2014年のノーベル平和賞受賞者であるカイラシュ・サティヤルティ氏が来日。その記念パーティが、帝国ホテルで盛大に開かれました。

 パーティでは、世界初の100%チャイルドレイバーフリー(子どもが労働をしていない)&フェアトレードのカカオ豆から作られた、美味しいビーントゥバーチョコレートが発表されました。

 会場ではメディアの方を含め、各界の多くの方からの注目が集まり、私はそっと、でも心からうれしく思っていました。(私は、このチョコレートのプロデュースのお手伝いをしているのです。私がしているのはあくまでもカカオ農家の子どもたちの幸せための、ささやかなお手伝い。)

image
各界から大勢の賛同者の方々が集まったパーティ会場

 国連で昨年9月「持続可能な開発目標」という17項目が発表されています。

 項目には、世界環境、貧困などのあらゆる問題がある中、「児童労働(チャイルドレイバー)」があげられています。2025年までに世界中の子どもの労働をなくし、全ての子どもたちに教育を与える。この目標が掲げられ、世界的に、児童労働をなくすための活動に注目が集まっています。

image
30年以上世界の児童労働問題の解決に取り組んできた Kailāśa Satyārthī氏

 世界中の団体や個人が多くの活動をしていますが、日本では、カイラシュ氏との関係が深いNGO「ACE」 の活動が有名。2009年からガーナのカカオ農園で、子どもたちの労働をなくすための活動を行っています。

 ガーナへ赴き、カカオ農家の児童労働をなくす支援活動を誠実に続けている「ACE」の皆さん。私は数年前から「ACE」さんの活動を信頼し、やりとりをしていたのですが、なんと今年は活動の成果として、子どもが労働しなくてすむようになった地域のカカオ豆が収穫され、日本に初めて輸入できることになった、というのです。つまり100%チャイルドレイバーフリーのカカオです。すごいことです!

ガーナ
パーティで発表された「GHANA Fair Trade & Child Hapiness」
※秋以降本格販売予定(デザインは変更となります)

 子どもたちの笑顔とともにあるカカオ豆だから、とにかくこのカカオ豆が美味しいチョコレートになってほしい。グルメな方も納得できる、多くの方が「おいしいね」と笑顔になれるチョコレートになってほしい。

 白木さんと私の考えを、まずはパレ ド オールさんが形にしてくださいました。

カイラシュ氏
ACE 事務局長の白木朋子さん、三枝シェフ、カイラシュ氏

ss
満面の笑顔のカイラシュ氏

 2016年秋に本格販売予定。1枚(1ボックス)につき、200円がチャイルドレイバーフリー(児童労働を世界からなくす)の活動の支援に直接つながります。

 まずはビーントゥバーのタブレットのみ、5月17日から先行販売されます。

ガーナ フェアトレード&チャイルドレイバーフリー
タブレット ガーナ フェアトレード&チャイルドハピネス 1000円(税抜)

 1枚につき200円が支援になります。直接の寄付はすぐに方法がわからないし、少額しかできないし、申し訳ないかな、なんてためらっていた方も大丈夫。チョコレートを買ったら、もう200円が支援になります。

 長くなりましたが、みなさん。ぜひ、カカオの生産国の子どもたちの笑顔と夢をはぐくむ、このチョコレートを是非召しあがってください。学校に行けるようになった可愛らしい子どもたちの笑顔から生まれたチョコレートです。心にもおいしい、しあわせなビーントゥバーチョコレートって、どんなお味でしょう?心でも味わっていただきたいです。

●カイラシュ氏来日はNHKのニュースにもなっています。
インタビュー:ノーベル平和賞のインド活動家 「児童労働撲滅を」
ニュース:ノーベル平和賞受賞者 児童労働撲滅を訴え

●追記(7月)
9月後半にデザインを一新して、本格販売を開始します。詳細は報道関係の方への発表の場を設け、みなさまにもご紹介いたします。

●追記(2019年4月)
現在は、すでに、あらゆる日本のビーントゥバーブランドからチャイルドレイバーフリーカカオを使ったチョコレートが販売されています!随時みなさんにご紹介させていただきますね。

●Chocolat Coordinator Ayumi Ichikawa Official Site

●Chocolat Coordinator Ayumi Ichikawa Facebook

●Chocolat Coordinator Ayumi Ichikawa Twitter