ベストセラーの書籍、
金持ち父さん貧乏父さんの内容の説明と要約を書いていきたいと思います

Father01_Cov



この本が読者に伝えたいことをまとめると、
良い大学を目指し、そこで卒業さえできれば、
一流企業に就職でき、一生お金に困らない人生が送れるという時代は終わった。
実業家や投資家はどんどん豊かになっていくが、
企業の労働者のままだと永遠に採取され続け、豊かな人生を送れないよという内容です

私が読んだ感想ですが、学ぶところが多い良書という印象です。
丁度読んだ時期に仕事で色々悩んでいたので、心に響くところは多かったですね。
人によっては金持ち父さん貧乏父さんを読んだことがきっかけで、
労働の価値観が変わったという人もいるそうです。

そもそも日本は豊かな国ですが、
こと労働に関してはかなりブラックな国です。
ブラック企業なんて言葉もここ数年よく聞きますしね。

この本では金持ち父さんと貧乏父さんという二人の登場人物がおり、
小説のような感じでストーリーが進んでいきます。

独立したい、投資に興味あるという人以外でも、
お金について学びたい、お金に困っているなどの人にも読んでほしい一冊です

金持ち父さん貧乏父さんは自己啓発本が好きな人にはとてもオススメです!

 

ランキングに参加しています。
参考になりましたらクリックして頂けると嬉しいです。


電子書籍 ブログランキングへ