳なら登れるのではないかと思ったので急遽予定を変更しました。家内に塔ノ岳と伝えて表丹沢県民の森に向かいましたが、本日も風邪薬を飲んでの山登りです。

1
35
遅かったので駐車場は満杯でしたが、一番隅に何とか車を停めて8:15に出発して二俣に向かいます。先ずは山の恩人・尾関像に寄って安全祈願をしてから登山口の二俣から塔ノ岳を目指して登り始めました。堀山の家までの人工林の急登は登山道が荒れていて可なりきつかったです。

6
78
9:27に堀山の家に着いたので外のテーブルで休憩を取っていたら大倉から単独で登ってきた女性が前に座って色々と話し掛けてきたので休憩が長くなってしまった。休憩後は前方を歩いていた方々を次々と追い越して花立山荘に向かいます。

10
1113
花立山荘直下の急な階段はつらかったですが、前を歩く人に追いついたので話をしながら登りました。そして10:17に花立山荘に着いたので山話をしながら暫しの休憩を取りました。
ここから一気に塔ノ岳まで登りますが、この調子なら丹沢山まで行けるかなと思い始めました。そうなると歩くピッチが速くなるから可笑しいですね。

14
1516
17
10:52に塔ノ岳に着いたので、さっそく富士山を眺めると今日は何とか富士山を観ることができました。先月から8回の山登りで山頂からの富士山をやっと見ることができました。今日はここでゆっくり昼食にして鍋割山経由で下山する予定でしたが、身体が丹沢山を要求しています。時間的にきついかもしれないが、行くことにしました。

18
1920
ここからストックを使いましたが、塔ノ岳の北側の降り口は雪か霜か分からないが兎にかく真っ白だったので滑らないように注意して下りました。日高の道標まで来ると脹脛に痛みが出始めたが、まだ全然大丈夫です。痛みが出たり消えたりしながら丹沢山を目指しました。

23
2425
11:57に丹沢山山頂に着いたのでさっそく富士山を眺めました。雲が湧いてきましたが、何とか丹沢山からも富士山を観ることができました。近くに居た人に頼んで記念写真を撮っていただきましたよ。

26
2728
入ったことのない「みやま山荘」ですが、ここのカレー美味しいらしいですよ。何時かは食べてみたいと思っているが、何時もお弁当を持ってきているので中々チャンスがありません。外のテーブルが空いていたのでゆっくりお弁当を頂きましたが食べ終わった後にテーブルに寝ころび背筋を伸ばしました。
疲れていたので気持ちが良かったですが、ゆっくりもして居られないので12:30に塔ノ岳に戻ることにしました。

2930
31
順調に下って行くと次の上りで太股に違和感を感じたので竜ヶ馬場のテーブルでバンテリンを塗り込みました。その甲斐があって塔ノ岳直下の急登も順調に登ることができました。塔ノ岳は既にガラガラでしたが、風が冷たいのでジャケットを着替えました。その後、暫し休憩を取りながら再び富士山を写してみました。
さて此処からピストンで二俣に降りるか、それとも鍋割稜線のアップダウンを覚悟で小丸尾根で下るか迷いましたが、ピストンでは詰まらないので小丸尾根を選択しました。

3334
3536
金冷シ分岐を鍋割稜線に入ると行き成り下ります。暫く進むと大丸ピークに上る急登が待っていますが、何時もこの上りがきついです。大丸を通過すると数名の登山者とすれ違ったので挨拶をしました。小さいアップダウンを繰り返して行くと真向いに花立山荘と大山を観ることが出来ました。
そのまま下って行くと小丸尾根分岐に着いたので尾根を下ります。塔ノ岳から1時間近く下って来たのでテーブル設置場所で休憩を取りました。

3940
41
3分の2ほど下ってきたら登山道が行き止まりで左折となっていた。標識に行き先が無かったので不安でしたが、新しい登山道のようなので下って行きましたが、今までの尾根と違うので不安です。
でも登山者が歩いた形跡があるので何とかなると思って下って行くと行き成り林道になってしまった。その後、暫くして見覚えのある場所に出たので安心しました。松林は林道となっていましたよ。

4243
47
林道と別れて再び昔のままの登山道となりましたが、最後に紅葉のご褒美が待っていました。曇ってしまったので綺麗に写せませんでした。15:25に降り口に出ましたが、予定時刻より早く降りられました。

48
4950
銅像に寄ってお礼をしてから県民の森の駐車場に向かいましたが、林道脇には最後の紅葉を観ることができました。15:45に駐車場に着きましたが、満車だった駐車場も2台だけでした。
隣りの車のご夫婦に挨拶をしたら奥さんが色々と尋ねてきたのでお答えしましたが、私も色々と聞かれるようになりました。今日は遅い時間に登り始めたので自分なりにピッチを上げて丹沢山まで行くことができましたが、ちょっと無謀な山歩きでした。

P(8:15)→二俣(8:31)→堀山の家(9:27~9:37)→花立山荘(10:17~10:22)→塔ノ岳(10:52~11:00)→丹沢山(11:57~12:30昼食)→竜ヶ馬場(12:50~12:55)→塔ノ岳(13:26~13:34)→小丸分岐(14:05)→テーブル休憩(14:30~14:35)→小丸尾根降り口(15:25)→P(15:45)
万歩計 31135歩 21.22km(所要時間7時間30分)

登山に欠かせない塗り薬

山登りを始めて9年になるが、良く続いているものだ。9年前に最初に登ったのが秋の金時山で地蔵堂から登ったが、この時はジャージで登った。これを機に今も続けているが、登る回数は減ってきている。
鮎のオフシーズンを利用して足腰を鍛える目的とお腹が出てきたので凹ます目的で登り始めたが、出腹には効果がないようだ。でも足腰はだいぶ鍛えられているようなので出来るだけ続けたいね。気持ちは若くても身体は嘘をつかないので体力を維持するのも大変ですが、歩くのを怠ると足腰は衰えてきます。
鮎シーズンは殆んど歩かないので、つくづく体力と足腰の衰えを感じます。そこで鮎シーズンであっても時には世附川の源流釣りに出向くことで気力と体力を維持しています。

1
しかし、年と共に筋肉痛やこむら返しになり易くなってきたので、山に登る前に筋肉痛防止としてバンテリンを塗ることが多くなってきました。もちろん筋肉痛が残っている状態で山に登る時はシップを貼ってバンテリンも塗り込んで出掛けます。もちろんザックにもシップやバンテリンは入れてあります。
バンテリンは効果があるうえに匂いがしないので気に入っています。他にも色々と試したが、私にはバンテリンが合っているようです。そんな事で今日も1つ購入してきましたが、今回は試しに液タイプにしてみました。

23
ところで今日はバラの逆針とバラのハリス止めを接着して自動ハリス止めを作りました。バラの小さい逆針が無くなったので終わりにしましたが、乾いたのを確認してケースに仕舞って終わりにしました。
続いて4.6mmと5mmと5.5mm鼻環に付け糸0.3号を付けてぺらに巻き付けてお終いにしました。まだ5.5mmの鼻環周りが残っているので近い内に付け糸0.3号を付けて仕上げたいと思います。

西丹沢・不老山に登る

昨夜から密かに山に登るかなと思っていたが、未だに風邪が治らないので無理はできない。そこで低山の不老山なら登れそうなので先ずは風邪薬を飲んで支度をしていると家内がお弁当を作ってくれました。
7:40頃に家を出発して山北町の山市場に向かいましたが、途中からR246号が混んでいたので旧道に入って嵐発電所前を通って行きました。

2
8:15に車停めを出発して登山口に向かいます。橋を渡って登山口に行くと案内板があって不老山山頂までは2時間40分となっていました。今日もストック1本を出して、ゆっくり身体を慣らしながら登り始めました。

34
56
薄暗い人工林を登って行くと暫くしてモミジの山並みに変わりました。登るに連れて綺麗な紅葉をまだ観ることができました。内心は既に紅葉は終わっていると想いましたが、最後の紅葉を楽しむことができてラッキーです。

9
紅葉が観えなくなると人工林に変わりますが、この人工林を抜けると再び紅葉展望地が待っています。

10
登り始めてちょうど1時間で紅葉展望地(私が勝手に呼んでいる)に着きましたが、既に紅葉は終わりを迎えていました。ここで暫しの休憩を取りました。

1112
1314
紅葉展望地を過ぎると此処から山頂近くまでは長~い人工林が続きます。展望がないのでひたすら登って行くと若いモミジが紅葉していました。パッと明るくなったので心が和み、足も軽やかになります。
低いアップダウンを3~4回ほど繰り返して進むと目の前にカーブミラーが観えたので驚きましたが林道番ヶ平ですかね。

16
1718
林道番ヶ平に着いたので暫しの休憩にします。テーブルにザックを降ろしてさっそく風景写真を撮りに行きました。先ずは箱根の山並みを写して次に相模湾方面を写してみました。その後、少し休憩を取ってから山頂を目指しました。

19
2122
番ヶ平の林道を横断して登って行きますが、行き成りの急坂なのでゆっくり登りました。人工林を抜けたので山頂まであと僅かです。

23
10:38に不老山山頂に着きましたが、そのまま通過して先ずは西の肩の富士山の展望台に向かいます。

2526
27
西の肩の展望台には10:43に着いたので、さっそく富士山を眺めると雲が湧いていててっぺんが観えません。あっちゃ~、またまたスッキリした富士山を見ることができませんでした。風が冷たいのでジャケットを着替えて11:05まで粘っていましたが、雲が取れないので諦めて山頂に戻ることにしました。

2829
11:10に山頂に戻ってきて家内が作ってくれたお弁当をいただきましたが、お弁当がまだ暖かかったので美味しく頂くことができました。またこの時季の山登りには甘い柿が美味いですね。山頂も風が冷たいので25分ほど休憩して11:35にピストンで下山開始です。

30
3233
山頂直下の急坂を下って行き林道番ヶ平を通過して行くと三人の女性とすれ違ったので暫し話をしましたが、本日初めて登山者とお会いしました。やはり不老山までのピストンと仰っていました。
どこまでも続く長~い人工林を順調に下って12:35に紅葉展望地に着いたので帰りもここで休憩にしました。暫しこの周辺の紅葉スポットを探しましたが、ベストポジションは見つかりませんでした。

36
この登山道の右側にも紅葉が広がっていますが、この周辺は足元が狭いので紅葉に目を奪われると危険です。さっさと通過して行きました。

3738
3940
再び紅葉の山並みまで戻ってきましたが、太陽に照らされた紅葉は特に綺麗ですね。帰りも何度も足を止めては紅葉を眺めていましたが、今回は黄色い黄葉が余り見られないのが残念です。

4142
4344
登山口まで降りて来たので久々にボウズクリの滝に寄って行くことにしました。旧棚沢キャンプ場の横を通って沢沿いを上がると滝に着きますが、人が訪れないので道は荒れていました。滝を眺めてから戻りましたが、今日は水量が多かったですね。橋を渡って13:55に車停めに着きました。着替えてから家に連絡をしたのは言うまでもありません。

P(8:15)→紅葉展望地(9:15~9:23)→番ヶ平(10:03~10:08)→山頂(10:38)→西の肩(10:43~11:05)→山頂に戻る(11:10~11:35昼食)→番ヶ平(12:02)→紅葉展望地(12:35~12:45)→ボウズクリの滝(12:42)→P(13:55)
万歩計 19081歩 13.01km(所要時間5時間40分)

丹沢湖のワカサギ

今日はウォーキングを休んで丹沢湖のワカサギ釣りを見に行くことにしました。今年は大仏大橋からの釣りを観てないので先ずは大仏大橋に向かいます。その後時間が有れば世附大橋にも寄ってみようかなと思っています。

12
34
駐車場から富士山を見ると観えたので展望台に上がって眺めることにしました。ところが展望台までの道のりが苦しくてやっと登りましたが、先ず目に飛び込んできたのは綺麗な紅葉でした。
第二展望台近くには纏まった紅葉の群生があって、ほんのひと時目を楽しませてくれました。第一展望台に行ってさっそく富士山を眺めましたが、やはり富士山は雪を被っていた方が絵になりますね。

5
大仏大橋に行くと7~8名の方が釣っていました。その中にmasaさんが居られたので状況を伺うと朝は良くなかったとのことでした。しかし、暫くすると群れが廻ってきたのかポツポツと釣れるようになりました。隣の人もハイピッチで掛けて行きましたが、暫くして止ったようです。
その後、またまた当たりが出始めて2~3匹ずつ釣れるようになりましたが、12時になったので私はここをあとにしました。

6
78
次は世附大橋に寄ってみましたが、今日は釣り人が少なかったです。10人ちょっとしか居ませんでした。知り合いが数名居たので状況を伺うと余り良くないと仰っていましたが、それでも70~80匹位は釣れたそうです。
細○さんと辻○さんに鮎のドブ釣りの仕掛けについてお聞きしたいことがあったので訊ねてみました。そんな事をしていたら13時を廻ってしまったので帰宅しましたが、丹沢湖は小さいながらもポツポツと釣れていました。

9
帰宅してから4.6mm&5mm&5.5mmの鼻環周りに自動ハリス止めを付けました。これで取り敢えず来年用の鼻環周りは作り終えました。あとは付け糸をつけて仕掛け巻きに巻けば全て終わりです。
そろそろ3本イカリでも巻き始めましょうかね。たぶん途中で飽きてしまうかと思いますがね。

写メールが届きました―3

今日もハワイに釣りに行っている島田さんから写メールが届いたので紹介します。海が荒れて釣りが出来ないので本日も観光とのことでした。
image2image3

酒匂川の土手をウォーキング

昼から福岡国際マラソンを観たいので何時ものように午前中の散歩です。今日は酒匂川の流れを見ながら土手を歩くことにしたので足柄大橋右岸側の駐車場に車を停めました。天気が良いので気持ち良く歩けそうですね。

1
23
4
駐車場を9:35に出発して足柄大橋を渡りましたが、橋の上から上下流の流れを写してみました。台風の影響で流れが変わっていましたが、現在は水量が多いのでどうなるか分かりません。橋下の瀬は下流に移動したようです。

56
78
左岸の土手を下って行くと紫水大橋の袂に沢山の水仙が咲いていました。分流の流れを眺めると可なり良い石が入っているので一定した流れが年中あれば良い釣り場なんですけど勿体無いですね。
報徳橋を渡って戻るかとも思ったが、頑張って冨士道橋まで行って戻ることにしました。報徳橋下流の流れですが、殆んど変わっていませんでしたよ。

10
1112
矢倉岳の横に真っ白な富士山が観えましたが、出来れば何処かの山頂から眺めたいです。漁協の前を通って冨士道橋を渡りましたが、報徳橋から冨士道橋までの流れは然程変わっていません。
小田原地区は変化に富んでいる場所が極端に少ない為、友を引くにはちょっと魅力がないですね。これではお客さんが減るばかりです。

1314
15
帰りは右岸の土手で戻りますが、多くの人がウォーキングをしています。今日は自転車が少なかったので良かったですが、サイクリングコースなのでスピードを上げて走って来るからのんびり歩いては居られないんだよな。
第二床止工まで戻って来たので流れを見てみましたが、右岸側の流れが一番きつそうな瀬になっていました。

1617
やっと栢山頭首工が観えた時は安心しましたが、想った以上に遠いかったです。そして11:55に足柄大橋の駐車場に着いたので、本日は2時間20分のウォーキングでした。
土手を歩いているだけでも大変なんだから、酒匂川の川廻りの人達はもっと大変だろうなとつくづく思いました。来年も頑張って頂きたいですね。

18
福岡国際マラソンが終わったので、先日の4.6mm鼻環15個を中ハリス0.5号に編み込みました。あとは自動ハリス止めを付ければほぼ終わりです。残るは鼻管周りに0.3号の付け糸を付けなければ為りませんが、これが意外と時間が掛かるんだよね。まぁ、ボチボチとやって行きましょう。
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ