私は狩川の大雄橋の直ぐ近くの出だから、子供の頃から大雄橋周辺で遊んでいました。ヤマメ釣りを始めたのは中学生の時で、自転車で今の自宅近くまで釣りに来ていた。中3の夏休みに同級生3人でテントを持って矢倉沢の水道の取り入れ口付近にキャンプをしに行ったのが思い出される。
もう、その頃からマス釣り大会に連れて行って貰っていたので、釣りは好きだったですね。高校に入ってからは釣りと少し離れたが、勤めだしてから再び釣りを再開した。車を買ってからは西丹沢の白石沢や用木沢に足を運び、世附では法行沢やバケモノ沢をやった覚えがある。ちょうど三保ダムの建設中で工事現場の横を通って釣りに行っていた。工事現場はオレンジ色の灯りが煌々と点いていたので宇宙基地みたいに感じていた。
また、その頃良く通ったのが湯河原の新崎川である。マス釣り場の上流に在った橋から入渓したが、ヤマメが良く釣れたものだ。橋の先の上流で二又に別れるがその周辺にテントを張って兄貴達3人で泊まりで釣りに行ったこともあります。

1
ところで今日は久しぶりに8時過ぎから雨だったので散歩には出ませんでした。
そこでやる事もないのでドライフライに使うウイングを作りました。このウイングを作るのも意外と面倒で、何時も嫌になってしまう。
そこで今日は纏めて作って置くことにしたが、これだけ作るにも休み休みやりました。使用しない大きめなハックルを1本ずつ先端だけを残してウイングとして使います。このウイングで毛鉤を巻こうかなとも思ったが、疲れたので止めて於きました。明日も天気が悪そうなので、明日は毛鉤を巻く予定です。