鮎地蔵のブログ

地元の酒匂川水系で釣りを楽しんでいます                                                            

オジキが遊びに来てくれた

昼過ぎに富士宮のオジキが遊びに来てくれましたが、先ずは私の実家に寄ってから私の家に寄ってくれました。さっそく上がって頂いて、昔話に花が咲きました。オジキとは工場こそ違ったが、同じ会社に勤めていたのでもっぱら勤めていた頃の話を伺うことができました。
私が富士宮工場に研修で行った時に偶然オジキが私のインストラクターでした。研修を終えて工場内を案内して頂きましたが、遠い昔の思い出です。あの頃は私も研修、研修で全工場に出向いていましたからね。また、あの頃は試験を受けに関内などに良く通ったもんです。お蔭で全ての試験にパスしましたが、今となっては何も役に立ちませんがね。
釣り話の中でチンチン釣りをやってみたいとの事だったので、1本針と2本針仕掛けを差し上げました。もちろん釣れるかどうか分からないが、私が巻いたバケ鈎とプロのバケ鈎も1セット差し上げました。富士川は相変わらず釣りが出来る状態ではないので行ってないそうです。そして先ほど帰宅したとの連絡が有りましたが、今日は本当にありがとうございました。
その後、今日も1時間ほどドブ釣りをやってみましたが、ウグイが2匹で鮎は釣れませんでした。囮を獲るのが難しい状況です。

ドブ釣りをやってみたが

久しぶりにドブ釣りをやりに行ってみたが、16時から17時半までに5回ほど当たりが有った。だが獲れたのはウグイ1匹で鮎は足元で落としたり、ハリスが切られたりで手にすることはできなかった。
他の当たりも間違いなく鮎の引きだったので掛かることが分かりました。でも、1時間半もやって5回の当たりでは痺れちゃうね。夕涼みを兼ねてやりに行くにはちょうど良いので、次回は囮を獲る積りで頑張ってみようかな。
現状の狩川はドブ釣りよりも友釣りの方が、早く掛かるような雰囲気があります。もう1ヶ月以上も友釣りをやってないので、そろそろ遣りたくなりました。その為にも何とか囮を獲らないと為らないね。

反応が極端に少なかった

今朝は2:30に起きて軽く夜食を食べてから浅瀬に向かいましたが、駐車場に3:30に着くも誰も来てなかったので今日も1番乗りでした。支度を済ませてから車中で待機していたが、時間になったので出発しました。
管理小屋前で何処に入るか迷ったが、天気も余り良くないようなので何時もの沢に入渓することにしました。真っ暗な林道の一人歩きも、すっかり慣れました。

1
天気が良くないのか、今日の朝焼けは余り綺麗ではありませんね。予報に依ると午後は一時的に雨が降るとのことでしたが、出来れば昼飯時は避けて欲しいです。朝から蒸し暑くて汗が滴り落ちるなか頑張って歩いています。それにしても明るくなるのが大分遅くなりましたね。

23
イワタバコの群生は満開で何処でも観られましたが、この小さな紫の花は本当に可愛いですね。釣りばかりではなく、この様な野花を楽しむのも世附の良いところですね。

4
56
釣り始めるも真新しい足跡が有るので厳しいかも知れませんね。案の定、当たりがないまま遡行を続けると、チビ岩魚が釣れてしまったので直ぐに放してやりました。大きい岩魚が釣れた場所も全く当たりが無かったので、抜かれてしまったかも知れませんね。
また大場所は全く当たりがなくて、小さな落ち込みでレギュラーサイズが釣れました。それにしても数年前から比べると魚影が薄くなりました。

78
渓谷でもイワタバコの花を至るところで観ることができるので、癒されながら釣り上ることができました。どうせ駄目ならドライフライでやってみようと想って毛鉤を打って行くもチビナの反応は有りますが、レギュラーサイズの反応は有りません。
最後の大場所でドライをやった後に餌に変えてやってみたら暫くして釣れましたが偶々居たのでしょう。

9
何時もの休憩場所に着いたので昼飯にしましたが、晴れているので暑くてしょうがないです。これで本当に雨が降るんでしょうかね。今日も家内が作ってくれた
お弁当をいただきました。


1011
色々な毛鉤でやってきましたが、バラシが2回ほどでまだフッキングに至っていません。再び昨日巻いた毛鉤で打ち続けていたら、やっと掛けることができました。結局最後まで毛鉤を打って行きましたが、反応が無かったですね。

1213
14
帰りの林道もイワタバコを眺めながら下ってきましたが、色鮮やかな花が目に飛び込んできましたがキツネノカミソリですね。まさかこんな所で観られるとは想ってもいなかったので本当にラッキーです。
浅瀬に16:50に戻ると3人組の若いルアーマンさん達が着替えていたので挨拶を交わしましたが、結局は雨も降らなかったので良かったです。今日は厳しかったが、昨日届いたハックルで巻いた毛鉤で1尾釣れたのでヨシ!とします。

購入したハックルが届く

一昨日オークションで落札したホフマンのハックルが午前中に届きましたが、今回のハックルは十分使えますね。中にはほんの僅かしか使えないハックルも有るので、今回は納得の品物でした。さっそく外に干して置きました。
その後は今まで巻いたバケ鈎のビーズ部分にアロンを付けて留めましたが、数が多かったので意外と時間が掛かりました。これでビーズが外れることは、少ないと想います。バケ鈎を片付けてから庭の芝生を再び刈りましたが、大分ボウズになったので30分でお終いにしました。休憩を取って次は購入したハックルでパラシュートを巻くことにしました。

1
以前にもこれと同じようなハックルを購入したのですが、巻けるサイズが大きくて取れる所が余りなかったので再び購入しました。このハックルはちょうど良いサイズが多く巻けそうです。

23
4
ボディーを変えて3種類のパラシュートを巻いてみましたが、結構巻きやすかったですね。この毛鉤なら間違いなく反応してくれると想うが、フッキング出来るかは腕次第ですね。そんな事でこの内の1本に仕掛けをセットしました。

52
次回の釣行では上記の2本の新作毛鉤を試しますが、何とか1匹で良いので掛けたいです。反応しても中々掛けることは出来ませんからね。一応、明日は世附を予定していますが、天気予報を観てから決めたいと想います。

庭の手入れを行う

今日は土曜日なので誰かしらが大橋周辺で、鮎釣りをやっているのではないかと想って下って行きました。川を観ると濁りが入り始めていたが、時刻は8:30だったので工事が始まったんだね。大橋周辺はまだ濁ってなかったが、その内濁ってくると思われます。

1
橋下に釣り友のY中さんがドブチンをやって居たので、状況を伺うと全く釣れないと仰っていました。それでも少しは当たりが有ったそうですが、針に乗らないとのことです。話ていると鮎の跳ねが時折見られるので少しは居るようですが、跳ねている鮎は小さいですね。
彼の手作りの毛鉤を見せて貰いましたが、良く出来ていましたよ。私には真似ができないね。色々な釣り話をしていたら9:30になったので帰ることにしましたが、既に濁りが入っていました。釣友のA木さんも来られていたようですが、やはり駄目で帰られたとのことでした。明日は工事もないので濁ることはありませんよ。

2
帰宅して昨日のうちに充電をしていた芝刈り機で芝生を刈ろうとしましたが、全く刈ることができません。そこで刃先を研いで再びやってみたが、駄目なので再び刃先を研ぎました。でも結局は駄目だったので、動作が可笑しいのかと想って刃先を外して掃除をしました。でも芝生を刈ることが出来ないので諦めました。
そこでネットで色々と調べていたら、カインズホームで替刃が売っていることを知ったので行ってみましたした。店員さんに説明書を見せたら直ぐに見つかったので購入して来ました。午後からさっそく替刃に替えてやってみると刈り込みができたので、そのまま続行しました。

3
当たり前ですが、新品の刃先は切れますね。面白いように刈り込めるので、ついつい夢中になって刈り込んでしまいました。コンクリート沿いは怖いので芝刈り用のハサミで刈りましたが、やはり電動の芝刈り機は早いですね。
1回の充電で25分位しか出来ないので途中で充電を行いましたが、1時間位でフル充電できました。結局庭の枝や草取りもやったので4時半になってしまいましたが、これでサッパリしました。まだ周りの枝打ちもしないとならないので、近い内にやろうかと想います。
ところで買い物の行き帰りに足柄大橋を渡るとまだ濁りは強かったですが、このまま雨が降らなければ一週間後位には何とか竿が出せるかなと想いました。
今日は関東地方もやっと梅雨明けしたようですね。私は熱中症に弱いので、これからは気をつけなければ為りませんが、コロナも怖いので相変わらずマスクはしています。マスクは里山に入ると外しますがね。

今年はドライで4匹の尺物

今シーズンは6匹の尺物を釣り上げているが、その内の4匹をドライフライで釣っている。印象に残っているのは5/25と7/28の尺岩魚ですかね。5/25に釣り上げた尺岩魚は一度掛けたが、やり取りをしている最中にバラシてしまった。
そこで毛鉤を諦めてブドウ虫でやってみたら20cmの岩魚が釣れてしまった。これでこのポイントを諦めて移動しようとしたが、スタンスの位置を変えて再びバラシた毛鉤を駄目元で打ち込むと一発で喰い付いてきたのです。餌では喰わなかったのに同じドライフライで再び飛び付いたのですが、あれだけやり取りをしてバラシたのに考えられませんでした。
先日の7/28に釣った尺岩魚はサイトフィッシングで手にしました。遡行して行くと落ち込みの開きに出ていた大きな岩魚を発見したので、そっと近づいてドライフライを流して一発で仕留めました。食わせるまで一部始終を見ることが出来たのでとても楽しかったですよ。これだからドライフライでの釣りは止められませんね。ところで先ほどオークションでハックルを落札したので、これでまた違った毛鉤を巻くことができます。

ダムの放流も止まった

三保ダムの放流が止まったので、水位が下がるのも時間の問題だね。今回の雨で丹沢湖は多少なり濁ったので濁りが取れるには時間が掛かりそうだが、来週には梅雨も明けそうなので鮎好きな人は竿を出すでしょうね。
最近の私は濁りの中での鮎釣りは遣らなくなったので様子を見てからにします。それまでは世附の山岳渓流に通う積もりです。今日もハッキリしない天気だったが、今日は散歩を止めて世附用の毛鉤を巻いていました。

1
思い立った毛鉤が有ったので、練習を兼ねて巻いてみました。この様に色々な毛鉤を巻くのは楽しいですが、この新作毛鉤で釣れてくれたらもっと嬉しいです。

23
4
先ずは定番の毛鉤から巻いてみましたが、今回はボディー周りをクイルにしてみました。③番目は何時もと同じですが、ウイングをミックスにしてあります。

56
7
本日一番作りたかった毛鉤は⑥番目の物ですが、まあまあイメージ通りに巻くことができました。序でに④&⑤の色違いの毛鉤も作ってみました。次回の釣行で試してみたいと想います。

8
全部で10本ほど巻きましたが、この中でどの毛鉤が釣れるかですね。特に右側の3種類の毛鉤に反応して釣れれてくれれば良いと想っていますが、そんなに甘くない現状の世附です。でも、色々と考えながら巻くのは楽しいですよ。
これを終えて庭の草むしりをやりましたが、芝生も大分伸びたので先日購入した芝刈り機を出してみました。購入したままだったので説明書を読んで、先ずは充電をしました。結局今日は芝刈りを遣らなかったので、明日にでも刈ってみようと想います。

足裏と足の指が痛いが

世附の源流に行って来ると決まって足裏と足の指が痛むが、登山靴の幅が狭いのかも知れないな。足裏が痛いにも拘わらず、散歩代わりに大野山に登りたくなったので11時に家を出て山北つぶらの公園に向かいました。
霧が酷いので灯りを点けて運転して、つぶらの公園に着いたが誰も居ませんでした。登山靴に履き替えて出発したら強い雨が降ってきたので、急いで車に戻りました。霧で山は見えないし、雨も止みそうにないので諦めて帰宅しました。
午後になって雨も止んだと想ったら青空が見え始めたので、里山に散歩に出ることにしました。

12
3
歩き始めると足裏に痛みが走ったので、慣らすためにゆっくり歩きました。暫く歩くとエンジンが掛かり、普通に歩けるようになりました。むしろ身体が軽いので早歩きになってしまいました。
狩川の復旧工事を観ながら足柄神社に向かいましたが、神社の手前の上り坂で散歩中の人を追い抜いて神社に寄ってお参りを済ませてから水分補給を取りました。ジッとしているだけでも汗が滴り落ちてきます。

45
6
そのまま足柄古道を進むと分岐に着いたが、今日は何時ものコースで廻ることにしました。

78
9
古道脇には野花が咲いていましたが、決して珍しい花ではありません。急に青空が広がったので蒸し暑くて、タオルで顔を拭きながら歩きました。

1011
12
農道脇には秋の味覚の栗が大分大きくなっていましたが、1年の歳月の流れが早く感じました。暫く下って来ると畑にオニユリが咲いていたので写してみましたが、そろそろ咲き終わりですかね。
アサヒビール工場の正門前を通りましたが、勤めていた頃は何度か職場の仲間と飲みに行ったもんです。正面には午前中に登ろうとした大野山が観えました。

1314
15
帰りは亀ヶ尾集落を通って帰ってきましたが、今日は1時間40分の散歩でした。足裏の痛みは未だに引きませんが、毎日シップ薬を塗っています。来週はいよいよ梅雨明けになりそうなので、それまでに痛みが取れれば良いのですがね。
私の場合は多少の痛みが有っても世附の源流には行きますがね。

増水続きの世附

7月の長雨で鮎釣りは諦めていたので責めて世附の源流に毛鉤釣りに行きたかったが、世附も長雨の影響でおいそれとは入山できる状況ではなかった。前日に準備をして夜の天気予報を観てから取り止めることの繰り返しだった。依って今月は3回しか世附に行けなかったが、その全てが増水していました。
その中でも昨日は渡渉をするにも細心の注意が必要で、扱けたら深みの落ち込みにドボンです。ドボンで済めば良いですが、万が一も有りますからね。そんな訳でドライフライを流せる場所が限られてしまったが、それでも小さい岩魚が反応してくれました。10cm前後のチビナなのでフッキングには至らなかったが、それでも新作毛鉤に飛び出してくれました。
圧巻は何と言ってもサイトフィッシングで尺岩魚を掛けられたことですね。数年前まではホバーリングしている魚影を見つけては掛けていたのですが、今は偶にしかありません。サイトの釣りは魚の動きを最後まで観られるのでとても楽しいですね。毛鉤を沈めて狙うニンフの釣りとは比べものになりません。だからついつい駄目元でドライフライでやってしまいます。来週も天気と睨めっこをして世附の源流に行きたいと想います。それまで少しウォーキングで足慣らしでもしましょうかね、偶には山にも登りたいですがね。

私は持っているね~

天候の不安は有ったが、それでも世附の源流に釣りに行くことにしました。依って昨夜は早めに寝たので、今朝は2時前に起きてしまいました。何時ものように軽く夜食を食べてから浅瀬に向かいましたが、ずっと小雨が降っていました。

1
一時はダム放流も止まったのですが、再び放流が行なわれています。依って源流も増水していると想うので、ドライフライでは辛いかも知れませんね。
途中で飲み物を購入して浅瀬の駐車場には3:20に着きましたが、今日は1番乗りでした。支度を済ませて車中で待機していたが、3:55になったので出掛けようとした所に2番乗りの方が来られたので挨拶を交わして先に出発しました。

23
小雨がパラパラ降っているので折り畳み傘を差して釣り場に向かいましたが、雨が降っているせいか中々明るくなりません。夏至から1ヶ月も経つので夜明けが遅くなりましたね。今朝も蒸し暑くて汗が滴り落ちます。
林道は川に変貌している所も随所に有って、とにかく歩き辛いです。50分も歩くと雨が止んだので傘を畳んで歩くことが出来ました。所々でイワタバコの花の写真を撮りながら歩きましたが、既にヤマユリは咲き終わっていました。

45
6
釣り場に着くと沢は思った以上に増水していて、ポイントが極端に少ないです。渡渉にも困難するほどで、これでは釣りになりません。そんな中、少ないポイントを的確に狙って行くとレギュラーサイズの岩魚が釣れました。
良さげなポイントを狙おうとしたら足元に小さなヤマカガシ🐍が居たが、小さいので問題ないと想って釣り始めました。すると暫くして掛かったが、引きが強いので若しやと想ってヤマカガシを回避して獲り込みましたが、想ったより小さくて26cmの岩魚でした。それにしてもこの岩魚は引きが強かったです。

78
渓谷の岩壁にもイワタバコの花が咲いていましたが、雨後なので綺麗に見えますね。今日の目的の1つでも有るので何度も遡行を止めて写真を撮りました。
天候の方は時折晴れ間も見えたのでドライフライでも遣りましたが、やはり水量が多くて釣りになりません。そこでドライフライは上流でやる事にしました。

910
11
ドライフライを諦めてブドウ虫ニンフで釣り上って行きましたが、全く当たりが無いので再び餌に戻しました。すると直ぐに当たりが有ってレギュラーサイズの岩魚が釣れました。やはり増水中は餌には敵いませんね。
遡行に注意しながら釣り上って行くと普段は釣れない落ち込みで当たりが有ったので合わすと掛かったが、それもいい引きで白泡の中に突っ込みます。これは良型と想って慎重に寄せましたが、これも想ったほど大きくはなくて25cmの岩魚でした。それにしてもべっぴんさんの岩魚ですね。

12
何時もの場所に着いたので昼食にしましたが、今日も家内が作ってくれたお弁当を頂きました。ここまで雨も降らずに先ず先ずの天気ですが、ここから上流はドライフライで挑戦します。何とか1尾でも掛からないかな~なんてね。

13
1415
上流に遡るほど落ち込みが少なくなるので、浅場の流れに毛鉤を打って行くとチビナが反応してパッシャと飛び出すが掛けることができません。毛鉤を替えて再び同じ筋を流すと再び飛び出したが掛かりません。そこで再び毛鉤を替えて流すと飛び出したが、掛からないので諦めましたが3回も飛び出したことに驚きました。これは岩井渓一郎さんの釣りビジョンを観て試したことです。
その後はゴールデンジャバで釣り上って行くと要約チビ岩魚を掛けることができたのでホッとしたと同時に嬉しかったです。今日の条件で掛けるのは難しいですからね。その後も釣り上って行くと今度はレギュラーサイズの岩魚を掛けることができましたが、やはりドライフライで掛けると最高に楽しいですね。

16
渓谷にタマアジサイが咲いていたので竿を置いて観に行きました。タマアジサイは背丈が高いのでどうしても下から撮るようになりますが、上手く撮れたと想います。アジサイにはやはり雨が似合いますね。

1718
19
毛鉤をエルクヘアーカディスに替えて釣り上って行くと何と大きい魚が開きで泳いでいるではありませんか。目を凝らして確認するとやはり魚影なので、そっと近づいて流心脇に毛鉤を流すと一発で喰い付きました。
大きく合わせると上手く掛かったので慎重にやり取りをしましたが、焦りも有って中々想うように魚を寄せられません。暴れ捲くるなかでバラさないように何とか浮かせて獲り込むことができましたが、思わずデッケ~!と手が震えました。
さっそく池を作って計測をすると体高のある31cmの♀岩魚でしたが、久々に
尺物を釣りました。先週もドライフライで29cmを釣りましたが、今回は31cmでしたので私はやはり持っていますね!

20
釣りを終えて林道に上がると降ろしたザックに蝉の抜け殻が付いていましたが、一体何時付いたのでしょうかね。若しかして、このザックから飛び出したのかな。世附は色々なことを体験できる場でもありますね。(笑)

2122
2324
帰りの林道は小雨が降っていましたが、濡れるほどでもないので傘は差しませんでした。帰りもイワタバコの花を観ながら下って来ましたが、何時観ても可愛い花ですね。毎年楽しみにしていますが、まだまだ見られるでしょうね。
大分下って来ると珍しいピンクの花が目に飛び込んできましたが、ヤブウツギに似ています。でも5月の始めに咲く花なので何とも言えませんが、とにかく珍しい花です。林道脇にはタマアジサイも咲いていました。
浅瀬の駐車場に17:10に着きましたが、既に誰も居ませんでした。今日は源流も増水していたのでドライフライでは厳しかったが、どんでん返しで尺岩魚を釣ることができました。もう言うまでもありませんが最高でした。ところで丹沢湖の濁りは先週よりも濁っていました。また鮎沢川は真っ茶色に濁っていました。
※ 31cm♀岩魚

ドライフライで尺岩魚

増水でドライフライには厳しかったが、そんな中で落ち込みの開きに大きい魚影を見つけました。魚に覚われないように近づいて、流心脇にエルクヘアーカディスを流すと一発で喰い付きました。バラさないように注意しながらやり取りをして獲り込みましたが、体高のある31cm♀の岩魚でした。
どんでん返しで釣り上げた岩魚は今期6匹目の尺物で、トータル104匹目の尺物です。久しぶりにサイトフィッシングで掛けることが出来ました。

1819

今も雷が聞こえました

今日は世附を予定していたが、予報が悪いので明日に延期しました。先ほど荷物を車に積み込みましたが、何だか明日も天気が悪そうですね。今夜から明日の朝まで雨が降る予報ですが、今のところは行く積もりでいます。
だが、今も遠くで雷が鳴っていたので、最終的には今後の雨の降り方で決めようと想います。最近の私は餌で3匹釣れると毛鉤に変えますが、その後も場合に依っては餌で釣ることもあります。でも、餌で大きい渓魚を釣ったとしても今は然程嬉しくはありません。小さくてもドライフライで掛けた時の方が感動が大きいです。
ニンフもドライから比べると感動は小さいですが、餌で釣るよりは感動が大きいです。前回の釣行時のように29cmの岩魚をドライフライで掛けた時の感動は何とも言えませんからね。だから今は我慢が出来るようになってきました。
今シーズンは毛鉤で18匹が最高ですが、今は5匹を釣り上げるのも大変となってきました。世附の源流に行く度に少しでも多くの魚をドライフライで掛けたいと想っていますが、明日も何とか掛けたいですね。

ところで先ほど同級生が色んな野菜🍆を沢山持ってきてくれましたが、先日も頂いたばかりなのに有難いことです。何でも沢山採れたので捨てるには勿体無いと持ってきてくれました。3~4日前には先輩の奥さんが新潟のお餅を届けてくれましたが、私の所は皆さんに助けられて生活をしています。(笑)

里山のお花見散歩

早朝は雨が降っていたが、時間と共に晴れ間が見え始めたので散歩に出ることにしました。狩川沿いを下っても本日は釣りもやってないので、里山に野花を観に行くことにしました。外に出ただけで汗が滴り落ちてきました。

12
3
念の為に折り畳み傘を持って9:15に家を出ましたが、今日は実家の菩提寺の横を通って上がって行きました。お墓の横を通った際に会釈をしてから行きましたが既に汗が滴り落ちて来るのでタオルで拭きながら歩きました。
足柄街道を横切って足柄古道に入って行くと遠くに丹沢の山並みが観えたので暫し眺めていました。中央の尖った山は塔ノ岳ですが、もう暫く登ってないよな。この時季はヤマビルが居るので登らないが、冬になったら登ってみようかな。

45
6
民家の道端にユリの花が咲いていましたが、今年はこの1輪しか咲いていませんでした。足柄神社に寄ってお参りを済ませてから水分補給をしましたが、ここからはマスクを外して歩きました。
足柄古道をそのまま進みましたが、何時ものコースは花が咲いてないので先日上がって来た所を今日は下って行きます。

78
9
下って行く途中で街の景色を写してみましたが、自分が歩いてきた道が良く見えました。オニユリはまだ咲いていましたが、はたしてヤマユリはどうでしょうかね。北幼稚園の脇を通って行くので、前回と逆コースで帰ります。

1011
12
畑の脇に白いクレオメの
花が咲いていましたが、ピンクの花は名前が解らないので後で調べます。狩川は連日の雨で真っ茶色に濁っているので、今日は釣りが出来ませんね。

1314
15
ヤブカンゾウはまだあちこちで観られたが、ヤマユリは咲き終わっていました。湧き水の所に寄ってみましたが、今日は近所の犬に吠えられませんでした。ここから再びマスクをして歩きますが、暑いので参りますね。

1617
18
足柄街道を下って行くと道路脇には色々な花が咲いていましたが、見慣れた花ばかりでひまわりも咲いていましたよ。和田自動車の脇を通って実家の菩提寺脇を通って帰宅しましたが、家には10:35に着いたので今日は1時間20分の散歩でした。最近は余り散歩に出ないので偶には歩かないとね。

1920
21
午後からは世附用の毛鉤を巻きましたが、このハックルは毛足が長いので大きい毛鉤しか巻けないので困ります。そこで巻いた後にハックルを切って整えていますが、切ることに依って浮力は落ちますが仕方がありません。
でも勿体無いので何とか巻いていますが、そろそろ使えないかも知れないね。このハックルで巻いた毛鉤は反応が良くて一時は良く釣れました。
ところで明日は世附を予定していたが、予報が悪いので延期にしました。今週も天気がパッとしませんが、8月はどうなんだろうね。これでは世附の山岳渓流も酒匂川の鮎釣りも見通しが尽きませんね。

酒匂川水系は再び泥濁り

今日は朝から雨で時折強く降っていたが、昼過ぎには雷も鳴り始めてしまった。狩川も徐々に増水し始めて真っ茶色になってしまいましたよ。水の木の雨量を気にしていたが、夕方までには170mmを越えていました。
これでまた世附でのドライフライが難しくなってしまが、何時になったら平水に戻るのかな。増水しているとドライフライを流せるポイントが極端に少ないので、早いところ平水に戻って欲しいです。
ところで先ほど伊勢原までお兄ちゃんを送って来ましたが、その際に酒匂川を観ると濁流となっていました。折角、釣りが出来そうまで落ち着いてきたかと想っていたら、これでまた当分は川止めとなってしまいそうです。私自身も既に1ヶ月も友を引いてないので、そろそろ遣りたいと想っていたのに残念です。
最後に竿を出した時には良型鮎を揃えることが出来たので印象は悪くないので早くやりたいが、この先も天気は良くなさそうですね。これで本当に梅雨明けが来るんでしょうかね。何れにしても1ヶ月も友を引けないなんて、今迄では考えられないことです。世附に至ってもこれではおいそれと足を踏み入れられませんからね。
困ったもんですよ。

今日もタイイング

今朝は狩川の大橋に釣りを観に行くとY中さんがチンチン釣りをやっていたのでお邪魔しましたが、A木さんは先ほど帰られたとお聞きしました。さっそく状況を聞くと鮎は1尾も釣れてないそうです。そこで自作毛鉤のテストを兼ねて次々と毛鉤を交換していましたが、そうこうしていると河川工事の濁りが入ってきたので彼もお終いにしたので私も帰宅しました。
帰宅して直ぐに世附用の毛鉤を巻きましたが、新たなパラシュートです。釣りビジョンを観ながら巻いていたら見たことのない毛鉤のタイイングを紹介していたので早速真似をして巻いてみることにしました。しかし、細かい所をどの様に巻いたか忘れてしまったので、得る覚えで巻きました。

12
3
先ずは③のパラシュートを3本巻きましたが、何となく釣れそうな毛鉤です。これは昨夜、急に思い立ったミックス毛鉤ですが、早く試したい毛鉤になりました。
その後はTVで観た毛鉤を巻いてみましたが、敢えて2種類にしてみました。余り好きではない毛鉤ですが、巻いたからには試してみたいですね。

4
結局6本ほど巻きましたが、沢山巻いたところで世附は魚影が薄いので好調果にはならないでしょう。ところで最近は同じ沢ばかりに入っていますが、決して岩魚が好きだからではありません。昨年は余り入渓しませんでしたからね。
どうも奥のヤマメ沢は昨年の台風で居なくなってしまったので、ついつい多少は釣れる岩魚沢に入っています。そろそろ今年何回か入った一番遠いヤマメ沢に入渓しようかなとも考えていますが、ここも徐々に釣れなくなってきました。
だからついつい岩魚沢に入ってしまいますが、釣り散歩と想って出掛けるとしましょうかね。ま、前日に決めればいいことだね。

午後から毛鉤を巻く

今日から4連休なので午前中に孫のお兄ちゃんを伊勢原まで迎えに行ってきたが帰りのR246号は善波トンネルの大分手前から混んでいました。秦野の街を過ぎるとスムーズに流れたので順調に帰れました。
酒匂川を渡る時に河川を眺めると新十文字橋の上下に数名の釣り人の姿が見られたが、好きな人は駄目元でも竿を出すんだね。午後からは世附用の毛鉤を巻くことにしたが、今回は敢えてポストを大きくします。

1
雨や曇りの日はスダレ等で私の部屋は薄暗いので、タイイングを行う時は何時もスタンドの灯りを点けて巻いています。灯りの元で巻くと良く見えるが、目が疲れるんだよね。

23
4
先ずは#15のグルズリーを巻いてみましたが、ポストを敢えて3色で巻いてみました。全て太いポストにしたので見やすいと思うが、そのぶん魚からは警戒されそうですね。またボディーをクイルにしてみたが、今まで自作毛鉤のクイルで釣ったことが無いんだよね。
次にアダムスを巻きましたが、こちらも敢えてポストを大きくしました。曇りの日などはポストが小さいと毛鉤が見難くて何処に有るのかを探す有り様でしたからね。ドライフライで毛鉤が見えなくては釣りに為りませんからね。

5
結局5本ほど巻いてみましたが、今までの毛鉤よりは見やすいと想います。先日購入した淡いグリーンのポストは先日試したところ、全く見えなかったので直ぐに止めました。やはりグリーン系のポストは見えませんが、はたして天気の良い日はどうかな。試す価値はありますね。
久々の世附で今回は週2回の釣行でしたが、どちらも29cmの岩魚を釣ることができました。初めの日はブドウ虫ニンフで釣り上げて4日後はドライフライで釣り上げましたが、やはりドライフライで釣り上げた時の方が感動は大きいですね。
さて、来週は天気も良さそうなので梅雨も開けそうですね。そうなると当然世附には行きますが、まだイワタバコの花は観られるでしょうね。

100均の糸通し

毛鉤のアイに糸を通すのに苦労していたが、ひょんなことから100均の糸通しが代用できるのではないかと想って駄目元で買ってきました。さっそく#15の毛鉤のアイに通してみると入ったので、次は#17でも試したら通りました。
次は#19も試したところ駄目でした。でも、私が主に使っているのは#15毛鉤なので問題なく使えますね。メーカー品の糸通しは1本だけで1000円以上するので買いませんでしたが、代用品でも十分使えそうですね。それも3本も付いていたので大助かりです。また老眼鏡を付けずに通せたのも有難いですね。
次回の釣行から予備のフライを持って行けば、仕掛けもそんなに持って行くこともなくなるかな。もう少し練習して実際に使えれば予備の毛鉤をケースに入れて持って行くことにしましょうかね。画像は実際に毛鉤を通したところです。

1

サイズに依って出方が違う

まだドライフライの経験は浅いのですが、それでも既に10匹位は尺物を釣り上げています。昨年の台風で世附の渓魚が極端に魚影が薄くなってしまったが、愛好家の方達はめげずに世附に来られています。
世附の渓魚は極端にスレ捲くってしまったので、中々姿を見ることが出来なくなりました。私が毛鉤を始めた4年前は、まだ姿を見ることができたのでサイトフィッシングができたのですが、今では夢物語となりました。
ところで毛鉤への飛び出し方がサイズに依って違いますが、口が大きい尺岩魚はしっかり毛鉤を咥えてくれるので掛けやすいですね。殆んどが飲み込まれ気味となりますが、木っ端はパッシャと出るだけなので掛けるのが難しいです。良型が少なくなってきた今は、ドライフライで掛けるのが段々難しくなってきています。視力が悪い私にとってはとても辛い釣行が続いています。
ところで今日は久しぶりにドブ釣りをやってみましたが、1時間もやらないうちに諦めました。鮎が居れば喰い付いてもよさそうでしたが、全く掛からないので面白くありませんでした。大きめな8寸級のウグイが1匹だけでした。でも、友釣りをやっていた顔見知りの方は数匹持っていましたよ。

12

DR毛鉤で岩魚の29cm

曇りの予報が変わって午後から雷雨とのことだが、行くだけ行ってみようと前夜は22時頃寝ました。目覚ましで2:30に起きて支度をしてから軽く夜食を食べました。ネットで予報を確認するも、やはり午後から雷雨のままでした。
3時過ぎに家を出て浅瀬には3:35に着きましたが、今日も2番乗りでした。出掛けようとしたら3番乗りの方も来られて4時組は3名だったが、天気が崩れると言うのに皆さんも好きですね。

1
23
4時に出発して行きましたが、30分も歩くと朝焼けで空が綺麗でした。この状況なら天気は良いと思うのですが、やはり曇りなんでしょうかね。午後から雷雨らしいので早く釣り場に着いて釣りを遣りたいが、イワタバコの群生を観るとそんな気持ちは素っ飛んでしまいます。
1時間も歩くとヤマユリが出迎えてくれたのでしっかり写真に納めましたが、これでは釣り場に着くのが遅くなってしまいますね。途中で1回休憩を取って何時もと同じ時間に着きました。

4
4日前と同じ時間からのスタートとなりましたが、今回は久しぶりにキジを使ってみました。するとチビナがポツポツと釣れてしまったが、昨秋に生まれた貴重な岩魚の赤ちゃんです。そっと流れに戻してやりましたよ。

56
7
やっとレギュラーサイズの岩魚が釣れ始めたが、当たりは本当に少ないです。まだ増水しているので餌釣りには最高の条件なんですが、極端に魚影が少ないので中々釣れませんね。
ここの岩魚は天然なので、復活するには時間が掛かりそうです。その為にも極力釣った岩魚を持ち帰らない方が良いと想いますが、相変わらず持って帰る方が居られるのは寂しいです。

8
910
渓谷の岩壁のイワタバコも大分咲き始めていましたが、暗いので写真に残すのが難しいです。ブドウ虫ニンフに替えて釣り上ってきましたが、全然当たりがありませんでした。広い落ち込みを狙うと目印に変化が現れたので、そっと上げるとグググと引いたので慎重にやり取りをして獲り込むと良型の岩魚でした。

11
雨が降らないうちに昼飯を食べることにしましたが、食べている最中に曇ってきました。やはり午後から雨が降るんでしょうかね。でも、まだ暑いので大丈夫だと思うが、早くお弁当を食べてしまいましょう。

1213
14
昼食後はドライフライでやってみますが、今日は久しぶりにグルズリーパラシュートでやってみます。広くてゆったりと流れている落ち込みに毛鉤を何度か流していたら、ふあ~と水面に出てきて毛鉤を咥えたので尽かさず合わすとフッキングしました。掛かった瞬間から白泡の大石に逃げ込もうとするので、竿を溜めながらやり取りをして何とか獲り込みました。
やり取りの最中に一瞬見えた時には尺かなと想ったが、計測すると見映えの良い29cmの♀岩魚でした。写真を撮った後に優しくリリースしてやりましたが、この岩魚も来年は尺物ですね。

15
今年もクワガタが居ましたが、世附の渓流では良く見掛ますね。今回は♀のクワガタでしたが、そっと逃してやりました。

16
1718
今日はそのまま同じ毛鉤で打って行きましたが、小さな岩魚が遊んでくれました。以前は良型の岩魚が多かったのですが、近年は極端に魚影が薄くなってしまいました。時間的には早いが、雲行きが怪しいので竿を納めることにしました。

1920
21
着替え始めたらポツリポツリと雨が落ちてきたので急いで着替えたが、これでゴア合羽を着なくても済みました。暫し休憩を取ってから傘を差して林道を下ります。
もちろんイワタバコの花を楽しみながら下ってきましたが、今が見頃で林道沿いにはずっと咲いていますよ。
雨は降ったり止んだりを繰り返していましたが、雷雨に為らなかったので良かったです。山での雷雨は怖いですからね。

22
2324
崩落現場を通過する際は雨も上がっていたので助かったよ。降っていたら濡れるのを覚悟して通過する積りでしたからね。ヤマユリやタマアジサイを観ながら浅瀬の駐車場には16時に着いたが、3番乗りの方だけが戻っていませんでした。
今日はドライフライで29cmの岩魚を掛けることが出来たので、それだけで満足です。ところでダム下の河内川も笹濁りとなっていたので、酒匂川も澄んで来ると想いますよ。垢が付くのは遅いと思うが、早く鮎釣りを遣りたいですね。
※ 29cm♀岩魚

洒水の滝&21世紀の森

午前中は狩川の大橋上流の堰堤にドブ釣りを観に行ってみると顔見知りの方がやって居られました。鮎が釣れなくて雑魚ばかりと言うので対岸を勧めました。
そこにA木さんが来られたので状況をお聞きすると今朝は釣れなかったので再び遣りにきたそうです。釣りを観ていたら監視員のI井さんが廻って来られて三人で話していましたが、11:30になったので帰ってきました。

12
午後は孫を連れて洒水の滝に行って来ましたが、今日は天気も良くて夏らしい陽気だったので涼むにはちょうど良かったです。日曜日とあって駐車場も一杯で多くの観光客が来られていました。滝は水量たっぷりで迫力がありましたよ!
孫は修学旅行で行った華厳の滝より凄いと言っていたが、近くで観られたのでそう思ったのでしょう。

5
68
21世紀の森にも行ってみたいと言うので帰りに寄ってみましたが、ここは比較的空いていました。さっそく森林館に入るも誰も居ませんでした。ひと通り見て廻った後にクイズに挑戦しましたが、満点で本日のランキングトップでした。
明日は午後から雨が降りそうだが、世附の源流に行く積もりです。釣れない岩魚を求めて明日も遊びに行きますが、まだ増水していると想うのでドライフライでは辛いですね。イワタバコの花も楽しみにしているので、しっかり楽しんできます。
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ